山戸結希 関連記事

  • 堀未央奈、映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』公開記念舞台挨拶に登場

    乃木坂46・堀未央奈、初主演映画の初日に“涙”

    映画

     乃木坂46の堀未央奈が28日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲にて行われた映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』初日舞台挨拶に出席。映画初主演となる堀が、同作の公開に感極まり、涙を流した。@@cutter 相原実貴の人気少女漫画を実写映画化した本作では、堀演じる女子高校生・成田初の3つの初恋が描かれる。映画『溺れるナイフ』の山戸結希監督がメガホンを取った。  イベントには堀のほか、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗、桜田ひより、上村海成、山戸監督が出席した。  堀は、ロケ地としても使用していた都内・豊洲にて同イベントが行われたことを受けて「豊洲で撮影したシーンがほとんどだったので、初としても私自身としても思い入れのある場所です。個人的にも遊びにきたりする場所なので、そんな場所で初日を迎えることができてうれしいです」と笑顔。すると清水も「不思議な気持ちですね。毎日、瑞生と帰っていたので『あ、あの橋!』みたいな」と懐かしんだ。  また今回の共演によって、堀と桜田は親交を深めたようで、堀は「妹みたいな感じで、合うたびに手をつないでました」と仲の良さをうかがわせていた。  イベント後半には、この映画で伝えたい思いを一文字で表現したという書き初めを披露する一幕も。  “瞳”という一文字を披露した間宮は「この作品は、目が印象的だなと思っていて。言葉が多くない役なので、言葉じゃなくて目でっていうのは監督からの演出でも多かった気がするので、瞳」と説明。それに対して堀も「3人とも瞳の中の色というか温度が違って、すてきでした」と同調した。  一方、堀が選んだのは“叫”の一文字。その理由について「心の叫びみたいなものを言えなくて苦しんでる方の、背中を後押しできる映画になっているんじゃないかな。そんな叫びが届いたらいいなと思ってこの字にしました」と語った。  板垣は“光”の一文字を発表したが、清水に「積み木にしたら、よく立ってるなっていう字」と指摘され、堀にも「“光”っていう字がアンバランスでちょっと気になりますね」といじられ、会場は笑いに包まれた。  最後にコメントを求められた堀は、感情が高ぶり涙。「変な顔になるから使わないでください...」と顔をおさえるも、気を取り直し「これからたくさんの女の子や男の子が観ると思うんですけど、私も10代のときに出会いたかったなっていう作品です。愛を込めて、心の底からセリフを言って作ったので、この映画を観てよかったなっていう風に思ってもらえたらいいなって思います」と言葉を絞り出し、イベントを締めくくった。

  • 山戸結希×堀未央奈、日本映画専門チャンネルステーションIDより

    堀未央奈が一人3役 『ホットギミック』山戸結希監督によるショート映像公開

    映画

     乃木坂46・堀未央奈が映画初出演&初主演を務める山戸結希監督作『ホットギミック ガールミーツボーイ』の公開を記念し、日本映画専門チャンネルでは山戸監督の作品を7月6日に特集放送。さらに、放送を記念して山戸監督が堀を起用し、日本映画専門チャンネルのステーションIDとして特別映像を製作した。透明感あふれる堀未央奈の素の表情が楽しめる映像となっている。@@cutter 映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、累計販売部数450万部を超える相原実貴の漫画『ホットギミック』を、映画『おとぎ話みたい』『溺れるナイフ』の山戸結希監督のメガホンで実写映画化したラブストーリー。主人公の成田初には映画初出演にして初主演となる乃木坂46の堀。さらに、初に恋心を抱く3人の男性陣には、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗がキャスティングされている。  ステーションIDの特別映像のタイトルは「映画の女の子、の依拠する三角関係に差し当たって」。堀が映画を見る女の子・白子、映画を撮る女の子・黒子、映画で演じる女の子・三子の3役を演じ分け、映画にまつわる三者の物語を描き出す。  映像は第一幕、第二幕、第三幕、最終章の4パートで構成。第一幕「白子と三子」では、映画館にいる大人しい雰囲気の白子が、スクリーン越しに自信に満ちた表情の三子と、お互いに「あなたって変わってる」と会話を繰り広げる。第二幕「三子と黒子」では、撮影中の黒子と三子が、演技や演出についてお互い一歩もひかず意見をぶつけあう。  第三幕「黒子と白子」では、黒子と白子が、映画の作り手と観客というそれぞれの立場から、お互いに感謝の言葉を交わす。最終章「白子と三子と黒子」では、3人それぞれが「あなたに会いたい」と走り出していく。そして最後は、黒子に扮した堀がカチンコを持って「カット!」と言った後、周囲のスタッフから上着を着せられ花束を渡された後、カメラをまっすぐ見つめる姿で終了。少女の繊細な心情を描き続けてきた山戸監督の世界観を存分に味わえる、深い余韻を残す作品となっている。  ステーションID「映画の女の子、の依拠する三角関係に差し当たって」は、日本映画専門チャンネル公式ツイッターにて6月20日17時より第一幕・二幕・三幕・最終幕を配信。撮影時の舞台裏も盛り込んだ特別篇は、日本映画専門チャンネル(BS255)にて6月21日より放送。

  • 映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』完成披露イベントにて

    乃木坂46・堀未央奈、誰にも言っていない秘密を初告白

    映画

     乃木坂46の堀未央奈が12日、都内で行われた映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』完成披露イベントおよび舞台挨拶に出席。映画初出演にして初主演となる堀は、巨大なタマゴから登場するという演出で会場を沸かせ、誰にも言っていないという秘密を初告白した。@@cutter 相原実貴の大人気少女漫画を実写映画化した本作では、堀演じる女子高校生・成田初の3つの初恋が描かれる。映画『溺れるナイフ』の山戸結希監督がメガホンをとった。  イベントには堀のほか、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗、山戸監督が出席。イベント後に行われた舞台挨拶には、桜田ひより、上村海成、吉岡里帆を加えた8名が顔を揃えた。  堀は、ステージ中央に用意された巨大なタマゴの殻を破って登場。間宮からの「タマゴ、良かったですよね。無事産まれて良かったです」との言葉に「ありがとうございます」と照れたような笑みを浮かべた。  さらに堀は「最初タマゴの中にいるときは、乃木坂46のライブをしているとき以上に緊張しました。でもキャストの皆様のおかげで、楽しく誕生できました」と感謝。堀の登場シーンについて板垣が「感動しました」と言うと、間宮も「涙をこらえるのに必死でした。いまは気丈に振る舞ってます」と笑いを誘った。  イベント後に行われた舞台挨拶では、堀が「秘密にしている出来事」を初告白。堀は「誰にも言っていないことなんですが…」と前置きし、「側転の練習をしています。ミラ・ジョヴォヴィッチさんみたいなアクション女優になりたくて、側転から始めさせていただきました」とカミングアウト。  一方、間宮が「実は健康志向」だということを明かすと、堀は「普段の元気でいらっしゃる感じが、この健康志向からきていたんだな」とコメント。すると間宮は「あの、僕元気だと思われてたんですか?」と困惑していた。  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、6月28日全国公開。

  • 『ホットギミック ガールミーツボーイ』メインカット

    堀未央奈『ホットギミック』、初恋の胸キュン溢れる場面写真解禁

    映画

     乃木坂46・堀未央奈が映画初出演&初主演を務める映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』より、“3つの初恋”それぞれの個性が垣間見える場面写真が公開となった。@@cutter 本作は、累計販売部数450万部を超える相原実貴の漫画『ホットギミック』を、『おとぎ話みたい』『溺れるナイフ』の山戸結希監督のメガホンで実写映画化したラブストーリー。主人公の成田初には映画初出演にして初主演となる乃木坂46の堀。さらに、初に恋心を抱く3人の男性陣には、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗がキャスティングされている。  どこにでもいる平凡な女子高生・成田初はある日、同じマンションに住む橘亮輝に弱みを握られ、無茶な命令に振り回されることに。そんな時、数年前に突然引っ越していった幼なじみ・小田切梓と再会し、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的が…。さらに、兄・凌の秘密を知って、戸惑う初。梓、亮輝、凌、3人の男性との恋に揺れ動いた先に、初が選ぶ運命は…。  この度解禁となったのは、3人の男性との個性的な恋が垣間見える場面写真。  秘密を握られてしまい、初が亮輝からちょっかいを出されている場面の一部始終や、人気モデル・梓との急展開のきっかけとなる重要なシーン、そして常に初の側にいて気にかけてきた凌の優しさがにじみ出た一枚など、本作のキーとなるシーンが切り取られている。初に気持ちを向ける3人それぞれの個性と初恋の甘酸っぱさを感じさせ、3つの恋の行方に想像がふくらむ場面写真となっている。  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』は6月28日より全国公開。

  • 堀未央奈、映画『ホットギミック』に主演

    乃木坂46・堀未央奈、映画初主演『ホットギミック』2019年公開

    映画

     乃木坂46の堀未央奈が、2019年公開の映画『ホットギミック』で映画初出演にして初主演を務めることが発表された。3人の男性との恋に揺れるヒロイン・初を演じる堀は「初のリアルな心情、心の揺れを新鮮にリアクションしていきたいです」と語っている。@@cutter 本作は、累計販売部数450万部を超える相原実貴による同名コミックを、『おとぎ話みたい』『溺れるナイフ』の山戸結希監督のメガホンで実写映画化したラブストーリー。堀演じる初(はつみ)に恋心を抱く3人の男性陣には、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗がキャスティングされている。  女子高生の初(堀)は兄・凌(間宮)と妹・茜と両親と暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(清水)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回される。そんな時、数年前に引っ越していった幼馴染・小田切梓(板垣)が帰ってきた。梓が昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と惹かれてゆく。亮輝に邪魔をされながらも、梓と付き合うことになる初だったが、実は梓にはある目的が。さらに、初は凌の秘密を知ってしまう…。  山戸監督が乃木坂46の14枚目のシングル『ハルジオンが咲く頃』のMVを手掛けた際に、堀のみずみずしい存在感が印象に残ったため、映画初出演にも関わらず、今回いきなりの主演に抜てきされた。  堀は「映画は初主演と言う事で不安な気持ちはありますが、クランクインして、監督の演出、共演の皆さんとのお芝居、その1つ1つの撮影が本当に楽しいです」と心境を吐露。山戸監督について「今回、撮影が始まる前に2人でじっくり話せる機会がありました」と話すと、続けて「この映画にかける思いを本気で話すことができ、カメラの前に私がいる時の気持ちも、汲み取ってくれているんじゃないかな? と、思っています」と全幅の信頼を寄せている。  山戸監督は、「たったひとりの女の子のために、漫画を描き続けてきた相原先生の心の美しさに、せめてこの作品を作っている間だけは、どうか共鳴しながら、心から美しいと感じるキャストの皆さんを、その感覚そのままに、スクリーンに映し出せることを祈っています」とコメントしている。  映画『ホットギミック』は2019年全国公開。

  • 『溺れるナイフ』小松菜奈&菅田将暉、“海に飛び込む”原作愛溢れる映像公開

    『溺れるナイフ』小松菜奈&菅田将暉、“海に飛び込む”原作愛溢れる映像公開

    映画

     小松奈菜、菅田将暉W主演、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音による伝説的少女コミックの映画化『溺れるナイフ』の原作愛溢れるプロローグ映像が公開された。映像は、夏芽(小松)とコウ(菅田)が海に飛び込む、原作の単行本1巻の第1話に描かれるワンシーンを切り取っている。@@cutter 本作は、漫画家・ジョージ朝倉の同名コミック『溺れるナイフ』が原作。都会からきたティーン誌のモデル・夏芽(小松)と、地元の地主一族の跡取り・コウ(菅田)の一生に一度のラブストーリーを描く。ナイフのように研ぎ澄まされた10代のハートが、ぶつかりあい、求め合い、傷つけ合い、光に向かって全力疾走する姿を映し出す。  全17巻の原作コミックは、現在までに累計発行部数170万部を突破し、いまだにファンが増え続けている。読者に深く愛された同作について「中学生の頃からリアルタイムで読んできて、一緒に生きてきたみたいでした」と、本作でメガホンをとった日本映画界最注目の新鋭・山戸結希もこの原作に衝撃を受け、魅了されたひとり。  全17巻という作品を2時間弱の映画にするうえで山戸監督は、「溺れるナイフをそのまま再現するような実写映画化は、確かに不可能かもしれないと思いました。それでも、未来の誰かの血肉にしてもらえるような、かけがえのない青春映画を作るなら可能性は大いにあると思いました。この時代から、一緒に生きてゆきたいと女の子が思いたくなる、今この時代に生まれるみずみずしい映画として育っていってほしいです。全国の女の子に溺れてもらいたいです」と、本作への思い入れの深さを語っている。  今回解禁になった映像は、夏芽とコウが海に飛び込むプロローグシーン。コウが夏芽ののどに触れながら溺れる二人に、メインタイトルと、小松のナレーションが重なる印象的な内容となっている。  映画『溺れるナイフ』は、11月5日より全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access