加隈亜衣 関連記事

  • 『かつて神だった獣たちへ』2019年TVアニメ化決定

    『かつて神だった獣たちへ』、2019年TVアニメ化決定 制作はMAPPA

    アニメ・コミック

     「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の異形のダークファンタジー『かつて神だった獣たちへ』が、2019年TVアニメ化決定。アニメーション制作は、『ユーリ!!! on ICE』などで知られるMAPPAが担当し、ハンク役・小西克幸、シャール役・加隈亜衣の出演も明らかになった。@@cutter 本作は、『黄昏乙女×アムネジア』や『結婚指輪物語』で知られる、めいびいによるコミックが原作。かつて、長きに渡る内戦を終結させるために産み出され、<神>と称えられた救国の英雄<擬神兵>。物語は、戦争が過去へと移り変わる中、<擬神兵>は人々からただ<獣>と称ばれ、恐れ蔑まれる存在となった。そんな中、元・擬神兵部隊隊長であり、現在は<擬神兵>を殺す<獣狩り>と呼ばれるハンクと、彼に父親を殺された少女・シャールは旅を共に。かつての仲間を殺し続けるハンクの旅路の行き着く先とは。  この度、発表された本作は、『ユーリ!!! on ICE』『神撃のバハムート』『この世界の片隅に』など、数々のハイクオリティ作品を世に送り出して来たヒットメーカー・MAPPAがアニメーション制作を担当。  監督は、『はじめの一歩』2期・3期監督、『ユーリ!!! on ICE』では演出チーフを務めた宍戸淳、シリーズ構成・脚本として『ゾンビランドサガ』『牙狼アニメシリーズ』の村越繁が参加する。また公開されたビジュアルには、武器を手に掛けるシャールと、意味深に背中を見せるハンクの姿が収められている。  さらに今回、出演キャストとして発表された2人からコメントが到着。ハンク役・小西は「大好きな作品でしたので、オーディションにも力が入りました。皆さんのイメージに合うよう、そして、自分も楽しんで収録したいと思います」と明かす。  一方、シャール役・加隈は「オーディションの時に原作を読ませて頂いたのですが、悲しみを背負いながらも一生懸命自分の意思で前に進んでいく、芯の強い彼女の姿。そして時折みせる等身大の可愛らしさがとても印象的でした」と振り返り、「そんな彼女と一緒に、精一杯この世界を生きて行きたいと思います」と意気込みを語っている。

  • 『甘城ブリリアントパーク』放送日決定!キャストも発表

    京アニ『甘城ブリリアントパーク』放送日決定! 内山昂輝、加隈亜衣ほかキャスト発表

    アニメ・コミック

     閉園の危機にある遊園地“甘城ブリリアントパーク”が舞台となる、閉鎖寸前ワンダーランドコメディ『甘城ブリリアントパーク』が、10月よりTBS、BS‐TBS他にて放送される。それに先駆け、スタッフ、キャスト、キャラクター設定画等が公開された。@@cutter 本作は、『フルメタル・パニック』の賀東招二原作、『パパのいうことを聞きなさい!』のなかじまゆかがイラストを手掛ける同名ライトノベルのアニメ化。監督は『らき☆すた』『氷菓』の武本康弘が担当。制作を京都アニメーションが行う注目作となる。  今回発表されたボイスキャストは、可児江西也役に内山昂輝、千斗いすず役に加隈亜衣、ラティファ・フルーランザ役に藤井ゆきよと人気声優が顔を揃え、さらに川澄綾子、野中藍、白石涼子、相坂優歌、黒沢ともよ、三上枝織、津田美波と計10名の出演者が明らかとなった。  また、TVアニメ公式サイトでは、8月15日よりWEBラジオも配信中。パーソナリティは加隈亜衣、藤井ゆきよが務める。  さらにタイアップ展開として、赤坂サカスで開催中の『夏サカス2014デリシャカス~番組グルメでおもてなし~』にも参加している。原作でもおなじみ「西郷亭」とコラボを果たし、作中に登場するコロッケ等を販売中だ。  閉鎖寸前の遊園地で繰り広げられるワンダーランドコメディ『甘城ブリリアントパーク』は、2014年10月2日よりTBSより放送開始予定。BS‐TBS他にて順次放送。

  • オリジナルTVアニメ『selector infected WIXOSS』制作発表会見にて

    ワーナー 新作オリジナルTVアニメ、タカラトミーのカードゲームと連動

    アニメ・コミック

     ワーナー エンターテイメント ジャパンは、2014年4月より放送開始予定の新作オリジナルTVアニメ『selector infected WIXOSS』の制作を発表した。@@cutter 『selector infected WIXOSS』は、『STEINS;GATE』などを手掛ける佐藤卓哉を監督に迎え、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の岡田麿里がシリーズ校正を担当するオリジナルTVアニメ。アニメーション制作は、J.C.STAFFが手掛ける。  スタッフのほか、メインとなるボイスキャストも発表され、加隈亜衣(小湊るう子役)、佐倉綾音(紅林遊月役)、茅野愛衣(植村一衣役)、赤崎千夏(蒼井晶役)、瀬戸麻沙美(浦添伊緒奈役)、小林裕介(紅林香月役)、久野美咲(タマ役)、川澄綾子(花代役)、釘宮理恵(ウリス役)の出演が決定した。  また、本作の中で少女らがプレイするトレーディングカードゲーム「WIXOSS(ウィクロス)」が、実際のカードゲームとしても展開予定となっている。  都会に引っ越してきてから、友人もなくただ日々を特に不満もなく過ごしていた女子中学生「小湊るう子」が主人公の本作。るう子を気遣う祖母をみかねて、兄がるう子に買い与えたものは、中高生の男女を中心に人気のWIXOSS(ウィクロス)というカードゲーム。渡されたカードゲームを開け、中に入っていたある1枚のカードを見ると、カードの中に描かれた少女が突然動き出した。不思議に思うるう子をよそに、その少女はるう子にバトルがしたいと言い続ける。その少女の事をタマと名付け、不思議な事態に困惑している彼女の前に、るう子の事をセレクターと呼ぶ同級生の紅林遊月からカードバトルを挑まれる…。  『selector infected WIXOSS』は、2014年4月より放送開始予定。

  • TVアニメ『犬とハサミは使いよう』第1話先行上映会

    櫻井孝宏、「飼ってくださいッ」発言にタジタジ!? 『犬ハサ』第1話試写イベント

    アニメ・コミック

     30日、TVアニメ『犬とハサミは使いよう』第1話先行上映会が都内にて行われ、櫻井孝宏、井上麻里奈、阿澄佳奈、伊藤静、加隈亜衣、芹澤優という豪華キャスト陣と、原作者の更伊俊介、高橋幸雄監督が登壇した。@@cutter 『犬とハサミは使いよう』は、「更」と「伊」によって構成される二人組の作家・更伊俊介原作のライトノベルのアニメ化。主人公は、ある日、強盗に殺された春海和人。本バカゆえの「読まずに死ねるか!」という執念で奇跡の生還を果たすが、その姿は何故かダックスフンドに。犬であるため、本が読めないことに悶える彼の前に現れたのは、ハサミが凶器のサド女・夏野霧姫。その正体は和人が大ファンの作家、秋山忍本人だった。一匹と一人の前に次々現れる多彩なキャラクターが縦横無尽に入り乱れる痛快不条理コメディ作。  「見どころしかないような展開」と語る犬になってしまった主人公・春海和人役の櫻井。全てが見どころと話す櫻井だが、夏野役・井上には第1話を見て、驚いたシーンがあるようで「夏野さんが出てくる時の音楽が悪役プロレスラーみたいで…」とサド女・夏野の登場シーンの音楽が印象的だったとコメント。  また、本作のオープニングテーマは主要キャストが犬ッ娘くらぶというユニットを組んで歌う「わんわんわんわんN_1!!」という楽曲。キャストそれぞれが犬の「ワンッ!」という鳴き声を真似て収録している独特な楽曲であり、さらに担当する犬種も決まっていたとのこと。そのため「ワンッ!」という鳴き声一つをとっても、小型犬から大型犬まで存在するらしい。大型犬を担当したという芹澤は、MCからのリクエストに答え「ワンッ!」と大型犬の鳴き声を披露。それを見た櫻井は「飼いたいですね~」と思わずニンマリ。櫻井のコメントに芹澤は「飼ってくださいっ!」とまさかの発言。予想に反しての返答に櫻井は「それもちょっと…(苦笑)」と苦笑いを浮かべた。  最後に、本作について「とにかく刺激が強くて飽きない」とコメントする櫻井。「テンションもクオリティも高い作品になっています。みなさん、覚悟して最後まで見続けてください」とPRした。  犬とハサミは使いよう』は7月1日よりTOKYO MX(深夜1:00~)ほかにて放送スタート

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access