メイジー・ウィリアムズ 関連記事

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』BS10 スターチャンネルにて4月15日10時放送開始

    遂に明日放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』果たして、玉座に座るのは誰なのか…

    海外ドラマ

     エミー賞歴代最多受賞の海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終章となるシーズン8が世界同時放送され、日本では明日4月15日から放送開始となる。公開となった予告映像では、恐怖の表情を浮かべたアリア・スタークの表情から始まり、解禁となった最新ポスターでは雪の上に横たわる多くのキャラクターたちが“玉座”を描いている。果たして、玉座に座るのは誰なのか…。@@cutter 『ゲーム・オブ・スローンズ』は、米国のSFファンタジー作家ジョージ・R・R・マーティンによるファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』を映像化したスペクタクル巨編。架空の王国を舞台に、複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いを映画並みの壮大なスケールで描く。  公開された約2分間の予告映像は、恐怖の表情を浮かべて何かから必死に逃げるアリア・スターク(メイジー・ウィリアムズ)が、覚悟を決めたようにつぶやく「“死”には幾つもの顔がある。この威力を試したい」というせりふから始まる。ジョン・スノウ(キット・ハリントン)とデナーリス・ターガリエン(エミリア・クラーク)が2頭のドラゴンと向かい合うシーンをはじめ、ジェイミー・ラニスター(ニコライ・コスター=ワルドー)、ティリオン・ラニスター(ピーター・ディンクレイジ)、サンサ・スターク(ソフィー・ターナー)、ブラン・スターク(アイザック・ヘンプステッド・ライト)らのメインキャラクターたちが続々と登場しする。 @@insert1  衝撃のポスタービジュアルには、予告編にも登場したアリア・スターク、ジョン・スノウ、デナーリス・ターガリエンらが雪に寒々しく埋もれた状態で横たわり、玉座を描いている。  果たして、これは何かを意味するものなのか…。遂に始まる“最終章”で明かされる。『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』は、BS10 スターチャンネルにて4月15日10時放送開始。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』4月15日放送決定!(※写真は前章の第7章より)

    『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』4月15日放送決定 最新予告映像も公開

    海外ドラマ

     エミー賞歴代最多受賞の海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終章となるシーズン8の世界同時放送が、4月15日より開始されることが決定し、併せて、最終章の最新予告映像が公開された。@@cutter  『ゲーム・オブ・スローンズ』は、アメリカのSFファンタジー作家ジョージ・R・R・マーティンによるベストセラー小説『氷と炎の歌』を映像化したシリーズ作品。架空の王国を舞台に、複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いを映画並みの壮大なスケールで描く。  米HBOが1話あたり1500万ドル(約16億円)とも報じられる巨額の製作費を投じ、シーズンを追うごとに製作費だけでなく人気も増加。出演俳優の中から続々と映画スターを輩出している。  昨年11月に最終章の放送開始が4月と発表されるやいなや、世界中でSNSを中心に凄まじい勢いで情報が拡散され、日本でもツイッターのトレンド入りを果たすなど、その注目度の高さが伺える。  解禁された予告映像では、たいまつを持ったジョン・スノウ(キット・ハリントン)に続き、サンサ(ソフィー・ターナー)、アリア(メイジー・ウィリアムズ)が洞穴を歩く姿が映しだされる。その後、自分たちの姿を模したような石像と出会うシーン、その直後に周囲を凍てつかせる怪しい気配が背後から忍び寄ってくる…。  『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』は、BS10 スターチャンネルにて4月15日より世界同時放送。

  • 『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』メイン写真

    アードマン・アニメーションズ最新作『アーリーマン』、7月公開決定

    アニメ・コミック

     『ひつじのショーン』などで知られるアードマン・アニメーションズが手がける最新アニメ映画『EARLY MAN(原題)』が、『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』の邦題で7月に公開されることが決定。ティザーポスタ―ビジュアルとメイン写真が併せて解禁となった。@@cutter 本作は、『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』等の作品でアカデミー賞に4度輝いたアードマン・アニメーションズが制作する新作ストップモーション・アニメーション。  先史時代の昔、原始人(アーリーマン)の少年・ダグと相棒のブタ・ホグノブたちが暮らす小さな谷間を、ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿率いる軍隊が生産物の青銅を奪うべく強襲。故郷を追われたダグたちは、ブロンズ・エイジ・シティで崇拝されている“サッカー”というスポーツでヌース卿に対抗しようとする。  『リリーのすべて』のエディ・レッドメインが主人公・ダグの声を演じるほか、『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のトム・ヒドルストンがヌース卿の、本作のメガホンを取るニック・パーク監督自身がホグノブの声をそれぞれ担当する。加えて、メイジー・ウィリアムズ、ティモシー・スポールらも出演している。  今回解禁されたポスタービジュアルでは、サッカーボールを小脇に抱えたダグがホグノブを引き連れ、太古のサッカースタジアムと思しき場所に立つ姿を活写。メイン写真では、ダグが石槍を手に、ホグノブと森の中で何かを探す様子をとらえている。  ニック監督は「脚本だけでも3年以上かかっています」と、本作が大変な難産だったと告白。「まるで映画を2回作っているような気持ちになります!」と嘆息しつつも、「でもそれだけの価値があるのです」と出来栄えに太鼓判を押していた。  映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』は7月より全国公開。

  • 公私ともに仲のいいメイジー・ウィリアムズ&ソフィー・ターナー

    メイジー・ウィリアムズ、ソフィー・ターナーの結婚式でブライズメイドに

    セレブ&ゴシップ

     昨年10月に婚約したことを発表した歌手ジョー・ジョナスと、人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のサンサ・スターク役で知られる女優ソフィー・ターナー。結婚式の日取りは決まっていないが、同ドラマでサンサの妹アリア・スタークを演じる女優メイジー・ウィリアムズが、ソフィーのブライズメイドを務めるという。@@cutter プライベートでは親友同士というソフィーとメイジー。E!Newsによると、メイジーはRadio Timesとのインタビューでブライズメイドのポジションを確保したか尋ねられ、「もう確保したわ」と回答したという。「とてもエキサイティングな話よね。ちょっと奇妙な感じだけど」と、親友の結婚が決まって少々驚いている様子だ。  結婚式の計画に関しては「(ゲーム・オブ・スローンズの)シーズンが終わるまで、計画するのはお預けよ」とメイジー。「だけどソフィーはすでにあれこれ想像を膨らませているみたい」と、理想の結婚式を思い描いているソフィーの様子を語ったという。

  • 『デッドプール』続編は5月18日全米公開(※『デッドプール』場面写真)

    『デッドプール2』全米公開日が2週間前倒し 『X‐MEN』スピンオフ2作品は先送りに

    映画

     ライアン・レイノルズ主演の『デッドプール2(仮題)』の全米公開日が2018年6月1日から5月18日に前倒しとなった。さらに、『X‐MEN』シリーズのスピンオフ『Gambit(原題)』『New Mutants(原題)』の全米公開日の変更も発表された。VarietyやDeadlineなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 昨年12月に米ディズニーに買収された米20世紀フォックス。マーベルのスーパーヒーロー映画『デッドプール』の続編『デッドプール2(仮題)』は、公開日が早まったことで、米ディズニーの『スター・ウォーズ』シリーズ単独映画『Solo:A Star Wars Story(原題)』より1週間早い公開となる。  また、チャニング・テイタムが主人公を演じる『Gambit(原題)』は、2019年2月14日から同年6月7日に先送りとなった。同作は監督に決まっていた映画『ローン・レンジャー』のゴア・ヴァービンスキー監督が、「創作上の意見の相違」を理由に降板したばかり。後任の監督は現段階で決まっていない。  海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズのメイジー・ウィリアムズや、映画『スプリット』のアニヤ・テイラー=ジョイなど、若手俳優が活躍する『New Mutants(原題)』は今年の4月13日から2019年2月22日と10ヵ月ほど先送りになっている。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』第七章、新予告解禁で意味深なセリフ 新場面写真も公開

    『ゲーム・オブ・スローンズ』第七章、新予告解禁で意味深なセリフ 新場面写真も公開

    海外ドラマ

     HBO製作の人気テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』。その新シーズン「第七章:氷と炎の歌」から、新予告編が解禁され、併せてドラゴンの姿を収めた新場面写真も公開となった。@@cutter ジョージ・R・R・マーティンのベストセラー小説「氷と炎の歌」を基にする本作は、複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いを映画並のスケールで描く。解禁となった新予告編は、「北や南のみならず、すべてが戦場だ 常に- 心しなさい」のナレーションと共に、ソフィー・ターナー扮するサンサ・スタークが、美しい雪景色の中を緊張した面持ちを見せながら歩む姿で幕を開ける。  続いて、デナーリス・ターガリエン(エミリア・クラーク)、ティリオン・ラニスター(ピーター・ディンクレイジ)、サーセイ・バラシオン(レナ・ヘディ)、アリア・スターク(メイジー・ウィリアムズ)といったおなじみのキャラクターたちが登場。途中、「今また 互いに手を組もう」というセリフもあり、様々な戦いをしてきた彼らだか、また手を結ぶのだろうか。  予告編に収められているバトルシーンには、多くのドラゴンも姿を見せており、そのスケールはシリーズでも類を見ないほど大規模なものになりそうだ。映像の最後には、「白い雪が降り、白い風が吹き、孤狼は死んでも群狼は生き延びる」という意味深なセリフも挿入されている。果たして、どんな運命を歩むのだろうか?間近に迫った放送に向けて、ますます期待が高まる。  『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』は、スターチャンネルにて7月17日より日米完全同時放送。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7にゲスト出演するというエド・シーラン

    『ゲーム・オブ・スローンズ』第七章、エド・シーランがゲスト出演

    海外ドラマ

     ジョージ・R・R・マーティンの原作を追い抜き、ストーリーが展開している人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。7月16日(現地時間)に待望のシーズン7の全米放送が始まることが発表されたことに続き、グラミー賞歌手のエド・シーランがゲスト出演することが明らかになったという。@@cutter E!Newsによると、アリア・スターク役のメイジー・ウィリアムズとサンサ・スターク役のソフィー・ターナーと共に、エンターテイメントの祭典「サウス・バイ・サウスウエスト」(SXSW)で登壇した同ドラマの企画・製作総指揮を務めるデヴィッド・ベニオフが、「何年もの間、メイジーを驚かすためにエド・シーランに出演交渉していたが、今年ついに実現した」と語ったという。  エドがどのような形で何話に姿を現すのか、ストーリー展開も含めて詳細は明らかになっていないとのこと。同ドラマでは過去にもミュージシャンがカメオ出演しており、スノウ・パトロールのボーカル、ギャリー・ライトボディが、ボルトン家に仕える戦士役で出演を果たしたほか、コールドプレイのウィル・チャンピオンやシガー・ロスなどが音楽奏者の役で姿を見せた。  米HBO局で2011年より放送が始まって以来、根強いファンベースに支えられてきた『ゲーム・オブ・スローンズ』。SXSWのイベントでは、最後となるシーズン8が6話構成になることが明かされたという。終幕に向けてシーズン7でも大波乱が生じることが予想されるが、脚本を読んだメイジーは昨年、「これってマジ…。私があなただったら心の準備を始めるけど…、いや、今のは忘れて。こんなの、準備しようにも無理な話よ」と、シーズン7について意味深にツイートしていた。

  • タイム誌の2016年「最も影響力のある10代」に選ばれたクロエ・モレッツ&メイジー・ウィリアムズ

    タイム誌「最も影響力のある10代」発表、C・モレッツやM・ウィリアムズらが選出

    セレブ&ゴシップ

     米Time誌が独特な形で社会に貢献しているという30名の10代の若者を選出する、毎年恒例の「最も影響力のある10代」を発表。エンターテイメント業界からは、女優のクロエ・モレッツやメイジー・ウィリアムズなどが選出された。@@cutter Time誌は様々な分野からソーシャルメディアを通じて世界的に影響を与え、話題を振りまく力がある10代の若者を選考したとのこと。栄えある30名の中には、オバマ米大統領の娘マリア18歳とサーシャ15歳なども名を連ねる。  19歳のメイジーは今年、アリア・スターク役で出演する海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でエミー賞にノミネートされたが、選考理由はそれだけでない。1つのツイートや投稿でニュースのヘッドラインになるとのことだ。同じく19歳のクロエは、ひっぱりだこの女優であると共に、ヒラリー・クリントン米大統領候補への支持を表明したり、性別に関するステレオタイプを議論したりと、ソーシャルメディアを活用して精力的に意見を述べたという。  男性陣では俳優ウィル・スミスの息子で映画『アフター・アース』などに出演するジェイデン・スミス18歳や、9月に発売したニューアルバム『イルミネイト』が全米初登場1位を獲得した歌手ショーン・メンデスなどが選ばれている。ジェイデンは俳優として活躍するほか、男女の区別をつけないファッション・ブランドを旗揚げ。ショーンはヒットメイカーであると共に、インスタグラムやスナップチャットなどでプラス思考を示すロールモデルと評価されている。  ほか、エンターテイメント業界からは海外ドラマ『フォスター家の事情』の女優ヤラ・シャヒディや、歌手Siaのミュージックビデオやツアーで一躍有名になったダンサーのマディ・ジーグラー14歳、ディズニー制作のテレビドラマ『ジェシー!』などに出演する女優スカイ・ジャクソン14歳、リアリティースターのカイリー・ジェンナー19歳などが選出された。

  • あの頃私は若かった…セレブ達の傑作懐かしアルバム<フォト集>

    あの頃私は若かった…セレブ達の傑作懐かしアルバム<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    最近セレブ達が、「インスタグラム」や「ツイッター」などで幼かった頃の懐かしの写真を多数投稿。変わった人、変わらなかった人、過去と現在の写真をご紹介します!

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』のメイジー・ウィリアムズが助演女優賞に初ノミネート

    第68回エミー賞ノミネーション発表、『ゲーム・オブ・スローンズ』が再び最多

    海外ドラマ

     現地時間14日に米テレビ界の祭典=第68回エミー賞のノミネーションが発表になり、『ゲーム・オブ・スローンズ』がドラマ部門で作品賞や助演男優賞、助演女優賞などを含む最多23ノミネートを獲得した。助演女優賞ではサーセイ・バラシオン役のレナ・へディ、デナーリス・ターガリエン役のエミリア・クラークと並び、アリア・スターク役のメイジー・ウィリアムズが初ノミネートされた。ノミネート数は昨年を1つ下回るが、作品賞の候補になるのは6年連続という快挙だ。@@cutter 『ゲーム・オブ・スローンズ』に次ぐノミネーションを獲得したのは、22部門でノミネートされたリミテッドシリーズの『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』。元妻殺しの容疑をかけられたO・J・シンプソンの裁判を描く実録ドラマだ。作品賞の他、弁護士のジョニー・コクラン役コートニー・B・ヴァンスとシンプソン役のキューバ・グッディング・Jr.が主演男優賞、検察官マーシャ・クラーク役のサラ・ポールソンが主演女優賞にノミネートされた。  リミテッドシリーズでは『The Night Manager(原題)』でトム・ヒドルストン、『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』でベネディクト・カンバーバッチが主演男優賞ノミネートを獲得した。  第68回エミー賞授賞式は現地時間9月18日に開催予定。司会はジミー・キンメルが務める。主なノミネートは以下の通り。  【ドラマ部門】 ■作品賞 『ジ・アメリカンズ』 『ベター・コール・ソウル』 『ダウントン・アビー』 『ゲーム・オブ・スローンズ』 『HOMELAND/ホームランド』 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』 ■主演男優賞 カイル・チャンドラー(『ブラッドライン』) ラミ・マレック(『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』) ボブ・オデンカーク(『ベター・コール・ソウル』) マシュー・リス(『ジ・アメリカンズ』) リーヴ・シュレイバー(『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』) ケヴィン・スペイシー(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』) ■主演女優賞 クレア・デインズ(『HOMELAND/ホームランド』) ヴィオラ・デイヴィス(『殺人を無罪にする方法』) タチアナ・マズラニー(『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』) タラジ・P・ヘンソン(『Empire 成功の代償』) ケリ・ラッセル(『ジ・アメリカンズ』) ロビン・ライト(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』) ■助演男優賞 ジョナサン・バンクス(『ベター・コール・ソウル』) ピーター・ディンクレイジ(『ゲーム・オブ・スローンズ』) マイケル・ケリー(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』) ベン・メンデルソーン(『ブラッドライン』) キット・ハリントン(『ゲーム・オブ・スローンズ』) ジョン・ヴォイド(『レイ・ドノヴァン』) ■助演女優賞 エミリア・クラーク(『ゲーム・オブ・スローンズ』) レナ・ヘディ(『ゲーム・オブ・スローンズ』) マギー・スミス(『ダウントン・アビー』) モーラ・ティアニー(『アフェア 情事の行方』) メイジー・ウィリアムズ(『ゲーム・オブ・スローンズ』) コンスタンス・ジマー (『UnReal(原題)』) 【コメディ部門】 ■作品賞 『black‐ish(原題)』 『マスター・オブ・ゼロ』 『モダン・ファミリー』 『シリコンバレー』 『トランスペアレント』 『アンブレイカブル・キミー・シュミット』 『Veep(原題)』 ■主演男優賞 アンソニー・アンダーソン(『Black-ish(原題)』) アジズ・アンサリ(『マスター・オブ・ゼロ』) ウィル・フォーテ(『The Last Man On Earth(原題)』) ウィリアム・H・メイシー(『シェイムレス 俺たちに恥はない』) トーマス・ミドルディッチ(『シリコンバレー』) ジェフリー・タンバー(『トランスペアレント』) ■主演女優賞 トレイシー・エリス・ロス(『black-ish(原題)』) ローリー・メトカーフ(『Getting On(原題)』) リリー・トムリン(『グレイス&フランキー(原題)』) エイミー・シューマー(『Inside Amy Schumer(原題)』) エリー・ケンパー(『アンブレイカブル・キミー・シュミット』) ジュリア・ルイス=ドレイファス(『Veep(原題)』) ■助演男優賞 ルーイ・アンダーソン(『Baskets(原題)』) アンドレ・ブラウアー(『Brooklyn Nine‐Nine(原題)』) キーガン=マイケル・キー(『Key & Peele(原題)』) タイ・バーレル(『モダン・ファミリー』) タイタス・バージェス(『アンブレイカブル・キミー・シュミット』) トニー・ヘイル(『Veep(原題)』) マット・ウォルシュ(『Veep(原題)』) ■助演女優賞 アンナ・クラムスキー(『Veep(原題)』) ギャビー・ホフマン(『トランスペアレント』) アリソン・ジャネイ(『Mom(原題)』) ジュディス・ライト(『トランスペアレント』) ケイト・マッキノン(『サタデー・ナイト・ライブ』) ニーシー・ナッシュ(『Getting On(原題)』)

  • ノーマンとメイジーの仲良し2ショット!

    海ドラ人気俳優ノーマン・リーダス&メイジー・ウィリアムズ、仲良く2ショット

    海外ドラマ

     米AMC局の人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のダリル役で人気の俳優ノーマン・リーダスは、米HBO局の人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のファンのようだ。同ドラマでアリア・スタークを演じる女優メイジー・ウィリアムズとのセルフィーを、自身のインスタグラムに投稿した。@@cutter 『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン6フィナーレが現地時間26日に放送されると、ノーマンはカメラに向かってピースサインするメイジーとのツーショット・セルフィーを投稿。「『ゲーム・オブ・スローンズ』!最高に素晴らしいシーズンだったな!!! このドラマが大好きだ!あのフィナーレ!すごいね」とコメントした。  写真がいつ撮影されたものかは不明だが、2人の背景には菓子パンらしきものが並んでいて、2人ともリラックスしている様子だ。写真は現地時間27日に投稿されたが、1日で23万3000件の「いいね!」を獲得した。  ファンからは「私のお気に入り2人」「2人とも大好き」「この写真で幸せな気分になるわ」といった喜びの声から、「『ウォーキング・デッド』のフィナーレにほぼ匹敵するほど良かった」「2つの大好きなシリーズから2人の大好きなキャラクター!ダリルとアリア」といったドラマに絡めたコメントまで、多くの反響が寄せられている。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』アリア役M・ウィリアムズ、撮影秘話を語る

    『ゲーム・オブ・スローンズ』アリア役女優、「生き延びられるかドキドキ」心境を吐露

    海外ドラマ

     映画を凌ぐ壮大なスケールで描く大人気海外ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』。第六章「冬の狂風」は日米完全同時放送され、より大きな注目を浴びた。世界中にファンを増やし続けている中、スターク家の次女アリア役で、このドラマの全シリーズに出演しているメイジー・ウィリアムズが来日し、撮影秘話や共演者とのプライベートを明かしてくれた。@@cutter 『ゲーム・オブ・スローンズ』は、主要キャラクターが突然命を落とすという衝撃展開に、ファンが驚くことで有名。メイジーが演じるアリアはこれまで生き残ってきたが、彼女自身は今後アリアの身に何が起きるのか知らされているのだろうか。  「これから撮影に入るシーズンの台本は1ヵ月くらい前に送られてくるので、全話分のストーリーを知ることができるんだけど、その先のシーズンについては知らされていないの。だから、待っている間はアリアが生き延びられるのか、ものすごくドキドキしているわ!」と興奮気味に話すメイジー。また、主要な25キャラクター程度は、全体の台本を読むことができるそうだが、「それ以外のキャラクターを演じる俳優たちは、自分の役の部分しか台本を読めないのよ」と驚きの事実を明かすも「私は主要25人の中に入っているから、読みながら『あの人は無事だけど、あの人は死んでしまうのね』と、喜んだり悲しんだりしているわ」。  ドラマの中で、剣術を学んだアリアはアクションシーンも多い。ケガをしたりしないか聞くと、「これまでは、割と優秀にこなしてきた方で、ケガもなかったわ。だけど、今期は本当にアクションが多かった上に、視力を失ったアリアを演じるためにコンタクトレンズをつけていて、ほとんど目が見えない状態で演じたから、切り傷やアザが絶えなかったの」と撮影での苦労を吐露。@@separator 日々過酷な撮影に挑むも、共演者との時間を大切にしているメイジー。アリアの姉サンサ役のソフィー・ターナーと仲が良いメイジーは、「先シーズン、現場は違ったけど、ソフィーと同じベルファスト(北アイルラン)で撮影することが多かったの。だから撮影が終わったら、夜は一緒に食事したり、同じ部屋で寝泊まりしたりできた。夫婦みたいな感じよ(笑)」と19歳らしい素顔を見せてくれた。  15歳からホームスクールで学び、すでに学業を修了したというメイジー。現在は19歳だが、話していると非常に聡明な印象を受ける。女優だけにとどまらずプロデュースや監督業に興味を持っていたりするのだろうか。「私は休憩時間も現場にいることが好きで、カメラマンと監督の話を聞いたりするの。最近、技術的なことに興味があることに自分自身気付いて、それは演技にも役立つと思った。もしも情熱を注げるような作品があったら、今後監督業にもぜひ挑戦してみたいわ」。  また、憧れの女優を聞くと「ジェシカ・チャステインやシャーリーズ・セロンはマスコミへの対応が素晴らしいし、彼女たちから学びたいと思うことが多いわ。それから、昔からオードリー・ヘップバーンの大ファンで、いろいろなインスピレーションを与えてもらっているの。彼女の国連での人道的な活動は本当に素晴らしいと思うわ」と目をキラキラさせながら語ってくれた。(取材・文・写真:清水久美子)  7つの王国の覇権争いを描く『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』は、スター・チャンネルにて毎週月曜10時ほか放送中。『ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏』ブルーレイ&DVDは現在発売中。

  • 福島リラも参戦(下)! 衝撃の展開が続く『ゲーム・オブ・スローンズ』第五章に迫る

    福島リラも参戦! 衝撃の展開が続く『ゲーム・オブ・スローンズ』第五章に迫る

    海外ドラマ

     架空の王国を舞台に、複数の名家が覇権争いを繰り広げるスペクタクル巨編『ゲーム・オブ・スローンズ』。海外ドラマでありながら、映画を超える壮大なスケールで、遂に<第五章:竜との舞踏>ブルーレイ&DVDがリリースされる。同章はロケ地を5ヵ国に増やし、8ヵ月に渡るロケを敢行するなど、スケールをアップさせただけでなく、人生がガラリと変わってしまうほどの衝撃の出来事が…。その一部を見どころとともに紹介していきたい。@@cutter 前章は冷酷無比な七国王の王ジョフリーを殺害した罪で死刑判決が下されたティリオンが脱獄したのち、父タイウィンと娼婦のシェイを殺害。ヴァリスとともに逃亡したところで幕を閉じた。  主なき「鉄の玉座」の空白期から幕を開ける第五章。ティリオンの逃亡劇、そして、その“座”を狙う諸侯たちの覇権争いが壮絶さを増す。さらに、王トメンの妻マージェリーと権力争いを繰り広げるサーセイは、自身がしかけた策によって足元をすくわれる。また、軍を指揮する立場となったジョン・スノウは王との間で苦悩し、「ドラゴンの母」=女王デナーリスは手に負えないほど大きく成長した“子供たち”を前に恐れおののく…。  それぞれに大きな変化が訪れる新章。このドラマティックな展開は、最近、初来日したことでも話題となったメイジー・ウィリアムズが演じる、スターク家の次女アリアの身にも起こる。英紙のインタビューで「(第五章は)アリアの終わりよ」と驚きの発言をしていたが、その答えがやっと明らかに。ブレーヴォスに降り立ったアリアは、あることをやり遂げるために、人生が一変するほど大切なものを失ってしまうのだ。その大切なものとは?  そして、最大の衝撃は、キット・ハリントンふんするジョン・スノウ。米サイトのインタビューでは「僕は来シーズン(第六章)、戻ってこない」というキットの言葉は信じたくないが…。最後に、海外ドラマ『ARROW/アロー』シーズン3のタツ・ヤマシロ役でも出演した福島リラが、“紅の司祭役”で第3話に登場。すさまじい目力と個性的な顔立ちで、強烈な印象を残している。見逃さないよう、入念にチェックしてもらいたい。  『ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏』ブルーレイ&DVDは5月3日リリース。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』放送スタート記念イベントに登壇したメイジー・ウィリアムズ、じゅんいちダビッドソン

    『ゲーム・オブ・スローンズ』メイジー・ウィリアムズ初来日 “本田ネタ”で爆笑

    海外ドラマ

     人気海外ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』の日米同時放送記念イベントが19日に行われ、キャストのメイジー・ウィリアムズとお笑いタレントのじゅんいちダビッドソンが登壇した。じゅんいちがネタを披露したところ、メイジーは大笑いしており、ドラマのイメージとは違い天真爛漫な女の子の一面を垣間見せていた。@@cutter 本シリーズは、7つの王国の覇権争いを壮大なスケールで描く、米放送局HBO製作のアクションスペクタクル巨編。4月25日に6シーズン目を迎える本作は、世界193の国と地域で放送され、昨年のエミー賞では歴代最多の12部門受賞の快挙を成し遂げた。この作品でデビューを果たしたメイジーは、王国の覇権争いに巻き込まれ、孤独な旅を続ける王家の三子アリア・スターク役を演じ、現在19歳ながらその演技力が世界中から絶賛されている。  以前から日本は憧れの地だったというメイジーは「昨晩到着したばかりなので、まだどこにも行けていないのですが、今晩はフクロウカフェに行きたい」と述べ、「ほかにも、DISCOネイルや猫カフェ、ロボットレストランなど、できるだけたくさんの場所に出かけたい」と白い歯を見せた。  司会者から「本シリーズの大ファンであるアメリカのオバマ大統領は、個人的にプロデューサーにお願いして新シリーズの1話をひと足先にご覧になったそうです」とエピソードが語られると、メイジーは「個人的に、非常に不公平だと思いました。私も見せてほしいと言ったら『ダメだ』と言われたんです。オバマさんは出てもいないのに見れるとは…」と笑いを誘っていた。  海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』はスターチャンネルにて4月25日10時より日米同時放送。

  • 初来日するメイジー・ウイリアムズ

    『ゲーム・オブ・スローンズ』アリア役メイジー・ウィリアムズ来日決定!

    海外ドラマ

     壮大なスケールで世界を魅了している海外ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』で過酷な運命と戦い続ける少女アリア・スターク役として全シリーズに出演しているメイジー・ウィリアムズの初来日が4月19日に決定した。@@cutter 本作は、中世ヨーロッパを思わせる架空の王国を舞台に複数の女池が繰り広げる覇権争いを描くスペクタクル巨編ドラマ。脚本には小説シリーズ「氷と炎の歌」の作者ジョージ・R・R・マーティンも加わっており、小説のあらすじに沿って製作されている。ヒットを重ねた本シリーズは章を重ねるごとにスケールアップされている。  メイジーは生き残りが厳しいシリーズの中で、第一章から出演し続ける主要キャストの1人。今回の来日では都内某所でメディアとファンを招いて来日イベントを開催する。本作の舞台裏や出演者のエピソード最新シリーズのマル秘情報などが語られるという。  さらに当日はスペシャルゲストとしてじゅんいちダビッドソンが登場。世界を席巻する大作とメイジーに、“世界のHONDA”がエールを贈る。  海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』(毎週月曜)はスターチャンネルにて日本独占放送。4月25日10時スタート(日米同時放送)。

  • 2年連続でTIME誌の「最も影響力のあるティーン」に選ばれたケンダル&カイリー・ジェンナー姉妹

    米誌「最も影響力のあるティーン2015」発表!ケンダル&カイリー・ジェンナー姉妹も

    セレブ&ゴシップ

     米誌「TIME」が恒例の「最も影響力のあるティーン」を発表。2015年は30人が選出されセレブの中からは、モデルとして目覚ましい活躍を見せているケンダル・ジェンナーや、ケンダルの妹でリアリティー番組『「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』に出演するカイリー・ジェンナー(18)などが選出された。@@cutter 様々な分野で活躍する10代を称える同リスト。ソーシャルメディアを通じて世界的に影響を与え、話題を提供するティーンということで、アメリカ版『マネーの虎』の『Shark Tank(原題)』に出演し、約2400万円の年間売上を出す蝶ネクタイ販売ビジネスを切り盛りする13歳のモージア・ブリッジス、ボルダリング界の天才少女クライマーとして名高い白石阿島(14)などが選出。女子の教育を受ける権利を訴え続け、ノーベル平和賞を受賞したパキスタンのマララ・ユスフザイ(17)や、オバマ米大統領の長女マリア・オバマ(17)などは2年連続の栄誉となった。  若い順に13歳から19歳の30人の名前が挙がる中、エンターテインメント業界からはケンダルとカイリーのほか、海外ドラマ『ガール・ミーツ・ワールド』の女優ローワン・ブランチャード(14)、映画『ハンガー・ゲーム』の女優アマンドラ・ステンバーグ(17)、SNS「Vine」で注目されデビューした歌手ショーン・メンデス(17)、俳優ウィル・スミスの息子で俳優のジェイデン・スミス(17)、海外ドラマ『モダン・ファミリー』の女優アリエル・ウィンター(17)、アトランタ出身のラッパーのサイレント(17)、海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の女優メイジー・ウィリアムズ(18)、歌手で女優のゼンデイヤ(19)が名を連ね、さらなる活躍を期待されている。

  • 海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』がギネス世界記録を樹立

    『ゲーム・オブ・スローンズ』、世界同時放送でギネス世界新記録を樹立

    海外ドラマ

     ジョージ・R・R・マーティンの人気小説「氷と炎の歌」シリーズをベースにした海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が、世界同時放送のギネス世界記録を樹立し、9月10日に発売される2016年版に掲載されることが明らかになった。@@cutter Entertainment Weeklyによると、『ゲーム・オブ・スローンズ』は現地時間4月20日に放送されたシーズン5の第2話が、世界173の国と自治領で同時放送されて新記録を樹立したという。  『ゲーム・オブ・スローンズ』はその人気のゆえに海賊版ダウンロードの最も多いドラマとして知られるが、シーズン5の第1話が放送される前に海賊版がネットに流出するという騒動が起きていた。世界同時放送はこうした海賊版の流出と違法ダウンロードに対抗する策の1つでもあるようだ。  同ドラマでアリア・スタークを演じる女優メイジー・ウィリアムズが、番組を代表して認定証を受け取ったとのことで、Entertainment Weeklyでは額に入った認定証を持って微笑んでいるメイジーの写真が紹介されている。メイジーはチャリティの一環でこの夏、地上1万5000フィート(約4572キロメートル)からスカイダイビングを行い、ギネス世界記録を打ち立てる予定だったが、その当日は悪天候に見舞われ延期を余儀なくされたそうだ。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5でアリア・スタークに何が起きるのか

    『ゲーム・オブ・スローンズ』女優が爆弾発言!まさかの事態に「読むべからず」警告

    海外ドラマ

     ジョージ・R・R・マーティンのファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』をテレビドラマ化『ゲーム・オブ・スローンズ』。米ケーブルテレビ局HBOの人気ドラマは現在、シーズン4までの放送が終わり、来年4月から予定されているシーズン5の放送が待たれているが、同シリーズでスターク家の次女アリアを演じるメイジー・ウィリアムズがそのアリアについて意味深な発言をし、注目されている。@@cutter 「シーズン5のネタバレになり得るため、知りたくない人は読むべからず」とメイジーの発言を取り上げたメディアがこぞって警告している内容は、メイジーが英紙The Guardiansとのインタビューで語ったことだ。  メイジーは新作映画『Cyber Bully(原題)』のプロモーションだったが、話題が『ゲーム・オブ・スローンズ』に及ぶと、「アリアにとって大きなエンディングが待っている。彼女はいわばバラバラにされている状態で裂け目の向こう側が見えることになる」と意味深なコメントを残したという。その発言が具体的に何を意味するかは不明だが、「もうすぐ終了なの。だから、彼ら(製作陣)が来年はどうするつもりなのか私には分からないわ。みんなが知っている限り、アリアの終わりよ」と語っている。  終わり=死とは限らないが、王座を巡り激しい覇権争いが続く『ゲーム・オブ・スローンズ』。小説と必ずしも同じ展開になるとは限らないドラマとあり、メイジーの発言がどういうことなのか、様々な推測が始まっているようだ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access