chay 関連記事

  • 『ダンスウィズミー』ポスタービジュアル

    三吉彩花&やしろ優&chayが歌って踊る『ダンスウィズミー』予告解禁

    映画

     モデルで女優の三吉彩花が主演し、映画『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督がメガホンを取るミュージカル映画『ダンスウィズミー』より、キャスト陣が歌い踊る姿を収めた予告編とポスターが解禁。併せて、作品が8月16日より公開されることも発表された。@@cutter 本作は映画『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口監督が、自ら原作・脚本・監督を務めるミュージカルコメディ。ある日、曲が流れると歌い踊らずにはいられなくなる催眠術をかけられてしまった一流商社勤務の鈴木静香を主人公に、彼女が術を解いてもらうために奔走する姿を、音楽と笑いを織り込んで描いていく。キャスト全員が、ミュージカルシーンすべての歌とダンスを吹き替えなしで挑戦している。  主人公の静香を三吉が演じ、催眠術師のサクラとして舞台上で催眠術に掛かったフリをする斎藤千絵役にお笑い芸人のやしろ優、静香と千絵が新潟で偶然出会う謎のストリートミュージシャン・山本洋子役をシンガーソングライターでモデルのchayが担当する。ほかに、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明らが出演する。  予告映像は、主人公の静香(三吉)が、山本リンダの楽曲『狙いうち』のリズムに乗って歌い踊り、レストランでアクロバティックなダンスを披露するシーンからスタート。次いで、「マジか」とつぶやき呆然とする興信所の捜査員・義雄(ムロ)、オフィスで繰り広げられるダンスシーン、夜の公園で静香とロマンティックに踊る先輩エリート社員・村上(三浦)の姿が映し出される。  さらに、「ハイッ!」と決め台詞を披露する催眠術師・マーチン上田(宝田)、静香と共に楽しく踊る千絵(やしろ)、ウェディングドレスを着て歌う洋子(chay)ら個性豊かな登場人物たちが次々と登場。終始ハイテンションで歌と踊りが展開していく。  ポスターは、「カラダが勝手にミュージカル♪?」のキャッチコピーの下、両手足をひろげ、ブルーのスカートをなびかせながら踊る静香を写したもの。静香の体には、イヤホンのコードが五線譜のように巻き付いており、音楽と一体化しているような楽しいビジュアルとなっている。  映画『ダンスウィズミー』は8月16日より全国公開。

  • 『ダンスウィズミー』追加キャスト

    chay、矢口史靖監督『ダンスウィズミー』で女優デビュー 追加キャスト発表

    映画

     モデルで女優の三吉彩花が主演し、映画『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督がメガホンを取るミュージカル映画『ダンスウィズミー』より追加キャストが発表され、シンガーソングライターでモデルのchayが女優デビューすることが分かった。chayは撮影を振り返り「始まってみたらあっという間で、とにかく毎日がすごく楽しかったです」と語っている。@@cutter 本作は『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口監督が、自ら原作・脚本・監督を務めるミュージカルコメディ。ある日、曲が流れると歌わずにいられなくなる催眠術をかけられてしまった一流商社勤務の静香(三吉)を主人公に、彼女が術を解いてもらうために奔走する姿を、音楽と笑いを織り込んで描いていく。  本作でchayが演じるのは、静香が新潟で偶然出会う謎のストリートミュージシャン・山本洋子。初めての映画出演となったchayは「演技未経験のまま飛び込んで最初はどうなることかと思いました」と心境を吐露。撮影では、矢口監督が「しっかり的確に優しく誰も傷つかないような奇跡の一言で演技未経験の私を誘導してくれて、『矢口監督の言うことを参考にして演じればいいんだ!』と楽しく演じることができました」とコメントしている。  そのほかの追加キャストは、催眠術師のサクラとして舞台上で催眠術に掛かったフリをする斎藤千絵をお笑い芸人のやしろ優、静香と同じ総合商社で働き、女性の憧れの存在である先輩エリート社員・村上涼介を三浦貴大が担当。催眠術師・マーチン上田にはミュージカル俳優としても活躍する宝田明が扮し、マーチン上田の捜索をお願いする興信所の調査員・渡辺義雄をムロツヨシが演じる。  本作はすでにクランクアップを迎え、主演を務めた三吉のコメントも到着。矢口監督からクランクアップ祝いの花束を受け取った三吉は、「歌とダンスとお芝居の3つをこなす事が大変でしたけど、すごく充実した時間を過ごし、成長させてもらいました」と語り、「矢口組の現場は誰も怒る人がいなく、楽しい雰囲気で、それは矢口監督の優しい人柄かと思います。携わることが出来て本当によかったです」と、監督への敬愛を語った。  映画『ダンスウィズミー』は2019年夏に全国公開。

  • 「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」オープニングレセプションにて

    chay、美ボディの秘訣は「やべえ棒」 ナイトプールで明かす

    エンタメ

     『CanCam』専属モデルの“まい”ことアーティストのchayが5日、都内で開催された「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」オープニングレセプションに登場。スタイルキープの秘訣を聞かれ、「やべえ棒があるんですよ」と打ち明けた。@@cutter 「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」は、女性ファッション誌『CanCam』が空間プロデュースする夏の“インスタ映え”スポットの大本命。昨年の来場者が2万人を超えたこのナイトプールは、3年目を迎える今年も“インスタ映え”に向けてさらにパワーアップしている。  この日のイベントには、ほかに同じく専属モデルの楓、堀田茜、石川恋、そしてお笑いコンビの流れ星(ちゅうえい、瀧上伸一郎)が登壇。招待読者100名も思い思いの水着姿を披露し、プール開きに彩りを添えた。  スタイルキープの秘訣を聞かれたまいは、“解毒棒”(Y字の健康器具)を愛用していることを明かし、「やべえ棒があるんですよ。棒で(体を)ゴリゴリやって、スパッツはいて、全身ぐるぐる巻きに寝るんです。ただ、毎日悪夢です。うなされてます。効果はあります(笑)」と話して会場を盛り上げた。  石川は「今はちょうど体を絞っている時期なので、1日に1、2食はプロテインに置き換えています」と告白。また「最近トレーナーさんに聞いたんですけど、ご飯を食べるとき、ひと口30回ちゃんと噛むと全然吸収される量が違って、それだけでもダイエットに繋がるらしく。簡単なので試しています」と語った。  堀田は「ストレッチをすごく大事にしています。移動が多いと体が凝り固まってくるので、伸ばそうと思って家でやってみたら次の日すごい調子が良くて。なので、お風呂上りと、お風呂入る前にも体をほぐしています」と回答。  E‐girlsのメンバーとしてライブツアー中の楓は、「踊って、楽しく運動してを心がけています」と答えていた。 「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」は7月7日~9月17日に、期間限定でオープン。

  • 『リメンバー・ミー』chayにインタビュー

    chay「祖父に会いたくなった」 『リメンバー・ミー』で描かれる家族の絆に涙!

    映画

     夢へ向かう“情熱”と家族との“絆”がたっぷりと詰まったディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』。3月16日(金)からの公開に先駆けいち早く本作を鑑賞したシンガー・ソングライターのchayは、「主人公のミゲルと自分が驚くほど重なって。号泣してしまいました」と瞳をうるませる。映画の感想を語ってもらうと、音楽にかける一途な想い。そして、家族との思い出があふれ出した。@@cutter ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年・ミゲルが、カラフルな“死者の国”を舞台に大冒険を繰り広げる姿を描く本作。chayは「映画を観るまでは、ハッピーで楽しい要素が満載の単純なストーリーだと思っていたんです。でも、観ていくうちに、ものすごく大事なメッセージがこめられた映画だとわかって、涙があふれてきました。音楽を通して家族の絆を描いていて、共感できることばかりで本当に感動しました」と心を震わせる。  ミゲルは心の底から「ミュージシャンになりたい」という夢を持っている少年。しかし彼の家には厳しい家族の掟があり、音楽を禁じられて育ったのだ。chayは「私も小さな頃から歌うことが大好きで、ずっと歌手に憧れていました。父が観ていたMTVのシンディ・ローパーを目にしたときに衝撃を受けたんです。“私もこんなふうになりたい!”と思って、デタラメな英語で歌っていました」と幼少期から歌手への夢を抱いたが、「私も両親から、歌手になることをずっと反対されていたんです」とミゲルと同じ境遇にあったそう。  不安定な世界だけに、両親の心配も大きかったそうで、「大学に入ると同時に、路上ライブをしたり、音楽塾に通ったりと音楽活動を始めたのですが、すべて両親には内緒でした」。しかし、「学校から家に帰ると、毎日6、7時間はギターの練習をする生活を5年くらい続けて。最初は指も痛いし、辛いけれど、押さえられなかったコードが弾けるようになったりと上達していくのがすごく楽しくて!内緒でやっているつもりでしたが、両親は私のそんな姿を見てくれていて、そんなに好きなんだったら“やってみたらいいんじゃない”と思ってくれたみたいです。次第に理解してくれるようになりました」と彼女の“本気”が伝わり、両親も夢を応援してくれるようになったという。  路上ライブを始めた当初は、立ち止まってくれる人は0人という日も珍しくなかったそうだが、そんな彼女を励ましてくれたのが「祖父と祖母」だったそう。劇中、ミゲルは迷い込んだ“死者の国”で先祖たちに再会するが、chayは「映画を観て、亡くなった祖父にすごく会いたくなりました」と思わず涙をこぼす。「祖父と祖母は路上ライブもいつも見に来てくれて、私のデビューもすごく楽しみにしてくれていました。残念ながら、祖父に私のデビューした姿を見せることはできなかったのですが、祖父が入院したときに、“病室で歌わせてください”と看護師さんにお願いして、歌わせてもらったことがあるんです。祖父はそのときはもうかなり元気がなかったんですが、一生懸命に拍手をしてくれました」。@@separator 本作の“死者の国”には、あるルールが存在する。<死者の国>の住人は、生きている国で忘れられると<死者の国>からも消えてしまうのだ。chayは「私がテレビに出ているのを見ると、祖母も両親も“おじいちゃまが生きていたら、本当に喜んでいただろうね”といつも言っています。祖父の写真を飾って“今日はこれに出たよ”と報告もしますし、今だにどんなに小さなライブでも祖母は足を運んでくれて、祖父の写真を持って来てくれるんです」と今でも祖父の存在をしっかりと心に留めている。「私はものすごいおじいちゃんっ子で、“おじいちゃまみたいな人と結婚したい”ってずっと言っていたんです。優しくて、素敵な祖父でした」。  ミゲルが夢に向かう情熱。そして家族に傾ける愛情。そのすべてが「私の想いとぴったりと重なりました」というchay。「私は今年デビュー5周年を迎えますが、続けていくうちにだんだん“慣れ”が出てきてしまいます。デビューしてしばらくは全く結果が出ず、ただただがむしゃらでした。“歌を聴いてほしい”との一心でステージに立つミゲルを見て、その頃の自分を思い出しました」と語り、続けて「今ではすっかり一番のファンになってくれている両親をはじめ、家族に改めて感謝しなければいけないなと映画を観終った後に家族の顔を思い浮かべていました。私にとって、本当に大切なことを思い出させてくれた映画です」と目に涙をためながらも熱を込めて語る。  最後に「老若男女誰もが重なる部分があると思います。大人にこそ観て欲しい映画です」と話し、インタビューを締めくくった。(取材・文:成田おり枝/写真:坂本碧)  映画『リメンバー・ミー』は3月16日(金)より全国公開。

  • 久松郁実、 「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」オープニングレセプションパーティーに登場

    久松郁実、水着ファッションで魅了! ナイトプールに「いつか恋人と行けたら」

    エンタメ

     モデルでグラビアアイドルの久松郁実が6日、「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」のオープニングレセプションパーティーに、スピードワゴンの井戸田潤、小沢一敬、歌手のchay(モデル名:まい)と共に出席。最新の水着ファッションを披露した。@@cutter 同企画は、女性ファッション誌「CanCam」がプロデュースするナイトプールで、今年は春にリニューアルした東京プリンスホテルとタッグを組み、東京タワーを見上げられるロケーションで開催する。  CanCam専属モデルである久松はこの日、同誌オススメの最新水着で登場。「人前で着るのは1年半ぶり」と照れながらも、スピードワゴンの二人を従えて“ブルゾンちえみ with B”のポーズも決め、大量のフラッシュを浴びた。    すでにグラビア撮影で訪れたタイのナイトプールに入ったという久松。今年の夏は「これから8月にかけて(仕事等で)海外に行く予定があるので、おしゃれインスタを目指して、たくさんかわいい写真を撮ってきます」と話し、ナイトプールは「いつか恋人と行けたら。ロマンチックなデートをしたいです」と願望を吐露。すかさず小沢が「そのいつかってけっこう近かったりするかもね」と食いついた。  さらに小沢は、久松を相手に“あま~い”ナイトプールデートを実践。甘い言葉で迫られた久松が「実際にやられるといい」と褒め称えると、小沢は「プールより溺れさせる男」と自画自賛した。  イベント終盤には、水着姿の特別招待読者100名がプールにダイブ。井戸田は水着美女から水しぶきを盛大に受けて「色んなマスコミイベントあったけど今日が一番楽しい。これを待ってたんですよ!」とご満悦の様子だった。  「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」は、7月8日から9月18日まで期間限定オープン。

  • MVやCMなど話題の作品を数多く手がけるダンスユニット「HIDALI」

    嵐も安室奈美恵も欅坂46も惚れた! 話題のダンスユニット「HIDALI」とは?

    エンタメ

     ミュージックビデオ(MV)やCMなど巷で話題になっている動画の振り付けを数多く手がける、ダンスユニット「HIDALI」をご存知だろうか?嵐の『GUTS!』や『誰も知らない』、デビュー15周年のハワイライブの構成と振り付けを始め、人気沸騰中のアイドルグループ欅坂46の『僕たちの戦争』の振り付けも担当する日本屈指の振付師集団だ。今回は、そんな多くのアーティスト、企業が熱い視線を送っている注目の「HIDALI」を紹介したい。@@cutter 「HIDALI」は、世界的ダンスグループ「無名」「WORLD ORDER」の元メンバーだった野口量、笹尾功、叶実花子を中心に2013年3月に設立されたクリエイティブカンパニー。空間を活かした作品づくりをモットーに、MVやアーティストの振付演出、ライブファッションショーのステージングなど幅広く活動している。  前述の嵐、欅坂46を始め、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングとなった、安室奈美恵『HERO』のMV振り付けも担当。最近では、2016年12月20日に開催された「YouTube FanFest Japan 2016」のピコ太郎PPAPライブステージ、りゅうちぇるが出演し、クールな“イケちぇるダンス”を披露して話題となった「スーツのはるやま」のCMなど、多数のメディアで活躍している。  さらに、還暦を超えたダンサーのトリ(TORI)が着物姿でストリートダンスを踊る動画の振り付けも「HIDALI」が担当。おばあちゃんが表参道の路上で、クールに踊る姿は、日本のみならず世界中で話題を呼んだ。  その他にも数えきれないほど話題作を手掛けている「HIDALI」が、新たに手掛け注目を集めているのが、シンガーソングライターchayのキュートなダンスが印象的な「海ドラに恋して」。この楽曲は、全国無料のBSテレビ局「Dlife」の開局5周年を記念して制作されたもので、「蹴れば壊れる ドアもろすぎない?」「いつ寝てんの? この主人公」「やたら出てくる大統領」など思わず笑ってしまうような“海外ドラマあるある”がテンポのいいリズムとダンスにのせて楽しそう紹介されている。海外ドラマを見たことがある人はもちもん、海外ドラマを見たことがない人でも楽しめる内容になっているので、是非チェックしてみて欲しい。「海外ドラマって面白そう!」と感じてもらえるはずだ。  また、普段は、ギターを弾きながら歌っているchayが、この楽曲では初めてダンスを披露。手の動きや表情で、歌詞を表現したダンスは、思わず真似したくなってしまう可愛さだ。Dlifeの公式ツイッターにも「この曲可愛いし、振り付けも可愛い。覚えたい」「chayちゃんが踊ってる!!かわいー!」といった声が寄せられている。公式サイトでは、「HIDALI」による振り付けレクチャー動画も公開されているので、キュートなダンスをマスターしてみるのはいかがだろうか?

  • いろいろな経験を経た自分を「強くなった」と語った、chay

    chay、『テラスハウス』出演を振り返り「強くなった」と告白

    エンタメ

     元『テラスハウス』メンバーで、現在はCM出演やモデルにも挑戦する、シンガーソングライターのchayが、19日に開催された『GirlsAward 2014 SPRING/SUMMER』に出演。ステージを終えたchayに、出演の感想やこの夏に挑戦したいファッションについて話を聞いた。@@cutter 「いつもすごく緊張するんですけど、皆さんの声援が温かったので、緊張がほぐれてホッとしました」と語り、ステージを振り返った。今回は、会場の屋外にも『KITCHEN TERRACE HOUSE』というブースが出ており、客との触れ合いも楽しんだという。「皆さんとの距離が近くて、握手したり、お話させていただいたりして、すごく嬉しかったです」と顔をほころばせた。  ガーリーなファッションがトレードマークのchayは、最近アーティスト活動以外に、モデルなどにも活躍の幅を広げている。この日、身につけていた洋服は、黄色い爽やかなワンピースで、可愛らしい顔立ちのchayのイメージにぴったり!「今年の夏は、“夏のお嬢さん”という感じがテーマです(笑)。今までの夏といえば、ミニスカートや短パンを合わせていたんですけど、今年はミディ丈のスカートを合わせたいですね。裾がふんわり広がっているものとか、まさに今日みたいな感じの格好です!」と、熱く語った。  chayは、人気リアリティ・バラエティ番組『テラスハウス』の出演後、一躍有名となり“まいまい”という愛称で親しまれ脚光を浴びた。しかし、時に羨望は嫉妬の眼差しにも変わる。知名度の浸透による環境の変化を、自身ではどのように受け止めていたのだろうか。「本当に、学ばせていただくことばかりでした。なかなか、自分のことを客観的に見る場所って、ないですよね。自分の行動を放送でそのまま見るので、後悔や反省の繰り返しでした」。  そして、経験を経た自分を「強くなった」と分析する。「今までは格好悪い自分や、ダサい自分、すっぴんとかを見せることも苦手だったんです。けど、殻にこもって一歩踏み出せないと、やっぱり壁ができてしまうと分かりました。周りのおかげで、一歩踏み出す勇気ができたんです。もっと素の自分を信じてあげてもいいんだなって思えたので、すごく強くなったと思います」と、ヘコまず前向きに生きていけるようなった経緯を、明かしてくれた。  世間の荒波にもまれながらも、経験を積み重ねながら成長し続けるchay。シンガーソングライターというアーティスト活動にも、多くのものをもたらした。昔と今では曲の書き方が全く変わったところなども、影響した一つと言えるだろう。「先ほどの話と似ているんですけど、昔はなんかすごくプライドも高かったし(笑)、弱さを見せることが恥ずかしいと思っていました。でもシンガーソングライターなんだから、自分の苦しみも書いていきたいなと思って、歌にするようにできました。そのほうが共感してもらえるかなと」。chayが今のchayへと変貌を遂げられたのは「やっぱり『テラスハウス』のおかげですね」とにっこり微笑んだ。(取材:文:赤山恭子、写真:クランクイン!編集部)  chay自身が出演し「少しのきっかけで、気持ちが前向きになれる。」というメッセージを込めた、「パンテーン」CMソング『Twinkle Days』は好評発売中。

  • 「代官山アドレス・ディセ」イルミネーション点灯式にて

    佐々木希、理想のXmasは浜ちゃんの『チキンライス』を聴きたい

    エンタメ

     佐々木希とフジテレビ『テラスハウス』に出演中のシンガーソングライターのchayが、15日、代官山駅に直結したショッピング・ゾーン、アドレス・ディセで行われたクリスマスイリミネーションの点灯式に参加した。@@cutter 今年のアドレス・ディセのクリスマスキャンペーンは、「The Snowman Fair in DAIKANYAMA」と題し、ザ・スノーマンを題材にして展開している。  ザ・スノーマンと共に登場した佐々木とchay。ショッピングやランチのため、アドレス・ディゼはよく利用しているという佐々木は、「点灯式は、なかなか出来ないですから、すごく嬉しいです」。また、現在フジテレビ系の「テラスハウス」に本名の永谷真絵で出演中のシンガーソングライターのchayも、代官山界隈はヘアサロンなどでヘビーローテーションなだけに嬉しそう。ザ・スノーマンも加わっての点灯式では、予行演習でイルミネーションが点いてしまうというハプニングもありながら、無事終了。  フォトセッションの後には、場所を室内に移してchayのミニアコースティックライブに。同じ事務所の後輩でもあるchayの登壇に、「chayの歌が聞けるので、最後まで聞いていって下さい。とても性格が可愛らしいので、見守ってあげたいなという気持ちにさせるんです」と佐々木が熱くPR。  オリジナルナンバーの「恋のとなりから」「You tell me」、テイラー・スイフトの「We are never never」の3曲をギター1本で熱唱。聴き終えた佐々木は、「胸が締め付けられたというか、ぎゅっとなってすごく感動しました。ブレないものを持っている子なので、しっかり頑張っていると思います」とベタ褒め。一方のChayも「デビュー前からずっと聞いてくださっているので、成長した姿を見ていただき嬉しいです」と照れくさそうに語った。  クリスマスについて聞かれた2人。「いつもクリスマスシーズンが始まると、今年も終わりかみたいに物悲しくなっちゃうんです」とネガティブ気味なChayのコメントを聞いた佐々木からも、「ちょっと分かるような気がします。カップルが歩いていると、いいなと思いながらも切ない気持ちがします。何ですかね、アレ」と、さみしげなコメントが。理想のクリスマスを聞かれると、「大事な人たち、私の場合は秋田の友達といっしょにいたいなと思います。料理を作ったり…『チキンライス』(ダウンタウンの松本人志が作詞、槇原敬之が作曲・編曲、槇原とダウンタウンの浜田雅功が歌を担当)という曲がすごく好きなんです。アレやばいですよね。あの曲を聴きながらパーティをしたいです」と、意外な発言も飛び出した。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access