前山剛久 関連記事

  • 舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠キャスト舞台ビジュアル

    舞台『銀河鉄道999』“プロメシューム”浅野温子らビジュアル解禁

    エンタメ

     松本零士のSFコミックを原作にした、4月上演の舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠から、木下晴香と伊波杏樹が演じるメーテル、前山剛久の機械伯爵、浅野温子が扮するプロメシュームのキャラクタービジュアルが公開された。@@cutter 本作は、同名コミックを原作とした音楽劇。機械の体を求めて、謎の美女・メーテルと銀河を旅する星野鉄郎(中川晃教)が、敵の機械伯爵、プロメシュームや、協力者となるクイーン・エメラルダス(凰稀かなめ)、キャプテン・ハーロック(平方元基)らと出会い、成長していく姿を描く。  今回解禁となったビジュアルでは、やはり圧巻は、浅野温子のプロメシューム。実はメーテルの母であり、機械帝国の最高権力者であるプロメシュームは、鉄郎にとって最大の敵となる。80年代から90年代にかけて、時代を象徴するトレンディドラマ女優として、さらにはコメディエンヌとしても活躍した浅野が、堂々とした悪役の雰囲気を醸し出している様に注目だ。  その娘・メーテル役の木下、伊波も、同作のヒロインらしくミステリアスなムードを漂わせている。青味がかった目の色をした前山の機械伯爵も、機械らしく冷たい雰囲気たっぷりだ。  「銀河鉄道999 劇場版公開40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠」は、4月20日~29日まで東京・明治座、5月10日~12日まで大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演。

  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」三日月宗近

    舞台『刀剣乱舞』最新作、三日月宗近ら“六振り”のビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     舞台『刀剣乱舞』最新作に出演する刀剣男士 十二振りの内、六振りのビジュアルが公開された。さらに追加キャストとして足利義輝役に中河内雅貴の出演が決定した。@@cutter 舞台『刀剣乱舞』の原案である『刀剣乱舞‐ONLINE‐』は、DMM GAMESが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム。名立たる刀剣が刀剣男士(とうけんだんし)と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆けめぐりながら部隊を編成・育成していく人気コンテンツ。女性層を中心に大きな支持を受け、全国に刀剣ブームを巻き起こしている。  その舞台版である舞台『刀剣乱舞』は第一弾公演「虚伝 燃ゆる本能寺」を2016年5月に東京・大阪にて上演。公演を収めたブルーレイは、2016年9月19日付のオリコン・ウィークリーチャートで総合1位を記録。2017年6月~7月上演の「義伝 暁の独眼竜」も動員数を増し、2017年10月30日付のオリコン・ウィークリーチャートでブルーレイ&DVDともに総合1位という快挙を成し遂げた。同年11月には新小田原城への来場者100万人達成記念として行われた一夜限りの野外公演、「外伝 此の夜らの小田原」が上演、12月に東京・大阪・福岡にて「ジョ伝 三つら星刀語り」が上演され、4月4日に発売されブルーレイ&DVDは、2018年4月16日付のオリコン・ウィークリーチャートで2作連続となる両ランキング総合1位を獲得した。  そして今回、最新作の副題が「悲伝 結いの目の不如帰」に決定。キャストには鈴木拡樹(三日月宗近役)、荒牧慶彦(山姥切国広役)、三津谷亮(骨喰藤四郎役)、椎名鯛造(不動行光役)、和田雅成(へし切長谷部役)、和田琢磨(歌仙兼定役)、健人(鶴丸国永役)、東啓介(燭台切光忠役)、川上将大(大般若長光役)、前山剛久(鶯丸役)、加藤将(大包平役)、玉城裕規(小烏丸役)と、実力派キャストが名を揃えた。  「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」は、明治座特別公演を6月2日から6日に明治座で公演。6月14日から7月1日まで京都劇場にて京都公演、7月4日から6日まで北九州ソレイユホールにて福岡公演。東京公演を7月19日から22日まで日本青年館ホールで行う。そして、東京凱旋公演を7月25日から29日まで天王洲 銀河劇場にて公演。

  • 舞台『戦刻ナイトブラッド』全キャスト発表! 赤澤燈が秀吉役

    舞台『戦刻ナイトブラッド』全キャスト発表! 赤澤燈が秀吉役

    アニメ・コミック

     舞台『戦刻ナイトブラッド』の全キャストが発表された。前田利家役の山本一慶、上杉景勝役の荒牧慶彦に続き、豊臣秀吉役に赤澤燈、直江兼続役を陳内将が務めることが明らかになった。@@cutter 『戦刻ナイトブラッド』(公式略称「戦ブラ」)は、オトメイト・KADOKAWA・マーベラス共同原作によるスマートフォン向けアプリゲーム。乱世を生きる武将達が、プレイヤーである主人公を巡り、熱く激しい戦いを繰り広げる“戦国恋愛ファンタジー”だ。2017年5月のゲーム開始以来、声優陣によるWEBラジオをはじめ、コミカライズやノベライズなどの様々なメディアミックスが展開。昨年末にはアニメ化で話題を呼び、舞台化が決定した。  舞台版『戦刻ナイトブラッド』の登場キャラクター、及び、本公演での出演全キャストは、豊臣秀吉役を赤澤燈が務め、同じく“豊臣軍”の竹中半兵衛役には定本楓が、黒田官兵衛役にはTAKAが抜擢された。  一方、織田信長役は久保田秀敏に決定。“織田軍”の明智光秀は松本ひなた、森蘭丸は横田龍儀、丹羽長秀は萩尾圭志、柴田勝家は岸本卓也が演じる。    また、“上杉軍”では上杉謙信役を前山剛久、直江兼続役を陳内将が担当する。舞台化決定の際に同時発表となった、キャラクターボイスも務める前田利家役の山本一慶、上杉景勝役の荒牧慶彦らも、舞台版の『戦刻ナイトブラッド』を盛り上げる。  舞台『戦刻ナイトブラッド』は8月16日から26日まで、天王洲銀河劇場にて上演。

  • 舞台『刀剣乱舞』、三津谷亮、玉城裕規ら刀剣男子に! 最新作公演情報が解禁

    舞台『刀剣乱舞』、三津谷亮、玉城裕規ら刀剣男子に! 最新作公演情報が解禁

    アニメ・コミック

     舞台『刀剣乱舞』最新作の刀剣男士十二振りのキャストに、骨喰藤四郎役の三津谷亮、小烏丸役の玉城裕規らの出演が発表された。さらに、東京、京都、福岡で行われる公演の詳細も明らかとなった。@@cutter 舞台『刀剣乱舞』の原案である『刀剣乱舞‐ONLINE‐』は、DMM GAMESが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム。名立たる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆けめぐりながら部隊を編成・育成していくという、いま注目を集めている大人気コンテンツ。  舞台版である舞台『刀剣乱舞』は第1弾公演「虚伝 燃ゆる本能寺」を2016年5月に東京・大阪にて上演。公演を収めたブルーレイは、2016年9月19日付のオリコン・ウィークリーチャートで総合1位を記録、年末に行われた再演でも大好評を博した。そして、2017年6月から7月上演の「義伝 暁の独眼竜」も動員数を増し、2017年10月30日付のオリコン・ウィークリーチャートでブルーレイ&DVDともに総合1位という快挙を成し遂げた。    また11月には新小田原城への来場者100万人達成記念として行われた一夜限りの野外公演、「外伝 此の夜らの小田原」が上演、12月に東京・大阪・福岡にて「ジョ伝 三つら星刀語り」が上演された。そして今回、満を持して刀剣男士 十二振りで最新作を上演する。  今回、舞台『刀剣乱舞』最新作、刀剣男士十二振りの出演キャストが発表された。三津(骨喰藤四郎役)、玉城(小烏丸役) を始め、鈴木拡樹(三日月宗近役)、荒牧慶彦(山姥切国広役)、椎名鯛造(不動行光役)、和田雅成(へし切長谷部役)、和田琢磨(歌仙兼定役)、健人(鶴丸国永役)、東啓介(燭台切光忠)、川上将大(大般若長光役)、前山剛久(鶯丸役)、加藤将(大包平役)と、実力派キャストが名を揃えた。  舞台『刀剣乱舞』最新作、刀剣男士 十二振りは、東京公演が6月2日から6日に明治座で公演。6月14日から7月1日まで京都劇場にて京都公演、、7月4日から6日まで北九州ソレイユホールにて福岡公演が行われる。また、東京凱旋公演も決定。7月19日から22日まで日本青年館ホール、7月25日から29日まで天王洲 銀河劇場にて公演。

  • 『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~To the Shining future~囲み会見にて

    『あんステ』完結篇、東京公演開幕! 小澤廉「キラキラした舞台を届けたい」

    アニメ・コミック

     小澤廉と山本一慶、松村泰一郎、谷水力、前山剛久、安井一真、野嵜豊、星元裕月が、25日に都内で行われた「『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~To the Shining future~」の囲み会見に出席。大阪公演を終え、待望の東京公演を直前に控えた会見で、主演の小澤は「夢を見てもらえるようなキラキラした舞台をお届けしたい」とファンへメッセージを送った。@@cutter 本作は、才能に溢れた若者たちを輩出する養成学校「私立夢ノ咲学院」を舞台にしたスマートフォン向けゲームアプリを舞台化したミュージカル。これまで、エクストラ・ステージを含め3作が上演されており、大きな反響を呼んだ。本作では、メインストーリーの完結篇として、これまで登場した8ユニットが勢揃いし、生徒会長から解散命令を言い渡されたTrickstar、そしてひとり取り残されたスバルの姿が描かれる。  明星スバル役の小澤は「今回、メインストーリーが完結します。(これまでの作品で)作り上げてきた空気感、絆を大事にしながら最後までやりきりたい」と意気込むと、「Trickstarは新曲をやります。舞台オリジナルの曲なので、そこが見どころです。何が正しいのか、本物のアイドルは何なのかを(ストーリーの)最後で、舞台上で表現できれば」と公演にかける思いを語った。  一方、氷鷹北斗役の山本は「今回、舞台オリジナルの部分も多く、原作を楽しんでいる方が見ても楽しい公演だと思います。キャラクター各々の日常だったり、学園内での姿が見られるので、そういう部分も楽しんでもらいたい」とアピール。遊木真役の松村は「終わった後に、『ああ、終わっちゃったな』って見てくれるお客さんもスタッフも、全ての人たちに思ってもらえるよう、1日1日、一瞬一瞬を大切に過ごしていきたい」と語り、衣更真緒役の谷水は「(前3作で)今まで少しずつ作り上げてきたものが集結した作品。そこで、Trickstarがどれだけ輝けるか頑張りたい」とコメントを寄せた。  「『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~To the Shining future~」は、1月25日~2月5日に東京・シアター1010で上演。

  • テレビドラマ&舞台連動企画『御茶ノ水ロック』メインキャスト10名ビジュアル解禁

    佐藤流司・染谷俊之ら2.5次元俳優集結 舞台連動ドラマ『御茶ノ水ロック』放送決定

    エンタメ

     ポリゴンマジック企画・制作によるテレビドラマ&舞台の連動企画第二弾『御茶ノ水ロック』より、佐藤流司や染谷俊之らメインキャスト10名の姿を収めたソロビジュアルが解禁。また、来年1月からテレビ東京でドラマが放送されることが発表された。@@cutter 本作は、すれ違ってしまった兄弟の絆を中心に、バンドに懸ける男たちの青春を描くオリジナル企画で、テレビドラマ化、舞台化、そして漫画化が決定している。メインキャストはテレビドラマと舞台の両方に出演し、吹き替えなしでバンド演奏に挑戦。舞台でも当て振り無しの生バンド演奏に挑む。テレビドラマの放送と舞台の上演に先立ち、今年の12月からは、『あかやあかしやあやかしの』シリーズの七生が手掛ける漫画連載が月刊コミックジーンにてスタートする。  解禁されたビジュアルは、力強い眼差しでこちらを見ながら歌う主人公・片山始(佐藤)や、兄・片山亮(染谷)の若手プロデューサーらしい佇まいを収めているほか、ライブシーンを切り取ったかのような、バンドメンバーの躍動感ある姿を捉えている。  佐藤と染谷とともに、音楽劇『金色のコルダ』の前山剛久がギタリスト を、舞台『デジモン』の松本岳がベーシストを、ミュージカル『テニスの王子様』の宮城紘大がドラマーを演じて、バンドメンバーとして物語を彩る。また、途中話から『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』の谷水力が藤瀬和也に扮するほか、主人公と対峙するライバルバンドのボーカルはミュージカル『刀剣乱舞』の崎山つばさが演じる。  テレビドラマ『御茶ノ水ロック』はテレビ東京で2018年1月10日深夜26時35分より放送。舞台『御茶ノ水ロック』は2018年3月末より開幕。

  • 映画『一礼して、キス』 場面写真

    池田エライザ、中尾暢樹からバックハグ! 『一礼して、キス』予告編&場面写真解禁

    映 画

     池田エライザが初主演を務め、累計100万部を突破した加賀やっこ原作のコミックを実写化する映画『一礼して、キス』(11月11日より全国公開)から、予告映像と場面写真が解禁となった。予告編は、『動物戦隊ジュウオウジャー』で主演を務めた中尾暢樹演じる後輩男子が、池田演じる先輩女子を後ろからハグするなど、胸キュンシーンの連続になっている。@@cutter 今回解禁された予告映像では、ヒロイン・岸本杏(池田エライザ)を取り巻くイケメン胴着男子たちとの恋の行方が気になる中で、三神曜太(中尾)が杏に「耳元で囁き」「後ろからハグ」「畳ドン」「壁ドン」「頭ポンポン」するなど、胸キュン必至の場面が続出する。  また、予告映像にも流れる主題歌は、人気急上昇中のダンス&ヴォーカルグループlol(エルオーエル)が担当。結成当初から歌い続け、ファンの間で人気の高い楽曲である「think of you」がストーリーを盛り上げる。  一方の場面写真では、杏と曜太の胸キュンシーンのほか、2人を取り巻くイケメン共演陣のカットも多数公開。曜太の親友・由木直潔役の松尾太陽(超特急)をはじめ、『特命戦隊ゴーバスターズ』に出演した鈴木勝大、2.5次元舞台を中心に活躍中の前山剛久、ダンス&ボーカルグループlolの佐藤友祐、舞台『ハイキュー!!』“進化の夏” に出演した結木滉星といった次世代を担うイケメンがストーリーを彩る。     監督は『クローバー』『今日、恋をはじめます』を手掛けた古澤健が務める。  映画『一礼して、キス』は、11月11日より全国公開。

  • 周防尊(上田堪大)

    舞台『K』キャラビジュアル解禁!神狗朗、出雲、尊、アンナら主要キャラ公開

    アニメ・コミック

     同名アニメを基にする舞台『K』シリーズの第4弾となる最新作『K ‐MISSING KINGS‐』より、主要な登場人物である周防尊、櫛名アンナ、鎌本力夫、御芍神紫の姿を収めた第2弾キャラクタービジュアルが解禁となった。@@cutter 『K』は7人組の覆面作家集団GoRAと制作会社GoHandsのタッグが手掛けたアニメ。2014年7月には『劇場版 K MISSING KINGS』が全国公開された。同作を基にする舞台最新作では、白銀のクランズマンである夜刀神狗朗(クロ)が、ネコとともに主であるシロの行方を探すTVアニメ第1期後の物語が描かれる。  解禁されたのは、周防尊(上田堪大)、櫛名アンナ(礒部花凜)、鎌本力夫(中尾拳也)、御芍神紫(佐々木喜英)のビジュアル。先日解禁された、夜刀神狗朗(荒牧慶彦)、草薙出雲(寿里)、十束多々良(前山剛久)、淡島世理(茉莉邑薫)、伏見猿比古(木戸邑弥)に続き、第2弾のキャストビジュアルとなる。  前作に引き続き、原作が持つ緻密かつミステリアスな世界観とスタイリッシュな演出、個性あふれる美麗なキャラクターを忠実に再現するという本作。解禁されたビジュアルに収められているキャラクターたちのこれまでシリーズ同様、再現度は高く、上演に向けて期待が高まる。  舞台『K ‐MISSING KINGS‐』は、10月19日~ 22日に京都劇場、10月26日~29日に天王洲銀河劇場にて上演。

  • 『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』キャラクタービジュアル解禁!

    舞台『美男高校地球防衛部LOVE!』ビジュアル公開! メインキャラ5人勢揃い

    アニメ・コミック

     2015年1月~3月にテレビ東京ほかで放送され、すでに第2期の制作も発表されている女性向けオリジナルアニメ『美男高校地球防衛部LOVE!』が、『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』と題して舞台化。今回、本作のキービジュアルと、第二弾キャラクタービジュアルが公開された。@@cutter 眉難(びなん)高校に通う箱根有基(はこねゆもと)ら5人は、なんとなく「地球防衛部」に集まりダラダラと過ごしていた。そんな5人の前に、突如として現れた喋る桃色のウォンバット。「この星を守りたい…どうか力を貸していただけませんか」と依頼。ひょんなことから愛の王位継承者“バトルラヴァーズ”に任命された5人は、変身アイテム“ラブレスレット”の力で“ラブメイキング”(変身)し、愛で地球を満たすために戦うことになる。こうしてホントに地球を守ることになった5人は、草津錦史郎(くさつきんしろう)率いる征服部が送り込む怪人たちと戦う…。  今回新たに、鳴子硫黄(なるこ・いお)役の高崎翔太、蔵王立(ざおう・りゅう)役の荒牧慶彦のキャラクタービジュアルが公開。さらに、すでに発表済みの、箱根有基(はこね・ゆもと)役の赤澤燈、由布院煙(ゆふいん・えん)役の五十嵐麻朝、鬼怒川熱史(きぬがわ・あつし)役の越智友己とともにメインキャラクター5人が集合したキービジュアルも同時に公開された。5人のキュートな魅力が前面に出た、可愛くポップなビジュアルとなっており、5人の背後には“喋る桃色のウォンバット”も姿を見せている。  本公演では舞台のみのオリジナルキャラクターも登場し、原作にはないスペシャルストーリーを予定しているとのことで、こちらも楽しみだ。  脚本・演出は『ママと僕たち』、舞台『私のホストちゃん』などを手掛ける村上大樹が担当、奇想天外な展開をコミカルに描き出す。  舞台『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』は、3月10日~13日にZeppブルーシアター六本木で上演。

  • 舞台『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』が、タイトルも新たに舞台化決定!

    アニメ『美男高校地球防衛部LOVE!』舞台化決定!赤澤燈ほか人気キャスト集結

    アニメ・コミック

     2015年1月より放送され、現在第2期の制作も発表されているオリジナルアニメ『美男高校地球防衛部LOVE!』が、『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』と題し、舞台化することが決定した。@@cutter 本作は、眉難(びなん)高校に通う“地球防衛部=何にもしない部”に所属していた男子高校生たちのもとに、突如桃色の生命体が、宇宙から落ちてきたことで始まるアニメ作品。その生命体は、彼らに日本語で声をかけてくる。「この星を守りたい……どうか力を貸していただけませんか」と…。    舞台の脚本・演出は『ママと僕たち』、舞台『私のホストちゃん』などを手がける村上大樹が担当、奇想天外な展開をコミカルに描く。  キャストには箱根有基役に赤澤燈、由布院煙役に五十嵐麻朝、鬼怒川熱史役に越智友己、鳴子硫黄役に高崎翔太、蔵王立役に荒牧慶彦、草津錦史郎役に前山剛久、有馬燻役に伊万里有、下呂阿古哉役に柏木湊太が、それぞれ決定している。  舞台『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』は、Zeppブルーシアター六本木にて3月10日~13日に上演。

  • 「局中音楽館LIVE~幕末フェスティバル~」会見に集まったイケメン集団D2

    イケメン集団D2が歌って踊る!『局中音楽館LIVE』開幕に「一体感が生まれた」

    エンタメ

     ワタナベエンターテインメントの若手俳優集団D2が出演する『局中音楽館LIVE~幕末フェスティバル~』のライブ公演が行われ、16日、出演メンバーが会見に応じた。@@cutter 本公演は、時代それぞれにある史実(要素)をピックアップして現代テイストにアレンジしたTV番組『TV・局中法度!』(テレビ神奈川ほか)内の人気コーナー「局中音楽館」をライブ公演するもの。山口賢貴、上鶴徹、西井幸人、三津谷亮、陳内将ら計13人のD2のメンバーとD‐BOYSの牧田哲也と三上真史が出演し、所狭しと歌い舞う。  今回の公演はライブ形式。阿久津は、「今まではイベントという形でやらせていただいてましたが、今回は初めてのライブなんです。歌を皆さんに届けたいと思い、練習したのでぜひ聴いて欲しいと思います」と意気込みを話す。西井は、「ライブという形で盛り上がれるので、一生残るものになるのでは」と今公演に期待を寄せる。また、山田も「若手俳優集団が歌って踊るというのはなかなかないと思います。みんなで思いを1つにしてお客さんたちに楽しんでもらえたらと思います」と語った。  一方、今回はD2の中に混じって出演することになったD‐BOYS三上は、「今回はMCも務めます。番組内ではユニットに参加していなくて、正直いいなと思っていたところ、今回4曲出ることになりました。新しいことが起きて、毎日楽しいです。僕らにしかできないライブになると思います」と話した。D2の先輩にあたる三上、そして牧田だが、チームワークはバッチリなようで、「みんなが教えてくれて、一体感が生まれた」と三上が話す通り、会見でも仲の良さが見てとれるほど和やかなムードが漂っていた。  今公演は、赤坂BLITZで全5公演行われ、実に7000人を動員する。阿久津は、「僕たちは最初、握手会をやっても7人しか来なかったり、初めて300人の小屋でやらせていただいてもチケットが売れないんじゃないかと試行錯誤をして、色んなことをやってきて、やっとこんなに大きなステージに立つことができました」と苦しかった時代を振り返り、「支えてくれるスタッフの皆さん、応援してくださるの皆さんのお陰だと思っています。これからも僕たちは進んでいきます。この夏は一緒に盛り上がりましょう」と熱いメッセージを送った。  『局中音楽館LIVE~幕末フェスティバル~』は、東京・赤坂BLITZにて8月16日から18日まで全5公演が行われる。  今公演は12月25日にDVD発売されることも決定。メイキング映像から舞台裏のオフショット映像まで、D2の素顔が見られる特典映像も予定されている。 「局中音楽館LIVE~幕末フェスティバル~」は18日まで全5公演。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access