黒羽麻璃央 関連記事

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2018~ 最終公演前会見にて

    紅白で話題!刀剣男士『刀剣乱舞』ミュージカルっていったい何?

    エンタメ

     大みそかの『第69回紅白歌合戦』に出場し、大きな話題となった刀剣男士。刀剣を手に舞いながら歌う姿に衝撃を受け、彼らが何者なのか疑問を持った人も多いはず。そこで今回は、刀剣男士がどういった存在なのか、さらに刀剣男士が登場するミュージカル『刀剣乱舞』の魅力を紹介したい。@@cutter ミュージカル『刀剣乱舞』(通称:刀ミュ)は、大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞‐ONLINE‐」が原案。同じくこのゲームを原案としたアニメ、舞台(通称:刀ステ)もそれぞれ人気で、刀剣を展示する全国の博物館などがファンで活気づくなど、コンテンツ自体のパワーも注目されている。  「刀剣男士」は、名だたる刀剣が戦士の姿となったもの。刀剣であるため、「人」ではなく「振り」と数える。刀ミュは2015年10月のトライアル公演を皮切りにシリーズを重ね、世界遺産・嚴島神社での奉納行事としての特別公演や、フランス・パリで開催された「ジャポニスム2018:響き合う魂」公式企画としての公演も大きな話題になった。NHKもそんな彼らの活躍に注目。音楽番組『シブヤノオト』には過去複数回出演、パリ公演に密着した特別番組『シブヤノオトPresents ミュージカル『刀剣乱舞』‐2.5次元から世界へ‐』も放送され、今回の紅白出場となった。  刀ミュは、刀剣男士たちが歴史の改変を目論む「歴史修正主義者」と戦う物語を主軸にしたミュージカルと、その刀剣男士たちが歌って踊り、ペンライトを持った観客を熱狂させるライブの2部構成。さらに刀剣男士が一堂に会して歌い踊る大型ライブ「真剣乱舞祭」や、ソロライブとも言える「加州清光 単騎出陣」などのライブ公演もチケット即売の人気。紅白歌合戦でも歌唱したテーマ曲の『刀剣乱舞』を初め、ミュージカルの楽曲はCDとして発売されており、毎回発売初週にオリコン上位を獲得している。  2.5次元ミュージカルでは、役者がいかにそのキャラクターを体現し、ステージ上で“生きて”みせるかが重要だが、刀ミュはキャラクター再現率の高さも魅力の1つとなっている。彼らは記者会見などでも刀剣男士としてコメントし、ファンのことも“主(あるじ)”と呼ぶ。ではここで、紅白で気になった人に向け、刀剣男子と刀剣乱舞を演じる俳優を4振り、4人ほど紹介しよう。@@separator まずは、平安時代の刀工、三条宗近作の太刀で、天下五剣のひとつ「三日月宗近」を演じる黒羽麻璃央。“2.5次元の王子様”の呼び声高く、確かな演技力、そして歌唱力で将来が期待される俳優だ。テレビや映画など映像作品への出演も積極的で、1月の新ドラマ『広告会社、男子寮のおかずくん』(テレビ神奈川ほか)では主演を務める。  また、新撰組の沖田総司が使用していたとされる打刀「加州清光」役の佐藤流司も注目の俳優。“2.5次元の顔”とも評される彼は、キャラクター再現度の高さとメークの映える美しいビジュアル、低音でよく響く声が武器。前述の「加州清光 単騎出陣」は2017年、2018年とも大盛況で、2019年には上海、バンコク、マカオを回るアジアツアーの開催も決定している。  さらに、源氏の重宝である「髭切」&「膝丸」を演じる2人も要チェック。「髭切」役の三浦宏規は、全国バレエコンクールで上位入賞の経験を持つダンサーでもあり、気高い立ち姿と踊りの美しさは圧倒的。初めてのミュージカル出演からキャリアはわずか2年半だが、2019年4月にはオーディションを経て射止めたミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウス役を演じることも決まっている。  そして、そんな三浦演じる「髭切」の弟である「膝丸」役を務める高野洸は、あの人気アニメ『妖怪ウォッチ』の主題歌「ようかい体操」を歌っていたDream5の元メンバー。ダンサーとしての実力とおなじみの歌唱力で、今や刀ミュに欠かせない存在になっており、2019年7月4日からは「髭切膝丸 双騎出陣2019」の上演も決定している。  ほかにも、「小狐丸」「石切丸」「岩融」「今剣」「大和守安定」「和泉守兼定」「堀川国広」「蜂須賀虎徹」「長曽袮虎徹」「にっかり青江」「千子村正」「蜻蛉切」「物吉貞宗」「陸奥守吉行」「巴形薙刀」「大倶利伽羅」…と、武蔵坊弁慶や徳川家康、新撰組、坂本龍馬ら歴史上のヒーローに縁ある刀剣や、彼らに憧れられた伝説の刀工たちの作刀が登場。  それを演じるのは北園涼、崎山つばさ、佐伯大地、大平峻也、鳥越裕貴、有澤樟太郎、阪本奨悟、高橋健介、伊万里有、荒木宏文、太田基裕、spi、横田龍儀、田村心、丘山晴己、牧島輝といずれも注目の俳優ぞろいだ。  歌舞伎や文楽などの伝統芸能とともに、日本を代表する文化として世界から注目されているミュージカル『刀剣乱舞』。紅白をきっかけにゲーム、アニメなどコンテンツとして楽しむもよし、ミュージカルや舞台を楽しむもよし。日本の文化から生まれた新たなカルチャームーブメントを受け止めよう。  「ミュージカル『刀剣乱舞』~三百年の子守唄2019~」は、1月20日~3月24日に東京・大阪・京都にて上演。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2018~ 最終公演前会見にて

    黒羽麻璃央、『刀剣乱舞』紅白出場に「楽しみに待っていてくれ」

    エンタメ

     俳優の黒羽麻璃央らが、16日に千葉県内の幕張メッセで開催された「ミュージカル『刀剣乱舞』~真剣乱舞祭2018~ 最終公演前会見」に出席した。当日発表された合計19振り(振り=刀の数え方)での『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか/12月31日19時15分)出場ついて、三日月宗近(黒羽)は「十九振りでの出陣は初めてになるな。紅白歌合戦というこの時代の合戦に皆で出陣できること、うれしく思う。主たち(プレイヤーキャラクターである審神者=さにわのこと)も楽しみに待っていてくれ」と語った。@@cutter 本作は、名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を育成する大人気ゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』を原案とするミュージカル。会見には、三日月(黒羽)のほかに小狐丸(北園涼)、石切丸(崎山つばさ)、岩融(佐伯大地)、今剣(大平峻也)、大和守安定(鳥越裕貴)、和泉守兼定(有澤樟太郎)、堀川国広(阪本奨悟)、蜂須賀虎徹(高橋健介)、長曽祢虎徹(伊万里有)、にっかり青江(荒木宏文)、千子村正(太田基裕)、蜻蛉切(spi)、物吉貞宗(横田龍儀)、髭切(三浦宏規)、膝丸(高野洸)、陸奥守吉行(田村心)、巴形薙刀(丘山晴己)が登場。役のまま質疑応答に臨んだ。  三日月に続き、堀川(阪本)が笑顔で「全国の主さんたちに楽しんでもらえるように、僕も皆さんのお手伝いをしながら頑張ります!」と語ったところで会見は終了かと思われたが、和泉守が「ちょっと待ったぁ!」と物言い。周囲が「えぇ…」「大丈夫?」と心配する中、和泉守(有澤)は「国広だけに任しちゃおけねえ。俺にも一言言わせてくれ。ここで一句!『紅白で 狙うは最高 視聴率』」と、お得意の俳句を披露。「視聴率」という耳慣れない言葉に刀剣男士たちは困惑の表情を見せ、当の和泉守も「国広、俺にもよく分かんねえ」と本音を吐露。これを受けて今剣(大平)は「まぁつまり!『誉ぽん!』ってことですよね?」と、ファンにはおなじみの言葉でうまくまとめていた。  この日はプロデューサーの松田誠、演出の茅野イサムも出席。茅野は「多分、紅白で初めて2.5次元に触れる方々が多いんじゃないかなと思うので、僕らの責任は大きいなと思います。お茶の間の皆さんを魅了して、僕らの作るものに、1人でも多くの方に興味を持っていただけたらなと思います」とコメント。なお、紅白には加州清光(佐藤流司)も加えた総勢19振りでの出場となる。

  • 「JUNON」12月号表紙

    高橋一生&稲垣吾郎、「JUNON」で私生活を告白

    エンタメ

     俳優の高橋一生、稲垣吾郎らが22日発売の「JUNON」12月号に登場。高橋は「没入して、何かを忘れてしまうこと」について、稲垣は「11の定番」について語っている。@@cutter ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)に、動物行動学の大学講師・相河一輝役で出演中の高橋。一輝のように没入して、何かを忘れてしまうことがあるかという質問には、「多々あります」と照れ笑い。  続いて「何かを始めると楽しくなってきて、夜遅くまで起きてしまいます。夜、急にラジコンを作り始めたり、なんでこのタイミングでハイグレードのプラモデルを開けちゃったんだろう、ということもあります」と凝り性を告白。  さらに「次の日は朝早くても、ある節目まで来ないとやめられないんです。けれどそれには、何かを整理したかったとか、何かに夢中になりたかったとか、きっと理由があると思うのでそのときの気持ちの流れに任せます」と自らのクセを分析している。  稲垣は「なんだかんだで和食が好きですよね」と「朝ごはんの定番」について言及。「もちろん洋食も好きだし、夜はワインとかのお酒にも合うからいいと思うんだけど、やっぱりうちが朝は和食だったから、子どものころからの習慣なのかも。朝食も凝れば凝るだけ楽しいとは思うけど、ひとりじゃなかなかね」と食通らしさを披露している。  また、特集では「美男子と少女マンガみたいな恋したい!」をテーマに、黒羽麻璃央、飯島寛騎、MAG!C☆PRINCE、前山剛久&加藤将、ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズの5組が登場。秋の恋をフォトコミックで妄想体験させてくれる。  ほかに、第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストの発表や、竹内涼真、杉野遥亮、宮野真守、超特急、Da‐iCEらのグラビアが誌面を飾っている。  「JUNON」12月号は、主婦と生活社より10月22日発売。

  • 「2.5次元の王子様」黒羽麻璃央がもらった驚きのプレゼントとは…

    「2.5次元の王子様」黒羽麻璃央がファンにもらった驚きのプレゼント

    エンタメ

     俳優の黒羽麻璃央(くろばまりお)が、17日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系/毎週木曜22時)に出演し、ファンからもらった驚きのプレゼントを明かした。@@cutter 2012年に俳優デビューした黒羽。漫画やアニメなど2次元の作品を舞台化した「2.5次元舞台」に出演する「2.5次元の王子様」として女性を中心に人気を集めている。7月の誕生日イベントは、12,000円のチケットが即完売したという。    そんな黒羽は2年前、ファンから驚きのプレゼントをもらったという。イベントで30歳ぐらいのOLから、小声で「この中に、土地の所有権入ってるんで使ってください」と土地の権利書を受け取ったというのだ。スタジオから驚きの声があがる中、黒羽は女性の真意として「僕のファンを離れるんで最後にプレゼントとして」と説明すると、ダウンタウン・浜田雅功は「手切れ金みたいになってる」と指摘して笑いを誘った。黒羽は「当時は怖くてとりあえずマネージャーに渡して」と、マネージャーに託したと話していた。    そんな黒羽が俳優を目指すきっかけとなったのは、同じくこの日のゲストの陣内孝則だった。小学生の頃、ビートたけし原作のドラマ『菊次郎とさき』で陣内が納豆を食べるシーンを見て「初めて人生で、この人の芝居すごいな」と思ったという。    同作で、たけしの父・菊次郎を演じていた陣内。彼は劇中、納豆を食べる際、「虹が出るくらいこうやって」と、かなり上まで糸を引きながらかき混ぜていたと回顧。「ただね、そういう細かいところにこだわるとね、俳優として伸び悩む」と自虐コメントでスタジオを笑わせていた。

  • 「JUNON」6月号に登場した稲垣吾郎

    稲垣吾郎、「生きてる限り、ぼーっとしていられない」多趣味の理由を語る

    エンタメ

     元SMAPの稲垣吾郎が「JUNON」6月号に登場する。本誌では、多趣味な印象のある稲垣のプライベートに迫ったインタビューが掲載される。@@cutter 「いろんなものに対してアンテナを張る姿勢は若いころからですか?」という質問に「わりとそうかもしれない」と答える稲垣は、「やっぱり人生なんて限られた時間だし。すべての書物を読破したり、すべての映画を見たり、すべての国の料理を食べることはできないわけで。すべては出会いだと思うんですよね。だから生きてる限り、ぼーっとしていられないかなって思うし、そういうところは欲があるかもしれないですね。」答えている。さらに、趣味のゴルフやお花、そしてSNSのこと等についても語っている。  また、本誌巻頭には今月27⽇公開の映画『となりの怪物くん』に出演する菅田将暉が登場。インタビューでは、作品にかけて「⾃分の近くにいる⼈に対して、かなわないなと思ったり、嫉妬したことはある?」という質問に、これまで共演したことのある俳優の名前を挙げて語っている。  さらに「舞台系男子の“お兄ちゃん&弟”感がヤバすぎ」という特集では植田圭輔&長江崚行、黒羽麻璃央&横田龍儀が登場。舞台で活躍する彼らが兄弟感たっぷりのショットを披露。  そのほか、竹内涼真、岩田剛典、北村匠海、杉野遥亮、超特急といった美男子が大集合した「JUNON」6月号は主婦と生活社より4月23日発売。

  • 舞台『男水!』に出演中の黒羽麻璃央にインタビュー

    黒羽麻璃央、内に秘める“肉食”の一面を告白!「ガツガツと貪欲に行きたい」

    エンタメ

     『テニスの王子様』『刀剣乱舞』など2.5次元作品で人気を博した黒羽麻璃央が、映像作品でも存在感を発揮している。2.5次元の主役級キャストが勢揃いした『男水!』との出会い。役者業に邁進する上での恩人との出会い…。これまでの歩みを聞いてみると、「ガツガツいきたい」という肉食系の素顔までが明らかとなった。@@cutter 水泳に青春を捧げる高校男子たちの姿を描いたドラマ『男水!』。5月からは、舞台版へと進化を遂げ、新たな“男水!ワールド”をファンに届ける。主人公のライバル校の生徒・仁科役を演じている黒羽は「舞台では、水泳を水のないステージ上で表現します。ドラマ版よりもキツイかもしれない。体力勝負、熱量勝負」と苦笑い。  キャスト陣は舞台で共演してきたメンバーが揃い、「舞台界を盛り上げてきた仲間たちとドラマ、舞台をやることができた。このメンバーでできたことが何よりも幸せです」と信頼感もたっぷり。ドラマを経て舞台化が実現したが、「絆もバッチリ。歴史的なキャストがそろっているし、みんながこれまで培ってきた知識や表現方法を詰め込んでいます。総合傑作と言えるものになる」と強い自信をのぞかせる。  『男水!』との出会いについて「僕にとって本当に大きなもの。これからドラマも映画もありますが、『男水!』きっかけでやらせていただけるものも多い」としみじみ。その言葉通り、初夏にはふるかわしおり原作の漫画をドラマ化する『ファイブ』に出演、秋には足立梨花とダブル主演を務める映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』が公開となるなど、映像作品が続々と控えている。  「『ファイブ』は、学園モノです。ここまで完全な学園モノは、僕にとって初めて。演じる泰楽は、体力よりも知力で勝負する人。怒らせたら、一番怖い人かもしれない」とにっこり。『アヤメくんののんびり肉食日誌』のアヤメについても、「めちゃくちゃかわいい」と役柄への愛情を吐露。@@separator 見た目は爽やかなのに、恋には肉食男子のアヤメだが、「おっぱい触らせてくれませんか」とのセリフで女性に迫るシーンも。黒羽は「大事なセリフですから。しっかり言いました」と告白しつつ、「ボーイズラブの作品で男性とイチャイチャしたことはあったんですが、女性とのシーンは初めて。スタッフさんには、そのドキドキが映像にも出ていると言われましたが、温かい目で見て欲しいです(笑)。初めてのことがいっぱい」とはにかむ。  「主演という責任も感じましたし、アヤメくんは難しい役。でも現場がとても明るかったので、現場で過ごすことでプレッシャーを乗り越えることができました。楽しくて、クランクアップしたくなかったです」と新たな挑戦にも充実感をにじませるなど、「今、役者が楽しくて仕方ない」という黒羽。  ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを受賞し、芸能界入りしたのが2010年のこと。2012年にミュージカル『テニスの王子様』で役者デビューを果たすが、「最初はすごくキツかった。お芝居って難しいなと…」と明かす。「でもその経験のおかげで、舞台に立つという度胸がつき、観てくださる方がいるという実感のもとお芝居をすることができています」と悩みながら、演じる楽しさを手にしてきた。  「役者で食べて行きたい」と覚悟できたのは、俳優・宅間孝行との出会いが大きかったという。「宅間さんが主宰する『タクフェス「歌姫」』に出させていただいたんですが、その頃、自分の中ですごく悩んでいる時期で…。宅間さんに“男としての生き方”や“芸能界で生きて行くこと”など色々と教えていただいたことが、励みになりました」。とりわけ力となったのが、「宅間さんからの“仕事に肉食であれ”」との言葉。「僕はそう見えないと言われますが、肉食系。視野の狭い世界で生きるのではなく、たくさん吸収したい。ガツガツと貪欲に行きたいです!」と宣言する笑顔が、幸せに満ちていたのが印象的。黒羽麻璃央が、大きな羽を広げて飛躍する1年になりそうだ。(取材・文・写真:成田おり枝)  舞台『男水!』は5月11日より東京公演、5月24日より大阪公演がスタートする。

  • 松田凌「集大成を出せたら」舞台『男水!』に意気込み熱く 水着姿の全貌公開

    松田凌「集大成を出せたら」舞台『男水!』に意気込み熱く 水着姿の全貌公開

    エンタメ

     木内たつやの人気コミックを舞台化する『男水!』の開幕に先駆けて、10日にシアター1010でゲネプロと囲み会見が行われ、報道陣にその全貌がお披露目となった。競泳をどのように舞台で表現するかにも注目が集まっている本作。主演の松田凌は「新しいものを作れた自負がある」と胸を張り、「集大成」と表現した。@@cutter 日本テレビ初のドラマ&舞台連動企画として立ち上がった本作。2.5次元舞台で話題の主役級キャストが勢ぞろいし、競泳にかける男子たちの姿を描く熱き青春ストーリーだ。会見には、松田をはじめ、宮崎秋人、安西慎太郎、赤澤燈、佐藤永典、小澤廉、黒羽麻璃央、池岡亮介、神永圭佑、廣瀬智紀が出席した。  主人公の榊秀平役を演じる松田は「青春時代が蘇ってくるような熱い日々を過ごすことができた。その集大成を舞台で出せたら」と手応え十分。舞台で競泳を表現することは「僕らだけでなくて、作り手にとって不可のかかることだった」と明かしつつ、「新しいものを作れたという自負はすごくある」とキッパリ。「お芝居でありつつ、エンタテインメントでもある。驚きをしっかりと与えられると思う。みなさんに新しいものを感じてもらえたら、そこでこの舞台は完成すると思う」と力強く語った。  ドラマから舞台となり、「ドラマでは描けなかった、秀平なりの結末もある。成長した先にある光を舞台で見ていただける」と松田。オネエなマネージャー・小金井晴美役の赤澤が「マネージャー役です。紅一点なので、あふれる母性を見ていただけたら」とおどけると、龍峰高校の主将・仁科譽役の黒羽は「観に来てくださる女性の方に龍峰高校のマネージャーになっていただけるよう、頑張りたい」と呼びかけた。  司会から「もし女性だったどのキャラクターが好き?」と聞かれる一幕も。「譽」との声が次々と上がる中、松田が「滝か礼央。出世すると思う」と現実的なコメントで周囲を笑わせるなどチームの雰囲気も明るく、息ぴったり。松田は「緊張感も高揚感もある。僕たちが全身全霊を込めて絞り出したお芝居を感じていただけると思う」とアピールしていた。  舞台『男水!』は、2017年5月11日(木)~21日(日)まで東京・シアター1010にて。2017年5月24日(水)~28日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて開催。

  • 黒羽麻璃央と足立梨花のW主演で『アヤメくんののんびり肉食日誌』実写化!

    黒羽麻璃央&足立梨花W主演『アヤメくんののんびり肉食日誌』実写映画化決定!

    映画

     女性コミック誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載、「第6回 ananマンガ大賞」で準大賞を獲得した話題作『アヤメくんののんびり肉食日誌』の実写映画化が決定。2.5次元ミュージカル『刀剣乱舞』や『男水!』などへ出演する黒羽麻璃央と足立梨花がW主演を務めることが分かった。@@cutter 同作は、とある大学の生物学科の研究室を中心に描かれるラブコメディ。動物の骨格研究に情熱をそそぐ理系女子大生・椿雛菊(足立)は、イギリス育ちで好奇心旺盛、恐竜オタクな優等生・菖蒲瞬(黒羽)と出会い、次第に惹かれ合ってゆく。  草食系と肉食系を併せ持つ男子、菖蒲(アヤメ)役の黒羽は「原作を読み込んでいるうちにアヤメワールドに惹き込まれ、僕自身も二人の恋を応援する人になっていました」と作品の印象を報告。「演じるうちに“アヤメ沼”にズブズブとハマっていくんです。個人的にはアヤメくんの肉食スイッチを観ていただければ」とみどころを伝えている。  また、ヒロインの椿役を務める足立は「二人の上手くいかない恋にモヤモヤしながら読み進めました(笑)」と原作の感想を吐露。「なかなか素直になれない椿ちゃんは可愛くて、大切に演じさせてもらいました。アヤメくんと椿ちゃんの恋が上手くいくよう願ってください」とファンへの思いを語っている。  映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』は、10月7日より全国ロードショー。

  • 舞台『男水!』キービジュアル公開

    『男水!』舞台版ビジュアル解禁! 松田凌「想像以上の作品を生み出す」

    エンタメ

     2017年1月クールより日本テレビ系で放送されているドラマ『男水!』に続く、5月公演の舞台のキービジュアルが解禁された。ドラマ・舞台共に主演を務める松田は「競泳という世界観をどう舞台上で表現するの?と感じてらっしゃる方も少なくないと思いますが、想像以上の作品を生み出せるよう一丸となって向き合っていきます」と意気込んでいる。@@cutter 本作は、「花 LaLaonline」で大人気連載中の木内たつやによる高校の水泳部を舞台とした漫画をドラマ、舞台化した作品。今大人気の2.5次元舞台の主役クラスが勢ぞろいし、水泳にかける高校生たちの熱い日々を演じている。  今回公開されたキービジュアルは、ドラマでは躍動感をもって表現したのに対し、競泳男子たちの内なる熱意を燃やす様を水の静けさと共に表している。ドラマとは一味違った演出に舞台版への期待も高まる。なお、舞台版は、キャストはドラマそのままに、脚本演出をミュージカル『ヘタリア』や舞台『戦国無双』を手がける吉谷光太が務める。  松田は、「ドラマとしてご覧いただいている『男水!』を次は舞台として、僕らの青春を皆様にお届けします」と意気込む。そして、演出家の吉谷も「舞台で競泳を表現するという、とてもわくわくする仕事に携わらせて頂き、大変光栄に思えます。素晴らしいキャスト陣と共に舞台ならではの『男水!』を、熱いドラマを、皆様にお届けしたいと思います」とコメントを寄せた。  舞台『男水!』は、5月11日~21日に東京・シアター1010ほかで上演。

  • 『レンタルの恋』第6話で、金八先生のコスプレに挑戦した、剛力彩芽

    金八先生、ナース、アイドル…、剛力彩芽が『レンタルの恋』でコスプレ七変化

    エンタメ

     主演ドラマ『レンタルの恋』でのコスプレが毎回話題の剛力彩芽が、22日放送の第6話にて、既に番組公式ツイッターでも公開されたナース姿のほか、金八先生、アイドル姿など七変化ぶりを披露することがわかり、様々なコスプレ写真が解禁となった。@@cutter 本作は、レンタルの彼女事務所「Rental Lovers」人気No.1のレミ(剛力)をひょんなことからレンタルした大学生・山田公介(太賀)と、彼の幼馴染の道端すみれ(岸井ゆきの)、橘隼人(健太郎)らが繰り広げるハラハラドキドキの“謎キュン”ラブコメディ。  第6話では、名子役の龍(石川樹)がレミをレンタル。初恋の演技が上手く出来ないという名子役ならではの悩みを解決するためにレミはアイドル、金八先生、そして『ロミオとジュリエット』と、芝居の世界へと龍を誘う。剛力のコスプレで話題の本作だが、第6話では七変化と言えるほどのさまざまな衣装に挑戦する。  また、2.5次元ミュージカル『テニスの王子様』『刀剣乱舞』などで活躍している俳優・黒羽麻璃央の出演も発表。出演にあたり黒羽は「普通に視聴者としてテレビで見ていた方々が現場にいらっしゃったので緊張しました」と撮影を振り返り、「剛力彩芽さん演じるレミの過去を知る唯一の男という設定なので、夢のような時間を過ごさせていただきました。今回求められている役は、ちょっとぶっ飛んだ男でしたので、作品のスパイスになれたらと思います」と意気込みを語っている。  連続ドラマ『レンタルの恋』は、TBSにて毎週水曜24時10分より放送。第6話の放送は、22日24時11分より放送。

  • ドラマ『男水!』第1話の劇中写真公開

    ドラマ『男水!』劇中写真解禁 鍛え上げられたイケメンたちの肉体美にドキッ! 

    エンタメ

     木内たつやによる大人気連載中の高校部活漫画を実写化した新ドラマ『男水!』の劇中写真が公開された。2.5次元舞台の主演クラスが勢ぞろいし、豪華イケメンたちの共演が話題となっている本作だけに、鍛え上げられた肉体美にも注目が集まりそうだ。@@cutter 『男水!』は、競泳にかける男子高校生たちの熱い日々を描いた青春ドラマ。1月21日からのテレビドラマ放送に続き、5月には舞台化も決定している。主演を松田凌が務めるほか、宮崎秋人、安西慎太郎、赤澤燈、佐藤永典、小澤廉、黒羽麻璃央、池岡亮介、廣瀬智紀ら人気舞台俳優たちが出演する。  今回、公開された劇中写真は、第1話での場面。第1話では、弱小・東ヶ丘高校と強豪・龍峰高校の現状が描かれる。部員が足りず廃部直前の東ヶ丘高校には一年生が二人加わるものの、主人公・秀平(松田)は、マイペースな面々に振り回されていた。そんな中、東ヶ丘の面々は、帰宅途中に、ランニング中の龍峰チームに遭遇する。龍峰の新エース礼央(安西)は、同じ中学だった秀平と大樹(宮崎)に嫌悪感を示すのだった。  ドラマ『男水!』は、日本テレビにて1月21日より毎週土曜24時55分から、読売テレビにて1月24日より毎週火曜25時29分から放送。

  • ドラマ&舞台連動企画『男水!』の“水着”ビジュアルがついに解禁

    松田凌&宮崎秋人ら人気俳優たちの水着姿ついに解禁 『男水!』キービジュアル公開

    エンタメ

     松田凌、宮崎秋人ら今人気の2.5次元舞台の主役俳優たちが勢ぞろいし、「花 LaLaonline」(白泉社・花とゆめ)で大人気連載中の高校部活漫画をテレビドラマ化、舞台化した『男水!』のキービジュアルが公開され、俳優たちの水着姿がお披露目された。@@cutter 本作は、男子高校生たちが競泳に情熱を注ぐ姿を描いた青春ドラマ。松田、宮崎のほか、安西慎太郎、赤澤燈、佐藤永典、小澤廉、黒羽麻璃央、池岡亮介、廣瀬智紀といったメインキャストたちがドラマ版と舞台版の両方に出演する、連動企画となっている。  なんといっても、2.5次元舞台で活躍する人気俳優たちが集結することで注目を集めている本作。それだけに、水着姿も待ち望まれていたが、今回、解禁されたキービジュアルでついに初披露された。水しぶきが舞い散る中、キャストたちが泳ぐ姿が写し出されており、鍛え抜かれた肉体が印象的な一枚だ。また、彼らが着用しているジャージ・水着はスポーツメーカーミズノ社とのコラボにより、漫画の衣装を忠実に再現したもので、原作ファンを意識した細かなこだわりにも注目したい。  すでにドラマの撮影はスタートしており、日本テレビ系で2017年1月21日より毎週土曜24時55分に放送される。

  • 『男水!』松田凌、「一線を超え新しい道を作る」 宮崎秋人の肉体もオススメ?

    『男水!』松田凌、「絆を深め戦っていく」と意気込み 宮崎秋人の肉体もオススメ?

    エンタメ

     2.5次元舞台の主役級の俳優が顔を揃えることで話題のドラマ&舞台作品『男水!』のキックオフイベントが13日、都内にて行われ、キャスト9人が登壇した。寒空の下での屋外イベントにも関わらず、約1500人のファンが集結。そんな中、主人公・榊秀平役を演じる松田凌は、今回のキャストについて「舞台を中心に活動する役者の中でも本当に魅力的で、選抜されたメンバーが集まったんじゃないかなと思う。そういった自負を持ってやりたいと思います。飛び出していきたい!」と意気込んだ。@@cutter 原作は、花とゆめ『花LaLaonline』で連載中の木内たつや氏による競泳漫画。2017年1月より日本テレビほかにてドラマ化、2017年5月には舞台として上演される。  篠塚大樹役の宮崎秋人は本作について、「大きな勝負だったり挑戦だったりするので、勝つ気で臨みたいと思います。成功させられるようにチームワークで頑張っていきたいと思います」と抱負を語ると、「こいつ(宮崎)のバタフライ、すごいっすよ。あと肉体」と松田が茶化し、笑いを誘った。  そんな松田は座長ということもあってか、9人の中でもひときわ熱く、青春を語り始めた。「青春時代って、未熟だったし、いろんなものに感動したり悩んだり、その分、いろんなことを知ったりする時間。今回『男水!』に参加させていただいて、その時を思い出す気持ちです。泥臭くても熱くてもいいんじゃないかな、たとえそれが間違っていると言われても、自分たちの思いが『男水!』に乗っかればいいと思う」と語った。  今回は舞台で人気の俳優たちがドラマに挑むということで、「常識という一線を超えていかないと、僕たちが舞台界からいろんな世界に飛び込んでいく、新しい道を作れないんじゃないかなと思っています。ここにいるみんなが力を結集させて作った作品を代表作にして、『誰が新しい世界に先に出ていきますか?』といったら、全員が揃って『俺です!』って言えるくらい、絆を深めながら戦っていきたいと思います。しっかりといい作品を届けるので、僕たちが作り上げる“青春”をみなさん、見届けてください!」と熱くアピールした。  舞台挨拶には、安西慎太郎、赤澤燈、佐藤永典、小澤廉、黒羽麻璃央、池岡亮介、廣瀬智紀も登壇した。  先輩たちが卒業し部員が減ってしまった東ヶ丘高校水泳部。一方、全国制覇を目指してベストメンバーで日夜練習に励んでいる桜下大附属龍峰。その2校を舞台に、「より速く泳ぎたい!」 という想いを持った男子高校生たちが織り成す、青春体育会系ストーリー。  ドラマ『男水!』は2017年1月より日本テレビほかにて放送、舞台版は2017年5月に上演される。

  • 松田凌ら『男水!』メンバーが水泳特訓!

    松田凌、『男水!』メンバーで水泳特訓「一人じゃないって、頼もしい」

    エンタメ

     水泳漫画『男水!』のドラマ化(2017年1月)&舞台化(2017年5月)で主演を務める俳優の松田凌が25日、共演メンバーとともに作品に向けてプールでの合同訓練に挑んだことを自身のブログで報告。練習の手応えについては「今まで最も泳いだかも。すげー楽しんだね。一人じゃないって。頼もしいですなんか」とメンバーとの絆を綴っている。@@cutter 『男水!』は、競泳に情熱を注ぐ男子高校生たちが奮闘する姿を描く作品だが、「水泳という武器をしっかり培っていかなくてはいけない面子達」として、舞台『戦国無双~関ヶ原の章~』で知られる安西慎太郎や、舞台『刀剣乱舞』出演の黒羽麻璃央ら、メンバーとの写真も公開。  続けて、「今日分かった課題も様々」「水泳練習としてはラストスパートに入ってきたかな。やれるだけやるぞー」と間近に控えるドラマ撮影への意気込みを語る。  これに対してコメント欄では「集まって練習したんですね!」「仲間と一緒に練習するのは心強いですね。一人の時よりもっと力が出て頑張れます」「はやくも水泳“部”というまとまりが見えて並んでいる姿が圧巻ですね!」と、メンバー同士の絆に感嘆する声が。  また、「水泳後はとてつもなく腹が減る。何食べよう 笑」と締めくくった松田に対して、「水泳ってほんとに体力使いますよね! スタミナご飯たくさん食べてくださいね」「私も水泳やっていた時そうで、着替えて即アイスとか菓子パン食べてました」と、共感を寄せる声も挙がった。

  • ドラマ化&舞台化が決まった『男水!』ティザービジュアル

    松田凌、宮崎秋人ら2.5次元人気俳優が揃い踏み! 『男水!』ドラマ化&舞台化決定

    エンタメ

     白泉社・花とゆめ「花LaLaonline」で大人気連載中の、木内たつやによる水泳漫画『男水!』が、『仮面ライダー鎧武』やミュージカル『薄桜鬼』で知られる松田凌を主演に迎え、2017年1月にドラマ化(日本テレビほか)、2017年5月に舞台化されることがわかった。@@cutter 本作は、男子高校生たちが競泳に情熱を注ぐ姿を描いた青春ドラマ。メインキャストはドラマと舞台両方に出演し、テレビで見ていた俳優たちの生の芝居を目の前で楽しむことができる作品となっている。  本作の注目は、2.5次元系で活躍する人気俳優たちが集結すること。主演の松田のほかに、ライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL』の主演も務めた宮崎秋人、舞台『戦国無双〜関ヶ原の章〜』で知られる安西慎太郎、『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』主演の赤澤燈、ミュージカル『テニスの王子様』の佐藤永典、舞台『ダイヤのA The LIVE』主演の小澤廉、ミュージカル『刀剣乱舞』の黒羽麻璃央、残酷過激『ライチ☆光クラブ』の池岡亮介らが高校生スイマーを演じる。さらに、「舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR〜2つの頂上〜」で主演を務めた廣瀬智紀が主人公の高校にやってくるコーチ・川崎を演じる。  松田は、「ドラマ、舞台と自分にとって挑戦であり新たな魅力を引き出す一歩であると思います」と本作への思いを語る。一方、宮崎も「競泳の話なのでしっかりと綺麗に速く泳げるようになるために日々練習しております。正直、かなり難しいですがこれも見所の1つだと思うので楽しみにして欲しいです」と意気込んだ。  なお、11月13日には、東京汐留・日テレタワー大階段広場で、メインキャスト全員が参加予定の「男水!プロジェクト壮行会」と題した無料イベントの開催も決定している。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~製作発表会見の様子

    ミュージカル『刀剣乱舞』新作公演、今秋上演!鳥越裕貴&小越勇輝ら“刀剣男士”に

    アニメ・コミック

     「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~」の製作発表会見が30日、都内にて行われ、 黒羽麻璃央、佐藤流司らキャスト陣が登壇。さらに、ミュージカル『刀剣乱舞』新作公演(タイトル未定)が今秋上演されることも発表され、鳥越裕貴、小越勇輝ら演じる新たな刀剣男士5名がお披露目された。@@cutter 原作は、名だたる刀剣が擬人化した“刀剣男士”を収集・育成・強化する刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』(DMM ゲームズ/Nitroplus)。本舞台は、刀剣男士たちによるミュージカルとライブパフォーマンスの2部で構成される。1月1日には“刀剣男士 team 三条 with 加州清光”としてCDデビューも果たし人気を博している。  今回、トライアル公演からさらにパワーアップ、新たな楽曲も追加した完全版として、5月末より東京・大阪・京都の3ヵ所で本公演が行われることが決定。この日の会見では、三日月宗近役の黒羽麻璃央、小狐丸役の北園涼、石切丸役の崎山つばさ、岩融役の佐伯大地、今剣役の大平峻也、加州清光役の佐藤流司のキャストが登壇した。  黒羽は「三日月宗近という役はもっとも美しいと言われる刀。きれいに見せることはもちろん、所作であったり、衣装もすごくこだわっていただいてるので、そういう面も見せていきたいと思います。自分のことをジジイと言うような“抜け感”も出していきたい」と役作りを明かし、佐藤は「加州清光という役は繊細な魅力が詰まった役。大胆だったり熱いところがあったりクールだったり一言では語りきれない。それを佐藤流司がどう演じていくのかを観てほしい」と、意気込みを語った。  また同日、今秋上演のミュージカル『刀剣乱舞』新作公演(タイトル未定)のキャストとして、大和守安定役の鳥越裕貴、和泉守兼定役の有澤樟太郎、堀川国広役の小越勇輝、蜂須賀虎徹役の高橋健介、長曽祢虎徹役の伊万里有の新たな5名の刀剣男士がお披露目。鳥越は「この衣装にまだ慣れませんが、秋までに“安定”という役を 自分のものにできるように」と言葉にし、小越は「いよいよ始まるなという気持ちがわいてきました」と気合い十分な様子をみせた。  ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~は、5月27日~6月12日にAiiA 2.5 Theater Tokyo(東京)で、6月17日~19日に森ノ宮ピロティホール(大阪)で、6月23日~26日に京都劇場(京都)で上演。またミュージカル『刀剣乱舞』新作公演は9月~11月に東京・福岡・大阪で上演される。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 トライアル公演の様子

    ミュージカル『刀剣乱舞』開演! 躍動する“刀剣男士”が歌い、踊る

    アニメ・コミック

     ミュージカル『刀剣乱舞』 トライアル公演が30日に実施された。約1時間45分におよんだ第1部のミュージカルでは、名だたる刀剣が戦士の姿になった“刀剣男士”が躍動。終幕時には、関係者や報道陣で埋め尽くされた会場から、割れんばかりの拍手が起きた。@@cutter 本作は、ユーザー数が100万人超と言われる大人気PCブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』(DMMゲームズ/Nitroplus)のミュージカル化作品。刀剣男士が変えられた歴史を元に戻すべく戦う様を描く。メインキャストは三日月宗近(みかづきむねちか)役の黒羽麻璃央、小狐丸(こぎつねまる)役の北園涼、石切丸(いしきりまる)役の崎山つばさ、岩融(いわとおし)役の佐伯大地、今剣(いまのつるぎ)役の大平峻也、加州清光(かしゅうきよみつ)役の佐藤流司の6名。  上演前には、演出を手がけた茅野イサムが登場。満席の会場を見渡し、「演劇の三要素は脚本、俳優、そして観客。心から楽しんでいってください」と挨拶。大勢の拍手を浴びた。  続けて始まった第1部のミュージカルは、源義経・武蔵坊弁慶の時代を中心としたストーリーが展開。刀剣男士の6人は、文治5年の阿津賀志山で、源頼朝と対立して死んだはずの義経に遭遇する。義経の守り刀だった今剣は、義経が生きていることに喜ぶも…。  第1部では、刀剣男士らが階段状の舞台を所狭しと動きまわり、歌い、踊るミュージカルを披露。第2部では、日替わり曲を含むラインナップでライブが実施されている。  ミュージカル『刀剣乱舞』は、AiiA 2.5 Theater Tokyo(アイア 2.5 シアタートーキョー)で10月30日から11月8日まで公演中。11月8日には、日本全国・台湾・香港の映画館にてライブ・ビューイングを実施。また同日にDMM.comでアーカイブ動画を配信予定。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 メインビジュアル

    『刀剣乱舞』ミュージカル版ビジュアル解禁 三日月宗近、加州清光らキャスト発表

    アニメ・コミック

     DMMゲームズとニトロプラスが贈る大人気ブラウザゲームを原作としたミュージカル『刀剣乱舞』のメインビジュアルが解禁された。また、三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光ら“刀剣男子”を演じるキャスト6名も発表となった。@@cutter 原作のブラウザゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』は、1月にサービス開始となった刀剣育成シミュレーションゲーム。プレイヤーは、名だたる名刀が擬人化した“刀剣男子”を育て、強化して楽しむことができ、女性層を中心に大きな支持を得ている。  ネルケプランニングが興行を担当するミュージカル『刀剣乱舞』では、三日月宗近役として黒羽麻璃央、小狐丸役として北園涼、石切丸役として崎山つばさ、岩融役として佐伯大地、今剣役として大平峻也、加州清光役として佐藤流司の出演が決定。  ミュージカル『刀剣乱舞』トライアル公演は、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて10月30日~11月8日に上演。チケットは全席指定・前売当日共に7800円(税込)。  また、『刀剣乱舞』はミュージカルのみならず、マーベラスによる“一般演劇”での舞台化も発表されており、こちらのキャスト発表にも大きな注目が集まる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access