ルカ・グァダニーノ 関連記事

  • 『サスペリア』日本オリジナルポスタービジュアル

    『サスペリア』本予告&日本オリジナルポスタービジュアル解禁

    映 画

     女優のダコタ・ジョンソンが主演を務め、映画『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が傑作イタリアン・ホラー映画を再構築した映画『サスペリア』から、ショッキングな内容を匂わせる本予告映像と日本オリジナルポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は70年代のドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー「マルコス・ダンス・カンパニー」に巣食う禁断の秘密を描いた1977年公開の同名映画を、グァダニーノ監督がオリジナルとは異なる視点で大胆にアレンジした作品。本年度のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で上映された際、歓声と怒号の入り混じる賛否両論が巻き起こり、「本年度最大の問題作」と大きな話題を集めた。劇伴初となるロックバンド、レディオヘッドのトム・ヨークが音楽の全プロデュースを務めている。  解禁された本予告映像では、アメリカからやってきた主人公スージー・バニヨン(ダコタ)がカリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)の指導の下、レッスンに励む中、カンパニー所属のダンサー、パトリシア(クロエ・グレース・モレッツ)を探す父親に遭遇する場面で雰囲気が一変。  奇妙な笑い声を上げる女性、赤いロープ以外何も身に付けていないダンサーたちが一心不乱に踊る姿、何者かを目がけて振り下ろされる鋭利な鎌などが次々と登場した後、原作のキーフレーズと同じ「決してひとりでは見ないでください」というナレーションで幕を下ろすという、センセーショナルでショッキングな展開を予感させる内容となった。  また、日本オリジナルポスタービジュアルでは、力強い表情を浮かべたスージーの背後に、思い思いの官能的なポーズを取るダンサーたちとその上に君臨するマダム・ブランが真っ赤に染まった姿で配置され、斬新なビジュアルに仕上がっている。グァダニーノ監督は「素晴らしいポスター。この日本のポスターが僕は世界のいろんなバージョンの中で一番好きかもしれない(笑)」と、本ポスタービジュアルを絶賛し、太鼓判を押している。    映画『サスペリア』は2019年1月25日より全国公開。

  • 『サスペリア』場面写真より

    トム・ヨークの不穏な音楽が流れる『サスペリア』予告&場面写真解禁

    映 画

     女優のダコタ・ジョンソンを主演に迎え、映画『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が傑作イタリアン・ホラー映画を再構築した映画『サスペリア』のティザー予告が解禁。音楽を手掛けたレディオヘッドのトム・ヨークによる不穏なメロディーが流れる中、美しくも恐ろしい、予想のつかない物語の展開を予見させるものとなっている。@@cutter 本作は70年代のドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー「マルコス」に巣食う禁断の秘密を描いた1977年公開の同名作品を、グァダニーノ監督がオリジナルとは異なる視点で大胆に再構築した作品。本年度のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で上映された際には、その内容に賛否両論が巻き起こった。ダコタのほかに、ティルダ・スウィントンやクロエ・モレッツらが出演する。  予告編は、雨の中、ひとりの女性が名門バレエ団を訪れるシーンからスタート。一心不乱に踊る主人公のスージー・バニヨン(ダコタ)の姿が映された後、「そこには悪魔が巣くってる」というセリフが続く。そしてカリスマ振り付け師マダム・ブラン(ティルダ)やバレエ団の長老たち、ほぼ全裸に赤いロープだけの衣装を身に付けて不気味に踊るダンサーたち、壁をのぼる女性、振り上げられる凶器といった恐怖体験を予見させる映像が次々と展開。1977年公開のオリジナル版『サスペリア』で、当時日本中を席巻したキャッチコピー「決してひとりでは見ないで下さい」という忠告で、映像は幕を閉じる。  併せて解禁された場面写真は、力強く正面を見据えるスージーの姿をはじめ、ティルダ演じるマダム・ブラン、赤いロープを身に付けたダンサーたち、女性と手を握り合うスージーの姿が収められている。  映画『サスペリア』は2019年1月公開。

  • 『サスペリア』ティザーポスター

    浮かび上がる“S” 『サスペリア』ビジュアル到着&監督来日決定

    映 画

     女優のダコタ・ジョンソン主演で、傑作イタリアン・ホラー映画をリメイクする『Suspiria(原題)』の邦題が『サスペリア』に決定し、併せてティザーポスターが解禁された。真っ赤な背景の中に毒々しい「S」の文字が浮かび上がり、不穏な雰囲気を漂わせるデザインとなっている。また、ルカ・グァダニーノ監督が公開に先駆けて12月に来日することも発表された。@@cutter 本作は70年代のドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー「マルコス」に巣食う禁断の秘密を描いた1977年公開の同名作品を、映画『君の名前で僕を呼んで』のグァダニーノ監督がオリジナルとは異なる視点で大胆に再構築。本年度ヴェネチア国際映画祭に正式出品され、コンペティション部門での上映後は観客総立ちの約8分間のスタンディングオベーションとともに、歓声と怒号の入り混じる賛否両論が巻き起こった。  キャストには主演のダコタのほか、ティルダ・スウィントンやクロエ・モレッツが名を連ねる。音楽を全プロデュースしたのは、劇伴初となるレディオヘッドのトム・ヨーク。ときに呪文の様に重なり合う音楽や、恐怖や哀愁を伝えるメロディーが作品に不穏な彩りを添える。  オリジナル版の監督であるダリオ・アルジェントも本作に絶賛の太鼓判を押し、試写でいち早く見たクエンティン・タランティーノ監督はその完成度の高さに、涙しながらグァダニーノ監督にハグをしたというニュースも伝えられている。  ポスターのメインコピー「決してひとりでは見ないでください。」は、41年前のオリジナル版『サスペリア』公開時と全く同じものを採用。当時は映画鑑賞の常識を覆すようなこのコピーが大流行し、大人から子どもまで一世を風靡。今回のポスターでは、一部の文字が横倒しになっていたり、反転していたりと、いびつなレタリングがさらにセンセーショナルさを感じさせるデザインとなっている。  映画『サスペリア』は2019年1月全国公開。

  • ダコタ・ジョンソン主演『サスペリア』リメイク版は11月全米公開

    ダコタ・ジョンソン主演、『サスペリア』リメイク版は11月に全米公開

    映 画

     イタリアンホラーの代表作、ダリオ・アルジェント監督の『サスペリア』のリメイク版が、11月2日より全米公開されることが決まったという。映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』シリーズの女優ダコタ・ジョンソンが主演を務める。comingsoon.netなどの海外メディアが報じた。@@cutter 11月2日は『くるみ割り人形』が原作のディズニー映画『The Nutcracker and the Four Realms(原題)』や、英ロックバンド「クイーン」の伝記映画『Bohemian Rhapsody(原題)』と同じ公開日となる。  アカデミー賞作品賞にノミネートされた話題作『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督がメガホンを取る。脚本は映画『胸騒ぎのシチリア』のデヴィッド・カイガニックが執筆した。世界的に有名なダンスカンパニーを舞台に、バレエ団に新しく加わったアメリカ人ダンサー(ダコタ)と、深い悲しみに襲われたサイコセラピストが血生臭い悪夢から逃れられなくなる様を描くとのことだ。  サイコセラピストを演じるのは、映画『ドクター・ストレンジ』のティルダ・スウィントン。キャストには映画『キャリー』のクロエ・モレッツや、映画『ニンフォマニアック Vol.2』のミア・ゴス、オリジナル版で主役のスージーを演じたジェシカ・ハーパーが名を連ねるという豪華さだ。

  • 『君の名前で僕を呼んで』、2018年4月公開決定

    ルカ・グァダニーノ監督最新作『君の名前で僕を呼んで』、2018年4月公開決定

    映 画

     11月24日に全米公開され、早くも多くの賞レースで高評価を得ている映画『Call Me By Your Name(原題)』が、『君の名前で僕を呼んで』の邦題で2018年4月に公開となることが決定した。@@cutter 1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。  アンドレ・アシマンによる原作を実写化した本作は、『胸騒ぎのシチリア』などのルカ・グァダニーノが監督を、『眺めのいい部屋』の監督として知られるジェームズ・アイヴォリーが脚色を担当。今回邦題に決定した『君の名前で僕を呼んで』は原題の直訳であり、エリオとオリヴァーが、互いの想いを確かめ合う印象的なシーンに登場する重要な台詞の一部でもある。  賞レースの始まりとともに、オスカーを占う重要な前哨戦であるゴッサム賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞を制覇した本作は、アカデミー賞最有力候補との呼び声も高い。ゴールデングローブ賞でも、主要部門の作品賞(ドラマ部門)、主演男優賞(ドラマ部門/ティモシー・シャラメ)、助演男優賞(アーミー・ハマー)と3部門にノミネートされている。  映画『君の名前で僕を呼んで』は、2018年4月全国ロードショー。

  • 新作でルカ・グァダニーノ監督とタッグを組むジェニファー・ローレンス

    休業示唆のジェニファー・ローレンス、『凍える墓』映画化で女性死刑囚に

    映 画

     オスカー女優ジェニファー・ローレンスが、豪作家ハンナ・ケントの小説『凍える墓』の映画化『Burial Rites(原題)』で主演を務めるという。ジェニファーは9月に「2年間、何の予定も入っていない」と女優業を休業する予定があることを明かしていた。@@cutter ハンナが2013年に発表した『凍える墓』は、実在したアイスランドの最後の死刑囚アグネス・マグノスドウティルを描いた小説。1829年のアイスランドを舞台に、愛人でもあった雇い主と彼の知人を殺害し、家に放火した罪で死刑囚となった女性アグネスが、刑が執行されるまでの間、業務官の農場で過ごす中で、自身の身の上を語り出すというストーリーだ。  ジェニファーは主人公のアグネスを演じると共に、主演した映画『ハンガー・ゲーム』シリーズの製作総指揮アリソン・シェアマーらと製作に名を連ねるとのこと。当初、同映画の監督ゲイリー・ロスがメガホンを取る方向で企画が進んでいたが、最終的に賞レースを賑わしてる映画『Call Me By Your Name(原題)』の監督ルカ・グァダニーノに決まっている。ロスは製作総指揮として参加する。

  • 『白鳥の湖』がモチーフになる映画に出演するというフェリシティ・ジョーンズ

    フェリシティ・ジョーンズ、チャイコフスキー『白鳥の湖』を題材にした新作に出演

    映 画

     映画『博士と彼女のセオリー』や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のヒロイン役で注目を集めた女優フェリシティ・ジョーンズが、ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの有名な曲『白鳥の湖』をモチーフにした映画で主演を務めるという。@@cutter Varietyによると、作品のタイトルは未定。映画『ミラノ、愛に生きる』や『胸騒ぎのシチリア』などのイタリア人監督ルカ・グァダニーノがメガホンを取るとのこと。脚本は俳優ルーク・エヴァンスや女優ダコタ・ファニングが出演するミニシリーズ『The Alienist(原題)』などで注目されるクリスティーナ・ローレン・アンダーソンが、脚本を執筆する。  クラシックバレエに代表される『白鳥の湖』は幾つかのバージョンがあり、悪魔によって白鳥にされてしまった女性オデットと王子を中心に描かれる。映画版ではバレエは関係ないとのこと。ストーリー展開が『白鳥の湖』にインスピレーションを得ているとのことだが、あらすじや他のキャストなど詳細は不明だ。  現在、パラマウント・ピクチャーズやユニバーサル・ピクチャーズなどを含む大手スタジオが、配給権などの権利を巡り争奪戦を繰り広げているという。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access