荒木哲郎 関連記事

  • フジテレビ「アニメラインナップ発表会2019」にて

    『甲鉄城のカバネリ』新作は5月公開、畠中祐「思い入れがある作品」

    アニメ・コミック

     テレビアニメ『甲鉄城のカバネリ』の後日譚を描く、劇場中編アニメ『甲鉄城のカバネリ ~海門(うなと)決戦~』が5月10日より、2週間限定で劇場公開される。14日、都内で開催されたフジテレビ「アニメラインナップ発表会2019」で発表された。@@cutter 『甲鉄城のカバネリ』は、『進撃の巨人』などの荒木哲郎監督が手がけたオリジナルアニメ。蒸気機関を動力とする装甲機関車「甲鉄城」を舞台に、不死の怪物・カバネと生存を賭けて激しい戦いを繰り広げる少年・生駒や謎の少女・無名らの姿を描いた。2016年4月から6月にかけてテレビアニメが放送され、その後2本の総集編が劇場公開された。  『海門決戦』は本編から半年後を描く。生駒役の畠中祐は「キャラクターの成長が見られる映画です。思いっきり演じさせていただきました。思い入れがある作品なので、こうして劇場に戻ってこれて、仲間に再び会えることうれしかった」と熱い思いを口にした。  劇場公開と同時にNetflixでも配信される。畠中は「世界中の人にも観てもらいたい。独特の世界観は国境を越えると思う」と呼び掛けた。

  • 『キャロル&チューズデイ』2019年4月 フジテレビ「+Ultra」にて放送予定

    フジ、深夜アニメ枠「+Ultra」新設 谷口悟朗、渡辺信一郎の新作放送

    アニメ・コミック

     今年10月より、フジテレビの深夜アニメ放送枠が増設することが8日、わかった。名称は「+Ultra(プラスウルトラ)」。すでに木曜深夜に設定されている「ノイタミナ」とは別に新設されることになる。コンセプトは“海外にアニメカルチャーを広げたい”として、『AKIRA』などの大友克洋氏が手がけたタイトルロゴおよびムービングロゴもお披露目された。@@cutter フジテレビの大多亮は、テレビドラマ、映画の放映権などのビジネスにおいて「フジテレビは特にアニメーションが1番引きがいい」とし、「最初から世界を見据えて、破格の制作費でワールドワイドな作品を作り出そうと思い、増設する」と説明。同局にアニメ事業部が立ち上がって5年目となる今、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』の成功から「さらに大ヒットを作り、世界から喜んでもらうアニメブランドにしていく」とより一層アニメ事業に注力していく方針だ。  10月よりスタートする記念すべき「+Ultra」第1弾作品は、スマートフォン向けゲーム『Ingress』を基としたアニメ『INGRESS』。『Ingress』はナイアンティック社が運営する拡張現実の技術を利用したオンラインゲームで、制作陣は「アニメと現実とゲームが融合した新しいエンターテイメントにする」と語った。  また、2019年1月放送の第2弾作品は、谷口悟朗が監督を務める『revisions リヴィジョンズ』で、シリーズ構成は『PSYCHO‐PASS』などの深見真、アニメーション制作は白組。第3弾となる同年4月放送作品は『カウボーイビバップ』『サムライチャンプルー』などの渡辺信一郎とアニメーション会社ボンズがタッグを組んだ『キャロル&チューズデイ』。音楽をテーマとした物語で、全世界対象のボーカルオーディションを実施する。  この日実施された発表会には、今後「ノイタミナ」で放送される作品も紹介された。4月より放送をスタートする『ヲタクに恋は難しい』から桃瀬成海役の伊達朱里紗、二藤宏嵩役の伊東健人が登壇し、作品をアピール。キービジュアルが解禁されたほか、エンディング曲がhalcaが歌う「キミの隣」に決定した。  また、アニメ『BANANA FISH』からはアッシュ・リンクス役の内田雄馬、奥村英二役の野島健児が会場に駆けつけた。同アニメは漫画家・吉田秋生の40周年記念プロジェクトの一環として展開するもので、7月から2クールで放送される。

  • 『PSYCHO‐PASS サイコパス』Next Project 2019年1月連続公開決定!

    『PSYCHO‐PASS』、劇場アニメ3作品が公開決定! 狡噛慎也の物語も

    アニメ・コミック

     フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて2012年10月から翌年3月に第1期、2014年10月から12月に第2期が放送されたアニメ『PSYCHO‐PASS サイコパス』の新作プロジェクトが始動。2019年1月より劇場アニメーション『PSYCHO‐PASS サイコパス Sinners of the System』が3本連続で全国公開されることが8日、わかった。同日都内で行われた「ノイタミナ ラインナップ発表会2018」で明らかになった。@@cutter 『PSYCHO‐PASS』は人間のあらゆる心理や性格を計測する値、通称“PSYCHO‐PASS(サイコパス)”が導入された近未来を舞台に、治安維持に努める警察組織の活躍を描くSF作品。総監督は『踊る大捜査線』の本広克行、原案・脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄、キャラクターデザインはマンガ家の天野明が担当した。  劇場版は「Case.1 罪と罰」「Case.2 First Guardian」「Case3.恩讐の彼方に__」の3本。「霜月×宜野座」「須郷×征陸」「狡噛」の5人のキャラクターに焦点を当てたストーリーが展開される。舞台はテレビアニメシリーズ、2015年に公開された劇場版の“その後”となる。  すでにアフレコは終えており、狡噛慎也役の関智一は「今回は監督から意見を求められたりして、狡噛役としてどうですか?とか、ディスカッションにも交えてもらった。それが楽しかった。PSYCHO‐PASSが続く限りは狡噛慎也を全うする」とコメント。宜野座伸元役の野島健児は「僕自身待ちに待ったPSYCHO‐PASS。期待して待ってくれていると思うのでこれを皮切りに応援してほしい」と呼び掛けた。  また、アニメ『進撃の巨人』などを手がけたWIT STUDIOのオリジナル作品として2016年4月から6月まで放送され、その後2本の総集編が劇場公開された『甲鉄城のカバネリ』の続編となる『劇場中編アニメーション 甲鉄城のカバネリ~海門(うなと)決戦~』が発表となった。  荒木哲郎監督は続編制作について「シリーズ作り終わった後にメインキャラクターにすごく思い入れが強かったので、彼らの続きを書きたいと思った」といい、「スピンオフじゃなくちゃんとした続編。シリーズのは半年後の話で、新たな闘いの場が“海門”です」と明かした。  さらにアニメシリーズから3ヶ月後が舞台で、『海門決戦』に繋がるストーリーを『甲鉄城のカバネリ -乱-』としてスマホゲーム化。2018年夏ごろにリリースされる予定。声優の小松昌平、黒沢ともよ、梅原裕一郎らが参加し、新キャラクターに命を吹き込む。

  • ノイタミナプロジェクト発表会 2017に出席した、吉本実憂

    吉本実憂、ドラマ版『クズの本懐』で大胆ラブシーンに挑戦!初主演の抱負語る

    アニメ・コミック

     ノイタミナプロジェクト発表会 2017が15日に都内で行われ、アニメ版が2017年1月12日より放送開始となる『クズの本懐』の実写ドラマ版にて、ともに初主演を務める吉本実憂と桜田通が出席。吉本は「実写化というものにとらわれず、この作品が伝えようとしているものを、お芝居で伝えていけるように」と抱負を語った。@@cutter 『クズの本懐』は、月刊「ビッグガンガン」にて連載中の横槍メンゴによる同名漫画を基にする作品。劇中では、誰にも言えない秘密の契約を結んだ高校2年生の安楽岡花火と粟屋麦が、不条理な感情を慰め合い、堕ちていく様が描かれる。ドラマ版で濃厚なラブシーンに挑戦している吉本は、一足先に鑑賞したアニメ版について「花火というキャラクターを良い意味で裏切られたので、改めて撮影頑張ろうって思わせていただきました」とコメント。  実写作品であることについては、「実写化というものにとらわれず、この作品が伝えようとしているものを、お芝居で伝えていけるように、表現できるように精いっぱいがんばって行きます」と語った。一方、桜田はアニメ版の質に圧倒されたそうで、「ちゃんとアニメからも良い影響をいただいて、参考にできることをして、もっと作品として『クズの本懐』のクオリティを高めていきたい」と意気込んだ。当日は、『クズの本懐』の原作が来春に完結し、テレビアニメと実写ドラマが原作のラストまで描くことも明かされた。  発表会では、新作の情報も解禁。水泳の飛び込みに青春を燃やすダイバーたちの姿を描く『DIVE!!』(原作:森絵都)は、2017年7月より放送開始。監督を鈴木薫、脚本を待田堂子が務め、主人公・坂井知季を梶裕貴が演じる。10月クール作品では、さとうけいいちが総監督を務め、籔田修平が監督を務める『いぬやしき』(原作:奥浩哉)が放送開始。同作は2018年に実写映画化も行われるという。また、『甲鉄城のカバネリ』は最終回の後日談のドラマCD化と、2018年の完成を目指して新作が制作されることが発表された。  ドラマ『クズの本懐』は、フジテレビオンデマンドで先行配信開始、1月18日25時55分より地上波放送開始。アニメ『クズの本懐』は、 1月12日25時55分より放送開始。

  • TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』ビジュアル&PV解禁

    『進撃の巨人』チーム最新作、TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』ビジュアル&PV解禁

    アニメ・コミック

     アニメ『進撃の巨人』などで知られる荒木哲郎監督による新作オリジナルアニメーション『甲鉄城のカバネリ』が、2016年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほか各局にて放送決定。さらに、第一弾キービジュアル、PV、メインスタッフ・キャスト情報が発表となった。@@cutter 本作のスタッフは、荒木監督を筆頭に、『進撃の巨人』や『屍者の帝国』を制作したWIT STUDIO、シリーズ構成として『プラネテス』『コードギアス』の大河内一楼、キャラクター原案に『機動戦士ガンダム0080』『超時空要塞マクロス』の美樹本晴彦を迎える豪華スタッフが集結。  キャストには、主人公・生駒役として畠中祐、ヒロイン・無名役に千本木彩花、その他のキャストとして内田真礼、増田俊樹、梶裕貴、沖佳苗、伊瀬茉莉也、逢坂良太、佐藤健輔、宮野真守ら人気声優陣が脇を固める。  本作で描かれるのは、蒸気機関が発達した島国「日ノ本(ひのもと)」を舞台に、鋼鉄の心臓を持つ生ける屍「カバネ」と人との生き残りを懸けた戦い。装甲蒸気機関車「甲鉄城」に乗り込み、少年少女らが「カバネリ」に立ち向かうスチームパンク・サバイヴ・アクション作品だ。  TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』は、2016年4月より“ノイタミナ”ほかにて放送開始。また、“ノイタミナ”史上初の試みとして、2016年4月放送直前に、特別先行版『甲鉄城のカバネリ 序章』を2016年3月18日より全国10館の劇場にて1週間限定で劇場上映決定。3月19日にはキャスト舞台挨拶付きのプレミア上映会が開催される。

  • 『進撃の巨人』2期制作決定! 梶裕貴、大型巨人ケーキ駆逐でファン熱狂

    『進撃の巨人』アニメ第2期2016年制作決定! 劇場版後編の公開日も明らかに

    アニメ・コミック

     『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』初日舞台挨拶が22日、都内にて行われ梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、荒木哲郎監督が登壇。劇場に集まった多くのファンを前に、アニメ第2期が2016年に制作されることが発表され、さらに本作の後編『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』の公開が2015年6月27日に公開されることが明らかとなった。@@cutter 本作は、2009年に連載開始以降、コミック単行本販売累計4000万部を突破、日本のみならず海外でも大ヒットを記録した『進撃の巨人』の劇場版。訓練兵時代のエピソードのほか、劇場版オリジナルの未公開シーンを追加。テーマ曲もTVシリーズと同じくLinked Horizonが手がけ、新曲「紅蓮の座標」を書き下ろした。  本編の上映が終了し、最後にアニメ第2期の制作を発表した『進撃の巨人』。梶は「2期が決定しました!」と満面の笑みで高らかに発表。「ずっとやりたい、やりたいと思っていたので…」と続け、2期の制作決定を嬉しそうにファンの前で報告する。  また、舞台挨拶の途中では劇場版公開を記念して、40cm×60cmの大型巨人ケーキが登場。梶、石川、井上、荒木監督の4人は、大型巨人ケーキを駆逐するべくナイフを入刀、会場は大盛り上がりとなった。  原作、TVアニメ、展覧会と様々なメディアミックス展開を行う同作。梶は「2期も発表されましたが、この作品全体を応援していただけばと思います」と『進撃の巨人』に対する思いを口にする。  そして、『進撃の巨人』イベントでは、様々な場所で行われている恒例の手を心臓の前に置き、“心臓を捧げよ”という兵団ポーズをキャストと会場に集まったファン全員で行い、イベントは終了した。  『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』は絶賛上映中。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access