内田真礼 関連記事

  • TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』、新作アニメが2020年劇場公開決定!

    『ゴブリンスレイヤー』新作アニメ、2020年劇場上映決定 最新PV解禁

    アニメ・コミック

     シリーズ累計500万部を突破した『ゴブリンスレイヤー』の新作アニメーション『ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN』が、2020年に劇場上映されることが決定。併せて公開されたティザーPVには、行方不明になった冒険者の捜索に繰り出すゴブリンスレイヤー、ゴブリンに囚われた女性の新キャラクターも登場している。@@cutter アニメ『ゴブリンスレイヤー』の原作は、著・蝸牛くも、キャラクター原案・神奈月昇によるGA文庫の人気作品。辺境のギルドには、怪物の一種・ゴブリンの討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰め、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男がいた。彼は手段を選ばず、手間を惜しまずゴブリンだけを退治していくのだった…。  2018年10月からTVアニメが放送された本作。今月26日に行われた「TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』スペシャルイベント~GUILD PARTY 2019~」で、新作アニメーションのティザーPVがお披露目となった。  映像には、極寒の山岳地帯へ、消えた冒険者を助けに向かうゴブリンスレイヤー。さらに、囚われた新キャラクターに加え、おなじみの女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶の姿も収められている。  また新作エピソードでは、TVアニメから引き続き、梅原裕一郎、小倉唯、東山奈 央、井口 裕香、内田真礼、中村悠一、杉田智和、日笠陽子、松岡禎丞といった豪華キャストが出演する。  新作アニメーション『ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN』は、2020年新宿バルト9他にて上映。

  • TVアニメ『MIX(ミックス)』キービジュアル第2弾公開!

    アニメ『MIX』、内田雄馬、花澤香菜、高木渉ら出演決定 キービジュアル第2弾も公開

    アニメ・コミック

     4月から放送されるTVアニメ『MIX(ミックス)』より、追加キャストとして、花澤香菜、内田雄馬、内田真礼、高木渉、井上喜久子の出演が決定し、あわせてキービジュアル第2弾も公開された。実の弟と兄妹役を演じることとなった内田真礼は「実際は…役に入ってしまうとそんなこと忘れて没頭してしまう気もします」とコメントを寄せている。@@cutter 『MIX(ミックス)』は、あだち充が「ゲッサン」(小学館月刊少年サンデー)で連載中のコミックが原作。あだちによる大人気コミック『タッチ』の舞台となった明青学園の約30年後が描かれる。コミックスは13巻までで、累計発行部数750万部以上を記録している。  TVアニメ版のキャストには、先日発表された立花投馬役の梶裕貴に加え、親の再婚によって投馬と家族になる立花走一郎役の内田雄馬、立花音美役の内田真礼、そして投馬の実父・立花英介役の高木渉、走一郎と音美の実母・立花真弓役の井上喜久子が出演。さらに、幼い頃、投馬に会っていたという新体操の選手・大山春夏役は花澤香菜が担当する。  出演について内田雄馬は「自分も身体を鍛えて、任された大役を果たさねばと思っています!」とコメント。内田雄馬の実の姉である内田真礼は、弟との兄妹役での出演について「不思議な感じです!まだアフレコが始まっていませんが、実際は…役に入ってしまうとそんなこと忘れて没頭してしまう気もします」と語っている。  また花澤は、「野球観戦や野球を描く作品が大好きなのでとても嬉しかったです。ただ、原作を読ませていただいて、春夏ちゃんに憧れを抱いている方がたくさんいらっしゃるのだろうと思い、責任重大だと感じています」と思いを露わにした。  高木は「オーディションではなく、立花英介役をお願いしますと直接お話をいただいたので、嬉しさと共にその期待に応えなくてはと気持ちが引き締まりました。井上喜久子さんとの夫婦役も楽しみです」と明かす。一方、井上は自身が演じるキャラクターについて「辛い過去があったにせよ、明るく前向きに生きている元気で魅力的な母です♪彼女の今の家族を大切に想う気持ちにまっすぐ向き合いたいと思います」と意気込みをアピールしている。  TVアニメ『MIX(ミックス)』は、4月6日より読売テレビ・日本テレビ系にて毎週土曜17時30分放送。(※一部地域を除く)

  • 『あした世界が終わるとしても』キャスト写真

    『あした世界が終わるとしても』梶裕貴&内田真礼ら主要キャスト発表

    アニメ・コミック

     アニメ『イングレス』(フジテレビ系/毎週水曜24時55分)などで知られる、クラフタースタジオが手がけるオリジナル長編アニメーション映画『あした世界が終わるとしても』の主要キャスト6名が発表。主人公・狭間真役には梶裕貴、ヒロイン・泉琴莉役は内田真礼に決定した。@@cutter 本作の制作は、独自のアニメーション技法「スマートCGアニメーション」など、最新のデジタル技術を活用したアニメを制作するクラフタースタジオが担当。監督・脚本を務めるのは17日から放送がスタートしたアニメ『イングレス』でテレビシリーズ初監督を務める櫻木優平。本作が、櫻木監督初のオリジナル長編アニメーション映画となる。主題歌と挿入歌は、シンガー・ソングライターのあいみょんが担当し、アニメーション映画の主題歌を初めて手がける。  物語の主人公は心を閉ざしがちな真と、彼をずっと見守ってきた幼なじみの琴莉。2人が高校3年生になり、ようやく一歩踏み出そうとしていた矢先、もう1つの日本から、もう1人の「僕」が現れることから始まる。  キャストには主演の梶、内田に加え、人気・実力共にトップを走る声優陣が集結。「もうひとつの日本」からやってきた「僕」=ジン役に中島ヨシキ、琴莉に瓜二つの公女・コトコ役に千本木彩花、謎の少女・ミコ役に悠木碧、リコ役として水瀬いのりの出演が決定。未だ多くの謎に包まれたキャラクター達の続報に期待が高まる。  映画『あした世界が終わるとしても』は、2019年1月25日公開。

  • アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』キービジュアル

    TVアニメ『青春ブタ野郎』、主題歌入りPVが到着&先行上映会開催

    アニメ・コミック

     10月スタートのテレビアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の主題歌が、3人組ガールズロックバンドthe peggies(ザ・ペギーズ)の新曲『君のせい』に決定。同曲が流れる最新PVが公開された。また主演の石川界人らが登壇する先行上映会の開催も決定した。@@cutter 本作は、ライトノベル『さくら荘のペットな彼女』でタッグを組んだ鴨志田一と溝口ケージによる『青春ブタ野郎』シリーズを原作とした作品。空と海の輝く町「藤沢」を舞台に、高校2年生の主人公・梓川咲太(石川)が謎の現象“思春期症候群”を引き起こした桜島麻衣ら少女たちと出会い、そこから不思議な物語が展開していく。  制作は、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などで知られるA‐1 Picturesが立ち上げた新ブランド・CloverWorksが担当。監督の増井壮一、構成・脚本の横谷昌宏といった実力派が集い、切なくも瑞々しい思春期ファンタジーを感情豊かに描き上げる。  今回公開となった第2弾PVでは、梓川とバニーガール姿の少女との出会い、さらに物語のキーとなる“心揺れる少女達”もボイス付きで描かれた。また、the peggiesによるオープニング主題歌『君のせい』も流れる内容となっている。  主題歌に決定したthe peggiesのボーカル&ギター、北澤ゆうほは「『君のせい』は麻衣ちゃんに気持ちを寄せて歌詞を書きました。麻衣ちゃんと咲太の縮まっているようで縮まっていないような絶妙な距離感を描きたいなと思いました。私自身、麻衣ちゃんの不器用で強がりな性格に共感する部分が多くあったので、とても自然に感情移入する事が出来て、素直な気持ちで歌う事も出来ました」と、楽曲をアピールしている。  また、9月15日には、本作の第1話・第2話の先行上映会が109シネマズ湘南、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で開催。主演の石川をはじめ、瀬戸麻沙美、東山奈央、内田真礼、久保ユリカといった主要キャストが登壇する予定となっている。  テレビアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』は、TOKYO MXにて10月6日より毎週土曜23時30分放送。

  •  TVアニメ『約束のネバーランド』GFハウス脱獄まで描く キャストも解禁

    TVアニメ『約束のネバーランド』GFハウス脱獄まで描く キャストも解禁

    アニメ・コミック

     2019年1月より放送開始となるTVアニメ『約束のネバーランド』のメインスタッフ・キャスト情報とティザービジュアルが公開された。さらに本作は、原作で人気のエピソード”グレイス=フィールドハウス脱獄”まで描かれることが明らかとなった。@@cutter 『約束のネバーランド』は、原作・白井カイウ、作画・出水ぽすかによる、「週刊少年ジャンプ」で連載中のコミックが原作。森の中に存在する小さな孤児院「グレイス=フィールドハウス」を舞台に、ささやかながらも幸せな毎日を送る主人公・エマ、ノーマン、レイの3人が孤児院の秘密を知ることから始まる脱獄ファンタジーだ。  フジテレビ“ノイタミナ”ほかにてアニメが放送される本作はメインキャストとして、エマ役に諸星すみれ、ノーマン役を内田真礼、レイ役を伊瀬茉莉也が演じることを発表。スタッフには、監督を『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』『君と僕。』シリーズを手掛けた神戸守、シリーズ構成には『青の祓魔師 京都不浄王篇』『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』の大野敏哉、キャラクターデザインは『ヤマノススメ』の嶋田和晃、音楽は『僕のヒーローアカデミア』の小畑貴裕、アニメーション制作は『ダーリン・イン・ザ・フランキス』『PERSONA5 the Animation』のCloverWorksが担当する。  また公開されたティザービジュアルには、エマ・ノーマン・レイをはじめとした「グレイス=フィールドハウス」の子どもたちと、ハウスを仕切るママ・イザベラとその補佐のシスター・クローネ、計13名が描かれている。  TVアニメ『約束のネバーランド』は2019年1月より、フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送。

  • TVアニメ『ぐらんぶる』 内田雄馬、木村良平らキャスト陣発表

    TVアニメ『ぐらんぶる』  内田雄馬、木村良平らメインキャスト発表

    アニメ・コミック

     内田雄馬、木村良平ら人気声優8名が、今夏放送されるTVアニメ『ぐらんぶる』に出演することが明らかになった。今回の決定に内田は「ハイテンションでアニメ『ぐらんぶる』を楽しんでいきたいと思います!」とやる気十分なコメントを寄せている。@@cutter 『ぐらんぶる』は、コミックス累計200万部突破の青春ダイビング漫画。水が苦手な大学生の北原伊織を主人公に、彼が仲間たちと共に“水の中”という新世界を体感していく姿を描く。TVアニメ化に当たっては『DIVE!!』を制作したアニメーションスタジオ・ゼロジーのもとに『銀魂』『男子高校生の日常』の高松信司監督をはじめとした精鋭スタッフが集結した。  水が怖くて泳げないという主人公・北原伊織を内田雄馬演じる。内田は「豪快なテンションで進んでいく作品ですが、これをアニメでどう皆さんにお伝えしていくのか、どう映像化されていくのか、自分も今からすごくワクワクしています!!」と作品への意気込みについてコメント。  伊織に騙されてダイビングサークルに加入する金髪のオタク青年・今村耕平を演じるのは木村良平。今村は「とびきりの環境とダイビングとの出会いが、人生を変える。羨ましすぎる青春に、芝居という形で加われることが幸せでなりません」と意欲的な言葉を寄せている。  また第1弾キャストとしてダイビングサークル「Peek a Boo」のメンバーの配役が決定。サークルの会長・時田信治役には安元洋貴、主人公がダイビングに興味を持つきっかけを作る寿竜次郎役には小西克幸をキャスティング。  さらに女性キャラクターが、主人公のいとこ・古手川千紗役に安済知佳、千紗の姉・古手川奈々華役には内田真礼、他校ながら「Peek a Boo」に参加している浜岡梓役に行成とあ、女子大生・吉原愛菜役に阿澄佳奈が決定している。  そしてキャストの決定と併せて、キービジュアル第1弾も解禁。「Peek a Boo」の個性豊かなメンバーが集まった爽やかなデザインに仕上がっている。  TVアニメ『ぐらんぶる』は今夏放送。

  • 『Cutie Honey Universe』第2話場面写真

    『Cutie Honey Universe』第2話場面写真解禁 内田真礼からコメント到着

    アニメ・コミック

     先週から放送がスタートしたTVアニメ『Cutie Honey Universe』の第2話場面写真が公開された。第1話では、ハリケーンハニー役を内田真礼が演じていることが明らかになったが、本日放送の第2話ではハニーの生みの親である如月博士が登場するほか、謎の捜査官ジュネも第1話に続き姿を見せる。@@cutter 『Cutie Honey Universe』は、原作者・永井豪50周年を記念し、『キューティーハニー』を新たなスタッフと共に描くTVアニメ。坂本真綾がキューティーハニー/如月ハニーを担当するほか、第1話で内田真礼がハリケーンハニーを演じていることが発表された。また、今後のエピソードでフラッシュハニー、ファンシーハニー、ミスティーハニー、アイドルハニーを黒沢ともよ、田村ゆかり、花澤香菜、三森すずこらがそれぞれどの“ハニー”を演じているのかが発表される。    ハリケーンハニー役の内田は「ハリケーンハニーは登場時、どこかに向かってバイクに乗っている事が多かったので、危機に駆けつけるヒーロー担当だと思って演じていました」とアフレコ時を振り返る。また、今後明らかになっていく“ハニー”について「変身するたびにわくわくする、2018年版キューティーハニー!楽しんでご覧ください!」とコメントを寄せている。  そして本日放送の第2話のタイトルは「あなたに出会えた事の心からの喜び」。ジュネとハニーのやりとりから始まる今回。「如月博士はお前に何を遺したのだ?」と、ジュネにそう聞かれたハニーは、父を殺され、自分の正体を知った“あの日”を思い出す。普通の女子高生として過ごしていた日常が、突如として戦いの日々に変わったあの日。博士がハニーに遺した言葉とは…。  公開された第2話場面写真は計5枚。ハニーの生みの親である如月博士がハニーを抱きしめている1枚や、第1話でその正体がシスタージルであることが明らかになったPCISの捜査官ジュネが、第2話もハニーのそばに寄り添い、味方を装っている姿が確認できる。  TVアニメ『Cutie Honey Universe』は、TOKYO MXにて毎週月曜日19時より放送。ほかAT‐X、J:COMテレビ等にて放送。

  • (左から)中村悠一、諏訪部順一、前野智昭

    <AJ2018>中村悠一、新作アニメで「“ママ”度が上がった」

    アニメ・コミック

     「ジェンコ新作アニメステージ ‐『鹿楓堂よついろ日和』『この世の果てで恋を唄う少女 YU‐NO』‐ 」が、東京ビッグサイトにて開催中のAnimeJapan 2018内にて行われた。同ステージには、 『鹿楓堂よついろ日和』 から、諏訪部順一(スイ役)、中村悠一(ときたか役)、前野智昭(八京役)。 そしてオープニング主題歌『桜色クリシェ』を担当するakiが登壇。さらに『この世の果てで恋を唄う少女‐YU‐NO』からは、小澤亜李(ユーノ役)、林勇(有馬たくや役)、釘宮理恵(島津澪役)、内田真礼(波多乃神奈役)らが登壇。総勢8名のキャストによるトークショーが行われた。@@cutter 名作アドベンチャーゲームを世に送り出した菅野ゆきひこさんの同名代表作『この世の果てで恋を唄う少女 YU‐NO』をTVアニメ化する本作。父と母を無くした主人公・有馬たくやとたくやの前に現れた謎の少女。彼女との出会いにより始まる、並列世界を駆け巡る旅を描く。  一方、『鹿楓堂よついろ日和』は、和風喫茶“鹿楓堂”を舞台に、店主でお茶担当のスイ、ラテアート担当のぐれ、料理担当のときたか、スイーツ担当の椿。それぞれのスペシャリスト4人が織り成すハートフルストーリーが描かれる。  イベントは『この世の果てで恋を唄う少女 YU‐NO』を、『ゼロから始める魔法の書』のほか数多くの作品を手掛ける平川哲生がメガホンをとることが明らかとなり、その平川監督からメッセージVTRが到着。広大な世界観を再現したという本作の見どころを熱弁し“増し増し”要素をいくつか取り入れたと語る。その“増し増し”の中でも“ツンデレ増し増し”という釘宮演じる島津澪。釘宮は「アニメではどんな風に描かれていくのか楽しみにしています」と期待に胸を膨らませた。  『鹿楓堂よついろ日和』のステージでは、諏訪部、中村、前野が収録時を振り返った。中村は、お母さん的ポジションのときたかを演じたことで「“ママ”度が上がった」と口にし、会場から笑いを誘った。また、店主でありリーダー的ポジションのスイを演じた諏訪部は「穏やかな気持ちになれるような素敵なドラマです」と魅力を語り、老若男女問わず楽しめる作品だとアピールしている。  『この世の果てで恋を唄う少女 YU‐NO』は、2018年より2クールで放送予定。『鹿楓堂よついろ日和』は、4月10日よりAT‐Xにて、TOKYO MXで4月11日より放送。

  • 時を巡るRPGアプリ『23/7 トゥエンティ スリー セブン』

    内田雄馬×内田真礼、姉弟でRPGアプリ『23/7』の主人公とヒロインに!

    アニメ・コミック

     内田雄馬と内田真礼が、姉弟で主人公とヒロインを担当するスマートフォン向けRPGゲームアプリ『23/7 トゥエンティ スリー セブン』が今冬に配信することが決定した。同作は、豪華クリエイター陣とKADOKAWA協力による完全オリジナルであり、構想から約2年を経て、人気イラストレーターの凪良やlack(ラック)らが集結する。@@cutter 本アプリは、世界中の時計から消滅した「9時」を巡るファンタジーRPG。1日が23時間となったにも関わらず、気が付かずいつも通りの日々を過ごす人びと。一方、普通の高校生の神名ヒカリは、「1時」から「12時」の時間を司る時を操る能力を持つ守護者“クロッカーズ”の戦いに巻き込まれ、失われた「9時」を取り戻すため旅立つことに…。  異次元の軍勢による戦争に巻き込まれた高校生の主人公・ヒカリを演じるのは、内田雄馬。現代の地球世界が存在する次元・バース7の主契約者であり、クロッカーズと共に他次元からの侵略を防ぐため戦うヒロイン、ウルズ・エヴェレットを内田真礼が演じる。  また、KADOKAWAの協力によるゲームシナリオに加えて、『ヘヴィーオブジェクト』『アルトネリコ』などを手がけた凪良、『Fate/Grand Order』『デュエル・マスターズ』などに参加するlackらがイラストを手がけるキャラクターたちが、アプリの世界観をさらに彩る。  RPGゲームアプリ『23/7 トゥエンティ スリー セブン』は、2017年冬配信予定。

  • TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』ビジュアル&PV解禁

    『進撃の巨人』チーム最新作、TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』ビジュアル&PV解禁

    アニメ・コミック

     アニメ『進撃の巨人』などで知られる荒木哲郎監督による新作オリジナルアニメーション『甲鉄城のカバネリ』が、2016年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほか各局にて放送決定。さらに、第一弾キービジュアル、PV、メインスタッフ・キャスト情報が発表となった。@@cutter 本作のスタッフは、荒木監督を筆頭に、『進撃の巨人』や『屍者の帝国』を制作したWIT STUDIO、シリーズ構成として『プラネテス』『コードギアス』の大河内一楼、キャラクター原案に『機動戦士ガンダム0080』『超時空要塞マクロス』の美樹本晴彦を迎える豪華スタッフが集結。  キャストには、主人公・生駒役として畠中祐、ヒロイン・無名役に千本木彩花、その他のキャストとして内田真礼、増田俊樹、梶裕貴、沖佳苗、伊瀬茉莉也、逢坂良太、佐藤健輔、宮野真守ら人気声優陣が脇を固める。  本作で描かれるのは、蒸気機関が発達した島国「日ノ本(ひのもと)」を舞台に、鋼鉄の心臓を持つ生ける屍「カバネ」と人との生き残りを懸けた戦い。装甲蒸気機関車「甲鉄城」に乗り込み、少年少女らが「カバネリ」に立ち向かうスチームパンク・サバイヴ・アクション作品だ。  TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』は、2016年4月より“ノイタミナ”ほかにて放送開始。また、“ノイタミナ”史上初の試みとして、2016年4月放送直前に、特別先行版『甲鉄城のカバネリ 序章』を2016年3月18日より全国10館の劇場にて1週間限定で劇場上映決定。3月19日にはキャスト舞台挨拶付きのプレミア上映会が開催される。

  • Fuji&gumi Gamesの新作発表会にて

    <TGS 2015>FgG名誉会長に大久保佳代子就任! 声優・内田真礼、小松未可子らと新作ゲームをPR

    アニメ・コミック

     幕張メッセにて開催中の「東京ゲームショウ2015」で20日、『ファントム オブ キル』を手掛けるFuji&gumi Games(FgG)の新作発表会が行われ、FgGの名誉会長に就任したお笑い芸人の大久保佳代子、新作ゲーム『シノビナイトメア』で声優を務めた内田真礼、小松未可子、高橋未奈美、優木かな、そして今泉潤プロデューサーが登壇した。@@cutter 『ファントム オブ キル』が250万ダウンロードを記録したFgGが新たにこの秋に発表したゲームは、タクティクスRPG『誰ガ為(たがため)のアルケミスト』とダンジョン探索型“大河”RPG『シノビナイトメア』。共に「豪華クリエイターが製作に参加している」と今泉プロデューサーは自信をのぞかせる。  そんなイケイケの会社の会長職に就任した大久保は「私が走った27時間テレビのマラソンを種田(慶郎)社長が見て感動したというのが表向きのオファーですが、実際は私の体が目当てなんでしょうね。私はそういう仕事の取り方してますからね」といつもの大久保節を披露し会場を盛り上げる。  さらに「ゲームは好きなのか?」という疑問が飛ぶと「実際あまりゲームをやらないので不安ですよ」と本音を漏らすも「社員1人1人とスキンシップを取りながらセクハラまがいにやっていきたいです」と最後まで笑いに特化したコメントで場内を沸かせていた。  そんな中、新作ゲームの話題は真面目そのもの。『シノビナイトメア』でメインキャラクターを務める人気声優たちがそれぞれの役柄や魅力をビシッと説明。サクラ役の内田は「格好いい作品ですが、サクラは明るくみんなを引っ張っていく役なので、そういう部分が出るように意識しました」と役作りについて語ると、ユリ役の優木は「4人の中ではお姉さんなので、朗らかな感じでみんなを導く感じです」と説明。  キキョウ役の小松は「感情を表に出さないクールな感じですが、アメとムチを使い分けるようなギャップが楽しめます」とアピールするとヒイラギ役の高橋は「おっとりしている風に見えますが、二面性があるんですよ」とキャラクターの奥深さを言及。新作ゲームを期待するファンは4人のトークに聞き入っていた。

  • 『Charlotte』最新キービジュアルが解禁

    TVアニメ『Charlotte』最新ビジュアル&予告編解禁 放送日時も決定

    アニメ・コミック

     人気シナリオライター・麻枝准による最新TVアニメシリーズ『Charlotte(シャーロット)』の最新キービジュアルと第1話予告編が解禁。また、放送日時も発表となったほか、ニコ生特番の開催も決定した。@@cutter 主人公は、思春期の少年少女のごく一部に発症する特殊能力を、人知れず駆使し、順風満帆な学園生活を送る乙坂有宇。ある日、突如現れた少女・友利奈緒との出会いにより、特殊能力者の宿命が動き出す…。『Angel Beats!』から5年、麻枝准が原作・脚本を手掛けるTVアニメーション第2弾。  今回解禁となったキービジュアルは、主人公・乙坂有宇(CV:内山昂輝)をはじめ、友利奈緒(CV:佐倉綾音)、高城丈士朗(CV:水島大宙)、西森柚咲(CV:内田真礼)、乙坂歩未(CV:麻倉もも)の姿が描かれたものと、どこかの施設らしき場所で目を光らせる謎の二人の人物を描いた、印象の違う2種類だ。  第1話はTOKYO MXにて7月4日24時よりスタートするほか、とちぎテレビ、群馬テレビ、チバテレ、tvk、テレ玉、MBS、チューリップテレビ、CBCテレビ、BS11でも放送決定。それに伴い公開された第1話予告編では、内山昂輝の一人語りに合わせて様々な場面が展開し、麻枝の描く新たな物語への期待がますます高まる。  また、6月29日19時からは、『Charlotte』ニコ生特番が放送。メインキャストである内山昂輝、佐倉綾音、水島大宙と共に、作品の予習ができる1時間だ。さらに、物語やキャラクター紹介、制作現場の様子、スタッフ・キャストからのメッセージなどをお届けする「『Charlotte』放送直前特番」も放送決定。詳細は公式サイトまで。

  • 『GATCHAMAN CROWDS insight』記者会見の様子

    『GATCHAMAN CROWDS』宮野真守、“笑いのアドリブ”宣言に「覚悟していて!」

    アニメ・コミック

     都内で行われたTVアニメ『GATCHAMAN CROWDS insight』の記者会見に内田真礼、石原夏織、逢坂良太、村瀬歩、梅原裕一郎、宮野真守、花澤香菜ら人気声優陣が集結し、作品へ意気込みを語った。また、この日は主題歌を手掛けるロックバンドのWHITE ASHも出席した。@@cutter 2013年に放送された『GATCHAMAN CROWDS』の第2期『GATCHAMAN CROWDS insight』は、7月より日本テレビほかにて放送が決定。監督『C』『つり球』の中村健治が務める。  前作の主題歌も手掛けたWHITE ASHが登場し、オープニング主題歌「Insight」の生演奏を披露した。ボーカルののび太が「今回も歌わせていただいて光栄です。作品のテーマをくみ取って自分たちらしさも加え、作品の世界観にあったものを作りました」と楽曲への思いを伝えた。  続いてキャスト陣が登場。第1期から出演しているキャスト陣から、今回から参加する第2期メンバーにアドバイスが送られた。主役の一ノ瀬はじめ役の内田は、宮野から「先輩風吹かせよ」とあおられながら、「“ガッチャ”のポーズがありますが間違えないように」と笑顔でコメント。  また、橘清音役の逢坂は「宮野さんの笑いのアドリブだけには気をつけて!」とアドバイス。すかさず、宮野は「今回も笑いの渦に巻き込んで行きたい。覚悟していて!」と返し、ほかのメンバーを笑わせた。宮野はまさに現場のムードメーカーのようだ。さらに宮野は「前作は、監督とリアルタイムで作り上げた感がある。どんどんチャレンジして、自分のキャラをより魅力的に出来る現場だと思う」と語った。  先輩たちからアドバイスをもらった第2期メンバーで、三栖立つばさ役の石原は「今回のキャラは自分と共通する部分が多くて、運命的だなって…」と目を輝かせ、大学生・鈴木理詰夢役の梅原は「始めての悪役に挑戦。やってみたかったので、うれしかった」と笑顔。また、不時着した宇宙船に乗っていた地球外生命体・ゲルサドラ役を演じる花澤は「宇宙人役と聞いて、すごくうれしかった。想像を膨らませて臨みたい」と抱負を語っていた。  テレビアニメ『GATCHAMAN CROWDS insight』は、日本テレビほかにて7月より放送。

  • 内田真礼“モンハン”最新作に出演「新しい一面をお見せできれば」

    内田真礼“モンハン”最新作に登場、ハンターギルド調査員役で「探検のお供をします」

    アニメ・コミック

     ファン待望の“モンハン”シリーズ最新作『モンスターハンター エクスプロア』(MHXR)が2015年、Android/iOS端末向けのスマートフォンゲームとしてカプコンから配信される予定。本作でハンターギルドの調査員「エリザ」を演じ、発売に先駆けすでに体験プレイも行なったという声優・内田真礼に話を聞いた。@@cutter 本作は、当初発表されていたiOS向けの“お手狩るタッチハンティング”『モンスターハンタースマート』を、新たにリファインしたタイトル。従来と異なり、プレイヤーはモンスターが解き放たれた島々を探検し、遺跡に隠された秘宝を探し求める旅に出る。  エリザを演じる内田は、2010年以降、アニメ版『山田くんと7人の魔女』の伊藤雅役や『食戟のソーマ』の吉野悠姫役として活躍する人気声優。モンハンシリーズについては「家にプレステ2があり、弟がプレイしているのを横目に見ていました。モンハンのプレイを始めたのはPSPからです」と長年のモンハンユーザーであることを明かす。  気になるのは、ズバリ『モンスターハンター エクスプロア』の感想だ。「私、ゲームが好きなんですけど上手じゃなくて。本当に役立たずで、鉄砲玉みたいに毎回突撃しちゃいます。そんな私でもエクスプロアは、1回目でクリアできました。遊びやすくて絵もすごく綺麗。今まで使ったことのない武器も気軽に使えます」。  バトルアクションについては「画面下のスティックで攻撃や移動も出来ちゃうんです。覚えることは多くないので頭に入りやすかったですね」とライトユーザーに優しい作りであるとのこと。“スマホでモンハンをプレイする”というと、本シリーズの醍醐味であるアクションの迫力が損なわれそうな気もするが…「そんなことなかったです。今までと遜色なく、楽しく遊べました!」。@@separator ちなみに「エクスプロア」のテーマは“探検×ハンティングRPG”。探索要素は?というと「秘宝をゲットするために狩りに出るのですが、キャラクターがけっこう話してくれて、私たちは、今何を探しに行っているのかが分かりやすいユーザー思いな作りです。宝箱を開ける演出が豪華で、良いものが手に入ったことが分かりやすい。音も今までどおりのものが入っていて、絵も見やすいですね。女子でも気軽に楽しめると思います」。  内田演じるハンターギルドの調査員「エリザ」は、プレイヤーに寄り添ってナビゲーターの役割を担う、好奇心旺盛な15歳の女の子。「何にでも興味があり、『冒険に行こうよ!』と誘ってくれる頼もしい“理系女子”です。私の演技プランにも、明るくてテンションが高くても、しっかりした部分や頭の良さが見えるように演じることを心がけました。今まで私が演じた役柄のなかでもいないタイプなので、皆さんに新しい一面をお見せできれば」と意気込みを語っている。  最後に「今回は探検に出る楽しさ、秘宝を集める楽しさがあります。私も探検のお供をしますので、一緒に冒険を楽しみましょう!」と、これからプレイするユーザーに向けてメッセージを寄せた。  スマホゲーム『モンスターハンター エクスプロア』は、2015年配信予定。

  • TVアニメ『山田くんと7人の魔女』 豪華特典満載でブルーレイ&DVDBOX発売決定

    『山田くんと7人の魔女』BD&DVDBOX発売 『ヤンメガ』コラボアニメ・マンガ収録

    アニメ・コミック

     現在放送中のTVアニメ『山田くんと7人の魔女』が、早くもブルーレイ&DVDでのリリースが決定。8月26日発売の上巻BOXでは、原作者・吉河美希の過去作『ヤンキー君とメガネちゃん』との夢の共演コラボアニメ・描き下ろしマンガを収録するほか、逢坂良太・早見沙織・増田俊樹・内田真礼ら豪華キャスト陣が出演予定のスペシャルイベント優先販売抽選申込券が封入される。@@cutter 『山田くんと7人の魔女』は、「週刊少年マガジン」(講談社)にて現在連載中の人気学園コメディ。同原作者の『ヤンキー君とメガネちゃん』と2作連続で実写ドラマ化され、コミックス累計は300万部を突破した。主人公は、私立の進学校になじめず問題ばかり起こしている山田竜。ひょんなことから、新たな仲間や魔女たちと出会い、一変した彼の学園生活を描く。  ブルーレイ&DVD上巻BOX<初回生産限定版>では、『ヤンキー君とメガネちゃん』とのコラボアニメ・描き下ろしマンガを収録。さらに、スペシャルイベント(11月15日開催)の優先販売抽選申込券を始め、「生原稿777枚プレゼント」の応募はがきや「エンドカードイラスト」ポストカードも封入されるという、驚きの特典が満載となっている。  TVアニメ『山田くんと7人の魔女』ブルーレイ&DVD上巻BOX<初回生産限定版>は第1話~第6話収録で、8月26日発売。ブルーレイは2万円(税別)、DVDは1万6000円(税別)。

  • 『ハイスクールD×D BorN』先行上映イベントに登壇したキャスト陣

    浅倉杏美、“おっぱいドラゴン”梶裕貴の画像公開 アフレコ現場は「素晴らしく順調」

    アニメ・コミック

     声優・浅倉杏美が15日、『ハイスクールD×D BorN』先行上映イベントに登壇。共演者であり、同イベントにも一緒に登壇した梶裕貴、日笠陽子、内田真礼、佐倉綾音らとのステージ上での記念写真をブログで公開した。@@cutter 公開された画像は、主人公・一誠役を務め「おっぱいドラゴン一誠」と書かれたTシャツ姿の梶を中心に、リアス役の日笠、イリナ役の内田、ギャスパー役の佐倉と共に、笑顔のショット。アーシア役の浅倉は「現場が如何に愛に溢れ、素晴らしく順調にアフレコが進んでいるか、写真の梶くんのTシャツが物語っています!笑」と、コメントしている。  「D×Dのアニメも、もう三期なんですね…」とこれまでを振り返り、「初めてオーディションに受かって地上波のテレビシリーズでヒロインを演じさせて頂いた作品です。またアーシアを演じることが出来て本当に嬉しいです!」と、作品への思い入れを語った。

  • 『ハイスクールD×D BorN』 4月よりAT‐X、TOKYO MX、サンテレビ、テレビ愛知、BS11にて放送開始

    『ハイスクールD×D』3期、4月よりスタート TOKYO MX、AT‐X、BS11他で放送

    アニメ・コミック

     昨年6月に第3期の制作が発表されていたアニメ『ハイスクールD×D』の放送局と放送時間が遂に決定。『ハイスクールD×D BorN』のタイトルで、4月4日23時のAT‐Xでの放送を皮切りに、4月6日24時30分よりTOKYO MX、4月6日26時よりサンテレビ、4月7日26時5分よりテレビ愛知、4月9日25時よりBS11にて放送される。@@cutter 主人公は、私立駒王学園に通うバカでスケベな男子高校生・兵藤一誠。彼はその身に強大な神器(セイクリッド・ギア)を宿していたがために命を奪われるも、学園一の美少女にして、憧れの先輩であったリアス・グレモリーの手によって、悪魔として転生を果たす。しかしその代償はリアスの下僕悪魔として生きることだった…。  エロいながらもポジティブで真っ直ぐな一誠が、ご主人様にして上級悪魔のリアスとその眷属の美少女悪魔たちに囲まれながら、ハーレムを築くという夢を叶えるため敵を打ち倒していく姿を、努力と友情と熱血の学園バトルエンターテインメントとして描いている。  一誠役の梶裕貴、リアス役の日笠陽子を筆頭に、浅倉杏美、伊藤静、竹達彩奈、野島健児、種田梨沙、内田真礼といった人気声優陣が集結した本作。4月から放送の第3期に向け、現在好評発売中の第1期『ハイスクールD×D』、第2期『ハイスクールD×D NEW』のブルーレイBOXでこれまでの復習をしてみてはいかがだろう。  『ハイスクールD×D』ブルーレイBOX、『ハイスクールD×D NEW』のブルーレイBOXは、どちらも全12話に特典映像を加え、2万2000円(税別)で好評発売中。また原作ライトノベルは第19巻まで、コミックスは第7巻まで刊行されている。

  • アニメ『食戟のソーマ』 4月よりMBS、TBS、CBC、BS‐TBS、『アニメイズム』枠にて放送開始

    『食戟のソーマ』追加キャストに茅野愛衣、内田真礼 4月よりTBS他でアニメ放送開始

    アニメ・コミック

     TVアニメ『食戟のソーマ』が4月よりMBS、TBS、CBC、BS‐TBS、「アニメイズム」枠にて放送が決定した。また今回、13キャラクター勢揃いのビジュアルと、茅野愛衣、内田真礼らが追加キャストとして出演することも明らかとなった。@@cutter 『食戟のソーマ』は、日本屈指の料理学校「遠月茶寮料理學園」を舞台に繰り広げられる料理マンガ。卒業到達率10%以下の超絶エリート校の中で、主人公・幸平創真(松岡禎丞)が、最高峰の料理人を目指すライバルたちと共に料理対決を展開していく。  主演の松岡禎丞を始め、これまで薙切えりな役に種田梨沙、田所恵役に高橋未奈美、水戸郁魅役に石上静香、タクミ・アルディーニ役に花江夏樹、イサミ・アルディーニ役に小野友樹、新戸緋沙子役に大西沙織、一色慧役に櫻井孝宏の出演が発表されていたが、今回追加キャスト第2弾も発表。  新たなキャストで名を連ねたのは、榊涼子役の茅野愛衣、吉野悠姫役の内田真礼、伊武崎峻役の村田太志、丸井善二役の小林裕介。リニューアルされた公式サイトでも、今回の追加キャスト陣がクレジットされており、4月からの放送に向けて今後明かされる新情報に期待が高まる。

  • 花澤香菜主演、伝説のショートアニメ『ゼウシくん』まさかの第2期決定!

    花澤香菜、再び国産肉の美味しさをお届け! JA全農アニメ『ゼウシくん』第2期決定

    アニメ・コミック

     花澤香菜、内田真礼ら豪華声優を迎え、1月より地上波バラエティ番組内の90秒CMとして放送されたJA全農のショートアニメ『おにくだいすき!ゼウシくん』。伝説となった同作品の続編が、なんと11月29日より放送が決定した。今回、尺を少し延長して毎月1話ずつ、肉の日(29日)を基本として月末にYouTube公式チャンネルにて配信される(全4話構成)。@@cutter 花澤香菜演じる「ゼウシくん」や内田真礼演じる「ミカちゃん」を始め、「しょうが太郎」や「ぽしぶる先生」など超個性的なサブキャラクターが作品を大いに盛り上げた第1期。今回の第2期では彼らをさらに上回る、強烈なインパクトの新キャラも登場し、よりシュールでよりパワフルなゼウシくんワールドが展開される。  主演の花澤は、まさかの第2期決定のニュースに「ゼウシくんは本当に可愛らしくて、思い入れの強いキャラクターなので、また演じることができて本当に嬉しいです!1期の放送中は周りからの反響も大きく、他作品のアフレコ現場でも、よく共演者の方に“ゼウシくん見たよ”と、声をかけていただきました。また、LINEスタンプを使っている人もたくさん見かけたので、本当に多くの人に愛されている作品だと実感しました」と喜びを表現。  また、「放送終了後に行われた“ファン感謝祭”で、小さなお子さんから大人の方まで、たくさんのゼウシくんファンにお会いできたのも印象に残っていますね。『おにくだいすき!ゼウシくん』2期でも、みなさんにゼウシくんの可愛さと、国産のお肉の美味しさをしっかりお届けできるようにがんばります!」と続編への意気込みを見せている。

  • 『アオハライド』内田真礼と梶裕貴にインタビュー

    内田真礼と梶裕貴が初恋の思い出を語る 『アオハライド』で声優の醍醐味を実感

    アニメ・コミック

     「収録に行くのが、まるで学校に通っているような感じがするんです」。青春の輝きをギュッと詰め込んだアニメ『アオハライド』で共演する声優・内田真礼と梶裕貴を直撃すると、嬉しそうな笑顔がこぼれた。「みんなが『良いものを作っている』と実感しながら取り組んでいる」という本作の魅力、甘酸っぱい初恋の思い出も明かしてもらった。@@cutter 原作は、累計発行部数600万部の咲坂伊緒による人気コミック。高校1年生の吉岡双葉と、中学時代からの初恋の相手・馬渕洸を中心に、青春期の恋や友情など“忘れられない時間”をみずみずしく切り取るストーリーだ。  双葉役の内田は、「原作を読ませていただいた時に、双葉は『あ、自分だ』と思いました」と笑う。「双葉は、私だけじゃなく『高校時代って、こういう風に思っていたな』と誰もが強く共感できる女の子。たくさんの共感を表現できる双葉を演じることで、私自身も何か変われるんじゃないかと思いました」。一方、「オーディション以前から原作を読んでいた」という梶も、「いつか音声化される時があれば、洸のような役をやってみたかった」と洸役への特別な思いを明かす。  その理由は、「洸は、これまでの自分の引き出しにないような人だと思った」からだとか。「キラキラしたドラマではありますが、洸も双葉もみんな普通の高校生。ファンタジーやバトルものを演じる時は、想像の中で芝居をしたり声を出していきますが、『アオハライド』には、誰もが経験してきた日常がある。肩肘を張るよりも、自然の反応を出すことが許される現場になるんじゃないかと思いました」と、新境地にチャレンジできる役柄でもあったという。  お互いに距離感の近いキャラクターとなったが、梶は「自然で生々しい空気感。雨の音や匂いなど、その場のリアルな空気を感じられる作品」と本作には“共感の魅力”が詰まっていると分析。誰もが自分を重ねられるような作品に飛び込むことは、2人にとって声優としての醍醐味を発見することでもあったという。  内田は「1話の収録が終わった後に、現場の女の子たちが『ふう~』とため息をついて。双葉と洸の会話に、みんながギューッと心をつかまれるような瞬間として共有していたんですね。そういう現場ってなかなかない。私は、良い場所で仕事をしているんだなと実感しました」としみじみ。梶も「青春って一瞬のもので、普通に生きていたらなかなか味わえないもの。でも、再びその感覚を感じながら演じられるのはとても嬉しいし、見ていただく方にも、過去に経験した甘酸っぱい青春を生々しく感じていただけたら、本当に声優冥利につきる」と力を込める。@@separator さらに、「アフレコブースにいると、学生生活を送っているような感覚になるんです」と内田。みんなが登場人物に見えてくるような、すごく良い雰囲気の中で演じさせてもらっていて。監督やスタッフさんが、先生に見えてくるんですよ(笑)」。梶も「本当に教室みたいだよね! 今、現場に行くのがすごく楽しみですもん。その日を目指して、毎日頑張っているようなところがある」、内田が「そうなんです! やっとみんなに会えるって思います」と、アフレコ現場は学校さながらの様子。  そんな2人に初恋の思い出を聞いてみると、「洸は『吉岡双葉』って、ノートに双葉の名前を書いたりしていましたが…今思えば恥ずかしい話ですが、僕も好きな女の子の名前をノートに書いたりしてましたね(笑)。目でその人を確認できるのって、素敵じゃないですか…?」と梶。梶の告白に「うわー!」と声を上げた内田だが、「私も相合い傘を書いたりしました!でも、好きな子を意識し過ぎちゃって、目も合わせられないし、変な態度をとっちゃったりして。遠くからキラキラした目で見ていました」と照れ笑い。梶も「僕も言えないタイプだったなぁ。友達にも気持ちを隠したりして。もうきっと、バレバレなんだけどね」と笑う。  息もピッタリの2人だが、梶は「ちゃんと話をするようになったのって、最近なんですよ」と内田に目を向け、「『ノラガミ』でガッツリと共演できて、その時に真礼ちゃんがいろいろと葛藤している思いも聞けた。どういう役者さんなのか、どういう人間なのかを少し知ることができた上で、双葉と洸を演じられたのはとても良かった」と内田との共演を喜ぶ。「エネルギッシュで、物怖じしないし、男らしいところがある人(笑)。でもだからこそ、弱みをあまり見せないところがある」と、梶の目に映る内田は、どうやら双葉そのものだ。  内田は「梶さんって、太陽のような人だと思っていたんです。すごく明るくて、現場でも男子同士で小突き合いをしているイメージ」というが、それが「変わった」と明かす。「いろいろとお話する機会があって、先輩としても、役者さんとしてもすごく真面目な人なんだとわかって。作品を重ねたおかげで、そういう部分も知れて、より素直に接することができるようになったと思います」。絆を深めた2人が演じる双葉と洸。ベストキャスティングを堪能し、是非“あの頃”のひたむきさに胸を焦がしてほしい。(取材・文・写真:成田おり枝)  『アオハライド』は、TOKYO MX、MBS、BS11にて放送中。

  • 宮野真守はじめ、人気声優がボイスキャストに勢ぞろい!

    新劇場版『頭文字D』CVに宮野真守、中村悠一ら人気声優が集結!予告編も解禁

    アニメ・コミック

     8月23日より公開される『新劇場版「頭文字D」Legend1‐覚醒‐』のボイスキャストが発表された。さらに、予告映像も解禁となった。@@cutter 1995年から18 年間の長きにわたり、「週刊ヤングマガジン」(講談社)に連載され、壮絶な公道最速バトルを通して“走り屋”たちの青春群像を描いてきた、しげの秀一原作の『頭文字D』。単行本全48巻の累計部数は4860万部を誇り、TV&映画のアニメ化や実写映画化もなされるなど、今なお日本中の若者達を熱狂させ続けるクルマ&青春コミックの金字塔が、劇場版3部作として新たな伝説を紡ぎだす。  そしてこの度、本作のボイスキャストがついに発表された。主人公・藤原拓海役を演じるのは人気・実力を兼ね備えた声優、宮野真守。「拓海の想いをしっかり感じて、自分のできることに真っ直ぐ向かって演じました」と作品にかけた真摯な思いを語った。  そのほか、拓海のライバルとなる高橋兄弟の弟・高橋啓介役を中村悠一、兄の高橋涼介役を小野大輔、拓海の親友・武内樹役を白石稔、クラスメイトの茂木なつき役を内田真礼、拓海の父親・藤原文太役を平田広明が演じる。中村は「原作ファンの皆様は勿論、自分のように『車はわからないけど…』という方でも必ず楽しめます!」と本作を絶賛。小野は「今の自分のキャリアで出来得る限りの力を注ぎ込みました」と渾身の出来をアピールした。  さらに、待望の予告編も解禁。主人公・藤原拓海が走り屋に目覚める瞬間や、ライバルとの熱いバトルが、旬のボイスキャストを迎え、疾走感あふれる映像で描かれている。  『新劇場版「頭文字D」Legend1‐覚醒‐』は8月23日より全国公開。

  • 宇都宮市のマスコットキャラクター「ミヤリー」として出演が決定した橘田いずみ

    橘田いずみ、餃子好きが声優の仕事に繋がる!宇都宮マスコットの声を担当<AJ 2014>

    アニメ・コミック

     『ロボットガールズZ』最新情報発表イベントが23日、Anime Japan2014「オープンステージ」で行われ、本作のBD&DVD用に制作された新作エピソードに登場するコラボキャラクター「ミヤリー」役の声優が、橘田いずみであることが明らかとなった。@@cutter 『ロボットガールズZ』は、今年1月より東映チャンネルにて放送中の永井豪原作『マジンガー』シリーズを美少女化したアニメ。「マジンガーZ」「グレートマジンガー」「グレンダイザー」のヒロイン3人が、地下帝国からやってくる、あしゅら男爵率いる機械獣少女たちを爽快なまでに叩きのめす、痛快・爽快なゆる系ロボアクション。  この日は、本多真梨子(Zちゃん役)、水瀬いのり(グレちゃん役)、荒浪和沙(グレンダさん役)、内田真礼(ゲッちゃん役)、津田美波(ジーグさん役)の5人がそれぞれ自身が演じるキャラクターのコスチュームを着用し登場。イベントへの登壇が初めてだという内田と津田。それに加え、コスチューム着用ということで「めっちゃはずかしー!」と声高に話す津田。一方の内田は「白いハイソックスを久しぶりに履きました!」とノリノリだ。  また、イベント中盤からコラボキャラクター「ミヤリー」役の声優・橘田いずみが登場、会場からは割れんばかりの大歓声が沸き起こった。「ミヤリー」とは、宇都宮市のマスコットキャラクターである。橘田は、餃子好きが高じて宇都宮の餃子大使でもあることから「餃子の仕事が、声の仕事に繋がるとは思ってなかったです」と苦笑する。橘田の事務所関係者もそれには同意見のようで「『餃子が仕事に繋がって、マジでビビるんですけど』って言われた(笑)」と明かした。  さらに、「ミヤリー」役の橘田のほか、新作エピソードに登場するコラボキャラクターの声も発表され、「いまいち萌えない娘」役に寿美菜子、「ピクシブたん」役に大空直美が決まった。  『ロボットガールズZ』は、東映チャンネルにて放送中。ブルーレイ&DVDは6月13日よりリリース。

  • TVアニメ『アオハライド』7月放送!実写映画化も決定

    TVアニメ『アオハライド』追加キャスト発表&7月放送開始 実写映画化も決定

    アニメ・コミック

     咲坂伊緒原作のTVアニメ『アオハライド』が、7月より放送されることが決定し、アニメキージュアルが公開された。また、本日発売の「別冊マーガレット」(集英社)4月号で、本作が実写映画化されることも発表された。@@cutter 『アオハライド』は、「別冊マーガレット」(集英社)にて好評連載中の大人気コミック。  アニメ版の主人公・吉岡双葉役に内田真礼、馬渕洸役に梶裕貴のほか、槙田悠里役に茅野愛衣、村尾修子役に小松未可子、小湊亜耶役にKENNが務めることが発表されていたが、このたび、洸の兄・田中陽一役に平川大輔を起用することが明らかとなった。教師として、兄として、洸や双葉たちの成長を見守る「田中先生」の魅力をしなやかに演じる。  公開されたアニメキービジュアルは、まっすぐな眼差しで前を向く主人公たちの、届きそうで届かないもどかしい距離感を淡く繊細な色彩で描き、みずみずしさや切なさあふれる原作の世界観をイメージした仕上がりになっている。  TVアニメ 『アオハライド』は、2014年7月放送開始。

  • 「第八回声優アワード」受賞メンバー

    梶裕貴「魂込めて、心臓捧げて頑張っていきたい」声優アワード2年連続主演男優賞

    アニメ・コミック

     「第八回声優アワード」授賞式が1日、都内にて行われ、同賞初となる2年連続主演男優賞を受賞した梶裕貴をはじめ、歌唱賞受賞の宮野真守、特別賞を受賞した『それいけ!アンパンマン』の戸田恵子、中尾隆聖ほか受賞者が一堂に会した。@@cutter 「声優アワード」は、その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える本格的な「声優を対象とするアワード」として2006年に創設。日本音声製作者連盟、KADOKAWA、文化放送、小学館、小学館集英社プロダクション、アーイメージがアニメ業界各社と協力し、声優を表彰するものとしては業界最大の舞台を提供し、声優地位の向上に寄与することを目的としている。  2年連続で主演男優賞受賞となった梶は、昨年の初受賞時を振り返り「また、このような賞を頂くのは難しいかもしれないと思っていました」と語る。また、2013年は“縁”というものの大きさを感じた1年だったと話す。「これからも一つ一つの作品、役との出会いを大切に、新しく出会う共演者の方、スタッフの方、応援してくれるみなさんとの出会い、すべてを大切にして一人の役者として精進していきたいと思います。魂込めて、心臓捧げて頑張っていきたいと思います」と決意を新たにした。  特別賞『それいけ!アンパンマン』から、代表として授賞式に登壇したアンパンマン役の戸田は「昨年10月に、やなせたかし先生がサッとマントをつけて、天国へパトロールに行ってしまいました」と“アンパンマン”の生みの親らしい例えを用い、やなせ先生に思いを馳せる。さらに、やなせ先生が天国へと旅立ち、日の浅い頃は、その喪失感があまりにも大きく正直やる気が出なかったと当時の思いを口にする。だが、そんな当時の戸田の気持ちとは裏腹に、アンパンマンをキラキラした瞳で見つめる子どもたちの姿に接し、気持ちに変化が生まれたとも明かした。「私達一人ひとりは小さい傘しかさせませんが、声優チーム、スタッフとつなげて、(やなせ)先生のような大きな傘になるように、これから頑張っていきたいと思います」と思いを定めた。 ■第八回声優アワード受賞者一覧 主演男優賞:梶裕貴 主演女優賞:佐藤利奈 助演男優賞:細谷佳正 助演女優賞:石川由依 新人男優賞:石川界人/山下大輝 新人女優賞:内田真礼 歌唱賞:宮野真守 最多得票賞:神谷浩史 特別功労賞:内海賢二/来宮良子 功労賞:キートン山田/納谷六朗 シナジー賞:『ガールズ&パンツァー』渕上舞 富山敬賞:三木眞一郎 高橋和枝賞:三石琴乃 キッズ・ファミリー賞:比嘉久美子 特別賞:戸田恵子/中尾隆聖 パーソナリティ賞:授賞条件を満たす方が不在のため、該当者なしとなりました

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access