山本舞香 関連記事

  • 山本舞香

    山本舞香、初の“オン眉”ぱっつんヘア 新木優子「顔面偏差値またあげてどうするのぉ」

    エンタメ

     女優の山本舞香が17日、インスタグラムで自身初の“オン眉”ぱっつんヘアを披露。ファンから「かわいすぎます」と称賛の声が殺到したほか、女優の新木優子や朝比奈彩から絶賛のコメントが相次いだ。@@cutter 「前髪を切りました オン眉初」というコメントとともに投稿されたのは、ヘアスタイルを変えた山本のセルフィー。コメントの通り、前髪が眉の上でキレイにそろえた、ぱっつんヘアの山本が大きな瞳でカメラを見つめている。  この投稿にはドラマ『チア☆ダン』で共演した朝比奈が「いや、可愛すぎ。」とコメントし、同じく『チア☆ダン』仲間の新木も「とんでもないわ。可愛いすぎるよ。顔面偏差値またあげてどうするのぉ」と絶賛。さらにファンからは「オン眉可愛すぎます最高です」「マジでお似合いで国宝級の美」「一目惚れしました」などの称賛の声が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/yamamotomaika_official/

  • 山本舞香

    山本舞香×マツコ、レアな2ショットにファン「喰種に出演するのかと…」

    エンタメ

     映画『東京喰種』シリーズの公式インスタグラムが2日、霧嶋董香役を演じる山本舞香と、タレント・コラムニストのマツコ・デラックスを写したレアな2ショットを公開。「マツコさんが東京喰種に出演するのかと思った」「舞香ちゃん可愛すぎる」とファンの間で話題となっている。@@cutter 3日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系/毎週水曜21時)に、山本が出演することを告知した同アカウント。同番組のレギュラーであるマツコとの2ショットを公開している。公開しているのは、笑顔でピースする山本と、その肩に手を置き、包み込むようにたたずむマツコの2ショット計2枚。今やトレードマークといえる不機嫌そうなマツコの表情だが、山本を後ろから抱き寄せるようにカメラ目線を送っており、まんざらでもない様子だ。    コメント欄には「舞香ちゃん可愛すぎる」と絶賛するファンをはじめ、「マツコさんが東京喰種に出演するのかと思った」といった驚きの声や、番組や映画の公開を楽しみにしているという期待の声が届けられている。 引用:https://www.instagram.com/tkg_movie/

  • ドラマイズム『スカム』場面写真

    杉野遥亮が詐欺稼業でのし上がる! 連ドラ初主演作『スカム』スタート

    エンタメ

     俳優の杉野遥亮が主演を務めるドラマ『スカム』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)。第1話では、親友から持ちかけられた怪しいバイトに乗った主人公の誠実(杉野)が、振り込め詐欺の実行現場に送り込まれてしまうことに。@@cutter 本作は、「犯罪現場の貧困」「犯罪する側の論理」をテーマに取材活動を続けるルポライター・鈴木大介が、振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した『老人喰い』が原案の社会派エンタテインメント。リーマンブラザーズの経営破綻により日本でも多くの失業者が生まれ、若者の貧困率が高齢者を大きく上回るなど「世代間格差」という言葉が取りざたされた2008年の東京近郊を舞台に、さまざまな動機で振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちの“転落”模様を、激しくもユーモラスに活写する。  2008年、草野誠実はリーマンショックの影響で新卒切りにあい、学生ローンの支払いや大病を患った父の治療費に苦しめられる。  そんな誠実に、親友の祥太郎(戸塚純貴)は怪しいバイトを持ちかける。誠実は幼なじみの美咲(山本舞香)の忠告を無視して話に乗るが、そのバイトは振り込め詐欺の現金引き落とし役だった。  犯行当日、誠実は警察に追われた祥太郎を助けようとして事故を起こしてしまう。そして集金屋の山田(山中崇)に捕らえられ、振り込め詐欺の実行現場に送り込まれてしまう…。  ドラマ『スカム』第1話は、MBSにて6月30日25時50分、TBSにて7月2日25時28分放送。

  • 坂口健太郎、『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公開記念イベントに出席

    坂口健太郎、肉体美に自信? 財前直見の“暴露”に会場大盛り上がり

    映画

     俳優の坂口健太郎と吉田鋼太郎が22日、都内で行われた映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公開記念イベントに出席。共演者の財前直見により、坂口が現場で肉体美に自信を見せていたことが明かされ、会場は大いに盛り上がった。@@cutter 累計アクセス数1000万超えのブログを映画化した本作。原作となったブログは書籍化・ドラマ化もされた人気連載で、坂口演じる岩本アキオが息子であることを隠しながら、吉田演じる父・岩本暁とオンラインゲームをプレイする日々が描かれる。イベントには坂口、吉田のほか、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見、野口照夫監督、山本清史監督が出席した。  同作の反響を聞かれた坂口と吉田は、それぞれSNSをチェックしていたことを告白。坂口は「『坂口健太郎』でも調べるし、『光のお父さん』でも調べます。この作品に携わった者としてうれしいですね。意外とネタバレしないでくれてて、宣伝もしてくれているんです」と笑い、吉田も「僕もエゴサーチをたくさんするほうで、1日5回くらいします。(ドラマ版の)大杉漣さんのイメージがあるので怯えていたんですけど、『鋼太郎さんのも良かった』って言ってくださった方も見受けられたので、ホッとしています」と明かした。  また、アキオの母親役を演じた財前が、坂口が自身の肉体美について「脱いだらエロいんです」と語っていたことを暴露すると、会場には笑いが。坂口は照れた様子で「ちゃんとお母さんに報告をしてました」とコメントした。  さらに、印象に残ったシーンについて聞かれた坂口は「対モニターでのクライマックスのシーンはすごく難しそうだなと思っていたんです。チャットの文字だけで感情があふれるって難しいと思ったんですけど、鋼太郎さんが浮かんできて、すんなり感情が出たんですよ。驚きでしたね」と回顧。  吉田も「お芝居と分かってはいるんですけど、ゲームのシーンで坂口健太郎の顔が浮かんでくるし、お母さんの顔も、(山本)舞香の顔も見えてきてしまう。そうするとたまんない気持ちになってくる。本当にいい映画だなと思いますね」と振り返った。  最後に吉田は「本日、『ファブル』と重なっておりますが、勝ったんじゃないかと思っております」と同日に舞台挨拶が行われていた映画『ザ・ファブル』に対して勝利宣言。坂口は「とってもいろんな方に響く作品だと思っていますので、みなさんぜひ宣伝をよろしくお願いします」と頭を下げ、イベントを締めくくった。  『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は公開中。

  • 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』予告ナレーションを担当した宮野真守

    宮野真守、『東京喰種【S】』予告ナレ担当 松田翔太と“ダブル月山”共演が話題に

    映画

     声優の宮野真守が、6月11日に解禁された映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の主題歌入り予告で、映像ラストの「東京喰種 トーキョーグール【S】」というタイトルコールのナレーションを担当していることが分かった。宮野は、TVアニメ版で主人公・カネキの最大の宿敵・月山習を演じていた。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数4400万部を誇る石田スイによる人気コミックを実写映画化する作品の第2弾。東京を舞台に、人間でありながら、人間を喰らう種族・喰種としての能力に目覚めた金木研(窪田)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描く。  主演の窪田のほか、カネキの最大の宿敵である喰種・月山習を松田翔太、ヒロインの霧嶋董香を山本舞香が演じ、さらに鈴木伸之、小笠原海、白石隼也、木竜麻生、桜田ひより、森七菜、知英らがキャストに名を連ねる。  主題歌入り予告映像では、カネキやトーカの凛々しい表情や戦闘シーンに加え、今回の最大の敵である月山の“変態”っぷりも描き出されている。  タイトルコールを担当した宮野の、一言ながら抜群の存在感に、すでにファンの間ではSNSなどで、「タイトル言ってるのマモじゃん!」「予告のマモ最高過ぎ」「Sの言い方w」と話題に。本作で実写版を演じる松田とTVアニメ版の声優を務める宮野のダブル月山の“共演”にも注目が集まっている。  宮野は「『東京喰種』は、そして『月山習』は僕にとっても、かけがえのない存在なので、この度このような形で関われた事、心より光栄に感じております。僕のナレーションに、スタッフの皆さんが沸き立ってくださったのがとても嬉しかったです(笑)。そして何より、松田翔太さんの月山習が素晴らし過ぎて、感動いたしました!」とコメントしている。  映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は7月19日より全国公開。

  • ドラマイズム『スカム』出演キャスト

    杉野遥亮初主演連ドラ『スカム』、前野朋哉&山本舞香ら追加キャスト発表

    エンタメ

     俳優の杉野遥亮が主演を務める新ドラマ『スカム』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)より、追加キャストとして前野朋哉、山本舞香、戸塚純貴、和田正人、杉本哲太ら12名が出演することが発表された。@@cutter 本作は、ルポライター・鈴木大介が振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した「老人喰い」が原案の社会派エンタテインメント。物語の主人公・草野誠実(杉野)は、順風満帆な勝ち組人生から一転し新卒切りによって無職となり、時を同じくして発覚した父親の難病治療のため振り込め詐欺をはじめる。草野を中心に、振り込め詐欺の巧妙な手口や、民間企業以上の規律で運営される詐欺組織の実態を交えながら、さまざまな動機で振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちの“転落”模様を、激しくもユーモラスに活写する。  今回、本作に出演する総勢12名の新キャストを発表。草野の詐欺の相棒・清宮役を前野が、草野の幼なじみであるヒロイン・美咲役を山本が務める。また、草野が振り込め詐欺の道に進むキッカケを作ってしまう悪友役に戸塚、草野の上司で詐欺師になるための地獄の研修を行う鬼店長役に和田、被害者から振り込まれたお金を集める集金屋役に山中崇、息子の窮地を見かねて思わぬ決断をする草野の母親役に西田尚美、草野の詐欺グループに資金提供して詐欺ビジネスを牛耳る金主役に杉本が扮する。そのほか、草野の詐欺グループに所属する同僚役を福山翔大、水間ロン、若林拓也、草野の友人役を華村あすか、裏稼業で起こるトラブルを解決する謎の便利屋役を柳俊太郎が務める。  前野は本作の台本について「オレオレ詐欺の加害者側の事がメインで描かれていて、凄く興味深く読みました。正義や悪というものがいかに危ういものかという事も考えさせられました」とコメント。撮影では「自分を奮い立たせる存在の草野と、劇的に変わって行く環境を楽しもうと思いました」と語り、「目まぐるしく変わっていく若者の環境と心情をお楽しみください。きっとオレオレ詐欺は他人ごとには思えないはずです。そして悪の根源は何なのか…見つけられたら今後の人生のヒントになるかもしれません。ギラギラ…いやこれはキラキラの青春ドラマです」と視聴者にメッセージを寄せている。  山本は本作の台本を読んだ際「破茶滅茶な作品だと思いましたが、撮影が楽しみだなと思いました」と振り返り、美咲を演じる際は「杉野さんが演じる誠実が詐欺をしていることを一切知らない子なので、常に明るくてまっすぐな子を意識しました。役が引っ張られないように、他のシーン(の台本)は読まないようにしていました」と語っている。  ドラマイズム『スカム』は、MBSで6月30日より毎週日曜24時50分放送(6月30日は25時50分~)。TBSで7月2日より毎週火曜25時28分放送。

  • 山本舞香

    山本舞香の“攻めまくったドレス”姿 『チア☆ダン』共演の土屋太鳳も絶賛

    エンタメ

     女優の山本舞香が12日、自身のインスタグラムを更新し、赤と黒の“攻めまくったドレス”姿を投稿。ファンから「かっこいい」「惚れた」といった反響があったほか、ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)で共演した土屋太鳳も大絶賛している。@@cutter 同日、山本は「攻めまくったドレス」とのコメントとともに、自身の衣装姿を投稿。ドレスは右半身が真っ赤なロングスカートで、対する左半身は黒いミニスカートという奇抜な作りになっており、しなやかで細い脚も山本の左側だけしか見えないようになっている。これは映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』TOKYOプレミア舞台あいさつのときに着用していた衣装とみられる。  同作は、石田スイによる人気コミックの実写映画化第2弾。東京を舞台に、人間でありながら人間を食らう種族・喰種としての能力に目覚めたカネキ(窪田正孝)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描く。山本は霧嶋董香役として、本作より出演を果たす。    ファンからは「攻めまくりよ」「かっこよすぎて惚れた」「かわいい」といったコメントが集まった。また、『チア☆ダン』で共演した土屋も、「すごい好き!!!本当に素敵!!!しかもめちゃめちゃ似合ってる!!!本物だよね、こう生きたいわ」と、大絶賛のコメントを残している。 引用:https://www.instagram.com/yamamotomaika_official/

  • 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』TOKYOプレミア舞台挨拶に登壇した窪田正孝

    窪田正孝、変態度は90%! 「隠れド変態」「破壊衝動がある」に納得

    映画

     俳優の窪田正孝が11日、都内で開催された映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』スペシャルイベント&TOKYOプレミアに登壇。イベント中、変態度診断が行われる企画があり、「変態度」を90%と診断された窪田がその診断内容に納得する一幕があった。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を誇る石田スイによる人気コミックの実写映画化第2弾。東京を舞台に、人間でありながら人間を食らう種族・喰種としての能力に目覚めたカネキ(窪田)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描く。イベントには窪田のほか、山本舞香、松田翔太、鈴木伸之、白石隼也、知英、マギー、栁俊太郎、川崎拓也監督、平牧和彦監督も出席した。  今回からヒロインの霧嶋董香を演じた山本、カネキの最大の宿敵である喰種・月山習役の松田が参戦したが、窪田は「キャストの皆さんが新しい風を巻き起こしてくれたので、1を見てない方でもここから楽しめる作品だと思います」と手応えを語った。  松田演じる月山は、カネキを食べることに執着するキャラクター。窪田が「翔太さんがすごいことになっています」と話を振ると、松田も「最高にド変態な役を上手に演じました」とニッコリ。  窪田や松田らは定期的に食事に行っていたそうで、松田は「すごく爽やかな恋愛映画だったので、ぐっと仲がよくなっちゃって」とユーモアを交えて明かすと、窪田も「たしかにそうですね。間違いないです。この作品は恋愛映画なんです」と同意し、会場の笑いを誘っていた。  イベントでは、キャスト陣に月山のような変態性があるのかをチェックする一幕も。占い・心理テストクリエーター脇田尚揮氏の数秘術による“変態度”がランキング形式で発表され、15%、35%、70%、90%で分類されたが、最も変態度が高い90%に診断されたのは、窪田、山本、マギーの3人。  この結果に爆笑した窪田だが、「隠れド変態。完璧主義者で正義感が強い反面、何かを壊したいという破壊衝動がある。それを自分でも分かっていて、よほど心を許した相手にしか見せない」と解説されると、「あってる」としみじみ。また「『90%の窪田です』って言っていこうと思います」と宣言していた。  イベントのラストには、4人組ロックバンド女王蜂の『Introduction』が主題歌になることも発表に。窪田は「スピード感がある作品ですが、女王蜂さんの歌はポップさの中に狂気があって、すごく映像にマッチしていて。最後まで席を立たず世界観に浸ってください」とアピールしていた。  映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は7月19日より全国公開。

  • (左から)映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』完成披露試写会に登場した坂口健太郎、吉田鋼太郎

    坂口健太郎、筋トレに熱中 吉田鋼太郎も胸筋絶賛「スッゴい」

    映画

     俳優の坂口健太郎が23日、都内で行われた吉田鋼太郎とダブル主演を務めた映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の完成披露試写会に登壇。近年の筋トレブームに乗って「最近、トレーニングしてます」と明かすと、吉田が坂口の胸筋を「スッゴいんですよ」と絶賛した。@@cutter 本作は、累計アクセス数1000万超の人気ブログを原作とするヒューマンドラマ。岩本アキオ(坂口)は、父・暁(吉田)をオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV』の世界に招待し、自身の素性を隠して父親の本音を探ろうと奔走する。  イベントには坂口や吉田の他、佐久間由衣、山本舞香、野口照夫監督、山本清史監督(ゲームパート監督)が出席した。  坂口は本作について「『ファイナルファンタジーXIV』という主軸はあるけれども、父と息子というヒューマン的なものにとても気持ちが入った」と言い、「僕と鋼太郎さんはあまり言葉を交わさない。(過去の出演作で)父親と子供で接触がないというものは、なかなかなかった。アキオがお父さんの背中を見ている眼差しとか、セリフじゃない部分は大切にお芝居をしようとはずっと思った」と語った。  吉田は、本作のTVドラマ版にて、父親役を亡き大杉漣氏が演じたことに言及。「本当に残念。僕にとっても、とても尊敬する素晴らしい俳優だと思っていた大杉さんが亡くなってしまった。その(大杉が演じた)役をやることで身が引き締まり、ものスゴいプレッシャーだった。最初は『大杉さん、ごめんなさい、僕やらせていただきます』という気持ちだった。(観客などに)『やっぱり鋼太郎さんじゃなくて、大杉さんが良かった』と言われると僕も辛いし、天国の大杉さんも辛いと思う。そうならないように、一生懸命やるしかないと思った」と心境を吐露した。  他方、吉田は「実は僕、こう見えてゲーマー。ファミコンができた時に一番最初に飛びついた世代。ファイナルファンタジーも1から最後までやっている」と告白。本作に関しては「『とうとう来るべきものが来たか』という感じ。『ファイナルファンタジーに俺が出るのか』と思った。めっちゃ嬉しかった」と白い歯をこぼした。  本作にちなんで、“熱中しているもの”を問われると坂口は「最近、トレーニングしてます。意外とね」とニコリ。「“筋肉は裏切らない”っつって(笑)。(トレーニングに対する考え方などが)そういう世界になってきた。(トレーニングを始めて)まだ1ヵ月ちょっと」と明かすと、吉田が「なのに、スッゴいんですよ。自慢してるんですよ」と言いながら坂口の胸筋をタッチ。客席の女性ファンらに向かって、「スゴいから触ってみないか」と言いたげに手招きしながら笑っていた。  また野口監督は、2ヵ月前まで撮影していた本作について、プロデューサー陣から全会一致で「切れ(カットしろ)」と指示された場面を「1秒も切ってない。そのまま出した」と暴露。「今日、そこのシーンで笑いが一つも起きなかったら、マジで監督やめたろうかなと思ってる」と話し、会場の笑いを誘った。  『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は、6月21日より全国ロードショー。

  • 山本舞香

    山本舞香、髪色チェンジ「グレた」 かわいい接近ショット公開

    エンタメ

     女優の山本舞香が19日、自身のインスタグラムに自撮り写真を投稿。髪色をチェンジしたことを報告するとファンからは「可愛すぎるわ...」「とっても似合ってます」などのコメントが殺到している。@@cutter 「髪染めた。グレた。笑」というコメントと共に投稿されたのは、山本が自撮りしたと思われる接近ショット。写真には、少しグレーがかった明るい髪色にチェンジした彼女の新たな姿をみることができる。  髪色をチェンジした山本の写真をみたファンからは「可愛すぎるわ...」「ちょーかわいい」などの声が殺到。さらに「どの髪色の舞香ちゃんも好き」「とっても似合ってます」などのコメントも多数寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/yamamotomaika_official/

  • 月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』取材会に登場した広瀬アリス

    広瀬アリスの女子高生姿に「なんの違和感もない」「似合う」『ラジエーションハウス』第4話

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第4話が29日に放送され、広瀬アリス演じる新人放射線技師・裕乃の高校時代を描く回想シーンで制服姿が披露されると、ネット上には「制服姿可愛い」「制服似合うなぁ」「なんの違和感もない」などの声が寄せられた。@@cutter 本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画が原作にした医療ドラマ。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、患者の命を救う姿を描いていく。  ある日、甘春総合病院にロックバンドでギターを弾いている大学生の坂元美月(山本舞香)がやってくる。美月は右肩の痛みを訴えていたが、原因が特定できない。それを受け、整形外科の辻村(鈴木伸之)は、しばらく様子を見ると美月に伝える。診察を終え、慌ててバンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃(広瀬アリス)とぶつかる。その際、落ちたスマホ画面から、美月がある曲を聴いていたことを知る…。  第4話の冒頭、高校時代にバスケットボール部で活躍した裕乃が試合で華麗なドリブルでゴールを狙うと、SNS上には「アリスちゃんバスケうまいな!」「広瀬さん実際バスケやってたんだよね」「さすが経験者!」などの反響が。  バンドにとって大事なステージを控えているものの、右肩の痛みを抱えている美月。ひょんなことから美月がイヤホンで聞いていた曲を知った裕乃は、自分の高校時代のことを思い出す。裕乃は練習中に膝の痛みが原因で転倒。練習後、制服姿の裕乃は膝に抱えた違和感に思い悩む。それを見ていたチームメイトは、裕乃の元に駆け寄りCDをプレゼントする。  高校時代の裕乃を演じる広瀬の制服姿が映し出されるとネット上には「広瀬アリスちゃんの高校の制服姿可愛い」「かわいいなぁ、制服似合うなぁ」「制服姿になんの違和感もないアリスちゃんさすが、女神」などのコメントが多数寄せられ、さらに「アリスちゃん高校生役まだまだいけるな~」「まだまだ制服イケるやん!」「あと5年は高校生役やれる」などの声も上がっていた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第4話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、広瀬アリスは夢を追う山本舞香に自分を重ね…

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第4話が今夜放送される。バンドでギターを弾いている大学生・坂元美月(山本舞香)が、右肩の痛みを訴えて来院。最後のライブを成功させたいと願う美月に、新人放射線技師の裕乃(広瀬アリス)はかつての自分を重ね合わせる。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織(窪田)は杏(本田翼)と偶然出くわす。杏は友人を誘って飲みに行った帰りだった。公園で杏を介抱した唯織は、彼女が以前、股関節痛と診断した男性患者のことを気にかけていると知る。画像所見と血液検査の結果が合わないからだった。杏の力になろうと早速動き出す唯織。  あくる日、甘春総合病院にロックバンドでギターを弾いている大学生・坂元美月がやってくる。美月は右肩の痛みを訴えていたが、検査をしてもその原因は特定できなかった。それを受け、整形外科の辻村(鈴木伸之)は、しばらく様子を見ると美月に伝える。  診察を終え、慌ててバンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃とぶつかる。その際、落ちたスマホ画面から、美月がある曲を聴いていたことを知る裕乃。その曲は、高校時代バスケットボールに打ち込み、全国大会を目指していた裕乃にとっても、大切な、そして苦い思い出の詰まった「FLY AGAIN」と言う曲だった。裕乃は、プロデビューするという夢こそ破れたが、大好きな仲間たちと行う最後のライブを成功させたいと願う美月に、かつての自分の姿を重ね合わせる。  そんな折、唯織は患者の情報を盗み見たことを鏑木(浅野和之)から叱責されるが…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第4話は、フジテレビ系にて今夜4月29日21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』に出演する山本舞香

    山本舞香、『ラジエーションハウス』ゲスト出演 窪田正孝とドラマ初共演

    エンタメ

     女優の山本舞香が、今夜放送される俳優の窪田正孝が主演を務める『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第4話にゲスト出演することが分かった。山本は2クール連続の月9出演で、主演の窪田とはドラマ初共演となる。@@cutter 本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の写真家として患者の命を次々と救う姿を描く。  山本が演じるのは、22歳の大学生・坂元美月。仲間たちと結成した女性バンドでギターを弾いている美月は、プロのミュージシャンを目指していたが、卒業後は就職してメンバーがバラバラになってしまうこともあり、二週間後に解散ライブを行うことに。美月は、大好きなメンバーとの最後のライブを絶対に成功させたいと願っていたが、その矢先、右肩の痛みに襲われ、甘春総合病院で診察を受ける。しかし、その痛みの原因はわからず…。  今回、撮影に使用されたライブハウス「Shibuya eggman」は、原作でも美月たちのバンドがラストライブを行なった場所。加えて、主題歌を担当するMAN WITH A MISSIONにとって、日本で初めてライブを行なったのが同所であり、そんなゆかりの地での撮影となった。さらに、山本は、MAN WITH A MISSIONが楽曲を提供したCMにも過去に出演しており、夢の競演となる。  山本は今回ドラマ初共演となる窪田について、「今回がドラマ初共演になりますが、たまにご飯に連れて行ってくれる優しくて、頼もしい先輩です!!」とコメント。「一生懸命がんばりますのでぜひご覧ください」と視聴者へのメッセージも寄せている。  『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』第4話は、フジテレビ系にて今夜4月29日21時放送。

  • 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』本ビジュアル

    窪田正孝vs松田翔太!『東京喰種 トーキョーグール【S】』本予告解禁

    映画

     俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』より、迫力のバトルシーンを捉えた本予告映像と本ビジュアルが解禁された。窪田演じる主人公・カネキに対して、松田翔太演じる謎の喰種・月山が迫る、怪しい魅力満載の映像となっている。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数4400万部を誇る石田スイによる人気コミックを実写映画化する作品の第2弾。東京を舞台に、人間でありながら、人間を喰らう種族・喰種としての能力に目覚めた金木研(窪田)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描く。主演の窪田のほか、カネキの最大の宿敵である喰種・月山習を松田翔太、ヒロインの霧嶋董香を山本舞香が演じ、さらに鈴木伸之、小笠原海、白石隼也、木竜麻生、桜田ひより、森七菜、知英など注目の実力派俳優が集結する。  食物連鎖の頂点とされる人間を喰らう種族・喰種が潜む街・東京。大学生のカネキ(窪田)は、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカ(山本)らと生活している。そんな中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山(松田)が、人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、自ら主宰する「喰種レストラン」へカネキを招き入れる。  この度解禁された映像では、カネキと宿敵である“美食家”喰種・月山の激しいバトルシーンが捉えられている。冒頭は、前作に登場したキャラクターと合わせ、新たなキャラクターが続々と登場。途中、カネキに異常な執着を持つ謎に満ちた喰種・月山習の登場を皮切りに、映像は一気に怪しい雰囲気に。美しい容姿とは裏腹に、「カネキ君が喰べながら、カネキ君を喰べたい!」と歪曲した欲望を見せる月山を体現した、松田の怪演が光る映像となっている。また映像に登場する“ピエロのマスクをつけた謎のキャラクター”の存在も気になるところだ。  あわせて公開された本ビジュアルは、カネキ、トーカ、月山ら3人の、決意に満ちた表情とスタイリッシュなデザインが特徴的なもの。「喰うか 喰われるか」というキャッチコピーが添えられ、3人の生と正義をかけた激しいバトルを予感させるビジュアルとなっている。  映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は7月19日より全国公開。

  • 2013年放送のドラマ『幽かな彼女』の卒業生がこの春大活躍

    広瀬すず、上白石萌歌、神宮寺勇太…『幽かな彼女』卒業生がこの春アツい

    エンタメ

     今年大きな話題を呼んだドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ)。生徒役からは今田美桜や森七菜、富田望生といった今後が楽しみなニュージェネレーションが大躍進を見せたが、この春の映画・ドラマのラインナップを見ていると、ある学園ドラマ卒業生に活躍の予感が。そのドラマ『幽かな彼女』から羽ばたいた注目株について振り返ってみたい。@@cutter 『幽かな彼女』(カンテレ・フジテレビ)は2013年4月期に放送された香取慎吾主演のハートフル・ラブコメディ。超霊感体質の中学校教師・神山暁(香取)を主人公に、彼が、とあるアパートに暮らす地縛霊のアカネ(杏)と共に、現代の中学生が抱えるさまざまな問題を、人間と幽霊の垣根を超えて解決していく姿をコミカルに描いた。  香取扮する教師・暁が担任を務めるのは、個性豊かな生徒が集う世田谷区立小原南中学校3年2組。そのクラスの出世頭といえば、本作で女優デビューを果たした広瀬すずだろう。モデル志望の女子生徒・明日香役を演じた広瀬は、その後2013年9月には映画『謝罪の王様』でスクリーンデビュー。以降は『海街dairy』や『SUNNY 強い気持ち・強い愛』などの話題作に次々と出演。4月からは第100作目となるNHK連続テレビ小説『なつぞら』で堂々のヒロインを務める。昨年には『第69回NHK紅白歌合戦』で紅組司会を務めるなど、名実ともに国民的女優の仲間入りを果たした。  また前述の『3年A組』で物語の鍵を握る女子生徒・景山澪奈を演じた上白石萌歌はダンス部のともみ役で出演。昨年放送の『義母と娘のブルース』(TBS)での演技も光った上白石は、4月から『A‐Studio』(TBS)のサブMCを務めるなど活動の幅を広げている。  同級生の女子にはほかに、4月スタートのドラマ『遊戯みたいにいかない』(日本テレビ)に出演する山本舞香、映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』で『幽かな彼女』では教師役だったKis‐My‐Ft2の北山宏光との共演も果たした飯豊まりえ、4月スタートのAbemaTVオリジナルドラマ『御曹司ボーイズ』で主演を務める平祐奈、出演映画『クロガラス2』が公開されたばかりの浅川梨奈、新ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京)への出演が発表された中村ゆりか、5月公開の映画『僕に、会いたかった』に出演する柴田杏花もいた。@@separator さらにこのドラマは、今振り返ると男子生徒役も豪華な布陣がそろっている。祖父の死で味わった喪失感から不登校になってしまう拓途を演じたのは、現在King & Princeのメンバーとして活躍中の神宮寺勇太だ。本作への出演以降、『49』『SHARK~2nd Season~』(ともに日本テレビ)などのドラマにたて続けに出演。さらに2018年放送の『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(日本テレビ)では主人公の一人を熱演。さらに5月公開の映画『うちの執事が言うことには』でついにメインキャストの一人としてスクリーンデビューを果たす。  神宮寺と同じKing & Princeのメンバーの岩橋玄樹も本作に出演。サッカー部に所属する健太郎というキャラクターを演じており、岩橋も神宮寺と共に『部活、好きじゃなきゃダメですか?』に主演している。ほかにも、ジャニーズJr.内ユニットSixTONESのメンバーで、『映画 少年たち』が公開された森本慎太郎も生徒役で出演していた。  4月放送開始のドラマ『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』(テレビ東京)で乃木坂46・山下美月と共にダブル主演を果たす萩原利久も男子生徒役で出演。萩原は、『3年A組』にも出演し上白石と再共演、上白石がツーショットをインスタグラムに投稿しファンを喜ばせた。  この春、主演&出演作品が花盛りの『幽かな彼女』卒業生。今後の活躍からも目が離せなさそうだ。(文:スズキヒロシ)

  • (左から)渡辺直美、横澤夏子

    渡辺直美&横澤夏子の“本気すぎる”ミッキーペアルックに反響

    エンタメ

     女優の山本舞香が7日、自身のインスタグラムにおいて、お笑い芸人の渡辺直美、横澤夏子と会食したことを報告。ディズニー帰りだったという2人のミッキーペアルックに「爆笑だった」とコメントし、ファンからも「存在感抜群なふたり」と反響を呼んでいる。@@cutter 山本が「約束してたご飯屋さん着いてふと前見たら暗闇から来る2人が派手すぎて爆笑だった」というコメントとともに投稿しているのは、渡辺と横澤との3ショットだ。  山本を挟んで両脇でピースサインをする2人だが、着ているセーターの前面にはデカデカとミッキーマウスの顔が配置されている。「ディズニー帰りの2人。本気すぎる!笑」と山本は説明している。写真でニコニコしている山本は「ノンアルで4時間ずっと笑ってたな〜 楽しい女子会でした」と振り返り、実りのある会だったようだ。  ファンからは「かわいすぎる楽しそう顔ちっちゃい!」「最高すぎ!めっちゃ豪華メンやん!!」「最高トリオ!めっちゃいい」といった称賛が集まっている。 引用:https://www.instagram.com/yamamotomaika_official/

  • 藤森慎吾、山本舞香

    オリラジ藤森慎吾の“男前ショット” 山本舞香が撮影「イケメーーン!」

    エンタメ

     お笑いコンビ、オリエンタルラジオの藤森慎吾が2日、自身のインスタグラムに女優の山本舞香らとの”仲良し会”ショットを投稿。そこに掲載されている、山本が撮影した藤森の写真がイケメンすぎると大きな話題を呼んでいる。@@cutter 「仲良し会。2枚目は舞香ちゃんがイケメーーン!って撮ってくれた写真です」と投稿した藤森。1枚目は山本、お笑いコンビの江上敬子、近藤くみこと撮影した仲良しショット、2枚目は山本が撮影した藤森のショットが披露された。ファンの中でも「イケメン」といった声が集まっている2枚目の写真は、藤森が物憂げな表情を浮かべ、口元で手を組んでいるなんとも印象的なもの。彼のイケメンぶりが際立つ1枚となっている。  撮影者である山本自身もインスタグラムに同じ写真を投稿しており、こちらは「#藤森さんに2枚目にあげろって言われたのでイケメンショット載せます」「#デートなうにつかっていいよ」と、ユーモアたっぷりのタグを掲載した。 引用:https://www.instagram.com/fujimori_shingo0317/    https://www.instagram.com/yamamotomaika_official/

  • (左から)『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』に出演する木竜麻生、森七菜

    森七菜&木竜麻生、『東京喰種 トーキョーグール2』新キャストに決定

    映画

     俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』の新キャストとして、若手女優の森七菜と木竜麻生が出演することが決定。森は小坂依子役を、木竜は西野貴未役を担当する。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を誇る石田スイによる人気コミックを実写映画化する作品の第2弾。東京を舞台に、人間と、人間を食らう種族・喰種(グール)の共存をかけた闘いをダークな世界観で描く。窪田が前作に続き主人公の金木研(カネキ・ケン)を演じるほか、カネキの最大の宿敵として立ちはだかる喰種・月山習(ツキヤマ・シュウ)を松田翔太、カネキと共に月山と戦うヒロインの霧嶋董香(キリシマ・トーカ)を山本舞香が演じる。    森が演じる、トーカと同じ学校に通う親友・小坂依子(コサカ・ヨリコ)は、学校を休みがちなトーカを心配し、得意の手料理で元気づけようとする少女。木竜が演じる西野貴未(ニシノ・キミ)は、カネキが通う大学の先輩で喰種のニシキ(白石隼也)の恋人。人間であるにもかかわらずニシキを受け入れ、一途に想い、献身的に支える。この2人の少女は、主人公カネキにとって、人間と喰種の共存をより強く願うきっかけを与える重要な役どころとなっている。  現在放送中のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』に出演し、新海誠監督の新作映画『天気の子』のヒロインの声優に抜てきされている森。本作の撮影について「今作からの参加ですが、『東京喰種』の特別な世界観を大切に、小坂依子を演じさせていただきました。イメージが完成しているキャラクターを演じるのは難しかったですが、窪田正孝さん、山本舞香さん、監督を始めとするスタッフの皆さんに助けていただきながら心地よく撮影させていただき、すごく楽しかったです」と振り返っている。  一方、木竜は映画『菊とギロチン』『鈴木家の嘘』に出演し、同2作の演技で第31回東京国際映画祭東京ジェムストーン賞や第92回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞ほか数々の賞を受賞した経歴を持つ。本作への出演について「『東京喰種』という人間と喰種の生きる世界の中、彼女を通して、私自身の大切にしたいものを改めて考えさせられたような気がしました」と感想を語っている。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は7月19日全国公開。

  • 山本舞香

    山本舞香「ヒドくないですか!?」 15歳のときに内村光良が放った言葉を暴露

    エンタメ

     女優の山本舞香が4日、『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系/毎週月曜20時)に出演し、15歳のころにウッチャンナンチャン内村光良に言われたショックだった発言を暴露した。@@cutter 番組では、「カッコイイ女性がスカッと解決SP」と称し、視聴者からの「女性が物事を解決した」体験談を元に製作された再現VTRを確認。VTRを受け、スタジオでは山本が経験したショックな出来事を振り返ることに。  15歳のとき、“とある人物”の舞台を観に行った際、感動した山本があいさつに向かったところ、初対面で「あなた、25歳に見えるね」と言われたという。続いて山本は「ヒドくないですか!?」と憤慨しつつも、「それが内村さんだったんですよ!」と暴露。同番組のMC内村が突然の名指しに驚く中、共演者からは「ひどい!」というツッコミが殺到。内村のタジタジになっている姿が映し出された。  その後「25歳に見えたんだからしょーがねーじゃねーか!」と切り返した内村に対し、スタジオでは大きな笑いが沸き起こっていた。

  • 『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』でウタ役を続投する坂東巳之助

    坂東巳之助、『東京喰種 トーキョーグール2』で再びウタ役に クールな新写真も

    映画

     俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』の追加キャストとして、歌舞伎俳優の坂東巳之助が、前作に引き続きウタ役で出演することが決定。併せてウタのクールな表情を捉えた新写真も公開された。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を誇る石田スイによる人気コミックを実写映画化する作品の第2弾。東京を舞台に、人間と、人間を食らう種族・喰種(グール)の共存をかけた闘いをダークな世界観で描く。窪田が前作に続き主人公の金木研(カネキ・ケン)を演じるほか、カネキの最大の宿敵として立ちはだかる喰種・月山習(ツキヤマ・シュウ)を松田翔太、カネキと共に月山と戦うヒロインの霧嶋董香(キリシマ・トーカ)を山本舞香が演じる。  坂東が演じるのは、原作でも人気のキャラクターであり、4区でマスク屋を営んでいるウタ。常に赫眼状態で、刈り上げにピアス、全身タトゥーという、普段の坂東とかかけ離れた個性的な姿をしている。前作では、半喰種となってしまったカネキのためにマスクを作り、カネキを気にかけていたが、本作では喰種が集う「喰種レストラン」にも関わっているような怪しい表情を見せる。  坂東は「前作に引き続きウタを務めさせていただき、光栄に思います。凝りに凝ったタトゥーもピアスも健在、前回はおやつだった美味しい目玉は今回おつまみになりました。徐々に、しかし確実に動き(蠢き?) 始めていくウタさんに是非ご注目ください」とコメントを寄せている。  今回公開された新写真は、ウタがバーにいる姿を捉えたもの。グリーンの照明の下、クールな表情を浮かべるウタがいるこのバーは、一体誰が集まっているのか。本編への期待が高まる1枚となっている。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は7月19日全国公開。

  • 『トレース ~科捜研の男~』第5話場面写真

    今夜『トレース~科捜研の男~』、ゲストに矢田亜希子&山本舞香登場

    エンタメ

     関ジャニ∞の錦戸亮が主演する『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が今夜放送。今回はゲストに矢田亜希子と山本舞香を迎え、18年前の幼児誘拐事件に絡んだ殺人事件の謎を追う。@@cutter 本作は、「月刊コミックゼノン」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)で連載中の古賀慶によるコミック『トレース~科捜研法医研究員の追想~』をドラマ化した本格科捜研サスペンス。主人公の科捜研法医研究員・真野礼二を錦戸が演じ、真野に振り回される新人法医研究員・沢口ノンナを新木優子、真野に鑑定を依頼するベテラン刑事・虎丸良平を船越英一郎が演じる。  スナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)の殺害遺体が発見される。死因は頭部を強打したことによる脳挫傷で、死後3日が経過していた。遺体の周辺から見つかった毛髪のDNA鑑定を行ったノンナ(新木)は、それが18年前に誘拐され、今なお行方不明になっている乳児のものと鑑定する。  虎丸(船越)は、今も娘の行方を捜してビラ配りをする乳児の母・彩花(矢田亜希子)と父・彰(山中聡)に事情を伝え、協力を要請。そんな折、遺体で見つかった奈津美が、18年前に誘拐事件が発生した町に住んでいたことが発覚する。  一方、真野(錦戸)は、明日が休日だというノンナに、予定がないなら付き合ってほしい、と声をかけ…。  『トレース~科捜研の男~』第5話は、フジテレビ系にて今夜2月4日21時放送。

  • 映画『東京喰種 トーキョーグール2』で亜門鋼太朗役を続投する鈴木伸之

    鈴木伸之、『東京喰種 トーキョーグール2』亜門役で続投決定

    映画

     俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』の追加キャストとして、劇団EXILEの鈴木伸之が、前作に引き続き亜門鋼太朗(アモン・コウタロウ)役で出演することが発表された。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を誇る石田スイによる人気コミックを実写映画化する作品の第2弾。東京を舞台に、人間と、人間を食らう種族・喰種(グール)の共存をかけた闘いをダークな世界観で描く。窪田が前作に続き主人公の金木研(カネキ・ケン)を演じるほか、カネキの最大の宿敵として立ちはだかる喰種・月山習(ツキヤマ・シュウ)を松田翔太、カネキと共に月山と戦うヒロインの霧嶋董香(キリシマ・トーカ)を山本舞香が演じる。  鈴木が演じるのは、高い格闘能力を持つCCG(喰種対策局)のエリート捜査官・亜門。前作では、カネキとの白熱のバトルシーンが話題となった。亜門は、尊敬していた捜査官・真戸を失い、本作ではさらに強く、彼なりの正義感を持ってカネキたち喰種を追いつめる役どころとなる。  鈴木は、「前作に引き続き、本作にも出演させていただきとても嬉しいです! 僕は、今回も亜門鋼太朗を演じています。世界的にも読まれている原作と前作に引けを取らない壮大な世界観を改めて楽しみに見て頂けたらと思います」と、続投の喜びを語っている。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は7月19日全国公開。

  • 『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』に出演する桜田ひより

    桜田ひより、『東京喰種 トーキョーグール2』ヒナミ役続投決定

    映画

     女優の桜田ひよりが、俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』で、前作に引き続き笛口雛実(フエグチ・ヒナミ)役を演じることが発表された。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を誇る石田スイによる人気コミックの実写映画化第2弾。東京を舞台に、人間と、人間を食らう種族・喰種(グール)の共存をかけた闘いをダークな世界観で描く。窪田が前作に続き主人公の金木研(カネキ・ケン)を演じるほか、カネキの最大の宿敵として立ちはだかる喰種・月山習(ツキヤマ・シュウ)を松田翔太、カネキと共に月山と戦うヒロインの霧嶋董香(キリシマ・トーカ)を山本舞香が演じる。  食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種が潜む街・東京。大学生のカネキは、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり2つの世界の狭間で葛藤しながらも、今は喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらと共に生活していた。そんなある日、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」を訪れる。月山を厄介者だとして露骨に嫌な顔をしたトーカは、カネキに「あいつとは関わらないほうがいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊なにおいに目を付け、カネキを「グールレストラン」へ招き入れる…。  雛実は、喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、カネキやトーカにとって妹的存在のキャラクター。前作では母親を亡くし、辛い思いをした雛実だったが、本作ではその悲しみを乗り越え、少し大人になった姿を見せる。演じる桜田は「雛実としてこの作品に呼んでいただけたことがとても嬉しく、ワクワクしながら現場に向かっていました」と語ると、続けて「悲しい出来事を乗り越え、少しだけ大人になった雛実に再び出会えたこと、演じられたことは夢のような時間でした」と語っている。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は7月19日より全国公開。

  • 『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』に出演する窪田正孝&山本舞香

    『東京喰種 トーキョーグール2』7.19公開 窪田正孝&山本舞香の2ショット解禁

    映画

     俳優の窪田正孝が主演する人気コミックの実写映画化の続編『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』の公開が、2019年7月19日に決定。併せて、窪田演じる主人公のカネキと、山本舞香演じるヒロイン、トーカの2ショット写真が解禁となった。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を突破した石田スイによる人気コミックを実写映画化した続編。東京を舞台に、人間と、人間を食らう種族・喰種(グール)の共存をかけた闘いをダークな世界観で描く。窪田が前作に続き主人公の金木研(カネキ)を演じるほか、カネキの最大の宿敵として立ちはだかる喰種・月山習を松田翔太、カネキと共に月山と戦うヒロインの霧島董香(トーカ)を山本が演じる。  ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなったカネキは、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、喰種たちの駆け込み寺である喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらと共に生活をしていた。ある日、グールたちの憩いの場である「あんていく」に、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習が訪れてくる。月山は、人間と喰種のハーフであるカネキの特殊なにおいに目を付け、カネキを「グールレストラン」へ招き入れる。やがて物語は、人間と喰種の共存を賭けた壮絶なバトルへと発展していく…。  今回到着した写真は、「あんていく」の制服に身を包んだカネキとトーカの2ショットとなっている。つかの間の日常を切り取った、ふたりの穏やかな表情が印象的だ。  キャストはほかに、カネキの親友ヒデ役に「超特急」の小笠原海、カネキの大学の先輩である喰種のニシキ役に白石隼也の続投がそれぞれ発表されている。いまだ謎に包まれている新キャラクターも含め、今後の続報を待ちたい。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は2019年7月19日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access