橋本良亮 関連記事

  • 『決算!忠臣蔵』で時代劇に初挑戦する橋本良亮(A.B.C‐Z)

    A.B.C‐Z・橋本良亮、時代劇初挑戦 映画『決算!忠臣蔵』に出演決定

    映画

     俳優の堤真一とナインティナイン・岡村隆史がダブル主演を務める映画『決算!忠臣蔵』に、A.B.C‐Zの橋本良亮が出演することが発表された。仇敵・吉良上野介に一番太刀を付けた人物としても知られる赤穂浪士・武林唯七役を務める。橋本の映画出演は『劇場版 BAD BOYS J ‐最後に守るもの‐』(2013年)以来2作目、時代劇は初挑戦となる。@@cutter 本作は、赤穂浪士の討ち入り計画の実像を、大石内蔵助が実際に残した決算書を基にお金の面から考察した山本博文の著書『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書)の実写映画化。  主君・浅野内匠頭の仇を討つため、その妻・瑤泉院から預かった上限予算9500万円以内で何とか討ち入りするべく、爪に火を灯すように日々の生活費や江戸までの旅費、武具までにも「これなんぼ?」と問い詰める口癖の内蔵助をはじめ、「忠臣蔵」の実像を<予算>と<関西弁>を切り口に描く。内蔵助を堤、彼を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助を岡村、すご腕の剣豪で討ち入り中心メンバーの不破数右衛門を関ジャニ∞の横山裕がそれぞれ演じる。監督と脚本は、『殿、利息でござる!』『忍びの国』の中村義洋。  橋本が演じる武林唯七は、早くから討ち入りを主張する浪士きっての過激派で、不義・不正を憎む剛直な性格ながら、大事なところでどこかズレた、おっちょこちょいな部分も持つ、人間味あふれる人物。討ち入りをめぐって右往左往する内蔵助に決断を迫る急進派の一人として、物語の重要な役割を担う。  撮影前、「A.B.C‐Zのセンターとしていいところを見せたいです」と意気込んでいた橋本は、その言葉通り、豪華な共演陣を前に初日から堂々たる演技を披露。あるシーンでは納得いかず20テイク以上重ねる場面もあり、うまくいかないいら立ちが募って大声を上げ自分自身を奮い立たせるストイックな姿も見せた。クランクアップ時には「やっとわかってきたところです。あっという間の1ヵ月半でした。まだまだ出来ます!」と謙虚に答えつつ、「また時代劇をやりたいです」と十分な手応えを感じているようだった。  橋本は出演にあたり「今回このような貴重な機会を頂き大変光栄です。初めての時代劇挑戦でしたが、堤さんはじめ、キャストの皆さんスタッフの皆さんに助けていただきながら、とても濃密で幸せな時間を過ごすことができました。事務所の先輩である横山くんの俳優としての姿にもとても痺れました!」と話している。  映画『決算!忠臣蔵』は今冬に全国公開。

  • 『コインロッカー・ベイビーズ』原作者の村上龍

    A.B.C‐Z橋本良亮&河合郁人、村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』音楽舞台でW主演

    エンタメ

     村上龍が1980年に発表し、一大センセーションを巻き起こした小説『コインロッカー・ベイビーズ』が、橋本良亮(A.B.C‐Z)と河合郁人(A.B.C‐Z)のW主演で、2016年に音楽舞台化が決定した。@@cutter コインロッカーに捨てられ、かろうじて生き残った2人の赤ちゃん…キクとハシは施設で育てられた後、双子の兄弟として九州の離島に住む夫婦のもとで暮らしていた。いつしか“音”に異常なこだわりを抱くようになったハシは、東京へと旅立ち、カリスマ的な人気を博す歌手になる。陸上の棒高跳び選手だったキクは、家出したハシを追って東京に出て、モデルとして活躍する不思議な少女アネモネと出会い、2人で世界を破壊するため、謎の物質“ダチュラ”を探す約束をして…。  本作は、当時起こった“コインロッカー幼児置き去り事件”を題材とした衝撃作。コインロッカーに置き去りにされた“コインロッカー・ベイビーズ”のキクとハシを主軸に、現代の若者を痛切に批判。無力感や葛藤、屈服、反抗、逃走…そうした姿で今日の若者を表わす。これまで映像化もされていなかった本作だが、“音楽舞台”というこれまでアプローチされたことのない方法で、彼らの激しくも切ない物語を描き出す。  ハシ役の橋本は、「僕の名前が橋本なので嬉しいです。このロングセラー小説を自分なりに自信をもってみなさんを満足出来るように橋本良亮頑張りたいと思います」と意気込みをコメント。キク役の河合は、「キクはもの凄く強いキャラクターで想像もしたことのなかった人物像です。でも、魅力的なので、今から楽しみです!今までの河合郁人からは想像できないくらい、入り込んで役作りしたいと思っていますので、お楽しみに!」とアピールした。  音楽舞台『コインロッカー・ベイビーズ』は赤坂ACTシアターにて、2016年6月4日~19日に上演。

  • 中島、二階堂、橋本がサンタの衣装で登場した、映画『劇場版BAD BOYS J‐最後に守るもの‐』大ヒット御礼舞台挨拶

    Sexy Zone中島健人のキュートさに、キスマイ二階堂大暴走「健人サンタが一番可愛い」

    映画

     映画『劇場版 BAD BOYS J‐最後に守るもの‐』の大ヒット御礼舞台挨拶が、30日都内で行われ、本作に出演している中島健人(Sexy Zone)、二階堂高嗣(Kis‐My‐Ft2)、橋本良亮(A.B.C‐Z)が、サンタクロースの衣装で登壇した。@@cutter 累計5500万部を超える伝説のモンスターコミックを実写映画化した本作は、広島を舞台に、愛するものたちのためにすべてを懸けて戦う、熱い男たちの物語。「いつも革ジャンだから、今日も革ジャンだと思った」と言いながら、三種三様のキュートなサンタクロース姿で登場した3人に、会場は大興奮。桐木司を演じた中島健人は「今日に関しては“サンタボーイズJ”ということで、一足早いクリスマスを、皆さんにプレゼントしたいと思っていました」と満面の笑みを見せ、女性陣の目をハートにさせていた。ヒロ役の橋本良亮も「ヒロサンタです、今日はこんな格好ですけど、1日よろしくお願いします」と照れくさそうに挨拶を行っていた。  登場後より、チラチラ隣の中島を見ていた段野秀典役の二階堂高嗣は「やっぱり健人が一番サンタの格好、似合ってるかな」と羨ましそうにしており「だって、見てくださいよ、この前髪の出し方!」と、サンタの帽子から前髪を綺麗に出している中島を指した。「この女の子みたいなかぶり方が大嫌いだ!」と叫ぶと、前髪を全部しまっている二階堂に、中島が「帽子の周りの白いふわふわが、白髪みたいになっている(笑)」と反撃すると、場内は大爆笑。思わぬ展開となった二階堂が「橋本!助けてくれ」と、ヘルプを求める場面もみられた。  「BAD BOYS」一行で、この3人のみの登場は実はこの日が初めて。3人だけということについては「全然違和感がないよね」「現場でもこんな感じだったよね」とキャッキャッと仲睦まじく、中島も「携帯のインカメラで3人で一緒に撮ったよね! 修学旅行みたいに」と撮影中の思い出を漏らしていた。二階堂は「俺は2人のスケジュールを無視して、3人でご飯を食べるためにしゃぶしゃぶの店、予約してるぜ」と鼻をふくらませると、中島が「鍋を3人でつつくのが夢」とはしゃいだ。すると客席からは、また「可愛い」の声。間髪いれず「可愛いか!?」と反応した二階堂が「俺も鍋を三人でつつくのが夢」と重ねると、場内では笑いが起こり「俺は(可愛いの声より)笑いのほうがでかい」と肩を落としていた。  映画『劇場版 BAD BOYS J‐最後に守るもの‐』は大ヒット公開中。

  • 『劇場版BAD BOYS J‐最後に守るもの‐』初日舞台挨拶にて

    Sexy Zone中島健人『劇場版BAD BOYS J』初日に公約どおり全国制覇!

    映画

     映画『劇場版 BAD BOYS J‐最後に守るもの‐』初日舞台挨拶が9日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、主演の中島健人(Sexy Zone)、二階堂高嗣(Kis‐My‐Ft2)、橋本良亮(A.B.C‐Z)、岩本照・深澤辰哉・渡辺翔太(Snow Man)、重岡大毅(関西ジャニーズJr.)、安井謙太郎・森田美勇人・諸星翔希・七五三掛龍也(ジャニーズJr.)の男性キャストと、橋本奈々未・白石麻衣・生駒里奈・松村沙友理(乃木坂46)、板野友美、そして窪田崇監督の総勢17名が登壇した。@@cutter この日は、主要キャスト陣が5チームに分かれて東京・大阪・名古屋・福岡・札幌の全国5大都市で舞台挨拶。完成披露試写会で中島が「全国制覇します」と宣言したとおり、全国のファンの前で『BAD BOYS J』初日の報告を行い、最後、六本木ヒルズに終結した。会場に集まったファンに中島は「ワイルドでスイーティーな場所に集まってくれてありがとう。ドラマから始まり、1つの作品をみんなで作り上げてきました。達成感があります」と力強く作品をアピールすると、会場からは大歓声が上がった。  男の熱いドラマが繰り広げられる本作で、二階堂演じる段野の恋人役を演じた板野は「やっと映画が公開して嬉しい。男同士の喧嘩のシーンはとてもカッコいいですよ」と見どころをあげると、乃木坂46の橋本も「普段、私たちは女の子しかいない環境なので、男性陣のにぎやかな雰囲気がとても楽しそうでした」とうらやましそうな表情を浮かべていた。  劇中は激しいバトルが繰り広げられるが、現場ではみなとても仲がよかったようで、窪田監督は「喧嘩したりする奴がだれもいなくて、とてもやりやすかった。僕は一度も怒鳴ることがなかったですよ」と感心しきりだった。  舞台挨拶の最後には、主演の中島が所属するグループSexy Zoneの佐藤勝利が、サプライズで花束のプレゼント。佐藤は「色々考えさせてもらえる作品でした」と感想を述べると、中島は「こんな素晴らしい初日を迎えられて感動しています」と感無量な表情を浮かべていた。  映画『劇場版 BAD BOYS J‐最後に守るもの‐』は全国公開中。

  • 「BAD BOYS J大ヒット祈願!男祭り」開催!

    ジャニーズ異例の男性限定イベント! キスマイ二階堂「ブサイクだから学べたことも」

    映画

     映画『劇場版BAD BOYS J-最後に守るもの-』の特別試写会が、20日都内で開催。映画に出演している中島健人(Sexy Zone)、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、橋本良亮(A.B.C-Z)をはじめとした、Snow Man、関西ジャニーズJr.、ジャニーズJr.など大勢の次世代を担うジャニーズの面々が登壇した。@@cutter 本作は広島を舞台に、覇権をめぐる壮絶な戦いと熱い友情の物語が描かれる。男の中の男の物語ということにちなんで“BAD BOYS J大ヒット祈願!男祭り”と題し<男性限定特別試写>のイベントとなった。映画の公開に合わせ、男性限定の映画イベントを行うのは、ジャニーズとしても初の試み。外は肌寒い雨が降りしきっていたが、場内はなんと約500名の男性客で埋め尽くされ、常夏かのような盛り上がりをみせた。  それぞれ色とりどりのハッピを着て登場したキャスト陣。“極楽蝶”のトップ、桐木司を演じた中島健人は「叫び声が男臭いですね! 集まっていただき、ありがとうございます。今日は女の子なしだから手加減なしでいくぜ! よろしく!」と気合十分。続いて広島最強チーム“ビイスト”を率いる段野秀典役の二階堂高嗣は「茶色い歓声がすげえわ! 黄色い歓声じゃないんだね」と物珍しそうに飛び跳ねて嬉しがっていた。また“廣島ナイツ”のリーダー・ヒロ役の橋本良亮は「今日お母さん、もしくはお姉ちゃんに『観に行ってこい』って言われた人?(数人手を挙げる)あ、いるね!」と、普段女性ファンで埋め尽くすような、ジャニーズならではの掛け合いをみせていた。  今回は男同士ならではということで、場内の男性ファンから、普段はできないような質問を受け付けることに。早速場内から「モテる秘訣や、女性を口説く決め台詞を教えてください」と質問が飛び“彼氏役”中島と“彼女役”の二階堂が即興のデート場面劇を演じたりなど、ウキウキと女子禁制ならではのやり取りを披露していた。  最後に客席から「男として女性を守るということはどういうことですか?」という質問を受けると、恋愛系バラエティ番組「キスマイBUSAIKU!?」(CX系)の番組で腕を磨いてきた自負がある二階堂が「彼女とデートしていて絡まれたら、男としては立ち向かいたいけど、負けちゃった場合は彼女が傷つく。だから、絡まれたらまずは守らないといけないから、彼女のことだけを考えて、戦わないという選択肢を取る方法もある」ことを伝授すると、客先からは拍手喝采。と同時に「もうブサイクじゃないじゃん」というツッコミも受け、ブサイクの看板を外されかけた二階堂は「ブサイクだったから学べたんだけどね!」と即座に切り返し、男たちを湧かせていた。  映画『劇場版BAD BOYS J―最後に守るもの―』は11月9日(土)より、全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access