秋山真太郎(劇団EXILE) 関連記事

  • 映画『僕に、会いたかった』公開記念舞台挨拶にて

    TAKAHIRO、松坂慶子をエスコートし笑顔「ジェントルマンなんで」

    映画

     EXILEのTAKAHIROが11日、都内で行われた映画『僕に、会いたかった』公開記念舞台挨拶に登場。入場時には共演した女優の松坂慶子をエスコートして登壇し「ジェントルマンなんで」とさわやかな笑みを弾けさせた。@@cutter 本作はTAKAHIROが映画で初めて単独主演を務め、松坂と母子役を演じた人間ドラマ。12年前の事故で記憶を失った元漁師の徹が、島の人々に見守られながら懸命に生きる姿を描く。イベントにはTAKAHIRO、松坂のほか、山口まゆ、柴田杏花、秋山真太郎、錦織良成監督が出席した。  昨日公開初日を迎え、ロケ地となった島根県隠岐島に公開直前にもイベントで訪問したTAKAHIROは「みなさん本当に映画の完成を喜んでいただいて。島のみなさんは撮影にあたって全面的に協力していただいたので、身内のような気持ちで観ていただけたのではと思っております」と感謝。松坂も「本当にお世話になって、映画にも出演していただいたりしたので、みんなで試写を見られてとてもうれしかったです」と島での思い出を振り返った。  TAKAHIROと松坂の親子役も話題の本作。入場時にはTAKAHIROが松坂の手を取って登壇したり、トーク中にも松坂のユーモアなコメントに「母ちゃん」とツッコむなど和気あいあいとした雰囲気をみせており、松坂の印象にTAKAHIROは「最初にお会いしたときは後光が差しているというか、神秘を感じました。でも、役に入られると島のお母さんとして佇んでいらっしゃるのはさすがだなと思いました」と絶賛した。  また、撮影エピソードでは錦織監督が、徹が涙するシーンについて「テストから泣くんですよ」と全力投球だったことが紹介され、TAKAHIROは「リハーサルの段階でも全部出しちゃおうという気持ちで、もう(涙が)出ないくらいで臨みました」と回顧。  すると、松坂も「現場からちょっと離れたところで孤独に気持ちを作ったり、現場では本当に徹になりきってストイックになされていました。今は面白い人になっていますけど」と振り返り、TAKAHIROは「撮影中、離れて見えないところで釣りとかもしていたので、ちょっと心が痛いというか」と茶目っ気たっぷりに返して笑いを誘っていた。  映画『僕に、会いたかった』は公開中。

  • 『僕に、会いたかった』隠岐島で行われた囲み取材

    TAKAHIRO、松坂慶子の温かさに触れて涙腺崩壊 『僕に、会いたかった』親子役の感想を告白

    映画

     EXILEのTAKAHIROが映画単独初主演を務めた『僕に、会いたかった』の上映会が、劇中の舞台であり、撮影地ともなった島根県隠岐島で開催され、島の人々に感謝を伝えたいとの思いから、TAKAHIROをはじめ、松坂慶子、秋山真太郎、錦織良成監督が舞台挨拶を敢行。舞台挨拶後には会見にも応じ、TAKAHIROと松坂が親子役を演じた感想を明かした。@@cutter 本作は島根県の隠岐の島を舞台に、ある事故がきっかけで記憶を失くした元漁師の男・徹(TAKAHIRO)が、“島留学”にやってくる学生との出会いや周囲の人々の優しさに包まれながら、自分自身を見つけようとする姿を描く人間ドラマ。徹を静かに、温かく見守る母親役を松坂が演じている。 @@insert3 ■“母”松坂慶子の温かさに触れて涙  親子役で初共演を果たしたTAKAHIROと松坂。松坂は「母親思いの、心優しい息子。最初からそういう雰囲気を持ってらっしゃった」とTAKAHIROの佇まいを絶賛し、「感受性が豊かで、涙もろいんですよ」と素顔を明かした。TAKAHIROは照れ笑いを見せながら、「松坂さんが不思議なパワーを持ってらっしゃる」と吐露。「日本国民の誰もが知ってらっしゃる大女優さんなので、緊張してご挨拶させていただいた」と最初こそ固くなっていたというが、「すべてを包み込むような笑顔と優しさでお話ししてくださって、何年も育ててもらったような感覚になった。松坂さんの優しさを感じるたびに、涙腺が緩んだ。松坂さんに触れられると、ポカポカと体温が上がるような感じがする…そんな不思議なパワーがあるんです。泣いてはいけないシーンでも、どうしても涙が出てしまうので、リハーサルで枯れるほど泣いて、本番に向かうときもありました」と“涙もろさ”の理由を語っていた。 @@insert1  撮影に用意された食事もすべて平らげしまうほど、島の料理が気に入ったというTAKAHIROだが、「お母さんに作ってもらったご飯を食べるシーンがあるんですが、松坂さんに出していただくと、またそれが何倍にもおいしく思えて。お米も全部立っているように見えるし、お味噌汁も黄金に光っているよう」とお茶目に笑うと、「なんていい息子なんでしょう」とうれしそうに微笑む松坂。なんとも息のあった様子を見せる2人に、錦織監督は「TAKAHIROくんと松坂さんが親子だなんて、美男美女で出来すぎだなと思われるかもしれませんが(笑)、映画を観ていただければ、そこには島に生まれ育った人がいます。それくらいお2人とも島に溶け込んで、とても素敵な島の親子を演じていただけました」と大満足の表情を浮かべていた。 ■島の人々に感謝!「ターニングポイントのような作品」  いつもは華やかなステージに立っているTAKAHIROが、無精髭を生やした漁師役として新境地にトライしたことでも話題だ。共同脚本に名を連ねた秋山は「エグゼクティブプロデューサーのHIROさんにも“普段とはかけ離れたイメージのTAKAHIROくんを”という思いがあった」とコメント。TAKAHIROは「約1ヵ月、島で生活をしながら撮影をさせていただき、とても助かった。島のみなさんの温かさ、心の広さを感じて、それをリアルに表現できたかなと思っています」と、役作りには地元の人々との触れ合いが欠かせなかったそうで、「なかなかできない経験をさせていただいた。本当に難しい役どころでしたが、表現者としてターニングポイントのような作品になった。これからもっと、表現者として感性を磨いて精進していきたい」と宝物のような作品になった様子。 @@insert2  「島のみなさんに、ものすごくご協力いただいた。今日はその方々に映画をお届けすることができた。夢が叶ったようで、とてもうれしい」とうなずき合うなど、島での上映会の実現に喜びをあふれさせた一同。撮影中も島にすっかり馴染んでいたそうで、合間にも「ずっと釣りをしていた」とTAKAHIRO。錦織監督が「釣り糸を垂らすシーンを撮影していたら、TAKAHIROくんはすぐに魚を釣っちゃって」とその腕前に驚くと、松坂が「秋山さんもアジを釣ってらした!」と述懐。秋山は「釣ったものを旅館の方に料理していただいて、松坂さんに召し上がっていただいたんです」と続くなど、和気あいあいとしたトークの止まらない4人。穏やかな島で、最高のチームワークを育んだようだ。(取材・文:成田おり枝/写真:高野広美)  映画『僕に、会いたかった』は5月10日(金)より全国公開。

  • 『僕に、会いたかった』隠岐の島で行われた上映会に登壇した(左から)秋山真太郎、TAKAHIRO、松坂慶子、錦織良成監督

    TAKAHIRO、ロケ地の高校にサプライズ登場! 男子生徒からも「かっこいい!」

    映画

     映画『僕に、会いたかった』に主演するEXILEのTAKAHIROが9日、劇中の舞台であり、撮影地ともなった島根県の県立隠岐島前高校で行われた上映会に、松坂慶子、秋山真太郎、錦織良成監督とともにサプライズで登場した。生徒たちから大歓声を浴びたTAKAHIROは「映画の舞台となっているこの場所に戻ってくることができて、うれしい」と大きな笑顔。「なんでそんなにかっこいいんですか?」といった生徒たちからの直球質問にも答え、会場を盛り上げた。@@cutter 本作は島根県の隠岐の島を舞台に、ある事故がきっかけで記憶を失くした元漁師の男・徹(TAKAHIRO)が、“島留学”にやってくる学生との出会いや周囲の人々の優しさに包まれながら、自分自身を見つけようとする姿を描く人間ドラマ。劇中でも描かれる“島留学”は、都市部で生まれ育った子どもたちが、高校3年間を島で暮らしながら学ぶことのできる制度。県立隠岐島前高校では、全校生徒のうち約半数が島留学生として、地域の人と絆を育みながら勉学に励んでいる。  高校の入学式当日となったこの日。錦織監督だけが来場すると伝えられていた生徒たちだが、TAKAHIROらキャスト陣も駆けつけていると聞くと、「ええ!?」とパニック状態。TAKAHIROは「キャー!」と黄色い歓声が上がる中、「こんにちは!」と元気よく挨拶した。漁師役とあって、たくましい体型を作るために筋トレに励んだが、「運動場の鉄棒を使って筋トレしていた。寮の食堂でカレーも食べた」と校内の施設を利用していたことを明かすと、生徒たちは「ヤバい!」と目を輝かせていた。 @@insert1  またTAKAHIROが生徒たちからの質問にも答えたいと申し出ると、男子生徒から「なんでそんなにかっこいいんですか?」とストレートな疑問を投げかけられた。「俺にもわからないんだよね」と、茶目っ気たっぷりに切り出して会場の笑いを誘ったTAKAHIROは、「男の鏡はリーダーのHIROさん。いつも人のことを思い、優しさの裏側に強さもある。そういう生き様が男をかっこよくすると思う」と男気あふれる回答。さらに「夢を叶える努力をして、たくさん恋もすると思う。そうやって自分磨きをしてほしい」と続けつつ、「好きな人はいるの?」と逆質問。近くにその男子生徒の彼女がいることがわかると「おいおい!」と突っ込むなど、サービスたっぷりのトークに生徒たちからも笑顔がこぼれていた。  映画『僕に、会いたかった』は5月10日(金)より全国公開。

  • 『僕に、会いたかった』完成披露上映会舞台挨拶に登場したTAKAHIRO

    TAKAHIRO、「予想だにつかない」ギャップで会場魅了 寡黙な役で映画単独初主演

    映画

     EXILEのTAKAHIROが3日、都内で開催された映画『僕に、会いたかった』の完成披露上映会の舞台挨拶に出席。“無精髭を生やした寡黙な男“というイメージとはギャップのある役柄で映画単独初主演を務めたが、この日も軽快なトークで会場を盛り上げたTAKAHIRO。「僕が寡黙な役を演じるのは、みなさん予想だにつかないと思う」と口火を切り、「(完成作を観て)自分の映画を観ていないような感覚になった」と新境地に手応えを語った。@@cutter 本作は島根県の隠岐の島を舞台に、12年前に起こった事故がきっかけで記憶を失くした元漁師の男が、島の雄大な自然や人々の優しさに包まれながら、自分自身を見つけようとする姿を描く人間ドラマ。舞台挨拶には、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、秋山真太郎、小市慢太郎、錦織良成監督も出席した。  司会から「寡黙な役」と紹介されると会場からは笑い声が上がり、「ザワザワするのが早い!」と観客にツッコミを入れたTAKAHIRO。「単独初主演ということで、初挑戦もたくさんあった。監督と相談しながら、大船に乗ったつもりで演じさせていただいた。しっかりと寡黙な役をやってます」と監督に感謝しつつ、アピールしていた。  M!LKとしても活躍する板垣とは、隠岐の島での撮影で魚釣りを通して親交を深めたという。TAKAHIROが「すごいイケメンなので、“イケメンだね。モテるでしょ”と言った」と振り返ると、板垣は「TAKAHIROさんほどじゃないですよ」とニッコリ。すかさずTAKAHIROが「こういうこと言う。なめてんな」と笑顔を見せるなど丁々発止のやり取りで会場をわかす一幕も。TAKAHIROの“舌好調”ぶりに、秋山は「全然、寡黙感ない」とストレートに語り、笑いを誘っていた。  映画『僕に、会いたかった』は5月10日より全国公開。

  • 映画『jam』初日舞台挨拶の様子

    青柳翔×町田啓太×鈴木伸之、HIROからの『jam』プロジェクト発表に驚き

    映画

     劇団EXILEの青柳翔、町田啓太、鈴木伸之が、1日に都内で開催された映画『jam』初日舞台挨拶に出席。当日はVTR出演したEXILE HIROから、「『jam』プロジェクト」の始動が発表された。@@cutter 本作は、場末のアイドル演歌歌手・横山田ヒロシ(青柳)、瀕死の重傷を負った大切な恋人の意識回復だけを望み続けるタケル(町田)、刑期を終えシャバに戻ったテツオ(鈴木)という3人の男たちを軸に、一筋縄ではいかない「因果応報」の運命にもてあそばれる人々の姿を描く人間ドラマ。舞台挨拶にはほかに、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、SABU監督も登場した。  青柳は自身の撮影の際に、SABU監督が鈴木や町田を褒めていたと明かし「(自分は)負けず嫌いなところもあるから、焚きつけられるじゃないですか。で、すごく現場にやる気が出たんですよ」と述懐。しかし「後々聞くと、町田に『鈴木くん、良かったよ。昨日』って。三人に言っていたっていう(笑)」と、SABU監督が三人それぞれを別の場所でほめていたと暴露。「そういう演出方法も素敵だなと思いました」と笑顔を見せた。  一方の町田は、劇中でタケルが見せる変態的な行動を演じるうえで、SABU監督から「いやらしく」と演出を受けたことを回想。「目がいっちゃっている感じでやってしまったら、監督はモニターでずっとニコニコされていたみたいで。後から聞いたら、そのシーンを見た女性スタッフさんたちが『いや~! きも~い!』って言ったと(笑)。いやぁ、すごくうれしい悲鳴でしたね」と満足そうに語った。  他方で、激しいアクションシーンに挑んだ鈴木は、劇中で台詞がないことに言及し「セリフを覚えなくてよかったっていうのはありますし(笑)。すごくアクションに集中できたっていうのもありますし、楽しかったです」とコメントしていた。当日は、サプライズで本作のエグゼクティブプロデューサーを務めたHIROがVTR出演し、劇団EXILEの新たな表現の場所として「『jam』プロジェクト」の始動を発表する一幕も。SABU監督の頭の中には『jam2』の構想があるという。改めてマイクを握った青柳は「僕たちも知らなかったサプライズ」と明かしていた。

  • 映画『jam』に総出演する劇団EXILE

    青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団EXILEメンバー総出演『jam』特報公開

    映画

     青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団EXILEのメンバー全員が総出演する映画『jam』の公開日が12月1日に決定。併せてウェブ限定の特報映像も解禁された。@@cutter 本作は、映画『MR.LONG / ミスター・ロン』で台湾のトップスター、チャン・チェンを起用したSABU監督がメガホンをとるエンターテインメント・ムービー。主人公を青柳、町田、鈴木の3名が演じるほか、特撮ドラマ『ウルトラマンジード』の小澤雄太、『仮面ライダーエグゼイド』の小野塚勇人、映画『恋と嘘』の佐藤寛太、『ドクムシ』の秋山真太郎、『愛の病』の八木将康、SWAYこと野替愁平ら劇団EXILEのメンバー全員が初めて同じ作品に集結する。  「自分自身、俳優として歌手としても成長できたかなと思える作品になっていると思います」と語った青柳は、「それぞれの想いがぐちゃぐちゃのジャムのように交錯しセッションする『jam』。12月1日の公開を是非、楽しみにしてください」と意気込んだ。  自身の役柄について「僕は願いを叶えるためひたすら良い事をしたがる青年、タケルを演じさせていただきました」と明かした町田は、「メンバーならではの一体感とそれぞれの個性が詰まった映画にもなっています」とコメント。  鈴木は「タイトルにある『jam』とは色々な人間模様などが交差するという意味も含まれた作品になっています」と解説し、「今回特殊な役柄にチャレンジさせてもらいました!! 僕の役がどのように作品に交差するのか、そこも楽しんでもらえたらと思っています!!」と話し、作品をアピールした。  公開された特報には「jam始動!」という文字が映し出され、さまざまなキャラクターの男たちが続々と登場。映像の終わりには「3つのストーリー 絡み合う男たちの運命」という意味深なワードが綴られている。  映画『jam』は12月1日より全国公開。

  • 岩田剛典、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』完成披露プレミアイベントに出席

    三代目・岩田剛典、まさかの結婚宣言!? 天然ボケに『HiGH&LOW』キャストも爆笑

    映画

     映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』の完成披露プレミアイベントが9日に都内で実施され、岩田剛典、TAKAHIRO、登坂広臣らが登壇。現場で印象に残っていることを聞かれた岩田は、バースデーケーキをウェディングケーキと言い間違える天然ボケを炸裂させ、会場を大いに沸かせた。@@cutter 5つのチームの頭文字をとって、「SWORD」地区と呼ばれるエリアを舞台に、覇権を争う男たちの闘いを描く本作。山王連合会の総長・コブラ役の岩田は、同グループのメンバーに現場で誕生日を祝われたことを報告。さらに「その次の現場で、まさかの久保(茂昭)監督とアクション監督の大内(貴仁) 監督が、撮影用の大型の車に、ちっちゃくウェディングケーキを乗っけて(お祝いしてくれた)」とニッコリ話す岩田だったが、すかさずNAOTOに「ウェディングケーキではないですよね?(笑)」と突っ込まれると、「あ~!間違えちった」と照れ笑いを見せた。  一方、ムゲンの琥珀役を務めたAKIRAは、九鬼源治役の小林直己について、「声がかけられないですよね(笑)」と役作りを絶賛。最強の兄弟・雨宮兄弟の雅貴を演じたTAKAHIROも、「緊張しました」と笑顔を見せ、広斗にふんした登坂も、「今回の作品は源治さんの迫力が半端じゃない」と称賛した。役作りを振り返った小林は「けっこうあの~、苦情をいただきました(笑)」と告白して会場を沸かせた。  当日は、岩田、TAKAHIRO、登坂らのほか、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、八木将康、岩谷翔吾、山本彰吾、黒木啓司、遠藤雄弥、稲葉友、栁俊太郎、廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、青木健、清原翔、陳内将、窪田正孝、佐野玲於、ZEN、佐野岳、林遣都、阿部亮平、小澤雄太、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴、中村蒼、秋山真太郎、武田航平、関口メンディ―、岩永ジョーイ、中谷太郎、JAY、武尊、城戸康裕、ELLY、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY、LIKIYAAKIRA、青柳翔、橘ケンチ、小野塚勇人、企画プロデュースを務めたEXILE HIRO、久保監督、中茎強監督、脚本の平沼紀久と登壇者が60名を超える圧巻のプレミアイベントとなった。  『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』は8月19日より公開。

  • 舞台「ホテル マジェスティック ~戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛~」囲み取材

    玉木宏、初舞台で実在の戦場カメラマンを熱演!確かな手ごたえを実感

    エンタメ

     7日、舞台「ホテルマジェスティック~戦場カメラマン澤田教一その人生と愛~」の公開リハーサルと囲み取材が新国立劇場にて行われ、主演を務める玉木宏と、共演者の酒井美紀、徳山秀典、秋山真太郎(劇団EXILE)、紫吹淳、別所哲也が出席して初日を迎える意気込みを語った。@@cutter 玉木が実際にベトナムに行って撮影してきた写真の前で囲み取材が行われたのだが、公開リハーサルを終えたばかりの出演者たちからは熱気が伝わってきた。  初舞台で玉木が演じるのは、ベトナム戦争の現場で「安全への逃避」と題した写真を撮影し、アメリカジャーナリズム界の最高峰ピューリッツァー賞を受賞した実在の戦場カメラマン・澤田教一。初日を迎え、「この日を迎えるために練習してきたので、楽しみです」と興奮しながらも充実した表情を浮かべる。初舞台ということで「みなさんは舞台経験がありますが、僕は座長といっても何をやっていいのか分からず、いろいろ助けていただきました」と周りへの感謝を忘れない。  そんな玉木に澤田の上司役を務める別所は「玉木さんを中心にまとまっています。お芝居でもずっと引っ張ってくれました。ご一緒できて光栄です」と座長玉木に太鼓判を押した。澤田の11歳年上の妻・サタを演じる酒井も「よりいっそうすてきな舞台にしたいという気持ちでいっぱいです」と感慨深げ。夫や仲間たちを現地で支える妻を熱演している。劇中、玉木と酒井二人の会話は澤田夫妻の故郷の津軽弁で、こちらも見どこのひとつになっている。  女性カメラマン役の紫吹は、玉木をすっかり気に入っている様子で「津軽弁をしゃべってもかっこいいの。サタの役でなくて良かった。妻役だったら恋に落ちていたかも」と玉木にベタ惚れの様子。恋心を隠す様子もなく、玉木を苦笑させていた。  玉木は「舞台はずっとやりたかった」と公言しており、確かな手ごたえを感じているようだ。さらに、役作りについては「戦場カメラマンって、中途半端な気持ちではできない職業。並外れた責任感の持ち主」と分析し、新たな挑戦を楽しんでいる様子。そして、「いいものが届けられると思います」ときっぱり。この日、戦場カメラマンの渡辺陽一も公開リハーサルに来ており、「心に響くものがありました」と感想を述べ、玉木を感動させていた。  舞台はベトナム戦争時、世界中から駆けつけたジャーナリストの取材拠点だった「ホテルマジェスティック」を舞台に、戦場カメラマンの澤田教一と妻サタや同僚たちとの人間模様を描くオリジナルストーリー。脚本は樫田正剛、演出は星田良子が手掛ける。  舞台「ホテルマジェスティック~戦場カメラマン澤田教一その人生と愛~」は東京・新国立劇場 中劇場にて3月7日(木)から17日(日)まで上演。その後、大阪・森ノ宮ピロティホールにて3月20日(水祝)から24日(日)まで、名古屋・名鉄ホールにて3月26日(火)から27日(水)まで巡演する。チケットは12月22日(土)より一般発売開始。

  • 舞台「ホテル マジェスティック ~戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛~」公開稽古

    玉木宏主演、舞台「ホテル マジェスティック ~戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛~」公開稽古&囲み取材

    エンタメ

    2013年3月7日、舞台「ホテルマジェスティック~戦場カメラマン澤田教一その人生と愛~」の公開リハーサルと囲み取材が新国立劇場にて行われ、主演を務める玉木宏と、共演者の酒井美紀、徳山秀典、秋山真太郎(劇団EXILE)、紫吹淳、別所哲也が出席して初日を迎える意気込みを語った。今回は、公開リハーサルの様子も併せてお届けします!

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access