和田雅成 関連記事

  • ドラマイズム『REAL⇔FAKE』に出演する(上段左から)荒牧慶彦、植田圭輔、小澤廉、佐藤流司 (下段左から)松村龍之介、和田雅成、染谷俊之、蒼井翔太

    蒼井翔太、歌姫役でドラマ初挑戦! 『REAL⇔FAKE』9月スタート

    エンタメ

     俳優の蒼井翔太が歌姫役で出演し、舞台やミュージカルなどで人気の俳優たちが競演するオリジナルドラマ『REAL⇔FAKE』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)が、9月から放送されることが決定した。蒼井は今作がドラマ初出演となる。@@cutter 本作は、天使の歌声を持つ、蒼井扮する“歌姫”朱音(あかね)の失踪をきっかけに、その犯人を探るべく、共同生活を始めたユニット“Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)”メンバーに密着するオリジナルストーリー。  Stellar CROWNSのメンバーを、舞台やミュージカルで人気の荒牧慶彦、植田圭輔、小澤廉、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成が演じ、朱音の失踪の真相を探るディレクター・守屋英俊を染谷俊之が務める。舞台「Messiah メサイア」シリーズの脚本、2.5次元舞台『七つの大罪 The STAGE』等多数の脚本・演出を手がけている毛利亘宏が、本作で初めて連続ドラマのメガホンをとる。  その歌声から「天使」と呼ばれている“歌姫”朱音が突然失踪する。所属事務所の垣根を越えたタレントによるユニット「Stellar CROWNS プロジェクト」に加入し、活動の幅を広げようとしていた矢先だった。  失踪の原因について様々な憶測が飛び交う中、朱音の所属事務所社長の元に「犯人は、プロジェクトメンバーの中にいる。」と書かれた一通の怪文書が届く。フリーの映像ディレクター・守屋は、社長の依頼を受け、プロジェクトのドキュメントムービーの撮影を口実に犯人捜しを始めるのだが…。  蒼井は「この度、ドラマに初挑戦させていただき、たくさんのことを勉強させて頂きました!」と初出演の喜びをコメント。「国民的歌姫役という事で、ご覧になられる方はとても不思議に思われるかと思いますが、とても楽しく撮影に臨ませていただきましたし、面白い作品になっていると思いますので、何卒、最後までお見逃しなく!宜しくお願い致します!」と意気込みを語った。  ドラマイズム『REAL⇔FAKE』は、MBSにて9月1日より毎週日曜24時50分、TBSにて9月3日より毎週火曜25時28分放送。

  • 木ドラ25『テレビ演劇 サクセス荘』主題歌ダンスの様子

    2.5次元俳優集結『テレビ演劇 サクセス荘』予告解禁 ナレーションは山寺宏一

    エンタメ

     2.5次元舞台などで活躍する若手俳優による新感覚ドラマ『テレビ演劇 サクセス荘』(テレビ東京・テレビ愛知/毎週木曜25時ほか)より、予告編が解禁。ナレーションを人気声優の山寺宏一が担当することが発表された。@@cutter 本作は、数々の2.5 次元舞台を手がけるネルケプランニングと、『おっさんずラブ』の脚本家・徳尾浩司がタッグを組み、“リハは1度だけ”、始まったら最後までカットせず、撮り直しなし&アドリブありの“本番一発勝負”という「テレビ演劇」。和田雅成、高橋健介、高野洸、高木俊、黒羽麻璃央、有澤樟太郎、荒牧慶彦、定本楓馬、玉城裕規、寺山武志という、2.5次元舞台で人気の若手俳優10人が出演する。  都内の片隅にひっそりとたたずむ一軒のアパート「サクセス荘」。そこには、“ひと旗あげたい”と成功を夢みる若者たちが住んでいて、いつか必ず夢をかなえて巣立っていくという伝説があった。俳優、漫画家、占い師、料理人…ジャンルは違えど、成功したい気持ちは皆同じで、個性豊かな住人が集う。とある日、新しい入居希望者がやってくるところから物語は始まる。  この度、番組予告映像が公開され、主題歌は、監督の川尻恵太(SUGARBOY)が作詞・歌を担当し、このドラマの為に書き下ろされた楽曲「今日もきっとサクセス荘」となったことが発表された。番組では、この楽曲に合わせて出演者たちがダンスを披露することも決まっている。  更に、ナレーションを山寺宏一が担当することも決定。山寺は「僕だったら無理。基本声優は台詞を覚えませんし、台本通りです。録り直しももちろんOK。舞台もやってますが、1ヵ月以上がっつり稽古します。たま~にドラマにも出演しますが、数十秒のシーンでもビビります」と驚きを語り、「さすが声優しかやってない中年男を、早朝生放送の子供番組の司会に抜擢するテレビ東京! いろんな意味で、さらされる旬な若手俳優達に注目です!」とコメントを寄せている。  木ドラ25『テレビ演劇 サクセス荘』は、テレビ東京とテレビ愛知にて7月11日より毎週木曜25時、テレビ大阪にて7月16日より毎週火曜26時05分、BSテレ東にて7月16日より毎週火曜24時放送。

  • 木ドラ25『テレビ演劇 サクセス荘』(上段左から)和田雅成、高橋健介、高野洸、高木俊、黒羽麻璃央 (下段左から)有澤樟太郎、荒牧慶彦、定本楓馬、玉城裕規、寺山武志 ※劇中部屋番号順

    2.5次元舞台俳優集結 “リハは1度だけ”“撮影一発本番”のテレビ演劇スタート

    エンタメ

     2.5次元舞台などで活躍する若手俳優による新感覚ドラマ『テレビ演劇 サクセス荘』が、テレビ東京とテレビ愛知にて7月11日から毎週木曜25時に放送されることが決まった。リハーサルは一度だけ、始まったら最後までカットはかからず、撮り直しなし、アドリブありという「テレビと演劇の融合」の新しい試みに挑戦する。@@cutter 都内の片隅にひっそりとたたずむ一軒のアパート「サクセス荘」。そこには、“ひと旗あげたい”と成功を夢みる若者たちが住んでいて、いつか必ず夢をかなえて巣立っていくという伝説があった。俳優、漫画家、占い師、料理人…ジャンルは違えど、成功したい気持ちは皆同じで、個性豊かな住人が集う。とある日、新しい入居希望者がやってくるところから物語は始まる。  原案・プロデュースは演劇企画会社ネルケプランニングの松田誠、脚本はドラマ『おっさんずラブ』の徳尾浩司が担当する。徳尾は「かつて、昭和の時代には漫画家たちの集まる『ときわ荘』という伝説の場所がありましたが、いつの時代も夢を追うというのはすごく孤独で、不安で、苦しいものです。でも、共に戦う仲間がいることで気が紛れたり、頑張れたりすることもあるでしょう。『サクセス荘』は、そんな夢見て頑張る男子たちの、主に現実逃避している部分を切り取ってドラマにしました」と話している。  キャストには、今話題の2.5次元舞台で人気の、和田雅成、高橋健介、高野洸、高木俊、黒羽麻璃央、有澤樟太郎、荒牧慶彦、定本楓馬、玉城裕規、寺山武志の若手俳優10人が集結している。  204号室の住人でアクション俳優を目指すノブを演じる高野は「サクセス荘がいよいよ始まるということでワクワクはもちろん大きいんですが、“リハは1度だけ”“撮影一発本番”というキャッチコピーがやっぱり恐怖ですね(笑)。でもこの状況ならではの面白さを活かしたいのと、心から楽しみたいなって思っています!」とコメント。  205号室の住人で南極料理人を目指すユッキー役の高木は、本作の見どころについて「ずばり一発撮り! びっくりしました、カット掛らず最初から最後までいくんだもん。しかも撮り直しもしないという…(笑)。いい意味で現場はものすごい緊張感があり、俳優同士のその場で生まれる アドリブも必見です」と話している。  木ドラ25『テレビ演劇 サクセス荘』は、テレビ東京とテレビ愛知にて7月11日より毎週木曜25時、BSテレ東にて7月16日より毎週火曜24時放送。

  • 『映画刀剣乱舞』完成披露上映会にて

    鈴木拡樹、ドローンを弓で射抜くハプニングで映画のヒットを願掛け!?

    映画

     俳優の鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀、そして耶雲哉治監督が、27日に都内で開催された『映画刀剣乱舞』完成披露上映会に出席。鈴木は撮影中に弓でドローンを射抜いてしまったことを明かし、「そんな大ヒットの願掛けがあったので、大ヒットしてもらいたいなと思います」と白い歯を見せた。@@cutter 本作は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた刀剣男士を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』の映画化。三日月宗近(鈴木)ら刀剣男士が繰り広げる戦いを描き出す。上映会では、一同が各々の役柄をイメージしたタキシード姿で登場してレッドカーペットを練り歩いた。  撮影中、鈴木はお菓子やホッカイロを持ち歩いて共演者に渡していたとのこと。自分の気配りを明かされて照れ笑いを見せた鈴木は「後半の方は、ネタにしていましたけどね、自分で。お菓子配るおじさんって、自分でも言ってましたけど(笑)。隙あらばお菓子を配ってやろうと思っていました」と笑顔で振り返った。  その後、鈴木は「実はこの撮影、ドローンをたくさん使っております。本当に最後の最後のシーンで、なんと、弓でドローンを射抜いてしまいました。実はドローンが一台、失われております」と告白。「先に、そんな大ヒットの願掛けがあったので、大ヒットしてもらいたいなと思いますし、失ったドローンを取り返すために頑張りたいと思います(笑)」と本作のヒットに期待を込めていた。  一方の耶雲監督は「みんな一丸となって、熱を込めて、この映画を作りました。その熱が皆さんに伝わり、広まっていくことを望んでおります」と発言。そして「熱といえばですね、刀はやっぱり、皆さんの熱で鍛えていただいて。刀剣乱舞というこの刀剣を、立派な最高なものにしていきたいなと思っています」と話していた。  『映画刀剣乱舞』は2019年1月18日より全国公開。

  • 「F6 1st LIVE TOUR『Satisfaction』」初日公演

    『おそ松さん』“F6”初ライブツアー開幕 ファン6000人大熱狂

    アニメ・コミック

     舞台『おそ松さんon STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』に登場する6つ子のイケメンverであるF6(エフシックス)の初ライブツアー「F6 1st LIVE TOUR『Satisfaction』」の初日公演が11日、東京・豊洲PITにて開催された。初披露となる楽曲4曲のほか、ファンからの質問にF6が答えるコーナーなどF6の魅力が盛りだくさんのライブとなった。@@cutter 「F6」とは、TVアニメ『おそ松さん』に登場する“びっくりするほどルックスがいい”6つ子のイケメンver.のこと。6人全員が身長180cm以上の井澤勇貴(F6おそ松)、和田雅成(F6カラ松)、小野健斗(F6チョロ松)、安里勇哉(F6一松)、和合真一(F6十四松)、中山優貴(F6トド松)ら人気俳優が演じる。  このたび開催された「F6 1st LIVE TOUR『Satisfaction』」は、豊洲PITを皮切りに、千葉、沖縄、大阪で開催されるF6初のライブツアー。チケットは全て即日完売するなど、発売前からすでに盛り上がりを見せており、初日となる豊洲PITには昼の部、夜の部合わせ6000人を超えるファンが来場した。  キャラクターをイメージした6色のライトが飛び交い、大歓声の中始まった同ライブ。最初に披露したのは、ミュージックビデオの先出し映像が、再生数21万回以上となり話題沸騰となった『“F”→U GO! ‐Many Money Make You Happy‐』。クールでキレのあるダンスパフォーマンスに会場の温度は一気に上がる。  そしてファン待望の新曲も4曲披露。計4曲のうち、3曲はペア曲で、それぞれのキャラクターカラーの新衣装をまとい披露。最初に披露したのは十四松とトド松のペアの『SWEET CUTE RAP‐SODY』。ラップ調でありながら、あまく可愛い歌声に会場は酔いしれた。続く楽曲は、チョロ松と一松がギターを片手に披露した『ビューティームーン・ミステリアス』。F6初のギターパフォーマンスは、会場を美しくミステリアスな雰囲気に包みこむ。最後は、おそ松とカラ松の『WILD☆JUSTICE』。ロック調なアップテンポの曲で、会場は赤と青のサイリウム一色となった。  新曲や既存曲のほか、6つ子の曲をオリジナルの歌詞でカバーしたり、「いつか夢でチャックメイト」という曲ではトト子パートを会場に集まった観客全員で歌うなど、ファンにはたまらないF6との共演も実現。最後は、F6全員そろっての新曲『Magic Night Satisfaction』で幕を閉じた。  「F6 1st LIVE TOUR『Satisfaction』」は、8月16日に千葉、8月19日に沖縄、8月25日に大阪公演と続き、千秋楽の大阪公演ではライブビューイングが開催決定。また、同ライブは2018年12月21日にブルーレイ&DVD発売。

  • 桑野晃輔(獄寺隼人役)

    舞台『リボーン』ボンゴレ守護者ビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     先日舞台化が発表された『家庭教師ヒットマンREBORN!』の舞台版「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE」の、追加キャストとボンゴレ守護者6人のビジュアルが公開された。@@cutter 『家庭教師ヒットマンREBORN!』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて2004年26号から2012年50号まで連載された天野明によるコミックが原作。少年・ツナこと沢田綱吉が、見た目は赤ん坊だが本業は殺し屋であるリボーンによって、イタリアンマフィア・ボンゴレファミリーの10代目ボスになるための物語が描かれる。  舞台版の制作には、演出・脚本には「劇団鹿殺し」代表の丸尾丸一郎、音楽には同劇団のオレノグラフィティを迎える。キャストには沢田綱吉(ツナ)役を竹中凌平が務め、リボーン役にはアニメでも声を担当していたニーコが舞台版にも出演する。  また今回公開されたビジュアルでは、桑野晃輔(獄寺隼人役)、山本涼介(山本武役)、上杉輝(笹川了平役)、KIMERU (ランボ役)、岸本勇太(雲雀恭弥役)、和田雅成(六道骸役)らボンゴレ守護者が映ったビジュアルとなっている。  そして追加キャストには、城島犬役を椎名鯛造、柿本千種役を稲垣成弥、M・M役を平山りの、ランチア役には川上将大が出演決定。2.5次元舞台を中心に活躍中の若手俳優を中心としたキャスティングとなっている。  「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE」は、9月21日から30日まで、天王洲 銀河劇場で東京公演。大阪公演は10月3日から6日までメルパルクホール大阪で開演。プレミアムチケットは10800円(税込)、一般チケットは7800円(税込) 。オフィシャル先行抽選は、7月20日12時から7月30日まで受付。

  • 舞台『はたらく細胞』、和田雅成&七木奏音が白血球・赤血球に

    舞台『はたらく細胞』、和田雅成&七木奏音が白血球・赤血球に

    アニメ・コミック

     先日、舞台化が発表された『はたらく細胞』のメインキャストが決定し、白血球(好中球)役に和田雅成、赤血球役を七木奏音が演じることが明らかとなった。@@cutter 『はたらく細胞』は、「月刊少年シリウス」(講談社)で連載中の清水茜による同名コミックが原作。酸素を運ぶ赤血球、細菌と戦う白血球を擬人化し、細胞たちの体という世界の中での知られざるドラマを描く。7月から花澤香菜、前野智昭出演でTVアニメが放送される。  このたびメインキャストとして発表された、白血球(好中球)役の和田は、舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り(へし切長谷部役)、舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』(カラ松(F6)役)などに出演。赤血球役の七木は、ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』、残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』などで活躍。漫画原作の作品に多数出演している若手実力派の2人が抜擢された。  今後、白血球(好中球)役、赤血球役に続き、血小板、マクロファージ、記憶細胞、キラーT細胞、NK細胞、B細胞、マスト細胞といった細胞たちのキャスティングにも注目だ。  体内活劇『はたらく細胞』は、11月16日から11月25日までシアター1010にて公演予定。TVアニメ『はたらく細胞』は7月7日より放送。

  • 舞台『刀剣乱舞』、三津谷亮、玉城裕規ら刀剣男子に! 最新作公演情報が解禁

    舞台『刀剣乱舞』、三津谷亮、玉城裕規ら刀剣男子に! 最新作公演情報が解禁

    アニメ・コミック

     舞台『刀剣乱舞』最新作の刀剣男士十二振りのキャストに、骨喰藤四郎役の三津谷亮、小烏丸役の玉城裕規らの出演が発表された。さらに、東京、京都、福岡で行われる公演の詳細も明らかとなった。@@cutter 舞台『刀剣乱舞』の原案である『刀剣乱舞‐ONLINE‐』は、DMM GAMESが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム。名立たる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆けめぐりながら部隊を編成・育成していくという、いま注目を集めている大人気コンテンツ。  舞台版である舞台『刀剣乱舞』は第1弾公演「虚伝 燃ゆる本能寺」を2016年5月に東京・大阪にて上演。公演を収めたブルーレイは、2016年9月19日付のオリコン・ウィークリーチャートで総合1位を記録、年末に行われた再演でも大好評を博した。そして、2017年6月から7月上演の「義伝 暁の独眼竜」も動員数を増し、2017年10月30日付のオリコン・ウィークリーチャートでブルーレイ&DVDともに総合1位という快挙を成し遂げた。    また11月には新小田原城への来場者100万人達成記念として行われた一夜限りの野外公演、「外伝 此の夜らの小田原」が上演、12月に東京・大阪・福岡にて「ジョ伝 三つら星刀語り」が上演された。そして今回、満を持して刀剣男士 十二振りで最新作を上演する。  今回、舞台『刀剣乱舞』最新作、刀剣男士十二振りの出演キャストが発表された。三津(骨喰藤四郎役)、玉城(小烏丸役) を始め、鈴木拡樹(三日月宗近役)、荒牧慶彦(山姥切国広役)、椎名鯛造(不動行光役)、和田雅成(へし切長谷部役)、和田琢磨(歌仙兼定役)、健人(鶴丸国永役)、東啓介(燭台切光忠)、川上将大(大般若長光役)、前山剛久(鶯丸役)、加藤将(大包平役)と、実力派キャストが名を揃えた。  舞台『刀剣乱舞』最新作、刀剣男士 十二振りは、東京公演が6月2日から6日に明治座で公演。6月14日から7月1日まで京都劇場にて京都公演、、7月4日から6日まで北九州ソレイユホールにて福岡公演が行われる。また、東京凱旋公演も決定。7月19日から22日まで日本青年館ホール、7月25日から29日まで天王洲 銀河劇場にて公演。

  • 舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』囲み取材にて

    舞台『おそ松さん』第2弾は「予想の斜め上」 東京初日に6つ子が意気込み

    アニメ・コミック

     テレビアニメ『おそ松さん』を原作とした舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』の公開ゲネプロおよび取材会が1日、都内で行われ、6つ子役の高崎翔太(おそ松)、柏木佑介(カラ松)、植田圭輔(チョロ松)、北村諒(一松)、小澤廉(十四松)、赤澤遼太郎(トド松)、6つ子のイメケンバージョンであるF6の井澤勇貴(おそ松)、和田雅成(カラ松)、小野健斗(チョロ松)、安里勇哉(一松)、和合真一(十四松)、中山優貴(トド松)の12人が出席した。@@cutter 前作から約1年半。演出をはじめスタッフ・キャストが再集結して送る、人気タイトルの舞台第2弾。前回以上に、「緻密に。前回以上に何回も稽古した」(高崎)といい、「前回よりもはちゃめちゃなことに挑戦しています」(植田)とキャストの鼻息も荒い。  前回と異なる点を聞くと、植田は「前回はそれぞれの一番最初に思い当たる個性を全面に押し出して、自分たちが舞台のおそ松さんをやっていることをお届けしていた。今回は第一印象意外のところで、自分だったらツッコミがメインだったのですが、そうじゃない部分の振り幅を振られている」といい、「ただ脱ぐだけじゃない、ただおしりを出すだけじゃない。予想の斜め上をいっている。全員が斜め上。パワーアップしていることには間違いない」と自信たっぷりにアピール。また小澤は「待望の“あの松”が出てきます。詳しいこと言えませんが」と意味深に予告した。  大阪公演を経ての東京初日となるが、井澤は「大阪公演からスタートするとパワフルです。舞台で引っかかる点があったのですが、スタッフ陣の協力もあり無事にクリアできたことを実感した。東京公演も多分、大丈夫!」と笑顔。高崎も「お客さんの“待っていました感”がひしひしと出ていて、それを跳ね返すように僕達も芝居ができた。東京でまた出せたら」と意気込んだ。  舞台上演も折り返し地点。6つ子のキャストたちは、「1人ひとりに満足していただけるような舞台にしたい」(高崎)、「かっこいいだけじゃないカラ松をお届けできたらいい」(柏木)、「笑いをとるというより、自分たちの日常をお届けする。おそ松さんの世界を届けられたら」(植田)、「松野家に遊びに来ている気持ちで観に来てくれれば」(北村)、「東京公演はスリッパでできることの限界を超えたい」(小澤)、「頭の中を空っぽにして純粋に楽しめる作品」(赤澤)とそれぞれ語った。  舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』の東京公演は、3月1日から11日までTOKYO DOME CITY HALLにて上演される。

  • 舞台「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~」 公開記者会見にて

    舞台『おそ松さん』続編、6つ子&F6キャスト勢揃い 1年ぶりでもチームワーク抜群

    アニメ・コミック

     舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』の公開記者会見が4日都内で開催され、クズでニートな6つ子役を演じる高崎翔太(おそ松)、柏木佑介(カラ松)、植田圭輔(チョロ松)、北村諒(一松)、小澤廉(十四松)、赤澤遼太郎(トド松)らが出席した。@@cutter 赤塚不二夫氏による名作『おそ松くん』を原作としたテレビアニメが、2015年9月から2クールにわたって放送され、流行語にノミネートされるなど、社会現象を巻き起こした『おそ松さん』。2016年秋に上演された舞台版の第1弾に続き、今回その続編が2018年2月より大阪と東京で上演されることが決定。会見には6つ子のイケメンver.「F6」のメンバーを加え、約1年ぶりにメインキャスト12名が一堂に会した。  舞台第2弾では、前回に比べて会場のキャパシティが2倍に。高崎は「本当に広い劇場で、お客さんの笑顔が2倍見られるのが楽しみ。たくさんの方に劇場で観ていただけるのはうれしい」と喜びを語り、小澤は「僕は舞台で口が開けっ放しなので、続編が決まって加湿器を買おうと思いました」と苦笑しながら話した。  続編となる舞台ではどんなことをやりたいのか聞かれると、赤澤は「F6みたいなかっこいい系のダンスを6人でやってみたい」、北村は「とりあえず、全裸で上手から下手まで走り抜けることを推したい!」と明かす。小澤が「僕は恋する十四松が観たい。笑って感動できる話もやってみたい」と話すと、ほかのキャストから「こいつ女性キャストを増やしたいだけだぞ!」と総ツッコミを受けていた。  また柏木は「前回は太郎ちゃん(赤澤)19歳だった。今回は20歳になったのでお酒を一緒に飲める。そこから色んなことが生まれるのでは」と期待を寄せる。赤澤は「前回の舞台は僕にとって2度めの舞台だった。あれからほかの作品にも出て、満を持してというか、この俳優界を代表するメンバーとできることを頑張ります」と気合を入れた。  記者会見のステージではF6役の井澤勇貴(F6おそ松)、和田雅成(F6カラ松)、小野健斗(F6チョロ松)、安里勇哉(F6一松)、和合真一(F6十四松)、中山優貴(F6トド松)によるミニライブも行われた。井澤は「久しぶりなので楽しかった!」と笑顔をみせると、中山は「第2弾はダンスも歌も芝居もパワーアップして魅了したい」と意気込みを見せる。さらにF6は続編で新曲を披露することが決定しており、和合は「バンドを結成して楽器をやってみたい。僕はカスタネットをめちゃくちゃロックにやるから」と笑わせた。  会見で「F6にお願いしたいこと」を聞かれた6つ子たち。6つ子最年長キャストの高崎が「ご飯に行くと(自分が奢らなくてはならず)気まずいんですよ。なのでF6には俺より年上もいるので、保護者としてついてきてほしい」と話すと、F6の面々は「雑なカツアゲですよ!」と反発していた。  舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』は、2018年2月23日から26日に大阪・梅田芸術劇場メインホール、3月1日から11日まで東京・TOKYO DOME CITY HALLにて上演。なお、東京公演千秋楽はライブビューイングも行われる。

  • 舞台『おそ松さん』第2弾上演決定! ビジュアル初公開&コメント到着

    舞台『おそ松さん』第2弾上演決定! ビジュアル初公開&コメント到着

    アニメ・コミック

     舞台『おそ松さん』の第2弾公演『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』が、2018年に上演されることが発表され、ビジュアルとキャスト陣からのコメントが公開された。@@cutter 本作の原作であるテレビアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の不朽の名作ギャグマンガ『おそ松くん』の未来を描き、二十歳を過ぎてもニート生活を続けるどうしようもない6つ子の日常、時には奇想天外な非日常がユーモアたっぷりに描かれる。その舞台版第1弾は、2016年に東京・大阪で上演され、全公演満員御礼の大ヒットを記録した。  第2弾公演も東京・大阪で上演予定で、制作陣も演出の小野真一をはじめ、第1弾を手掛けたスタッフが再集結。出演キャストも、おそ松役に高崎翔太、カラ松役に柏木佑介、チョロ松役に植田圭輔、一松役に北村諒、十四松役に小澤廉、トド松役に赤澤遼太郎の6名が決定。  そして6つ子のイケメンバージョンであるF6役として、F6おそ松役に井澤勇貴、F6カラ松役に和田雅成、F6チョロ松役に小野健斗、F6一松役に安里勇哉、F6十四松役に和合真一、F6トド松役に中山優貴と、第1弾にも登場したキャスト陣が続投する。  おそ松役を務める高崎は、「第1弾を超える作品になると、期待しております! またあの6つ子ニートを観れると思うと、楽しみでなりません」コメントし、カラ松役の柏木は「おそ松さんの世界で、再び生きられる事。またあの兄弟達に会える事。カラ松として生きられる事。ワクワクとドキドキが止まりません。全力で挑戦します!絶対に前作を超えます!!」と第2弾の舞台へ立つ意気込を見せている。  また、舞台第2弾の上演を記念して前作『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』のブルーレイが、11月24日に発売されることが決定し、2018年3月25日にはブルーレイ発売記念イベント『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S FESTIVAL~』がパシフィコ横浜国立大ホールで開催されることも発表された。  テレビアニメ『おそ松さん』第2期も、10月2日よりテレビ東京ほかにて放送開始と、「おそ松さん旋風」はますます加速しそうだ。  舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』は 2018年2月23日~26日に大阪・梅田芸術劇場メインホール、2018年3月1日~11日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて上演。

  • 安西慎太郎&松永有紗、過去についた“嘘”を告白

    舞台『四月は君の嘘』安西慎太郎&松永有紗、過去についた“嘘”を告白

    アニメ・コミック

     舞台『四月は君の嘘』の制作発表会が20日、都内で行われ、出演する安西慎太郎(有馬公生役)、松永有紗(宮園かをり役)、河内美里(澤部椿役)、和田雅成(渡亮太役)、山下永夏(井川絵見役)、横井翔二郎(相座武士役)、ピアノ演奏の松村湧太、ヴァイオリン演奏の小林修子が出席した。@@cutter 本作は、累計発行部数500万部を突破し、これまでアニメや実写映画化されている新川直司の人気コミックの舞台化。トラウマを抱えた元天才ピアニストが、自由奔放で美しいヴァイオリニストの少女・かをりと出会うことにより、ピアノに向き合う姿を描いた青春物語。  座長として本作に臨む安西は「人気作品に出演することができることは素直にうれしいし、光栄でした」と笑顔を見せ、「気持ちが苦しくなる部分もありますが、前向きになれる作品なので、キャスト、スタッフ、カンパニー一丸となってがんばっていきたいです」と力強く抱負を述べた。  一方、かをり役の松永も「オーディションの日に地方で撮影があり、遅刻してしまったので『終わった~』とショックを受けていたので、出演が決まったときはビックリしました」と裏話を披露すると「原作を読んでかをりちゃんの魅力にはまっていたので、全力で心を込めて演じたいと思います」と力強い視線で語っていた。  その他の出演者たちも口をそろえて「作品の世界観を大切にしたい」とさまざまなメディアミックスによって表現されている『四月は君の嘘』の持つ切なさと純粋さを舞台上で存分に形づくることを約束すると、実際に舞台で演奏するヴァイオリン奏者の小林と、ピアノの松村も共に「しっかり演奏と届けたい」と誓っていた。  後半には、作品にちなんで自身の青春時代の「嘘」にまつわる思い出話を披露。安西は舞台に集中したいため、先輩からの誘いを“小さな嘘”で断ったことがあると告白すると、松永も学生時代に「転校する」と友達に嘘をついたが、その嘘がばれて、逆に騙されたという思い出を語った。  舞台『四月は君の嘘』は8月24日~9月3日まで東京・AiiA 2.5Theater TOKYO、9月7日~9月10日まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。

  • 山崎賢人主演・舞台『里見八犬伝』公開稽古の様子

    山崎賢人「新しい化学反応が起こっています」約2年半ぶり『里見八犬伝』開幕!

    エンタメ

     2014年に好評を博した、山崎賢人の主演による舞台『里見八犬伝』がおよそ2年半ぶりに上演される。まもなくの上演に先駆けて、14日に前回の千秋楽を飾った同作の故郷・館山で行われたという公開稽古の様子を公開、さらに、ふたたび主演を務める山崎のコメントも到着した。@@cutter 舞台『里見八犬伝』は、滝沢馬琴原作の壮大な歴史ドラマをアクションエンターテイメントとして仕上げた作品。主人公・犬塚信乃(山崎)を中心とした勇猛果敢な八犬士たちが出会い、立ちはだかる怨霊軍団へ立ち向かい悪を討ち滅ぼしていく。  前回と同じく、主人公を演じる山崎は「前回とは違う信乃を演じたい」と意気込みをみせる。作品ならではの鬼気迫る殺陣のシーンについて「諸鍛冶さんの付けてくれる殺陣は、その時々の感情が素直に出やすい立ち回りなので感情を乗せやすかったです」とのこと。また「今回すごく好きなシーンは、荘助(玉城裕規)と浜路(青野楓)が死んだあとの信乃の怒りの立ち回りで、前回とはかなり変わった部分」とみどころを語る。  加えて、「舞台美術の移動も激しくて、セットが動きながらキャストがでてきたりとインパクトがある」とその雰囲気を伝えたほか、「新たなキャストもいて、だからこその化学反応が起こっています。経験豊富な先輩方がいる一方、座長として信乃を演じることでみんなを引っ張りたいです。全力でみなさまへお伝えできるよう、頑張ります」と初日を目前に控え、気合十分な様子だ。  舞台『里見八犬伝』は、4月15日の千葉県南総文化ホールを皮切りに5月31日まで、全国12都市で上演される。

  • 舞台『四月は君の嘘』キャスト

    『四月は君の嘘』舞台化決定! 『男水!』安西慎太郎が有馬公生役

    アニメ・コミック

     広瀬すずと山崎賢人の共演にて、2016年に映画化された人気コミック『四月は君の嘘』が、8月に舞台化されることが決定した。主人公の有馬公生役をドラマ『男水!』(日本テレビ系)に出演した安西慎太郎が務める。@@cutter 本作の原作は、「月刊少年マガジン」(講談社)に連載された新川直司による人気漫画作品。トラウマを抱えた元天才ピアニスト・有馬が、自由奔放で美しい個性派ヴァイオリニスト・宮園かをりと出逢い、惹かれ、変化していく物語が美しい情景描写とともに描かれる。  今回のメインキャスト陣は安西のほかに、映画『暗殺教室~卒業編~』などに出演した女優、モデルとしても活躍する松永有紗が宮園かをり役、公生の幼馴染で、彼に淡い恋心を描く澤部椿役に河内美里、公生・椿の幼なじみで、多数の女子から人気を集めるサッカー男子・渡亮太役を和田雅成、公生と同年代のピアニストで、公生に憧れピアノを始めた同世代のピアニスト井川絵見役には山下永夏、絵見と同じ動機でピアノを始め、公生を目標としてきた相座武士役には横井翔二郎が決定している。    また、スタッフ陣は、脚本に『最遊記歌劇伝』『ミュージカルDance with Devils』などの脚本と演出を担当した三浦香、演出を舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』で脚本、劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『天下無敵の忍び道』にて脚本・演出を担当した伊勢直弘が務める。  舞台『四月は君の嘘』は8月24日~9月3日に東京・AiiA 2.5Theater Tokyo、9月7日~9月10日に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。

  • 舞台『おそ松さん』劇中歌CDリリース記念イベントに登壇したF6

    舞台『おそ松さん』、“F6”メンバー集結でファン大絶叫! カラオケ配信も決定

    アニメ・コミック

     人気TVアニメ『おそ松さん』初となる舞台『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~』の劇中歌を収めたCD『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SONG TIME~』CDリリース記念イベントが都内で行われた。当日は、俳優の井澤勇貴(F6おそ松役)、和田雅成(F6カラ松役)、小野健斗(F6チョロ松役)、安里勇哉(F6一松役)、和合真一(F6十四松役)、中山優貴(F6トド松役)が登壇し、中毒性の高い歌とダンスパフォーマンスで約1600人(フリーエリア含む)のファンを魅了するライブを繰り広げた。@@cutter 『おそ松さん』は、赤塚不二夫の生誕80周年記念作品として、2015年10月から半年に渡りテレビ東京系列にて放送された人気アニメ。赤塚不二夫原作『おそ松くん』の6つ子兄弟が大人になるも仕事にも就かず、のんべんだらりと過ごす日々を描き、豪華声優陣の共演も話題となった。“F6”とは、6つ子のイケメンバージョンであり、アニメの中でも登場している。  当日は『WAKE UP! ~SIX MEN’S SHOW TIME』、『聖なるかな匣智裡神(はこてぃっしゅ)』、『Forever 6ock YOU』の3曲を披露。気温が低い中、会場の熱気であたたまるも、井澤の鼻水が止まらないというハプニングも発生した同イベント。    そんな井澤から「おそ松さんオンステージ、カラオケ配信が決まりました」と発表。全国のLIVE DAM STADIUMでアニメと舞台本番の映像が2画面デュエル映像で歌唱可能になるという。井澤が「事務所に言えばどの曲が一番歌われるかわかりますよ」とふると、和田は「やめとけよ、“はこてぃっしゅ”だったらどうすんねん」とツッコミを入れ、会場の笑いを誘っていた。  舞台劇中歌CD『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~』および、舞台DVD『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~』は現在発売中。

  • 舞台『おそ松さん』東京公演開幕!

    舞台『おそ松さん』東京公演開幕!北村諒、東京でも「磨き上げたお尻を見せたい」

    アニメ・コミック

     テレビアニメ『おそ松さん』を舞台化した『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』の取材会が13日に都内で行われ、高崎翔太、柏木佑介、植田圭輔、北村諒、小澤廉、赤澤遼太郎ら出演者が登壇。制作発表で「お尻を出すことが目標」と語った北村は、「東京公演でも見ていただきたい」と、一松の名シーン再現に意欲を見せた。@@cutter 本作は、大人になってもマイペースでニート生活を謳歌する、個性豊かな6つ子の日常を描いたコメディ舞台。赤塚不二夫が描き、一世を風靡した『おそ松くん』の未来を描いた『おそ松さん』の舞台版で、10月3日まで梅田芸術劇場で上演されていた。東京公演は、この日から開幕。  社会現象にまでなった大ヒット作の舞台化だけに、プレッシャーを感じていたというキャストたちだが、植田は大阪公演を「想像以上に笑っていただき、リアクションをとっていただき、スベルときはちゃんとスベり…ライブを楽しんでくれているなと感じました」と振り返る。そして、「僕たちが目指しているものを体現できていると感じています」と確かな手ごたえを掴んだようで、「大阪で作り上げてきたものを東京で爆発させられれば」と意気込んだ。  また、北村は、「大阪公演では(お尻を出す)目標は達成できたんで、東京公演でも、日々、キレイに磨き上げたお尻を皆様にお見せできたらいいなと思っています。いいお尻だと思います」と改めて宣言。一方、おそ松役の高崎は、「アニメ版ではF6が踊るシーンが多いですが、舞台でもかなり踊っています。華やかなものができあがっていると思います」と、見どころを明かした。  なお、この日の取材には、6つ子のイケメンバージョンである「F6ver.」役を務めるキャストも集結。F6おそ松役の井澤勇貴、F6カラ松役の和田雅成、F6チョロ松役の小野健斗、F6一松役の安里勇哉、F6十四松役の和合真一、F6トド松役の中山優貴も出席した。  舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』は、10月13日〜23日に、Zeppブルーシアター六本木で上演。

  • 再演される舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺のキャラクタービジュアル発表!

    刀剣男士再び! 再演決定の舞台『刀剣乱舞』キャラクタービジュアル解禁

    アニメ・コミック

     12月15日から再演が決定している、舞台「『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」の刀剣男士12振りのキャラクタービジュアルと、物語に関わる人物2名のビジュアルが公開された。@@cutter 本作は、大ヒットゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』の舞台版で、2016年5月に東京・大阪で上演された作品の再演。そもそも、原作となっているゲームは、名だたる刀剣が刀剣男子と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りながら部隊を編成・育成していくというシミュレーションゲームで、女性を中心にブームを巻き起こしている。その舞台版とあって、初演時には連日満員、千秋楽のライブビューイングには計4万人以上が観劇するほど、高い人気を博している。  鈴木拡樹演じる三日月宗近など、人気の高いキャラクターはもちろんだが、初お披露目される、新キャストの瀬戸祐介が演じる江雪左文字と、健人演じる鶴丸国永のビジュアルにも注目。さらに丸目聖人が演じる森蘭丸と、窪寺昭が演じる明智光秀の姿も解禁となった。  初演時のブルーレイがオリコン・ウィークリーチャートで総合1位を記録するなど、いまだ熱いブームの最中にある『刀剣乱舞』。本公演の続報も期待して待ちたい。  舞台「『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」は、12月15日~30日に天王洲 銀河劇場ほかで上演。

  • 舞台「『戦国無双』~四国遠征の章~」 第一弾キャスト発表

    舞台『戦国無双』四国遠征の章、第一弾キャスト発表 植田圭輔、秋元龍太朗ら続投

    アニメ・コミック

     舞台『戦国無双』の第二作が、『四国遠征の章』と題して6月に上演決定し、第一弾キャストとスタッフが発表された。コーエーテクモゲームスの大人気ゲームを原作とした本舞台は、2015年5月にシアター1010にて第一作目『関ヶ原の章』を上演。イケメン俳優たちがゲームの世界観そのままに迫力いっぱいのアクションを展開し、好評を博している。@@cutter 舞台「『戦国無双』~四国遠征の章~」は、1582年、信長が討たれた“本能寺の変”から物語はスタート。ゲームの中でも人気の高い中国の章、四国の章の登場人物が加わり、歴史に残る合戦の数々を骨太なストーリーで描き出す。  第一弾キャストとして発表されたのは、石田三成役の植田圭輔、藤堂高虎役の秋元龍太朗、大谷吉継役の和田雅成…と、第一作から継続の3名。また、演出を吉谷光太郎、脚本を米山和仁が担当することが発表された。  舞台「『戦国無双』 ~四国遠征の章~」は、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて6月29日~7月4日に上演。一般指定席は7000円(税込)、 プレミアムチケットは1万円(税込)。詳細は公式サイトまで。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access