三津谷亮 関連記事

  • 舞台『刀剣乱舞』、三津谷亮、玉城裕規ら刀剣男子に! 最新作公演情報が解禁

    舞台『刀剣乱舞』、三津谷亮、玉城裕規ら刀剣男子に! 最新作公演情報が解禁

    アニメ・コミック

     舞台『刀剣乱舞』最新作の刀剣男士十二振りのキャストに、骨喰藤四郎役の三津谷亮、小烏丸役の玉城裕規らの出演が発表された。さらに、東京、京都、福岡で行われる公演の詳細も明らかとなった。@@cutter 舞台『刀剣乱舞』の原案である『刀剣乱舞‐ONLINE‐』は、DMM GAMESが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム。名立たる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆けめぐりながら部隊を編成・育成していくという、いま注目を集めている大人気コンテンツ。  舞台版である舞台『刀剣乱舞』は第1弾公演「虚伝 燃ゆる本能寺」を2016年5月に東京・大阪にて上演。公演を収めたブルーレイは、2016年9月19日付のオリコン・ウィークリーチャートで総合1位を記録、年末に行われた再演でも大好評を博した。そして、2017年6月から7月上演の「義伝 暁の独眼竜」も動員数を増し、2017年10月30日付のオリコン・ウィークリーチャートでブルーレイ&DVDともに総合1位という快挙を成し遂げた。    また11月には新小田原城への来場者100万人達成記念として行われた一夜限りの野外公演、「外伝 此の夜らの小田原」が上演、12月に東京・大阪・福岡にて「ジョ伝 三つら星刀語り」が上演された。そして今回、満を持して刀剣男士 十二振りで最新作を上演する。  今回、舞台『刀剣乱舞』最新作、刀剣男士十二振りの出演キャストが発表された。三津(骨喰藤四郎役)、玉城(小烏丸役) を始め、鈴木拡樹(三日月宗近役)、荒牧慶彦(山姥切国広役)、椎名鯛造(不動行光役)、和田雅成(へし切長谷部役)、和田琢磨(歌仙兼定役)、健人(鶴丸国永役)、東啓介(燭台切光忠)、川上将大(大般若長光役)、前山剛久(鶯丸役)、加藤将(大包平役)と、実力派キャストが名を揃えた。  舞台『刀剣乱舞』最新作、刀剣男士 十二振りは、東京公演が6月2日から6日に明治座で公演。6月14日から7月1日まで京都劇場にて京都公演、、7月4日から6日まで北九州ソレイユホールにて福岡公演が行われる。また、東京凱旋公演も決定。7月19日から22日まで日本青年館ホール、7月25日から29日まで天王洲 銀河劇場にて公演。

  • 『舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★』ビジュアル

    舞台『パタリロ!』2018年3月上演決定! 新キャラ・ロビー少尉役に三津谷亮

    アニメ・コミック

     2016年12月に上演された舞台『パタリロ!』の第2弾新作公演『舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★』の詳細が発表され、2018年3月に上演されるほか、新キャラクターのロビー少尉役として三津谷亮が出演することが明らかとなった。@@cutter 『パタリロ!』は、1978年より「花とゆめ」(白泉社)に連載され、82年にはアニメ化もされた魔夜峰央作のギャグ漫画。マリネラ王国国王のパタリロ・ド・マリネール8世が周囲を巻き込んで起こす騒動をユーモラスに描く。現在は連載誌を「別冊花とゆめ」「メロディ」に移し、さらにまんがアプリ『マンガPark』で連載続行、コミックは既刊98巻が発売されている。  今回は、前作にも出演したパタリロ役の加藤諒、バンコラン役の青木玄徳、マライヒ役の佐奈宏紀が続投するほか、新たに原作でも人気のキャラクターが登場。マリネラの宇宙局で働いている、ヒーリング能力を持つ青年ロビー少尉役を三津谷が務める。また国際ダイヤモンド機構からの刺客で女性のように美しい青年ビョルンと、双子の弟アンドレセンの2役を、モデル、バラエティ、ドラマ、舞台と多方面で活躍する小林亮太が演じる。  主演の加藤は「キャストも増え、パワーアップしたパタリロ!の世界をもっとたくさんの方々に観ていただきたいと思っていましたら…なんと!東京公演は天王洲 銀河劇場という広い劇場になり、今回大阪公演もあるじゃないですか!?」と、より多くのファンに楽しんでもらえるようになったと報告し、「みなさま、マリネラ王国でお待ちしてます」とアピールした。  『舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★』は2018年3月15日~3月25日までより天王洲 銀河劇場にて上演。2018年3月30日~4月1日まで大阪 森ノ宮ピロティホールにて上演。

  • ドラマ『3人のパパ』第7話より

    三津谷亮、作品への熱い想い「新太や裕貴とぶつかり合った」

    エンタメ

     「ぶつからない作業を選んでいたら、面白いものは多分できない」。そう語るのは、放送中のドラマ『3人のパパ』に出演中の三津谷亮だ。クールなルックスとは真逆の、演技に対する熱い想いを持つ三津谷に、撮影中のエピソードや俳優としての考え方について話を聞いた。@@cutter 平林拓人(堀井新太)、羽野恭平(山田裕貴)、そして岡山朔(三津谷)が、シェアハウスに突如現れた赤ちゃんを育てる姿を愉快に描いてきた本作。同じ事務所に所属する堀井や山田と話し合いながら撮影を重ねてきた三津谷は、「3人での考え方というか、発想がばらばらだったんです」と7話の撮影を述懐。「もしかしたら、3人で一番悩んだ回だったかもしれないです。泊まり込みで撮影していたのですが、ずっとみんなで7話の話をしていました。そこで一回、新太や裕貴とぶつかり合ったことがありました」と制作秘話を明かす。  「ぶつからない作業を選んでいたら、面白いものは多分できない。妥協したらだめだ、疑問に思ったら言っていこうと思ったんです」と話す三津谷は、演技に対する熱い想いと、堀井や山田との強い絆の存在を伺わせる。「3人でバチバチやりあっても、関係が崩れないということは分かっていたので。悪いことでやり合っているわけではなくて、作品を良くしていこうと、強く思ったなかでのぶつかり合いだったんです」。  現在29歳の三津谷は、そういった「ぶつかり合い」を回避しがちな世代に疑問を抱いているようで、「『ゆとり・悟り世代』って、ぶつかり合いを避ける人が多い」と指摘。そして「僕は10回に1回良い話が聞ければ、もうけものだと思うタイプなんです。けれど、『ゆとり・悟り世代』って、その9回が無駄と思う人が多いじゃないですか。そういった面で、僕は考えが古いのかもしれないですけど…『ぶつかって作っていこうぜ』みたいな(笑)。『ぶつかってだめなら、それまでだよ』と思います」と考えを明かす。  三津谷の考えの根拠にあるのは、一輪車の世界大会で団体優勝したという過去の輝かしい経験だ。「ぶつかり合った年の方が良い結果を残せたりするんです。なあなあに大会を迎えると、本当になあなあな演技になってしまうんですよね。そういったものも含めて、良いものを作るには、ぶつかっていかなければいけないんだと思っているんです。ぶつかるものがなければ、ぶつかる必要はないんですけど(笑)。何か疑問に思ったことは、絶対になあなあにしてはいけないなと、改めて思いました。そんな思いが詰まったのが7話です」。果たして、三津谷の熱い想いが込められた第7話で、3人のパパはどんな試練にぶつかり、どう乗り越えていくのだろうか? 放送に向けて、期待が高まる。(取材・文・写真:岸豊)  『3人のパパ』はTBS系列にて毎週水曜日23時56分より放送中。

  • 小島梨里杏、『3人のパパ』で初の母親役に!

    小島梨里杏、『3人のパパ』初の母親役で出演決定! “晴大の母”としてキーパーソンに

    エンタメ

     現在放送中のドラマ『3人のパパ』(TBSテレビ/水曜23時56分から)で、今月31日放送の第7話から小島梨里杏が出演することが分かった。自身初となる母親役に小島は「誰にも頼ることができない孤独の中で戦っている人」と、その役どころについてコメントしている。@@cutter 同作は、今を生きる“ゆとり・さとり世代”と呼ばれる男たちが、過去の無責任な行動から赤ちゃんを育てることになるものの、困難を超えながら成長する姿を描くハートフル・コメディ。平林拓人(堀井新太)、羽野恭平(山田裕貴)、岡山朔(三津谷亮)の3人はシェアハウスで暮らしていたある日、見知らぬ赤ちゃんと「この子はあなたの子どもです」という手紙を発見し……。  新たに出演の決まった小島は、3人のパパのもとへ突如現れた赤ちゃん・晴大の母親役である坪井亜沙美として登場。自身の役柄について「傍から見たら常識はずれだと思いますし、ダメな母親かもしれません。まだ完全に母親になりきれない」と解説するが、撮影では「母親としての“愛”は絶対にありますし、晴大を思う気持ちは誰にも負けたくないと思って演じています」と振り返っている。  さらに、共演者の印象について「堀井さんは以前、共演させていただいたときとは印象の違う“パパ感”に驚きました。山田さんはとても楽しくて、みんなを笑顔にする天才。三津谷さんは(役柄の)はじちゃんには似ても似つかないくらい優しくて気さくなお兄さんで、撮影現場で落ち着きをもたらしてくれます」と、3人のパパの素顔を伝えた。  ドラマ『3人のパパ』は、TBSテレビ系で毎週水曜23時56分から放送中。

  • 山田裕貴、“3人しっかりせぇ!!”『3人のパパ』堀井新太&三津谷亮とオフショット ※「山田裕貴」ツイッター

    山田裕貴、“3人しっかりせぇ!!”『3人のパパ』堀井新太&三津谷亮とオフショット

    エンタメ

     現在放送中のドラマ『3人のパパ』に出演している俳優の山田裕貴が、25日に自身のツイッターを更新。ドラマで共演している堀井新太、三津谷亮と寝そべった姿での3ショットを披露している。@@cutter 同作は、シェアハウスで暮らす3人の男性が、ある日見知らぬ赤ちゃんと「この子はあなたの子どもです」という手紙を家で発見。ドタバタの展開を見せながらも、やがて父として子供に接するうちに、徐々に成長していく姿を描くハートフルコメディ。山田、堀井、三津谷がこのシェアハウスに住む3人の男性を演じる。  31日に放送される第7回では、3人が育てている子供・春大と彼らの身に危機が到来。この日のツイートでは、写真とともに「3人しっかりせぇ!!!」と劇中の3人に向けてハッパをかけている。  このツイートには「お写真素敵です」「3人で同じベッドでネンネですか??可愛いですね~」「裕貴くん可愛いすぎる写真ありがとうございます」「三人の中に、ゴロンと混じりたい!」と3ショットを絶賛する声とともに、今後の展開に期待する声が多く寄せられている。  『3人のパパ』はTBS系列にて毎週水曜日23時56分より放送中。   引用:https://twitter.com/00_yuki_y

  • 『3人のパパ』三津谷亮インタビュー

    三津谷亮、祖父の言葉を胸に役者業に邁進中

    エンタメ

     シェアハウスで暮らす3人の若者が、突然現れた赤ちゃんの父親として奮闘する姿を描く話題のドラマ『3人のパパ』。パパの一人で、ファッションデザイナーのはじちゃんこと岡山朔を演じているのは、本作で連ドラ初出演を果たした三津谷亮だ。母方の祖父の言葉「好きなことをやって生きたほうがいい」を胸に役者人生を歩んできたという三津谷に、作品の見所や俳優業への想いについて話を聞いた。@@cutter 平林拓人(堀井新太)、羽野恭平(山田裕貴)、そして岡山朔(三津谷)が、突如現れた赤ちゃんを晴大と名付け、世話に奮闘する姿を描く本作。「はじちゃんは『ゆとり・悟り世代が生み出したモンスター』と言われているんです(笑)」と自嘲する三津谷は、役柄との共通点について、「自分を出していないという部分では、意外に共通しているかもしれません」と分析する。「普段の僕は、いじられキャラに回ったり、人と関わりながらも自分の本質を見せていないというか、関わることで自分を隠したり、ピエロを演じている部分がすごく強いんです。でもはじちゃんの場合は、関わらないで自分を隠すという部分がありますね」。  これまでに學蘭歌劇『帝一の國』やミュージカル『テニスの王子様』といった舞台作品で活躍を重ねてきた一方、映像の経験は浅い。堀井や山田と違い、自身と視聴者の間にはまだ信頼関係を構築できていないと吐露する三津谷は、「台本を読んだ時には、読み込んで、はじちゃんだけでなく、演じている僕が『誰なんだろう』と、視聴者の皆さんが気になるように思わせなければいけないという気持ちがありました」とクランクイン前を述懐。撮影では堀井や山田と衝突することもあったと明かすが、「ぶつからない作業を選んでいたら、面白いものは多分できない。妥協したらだめだ、疑問に思ったら言っていこうと思ったんです」と充実の表情で語る。@@separator 今は亡き母方の祖父に言われた「好きなことをやって生きたほうがいい」という言葉を胸に俳優人生を歩んでいるという三津谷は、役者として「毎日悩んでます」と胸の内を明かす。そんな彼の支えになっているのは、応援してくれるファンの存在だという。「『三津谷さんの舞台があるからお仕事頑張れます』とか、『毎週水曜日にドラマが放送されるから水曜日に向けて頑張れます』という言葉を聞くと、大きい規模で影響を与えることはできていなくても、誰か一人に生きる原動力を与えることができたり、彼らの景色を変えることができれば良いのかなと思います。常に不安ですけど、その不安を解消してくれるのは、傍で見てくれているファンのおかげだなって感じますね」。  劇中で世話をする晴大と同じく、2歳になる甥っ子がイヤイヤ期に突入しているという三津谷は、「実家の青森に帰ったんですが、甥っ子の世話が本当に大変だったんです。何を渡しても嫌って言うし、取り上げると泣くし、『じゃあ、何なの?』と。『教えてくれよ…』という気持ちでした(笑)」と苦笑。続けて、「でも、子育てに奮闘しているお父さんやお母さんは、毎日そういったことに関わっているので、改めてリスペクトだなと思いましたね」と感慨深そうに語る。果たして、三津谷が演じるはじちゃんは、今後パパとしてどんな成長を見せていくのだろうか?ドラマ『3人のパパ』からは、まだまだ目が離せない。(取材・文・写真:岸豊)  『3人のパパ』はTBS系列にて毎週水曜日23時56分より放送中。

  • ドラマ『3人のパパ』制作発表イベントに出席した三津谷亮、山田裕貴、堀井新太(左から)

    堀井新太、赤ちゃんとの共演に充実感「奇跡の瞬間がいくつも撮れている」

    エンタメ

     俳優の堀井新太が1日、『3人のパパ』公開制作発表イベントに出席。共演者である山田裕貴、三津谷亮、松井愛莉、相楽樹、濱田マリとともにトークを展開し、赤ちゃんとの共演シーンで「奇跡の瞬間がいくつも撮れている」と本作の見どころを語った。@@cutter 本作は“ゆとり・さとり世代”と呼ばれる若者3人を中心とするハートフルコメディ。シェアハウスで暮らす3人は、見知らぬ赤ちゃんと「この子はあなたの子どもです」という手紙を見つけ、ドタバタの子育てライフが始まる。  主人公の平林拓人を演じる堀井は、現場の雰囲気は「とってもいい」と充実の体を見せ、「現場に赤ちゃんがいるから『天使だね』と言い合っている」と撮影時のエピソードを明かした。  さらにドラマの見どころについて「命の象徴である赤ちゃんと今どきの若者が巻き起こす予測不可能な笑いや癒やしがある。赤ちゃんが一緒にお芝居をするとき、僕たちの考えてきた芝居が全部覆される。それはとってもいい意味で奇跡が起こる瞬間が撮れる。僕らの芝居で赤ちゃんが笑ったりするとすっごいリアリティーが生まれる。そういった奇跡の瞬間がいくつも撮れている」と解説した。  羽野恭平役の山田は「この仕事する前は保育士を目指していたくらい子供が好き」と告白し、もし自身が子供を持ったら「甘やかしちゃう」とデレデレ。それを見た岡山朔を演じる三津谷は「(赤ちゃんに)ちょっと厳しくしてしまう部分もある。自分の子供だったらより厳しくしてしまうんじゃないかな」と語り、正反対の山田に「甘いな」とツッコミを入れた。  イベント後半には、男性陣が夫婦のシチュエーションでパパとしての対応力を競争。そして写真撮影の際には堀井が赤ちゃんの石塚を抱えて登場し、観客から「かわいい!」と歓声を浴びていた。  ドラマ『3人のパパ』は、TBS系列にて4月19日放送スタート。

  • 山田裕貴、志尊淳、三津谷亮、D‐BOYS阿久津愼太郎卒業へそれぞれの思い

    山田裕貴、志尊淳、三津谷亮、D‐BOYS阿久津愼太郎卒業へそれぞれの思い

    エンタメ

     今月1日、俳優集団「D‐BOYS」の阿久津愼太郎がグループと所属事務所のワタナベエンターテイメントから卒業することを発表した。それを受けて、メンバーの山田裕貴、三津谷亮、志尊淳らが自身のブログで“仲間の卒業”への思いをそれぞれコメントした。@@cutter 阿久津は自身のブログで9月30日での卒業を発表。「驚かせてしまいごめんなさい」としながら、14歳から21歳までの芸能生活について「たくさんの夢が叶っていきました」と振り返る。大学3年生を迎えた今年、「今後の人生の道を考えていく節目の年であることもあり、これからは、もっと自分を見つめていく時間を作っていこうと思い、こうした結論に至りました」と経緯を説明した。  これに対して「大切な話」というタイトルでブログを更新した山田は、ツーショット写真と共に「本当に驚きました」と吐露。「阿久津がオーディションでグランプリを受賞したとき、自分は会場でチケットをもぎってました」と思い出を語る一方、「一人の人間として阿久津愼太郎を応援していきたい」と仲間へのはなむけの言葉を贈った。  また、ツーショット写真の数々と共に「二人合わせてW津ー☆だからね」と締めくくった三津谷は、卒業を聞いた時は「びっくりしたのと同時に『何で?』という疑問の感情が大きかった」と綴る。だが、話すうちに「あくにゃんの人生を応援する気持ちが強くなりました」と心情を伝えた。  さらに、共にメンバーとして活動を続けていた志尊は「年も近いこともあり、プライベートでも刺激を常に貰っておりました」と回想。「しんちゃんの無限の可能性がこれからの人生でどこまで人を動かすのか」と期待を込めつつ、「卒業したとしても、同士として、陰ながら応援できたらなと思ってます」と心からのエールを贈っていた。

  • 舞台「【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』」公開ゲネプロでエネルギッシュな演技をみせた木村了

    木村了、結婚後初の公の場に登場! 主演舞台でエネルギー全開

    アニメ・コミック

     俳優の木村了が17日、都内で行われた舞台「【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』‐血戦のラストダンス‐」の公開ゲネプロに登場。先日、女優・奥菜恵との結婚を発表した木村は、入江甚儀、三津谷亮、吉川純広、谷戸亮太ら出演者たちと、歌に踊りに芝居にとエネルギッシュなパフォーマンスを披露し、ほとばしる汗とともに充実感いっぱいの表情を見せた。@@cutter 本作は、古屋兎丸による人気漫画『帝一の國』(集英社)を舞台化した学園歌劇シリーズ完結編。好評を博した第1章、第2章に続き、主人公・赤場帝一役に木村が扮するほか、明るく人望の厚い好青年・大鷹弾役に入江、帝一の幼馴染みのお嬢様・白鳥美美子役には乃木坂46の井上小百合と樋口日奈がダブルキャストで参加(この日は井上が出演)。恋あり、友情あり、裏切りありの波乱に満ちた青春ドラマが展開する。  演出を担当した小林顕作が前説で登場し、「今夜、初日を迎えるわけですが、リハーサルが追いついてないところが多々ありまして」と苦笑い。「本番に向けての“追っつき公開ゲネプロ”ということで、温かい気持ちで観てほしい」とコメント。爆笑に包まれた会場は一気に緊張が解け、和やかな雰囲気の中、幕が開いた。  舞台は、木村演じる帝一を中心に、白熱する学園政権闘争、美美子を巡る四角関係、さらにはイケメンたちの入浴シーン?など、内容はまさになんでもありの超エンタテインメント。全編を通して、ハードなダンスや歌唱はもとより、ギリギリセーフの下ネタやコント風味の会話劇、爆笑パロディ、シリアスな熱演シーンなど、次から次へと繰り出される展開に、観客は瞬きさえも忘れてしまうほどだ。  なお、本舞台の大千秋楽となる3月27日には、最終章を飾るにふさわしく「卒業式」の実施が決定。その模様を本編に加えて、全国の映画館で特別にライブ・ビューイングにて生中継されることが明らかになった。  舞台『【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-』はAiiA 2.5 Theater Tokyoにて3月17日~27日まで上演。

  • 「學蘭歌劇『帝一の國』」シリーズで共演する三津谷亮が、木村了を祝福

    木村了&奥菜恵の結婚に祝福の声 三津谷亮、玉城裕規ら「おめでとう!」

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『風林火山』や『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』ほか、数多くの舞台に出演する俳優の木村了が女優の奥菜恵との結婚を報告したことを受け、須賀健太や美山加恋、三津谷亮など多くの共演者から祝福の声があがった。@@cutter 木村は13日の公式ブログで、 舞台『象』にて共演した奥菜との入籍を発表し「手と手を取り合って助け合い、支え合い、私達の家族の形を作っていきたい」と抱負を綴る。  これを受けて「學蘭歌劇『帝一の國』」で共演する三津谷は、同日にブログを更新。「まず始めに帝一カンパニーの嬉しいお知らせです」と切り出し、「帝一役の了くんと女優の奥菜恵さんが昨日ご結婚されました!おめでとうございます。本物の伴侶です!」と綴り、木村とのツーショットを掲載した。  また、2012年の初演、翌2013年の再演と舞台『ライチ☆光クラブ』で木村と共演した俳優の玉城裕規は、ツイッターで「おめでとう!末長くお幸せにね」とメッセージ。須賀健太や美山加恋ら若手からもツイッターを通して「おめでとうございます!」と祝福の声が寄せられた。

  • 三津谷亮、木村了と『帝一の國』舞台稽古中

    三津谷亮、木村了と『帝一の國』稽古中 「明日も頑張んにゃまい」

    アニメ・コミック

     まもなく自身出演の舞台『【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-』の公演が始まる俳優・三津谷亮が、同舞台の主人公・赤場帝一役の木村了と共に舞台稽古の様子を公開した。@@cutter 『【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-』は、古屋兎丸の漫画『帝一の國』(集英社)が原作の舞台化第3弾。ダークかつ濃い学園ストーリーを中心に歌と踊りで艶やかにユーモラスな歌劇が繰り広げられる。  三津谷は「お芝居を詰めたり、ダンスの振り入れをしたり、稽古が終わってからもみんなで自主練!!明るくてまじめなカンパニーです」と、ハードながらも充実した稽古の様子を明かす。    「自主練の後は、いまならさん、竜さん、谷戸さん、ジャス、いっちー、りゅうちゃんでご飯」と、共演者との良好な関係もうかがわせ「本番まであと2週間ぐらい。みんなとの稽古の時間も大事に、明日も頑張んにゃまい」と、舞台幕開けへの意気込みを記した。  同ブログには「早く舞台に立つ三津谷くんに会いたいです」「お仕事頑張りながら楽しみにしております」「ラストをしっかり劇場で見届けられるように予習しておきますね。ワクワクが止まらないです!」と、舞台を心待ちにする声や、「本日もハードな稽古が続くようで、、お体にお気をつけてください! 」「引き続き稽古の日々、応援しております」「稽古もハードかと思いますががんばってくださいね」と木村や三津谷らをねぎらう声が多く寄せられた。

  • 『SHOW BY ROCK!! MUSICAL~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!』囲み取材にて

    米原幸佑&三津谷亮、舞台『SHOW BY ROCK!!』開幕! 全力で“魅せる”人気キャラ

    アニメ・コミック

     舞台『SHOW BY ROCK!! MUSICAL~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!』(11日開幕)の公開ゲネプロが10日、都内にて行われた。ゲネプロ前の囲み取材には、劇中バンド“シンガンクリムゾンズ”から米原幸佑、輝馬、鳥越裕貴、滝川英治、“トライクロニカ” から三津谷亮、橋本祥平、月岡弘一が登壇、舞台への意気込みを語った。@@cutter 『SHOW BY ROCK!!』は、2013年にスマホゲームアプリからスタートし、2015年にはテレビアニメ化された人気音楽アプリゲーム。本公演は、人気キャラクター投票“2015年サンリオキャラクター大賞”で、首位とわずかに35票差で堂々2位にランクインし注目を集めた人気バンド“シンガンクリムゾンズ”と、そのライバル“トライクロニカ”の2大人気バンドを中心にした舞台版オリジナルストーリーを展開する。  “シンガンクリムゾンズ” のボーカル・クロウを演じる米原は、「アニメでは“シンガン”はバカなシーンが多いんです。大人になりきれない大人たちが音楽のために熱くぶつかってることがバカバカしく見えるような…。“中二病感”を出して昔の気持ちを思い出しながら全力でバカやって、音楽を演奏するシーンはカッコよくキメて…とメリハリを意識してやってます」と語る。  他の3人のメンバーについて「いい感じでバラバラでアホなんですよ、うちのメンバーが。みんな個性が強くて。それがうまいこと“シンガン”のバンドにハマったなと思います」と米原は分析する。  一方、“トライクロニカ”のボーカル・シュウ☆ゾーを演じる三津谷は、「“トライクロニカ”はトップスターという設定なので、“シンガン”よりもどうトップアイドルとして生きてきているのを伝えるかが課題でした。僕もまだ大スターになれていない身なので、その気持ちはわからないんですけど、なったつもりでシュウ☆ゾーとして生きています」と語った。  最後に米原は「『SHOW BY ROCK!!』が舞台化初ということで、原作ファン、アニメファンの方に認められて、さらにそれを超越した舞台にしていけたら」と意気込み、三津谷は「人気のある作品でプレッシャーはあるんですけど舞台の上で楽しみたい。元気がない時には観にくると元気になれるので、せひペンライトを持って一緒に盛り上がってほしいな」とアピールした。  『SHOW BY ROCK!! MUSICAL~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!』は、2月11日から16日まで、東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演。

  • ミュージカル『SHOW BY ROCK!!』三津谷亮が公開した“新生”トライクロニカの写真

    舞台『SHOW BY ROCK!!』トライクロニカ集結 シュウ☆ゾー役・三津谷亮が公開

    アニメ・コミック

     サンリオの人気ゲームアプリを原作としたミュージカル舞台『SHOW BY ROCK!! MUSICAL~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~』。本舞台にシュウ☆ゾー役として出演する三津谷亮が28日、自身ブログにて、劇中に登場するバンド「トライクロニカ」のメンバーであるリク役・橋本祥平、カイ役・月岡弘一らとの写真を公開した。@@cutter 『SHOW BY ROCK!!』は、サンリオのゲーム・アニメファン向けキャラクタープロジェクト。昨年4~6月には谷山紀章や宮野真守ら人気声優が出演するTVアニメ版が放送され好評を博した。今回のミュージカルでは、「2015年サンリオキャラクター大賞」で堂々2位にランキングした人気バンド “シンガンクリムゾンズ” と、その最大最強のライバル“トライクロニカ”の2大カリスマバンドを中心に物語が展開される。  三津谷はブログにて「今日の稽古ではついにトライクロニカの3人が揃いました!やった~☆これからツインズ(リクとカイ)達との絆を更に深めて、トライクロニカのチームワークを高めていくぞ!」というコメントと共に、写真を公開。だが、写真には4人が写っており…「あれ?トライクロニカの中に演出家のさぶ(福島三郎)さんが(笑)しかも一番ノリノリ!センター!新トライクロニカを宜しくお願いします」と、冗談交じりで稽古現場の和気あいあいとした空気を伝えた。  三津谷のブログには「稽古お疲れ様でした!トライクロニカ全員揃えて本当によかったですね♪」「トライクロニカのみなさんは3人とも黒髪で色白でいらっしゃるので、並ぶとどこか兄弟のようでほっこりします!」「トライクロニカwith演出家さんのお写真とってもいい感じです」「新生トライクロニカの破壊力たるや…」「新トライクロニカも、応援いたしますよ(笑)」など、“ミュージカル版”トライクロニカを期待する声が届いている。  『SHOW BY ROCK!! MUSICAL ~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~』(全10回)は、Zeppブルーシアター六本木にて2016年2月11日から16日まで上演。

  • 『SHOW BY ROCK!! MUSICAL 〜唄え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!〜』メインビジュアル完成

    ミュージカル「SHOW BY ROCK!!」、アーティストビジュアル公開!

    アニメ・コミック

     サンリオが手がけるバンドをテーマにしたキャラクタープロジェクト「SHOW BY ROCK!!」のミュージカル『SHOW BY ROCK!! MUSICAL ~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~』のビジュアルが解禁された。@@cutter ミュージカル「SHOW BY ROCK!!」は、「2015年サンリオキャラクター大賞」で、首位とわずか35票差で2位にランキングし注目を集めたバンド「シンガンクリムゾンズ」と、その最大最強のライバル「トライクロニカ」の2大バンドを中心に、バンド活動に賭ける若者たちの青春を描く。  アニメ版の脚本・構成を担当した待田堂子によるストーリー原案を元に、福島三郎が脚本と演出を手がけ、「シンガンクリムゾンズ」を、米原幸佑、輝馬、鳥越裕貴、滝川英治が、「トライクロニカ」を、三津谷亮、橋本祥平、月岡弘一が演じる。  弱小音楽事務所に所属する「シンガンクリムゾンズ」は、事務所の社長である有栖川メイプルが作った多額の借金を返済するため、莫大な優勝賞金を得られる「King of MIDI CITY Live Festival」に参加することになる。根拠は無いが絶大な自信で、優勝するつもり満々の「シンガンクリムゾンズ」だったが、人気絶頂のアイドルバンド「トライクロニカ」が参加表明したことで雲行きは怪しくなっていき…。  今回、公開されたビジュアルを見ると、オリジナルの物語でありながらも、本作がデジタルゲームの世界観を忠実に再現しているのがわかる。舞台上では、どんな姿を見せるのか、楽しみにしたい。  『SHOW BY ROCK!! MUSICAL ~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~』は、2月11日~16日までZeppブルーシアター六本木で上演。

  • ミュージカル『SHOW BY ROCK!!』メインキャストが発表

    『SHOW BY ROCK!!』ミュージカルキャスト発表!アニメ版脚本・構成作家が原案

    アニメ・コミック

     サンリオの人気アプリゲームを原作としたミュージカル『SHOW BY ROCK!! MUSICAL ~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~』のメインキャストが決定し、アニメ版『SHOW BY ROCK!!』の脚本・構成を担当した待田堂子がストーリー原案を務めることがわかった。@@cutter 『SHOW BY ROCK!!』は、サンリオのゲーム・アニメファン向けキャラクタープロジェクト。今年4~6月には谷山紀章、宮野真守ら人気声優が出演するTVアニメ版が放送されブレイクし、スマホゲームアプリは200万ダウンロードを超える人気を博す。  新展開となる本ミュージカルは、一般人気キャラクター投票「2015年サンリオキャラクター大賞」で堂々2位にランキングした人気バンド “シンガンクリムゾンズ” と、その最大最強のライバル“トライクロニカ”の2大カリスマバンドを中心に舞台版オリジナルストーリーを展開。両バンド対決も本作品の見どころとなる。  ミュージカル版のメインキャストでは、“シンガンクリムゾンズ”のクロウ役に米原幸佑、アイオーン役に輝馬、ヤイバ役に鳥越裕貴、ロム役に滝川英治。そして“トライクロニカ”のシュウ☆ゾー役に三津谷亮、リク役に橋本祥平、カイ役に月岡弘一がキャスティングされた。『SHOW BY ROCK!!』の世界が舞台上でどのように表現されるか、アニメファン・ゲームファン・ミュージカルファンから注目が集まる。  『SHOW BY ROCK!! MUSICAL ~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~』(全10回)は、Zeppブルーシアター六本木にて2016年2月11日から16日まで上演。

  • 木村了、舞台『帝一の國』第二章開幕! 歌にダンスに土下座…で魅了

    木村了、舞台『帝一の國』第二章開幕! 歌に踊りに土下座で…魅了

    アニメ・コミック

     木村了主演、入江甚儀、三津谷亮、吉川純広、谷戸亮太らが出演の舞台『【第二章】學蘭歌劇『帝一の國』-決戦のマイムマイム』の公開ゲネプロが12日、都内にて行われ、歌に踊りに芝居にと独特な世界観で観客を魅了した。@@cutter 本作は、古屋兎丸の漫画『帝一の國』(集英社)が原作の舞台化第2弾。ダークかつ濃い学園ストーリーを中心に歌と踊りで艶やかにユーモラスな歌劇が繰り広げられる。第一章に続き、本作の主人公・赤場帝一役に木村了が扮する。明るく人望厚い好青年・大鷹弾役に入江甚儀、白鳥美美子役に乃木坂46の井上小百合と樋口日奈がダブルキャストで参加。さらに本作からドラマ、バラエティで活躍中の市川知宏が参戦する。    主催者いわく、“作品における全背景を担う役であり最も過酷な役=主要キャスト以外のモブキャラも演じる”オールラウンダーズ(市川知宏、佐藤永典、佐藤流司、平沼紀久、佐藤貴史、ぎたろー)の6人が、第一章からの続きを小芝居とパメットを使い説明するシーンから始まった同舞台。第二章では、次期生徒会長の座を氷室ローランド(冨森ジャスティン)と森園億人(大河元気)が争う学園政権闘争を軸に描かれる。主人公・赤場は、いずれ生徒会長の座の禅譲を期待すべく氷室の“犬”として奔走していた…。    第二章でも第一章同様、漫画のキャラクターになりきり、歌にダンスに独特なセリフまわしなど、これでもかという熱量で演出される同舞台。木村のソロの歌や踊はもちろんのこと、お爺さんに扮したり、土下座したり、先輩の靴を舐めたりと赤場のくるくると変わる表情を演じ分ける。    また、木村だけでなく白鳥美美子役を演じる乃木坂・井上もソロパートがあるほか、大鷹弾役の入江もギターをかき鳴らしバラードを歌い上げるシーンも描かれる同舞台。    それぞれのキャラクターにスポットがあたり、大ボリュームで描かれる舞台「【第二章】學蘭歌劇『帝一の國』-決戦のマイムマイム』は、7月12日~7月20日までAiiA 2.5Theater Tokyoにて上演。7月25日、26日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。

  • 「局中音楽館LIVE~幕末フェスティバル~」会見に集まったイケメン集団D2

    イケメン集団D2が歌って踊る!『局中音楽館LIVE』開幕に「一体感が生まれた」

    エンタメ

     ワタナベエンターテインメントの若手俳優集団D2が出演する『局中音楽館LIVE~幕末フェスティバル~』のライブ公演が行われ、16日、出演メンバーが会見に応じた。@@cutter 本公演は、時代それぞれにある史実(要素)をピックアップして現代テイストにアレンジしたTV番組『TV・局中法度!』(テレビ神奈川ほか)内の人気コーナー「局中音楽館」をライブ公演するもの。山口賢貴、上鶴徹、西井幸人、三津谷亮、陳内将ら計13人のD2のメンバーとD‐BOYSの牧田哲也と三上真史が出演し、所狭しと歌い舞う。  今回の公演はライブ形式。阿久津は、「今まではイベントという形でやらせていただいてましたが、今回は初めてのライブなんです。歌を皆さんに届けたいと思い、練習したのでぜひ聴いて欲しいと思います」と意気込みを話す。西井は、「ライブという形で盛り上がれるので、一生残るものになるのでは」と今公演に期待を寄せる。また、山田も「若手俳優集団が歌って踊るというのはなかなかないと思います。みんなで思いを1つにしてお客さんたちに楽しんでもらえたらと思います」と語った。  一方、今回はD2の中に混じって出演することになったD‐BOYS三上は、「今回はMCも務めます。番組内ではユニットに参加していなくて、正直いいなと思っていたところ、今回4曲出ることになりました。新しいことが起きて、毎日楽しいです。僕らにしかできないライブになると思います」と話した。D2の先輩にあたる三上、そして牧田だが、チームワークはバッチリなようで、「みんなが教えてくれて、一体感が生まれた」と三上が話す通り、会見でも仲の良さが見てとれるほど和やかなムードが漂っていた。  今公演は、赤坂BLITZで全5公演行われ、実に7000人を動員する。阿久津は、「僕たちは最初、握手会をやっても7人しか来なかったり、初めて300人の小屋でやらせていただいてもチケットが売れないんじゃないかと試行錯誤をして、色んなことをやってきて、やっとこんなに大きなステージに立つことができました」と苦しかった時代を振り返り、「支えてくれるスタッフの皆さん、応援してくださるの皆さんのお陰だと思っています。これからも僕たちは進んでいきます。この夏は一緒に盛り上がりましょう」と熱いメッセージを送った。  『局中音楽館LIVE~幕末フェスティバル~』は、東京・赤坂BLITZにて8月16日から18日まで全5公演が行われる。  今公演は12月25日にDVD発売されることも決定。メイキング映像から舞台裏のオフショット映像まで、D2の素顔が見られる特典映像も予定されている。 「局中音楽館LIVE~幕末フェスティバル~」は18日まで全5公演。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access