内田彩 関連記事

  • 『ストライクウィッチーズ 劇場版501部隊発進しますっ!』ディザービジュアル公開!

    TVアニメ『501部隊発進しますっ!』劇場公開決定 ティザービジュアル&PV解禁

    アニメ・コミック

     501部隊の魔女(うぃっち)たちが織りなす、シュールな日常劇が話題を呼んだTVアニメ『ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!』の新たな物語が、10月4日から全国の劇場にて公開決定。併せて、宮藤芳佳、服部静夏たちの姿が収められたティザービジュアル、プロモーション映像が公開された。@@cutter 同作の劇場アニメ『ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!』ででは、ネウロイの巣を破壊した戦いで魔法力を失った宮藤芳佳。501部隊が解散した後、彼女は故郷の扶桑へ戻り、久しぶりに平穏な日々を送っていたが、かつての上官だった坂本たちの計らいで欧州の医学校へ留学する事になる。  海軍兵学校で坂本の生徒だった服部静夏と一緒に、再び欧州へ向かう宮藤。一方、かつての501部隊の隊員たちも各地に散り、それぞれの生活を送っていたが、宮藤の再渡欧や新たなネウロイの兆候をキッカケに、再び集まり始める。そんな時、欧州を旅する宮藤と静夏の前に、強大なネウロイが出現、宮藤はかつてない最大の危機に陥ってしまう。元501部隊の仲間たちは、無事に宮藤たちを救い出す事ができるだろうか。  公開されたティザービジュアルには、『501部隊発進しますっ!』の世界に新たに仲間入りした服部に、お姫様抱っこされる宮藤。文字のフォントなど、懐かしさを感じさせる仕上がりだ。PVには、おなじみの魔女(うぃっち)たちが集結。ビジュアルについての感想を述べるなど、ユニークな内容となっている。  『ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!』は、10月4日より全国公開。

  • 神田沙也加『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第二章 発進篇 最速先行上映会 最速先行上映会

    神田沙也加、サプライズの結婚祝いに「鳥肌が立ちました」

    アニメ・コミック

     女優の神田沙也加が7日、テレサ役として出演している映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第二章 発進篇 最速先行上映会に内田彩(岬百合亜役)、中村繪里子(桐生美影役)、羽原信義監督、シリーズ構成の福井晴敏と共に登壇した。@@cutter 映画スタッフより、先日結婚を発表した俳優の村田充と神田が描かれた古代進&森雪風ツーショットイラストをサプライズでプレゼントされると「鳥肌が立ちました。家宝にします」と破顔した。  本作は、不朽の名作アニメ『宇宙戦艦ヤマト』の完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の第二章。西暦2202年、イスカンダルへの大航海から帰還したヤマトのクルーたちが、宇宙の平和を願う女神テレサの祈りによって、新たな航海に向かう姿を描く。  この日は、神田が第二章のエンドソング『月の鏡』を担当することが発表されたが、「テレサとして歌わせていただきました。タイトル通りきれいな日本語が綴られた温かい曲。ずっと歌っていきたい曲です」と楽曲のすばらしさを述べると、羽原監督、福井ともに「透明感があり心にしみてくる」と神田の歌声を絶賛した。  また“女性でも楽しめるヤマトの世界”を伝えるというコンセプトで、神田、中村、内田が女子トークを展開。それぞれの推しキャラについて、内田が「会場から笑いが漏れていますが、やっぱり伊東(真也)さん。いろいろあってちょっと悪い人のように見られていますが、彼なりの正義感であるところがいいです……と理由をつけていますが、単純に顔が好みなんです」とぶっちゃけて、会場の笑いを誘った。  続いて中村も「一人にするのは難しいですね」と悩みだすと、自ら「こうやって目移りしていると行き遅れちゃいますね。一人にしないと……やっぱり篠さん(篠原弘樹)かな。場を和ませてくれるけれど、職務に一生懸命ところがいいですね」と自虐的に突っ込み、会場を盛り上げた。  そんななか、神田は自身が演じたテレサを挙げると「いつも平和を願いつつも、ミステリアスさも兼ね備えた大人の女性。私もそういう存在になっていきたいです」と理想の女性像を語っていた。  映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第二章 発進篇は6月24日より公開。

  • μ’s(ミューズ)が雑誌「CUT」の表紙に!

    μ’s、雑誌「CUT」の表紙に! メンバー9人のインタビューを収録

    アニメ・コミック

     5月19日発売の月刊誌「CUT」6月号の表紙を『ラブライブ!』のμ’s(ミューズ)が飾ることがわかった。表紙はメンバー9人の独占撮りおろし写真。さらに巻頭特集にて76ページに及ぶ「μ’s Final LoveLive!総力特集」を予定している。@@cutter 『ラブライブ!』は、「みんなで叶える物語」をキーワードにオールメディア展開するアイドルプロジェクト。スクールアイドルユニット・μ’sによるCDリリースやライブイベント、TVアニメシリーズ、映画化、スマートフォンアプリなどを発表し、2016年4月には東京ドームでのファイナルライブ公演を終えたばかり。    今回発売の「CUT」では、「μ’s Final LoveLive!」の撮り下ろし写真や、新田恵海をはじめメンバー9人のロングインタビュー、μ’s楽曲の作詞家・畑亜貴のインタビューなど、76ページにも及ぶ特集記事が掲載予定となっている。    「CUT」6月号は5月19日に発売。価格は、750円(税別)。

  • 内田彩が公開した『ラブライブ!』衣装写真

    『ラブライブ!』声優・内田彩、“初おなか出し”衣装公開 「完全にことり」ファン感動

    アニメ・コミック

     先日、ファイナルライブを行った『ラブライブ!』のメンバー、南ことり役の声優・内田彩が6日、自身のツイッターにて、作品内ユニット“Printemps(プランタン)”の衣装での写真を公開。「初期衣装だし、初ユニットだし、初イベントもやったこの衣装には想い入れもたくさん」と語っている。@@cutter 『ラブライブ!』は「みんなで叶える物語」をキーワードにオールメディア展開するアイドルプロジェクト。スクールアイドルグループ“μ’s(ミューズ)”による音楽CDリリースの他、2期にわたるTVアニメやライブイベント、雑誌連載、ノベル・コミック、スマートフォンアプリなどを展開して人気を博す。  Printempsは、内田演じる南ことり、新田恵海演じる高坂穂乃果、久保ユリカ演じる小泉花陽のμ’sメンバー3人で結成されたグループ内ユニット。内田は公開した衣装写真について「少しでもことりに近づけたくて、μ’s9人の衣装では出来なかった初おなか出しに挑戦してみました!パンツも初!お気に入りです…」と振り返った。  内田のツイッターには「もうこれは完全に南ことりですわ!」「まさにことりちゃんそのもの!」「ことりにこんなに似せてくれて…。ことりだー!って思いました笑」「printempsの衣装最高すぎです!」「本当にかわいい!ライブで見て感動しました!」「やっぱりうっちーは何着てもかわいいです」「うっちーの腹チラに隣のうっちーオタクも驚いてましたw」といったコメントが届いている。

  • ファッションまるかぶりの齊藤祐一郎プロデューサーと歌広場淳

    金爆・歌広場淳が2人? ファン歓喜の『ダンガンロンパ』イベントで新情報発表

    アニメ・コミック

     株式会社スパイク・チュンソフトが2日、六本木で『ダンガンロンパ プロジェクト発表会』を開催。舞台版に出演したAKB48・石田晴香、神田沙也加、声優の緒方恵美、内田彩、ゴールデンボンバーの歌広場淳らがゲストとして順次登壇するなか、「ダンガンロンパ」シリーズの新作ゲーム、新作アニメ、コミック新連載などが発表され、来場したファンから歓声や拍手が起きた。@@cutter 新作ゲームとして発表されたPS4およびPS Vita専用ソフト『ニューダンガンロンパV3‐みんなのコロシアイ新学期‐』は、完全新章を展開するシリーズの正当続編。テーマは従来よりも大人っぽさを加えた「サイコクール」。作中には「自分の嘘で論破する、という新しいチャレンジ」を盛り込むという。コミッククリアで『スーパーダンガンロンパ2 絶望的因果律の中の左右田和一』(星トマジロウ著)が2016年冬から連載することも発表された。  また、会場では完全新作となるTVアニメ『ダンガンロンパ3‐The End of 希望ヶ峰学園‐』の2016年放送も発表。ゲーム第2作後のストーリーを描き、「希望ヶ峰学園シリーズは本作で完結する」と明かされた。同アニメのPVが流れると、集まったファンからどよめきが起こった。2ではなく、3を制作する理由について岸誠二監督は、「同じこと(ストーリー)をやってもしょうがないと思った。1、2を大好きな人たち皆が楽しめるものにしたいと考えた」と説明している。  発表会終盤には、プロデューサー齊藤祐一郎がモノクマファッションで登場。その後、同じモノクマファッションで登場した歌広場淳は、髪型からメイク、ファッションまでほぼ全てネタ被りしたことに「ハッキリ言って迷惑ですよ、齊藤さん!」とお怒りモード。「思いのほか、似てる。さっき(舞台裏でスタッフに)間違えられた」と明かしつつ、進行の仕事を着々と遂行。  さらにイベントでは、ゲームやアニメ版などでモノクマ役を務め、現在は認知症を公表している声優・大山のぶ代の音声メッセージも流れた。

  • 『Alice in Dreamland アリス・イン・ドリームランド』人気声優・内田彩がアリス役に挑戦

    『ラブライブ!』声優・内田彩、“不思議の国のアリス”に挑戦 下野紘&一条和矢が共演

    アニメ・コミック

     『ラブライブ!』南ことり役などで知られる声優・内田彩が、球体関節人形を使った独創的なアニメーション映画『Alice in Dreamland アリス・イン・ドリームランド』で主人公・アリスを演じる。@@cutter ルイス・キャロル原作の『不思議の国のアリス』をモチーフとした本作は、闇に支配されつつある“物語の世界”を舞台に展開。球体関節人形を撮影、さらにコンピュータ上でフラッシュ技法とカット・アウトという技法を併用し、絵本の中に入り込んでしまった少女・アリスが闇と対峙して“物語の世界”を救う姿をダークかつファンタジックに描く。  アリス役の内田彩のほか、相棒の白うさぎには『うたの☆プリンスさまっ♪』来栖翔役や『進撃の巨人』コニー役などで人気の下野紘。アリスと対峙する闇には『おじゃる丸』アオベエ役や『DD北斗の拳』ラオウ役の一条和矢。さらに勝田詩織、橋本まい、川口翔、松下悠矢、佐藤俊輔、山口立花子、赤山健太などの豪華声優陣が名を連ねた。  映画『サンタクロースがやってきた』で話題となった蜂須賀健太郎監督がメガホンを取り、注目の人形作家・清水真理が人形を制作。主題歌は、映画『花宵道中』テーマ音楽「ラピスラズリ」などで高く評価される黒色すみれの楽曲、劇中音楽はダークな世界観を得意とする作曲家arai tasukuが担当し、独創的な世界観を一層際立たせる。  『Alice in Dreamland アリス・イン・ドリームランド』は、新宿K’sシネマにて12月19日より公開。

  • 「宇宙戦艦ヤマト 2199原画展」イベントに登壇したゲスト 左から内田彩、菅生隆之、西崎彰司プロデューサー

    『宇宙戦艦ヤマト』40周年プロジェクト発進! 新作タイトル&2作連続公開も決定

    アニメ・コミック

     新作映画のタイトルは『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』──。21日、西武池袋本店の西武ギャラリーで『宇宙戦艦ヤマト2199』40周年記念プロジェクト発表会が行われ、この秋公開される新作劇場映画のタイトルや今後の記念プロジェクトの概要などが発表された。また、菅生隆之(沖田十三役)、内田彩(岬百合亜役)、西崎彰司プロデューサーの3人が登壇。宇宙戦艦ヤマト40周年のシンボルとなる “1/100ヤマト” のお披露目除幕式も行われた。@@cutter 昨年9月にTVシリーズ最終回を迎えた『宇宙戦艦ヤマト2199』。その原点といえる『宇宙戦艦ヤマト』TVシリーズ第1作が放送されたのが1974年10月のこと。40周年のメモリヤルイヤーを記念して、12月6日から完全新作劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が公開。『宇宙戦艦ヤマト2199』に引き続き、出渕裕が総監督を務める。  40年という歴史の重みについて、沖田十三役の菅生隆之は「40年前、僕はまだ文学座の研修生でした。そのとき、納谷悟朗さんが演じていた沖田十三をまさか自分が演じることになるとは……」と感慨深げ。  岬百合亜役の内田彩は「生まれる前から続いている作品に新キャラクターとして参加させてもらえるなんて、声優を目指して良かったと思える、私にとって大きな事件でした」と振り返った。  この日の発表会では、2012年から約1年半かけて上映された『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章から七章までを新たな視点で再構成した特別総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』が10月11日よりイベント上映されることも明らかにされた。    また、40周年プロジェクトの一環として、「宇宙戦艦ヤマト 2199原画展」が4月22日より西武池袋本店で開催。約200点の原画と、製作期間4ヵ月をかけて作った全長3330mmの “1/100ヤマト”(素材:艦体/FRP、艦橋・砲身等/ABS、ベースモデル:バンダイ『1/500 宇宙戦艦ヤマト2199』)が目玉だ。  さらに同原画展期間中、西武鉄道では記念乗車券が限定発売されるほか、西武池袋本店ビアテラスとのタイアップなど、様々な企画も計画されている。  完全新作劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』は12月6日より全国ロードショー。「宇宙戦艦ヤマト2199原画展」は4月22日〜5月7日まで西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリーにて開催。※熊谷・大阪・名古屋・広島・福岡の各都市でも巡回開催予定。

  • 9人の少女たちが紡ぐ青春学園ドラマ「ラブライブ!」

    学園アニメ「ラブライブ!」放送決定、9人の美少女アイドルグループが活躍

    アニメ・コミック

     9人の美少女アイドルグループが活躍する青春学園アニメ「ラブライブ! School idol project」が、2013年1月6日(日)22時からTOKYO MXで放送される。@@cutter 本作は、電撃G's magazine、ランティス、サンライズの合同ユーザー参加型企画で、大好きな母校を廃校の危機から救うために立ち上がった9人の美少女アイドルグループ「ミューズ」の活動を描く。これまでも本企画は、アニメPV、ライブ、CDリリース、WEBラジオ、ニコ生配信などの活動を行っている。  それぞれ配役は、新田恵海(高坂穂乃果役)、南條愛乃(絢瀬絵里役)、内田彩(南ことり役)、三森すずこ(園田海未役)、飯田里穂(星空凛役)、Pile(西木野真姫役)、楠田亜衣奈(東條希役)、久保ユリカ(小泉花陽役)、徳井青空(矢澤にこ役)など。  放送にあたり新田は「ラブライバーの方にも、初めて『ラブライブ!』を知る方にも、皆さんに楽しんで愛していただける作品になったらいいなぁと思っています♪私たちの新たなスタート、これからも末永く応援宜しくお願いします!」とファンへメッセージを送っている。  放送とライブ配信はTOKYO MXのほか、読売テレビ (1月7日より毎週月曜25:58~)、テレビ愛知(1月7日より毎週月曜25:35~)、BS11(1月8日より毎週火曜24:00~)、バンダイチャンネル (1月8日より毎週火曜24:00~)、ニコニコ生放送(1月20日より毎週日曜23:00~)で放送される。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access