関口メンディー 関連記事

  • 『PRINCE OF LEGEND』公開初日舞台挨拶

    片寄涼太、両親の結婚記念日に映画公開「親孝行できたかな」

    映画

     俳優の片寄涼太が21日に都内で開催された映画『PRINCE OF LEGEND』公開初日舞台挨拶に登壇した。片寄は公開初日が両親の結婚記念日だと明かし、「少し親孝行できたかな」と白い歯を見せ、本作への白濱亜嵐の出演にも触れた。イベントには飯島寛騎、塩野瑛久、鈴木伸之、川村壱馬、佐野玲於、関口メンディー、吉野北人、藤原樹、長谷川慎、町田啓太、清原翔、遠藤史也、こだまたいち、女優の白石聖が登壇した。@@cutter 「セレブ王子」を演じる片寄をはじめ、「ヤンキー王子」の鈴木・川村、「生徒会長王子」の佐野、「先生王子」の町田など、個性豊かな王子たちが“大渋滞”しながら「伝説の王子」の座を巡って激しく火花を散らすさまを描く本作。物語のプリンセス・成瀬果音を白石が演じる。  片寄は「実は今日、両親の結婚記念日で。そういった日に、こうして自分も中心となって携わらせていただいた作品を公開することができて、少し親孝行できたかなと。それも皆さんのおかげかなと思っています。本当に感謝しています」とニッコリ。また、白濱の出演にも言及し「本当に、不正レベルの出演ですけれども(笑)、まだまだ詳細は明かされていませんが、この白濱亜嵐の存在も、ぜひ確認しに、劇場に足を運んでいただけたらなと思います」と話していた。  当日は白石をお題に、登壇者が似顔絵を描く一幕も。最も高評価の「絵心王子」は塩野に決定し、白石は「(似顔絵は)本人を喜ばせてあげようっていう心がないとダメだなと思います。それが一番感じられました」とコメント。これを聞いた塩野は「これは今、ヒロインの座を明け渡しますっていうことでいいですか?」と役柄に絡めて問いかけるも、白石は「ちょっとそれは…」と困り顔。塩野は「でもうれしいです。とっても」と笑顔を見せた。  一方、最下位の「ドヘタ王子」は町田となり、白石は「置きに行ったなっていう」と厳しく評価。王子としては白石から最も好評だった町田は「プラマイゼロということで(笑)」と応えていた。

  • 『PRINCE OF LEGEND』伝説の玉子料理選手権イベントにて

    片寄涼太、料理対決で平野レミの“孫似”をアピールするも惨敗

    映画

     俳優の片寄涼太が13日、都内で開催された出演映画『PRINCE OF LEGEND』の料理対決イベントに、共演の鈴木伸之、佐野玲於、関口メンディー、町田啓太、清原翔と共に出席。審査員&特別アドバイザーとして参加した平野レミが、片寄を見た途端「孫に似てる!」と大喜び。片寄がそれを利用して(!?)好評価を勝ち取ろうとするも、作ったオムライスは酷評されてしまう結果となった。@@cutter 伝説の王子を目指しバトルを繰り広げる本作にちなみ、この日のイベントでは“No.1料理王子”の称号をかけた料理対決が開催され、王子ならぬ、1つ500円の伝説の“玉子”を使用する「ホワイトデーに彼女に作ってあげたいオムライス対決」を実施。若干強引なダジャレ企画に「まさかの料理対決。なんでも広がるなこのプロジェクトは」と町田が苦笑い。  一方の片寄は「料理はあまり自信はないんですけど、気持ちかなと」とコメントすると、ゲストの平野が片寄を見て「うちの孫にそっくりなのよー。女の子でぴーちゃんっていうんだけど本当に可愛いの!」と興奮。“ひいき”をしてしまうかも……という勢いに。  対決は、片寄と鈴木の赤チーム、佐野と関口の青チーム、町田と清原の青チームの3チームに分かれて調理開始。制限時間20分間で、材料選びから不安げな6人に平野は「大変、これは!」と笑いながらも心配の様子。  しかし調理に入ると、みじん切りなどに慣れた手付きを見せた佐野と町田。また、鈴木は本格的なフライパンの振り方でご飯を炒め、その姿をみた平野が「すごい! 上手上手!」と絶賛。続けて鈴木が「(こういうのは)あんまりやったことないです」と話しながら、高い位置からケチャップを投入するなどパフォーマンスを見せた。  仕上げに思い思いのメッセージを書いたオムライスが完成し、赤チームは平野へのアピールのため「ぴーちゃん」と書くという作戦に。しかし、いざ実食した平野から「……薄味だね」「こりゃダメだね」と言われショックを受ける片寄と鈴木。結果、赤チームのオムライスは平野から「平凡」という判定をもらい、最終的に「一番ちゃんとしてる!」と平野が判断した青チームが優勝した。  映画『PRINCE OF LEGEND』は3月21日より全国公開。

  • (左から)片寄涼太、鈴木伸之

    片寄涼太&鈴木伸之、“彼女役”の一般女性をハグ 視聴者「うらやましすぎ」

    エンタメ

     俳優の鈴木伸之とGENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と関口メンディーが2月28日、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系/毎週木曜20時)に出演。片寄が一般の視聴者にハグをする一幕に、視聴者から「羨ましすぎる」「カッコよすぎる」「最高すぎるやん」などのツイートが殺到した。@@cutter 番組では「もしも夢に描いた妄想が現実に起きたら、受け入れる?or受け入れない?」をテーマに、3人がカフェにいる女性に“母親の前で彼女のフリをしてほしい”と依頼。女性たちがどう応じるかという反応を見るというもの。  最初の仕掛け人となった鈴木は、自身のファンという女性に「僕の彼女っていうテイにしてもらっていいですか?」と願い出ると、即答でOKの返事が。そこにもう1人の仕掛け人としてニセの母親が登場。母親は2人を見るなり「よそよそしくない?」と声をかけると、鈴木は「付き合ってるって本当に」と言いながら女性に恋人つなぎ。さらに母親が「本当は付き合ってないんじゃないの?」と疑うと、鈴木は母親に「付き合ってるよ」と返し、女性の目を見て「愛してるよ」と一言。鈴木の言葉にファンの女性は顔を真っ赤にして大興奮。このシーンに対してSNSには「ファンじゃなくても好きになっちゃう」「嫉妬しまくりですよ!」などの反応が。  次の仕掛け人は片寄。鈴木同様に自身のファンだという女性に「一瞬だけだから彼女役やってくれないですか?」と粘り強くお願いすると、なんとか女性は彼女役を了承。2人の前に現れた母親役の仕掛け人が「ホンマに付き合ってるよね?」と聞くと、片寄は「もちろんもちろん」と答えて、隣に座る女性と恋人つなぎ。そして母親が女性とハグをするように要求すると、片寄は「いつも通りでええの?」とつぶやいて、女性の頭をかかえるようにして抱きしめる。このハグのシーンに視聴者からは「羨ましすぎる」「もー片寄君カッコよすぎるやろ!」「ハグの手のやり場が最高すぎるやん!!」などのツイートが殺到した。  最後の仕掛け人となったメンディーだが、カフェにいた女性が彼のことを知らなかったため“彼女のフリをしてほしい”という依頼を毅然とした態度で拒否。これを別室のモニターで見ていた鈴木と片寄が絶句するという一幕もあった。

  • 『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』ポスター

    女児向け特撮『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』関口メンディー&斎藤工ら出演

    エンタメ

     4月から放送がスタートする、「ガールズ×戦士シリーズ」第3弾『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』(テレビ東京系/毎週日曜9時)に、EXILE/GENERATIONSの関口メンディー、俳優の斎藤工らが出演することがわかった。女優の本田翼も本作でキャラクターボイスを務める。@@cutter 「ガールズ×戦士シリーズ」は、タカラトミーと制作プロダクションのOLMが原作、映画監督の三池崇史が総監督を務め、OLMが制作する女児向け特撮テレビドラマシリーズ。これまで2017年4月より第1弾『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』を、2018年4月より第2弾『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』を放送している。  第3弾となる本作の主人公は、正義の怪盗「ファントミラージュ」と名乗る、正体は絶対に秘密の3人組の女の子。「正義の怪盗 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! イケない心 ちょーだいします!」を合言葉に、「逆逆警察」によって「イケナイヤー」にされてしまった人から、「イケない心」をちょーだいして平和を取り戻していく。OLMによる最新VFXを駆使したダイナミックな映像と、「ファントミラージュ」の得意技となる歌やダンスが見どころとなっている。  主役3名はオーディションで選ばれた、菱田未渚美(桜衣ココミ:ファントミハート役)、山口綺羅(明日海サキ:ファントミスペード)、原田都愛(紫月ヨツバ:ファントミクローバー)。関口は「ファントミラージュ」のボス・ファンディー役を、斎藤はココミの父親・桜衣慎一役を務める。そのほか、石田ニコル(ギャンヌ署長役)、黒石高大(マギャク巡査役)、ぺえ(アベコベ刑事役)らが脇を固め、ナレーターを俳優の豊永利行が、登場キャラクター・くまちぃの声を本田翼が担当する。  関口は今作への出演について「このようなファンタジーな世界でお芝居するのは初めてなのですごく新鮮ですし、CGなどもイメージしながら考えて演じることがすごく面白いですね」と手応えを語る。一方、テレビドラマでは今作が初めての父親役で、優しいスイーツ男子を演じる斎藤は「経営しているスイーツカフェだったり、遊園地での撮影は、その世界に自分がいることがとても新鮮で、見たことのない自分に出会えている気がしています」と撮影の感想をコメント。  人間の世界に、「ファントミラージュ」になれる女の子を探しに来たくまの妖精・くまちぃの声を担当する本田は「くまちぃを演じる時は裏声をつかったり自分なりに工夫や苦労もあるのですが、楽しくて良い経験になっています」と充実感をにじませた。  また、「ファントミラージュ」が劇中で使用するアイテムや、キャラクターアイテムなどが4月6日にタカラトミーから発売。その中にはデータ放送連動の最新技術を取り入れた玩具も登場する。詳細は公式サイトにて。  新日曜特撮ドラマ『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』は、テレビ東京系にて4月7日より毎週日曜9時放送。

  • 『アクアマン』メインビジュアル

    ジェイソン・モモアとアクアマンの深いつながり 監督「海底のヒーローとして完璧」

    映画

     映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』のジェームズ・ワンが監督し、43ヵ国で初登場1位を記録した『アクアマン』。俳優ジェイソン・モモアが本作の主演にふさわしい理由について、ジェイソン自身やジェームズ監督のコメントから明らかとなった。@@cutter 本作の主人公アクアマンは時速160キロで泳ぐことができ、人間の150倍もの力があり、あらゆる海洋生物を操ることができる規格外のヒーロー。見た目はとっつきにくい“オレ様ワイルド系”だが、実はユーモアあふれる天然キャラだ。  そんなアクアマンを演じたジェイソンについて、ジェームズ監督は「ジェイソンがハワイアンとして育ったことは、海底のヒーローとしては完璧です。彼は人生でずっとサーフィンをしたり、海と一緒に育ったんだ。その上、ハワイアンでありながら、ドイツや、アイルランドなどの血を引いている。それは海底帝国アトランティス人と人間のハーフであるアクアマンのキャラクターを演じるのに、とても合っているんだ」とコメント。ジェイソンの出自や育った環境が、アクアマンの設定と重なる部分があることを明かした。  さらに監督は「ジェイソンは、子供の頃一度もどこかに属していると感じたことがなかったと最初に話していたんだ」と明かし、「ハワイにいた頃は、人々は彼があまりに白人みたいだと言ってからかった。それからアメリカの中部に引っ越したとき、人々はあまりにブラウンだと言ってからかった。彼はどこかに属していると感じたことはなかったんだよ。それはアクアマンのキャラクターの一部としても描かれているよ」と、ジェイソンとアクアマンの深いつながりを語っている。  ジェイソン自身は、アクアマンはグループの中でうまくやっていけないキャラだと指摘した上で、「彼はアトランティスの出身だけど、人間の父親に育てられた。家を出た彼は、人間の社会で暮らすんだ。そんな時彼の周りの誰かが大けがをするとする。でも彼は地上にいる人に彼の特別な力を見せることができない。多くの人々を救おうとするんだけど、また同時に多くの人々を失ってしまうんだ」と説明。  続けて、「そういう彼の少し複雑な状況がアクアマンのキャラクターを魅力的にするんだ。なぜ彼には欠点があるのか? なぜ彼はどうパワーを使ったらいいのか分からないのか? そしてなぜ彼は王ではないのか? アクアマンには僕がすごく興味を引き付ける要素がたくさんあったんだ!」と、アクアマンのヒーローらしからぬ人間臭い魅力に引かれたことを告白している。  オーストラリアで行われた撮影では、毎朝撮影前にサーフィンをしに行ったというジェイソン。「僕はアクアマンとして海に行ったんだよ(笑)」と茶目っ気たっぷりにコメントを残した。  先日公開されたアクアマンの故郷初訪問のシーン映像では、深海魚を模した潜水艇に乗ったアクアマンの眼前に美しくまばゆい光を放ち、未知のテクノロジーに満ちたアトランティスが登場。今までに見たことがないスケールで広がる海底都市の映像が初披露された。  ジェイソンが自身の人生を反映させることによって完成させたアクアマンが、どのような活躍を見せるのか期待したい。  映画『アクアマン』は2月8日より全国公開。

  • 映画『PRINCE OF LEGEND』ポスタービジュアル

    『PRINCE OF LEGEND』 個性豊かな王子が続々登場する最新予告

    映画

     『HiGH&LOW』シリーズをプロデュースしたHI‐AXチームが手掛ける“プリンスバトルプロジェクト”の映画『PRINCE OF LEGEND』から、王子たちの個性溢れる最新予告映像、最新ポスタービジュアル、そして劇場前売特典が解禁となった。@@cutter “プリンスバトルプロジェクト”は、10月スタートの連続ドラマを皮きりに、ゲーム、ライブなどあらゆるメディアと連動。連続ドラマでは「14人の王子たちがなぜ伝説の王子の座を目指すことになったのか?」が描かれたが、2019年3月21日公開の本作では、そのクライマックスとなる「伝説の王子選手権」がついに開幕する。  キャストは連続ドラマから引き続き、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太、佐野玲於、関口メンディー。劇団EXILEより鈴木伸之、町田啓太。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEより川村壱馬、吉野北人、藤原樹、長谷川慎。そして飯島寛騎、塩野瑛久、清原翔、遠藤史也、こだまたいちと、今をときめくイケメンが集結した。  解禁された本予告映像では「セレブ王子」「ヤンキー王子」「生徒会長王子」など、選手権に挑む14人の個性豊かな王子たちが続々と登場。壁ドンやアクションなどを交えながら「伝説の王子」の座を巡る王子たちの聖戦(プリンスバトル)の模様が映し出される。一方のポスタービジュアルでは、ティザービジュアルで描かれたさわやかな“14連壁ドン”とは異なり、それぞれの王子たちの熱き聖戦姿が全面に描かれている。  劇場前売特典としては、12月14日より「王子が大渋滞!!15連カードセット(選べる4種類)」が全国合計5万名限定で発売。こちらは全種類そろえるとトランプとしても遊ぶことができる。  映画『PRINCE OF LEGEND』は2019年3月21日公開。

  • 映画『PRINCE OF LEGEND』ポスタービジュアル

    14連壁ドン!映画『PRINCE OF LEGEND』特報&ポスタービジュアル解禁

    映画

     『HiGH&LOW』シリーズをプロデュースしたHI‐AXチームが手掛ける“プリンスバトルプロジェクト”の映画『PRINCE OF LEGEND』から、第1弾特報映像とポスタービジュアルが解禁。映像では劇中に登場する14人の王子が火花を散らす姿が収められている。@@cutter “女の子”として生まれたすべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える、刺激的かつ極上のプロジェクト“プリンスバトルプロジェクト”。片寄涼太や佐野玲於をはじめとする今をときめくイケメンが集結し、10月3日スタートの連続ドラマをはじめ、2019年3月21日公開の映画『PRINCE OF LEGEND』、さらにゲームやライブ、イベントなどメディアを横断して、“伝説の王子誕生”を描いていく。  このたび公開された特報映像は、来春公開の映画の第1弾特報映像。映像では、劇中で描かれる「伝説の王子選手権」に出場する計14人の王子たちが勢ぞろい。「セレブ王子」を演じる片寄をはじめ、「ヤンキー王子」の鈴木伸之、川村壱馬、「生徒会長王子」の佐野、「先生王子」の町田啓太など、個性豊かな王子たちが“大渋滞”。「伝説の王子」の座を巡って激しく火花を散らす様子が描かれている。  さらに、併せて公開されたポスタービジュアルでは、この14名の王子たちが“14連壁ドン”を披露。インパクト溢れるビジュアルに仕上がっている。  映画『PRINCE OF LEGEND』は2019年3月21日公開。

  • 『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』にて

    本気モードのEXILE、本性が丸裸に…今夜放送『魂のドッキリ映像SP』

    エンタメ

     今夜放送の『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』(TBS系)で、岩田剛典、関口メンディーらEXILEのメンバーが大掛かりなドッキリを仕掛けられることが分かった。@@cutter まず、同局の人気特番『最強スポーツ男子頂上決戦』の落下するボールに向かって走りタッチできればクリアという「ショットガンタッチ」を舞台に、落とし穴ドッキリを計画。  競技が“スポーツ男子落とし穴頂上決戦”状態になっているとは知らず、黒木啓司、佐藤大樹、白濱亜嵐、世界、橘ケンチ、NAOTO、NESMITHの7人が本気で挑戦する。本気モードから突然開いた穴へと一直線、いきなり“地獄”に落とされたメンバーが見せる表情に注目だ。  また、非の打ち所のないイケメン・岩田を危機的状況に陥れ、本当の人間性を探る企画も。イリュージョン企画で、先輩・ATSUSHIが入ったBOXがそのまま爆破されるという危機に直面した岩田の行動を探る。  さらに、先日プロ野球の始球式で133kmの剛速球を投げたメンディーに、メジャーリーグ入団という夢あふれるドッキリを敢行。夢のオファーから入団会見までの1か月に完全密着し、スタジオ収録と同時進行で入団会見に臨んでいた関口に史上最悪のネタバラシを行う。  ほかにも、EXILEメンバーが乗ったタクシーが突然ドリフト連発の大暴走する企画や、楽屋にメンバーのそっくりさん、予想外の動物などさまざまなドッキリを用意する企画で、EXILEの人間性を丸裸にしていく。  『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』はTBS系にて9月12日20時放送。

  • TBS特番『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』収録後囲み取材にて

    関口メンディー、メジャーリーガーに!? 粉まみれで「早く帰りたい…」

    エンタメ

     関口メンディーが29日、TBS系列のバラエティ番組『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』収録後の囲み取材に、EXILEメンバーと共に出席。ドッキリ企画で粉まみれになったまま「早く家に帰ってシャワーを浴びたい」と終始うなだれていた。@@cutter 同番組は、EXILEの再始動を記念し、メンバーの見たことのない表情を初出しするドッキリ特番。豪華ゲストやEXILEメンバーが仕掛け人となり、数々のドッキリを試みる。  囲み取材には、関口の他にATSUSHIやAKIRA、TAKAHIRO、岩田剛典、白濱亜嵐、橘ケンチ、黒木哲司、TETSUYA、NESMITH、SHOKICHI、NAOTO、小林直己、世界、佐藤大樹が出席した。  ドッキリ企画の一つで、ATSUSHIのピンチに遭遇した岩田は「完全に策にハマりましたね。『スタッフ、何やってるんだよ!?』と。夢にもドッキリだと思わず、本当に『ATSUSHIさんをどうしてくれるんだ!』という気持ちで頭がいっぱいでした」とドッキリを受けたときを振り返った。  一方、先日始球式で球速133km/hを記録したことから、大谷翔平も所属するロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムにスカウトを受け、アーティスト活動との“二刀流”で入団するという本格的なドッキリを受けたばかりの関口は、粉まみれで報道陣の前に登場。「早く家に帰ってシャワーを浴びたい」とぼやきながら「HIROさんのメールの言葉とか説得力があって…」と回想した。  移籍会見に仕掛け人の1人として同席したAKIRAは「セットが嘘くさかったんですけど(笑)、メンディーが入ってくると本当に会見場なんじゃないかと思えるくらい緊張感が漂ってきて。メンディーもオーラを発しているし、記者の人も本物に見えて、本当にメジャーリーガーに見えてきた」と口に。  それについて関口は「会見前に大谷選手でイメージトレーニングしていたんで。でも向こうは(入団会見を)海外でやっているのにおかしいですよね、そこに気づかなかった。クオリティーの差に驚きです」と本音をこぼした。  さらに、入団会見と同じように「現在の心境を漢字一文字で表すとどうなるか」と問われた関口は「今は…“帰”」と回答。帰宅願望を熱烈にアピールして、メンバーの笑いを誘っていた。  『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』は、TBS系列にて9月12日20時より放送。

  • 片寄涼太

    片寄涼太の寝顔にファン興奮 関口メンディー「誕生日おめんでぃー」

    エンタメ

     8月29日に24歳の誕生日を迎えた片寄涼太のさまざまな表情を、同じGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーである関口メンディーが披露して話題になっている。@@cutter 関口は29日に日付が変わって間もなく、キャプションに「GENERATIONSの王子こと片寄涼太 誕生日おめんでぃー」として、クラッカーの絵文字と共に5枚の写真を投稿。ハッシュタグに「#片寄涼太何しても王子説」「#キメ顔は無論王子」「#変顔してても王子」「#カプラ積んでも王子」「#中国の伝統的な帽子被っても王子」「#寝てても王子」とあるように、片寄のさまざまな表情が捉えられている。  これに対してファンからは「王子きゃわ メンさんありがとう」「写真のセンスが神!!」「ホンマに王子やぁ~誕生日おめんでぃ~」と秘蔵写真をセレクトしてアップした関口への感謝と、片寄の王子っぷりへの称賛と祝福のコメントが殺到。  特に最後の寝顔が好評のようで「寝顔やばぁ 好き好き好き」「最後のりょた可愛すぎる」「寝方めっちゃかわいい」「最後可愛すぎて死にました」「寝顔貴重すぎる!ほっぺぷにってしたい」「メンさんなんて素敵なお写真ありがとう」と、メンバーならではのオフショットと接写にファンは大興奮の様子だった。 引用:https://www.instagram.com/mandy_sekiguchi_official/

  • ドラマ『PRINCE OF LEGEND』メインビジュアル

    片寄涼太、佐野玲於…王子がいっぱい『PRINCE OF LEGEND』連続ドラマ化決定

    エンタメ

     『HiGH & LOW』シリーズをプロデュースしたHI‐AXチームが手掛ける“プリンスバトルプロジェクト”の連続ドラマ『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ系/毎週水曜24時59分)が、10月3日より放送されることが決定。ドラマでは王子たちが“トップオブザプリンス”を目指して戦うきっかけが描かれる。@@cutter “女の子”として生まれたすべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える、刺激的かつ極上のプロジェクト“プリンスバトルプロジェクト”。片寄涼太や佐野玲於をはじめとする今をときめくイケメンが集結し、このたび放映される連続ドラマをはじめ、2019年春公開予定の映画『PRINCE OF LEGEND』、さらにゲームやライブ、イベントなどメディアを横断して、“伝説の王子誕生”を描いていく。  総資産数兆円と言われる朱雀グループの御曹司、朱雀奏(片寄)はすべてにおいて気品が溢れる“セレブ王子”。ある日、父の紹介で下町ヤンキー界のカリスマである“ヤンキー王子”こと京極尊人(鈴木伸之)と出会う。住む世界も性格も真逆の二人だが、あることをきっかけに“大切なもの”をかけて戦うことに。  しかし、そこには尊人の弟・京極竜(川村壱馬)、生徒会長王子・綾小路葵(佐野)、ダンス王子レッド・天堂光輝(吉野北人)、先生王子・結城理一(町田啓太)、美容師王子・嵯峨沢ハル(清原翔)らも参戦。14人の王子は、それぞれのプライドをかけた”プリンスバトル”を展開していく…。  ドラマの放送決定と併せてビジュアルも初公開。スーツ姿のかっこいい14名の王子たちが、何かに向かって走っているような疾走感あふれるデザインに仕上がっている。  ドラマ『PRINCE OF LEGEND』は、10月3日より日本テレビ系にて毎週水曜24時59分放送。

  • 始球式に続き、いろんな意味でナイスバディなチアガールとなって、全力パフォーマンスを見せた樽美酒研二

    球速135kmの樽美酒研二、チアガール姿の腹筋&美脚に「女子も嫉妬」の声

    エンタメ

     ゴールデンボンバーの樽美酒研二が27日、自身のインスタグラムにチアガールの扮装をして埼玉西武ライオンズの公式パフォーマー・bluelegendsにまぎれ込んだ写真を投稿。見事な腹筋&美脚とセクシーなポージング、「意外とバレませんでした」という報告に大きな反響が寄せられている。@@cutter 同日に行われた「西武×オリックス」戦の始球式で、球速135kmの自己最高記録をマークした樽美酒。関口メンディーが5日に「巨人×楽天」戦の始球式で記録した133kmをも上回るスピードが話題になった。  始球式に臨む気持ちと新記録達成の喜びを男らしくつづった樽美酒だが、その直後には「#埼玉西武ライオンズ #bluelegends #こっそりバレないように入り込んでみる #しっかり最後まで踊りきる #お客様にも意外とバレませんでした」と、bluelegendsに混じって整列する様子や、球場で思いっきり踊る姿、球場のバックヤードや控室でセクシーにポーズを取った写真を6枚ほど投稿した。  これに対しファンは「いや、バレてるでしょw」「腹筋!!!!!!!!!」「ひとりデカイわっ」「顔白いから」と総ツッコミ。一方で、「みんなかわいい」「綺麗で色っぽい」「白塗りしてるし、明らかに違うのに…可愛いよ??」「あ~もう、私おかしいのかしら?可愛すぎてたまらない!」「目がおかしいのかな。3枚目の写真めっちゃ美人に見える…」と自分の感覚を見失いつつあるファンも多数見られた。  また、「元気いっぱい研二っちのダンス可愛かったです」「ポージングが上手いのが腹立つwww」とトータルで評価する声や、「素晴らしいボディ」「研二さんほんとスタイル良過ぎ笑」「ピッチピチのバッキバキですやん」「存在が罪」「お腹バッキバキなのに、なんで華奢に見えるの~女子も嫉妬するボディだね」「超~セクシー♪」と絶賛する声も。「いつかレースクイーン姿もみたいわ笑」とさらなる展開を期待する声もあった。 引用:https://www.instagram.com/ketsu.no.kamisama/

  • 始球式で133kmの剛速球を投げてなお悔しがっていたEXILE/GENERATIONSの関口メンディー

    関口メンディー、始球式で133キロに「我ながら助っ人外国人感ぱない」

    エンタメ

     GENERATIONS/EXILEの関口メンディーが5日、東京ドームで行われた巨人×楽天戦の始球式で133キロの球を投げたときの様子を自身のインスタグラムにアップ。似合いすぎるユニフォーム姿とその投球スピードに「プロじゃん!」「本当に助っ人外国人みたい」「選手名鑑のってそう」「すごいというかもはや面白い」「やばいファンになりそうです」と話題になっている。@@cutter この日はGENERATION from EXILE TRIBE全員でパフォーマンスを披露した後に、一人ユニフォーム姿でマウンドに向かった関口。「小さい頃から野球をしていた身として本当に光栄な経験をさせて頂きました」と人生初の始球式に挑むも、「結果は133kmで目標の140kmには届かず悔しい思いをしたので次回リベンジで140km投げたいです」という高すぎる目標設定を明かし、ユニフォーム姿のバストアップ写真を投球の動画と写真をアップした。  自身でも「#我ながらユニホームが似合い過ぎ」「#助っ人外国人感ぱない」「#顔がガチ」「#爆笑」「#目指せ140km」「#ちなみにポジションはサードでした笑」とハッシュタグを入れた通り、似合いすぎるユニフォームと始球式とは思えない目標設定に各方面から称賛とツッコミが殺到した。  ほか、小さい頃に東京ドームで観戦経験があるというメンバーの佐野玲於は「うちの関口くんが始球式にて133キロを記録しました。流石ですw」「133キロの剛速球を投げた関口選手」とツイッターやインスタグラムのストーリーでコメント。同じくメンバーの白濱亜嵐や三代目J Soul BrothersのNAOTOも自身のインスタグラムのストーリーに「始球式で133km投げる男」「助っ人外国人? #抑えの切り札」として関口の動画をアップ。  自身も野球経験があり、元中日選手、現広島のコーチである山田和利を父に持つ俳優の山田裕貴も関口のインスタグラムに「すごい!!!」とコメントを寄せている。 引用:https://www.instagram.com/mandy_sekiguchi_official/    https://twitter.com/sanoreofficial

  • 川村壱馬の秘密を暴露する鈴木伸之 ※『PRINCE OF LEGEND』公式インスタグラム

    『プリレジェ』インスタに注目! “王子”たちの秘密を“王子”が暴露!?

    エンタメ

     2019年春公開の映画『PRINCE OF LEGEND』公式インスタグラムが、フォロワーが増えるたびに出演者が出演者の秘密を動画で公開する企画を実施。現在、劇団EXILEの鈴木伸之、THE RAMPAGEの藤原樹、長谷川慎がTHE RAMPAGE川村壱馬の、EXILE/GENERATIONSの関口メンディーが同じくGENERATIONS佐野玲於の秘密を公開し、ファンの間で盛り上がっている。@@cutter 本作は、2014年から2017年にかけて大ヒットした『HiGH&LOW』シリーズを手がけたスタッフが、映画、ドラマ、ゲーム、ライブ、イベントなど各方面に展開する新プロジェクト。“王子が大渋滞”というキャッチコピーで、注目の若手俳優たちがチームに分かれてバトルを繰り広げていく。  13日、公式インスタグラムのフォロワーが5万人を突破した記念に“王子”キャストが別の“王子”の秘密を暴露していく企画がスタート。  第1弾の鈴木は、劇中で弟を演じる川村について「壱馬は焼肉屋に行くとユッケを一人で5人前食べます。あいつは食いしん坊です。カルビも大好き。カルビ食ってユッケ食ってカルビ食ってユッケ食って…あいつは果てしないです」とささやかな秘密を暴露。「だからこれからあいつのことをインスタグラムに乗っけるときは #ユッケ王子 でお願いします」と締めくくった。  7万人を突破した14日には、関口メンディーが、同じGENERATIONSメンバーの佐野について「よく(一緒に)お酒を飲むんですけど…ま、たまにですね、お酒を飲んで酔っ払ってくると『メンディーお前頑張ってるな』と。あの“塩”の会長が“砂糖”の部分を見せてくれます」と佐野のツンデレ対応を穏やかに微笑みながら報告した。  8万人突破の15日に登場した藤原と長谷川は、鈴木に続き川村の秘密を暴露。「壱馬さんの下着、めっちゃ派手です。派手パン王子です」「…確かに(笑)」と、メンバー同士ならではの秘密にファンは大盛り上がり。  それぞれ「ユッケ王子かわいい」「リアル兄弟に見えた」、「めんめん親子エピありがとう」「玲於くんなんだかんだメンさんのこと大好きだもんね」「塩王子は砂糖になっても上からなんですね」、「いつまこむり強すぎ…」「まことちゃんが壱馬の下着派手言うたあとの笑うとこくそかわいい」といった反響が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/prince.of.legend/    https://twitter.com/PRINCELEGEND_PR    https://twitter.com/therampagefext

  • 岩田剛典、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』完成披露プレミアイベントに出席

    三代目・岩田剛典、まさかの結婚宣言!? 天然ボケに『HiGH&LOW』キャストも爆笑

    映画

     映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』の完成披露プレミアイベントが9日に都内で実施され、岩田剛典、TAKAHIRO、登坂広臣らが登壇。現場で印象に残っていることを聞かれた岩田は、バースデーケーキをウェディングケーキと言い間違える天然ボケを炸裂させ、会場を大いに沸かせた。@@cutter 5つのチームの頭文字をとって、「SWORD」地区と呼ばれるエリアを舞台に、覇権を争う男たちの闘いを描く本作。山王連合会の総長・コブラ役の岩田は、同グループのメンバーに現場で誕生日を祝われたことを報告。さらに「その次の現場で、まさかの久保(茂昭)監督とアクション監督の大内(貴仁) 監督が、撮影用の大型の車に、ちっちゃくウェディングケーキを乗っけて(お祝いしてくれた)」とニッコリ話す岩田だったが、すかさずNAOTOに「ウェディングケーキではないですよね?(笑)」と突っ込まれると、「あ~!間違えちった」と照れ笑いを見せた。  一方、ムゲンの琥珀役を務めたAKIRAは、九鬼源治役の小林直己について、「声がかけられないですよね(笑)」と役作りを絶賛。最強の兄弟・雨宮兄弟の雅貴を演じたTAKAHIROも、「緊張しました」と笑顔を見せ、広斗にふんした登坂も、「今回の作品は源治さんの迫力が半端じゃない」と称賛した。役作りを振り返った小林は「けっこうあの~、苦情をいただきました(笑)」と告白して会場を沸かせた。  当日は、岩田、TAKAHIRO、登坂らのほか、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、八木将康、岩谷翔吾、山本彰吾、黒木啓司、遠藤雄弥、稲葉友、栁俊太郎、廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、青木健、清原翔、陳内将、窪田正孝、佐野玲於、ZEN、佐野岳、林遣都、阿部亮平、小澤雄太、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴、中村蒼、秋山真太郎、武田航平、関口メンディ―、岩永ジョーイ、中谷太郎、JAY、武尊、城戸康裕、ELLY、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY、LIKIYAAKIRA、青柳翔、橘ケンチ、小野塚勇人、企画プロデュースを務めたEXILE HIRO、久保監督、中茎強監督、脚本の平沼紀久と登壇者が60名を超える圧巻のプレミアイベントとなった。  『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』は8月19日より公開。

  • DC海外ドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』イベントに登場した、GENERATIONS from EXILE TRIBE

    関口メンディーは炎のヒーロー? 数原龍友は「よく頭から火が出る」と納得

    海外ドラマ

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの数原龍友が7日、DC海外ドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』のブルーレイ&DVDリリースおよびデジタルレンタル配信を記念した特別試写会に、グループメンバーの小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太と出席。メンバー間で"アメコミトーク"を展開した。@@cutter 本作は、DCヒーローとヴィランが集結し、時空を超えて史上最凶の脅威に挑むSFドラマ。作中では、数原が凶悪ヴィランの一人「二代目デス・ストローク」(第6話)として吹き替え声優デビューを果たしている。  数原とともにアメコミファンだという佐野は、「龍友君がDCさんとお仕事たくさんしてるおかげで、DVDを便乗してたくさんいつも頂いている。すごくありがたい」とニコリ。メンディーも「映画が公開する度に観に行く。『あれ観た』『これ観た』という話をメンバーのなかでいつもする」と明かした。  本作の出演キャラクターのイラストをスクリーンで確認している最中には、メンバー間でメンディーが炎のヒーロー「ファイヤーストーム」に似ていると声が挙がると数原が「よく頭から火、出ますもんね」と納得して来場者の笑いを誘う一幕も。  またイベント内では、GENERATIONSが11月16日に発売する13thシングル『PIERROT』を用いて特別コラボしたSPムービーも披露。数原は「(本作は)敵と戦いだけではなく、恋愛模様が描かれているところがある。『どんなに好きになっても伝わらない』という歌詞が内容とリンクする」と評価した。  新作TVドラマシリーズ『レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>』は、DVDレンタル中&デジタルレンタル配信中。ブルーレイ&DVDコンプリート・ボックス発売&デジタルセル配信中。同作とGENERATIONSの特別コラボ映像は、ワーナー・ブラザース海外テレビドラマシリーズ公式ユーチューブチャンネルにて公開中。

  • 「スポナビライフ」の新CM発表会の様子

    岩田剛典、“ニセ関口メンディー”に混乱?「どっちが本人か分からなかった」

    エンタメ

     EXILE・三代目 J Soul Brothersの岩田剛典が、同じくメンバーの関口メンディーと共に、SoftBankが展開するスポーツの生中継見放題サービス「スポナビライフ」の新CM発表会に登場。「Choo Choo TRAIN」のロールダンスを登壇者全員で披露するなど、会場はなごやかな雰囲気に包まれた。@@cutter 今回の新CM「ダンス」編では、とあるテレビ局を舞台に岩田や関口、EXILE TETSUYA、EXILE NAOTO、山下健二郎、白濱亜嵐、佐野玲於が登場してロールダンスを披露。CMには同社CMでおなじみの白戸家の「お兄ちゃん(ダンテ・カーヴァー)」や「お父さん(犬)」も登場してコミカルなストーリーを展開する。  発表会には岩田と関口の他にダンテ、お父さん(犬)、琴奨菊関、田尾安志、プロバスケットボールチーム「千葉ジェッツ」の富樫勇樹、西村文男、上江田勇樹が登壇した。  イベント冒頭では、岩田が関口のかわりにダンテと登場。岩田は同CMで2人が入れ替わることに触れて「背格好がほぼ一緒。撮影現場でもどっちがどっちか分からなかった」と述懐。そして「白戸家のファンだった。まさかのCMの中で『Choo Choo TRAIN』を踊る日がくると夢にも思いませんでした」と感慨深い様子で話す。  関口も「お父さんに生で会えたのが物凄くうれしい。可愛すぎて(本イベント上で)言うことを忘れちゃいました」と興奮気味。瓜二つの衣装を着たダンテからは「鏡みたいですね」「同じ匂いを感じる」などと声をかけられた。  また、岩田はメジャーリーグのマーリンズ・イチロー外野手が、日米通算4257安打を記録したことに触れて「日本人として誇りに思います。物凄くパワーをもらいました」と述べた。続けて野球経験のあるメンディーも「尊敬する選手。イチローのように努力を続けて、自分ももっと成長していきたい」と気持ちを新たにしていた。  SoftBank「スポナビライフ」の新テレビCM「ダンス」編は、6月17日より放送開始。

  • ワンオクTaka、関口メンディー、佐野玲於、鈴木紗理奈と意外な4ショットを公開!

    ワンオクTaka、関口メンディー、佐野玲於、鈴木紗理奈と意外な4ショット公開!

    エンタメ

     人気ロックバンド・ONE OK ROCKのTakaが、自身のインスタグラムに18日、関口メンディー、佐野玲於、MUNEHIRO(鈴木紗理奈)という意外な4ショットを公開した。「すごいメンバー」「どういう繋がりー?」と驚きの声が寄せられている。@@cutter 関口メンディーと佐野玲於は、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー。鈴木紗理奈は、MUNEHIRO名義でレゲエのシンガーソングライターとしても活動し、メジャーデビューも果たしている。  Takaのインスタグラムには、多くのファンから「れおくんとも仲良しなんや~」「あらーすごいショット玲於さん、酔ってますw」「ムネヒロ姐さん 最高なショットです」「あ、メンディーや笑」「その中に入りたい」などのコメントが相次いだ。

  • ブルボン「フェットチーネグミ」新CM発表会に登場したGENERATIONSfromEXILETRIBE

    GENERATIONS関口メンディ、大食いに自信 自制しつつも「豚足10人前はいける」

    エンタメ

     GENERATIONS from EXILE TRIBEが26日、ブルボン「フェットチーネグミ」新CM発表会に登場。イベントではメンバーの白濱亜嵐、片寄涼太、数原龍友、佐野玲於、小林隼、中務裕太、関口メンディから、CM撮影時のエピソードやグループの大食いエピソードが語られた。@@cutter 今回のCM出演について白濱は「僕たちも普段から食べていた商品です。“あのフェットチーネグミ!?”と驚きました。GENERATIONSにもイメージがピッタリでやれて嬉しいです」と心境をコメントし、「弾けるような噛み心地を味わって頂ければ」とPR。CMに提供する新曲「Evergreen」についても、数原が「今回実は、楽曲よりも先にCMの話がありました。皆で話し合いながら、CMのコーラの弾む感じを楽曲制作にも反映しました。“色あせない”というテーマで自分たちの魅力やエネルギーを詰め込みました」とコメント。  佐野はCMで披露する“コーラをイメージ”したオリジナルダンスについて、「コーラはエネルギーのある飲み物だと思っています。いかにエネルギッシュにダンスしてフェットチーネグミを盛り上げようという気持ちで踊りました」とコメント。また、ダンスについてライフワークだと語り「歯を磨くのと同じくらいダンスは身に染みている」と、磨きながら踊ることもあるとプロパフォーマーらしい日常を明かしている。  食べ物の好みを聞かれて関口は「皆大体、若いのでお肉が好きですね」と発言。「先輩方に連れて行って頂くときも“お肉がいいです”」とアピールするという。白濱も「タンから始まって3、4周します」とメンバーで焼き肉に行ったときのエピソードを持ち出した。  “一番食べれるメンバー”として挙げられた関口は太りやすい体質のため「いつもセーブしています」と自制心を覗かせつつ、「リミッターを解除したらメンバーで一番食べると思います。豚足10人前いけます」と好物で大食いっぷりを表現。最後に関口は、控えめに「食べるとウメンディ」と今回の新商品をPRして発表会を締めくくった。

  • イタズラ好きが暴露されたTAKAHIRO

    EXILE・TAKAHIRO「HIROさんに怒られちゃう」会議中の変顔を暴露される

    エンタメ

     EXILEのTAKAHIRO、SHOKICHI、岩田剛典、関口メンディー、白濱亜嵐、世界、佐藤大樹の7人が、16日に放送された『しゃべくり007 最強男子SP』(日本テレビ)に登場した。EXILEの新メンバーでもある岩田や関口、白濱らからTAKAHIROの意外な素顔が暴露された。@@cutter 新しくEXILEに加入した岩田や関口、白濱らが揃ったこの日の放送では、「EXILEの掟 007」と題して、EXILEの知られざる掟が紹介された。まず、掟の1つは「持ち物には名前を書く」こと。岩田は、「持ち歩いているものが一緒だったり、水も同じものを飲んでいるので、誰のかわからなくなるんです。だから、イニシャルを書いてます。僕は(がんちゃんという愛称の)『G』」と明かした。ただし、岩田によると「『T』はTAKAHIROさんなので、例えば大樹はTはつけられないから『大』、世界は『世』」というように、新メンバーの場合は漢字一文字の名前が書かれることもあるという。  次に紹介されたのは、「笑ってはいけない変顔」という掟。白濱は、「大事な会議とかのときに、TAKAHIROさんとふと目が合うとずっと(変顔を)しているんです。絶対に笑っちゃいけない状況なのに」と苦情を訴える。TAKAHIROは「放送されるとHIROさんに怒られちゃう」と苦笑いしながらも、HIROにバレないように変顔をしてメンバーを笑わせようとするイタズラを再現。  秀逸な変顔の数々に、MCのくりぃむしちゅーの上田晋也からは「真面目な場合はきつい」といったお墨付きまでもらった。  TAKAHIROといえば、下ネタ好きでも知られているが、この日の放送でも下ネタについて言及。新メンバーで下ネタ好きのメンバーを聞かれたTAKAHIROは、「自分から果敢に攻めてくるのは亜嵐」と暴露。果敢に攻めるがどのような発言なのかは明かされなかったものの、白濱自身も「大好きです」と下ネタ好きを認めており、意外な一面をのぞかせた。

  • グローバル ダンス エンターテインメント『Changes』囲み取材に出席した、関口メンディー

    「メンディーの良さはピュアで素直なところ」 関口メンディーの初舞台にUSAも期待

    エンタメ

     EXILEに加入した関口メンディーが2日、都内で行われたグローバル ダンス エンターテインメント『Changes』囲み取材に脚本の岸谷五朗、共演の水野絵梨奈(元E‐girls)、NAOKI(EXILE)、Shizuka、Aya、Ami、Erie(Dream/E‐girls)、TETSUYA(EXILE)、USA(EXILE)らとともに出席し、意気込みを語った。@@cutter 舞台は、「“DANCE”を共通言語に、世界はきっと一つになれる!」そんな夢を抱いたUSAのライフワーク<DANCE EARTH PROJECT>。9年目を迎えた今年、国境を越えたUSAの旅は、進化を遂げ続け、今回はファンタジックな新たなステージで魅せる。  全員がファンタジックな舞台衣装とメイクで登場し、舞台の世界観が伝わる。4月27日にEXILE入りが決定した関口は、人生初めての舞台に緊張するも「以前から舞台もやってみたかった。こんなに楽しいものだと感じている。全力で取り組みます!」と意気込む。  そんな関口にUSAは「メンディーの良さは心がピュアで素直なところ。作品にもまっすぐ取り組んで日々成長している」と期待のコメント。EXILEとしての先輩、TETSUYAもNAOKIも「いい感じで、仲良くやっている」とエールを送る。リーダーのHIROは「関口の活躍は、EXILEの新たな可能性を広げてくれるような存在とキャラクターなので選んだ」とコメントしているように今後の関口の活躍に期待したい。  元E‐girlsのメンバーで、Flowerのリーダーも務めた水野は「ファンタジックな舞台です。自分がやるべきことを皆さんの影響を受けながらしっかりやって行きたいです」ときっぱり。新たな夢に向かって自分自身の可能性に挑戦している。  脚本担当の岸谷は「個々のキャラクターがそれぞれに素晴らしい。ぼくも勉強になりました。今回の舞台は皆さんを非日常の世界にいざなえると思います」と期待をあおった。最後にUSAが「キャスト、スタッフ一同が心をひとつにして、来てくださった皆さんの心が躍るように頑張ります!」と熱いメッセージを伝えて締めくくった。  グローバル ダンス エンターテインメント『Changes』は、5月3日から品川ステラボールにて上演。

  • EXILE TRIBE(三代目J Soul Brothers VS GENERATIONS)の数原龍友、白濱亜嵐、関口メンディー、ELLY、今市隆二

    海外ドラマ『ARROW』日本初上陸!EXILE TRIBE「一緒に盛り上げたい」

    海外ドラマ

     海外ドラマ『ARROW/アロー』日本初上陸&楽曲タイアップ記念記者発表会が20日に行われ、EXILE TRIBE(三代目J Soul Brothers VS GENERATIONS)の今市隆二とELLY、白濱亜嵐と数原龍友、関口メンディーが出席した。@@cutter 本作は、DCコミックス『グリーン・アロー』を実写化した痛快ヒーローアクション。表の顔は、億万長者のプレイボーイ、真の姿は、街を守るために巨悪と闘う弓矢の名手という孤高のヒーロー“アロー”が、悪に立ち向かう姿を描く。  日本版のテーマソング『BURNING UP』を歌うEXILE TRIBEの5人は、この日の会見に本作の主人公に扮したタキシード姿で登場。ELLYは、「この作品をこの楽曲で盛り上げられたらなと思います」と挨拶し、起用を喜んだ。  また、部屋に入りきらないほどグッズを持っているという大のアメコミ好きの数原は、「ヒーローっていうと超人的な人を想像しがちだけど、『ARROW』は生身で鍛え上げた体とその体で行うアクションが魅力」と作品への想いを熱く語って本作をPRした。  トークショーで、2つの顔を持つ主人公にちなんで、登壇者の中で誰が2つの顔を持っているかを聞かれたメンバーは、こぞって「今市さん」と名指し。数原は、「最初は怖かったんですけど、優しいし、虫がすごく苦手」と意外な弱点を明かす。今市は、「キャーとは言わないですけど、虫は苦手」と認めたものの、続いて関口の「日サロ通い」を暴露。さらにハーフで英語が得意そうな関口が「英語が話せない」と公表し、関口は「道案内もできなくて、『I’m sorry』って感じなんです」と苦笑していた。  スターリング・シティの億万長者のロバート・クイーンと息子オリバー(スティーヴン・アメル)は、クルーザーで遭難事故に遭う。5年後に奇跡の生還を遂げたオリバーは、悪友のトミー(コリン・ドネル)と再会し、ありあまる金で遊び回るセレブという仮面の下で、密かに別の人格“アロー”を作り上げていた。亡き父との約束を果たすため、スターリング・シティを破滅に追い込む権力者から街を守るため、人知れずヒーローとして生きようとしていたのだ。  全米ネットワークCW局では、第1話が過去3年の新作で最高視聴率を記録し注目を浴びると、2013年のティーン・チョイス・アワード3部門にノミネートされ、セカンド・シーズン製作も異例の速さで決定した。今回のDVDリリースは、日本初上陸となる。   『ARROW/アロー』<ファースト・シーズン>は、8月21にDVDレンタル開始。ブルーレイ コンプリート・ボックス(税込1万8000円)、DVD コンプリート・ボックス(税込1万6000円)は、9月18日発売。また、海外ドラマ専門チャンネルAXNにて、9月7日21時から全23話を一挙放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access