横浜流星 関連記事

  • 日曜ドラマ『あなたの番です』完全版ポスター

    『あなたの番です』反撃編、あらすじ解禁 第1章全10話ネット配信も決定

    エンタメ

     俳優の田中圭と女優の原田知世がダブル主演を務める日曜ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第2章『あなたの番です‐反撃編‐』が6月30日から始まるのを記念して、期間限定で第1章全10話の無料配信が始まった。同時に6月30日放送分のあらすじも解禁された。@@cutter 第1章の全10話は既に有料の動画配信サービスHuluでは配信されているが、TVerおよび日テレ無料(TADA)で、第1~5話が6月23日23時55分から27日11時59分まで、第6~10話が27日正午から30日22時29分まで、それぞれ無料配信される。  また、6月30日放送分のストーリーが明らかになった。  菜奈(原田)を襲って逮捕された早苗(木村多江)は“ミキサー主婦”として世間の注目の的となり、山際の殺害も早苗と正志(阪田マサノブ)の犯行という疑いが強まる。  しかし、早苗と正志は、警察の取り調べに完全黙秘していた。  翔太(田中)は、菜奈の最期の姿を映した動画のことを警察に通報。神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)は、サイバー班を連れてくる。サイバー班が菜奈のパソコンを解析するものの、投稿者は特定できない。翔太は、警察の捜査が進まないことにいら立ち、思わず水城につかみかかってしまう―。  そんな中、翔太は住民会に出席する。この中に菜奈を殺害した犯人がいるのではと住民たちを観察する翔太。早苗の逮捕を受け、住民会の会長は西村(和田聰宏)に。会の途中、管理人の蓬田(前原滉)が304号室に引っ越してきた住民・二階堂(横浜流星)を連れてくる。二階堂は、人工知能(AI)を研究する大学院生だった。AIは凶悪事件の捜査にも使われ始めているという話題になり、微妙な空気になる一同。  一方、黒島(西野七瀬)は、早苗と正志の息子・総一(荒木飛羽)を近くの公園で見かける。総一は施設から戻り、叔母のサンダーソン正子(池津祥子)と402号室で新生活を始めている。黒島は、慣れない“普通の生活”に戸惑う総一に優しく接する。そんな二人を何者かが見ていた…。  翔太は、菜奈を殺した犯人は住民のうちの誰なのかを推理する。「犯人を見つけたとして、迷わず復讐できるかな」と自問自答する翔太。そして彼は、304号室を訪ね…。  日曜ドラマ『あなたの番です‐反撃編‐』は、日本テレビ系にて6月30日より毎週日曜22時30分放送。

  • 『いなくなれ、群青』チラシビジュアル

    横浜流星×飯豊まりえ『いなくなれ、群青』、新映像解禁

    映画

     俳優の横浜流星が主演を務め、共演に女優の飯豊まりえを迎える映画『いなくなれ、群青』より、新映像《真辺編》が解禁された。主人公・七草(横浜)が幼なじみの真辺(飯豊)と再会したことで、止まっていた時間が動き出す様子を映し出している。@@cutter 本作は、第8回「大学読書人大賞」受賞作で、「読書メーター読みたい本ランキング」第1位を獲得した河野裕による同名の青春ミステリー小説を、米国の高校在学中にバッカイフィルムフェスティバルのオハイオ州優秀賞を受賞した新鋭・柳明菜監督が実写映画化。主人公・七草は「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な高校一年生。階段島と呼ばれる島での安定した学生生活を気に入っていたが、小学4年から中学2年まで一緒に過ごしていた少女・真辺由宇と再会したことで、島の謎や連続落書き事件に関わらざるを得なくなっていく。  《真辺編》の映像は、「この島の人たちは、捨てられた人たち」という七草のせりふから始まり、「私達は誰に捨てられたの?」と、誰よりも真っすぐで、誰よりも純粋な真辺が七草に疑問をぶつける場面が映し出される。美しいピアノの音色が<階段島>で暮らす人々の日常を運んでゆく中、七草の通う学校に真辺が転校してきたことで、平穏だった日常に変化が訪れ、「僕は真辺由宇がこの島に来たことが許せなかった」というせりふが、七草と真辺の再会によって動き出した二人の運命を物語る。  真辺の「簡単に人を捨てていけるような場所なんてあっていいはずない」「一緒にいちゃいけない人間なんて、いるはずないよ」という印象的なせりふの数々に、二人の切ない表情や、淡い光の中のほほ笑みが美しくもはかなく描かれている。そして、「私と一緒にこの島を出るって約束してくれる?」という真辺の問いかけに対する七草の答えとは…。二人を待ち受ける運命が気になる仕上がりとなっている。  映画『いなくなれ、群青』は9月6日より全国公開。

  • 『あなたの番です‐反撃編‐』で共演する(左から)皆川猿時、横浜流星、浅香航大

    横浜流星、浅香航大&皆川猿時の『あな番』刑事コンビと“再会”にファン歓喜

    エンタメ

     俳優の横浜流星が22日、自身のインスタグラムを更新。来週30日からスタートするドラマ『あなたの番です‐反撃編‐』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で共演する浅香航大、皆川猿時と撮影したスリーショットを掲載し、「素敵な3ショット」と大きな話題を呼んでいる。@@cutter 30日から新章がスタートする『あなたの番です』で、304号室に新たに引っ越してくる、AIを研究している頭脳明晰な大学院生・二階堂忍を演じる横浜。「『あなたの番です』順調に撮影進んでます。明日も二階堂として、しっかりと生きたいと思います」というポジティブなコメントと共に浅香、皆川とのスリーショットを投稿。三人で寄り添い、浅香が横浜の肩を抱くという仲睦まじい一枚だ。  横浜は過去に浅香と映画『チア男子!!』で、皆川とはドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS)で共演。そのため「#皆川さんと浅香さん」「#ゴリさんでも溝口でもないよ」と、ファンにはうれしいハッシュタグを添えている。  コメント欄には、「素晴らしい3ショット」「このスリーショットが見れるなんて」「共演×共演のお写真素敵です」など、興奮の声が続出しているほか、まもなく始まる『あなたの番です』の反撃編に対し「流星さんが演じる二階堂がどんな人物なのか楽しみです」「二階堂さんの推理に期待しております」といった期待が多数寄せられている。  引用:https://www.instagram.com/ryuseiyokohama_official/

  • 『あなたの番です‐反撃編‐』ポスタービジュアル

    横浜流星、『あなたの番です』クランクイン 『反撃編』ポスタービジュアルも解禁

    エンタメ

     6月30日より放送される日曜ドラマ『あなたの番です』の第2章『あなたの番です‐反撃編‐』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)より、第2章から出演する俳優の横浜流星がクランクインを迎えたことが発表され、併せて『反撃編』ポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 4月から6月16日まで放送された第1章では、田中圭と原田知世が演じる、都内のマンションに引っ越してきた“年の差新婚夫婦”の2人が、幸せいっぱいの生活から一転し住民たちの交換殺人ゲームに巻き込まれていく姿を描き、最終回(第10話)で衝撃のラストを迎えた。  第2章の『反撃編』では、田中演じる手塚翔太がマンションで起こった交換殺人ゲームの全貌を解き明かし、菜奈(原田)の命を奪った殺人鬼に迫る。202号室の黒島沙和(西野七瀬)や、304号室に新たに引っ越してくる大学院生・二階堂忍(横浜)と協力しながら犯人を追い詰めていく。  そして先日、AIを研究している頭脳明晰な二階堂を演じる横浜が撮影初日を迎えた。この日の撮影は、二階堂が引っ越したばかりの新居に、翔太がお手製の鍋を持って訪ねてくるシーンからスタート。食事は栄養補助食品しか口にしない二階堂にとって他人が作った料理は食べたくないが、翔太の申し出を無下に断ることも出来ず、男二人だけでアツアツの鍋を囲むことに。  クランクインを無事に迎えた横浜は「前日は寝られなくて、緊張して撮影に臨みました。田中圭さんとの共演シーンから始まりましたが、毎シーン毎シーン翔太と向き合って、監督と向き合っている田中さんの姿にすごく刺激を受けました」と明かし、「自分もこれから二階堂と向き合っていいシーンを作りたいと思います。今後、二階堂がどうなっていくか自分もわかりませんが、合理的な人間が人間らしく変わっていく様を丁寧に演じたいと思います。また、まだお会いしていない先輩方からもお芝居を通していろいろ吸収していきたいです」と抱負を語っている。  『反撃編』ポスタービジュアルは、エレベーターの防犯カメラの映像という形で翔太をはじめ沙和、二階堂、榎本早苗(木村多江)、田宮淳一郎(生瀬勝久)が写し出されているもの。その出入り口には菜奈が白いワンピース姿で立っている。ポスターには「殺られる前に暴いてやる。」というキャッチコピーが添えられており、菜奈を失った翔太たちがいかにして犯人を追い詰めていくのか期待が高まるビジュアルとなっている。  『あなたの番です‐反撃編‐』は日本テレビ系にて6月30日より毎週日曜22時30分放送。

  • 横浜流星が表紙&巻頭特集を飾る新刊ムック「別冊カドカワScene」(発行:株式会社KADOKAWA)

    横浜流星、表紙&巻頭特集の新刊ムック発売 セカンド写真集も6度目の重版決定

    エンタメ

     俳優の横浜流星が、7月2日発売の「別冊カドカワ」新シリーズムック「別冊カドカワScene」(発行:株式会社KADOKAWA)の表紙を飾ることがわかった。同誌では、横浜の素顔に迫る30ページの特集も組まれている。@@cutter 同誌で表紙を飾る横浜は、今年1月期に放送された連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)でピンク髪の不良高校生・“ユリユリ“こと由利匡平を演じて一躍大ブレークを果たすと、映画『愛唄ー約束のナクヒトー』『L DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』『チア男子!!』など出演作も続々公開。  7月からは『あなたの番です-反撃編-』(日本テレビ系)に、頭脳明晰の大学院生・二階堂忍役で出演するほか、9月には主演映画『いなくなれ、群青』の公開も控えている。  特集では、22歳の等身大の素顔を切り取るべく、横浜のプライベートにも接近。常連だという蒙古タンメンのお店に行ったり、新たな趣味を探すため自転車店へ行ったりと、リラックスした表情をたっぷり収録。さらにドラマ『あなたの番です』の密着リポートや、1万字にもわたるロングインタビューも掲載。過去の出演作品をひも解きながら俳優としての歩みを振り返る内容になっている。  また、今年3月に発売された横浜のセカンド写真集『流麗』(同社発行)の6度目の重版が決定し、累計発行部数は6万5千部を突破したという。

  • 日曜ドラマ『あなたの番です』に出演する横浜流星

    横浜流星、『あなたの番です』新章に登場 “交換殺人”マンションに引っ越す大学院生に

    エンタメ

     女優の原田知世と俳優の田中圭がダブル主演を務める日曜ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)より、俳優の横浜流星が6月30日より放送される新章に出演することが発表された。物語の舞台となる“交換殺人”マンションに引っ越してくる大学院生を演じる。@@cutter 本作は、都内のマンションに引っ越してきた“年の差新婚夫婦”の2人が、幸せいっぱいの生活から一転、住民たちの交換殺人ゲームに巻き込まれていく姿を描くミステリードラマ。  2クール目に突入し、新章がスタートする6月30日放送の第11話より登場する横浜が演じるのは、北川澄香(真飛聖)親子が引っ越し、空室になった304号室に引っ越してくる大学院生・二階堂忍(25)。  二階堂は黒島沙和(西野七瀬)と同じ大学の工学部の院生で、AIの開発をしている。研究以外に興味が無く、特に食に関しては無関心。普段は“合理的に栄養素が摂取できる”という理由で、栄養補助食品しか口にしない。頭の回転は速いが、人とコミュニケーションを取るのが苦手で一見、無愛想。科学で証明できない幽霊などは信じておらず、殺人マンションへの恐怖心はゼロ。大学から近く、家賃が安いということだけで引っ越してきた。  そして、二階堂は無理矢理参加させられた住民会で「AIって凶悪事件の犯人像を導き出せるんでしょ?」と聞かれ、「はい」と答えたことから、巻き込まれる形で連続殺人事件の謎解きに参加する。  横浜は「一視聴者として毎週楽しみにしていた『あなたの番です』に2クール目から出演することができ、とても嬉しく思います」とコメント。二階堂について「AIを研究している頭脳明晰な男で、交換殺人ゲームの全貌を暴く大きな力となる役柄です」と説明し、「人とコミュニケーションを取るのが苦手で、無愛想にも見える二階堂が、変化していく過程も楽しみながらご覧頂けたら嬉しいです! 監督、キャスト、スタッフの方々と力を合わせて、精一杯、二階堂として生きたいと思います。お楽しみに!」とメッセージを寄せている。  日曜ドラマ『あなたの番です』は、日本テレビ系にて毎週日曜22時30分放送。

  • 『いなくなれ、群青』チラシビジュアル

    横浜流星×飯豊まりえ『いなくなれ、群青』、幻想的な映像とせりふ溢れる特報解禁

    映画

     俳優の横浜流星が主演を務め、共演に女優の飯豊まりえを迎える映画『いなくなれ、群青』より、特報映像が初解禁された。@@cutter 本作は、第8回「大学読書人大賞」受賞作で、「読書メーター読みたい本ランキング」第1位を獲得した河野裕の同名小説を映画化。主人公の七草を演じるのは、数々の映画で主演を務め若手実力派としての実績を重ねる注目俳優・横浜流星。共演を飯豊まりえが務め、誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女・真辺由宇を演じる。監督は、新鋭の女性監督・柳明菜、劇中音楽を映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』やTVアニメ『化物語』などを手掛けた神前暁が務める。  主人公・七草は、物事を悲観的に捉えることが多い高校一年生。階段島と呼ばれる島での安定した学生生活を気に入っていたが、小学4年から中学2年まで一緒に過ごしていた少女・真辺由宇と再会したことで、島の謎や連続落書き事件に関わらざるを得なくなっていく。  この度完成した特報は、「階段島、人口はおよそ2000人。僕たちはある日突然、この島にやってきた」という、七草の小説の中に登場する印象的なセリフから始まる。「どうしてこの島にやってきたのか知る人はいない。みんなその時の記憶を失っている」など意味深なセリフが続き、七草が真辺由宇と出会って物語は始まっていく。七草のナレーションを叙情的な音楽が包み込み、幻想的な映像と台詞が本作の独創的な世界観を伝える特報となっている。  映画『いなくなれ、群青』は9月6日全国公開。

  • 横浜流星が表紙を飾る「anan」 No.2154(2019年6月5日発売)

    横浜流星表紙「anan」 発売日前に全ネット書店で完売に

    エンタメ

     俳優の横浜流星が表紙を飾る、6月5日発売の女性グラビア週刊誌「anan」2154号(マガジンハウス)が、発売日前に全ネット書店で予約開始と同時に品切れし問い合わせが殺到しているという。@@cutter 本号では、表紙のほかにグラビアページに登場する横浜。出演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)でチラ見せをして話題を呼んだ腹筋と鍛え上げられた体を、本誌ではクール&スタイリッシュに披露する。  「anan」の表紙初登場に加え、グラビア&インタビューページでの展開に熱い期待が寄せられた本号。その結果、先月27日の本号情報解禁後、わずか1日でネット書店では在庫が発売前品切れ状態に。この“ネット書店予約完売”状態に、発売前にもかかわらず反響の声が広がっている。  横浜流星が表紙の「anan」2154号(マガジンハウス)は6月5日発売。一般書店では5日より店頭に並ぶ。

  • 横浜流星が表紙を飾る「anan」 No.2154(2019年6月5日発売)

    横浜流星、シックスパックに輝く“美腹筋”披露

    エンタメ

     俳優の横浜流星が、6月5日発売の女性グラビア週刊誌「anan」2154号(マガジンハウス)の表紙やグラビアページに登場。無駄な脂肪が一切ない、鍛え上げられたシックスパックの腹筋を披露している。@@cutter 同号では「絞る!締める!大作戦」と題し、肌見せの本格シーズン到来を前に、二の腕、背中、おなか回りなど気になる部分を引き締める人気メソッドを特集。横浜は「芯のあるカラダ」をテーマとしたグラビアで、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』でチラ見せして話題を呼んだ腹筋をクール&スタイリッシュに露出している。  その腹筋は、端正な顔立ちからは想像も付かない、細くも無駄のない彫刻のような美しさ。ペットボトルの水を頭からかぶる躍動感ある姿や、前がはだけたスウェットから鍛え上げられた腹筋を大胆にのぞかせる姿など、これまであまり見せたことがない“オス感”あふれる一面を披露している。  空手世界一にもなったこともある横浜は、インタビューにも登場。「ジムでトレーニングを受け、カラダを鍛え直しました。少しでも甘えがでると、自分に勝つことができない。これからも常に自分自身と戦い続けたいと思っています」と、真剣にトレーニングを積み重ねているカラダづくりへのストイックな姿勢を語っている。  横浜流星が表紙を飾る「anan」2154号は、マガジンハウスより6月5日発売。

  • 「ザテレビジョン」第100回ドラマアカデミー賞・助演男優賞を受賞した横浜流星

    『はじこい』横浜流星、ドラマアカデミー賞受賞で続編に意欲

    エンタメ

     2019年1月クールのドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)に出演した俳優・横浜流星が、「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)が毎クール発表している「ドラマアカデミー賞」で、助演男優賞に選出された。@@cutter 今回、第100回を迎える同賞は、国内の地上波連続ドラマを「週刊ザテレビジョン」読者、審査員、TV記者投票で選出されるもの。  助演男優賞受賞の横浜が出演した『初めて恋をした日に読む話』は、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田恭子)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、横浜をはじめ永山絢斗、中村倫也が演じた。  本作で横浜は、髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平役を好演。東大を目指しながら塾講師・春見順子(深田)を一途に思い、「ご褒美ください」や“舌ペロ”などの胸キュン言動を、時に切なく、時にキュートに演じ、“ゆりゆり旋風”を巻き起こした。また、特徴的なピンクの髪にも「原作通り!」と絶賛の声が多数寄せられていた。  今回の受賞について横浜は、「ありがとうございます。すごくうれしいです。たくさんの方が応援し、愛してくださった証しだと思うので」と喜びのコメント。  主演の深田について横浜は「たくさん話し掛けてくださったので、すぐに順子にしか見えなくなって。おかげで自分も匡平として現場にいられました」と振り返っており、深田、永山、中村らとの共演については「今作では先輩方と共演させていただいて、大きな財産を得ることができましたし、本当に大切な作品になりました」と感謝を述べた。  最後に横浜は「皆さんとはぜひまた共演したいです。やるなら、やはり続編ですね!。順子と匡平がハッピーエンドになったその後が観たい。東大を卒業して結婚している姿とか。もう髪はピンクではないと思いますが、続編ができるなら何色にでもなりますよ!」と続編に意欲をのぞかせていた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access