白濱亜嵐 関連記事

  • (左から)映画『10万分の1』に出演する白濱亜嵐、平祐奈

    白濱亜嵐×平祐奈W主演、『10万分の1』実写映画化

    映画

     難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)に冒された女子高生の恋と友情を描く宮坂香帆の人気漫画『10万分の1』が実写映画化されることになり、ダブル主演として、EXILEのパフォーマー、GENERATIONS from EXILE TRIBEのリーダーを務める白濱亜嵐と、『honey』『未成年だけどコドモじゃない』の平祐奈の起用が発表された。@@cutter 原作は『Cheese!』(小学館)に連載され、「このマンガがすごい!WEB」で紹介されると人気に火がつき、8巻までの累計120万部を記録した宮坂香帆の人気コミック。最終巻となる9巻は26日発売となる。映画版の監督は『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎が務め、今月から撮影が始まった。  白濱が演じる高校生・桐谷蓮は剣道部所属のスポーツマンでイケメンのモテ男子。一方の平が演じる女子高生・桜木莉乃は剣道部マネジャー。互いに意識していたが、モテる蓮に、自分の性格も身体も好きになれない莉乃は気後れしてばかり。しかし蓮からの思いがけない告白を受け、ついに二人は付き合い始める。楽しい日々を過ごしているが、やがて莉乃の体に異変が。彼女の体はもうすぐ動かなくなる。病気が、恋も、友情も加速させていく…。  白濱は自身の役柄について「部活に仲間に恋にと、全ての学生生活に対して全力で真っすぐなキャラクターだと感じています。その中でも特に莉乃への愛情は強く、その莉乃への想いをしっかりとスクリーンを通しても伝えられるように努力していきたい」とコメント。  原作を愛読していたという平は「莉乃になれるという事はとても光栄に思います。難病という大きな悩みを抱え、いろんな感情との葛藤がありますが、17歳の女の子の真っすぐな思いを丁寧に伝えられるよう、全身全霊で頑張ります」と意気込む。  三木監督は「現在ALSという病気と闘っていらっしゃる方々に胸を張って見ていただける作品にしたい。そして、少しでも彼らのチカラになる作品にしたい」と話している。  映画『10万分の1』は2019年以降公開。

  • ドラマ『PRINCE OF LEGEND』メインビジュアル

    片寄涼太、佐野玲於…王子がいっぱい『PRINCE OF LEGEND』連続ドラマ化決定

    エンタメ

     『HiGH & LOW』シリーズをプロデュースしたHI‐AXチームが手掛ける“プリンスバトルプロジェクト”の連続ドラマ『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ系/毎週水曜24時59分)が、10月3日より放送されることが決定。ドラマでは王子たちが“トップオブザプリンス”を目指して戦うきっかけが描かれる。@@cutter “女の子”として生まれたすべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える、刺激的かつ極上のプロジェクト“プリンスバトルプロジェクト”。片寄涼太や佐野玲於をはじめとする今をときめくイケメンが集結し、このたび放映される連続ドラマをはじめ、2019年春公開予定の映画『PRINCE OF LEGEND』、さらにゲームやライブ、イベントなどメディアを横断して、“伝説の王子誕生”を描いていく。  総資産数兆円と言われる朱雀グループの御曹司、朱雀奏(片寄)はすべてにおいて気品が溢れる“セレブ王子”。ある日、父の紹介で下町ヤンキー界のカリスマである“ヤンキー王子”こと京極尊人(鈴木伸之)と出会う。住む世界も性格も真逆の二人だが、あることをきっかけに“大切なもの”をかけて戦うことに。  しかし、そこには尊人の弟・京極竜(川村壱馬)、生徒会長王子・綾小路葵(佐野)、ダンス王子レッド・天堂光輝(吉野北人)、先生王子・結城理一(町田啓太)、美容師王子・嵯峨沢ハル(清原翔)らも参戦。14人の王子は、それぞれのプライドをかけた”プリンスバトル”を展開していく…。  ドラマの放送決定と併せてビジュアルも初公開。スーツ姿のかっこいい14名の王子たちが、何かに向かって走っているような疾走感あふれるデザインに仕上がっている。  ドラマ『PRINCE OF LEGEND』は、10月3日より日本テレビ系にて毎週水曜24時59分放送。

  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」レッドカーペットイベントの様子

    ショートフィルムの祭典に岩田剛典、山下健二郎らイケメン集結

    映画

     4日都内で、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」(SSFF & ASIA 2018)のレッドカーペットイベントが開催された。イベントには、俳優の斎藤工や濱田龍臣、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典や山下健二郎らが登場して会場を彩った。@@cutter 同映画祭は、米国アカデミー賞公認の短編映画祭。20周年を迎えた今年は「Cinema Smart~想像力で人生を発見する~」をコンセプトに、世界130以上の国と地域から集まった1万本以上の作品より、約250作品を上映する(東京8会場)。実行委員会委員長は別所哲也。  4日のレッドカーペットイベントには、フェスティバルナビゲーターであり、本映画祭の公式テーマソング『FUTURE』を担当する三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEから岩田や山下が、青柳翔、白濱亜嵐、HIROとともに参加。別所とともに報道陣の撮影に応じた。  また、斎藤工がサプライズ登場。左襟足付近のヘアカラーを変えた個性的なミディアムヘアーを披露し、にこやかな笑顔を見せた。  会場には、他にもVERBALやDream Ami、飯島直子、土屋アンナらが報道陣の前に登場し、同イベントの開催を祝った。  「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」は、6月24日まで開催中。

  • 『ウタモノガタリ‐CINEMA FIGHTERS project‐』ポスタービジュアル

    EXILE TRIBE&池松壮亮ら出演のオムニバス『ウタモノガタリ』予告解禁

    映画

     EXILE TRIBEのTAKAHIRO、岩田剛典、白濱亜嵐、青柳翔、山下健二郎らがそれぞれ主演を務めるオムニバス映画『ウタモノガタリ‐CINEMA FIGHTERS project‐』のポスタービジュアルと予告編映像が解禁となった。@@cutter 本作は、EXILE HIROと、国際短編映画祭 ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)&ASIAの代表を務める俳優の別所哲也、そしてEXILEや三代目J Soul Brothersなどに歌詞を提供してきた作詞家・小竹正人が打ち出した、詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト<‐CINEMA FIGHTERS project‐>の最新作。6つの詩から生まれた6つの新曲を気鋭の監督6人がショートフィルムで映像化する。  6作のラインナップは、『トイレのピエタ』の松永大司監督とTAKAHIRO主演で送る『カナリア』、『舟を編む』の石井裕也監督と岩田主演で送る『ファンキー』、『0.5ミリ』の安藤桃子監督と白濱主演で送る『アエイオウ』、『663114』の平林勇監督と石井杏奈、山口乃々華、坂東希出演で送る『Kuu』、Yuki Saito監督と青柳主演で送る『Our Birthday』、『こころ、おどる』の岸本司監督と山下主演で送る『幻光の果て』。  夏帆、池松壮亮、麻生久美子、奥田瑛二、芦名星、余貴美子、加藤雅也ら豪華キャストも出演。また、その主題歌、即ち各エピソードを生み出した6つの新曲を、EXILE TAKAHIRO、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、JAY’ED & 鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTY、DEEPという6組のアーティストが歌うことも話題になっている。  予告編では、生き別れた人への思いを募らせる姿、大切なものを守ろうと奮闘する姿を、今を全力で生き抜く主人公たちの涙のシーンに凝縮。世界観もストーリーも全く違う6編が、ラストに浮かび上がる“6tears…言葉たちが泣いている。”というフレーズでつながり、胸を締めつけてくることを予感させる仕上がりとなっている。  映画『ウタモノガタリ‐CINEMA FIGHTERS project‐』は、6月4日~24日に開催されるSSFF&ASIAにてプレミア上映後、6月22日より全国公開。

  • 白濱亜嵐ファースト写真集『TIMBRE』

    白濱亜嵐、初のソロ写真集発売決定! DVD付きでメイキング動画も収録

    エンタメ

     白濱亜嵐(EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBE)のファースト写真集『TIMBRE(ティンバー)』が11月21日に発売が決定。表紙画像(仮)&先行カットと、白濱の「色々な僕のこだわりだったり、すごく好きなものがつまった写真集になっています」といったコメントが到着した。@@cutter ファッションアイコンとしてもワールドワイドに活躍する白濱が「TIMBRE」(音色)をキーワードにインスパイアされた世界観をプロデュースした本作。パンキッシュなスタイルから、モード感と躍動感が溢れるスポーティなコーディネートまでを網羅し、セクシーかつやんちゃな一面ものぞかせるファン必見の一冊に仕上がった。  さらに、本人初の約2万字インタビューでは、自身のルーツからGENERATIONSに至るまでのエピソードを完全収録。付属のDVDでは、写真集のメイキング動画はもちろん、本編には収録されていない、南の島で自然体の姿を見せる白濱に迫った未公開画像も初公開される。  GENERATIONSデビューから5年間の集大成ともいえる本作について、白濱は「TIMBREとは音色という意味なのですが、白濱亜嵐という音を様々な音色で表現させて頂きました」と解説。「今の24歳の自分を感じて下さい」と等身大の自分が写っていることをアピールしている。  白濱亜嵐ファースト写真集『TIMBRE』(1850円・税別)は、徳間書店より11月21日発売。

  • 岩田剛典、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』完成披露プレミアイベントに出席

    三代目・岩田剛典、まさかの結婚宣言!? 天然ボケに『HiGH&LOW』キャストも爆笑

    映画

     映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』の完成披露プレミアイベントが9日に都内で実施され、岩田剛典、TAKAHIRO、登坂広臣らが登壇。現場で印象に残っていることを聞かれた岩田は、バースデーケーキをウェディングケーキと言い間違える天然ボケを炸裂させ、会場を大いに沸かせた。@@cutter 5つのチームの頭文字をとって、「SWORD」地区と呼ばれるエリアを舞台に、覇権を争う男たちの闘いを描く本作。山王連合会の総長・コブラ役の岩田は、同グループのメンバーに現場で誕生日を祝われたことを報告。さらに「その次の現場で、まさかの久保(茂昭)監督とアクション監督の大内(貴仁) 監督が、撮影用の大型の車に、ちっちゃくウェディングケーキを乗っけて(お祝いしてくれた)」とニッコリ話す岩田だったが、すかさずNAOTOに「ウェディングケーキではないですよね?(笑)」と突っ込まれると、「あ~!間違えちった」と照れ笑いを見せた。  一方、ムゲンの琥珀役を務めたAKIRAは、九鬼源治役の小林直己について、「声がかけられないですよね(笑)」と役作りを絶賛。最強の兄弟・雨宮兄弟の雅貴を演じたTAKAHIROも、「緊張しました」と笑顔を見せ、広斗にふんした登坂も、「今回の作品は源治さんの迫力が半端じゃない」と称賛した。役作りを振り返った小林は「けっこうあの~、苦情をいただきました(笑)」と告白して会場を沸かせた。  当日は、岩田、TAKAHIRO、登坂らのほか、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、八木将康、岩谷翔吾、山本彰吾、黒木啓司、遠藤雄弥、稲葉友、栁俊太郎、廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、青木健、清原翔、陳内将、窪田正孝、佐野玲於、ZEN、佐野岳、林遣都、阿部亮平、小澤雄太、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴、中村蒼、秋山真太郎、武田航平、関口メンディ―、岩永ジョーイ、中谷太郎、JAY、武尊、城戸康裕、ELLY、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY、LIKIYAAKIRA、青柳翔、橘ケンチ、小野塚勇人、企画プロデュースを務めたEXILE HIRO、久保監督、中茎強監督、脚本の平沼紀久と登壇者が60名を超える圧巻のプレミアイベントとなった。  『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』は8月19日より公開。

  • 再共演の永野芽郁&三浦翔平『ひるなか』2ショットに反響「最強コンビ」

    再共演の永野芽郁&三浦翔平『ひるなか』2ショットに反響「最強コンビ」

    エンタメ

     映画『ひるなかの流星』のインスタグラムが、21日に更新。新ドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系)で共演することになった永野芽郁と三浦翔平の2ショット写真を公開し、ファンからは「最強コンビで頑張って」などのコメントが寄せられた。@@cutter 『ひるなかの流星』は、漫画家・やまもり三香による同名漫画の実写版。劇中では、東京の高校に転校してきた田舎育ちの女子高校生・与謝野すずめ(永野芽郁)が、一見するとチャラそうな教師・獅子尾五月(三浦翔平)、女嫌いのクラスメイト・馬村大輝(白濱亜嵐)と織りなす恋模様が描かれた。  一方の『僕たちがやりました』は、高校生のトビオ(窪田正孝)が、不良たちにやられた仲間のために復讐を企てた結果、起きるはずのない大爆発を起こしてしまい、“爆破事件の容疑者”として右往左往しながらも、成長していく様を描く。永野はトビオの幼馴染・蓮子役を務め、三浦は刑事・飯室に扮する。  『ひるなかの流星』のインスタグラムでは、撮影中のオフショットが公開。写真には、向かい合って談笑する永野と三浦の姿が収められている。また三浦も自身のインスタグラムを更新し、「ちゅんちゅんは転校してグレました」との冗談を添えて、同じ写真を投稿した。写真を見たファンからは、「可愛すぎかよ」「最強コンビで頑張って」「最高の2ショット」「ひるなかロスすぎて早くDVDみたいです」「最高すぎてやばい」といったコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/hirunaka_movie/    https://www.instagram.com/shohei.63/

  • 『ひるなかの流星』永野芽郁×三浦翔平×白濱亜嵐インタビュー

    永野芽郁「天然じゃないです!」 三浦翔平&白濱亜嵐からの“天然認定”に反論

    映画

     出演映画が続々公開され注目度上昇中の女優・永野芽郁が田舎から上京した高校生に扮し、初恋相手の担任教師と同級生の間で揺れる胸キュンムービー『ひるなかの流星』。今回、主人公・すずめ役の永野、すずめの恋の相手を演じる三浦翔平、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)の3人に、役への取り組みや撮影でのエピソードについて聞いた。@@cutter 本作は「マーガレット」で連載され累計250万部を突破した、やまもり三香による同名コミックの映画化作品。田舎育ちでまだ恋を知らない女子高生・与謝野すずめ(永野)が、東京の転校先で出会った担任教師・獅子尾(三浦)と、クラスメイト・馬村(白濱)に挟まれ、初めての恋を経験し成長していく姿を瑞々しく描く。  10代の女の子の繊細な感情表現に定評がある永野だが、こんなふうに演じようとプランを考えたり頭で難しく考えることはほぼしなかったという。「現場に入ってカメラの前に立って、先生や馬村と会話して感じたものをそのまま素直に出そうと思いました」とのことだ。その芝居により天真爛漫で、かつセンシティブなすずめを見事に表現している。  白濱はそんな永野と掛け合い芝居について、「特に前半では、すずめ発信で馬村が受けて、という芝居の繰り返しなので、芽郁ちゃんがどう来るかということに僕は身を任せていました。自分なりに演技をしっかり考えていたのですが、現場に行ったら考えていたことがほとんど意味がなかったくらいで…」という。だが「そのイメージの違いが面白かったです」と、永野とのセッションに刺激を受けていたようだ。  三浦に対しても永野は「先生の出方を考える前にすずめは行動しちゃうタイプだと思うので、すずめの行動によって先生の気持ちが動いたらいいなと思って演じていました」といい、三浦は「僕は常に心を動かされていました」と微笑む。  心動かされたという三浦だが、演じるにあたってとまどう部分もあったという。「教師として、また一人の男性として、与謝野すずめという人間に恋心を抱いているのが、現実的には僕自身、?(はてな)が多かった」とのこと。それは、一回りほども年下で、しかも教え子に恋する気持ちに対して。「だけど立場は違えど心が動く瞬間というのは誰にもあると思ったので、ましてや原作があるので逆算して作っていかないと…と思って、その都度、監督と相談していました」という。@@separator 劇中、“壁ドン”“頭ポン”など少女漫画的なキュンキュンシーンが随所に散りばめられているが、三浦は「女子中高生にいかにキュンとしてもらうかということがカギになる作品なので、そういうシーンは芽郁ちゃんに『こうしたほうがいい?』『高校生ならどう思う?』などと聞きまくって演じました」と永野にアドバイスを求めたと明かす。一方、永野も「予告編にもある、先生に後ろからハグされるシーンでは、前からがいいのか後ろからがいいのかとか、抱きつくタイミングだったり抱きつき方も何度も話し合いました」とのこと。  劇中では先生に恋する女子高生を演じた永野。実生活では…と訪ねると「先生のことを恋愛対象として好きになったことはないですけど、中学生の時に大好きな先生がいて、卒業式の日に『ハグしてください』と言いに行きました。体育の先生でむっちゃカッコいいんです」と振り返った。  本作が初共演の3人だが、撮影が進むに連れすっかり打ち解け、和気あいあいとした雰囲気で進行したそう。「永野芽郁は天然ですね」という三浦に、「天然じゃないです!」と反論する永野。しかし「芽郁ちゃん天然じゃなければヤバいです」と白濱が笑う。  現場では「芽郁ちゃんはいつも昆布食ってました」(三浦)とのことだが、永野は「昆布食べている人が天然というわけじゃない!」とムキになる。また白濱について三浦は「亜嵐さんはたまに女子になっていました」と。「女性スタッフと話す時には女性言葉になっていたかもしれません」と笑う白濱だった。  最後に本作について三浦は、「キュンキュンする10代のリアルな青春模様が描かれた作品。人生の中で一回しかない大切な時間を描いた話ですので、高校生はもちろん、大人の方たちにもその時の気持ちを思い出して観てほしいと思います」、白濱は「恋のすばらしい部分も、難しい部分も描かれていて、登場人物それぞれに共感できると思います」とアピールした。そして永野は「家族だったり、友達だったり、好きな人だったり、その大切さがすごく実感できる作品です」と語った。(取材・文・写真:田中裕幸)  映画『ひるなかの流星』は3月24日より全国公開。

  • 『ひるなかの流星』場面写真

    『ひるなかの流星』、公開直前“ひるなかの流星タイム”実施決定

    映画

     映画『ひるなかの流星』(3月24日公開)の公開直前ツイッター特別企画「#ひるなかの流星タイム」の開催が決定した。公開直前となる3月21日19時から21時の間に公式アカウントをフォローし、ハッシュタグ「#ひるなかの流星タイム」をつけてツイートすると、公式アカウントからランダムで流星ツイート(返信リプライ)が到着。その流星ツイートが届いた10人には『ひるなかの流星』ペア鑑賞券(ムビチケオンライン券)がプレゼントされる。@@cutter 本作は2011年~2014年まで「マーガレット」(集英社)で連載され、累計発行部数は212万部を突破したコミックスの映画化。田舎育ちでマイペースな女子高生のすずめ(永野芽郁)が、担任教師・獅子尾(三浦翔平)と、女嫌いのクラスメイト・馬村(白濱亜嵐)の間で揺れ動く“ピュアで切ない三角関係”を描く。獅子尾に「好きです」とまっすぐな気持ちを告白したすずめ。そんなすずめにクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”な馬村は告白する。果たしてすずめの初恋の行方は…。  公式SNSでは撮影現場のレポート写真やキャスト同士の仲の良いオフショットなどを掲載。2月18日よりスタートした「キュン極の選択キャンペーン」では「先生に恋したい?」、「同級生に恋されたい?」という質問と共に、本編シーンを元にした”キュン極映像”の拡散キャンペーンを実施している。現在で合計2万7000件を超える応募ツイートが投稿。また、公式ツイッターと公式インスタグラム、合わせてフォロワー数20万人を突破しており、ティーン女子たちの中では人気がうなぎのぼりとなっている。  映画『ひるなかの流星』は3月24日より全国ロードショー。

  • 永野芽郁&白濱亜嵐、映画『ひるなかの流星』撮影中の泥だらけツーショット※映画『ひるなかの流星』インスタグラム

    『ひるなかの流星』永野芽郁&白濱亜嵐、‬泥だらけでも「可愛すぎ」

    映画

     映画『ひるなかの流星』(3月24日より全国公開)の公式インスタグラムアカウントが4日に更新され、映画に出演しているる女優の永野芽郁と、GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が、二人とも泥だらけのTシャツ姿になっているツーショットを披露している。@@cutter 『ひるなかの流星』は、漫画家・やまもり三香の同名漫画を原作としたの実写化作品で、東京の高校に転校してきた田舎育ちの女子高校生・与謝野すずめ(永野)が、高校教師・獅子尾五月(三浦翔平)と、イケメンクラスメイト・馬村大輝(白濱)の間で恋に揺れ動く姿を描いたストーリー。  写真では、泥だらけで薄汚れた白いTシャツを着た永野と、上にジャージを羽織っているものの、同じく泥にまみれたTシャツを着た白濵のツーショットが披露されており、撮影中のものと思われる。  この写真には「2人とも可愛すぎかいな」「めいめい可愛すぎ」「めいちゃんだから許せる。亜嵐とめいちゃんでよかった」「この二人まぢ好き」と泥にまみれた姿もまんざらではないと喜ぶ声や「早く映画が見たい」と期待の声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/hirunaka_movie/

  • 三浦翔平、永野芽郁、白濱亜嵐『ひるなかの流星』完成披露試写会舞台挨に登場

    永野芽郁、初主演映画完成に「泣きそう」 三浦翔平&白濱亜嵐が優しく微笑み

    映画

     思い、思われの究極の三角関係を描いた映画『ひるなかの流星』の完成披露試写会舞台挨拶が2日に都内で行われ、出演する永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)、山本舞香、新城毅彦監督が登壇した。笑顔で舞台挨拶を行っていた一同だったが、締めの挨拶の際に、初主演となった永野は感極まって言葉が出ず「泣きそうだな…」と言いながら声をつまらせ、両隣に立つ三浦と白濱に温かく支えられていた。@@cutter 『ひるなかの流星』は、「マーガレット」で連載され累計212万部を突破した、やまもり三香による大人気同名コミックの映画化。田舎育ちでまだ恋を知らない女子高生・与謝野すずめ(永野)が、東京の転校先で出会った担任教師・獅子尾(三浦)と、イケメンのクラスメイト馬村(白濱)に挟まれ、初めての恋を経験し成長していく姿を瑞々しく描く。  胸キュンな台詞も登場する本作。特にイチ押しの台詞を聞くと、永野は「予告にも入っているんですけど、馬村が『お前、俺のこと好きになればいいのに』っていうところ。あそこは本当に胸キュン。あんなこと、普段言われないじゃないですか、ねえ?」と黄色い声援を送る観客に向かって話しかけた。すると、三浦も自分の台詞はさておき「やっぱり馬村がすずめにマフラーを巻いてあげるところが、私的にはちょっとキュンと!」と女子言葉で言うと、「女子目線!」と白濱が笑顔でツッコむ場面も。  “究極のクエスチョン”と題して、「もし恋人にするなら、A・まめに連絡をくれるけど束縛する人?B・なかなか連絡がつかないけど束縛しない人?」というお題が出されると、三浦と山本がAを挙げ、永野と白濱がBを挙げた。白濱は「束縛されるの、たぶんダメなので」とクールに言い放つも、すかさず三浦が「亜嵐、自分がマメに連絡するからでしょう?まじでLINEの返信、早いんです」とマメな一面を暴露した。どうやら真実のようで、白濱も笑顔で「すぐ返します(笑)」と同意していた。  『ひるなかの流星』は3月24日より全国公開。

  • 白濱亜嵐のおふざけショットに反響「ふざけてる、でもかわいい」 ※「白浜亜嵐」インスタグラム

    白濱亜嵐のおふざけショットに反響「ふざけてる、でもかわいい」

    エンタメ

     2日、映画『ひるなかの流星』の公式インスタグラムが更新され、出演している白濱亜嵐‬のオフショットが公開。おどけた白濱の姿を見たファンからは「ふざけてるwwでもかわいい」「あざとい!」などの反響があった。@@cutter 『ひるなかの流星』は、漫画家・やまもり三香が描く同名漫画の実写映画化作品。劇中では、東京の高校に転校してきた田舎育ちの女子高校生・与謝野すずめ(永野芽郁)が、一見するとチャラそうな教師・獅子尾五月(三浦翔平)と、女嫌いのクラスメイト・馬村大輝(白濱)の間で揺れ動く姿が描かれる。  「『※ふざけてません』 by ♯白濱亜嵐」と言葉が添えられ投稿された写真には、ロケ現場である教室の中で椅子に座りながら、両手を頬に当てておどけた表情を見せる白濱の姿が収められている。また、「明日は ♯山本舞香 ちゃんです」とも綴られているので、明日には山本のキュートな姿が見られるかもしれない。  写真を見たファンからは「あざとい!」「まじ可愛い」「かわいいから許す」「何でそんなカワイイの」「ふざけてるwwでもかわいい」などのコメントが寄せられている。

  • 白濱亜嵐、“小さくなった”山本舞香を指のせ? ※『ひるなかの流星』インスタグラム

    白濱亜嵐、“小さくなった”山本舞香を指のせ 「半端ないかわいさ」に反響

    エンタメ

     映画『ひるなかの流星』(3月24日より全国公開)の公式インスタグラムにて26日、映画に出演しているGENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が、同じく映画に出演している山本舞香を指の上で遊ばせている写真が公開された。@@cutter 本作は、やまもり三香作の同名漫画を原作とした映画作品で、東京の高校に転校してきた一人の田舎育ちの女子高校生・与謝野すずめ(永野芽郁)が、イケメン担任教師・獅子尾五月(三浦翔平)、そしてクラスメイトの馬村大輝(白濱)と織りなす恋愛模様を描いたラブストーリー。山本は、最初はすずめに意地悪をしながらのちに仲良しになるすずめのクラスメイト猫田ゆゆか役を務める。  この日の写真では、遠近法を利用し芝生の上でポーズをとる山本を、白濱が指の上に乗せる構図をとる姿に「ミニ舞香ちゃん! by白濱亜嵐」とのキャプションを添えて披露している。また、同アカウントでは27日に、逆に白濱を掌に乗せている山本の姿を写した写真に「亜嵐くん、乗れてないけど(笑) by山本舞香」とのメッセージを載せている。  この写真には「とりあえずあらんくんかわいすぎじゃね」「良いショット」「嫉妬で死にそう…」「この半端ないかわいさはなんですかっ!白濱ぁ」「かなり嫉妬するけどとりあえず可愛い」と白濱の姿を絶賛しながら、山本にジェラシーを燃やす声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/hirunaka_movie/

  • 白濱亜嵐、GENERATIONSメンバーと出演作鑑賞 ※『ひるなかの流星』公式インスタグラム

    白濱亜嵐、“ほんと仲良し”!GENERATIONSメンバー全員と出演作鑑賞へ

    エンタメ

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が、自身の出演作『ひるなかの流星』の試写をGENERATIONSメンバーと鑑賞したことを、同作の公式インスタグラムが写真付きで紹介。ポスターを囲み記念撮影する姿に、「ほんと仲良し」などの反響があった。@@cutter 『ひるなかの流星』は、漫画家・やまもり三香が描く同名漫画の実写映画化。東京の高校に転校してきた一人の田舎育ちの女子高校生・与謝野すずめ(永野芽郁)が、一見チャラそうな担任教師・獅子尾五月(三浦翔平)、そしてクラスメイトの馬村大輝(白濱)と織りなす恋愛模様を描く。  同映画のインスタグラムでは「メンバー全員で試写に来て頂きました!! #GENERATIONS #ひるなかの流星 #はやく逢いたい #3月24日公開 #白濱亜嵐」とハッシュタグを付け、メンバーとの集合写真を公開。  写真を見たファンからは「そのなかに入りたい」「ほんと仲良し」「この亜嵐ドストライク過ぎ」「安定のかっこよさですね」といったコメントが寄せられている。  『ひるなかの流星』は3月24日より全国公開。 引用:https://www.instagram.com/hirunaka_movie/

  • EXILE・ATSUSHI、インスタ開設にファンから歓喜の声! ※「ATSUSHI」インスタグラム

    EXILE・ATSUSHI、インスタグラム開設にファン歓喜「待ってました!」

    エンタメ

     ソロアーティストとしても活躍するEXILEのATSUSHIが、今月15日に自身のインスタグラムアカウントを開設。GENERATIONS from EXILETRIBEに所属する白濱亜嵐も自身のインスタグラムで紹介しており、ファンからも様々な“歓喜”の声が寄せられている。@@cutter 自身初めてとなるこの日の投稿でATSUSHIは、「みなさん、こんにちは!! オフィシャルのInstergram始めました!!」と勢いよくあいさつ。「これから、活動の内容やプライベートの写真、言葉など『♯atsuhizm』(アツシズム)として発信していきますので、なにとぞよろしくお願いいたします!!」とした。  また、後輩メンバーの白濱もATSUSHIのアカウントと同様のモノクロ写真と共に、先輩のインスタグラム開設についてコメント。「ATSUSHI saaaaan!!!!」と雄叫びを上げながら、「Let’s follow him!(彼をフォローしてください)」と、ファンへのメッセージを伝えた。  これに対して、両者のコメント欄には「あっちゃん待ってましたぁ」「やっぱりあっちゃんいなきゃ。繋がれる!」「待ってました~! 楽しみが増えた!」「あっちゃんインスタも。凄い凄い!」など、ようやくのインスタグラムアカウント開設に喜びの声が多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/exile_atsushi_official/

  • 『ひるなかの流星』Dream Amiが主題歌担当! 三浦翔平&白濱亜嵐に胸キュン予告公開

    『ひるなかの流星』主題歌にDream Ami決定! 三浦翔平&白濱亜嵐に胸キュン予告公開

    映画

     永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐が出演する映画『ひるなかの流星』の主題歌が、Dream Amiの歌う新曲「はやく逢いたい」に決定。また、主題歌が収録された“胸キュン”シーン満載の新予告編も公開された。@@cutter 『ひるなかの流星』は、2011年から2014年まで「マーガレット」(集英社)で連載され、女子中高生の“初恋のバイブル”として絶大な支持を集めた同名コミックが原作。永野演じる主人公・与謝野すずめの初恋が巻き起こす、担任教師・獅子尾(三浦)と、同級生・馬村(白濱)との三角関係や、ゆゆか(山本舞香)との友情など、恋に友情に奮闘する姿を描く青春ストーリー。    原作の大ファンだったというAmiは、今回自ら作詞を担当。Amiは「普段あまりマンガを読まないのですが、そんな私が久しぶりにはまったマンガで、先生に恋する感じもすごく共感できましたし、同級生とのちょっと幼い、初々しいドキドキもとても良いなと思いました」と、原作へ抱いていた思いを明かし、「感情移入して見ていた漫画が映画化されて、その主題歌に私を選んでいただいて、本当にすごく嬉しく思いました」と喜びもひとしおな様子。    また、作詞については“ヒロインのまっすぐな気持ち”を「ちょっとリアルな現実に重ねたイメージで歌詞を書かせていただきました」と語っている。    公開された新予告編は、獅子尾(三浦)の「好きだよ」、馬村(白濱)の「好きだ」という告白から始まる。学校の“先生”としての姿や、学校の外だと思われるラフな普段着にメガネを掛けた獅子尾の様子。そして、不意打ちですずめの頬にキスをしたり、「お前しかいない」とはっきり気持ちを伝える馬村など、三角関係が織りなす胸キュンシーンをAmiの歌声が彩る予告編となっている。  『ひるなかの流星』は3月24日より全国ロードショー。

  • 菅田将暉、福士蒼汰、神木隆之介、星野源 今年も活躍が期待できる年男の俳優たち

    菅田将暉、福士蒼汰、神木隆之介、星野源 今年も活躍が期待できる年男の俳優たち

    エンタメ

     生まれた年と同じ十二支を迎えた男性を指す年男。その年の歳神様のご加護を多く受けるために、縁起が良いとされている。そこで、2017年にさらなる活躍が期待できる年男を紹介。意外なあの人も実は年男なんです!@@cutter 2017年に24歳を迎える芸能人・俳優は実に多い。名前を挙げれば、Hey! Say! JUMPの山田涼介、GENERATIONS from EXILE TRIBE・白濱亜嵐、俳優の竜星涼、竹内涼真、太賀、成田凌と映画やドラマで今後も活躍が期待される俳優が揃っている。    幼い頃からテレビ・映画に出演し、「まだ若い」印象の強かった神木隆之介も、24歳になる。神木といえば、世界的にも大ヒットを記録した『君の名は。』で主人公の一人、立花瀧の声を担当し、2016年に大活躍した俳優の一人でもある。2017年も、『3月のライオン』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』と出演作の公開が目白押しで、勢いは衰えそうもない。  2016年に大躍進を遂げた俳優で年男といえば、菅田将暉も忘れてはならない。そもそも菅田は、2009年に放送された『仮面ライダーW』で桐山蓮とともにW主演を務め注目された、ライダー出身俳優だ。KDDI auのCM「三太郎シリーズ」で鬼ちゃん役を演じていることでも話題となった。  そんな菅田は、昨年実に9本の映画に出演。2017年は、松坂桃李とW主演する『キセキ-あの日のソビト-』、人気コミックの実写化で話題となっている『銀魂』など、すでに4本の映画の公開が決定している。さらに、昨年は石原さとみ主演で高視聴率を叩き出したドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』など3本のドラマにも出演。今年は、大河ドラマ『おんな城主 直虎』に井伊直政役での出演も決まっているほど、今、日本で一番忙しい俳優といっても過言ではないほどの出演本数だ。@@separator 24歳組には、現在、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が公開中の福士蒼汰も。2016年は、ドラマ『お迎えデス。』のほか、ドラマ1本とスローペースでの活動だったように思うが、今年はすでに出演映画の公開が4本決定している。木村拓哉主演・三池崇史監督作『無限の住人』、主演を務める大ヒットコミックの実写映画化作品『BLEACH』など、注目作が多数控えており、彼にも目が離せなそうだ。  36歳組には、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の“恋ダンス”で大ブームを巻き起こし、2度目の紅白出場を果たした星野源がいる。星野は、2003年にドラマ『WATER BOYS』に出演以降、数々のドラマ・映画に出演しつつ、音楽活動を行ってきたが、昨年、大河ドラマ『真田丸』での徳川秀忠役、そして『逃げ恥』での津崎平匡役でついに大ブレイク。星野は、シンガーソングライター、俳優としての顔以外にも、エッセイストやコラムニスト、そしてラジオパーソナリティーとしての顔も持ち合わせており、今年はどのような活躍が見られるのか、期待される。  また、このほかにも36歳組では窪塚俊介や斉藤工、48歳組では福山雅治やHIRO(EXILE)など芸能界にはまだまだ年男がいる。彼らの活躍にも注目したい。

  • 映画『ひるなかの流星』ポスタービジュアル

    『ひるなかの流星』本編映像解禁!バックハグ、頭ポン、床ドン…胸きゅん満載

    映画

     永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐((EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)が出演する、人気少女漫画の実写映画『ひるなかの流星』の本編映像が初解禁された。映像には、バックハグ、頭ポン、床ドン、手つなぎ登校など、“きゅん”としてしまうシーンが盛りだくさんとなっている。@@cutter 田舎でのんびりと暮らす高校1年生の与謝野すずめは、両親の海外転勤を機に叔父・諭吉に預けられることになった。転校先の高校で出会ったのは担任教師の獅子尾、一見無愛想なクラスメイト・馬村、誰にでも愛想の良いクラス一の美女・ゆゆか。  いつも助けてくれる獅子尾に、すずめは恋をする。獅子尾はすずめの真っ直ぐで純真な様子に惹かれながらも、教師の立場から素直になることができない。一方、馬村も最初は鬱陶しく感じるが、いつも明るく接してくれるすずめに惹かれる。さらにすずめは徐々にクラスに馴染んでいく中で、馬村を慕うゆゆかの想いに気づく。すずめ、獅子尾、馬村、ゆゆか。それぞれが、自分の気持ちに向き合い、相手の気持ちに向き合った時、迎えるエンディングとは…。  注目のキャスト陣には、与謝野すずめ役を永野が演じるほか、すずめが恋する担任教師・獅子尾五月役に三浦、すずめに惹かれていく“女子が大の苦手”なクラスメイト・馬村大輝役に白濱、女子力ナンバーワンのすずめのクラスメイト・猫田ゆゆか役を山本舞香が扮する。  公開された映像では、すずめのナレーションとともに、「先生に恋した」「同級生に恋された」と綴られたキャッチコピーが、甘くほろ苦いすずめの初恋を物語る。映像には、獅子尾のバックハグ、頭を撫でる頭ポン、そして馬村の告白や手つなぎ登校などの胸キュンシーン・セリフが満載。さらに、すずめと馬村が互いの顔を限界まで接近させた床ドンシーンと、原作の名場面も満載となっている。    『ひるなかの流星』は、2017年3月24日より全国ロードショー。

  • 永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐ら集合 『ひるなかの流星』クランクアップ に「素敵!」

    永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐ら集合 『ひるなかの流星』クランクアップ

    映画

     俳優・三浦翔平が、30日に自身のインスタグラムを更新。永野芽郁が主演を務める映画『ひるなかの流星』のクランクアップを、キャストやスタッフが一同に介した写真と共に報告した。@@cutter 映画『ひるなかの流星』は、やまもり三香の同名マンガを原作にした作品。両親の海外転勤を機に叔父が暮らす東京の学校へ通うことになった田舎育ちの女子高生・与謝野すずめ(永野)の恋模様を描く青春ストーリー。三浦は担任教師・獅子尾五月役として出演し、2017年3月24日より全国公開される。  この日の投稿では、同作のハッシュタグ付きで「お楽しみに!!」とメッセージを送った三浦。アップされた写真には「祝 ひるなかの流星 2016年11月23日 クランクアップ」という大きなパネルを正面にして、永野や三浦、GENERATIONSの白濱亜嵐らクラスメイトと、スタッフたちによる記念撮影の様子が映されている。  コメント欄では「撮影お疲れさまでした! 公開日まで楽しみにしています」とねぎらいの言葉が多数寄せられているほか、「乙女なストーリーもけっこうなおじさまたちが制作しているのね」と、現場の様子に対する感想もみられる。また、「わたしも翔平と先生と生徒ごっこしたい」「ししお先生の笑顔見れた! 素敵!」と、その配役をうらやむ声も寄せられている。

  • 白濱亜嵐、三浦翔平からの“胸タッチ”に満面の笑み

    白濱亜嵐、三浦翔平からの“胸タッチ”に笑顔 ファンからは「触られて嬉しそう」

    エンタメ

     俳優の三浦翔平とEXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が共演する、映画『ひるなかの流星』(2017年3月24日公開)の公式インスタグラムにて23日、2人のツーショット写真が公開された。写真は、三浦が白濱の胸に手を当てる姿が収められており、白濱の笑顔をみたファンから「亜嵐くん触られて嬉しそう」などの反響が寄せられている。@@cutter 『ひるなかの流星』は、漫画家・やまもり三香が描く同名漫画の実写映画化作品。劇中では、東京の高校に転校してきた一人の田舎育ちの女子高校生・与謝野すずめ(永野芽郁)が、三浦演じる教師・獅子尾五月と、白濱演じる女嫌いのクラスメイト・馬村大輝の間で揺れ動く姿が描かれる。  同アカウントで投稿された写真には、「11月23日は『いい兄さんの日』です」と言葉を添えられており、白濱の胸に手を当てる三浦が意味深な表情を浮かべる一方で、白濱は満面の笑みを見せている。写真を見たファンからは、「どこ触っとんねん(笑) 亜嵐なにわろとんねん (笑)」「破壊力やばいです」「喜んじゃって」「亜嵐くん触られて嬉しそう」などの反響があった。

  • 小森隼と白濱亜嵐のツーショットにファン歓喜

    小森隼&白濱亜嵐、歌番組後に2ショット「最高に好きなツーショット」とファン歓喜

    エンタメ

     GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーである小森隼が18日、自身のインスタグラムを更新し、同グループで共に活躍している白濱亜嵐との2ショットを披露。ファンからは「最高に好きなツーショット」など歓喜の声が寄せられている。@@cutter 小森は同グループとして出演した音楽番組『MUSIC STATION』で新曲の『PIERROT』を披露した後に撮影した白濱との2ショットを披露。ハッシュタグで「#アラン君#この後撮影頑張って下さい#応援してます!!!!#もしあれだったら#coffee#持って来ます」とハッシュタグを添え、白濱にエールを送った。  写真を見たファンからは、「このふたりの表情どストライク」「仲良し大好き微笑ましい」「ステお疲れ様でしたぁぁ!!!ジェネ最高です!!!」「最高に好きなツーショット」と絶賛と興奮の声があつまっている。

  • 白濱亜嵐、山本舞香にハマり中? 指さし2ショット写真公開

    白濱亜嵐、山本舞香にハマり中? 指さし2ショット写真公開

    エンタメ

     永野芽郁主演、三浦翔平&白濱亜嵐共演の映画『ひるなかの流星』公式インスタグラムにて10日、先日本作に出演することが発表された山本舞香と白濱の2ショット写真が公開された。写真には、白濱が山本にハマっている事が明かされ、「このコンビ最高」などのコメントが寄せられている。@@cutter 『ひるなかの流星』は、漫画雑誌「マーガレット」(集英社)で連載されていた人気コミックの映画化作品。劇中では、東京の高校に転校してきた田舎育ちの与謝野すずめ(永野芽郁)が、一見チャラそうな担任教師・獅子尾五月(三浦翔平)と、“女子が大の苦手”なクラスメイト・馬村大輝(白濱)との間で揺れ動く姿が描かれる。  山本が演じるのは、原作ファンの間でも人気が高い、女子力ナンバーワンのすずめのクラスメイト・猫田ゆゆか。ゆゆかは白濱扮する馬村に想いを寄せているため、劇中ではすずめとたびたび衝突するものの、友人として心を通わせていくキャラクターだ。  投稿された写真には、笑顔を浮かべる山本と、山本を指さす白濱の姿が。「個人的にゆゆか役どハマりですby 白濱亜嵐」という一文も添えられており、白濱はすっかり山本に「ハマっている」様子。ファンからは、「この2ショット好き!」「このコンビ最高!!2人とも大好き」「ひるなか読み返したけど、亜嵐も舞香ちゃんもどストライク!」などのコメントが挙がった。

  • 白濱亜嵐、「チワワ並み」のカワイさにキュン死者続出!?

    白濱亜嵐、恥じらいながらの可愛い横顔に「俺はチワワかっ!」

    エンタメ

     映画『ひるなかの流星』(2017年3月24日公開)の公式インスタグラムアカウントにて6日、本作に出演している白濱亜嵐の待ち時間のオフショットを公開。若干の恥じらいを見せる白濱の表情に、「可愛いすぎ」「鼻血でそう」と反響の声が多く寄せられている。@@cutter 『ひるなかの流星』は、人気漫画の実写映画化で東京の高校に転校してきた一人の田舎育ちの女子高校生・与謝野すずめ(永野芽郁)が、三浦翔平演じる教師・獅子尾五月と、白濱演じる女嫌いのクラスメイト・馬村大輝の間で揺れ動く姿が描かれる。  マフラーを首に巻いた白濱の写真とともに、「撮影の待ち時間。『俺はチワワかっ!』と言いながらも写真を撮らせてくれる亜嵐くん」とオフ時の白濱の様子をコメントで綴られており、更に「でも恥ずかしくてマフラーでちょっと隠す」「自身も認める可愛さ」と白濱の若干の恥じらいがタグ付けによって表現されている。  この写真には「あらんくーーーん!!美人さん!!」「鼻血でそう」「亜嵐…可愛いすぎる」「絶対犬飼う時はチワワより亜嵐ん」「やばいです。きゅん死」「死亡寸前。いやもう死亡」と白濱のあまりの愛らしさに萌えたという反響が続出している。

  • 猫田ゆゆか役の山本舞香

    山本舞香、『ひるなかの流星』出演決定 永野芽郁、白濱亜嵐と三角関係に!?

    映画

     女優の山本舞香が、永野芽郁が初主演する映画『ひるなかの流星』出演することが決定。女子力ナンバーワンの女子高生として出演する山本は「細かなところまで考えて演じたいと思います」と意気込みを語っている。@@cutter 本作は、永野演じる主人公の女子高生・与謝野すずめが、一見チャラそうな担任教師・獅子尾五月(三浦翔平)、そしてクラスメイトの馬村大輝(白濱亜嵐)と織りなす恋愛模様を描く作品。山本が演じるのは、原作ファンの間でも人気が高い、女子力ナンバーワンのすずめのクラスメイト・猫田ゆゆかだ。  山本は、馬村に想いを寄せており、恋敵のすずめと何度もぶつかってしまうものの、次第に友人として心を通わせていくという自身の役柄に絡めて、「猫田ゆゆかは、友達思いで負けず嫌い、女子力の高い子なので、細かなところまで考えて演じたいと思います」とコメント。  メガホンを取る新城毅彦監督については、「今回初めてご一緒させて頂きますが、リハーサルの時から自分なりに考えた芝居を見てくださるので、撮影中も色々と相談しながら、キャストの皆さん、スタッフの方々と素敵な作品になるよう頑張ります」と語り、「すずめとゆゆかの友情関係も楽しみにしていてください!」とも話している。  映画『ひるなかの流星』は2017年3月24日全国ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access