浜辺美波 関連記事

  • 浜辺美波

    浜辺美波、レアな“ギャル美波”に! 5種類の振り袖姿が美しい…

    エンタメ

     女優の浜辺美波が19日より全国で順次放映される京都きもの友禅の新CMに出演する。新CMでは浜辺が、明治から令和まで5つの時代をイメージした振り袖を着用した美しい姿が披露される。@@cutter 浜辺を起用した新CMは“いつの時代も変わらない美しさ”をテーマに撮影。映像の中で浜辺は花びらが舞い散る中、令和・平成・昭和・大正・明治をイメージした色鮮やかな5着の振り袖を身につけ、それぞれに違った表情を見せている。各時代を象徴するようなヘアメイクを施し、艶やかな振り袖を身につけた浜辺の美しさが映像に収められている。  長時間にわたり振り袖を何度も着付けするというハードな撮影に挑んだ浜辺は「普段、5 種類の着物を着るということはないので、すごく楽しかったです!」とコメント。さらに「帯の幅やメイク、髪型がすべて時代によって違うので、撮影中だけでなく着付け中もとても楽しめました」と振り返った。来年8月に20歳を迎える彼女は「明治の着物がシンプルで落ち着いた色で素敵だったので、自分の成人式の振り袖の参考にしたいなと思います」とコメント。  浜辺は撮影で着用した5種類の振り袖について「令和や平成のような現代風の振り袖もとても素敵ですが、明治と大正の振り袖のようなモダンな感じがお気に入りです!」とコメント。ヘアメイクについても明治と大正がお気に入りだったようで「明治はきゅっと髪型を上げるタイプで、大正は波のよう(ウェーブがかかったよう)にさせたり、アクセントにパールを差したり、新鮮味があって好きでした!」と語った。  また、平成をイメージした振り袖の撮影では、普段の清楚なイメージから一転、明るい巻き髪に少し濃いめのメイクが施された浜辺。本人も新鮮だったようで、「ギャル美波ですね!」と笑顔を見せ、「つけまつげをつけたり、巻き髪を下ろしたりしたのですが、なかなかこういったメイクは経験がなかったので、楽しかったです!ただ、自分の成人式の時には、もっと令和っぽく攻めていきたいです」とも抱負を述べた。  浜辺美波が出演する京都きもの友禅新CM「変わらない美しさ」篇は19日より全国で順次放映。

  • 映画『HELLO WORLD』主題歌を担当する「2027Sound」参加アーティスト陣

    『HELLO WORLD』OKAMOTO’SとOfficial髭男dismの主題歌入り本予告解禁

    アニメ・コミック

     声優として俳優の北村匠海、松坂桃李、女優の浜辺美波が出演するアニメーション映画『HELLO WORLD』の主題歌を、OKAMOTO’SとOfficial髭男dismが担当することが決定。併せて主題歌入り本予告編とポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 本作は、興行収入25億円のヒットを記録した『劇場版 ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール‐』の伊藤智彦監督初のオリジナル劇場アニメ。  主人公・堅書直実の声を、声優初挑戦となる北村が担当。直実の10年後の自分・カタガキナオミ役に、監督からの熱いオファーにより本作にキャスティングされた松坂が、2人が救おうとするヒロイン・一行瑠璃役を、自身も伊藤監督作品のファンである浜辺が務める。  今回発表されたのは、3曲ある主題歌のうちの2曲で、OKAMOTO’Sが「新世界」、Official髭男dismが「イエスタデイ」を本作のために書き下ろした。この2組に加え、Nulbarichがもう1曲の主題歌を担当することも決定している。さらに、彼ら3組と、OBKR、Yaffle、STUTS、BRIAN SHINSEKAIの同世代のジャンルを超えたメンバーが集結し、『HELLO WORLD』限定プロジェクト・2027Soundを結成。劇中で流れる43曲の劇伴が制作された。  自らも音楽活動をしている北村は「こんなにも多く音楽シーンを担っている凄い音楽人達が連なっているのを初めて見ました」と語り、主題歌を担当するOKAMOTO’Sについて「OKAMOTO’Sさんが作り出す音楽はエネルギーが違います。難易度の高い音楽で、各々のスキルも凄いと思います。ベースのハマオカモトさんは僕が日本人で一番好きなベーシストです。OKAMOTO’Sさんに音楽をやってもらえて僕も凄い光栄でした」と絶賛している。  公開された予告では、「この街も僕も…」とこの予告編の為だけに別撮りをした北村のナレーションと共に、前半にOfficial髭男dismの「イエスタデイ」が、後半にOKAMOTO’Sの「新世界」が初披露されている。  併せて解禁されたポスタービジュアルは、崩れ落ちるかのような街並みを背景に、3名のメインキャストが佇みながら、上部に「たとえ世界が壊れても、もう一度、君に会いたいー」というコピーが配置されたビジュアルとなっている。  映画『HELLO WORLD』は9月20日より全国公開。

  • 『浜辺美波 2020カレンダーブック』公開カット

    浜辺美波、“10代最後の夏” 美麗ショット満載のカレンダーブック

    エンタメ

     女優の浜辺美波のカレンダーブック『浜辺美波 2020カレンダーブック』が、彼女の10代最後の誕生日8月29日に発売することが分かった。このたび、北海道の大自然を満喫する姿などを収めた先行カットが解禁となった。@@cutter 本作は、浜辺の“10代最後の夏”を切り取ったカレンダーブック。10代最後の夏に北海道で撮影された。2020年1月はじまりの48ページに及ぶ月別カレンダーブックに加え、全64ページのフォトブックの付録が付く豪華な内容となっている。  公開された先行カットでは、雄大な自然の中で気球に乗る姿や乗馬やセグウェイなどに挑戦した際に見せた無邪気なカット、大人っぽく美麗な様子まで、浜辺の貴重な瞬間が満載の一冊となった。  本作は通常版に加えて、オンライン書店限定の「特製ポストカード特典付き限定版」も同時発売予定。ポストカードの絵柄は書店によって違う仕様となっている。  浜辺美波のカレンダーブック『浜辺美波 2020カレンダーブック』は、KADOKAWAより8月29日発売。「通常版」はフォトブック付きで3800円(税別)、特製ポストカード特典付きの「オンライン書店限定版」も発売予定。

  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会にて

    菅田将暉に舘ひろしら共演者から絶賛の嵐「天才」「声がいい」

    映画

     俳優の菅田将暉が26日、都内で行われた映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会に出席。共演者の舘ひろしらから演技や歌を絶賛され、「今日すごい」とはにかむ様子をみせた。@@cutter 三田紀房の同名漫画を実写映画化した本作。第二次世界大戦を数学者の視点で描いた歴史エンターテインメントだ。イベントには主演の菅田をはじめ、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、橋爪功、田中混、舘ひろし、山崎貴監督の9名が出席した。  撮影の感想を聞かれた菅田は「山崎監督がずっとニヤニヤしてるんですよ。監督がいろんなことを想像して、楽しそうなことって、俳優として一番のびのびできることですので楽しかったですね」とコメント。  ただ、酷暑のなかでの撮影だったそうで、鶴瓶が「暑すぎて関西弁忘れる」とボヤくと、菅田も「ほんま鶴瓶さん死んだらどうしようって、心配したんですよ」と振り返った。  一方、舘は菅田について「天才ですよ。本当にすばらしい。この顔でスタイルで演技がうまかったら、女にモテないわけがない。初めて男に嫉妬を感じましたね」と絶賛。小林も「菅田くんの(楽曲)『まちがいさがし』が大ヒットしていますが、声がいい」と菅田の楽曲を褒めちぎると、菅田は「今日すごい。舘さんにはスタイル褒められて、克也さんには声がいいと言われ」とはにかんだ。  最後に舘は「最後の大会議のシーンの、菅田さんの芝居は圧巻です。菅田さんは天才です」と重ねて称賛し、菅田は「ごらんの通り、重厚な映画ができました。どなたでも楽しめる映画だと思います。ありがとうございました」とメッセージを贈り、会場を後にした。  映画『アルキメデスの大戦』は7月26日より全国公開。

  • 浜辺美波

    『世にも奇妙な物語』浜辺美波のかわいすぎる“大根”アクションに「圧倒的眼福」

    エンタメ

     浜辺美波が、『世にも奇妙な物語’19 雨の特別編』(フジテレビ系)『大根侍』に出演。体を張ったアクションシーンで大根を振り回すなど、終始に散りばめられた奇妙な設定に、「シュールすぎ」といった声のほか、「浜辺美波ちゃんだからハマる役!」と配役絶賛の声が続々と寄せられている。@@cutter ある日、浜辺演じる女子高生・立川樹(浜辺)は、大根の入ったレジ袋を提げ歩いていると、すれ違いざまに男(小手伸也)とぶつかってしまう。浪人風の男は腰に差した大根で斬りかかってくるが、命乞いをする樹に免じて決闘は1ヶ月後に。「もし逃げたら(樹の憧れの先輩)翔(井上瑞稀)を斬る」と言い放ち去った男を放心状態で見つめる樹。するとそこへ「わしの弟子にならぬか」と腰に大根を差した老人が現れる。  大根を刀に見立てた設定、樹が老人のもとで野菜たちと一緒に修行を積む姿に前半こそ「シュールすぎ」「じわじわくる」といった声が寄せられていたが、後半で樹が決闘に合わせて道着姿に変身すると、SNS上では、「可愛さに凛々しさが加わって最高すぎて倒れそう…」「圧倒的眼福」「似合いすぎててずっと見てられるわ」とラブコールが殺到。  さらに、男との決闘シーンでは大真面目に大根を振り回すその姿に「シュールと可愛さが入り混じって最高」と、設定と配役バランスに関する言及が続々。「美波ちゃんにこれやらせた人、天才(笑)」「浜辺美波ちゃんだからハマる役!」と言った声も続いていた。

  • 浜辺美波

    浜辺美波の意外な素顔に明石家さんまゾッコン「抱きしめるよ!」

    エンタメ

     女優の浜辺美波が5月31日放送の『さんまのまんま35年目突入SP』(フジテレビ系)にゲスト出演し、明石家さんまとトークを展開。意外な素顔にさんまもゾッコンとなっていた。@@cutter 浜辺とは初対面というさんまは、彼女の主演した映画『君の膵臓をたべたい』(2017)が大のお気に入り。「あのときにハートキャッチされてる」と明かすと、余命幾ばくもないのに明るいという浜辺の難しい役どころを絶賛し、「結婚は無理やから、娘にしたくなった」と明かした。すると浜辺も「遺伝子はほしいですけど」と応じ、さんまを「いいんですか!?」と喜ばせた。  一方、フリートークでは浜辺の面白い一面があらわとなり、さんまのツッコミが相次いだ。同世代の女優との関係を聞かれ、浜辺が「会ってはいないけど仲はいい」と謎発言。浜辺のかわいさにデレデレだったさんまも、これには「ものすごいおかしなトークやで?」とツッコんでいた。    さらに、浜辺が地元・石川の郷土料理として祖母の得意だという「大根寿し」をスタッフが再現したものを持参。収録前に一度味見したという浜辺だったが、いざさんまが蓋をあけて「ポテトサラダみたいになってる」と評すると、浜辺は「ほんとだ」と同じような感想を述べてスタジオの笑いを誘った。  ただ、実際の味は癖があるものだったようで、さんまが神妙な顔つきで「2口目、行こうとしないもんな、2人とも」とこぼすと、「いえいえ、おいしいです!」と浜辺。そこでさんまが「どうぞどうぞ」と2口目を促すと、浜辺も「あ、いやいやいやいや」と譲り合う展開にスタジオは爆笑に包まれ、浜辺のキュートな一面にさんまも思わず「もうな、抱きしめるよ!」とこぼしていた。  さらに、浜辺が自炊をしているという話題に。怪しむさんまがその日の朝ごはんを聞くと、浜辺はブリと鮭の塩焼きというまさかの魚2匹を回答。さんまは大笑いし、「お前、隅に置けんな! これからひいきするよ。お前、明石家ファミリーやな!」と浜辺の素顔を気に入っていた。

  • 『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』浜辺美波の場面写真

    浜辺美波、『世にも奇妙な物語』に初主演 “大根”で殺陣アクション披露

    エンタメ

     女優の浜辺美波が、『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』(フジテレビ系/6月8日21時)で、シュールなアクションコメディー『大根侍』の主演を務めることが分かった。浜辺は、野菜を武器に戦う女子高生を演じる。@@cutter 『世にも奇妙な物語』には、2017年の『しりとり家族』『しりとり家族ふたたび』以来2度目の出演、主演を飾るのは今回が初となる浜辺。共演には、大根を武器に主人公に戦いを挑む不思議な男役で小手伸也、主人公の憧れの先輩役でHiHi Jets/ジャニーズJr.の井上瑞稀が出演する。  女子高生・立川樹(浜辺)は、憧れの先輩・萩山翔(井上)の大好物であるブリ大根を作るべく、大根の入ったレジ袋を提げ歩いていると、すれ違いざまに男(小手)とぶつかってしまう。大根を刀のように腰に差す浪人風の男は、樹にいきなり大根で斬りかかってくる。大根の先が腕をかすめ、そこから血が…。命乞いをする樹に「決闘は1ヵ月後にしてやる」と言う男。樹の生徒手帳にある先輩の写真を見つけ「もし逃げたら、代わりにこやつを斬る。(それまでに)せいぜい腕を磨くがいい」と言い放ち、去っていった。  樹がぼう然としていると「わしの弟子にならぬか」と老人の声が。「わしの指導を受ければ、必ずあの男に勝てる!」半信半疑だった樹だが、その老人のもとで野菜を武器に修行を始めるのだった…。  浜辺は「『大根侍』というタイトルを先に聞いて、どんな感じなんだろう? と想像を膨らませていたのですが、実際に台本を頂いて、読めば読むほど不思議すぎる世界が広がっていました」と作品の印象を語る。苦手だという殺陣についても「今回、大根や様々な野菜を使って殺陣をするシーンがありました。たくさん練習して挑んだシーンなのでぜひチェックしてみてください」とメッセージを残している。  本格アクションで浜辺と相対する小手も「全力で身体も張らせていただきましたし、面白い内容になっていると思いますので、ご期待ください!」と意気込みを語った。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』は、フジテレビ系にて6月8日21時放送。

  • 特集ドラマ『ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~』主演の浜辺美波

    浜辺美波、売れない腹黒アイドルに SPドラマで東出昌大と共演

    エンタメ

     女優の浜辺美波が難事件に首を突っ込む腹黒アイドル役で主演を務め、俳優の東出昌大と共演する特集ドラマ『ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~』が、NHK総合にて8月13~15日22時に3夜連続で放送されることが決まった。@@cutter 本作は、なかなか売れない、ちょっと腹黒い女性アイドル・黒薔薇純子(浜辺)と警視庁捜査一課の東堂刑事(東出)の凸凹コンビが、たった一日で難事件を解決してしまうという推理エンターテインメント・ドラマ。  純子は交通安全や防犯啓発のため「一日署長」として赴いた警察署で殺人事件に遭遇し、そこへ必ず現れる天敵・東堂刑事からは邪険に扱われながらも、事件に首を突っ込んでいく。かわいいアイドルが表と裏の顔を使い分け、警察の捜査を手玉に取りながら事件に絡んでいくコミカルさと、犯人が仕掛けたトリックを視聴者とともに解明していく本格ミステリーの楽しさを併せ持つ、新感覚の推理エンターテインメントとなっている。  キャストにはこのほか、長村航希、六角精児らが決まっている。脚本は、『ハードナッツ!』で数学ミステリー、『スリル!』では詐欺の技術で事件を解決するミステリーを生み出した蒔田光治が担当し、事件の発生から解決までをわずか「一日」で描く新しい形のミステリーに挑戦している。  特集ドラマ『ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~』はNHK総合にて8月13~15日22時放送。

  • 映画『アルキメデスの大戦』本ポスタービジュアル

    菅田将暉×舘ひろし『アルキメデスの大戦』、予告&ポスター解禁

    映画

     俳優の菅田将暉が主演を務め、『永遠の0』の山崎貴監督と初タッグを組む映画『アルキメデスの大戦』より、迫力の予告映像とポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 『ドラゴン桜』などで知られる三田紀房の同名コミックを基にする本作は、日米開戦前夜の日本を舞台に、“世界最大の戦艦”と呼ばれた「大和」の建造計画と、それを阻止すべく山本五十六(舘ひろし)に引き入れられた天才数学者・櫂直(菅田)の活躍を描く歴史エンターテインメント。  第二次世界大戦前の1933(昭和8)年。大日本帝国海軍の上層部は超巨大戦艦“大和”の建造計画に大きな期待を寄せていた。海軍少将・山本五十六はこれからの戦況を考え代替案を提案するが、上層部は、「戦艦大和」の建造を支持。山本は、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れ、櫂の数学的能力で「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、計画を阻止しようとする。櫂は持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていくが、帝国海軍内の大きな壁が立ちはだかる…。  公開された予告映像は、最初に、空を舞う戦闘機の姿が映し出される。砲弾が飛び交い、爆撃によって上がる炎や水柱、戦艦から鈍く響く轟音など、山崎監督がリサーチを重ね、最新技術を駆使し、完全再現を目指して描いた大和と、息をのむ戦闘シーンを多数披露。その中に、菅田演じる主人公・櫂直の天才かつ変人ぶりが垣間見られる場面や、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶ら豪華キャストの出演シーンなどが映し出され、ラストでは、沈没寸前の戦艦大和の姿を捉えている。  併せて公開されたポスタービジュアルは、「これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。」というコピーが上段に配置され、メジャーを手に、鋭く、真っ直ぐな眼差しで見つめる菅田将暉と、堂々たる敬礼を見せる舘ひろしの姿、そして海上に浮かぶ戦艦大和の姿が描かれている。  映画『アルキメデスの大戦』は7月26日より全国公開。

  • (左から)浜辺美波、矢本悠馬

    浜辺美波、矢本悠馬と“ダブルピース”×2 『賭ケグルイ』制服ショット

    エンタメ

     俳優の矢本悠馬が10日、自身のツイッターを更新し、『賭ケグルイ』シリーズで共演している女優・浜辺美波と共にダブルピースをした2ショットを披露した。@@cutter シリーズ累計500万部を突破した人気コミック『賭ケグルイ』(原作・河本ほむら、作画・尚村透)を実写化したドラマ『賭ケグルイ season2』(MBS/TBS系)、現在公開中の映画『映画 賭ケグルイ』で共演している2人。浜辺はヒロインのギャンブル好きな美少女・蛇喰夢子、矢本は家畜生徒をいたぶることに快感を覚える不良生徒・木渡潤を演じている。  矢本は、「さぁ、皆さん!賭ケグルイましょう!!??まだ賭ケグルってない方は、映画館まで賭ケグルイに行きましょ!」とPR。さらに「美しき浜辺美波ことwithべーやん!いや、夢子!」というコメントとともに、舞台となる私立百花王学園の制服姿の2人が、にっこり笑顔でダブルピースを披露しているオフショットを投稿した。  仲良さげな様子がうかがえる2人の姿にファンからは「可愛すぎる夢子ちゃんとのツーショットありがとうございます」「かわいい!かわいすぎるなにこれ!最高」「本編では見れなかった二人の仲良しピースこれぞオフショット!ありがとうございます」など反響コメントが多数寄せられた。 引用:https://twitter.com/yuma_yamoto

  • 浜辺美波

    浜辺美波、オーディションでの恥ずかしい過去を告白

    エンタメ

     女優の浜辺美波が、4日に放送された『王様のブランチ』(TBS系/毎週土曜9時30分)にて、オーディションで体験した恥ずかしい過去を告白した。@@cutter  公開中の『映画 賭ケグルイ』で共演している俳優の高杉真宙と共に、映像や写真で過去を振り返るコーナーに出演した浜辺。2011年に開催された第7回「東宝シンデレラオーディション」にて、ニュージェネレーション賞を受賞した当時、浜辺は10歳。このオーディションで忘れられない恥ずかしい体験をしたことを振り返った。  当時初めて、ストラップがないタイプのヒールを履いた浜辺はステージ上でウォーキングをした際、慣れないあまり靴が脱げてしまったという。残っている映像では靴がスポーンと足から抜け落ち、よろける浜辺が照れ臭そうにしている様子が映し出されていた。  映像を見た浜辺は「メチャクチャ恥ずかしかったですね…」と振り返ったが、実は現在も時々「あの時靴が脱げちゃったんだよね」と話題にされるそうで、「まだ私の中では腑に落ちてない」と告白。「笑って話せるけどちょっと嫌な話」「実は毎回(心を)えぐられています」と、まだまだ恥ずかしい記憶であることを明かした。

  • 『映画 賭ケグルイ』より

    『映画 賭ケグルイ』浜辺美波、狂ってるけどキュートな姿もいっぱい

    映画

     3日に公開された女優の浜辺美波が主演を務める『映画 賭ケグルイ』。本作で浜辺が演じるのは、ギャンブル狂の蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)だ。劇中ではスリリングなギャンブルになるほど、文字通り目の色が変わり、思わず“滾(たぎ)ってしまう”夢子だが、同時にキュートな姿も見せている。@@cutter 本作は、シリーズ累計500万部を突破した河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』の映画化作品。“ギャンブルの強さのみ”で生徒の階級が決まる私立百花王学園を舞台に、浜辺美波演じる最強ギャンブラー・蛇喰夢子を中心に繰り広げられる、予測不可能なギャンブル・バトルが描かれる。映画版では、原作者の河本がシナリオ原案・監修を担当し、英勉監督とタッグを組んでオリジナルストーリーを作り上げた。  劇中では後半、“ギャンブルが全て”の学園内で、“非ギャンブル、不服従”を掲げる組織「ヴィレッジ」のリーダー・村雨天音(宮沢氷魚)と幹部の歩火樹絵里(福原遥)とのバトルが繰り広げられる。  村雨は過去に生徒会長の桃喰綺羅莉(池田エライザ)に勝ったことがあるという人物。夢子は、この最強の相手を前にやはり“滾(たぎ)ってしまう”。このときの浜辺の“狂った”演技はもちろん見ものだが、クラスメイトの鈴井(高杉真宙)や芽亜里(森川葵)らと共にいるときの夢子のリラックスした笑顔や、ギャンブルに興じてテンションが上がったときの表情など、浜辺のキュートな姿もたくさん見ることができる。  すでに作品を鑑賞した観客からは「浜辺美波ちゃん可愛い」「浜辺美波の美しさは正に圧巻」という声も上がっているようだ。  3月に高校を卒業し、『アルキメデスの大戦』(7月26日公開)、『屍人荘の殺人』(2019年公開)、『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020年公開)など公開待機作が目白押しの彼女の令和初の主演映画を劇場で堪能しよう。

  • 『映画 賭ケグルイ』初日舞台挨拶の様子

    浜辺美波、『賭ケグルイ』舞台挨拶で“ほっこり”ハプニング起こし照れ笑い

    映画

     女優の浜辺美波が3日都内で、『映画 賭ケグルイ』の初日舞台挨拶に登壇。高杉真宙や森川葵ら共演キャストと仲睦まじい様子を見せ、令和の初主演映画となった本作にまつわる思いを語った。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の同名漫画を原作とする青春ギャンブルストーリー。私立百花王学園を舞台に、蛇喰夢子(浜辺)らがギャンブルで争う様を描く、原作者・河本ほむら氏が原案・監修を務めた完全オリジナルストーリーが展開される。  今回のイベントには浜辺や高杉、森川の他、池田エライザ、福原遥、伊藤万理華、松田るか、英勉監督が出席した。  浜辺はイベント冒頭で、舞台までの入場ルートを間違えるプチハプニングを展開。思わぬ失態に照れ笑いを浮かべながら「『賭ケグルイ』のメンバーは本当に仲が良くて、さっきもギリギリまでお喋りしていたら、すっかりコースのことを忘れてしまって、違うところを堂々と進んでしまった」と弁解した。  撮影中は「(演技などを)皆が激しくやる中、夢子は全然やらないで見てるから、監督から『横綱相撲に見えるんだけど…いいなぁ』とイジられていた」と述懐。「私にとって令和最初の映画。皆でつくれて本当に良かった」と笑顔を見せた。  学園で夢子に付き添う鈴井涼太を演じた高杉は、初めてプレイヤーとしてギャンブルに参戦した点に言及。「スゴくいい気分だった。いい舞台に立ってセリフを言う、という感じがあった。ずっと僕は観客側で『ウワー!』と言っているだけだったので」と喜んだ。  作品にちなんで、令和にやりたいことを問われた浜辺は「一人でネットで調べないで、近所の小料理屋さんに入るとか、カフェでご飯ちゃんと食べるとかやったことがない。そういうことをちょくちょくやって、いつかは一人で旅行に行ければ。それくらい普段堂々と過ごしていきたい」と回答。歩火樹絵里役の福原も「一人で海外に行って、いろんな人と話して、英語を喋れるようになって帰りたい。小さい頃からスイスが好き。シルバニアファミリーとか集めていたので、そういう国に行ってみたい」と願望を吐露した。  また、皇伊月役の松田は「健康診断で中性脂肪が少し高かったので、令和中にラーメンをやめたい。ただ今すぐやめるのは無理だから、令和中にやめたいかな」と笑っていた。

  • 『賭ケグルイ season2』最終回場面写真

    『賭ケグルイ season2』いよいよ最終回 浜辺美波は意外な人物に協力を要請

    エンタメ

     女優の浜辺美波が主演を務めるドラマ『賭ケグルイ season2』が、いよいよ最終回を迎える。豆生田(中川大志)とのゲームに負けた夢子(浜辺)は、意外な人物をパトロンに選ぶ。@@cutter 本作は、シリーズ累計500万部を突破した人気コミック『賭ケグルイ』(原作・河本ほむら、作画・尚村透)を実写化し、2018年1~3月に放送された同名ドラマの続編。ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、ギャンブル狂の美少女・蛇喰夢子が極限の心理バトルを繰り広げる姿を描く。  圧倒的資金力と「王道を往く」強さを兼ね備えた豆生田とのゲームに負け、チップが尽きた夢子がパトロンに選んだのは、なんと皇(松田るか)だった。国内有数のトイメーカーの社長を父に持つ彼女には潤沢な資金があるが、夢子に加担することは生徒会を完全に敵に回すことを意味する。しかも、豆生田は皇を生徒会役員に推薦したかつての恩人であり、憧れの存在でもあった。  葛藤する皇に対し、豆生田は生徒会役員復帰を持ちかけ、揺さぶりをかける。しかし、「己の価値を決めるのは皇さん自身」という夢子の言葉が彼女の背中を押す。「私はあなたを見返してやる!」豆生田にそう言い放ち、皇は10億円分のチップを購入する。こうして、勝負はまたしても“賭け狂い”蛇喰夢子の狂気と魔性により、ギャンブルの深淵へと突入していく―。  『賭ケグルイ season2』最終回は、MBSにて4月28日26時5分、TBSにて4月30日25時28分放送。

  • 『映画 賭ケグルイ』に主演する浜辺美波

    浜辺美波「明るくなったね」と言われるように 『賭ケグルイ』が彼女を変えた

    映画

     ヒロインを務めた映画『君の膵臓をたべたい』が興収35億円を超える大ヒットを記録し、劇中で見せた儚(はかな)くも可憐な姿が、大きな反響を呼んだ女優・浜辺美波。そんな彼女の最新作がテレビドラマで放送された「賭ケグルイ」の劇場版『映画 賭ケグルイ』だ。清楚で可憐なイメージだった浜辺が、目を見開き“賭け狂う”姿は視聴者に驚きを与えたが、浜辺自身もこの作品が大きな転機になったという。@@cutter 2011年に行われた第7回「東宝シンデレラ」オーディションでニュージェネレーション賞を受賞し芸能界デビューした浜辺。“シンデレラ”にふさわしく、可憐で清楚なルックスは、やや控えめな女の子役がはまっていた。本人も「インドア派だし、一人でいることも好き。『暗いね』と言われることもありました。もっと明るい性格だったらいいのにな」と思うことも多かったという。 @@insert1   そんな浜辺の“明”の部分が引き出されたのが「賭ケグルイ」の現場だったという。「ドラマ版の現場に入ったとき、英勉監督をはじめ、皆さんものすごくコミュニケーションを取ってくれるんです。こちらがやりたいことも受け止めてくださるし、撮影の合間でもたくさんおしゃべりをした記憶があります」。    英監督について、現場を共にした俳優たちは「俳優の自主性を面白がってくれる人」と評していた。そんな現場で繰り広げられる俳優たちの“自由演技”合戦に浜辺も興奮したという。「年上の方ばかりの現場でしたが、テストと本番で違うことをしたくなっても、皆さんしっかり受け止めてくれるんです。『何をやっても大丈夫』という安心感は、ものすごく心強かったです」。 @@insert2   「賭ケグルイ」の現場を経験したことで、浜辺は大きく変わった。「ほかの現場でも『明るくなったね』と言われることが増えました。これまでの現場も楽しかったのですが、その“楽しい”を表情に出すことが苦手だったんです。でも、しっかりコミュニケーションを取ることで、共演者への遠慮もなくなりました」と芝居にも良い効果が出ていることを明かした。@@separator 劇場版では、ドラマ版のメインキャラクターに加え、ギャンブルがすべての学園に反旗を翻す集団「ヴィレッジ」の面々として宮沢氷魚、福原遥、そのほかにも伊藤万理華、小野寺晃良ら新キャストが参加した。特に福原演じる歩火樹絵里と対峙するシーンは大きな見どころだ。「福原さんが演じた役の感情のオンとオフの差に驚くとともに、迫力に圧倒されました」と驚きを見せると「『負けていられない』と思いながら向き合っていましたが、福原さんはすごかったです」と撮影を振り返っていた。 @@insert3   劇場版では、個性的なキャラクターが多数登場する中、浜辺演じる蛇喰夢子は受けに回る芝居が多い。浜辺も台本を読んで「セリフが少ないな」と感じたという。だからこそ「軸がブレてしまったらいけない」と踏ん張った。「もっとやりたい」という思いの中、「やらない」という新たな芝居にも挑戦できた作品だった。 @@insert4   高校を卒業し、4月からは女優業一本となった浜辺。「空いた時間ができたからこそ、挑戦することも増えています。いろいろなものを素直に感じ取っていきたい」と誓いを立てていた。(取材・文:磯部正和 写真:松林満美)  『映画 賭ケグルイ』は5月3日より全国公開。

  • 『賭ケグルイ season2』に出演する浜辺美波

    浜辺美波、ポーカーに10億円! ゾッとする演技見せた『賭ケグルイ』第4話

    エンタメ

     女優の浜辺美波が主演を務めるドラマ『賭ケグルイ season2』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)の第4話が放送され、夢子(浜辺)が元生徒会の皇伊月(松田るか)に資金提供を持ちかけるシーンに、ネット上には「ゾッとした」「仲間感出すの怖いな」などの声が寄せられた。@@cutter 夢子は豆生田(中川大志)に対して公式戦を申し込む。これに夢子VS会長の公式戦を望んでいた皇は動揺する。公式戦に選ばれたゲームは「チョイス・ポーカー」。ジョーカーを除いた52枚のカードでおこなうポーカーで5枚の手札を一度きりチェンジして役の優劣を競う。そしてゲームの賭け金は無限。より多く金を積んだ者が選択権を与えられるという大金を持つプレイヤーが圧倒的優位に立つゲームだった…。  賭け金を多く積んだ者が、強い役が勝つか弱い役が勝つかの選択(チョイス)ができるこのポーカー。1枚1000万円のチップを31枚準備した夢子に対して、豆生田は100枚のチップを用意。初手から劣勢だった夢子は序盤をリードするものの、早く決着をつけるため手元のチップをすべて賭けることに。しかし豆生田に負けた夢子は一文無しになってしまう。  ディーラーを務める生徒会副会長の桃喰リリカに「ゲームを続けるか?」と聞かれた夢子は、うっすらと笑みを浮かべて「皇さん…」と、側でゲームを見ていた元生徒会で共闘関係にある皇の名前を呼ぶと、一転して無表情になり「いくら出せます?」と言い放つ。ギャンブルにこだわる夢子が見せた冷酷な一面に、ネット上には「ゾッとした」「ここにきて仲間感出すの怖いな」「いくら出せます?怖え」などの投稿が。一方で、夢子に扮した浜辺の姿に「顔怖っ でも可愛い」「怖い怖い怖い…あぁ美しい〜」などのツイートも寄せられていた。  夢子を生徒会長にして自身も生徒会に復帰するという野心に燃える皇は「チップ100枚追加してください!」と宣言。夢子に10億円を提供するという皇の決断に、SNS上には「10億って金持ちすぎ」「所持金おかしいだろこの世界」「これこれ〜!!いけ皇ちゃん」などの声が上がっていた。

  • 『賭ケグルイ season2』第4話場面写真

    『賭ケグルイ2』、浜辺美波vs中川大志の公式戦スタート 白装束姿の福原遥も現れ…

    エンタメ

     女優の浜辺美波が主演を務めるドラマ『賭ケグルイ season2』の第4話が、TBSにて今夜放送。夢子(浜辺)は、夢見弖ユメミ(松村沙友理)を陥れた真犯人、生徒会会計・豆生田楓(中川大志)に公式戦を申し込む。@@cutter 本作は、シリーズ累計500万部を突破した人気コミック『賭ケグルイ』(原作・河本ほむら、作画・尚村透)を実写化し、2018年1~3月に放送された同名ドラマの続編。ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、ギャンブル狂の美少女・蛇喰夢子が極限の心理バトルを繰り広げる姿を描く。  ユメミ(松村)を陥れた真犯人、豆生田(中川)に対して、夢子は公式戦を申し込む。予想外の展開に驚愕する豆生田、観客席の鈴井(高杉真宙)、芽亜里(森川葵)、そして、夢子を生徒会長にするため、夢子VS会長の公式戦を望んでいた皇(松田るか)は激しく動揺する。  公式戦は家畜に与えられた唯一の権利で、挑まれた者に拒否権はない。こうして、夢子と豆生田のギャンブル・バトルが始まった。  公式戦に選ばれたゲームは「選択(チョイス)ポーカー」。ジョーカーを除いた52枚のカードでおこなうポーカーで5枚の手札を一度きりチェンジし、役の優劣を競う。ただし、このポーカーにはフォールもコールもなく、ベットとレイズのみ。そして、賭け金は“無限”。より多く金を積んだ者に選択の権利が与えられる。つまりは大金を持つプレイヤーが圧倒的優位に立つゲームだ。  そして、豆生田が最初に購入したチップはなんと10億円分。生徒会の会計として、莫大な資金を動かす豆生田に、夢子が勝てる可能性は皆無に思われた…。  一方、芽亜里の前には、白装束のような制服に身を包んだ謎の学生・歩火樹絵里(福原遥)が現れる…。  『賭ケグルイ season2』第4話は、TBSにて今夜4月23日25時28分放送。

  • 『思い、思われ、ふり、ふられ』に出演する(左から)赤楚衛二、浜辺美波、福本莉子、北村匠海

    浜辺美波&北村匠海“キミスイ”以来の共演 『思い、思われ、ふり、ふられ』実写&アニメ映画化

    映画

     咲坂伊緒の人気漫画『思い、思われ、ふり、ふられ』が、実写とアニメの両方で映画化されることが決まった。実写版では女優の浜辺美波がヒロインを務め、俳優の北村匠海が共演することも発表された。@@cutter 本作は、4人の高校生の男女の切なくすれ違う恋模様を描く青春ラブストーリー。原作漫画は集英社「別冊マーガレット」連載中で、次回6月号(5月13日発売)で完結予定。第63回小学館漫画賞少女向けマンガ部門を受賞し、単行本の電子版も含むシリーズ累計部数は、既刊11巻で450万部を突破している。  偶然出会ったタイプの全く違う山本朱里と市原由奈、朱里の義理の弟の山本理央と由奈の幼なじみの乾和臣は、同じマンションに住み、同じ学校に通う高校1年生。理央に憧れる由奈、朱里に言えない思いを抱える理央、秘密を抱える朱里、ある秘密を目撃してしまった和臣。それぞれの思いは複雑に絡み合い、相手を思えば思うほどすれ違っていくー。  実写版では、ヒロインの朱里役を浜辺が演じるほか、理央役を北村、由奈役を福本莉子、和臣役を赤楚衛二と、旬の若手実力派キャストが演じることで、登場人物たちの抱える葛藤や悩み、成長していく姿をよりリアルな物語として表現する。浜辺と北村の映画での共演は『君の膵臓をたべたい』(2017)以来。監督は『アオハライド』以来の咲坂作品のメガホンとなる三木孝浩が務める。  アニメ版は、『劇場版 ソードアート・オンライン‐オーディナル・スケール‐』のA‐1 Picturesが制作を担当。思春期の特別な時間にある4人の、ときめきや切なさといった細やかな感情、ささやかな成長を、アニメならではの表現で、よりドラマチックに描く。  以前から原作が大好きだという浜辺は、自ら演じる朱里の役柄について「朱里は人との距離のとりかたは器用ではありますが、傷つく怖さをちゃんと知っている女の子です」とした上、「朱里として、1度しかない青春を必死に、駆け抜けたいと思います」と意気込んでいる。  原作者の咲坂は「漫画でしかできない事、実写にしかできない事、アニメーションでしかできない事、この3つ全ての視点から楽しんでいただく事で、ふりふらという一つの作品を皆様の中で完結させていただければ幸せです」とコメントしている。  映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は、アニメ版が2020年5月、実写版が同年8月、全国公開。

  • 『映画 賭ケグルイ』で映画デビューする「えなこ」場面写真

    日本一のコスプレイヤー・えなこ、『賭ケグルイ』で映画デビュー

    映画

     “日本一のコスプレイヤー”として知られるえなこが、『映画 賭ケグルイ』で映画デビューすることが分かった。浜辺美波ら個性豊かなキャラクターたちに混ざり、劇中で福原遥とギャンブル・バトルを繰り広げる。@@cutter 本作は、シリーズ累計500万部を突破した河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』の映画化作品。“ギャンブルの強さのみ”で生徒の階級が決まる私立百花王学園を舞台に、浜辺演じる最強ギャンブラー・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)を中心に繰り広げられる、予測不可能なギャンブル・バトルが描かれる。2018年1月に実写ドラマ化され、現在『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系のドラマイズム枠で放送中だ。映画化に際しては、原作者の河本がシナリオ原案・監修を担当し、英勉監督とタッグを組んでオリジナルストーリーを作り上げた。  今回えなこは生徒会が開催した「生徒代表指名選挙」に参加している女子生徒を演じ、福原演じる歩火樹絵理(あるきびじゅえり)と、「票争奪ジャンケン」というギャンブル・バトルを繰り広げる。  もともと『賭ケグルイ』シリーズの大ファンだというえなこは、2017年の「コミックマーケット」で夢子のコスプレを披露したことがきっかけで、ドラマ『賭ケグルイ season1』のイベントに実際に劇中で使用された衣装を着用して登壇したことも。『賭ケグルイ』の魅力を「個性的なキャラクター達の魅力はもちろん、中でもヒロインの夢子が大好き」と語り、自身初の映画出演について「エンドロールに自分の名前が載っているのを見て感動しました」と喜びを語った。  さらに、『賭けグルイ』の世界観に入った感想を「私立百花王学園が本当に存在するんじゃないかと思うくらいリアルだったので、出来ることならあのまま制服を着て学園に通いたかったです(笑)」と回答。自身の見どころについては「多分、皆さんが一度も見たことのないような顔をしたと思うので(笑)表情を見ていただけると嬉しいです」とメッセージを寄せた。  『映画 賭ケグルイ』は5月3日より全国公開。

  • 有村架純が出演するJA共済のCM「はじめての訪問」篇より

    有村架純、素足の部屋着姿がかわいい! 妹役・浜辺美波「がんばれ」

    エンタメ

     女優の有村架純が、22日より放送されるJA共済の新CM「はじめての訪問」篇に出演する。映像では有村が、JA共済に就職して半年のライフアドバイザー役を演じ、顧客を初めて訪問する前夜の初々しい様子が収められている。また妹役として浜辺美波がナレーションを担当する。@@cutter 本CMは、有村演じるライフアドバイザーが、訪問前夜と当日で異なる2つの“顔”を披露するという短編映画のようなストーリー性に富んだ仕上がりに。顧客を初めて訪問する前夜、自宅で緊張しながらも意欲満々な姿。そして緊張の面持ちで向かう訪問当日の初々しい様子が、コミカルかつほのぼのとした世界観で表現されている。  また「お姉ちゃんがJA共済に就職した」と、浜辺が担当する妹のナレーションも注目だ。妹目線のナレーションで、有村に対して「がんばれ、お姉ちゃん」と優しく語りかける。  撮影は、お客様の自宅を訪ねるシーンからスタート。初めての訪問先という設定にふさわしい緊張感と初々しさが求められる中、「いきなり本番行きますよ」という監督の指示にも有村は抜群の演技で応え、早くもOKテイクを連発していたという。  部屋のシーンでは、「素に近い仕草や表情を撮りたい」という監督の意向を受け、終始リラックスした様子で撮影に臨んだ有村。ラフな部屋着風の衣装に、丸眼鏡をかけたかわいい姿での魅力的なシーンの連続に監督も「かわいいカットがあり過ぎて、どれを使えばいいのか迷いますね」とうれしい悩みを漏らした。  撮影を終えた有村はインタビューで「CMをご覧になる皆さんが、自然と見入っちゃうような作品になればいいなと思いながら演じました」と振り返り、「物語性のある映画のような雰囲気がとても印象的で、特に部屋のシーンと、お客さんのところに向かう外のシーンで、私の2つの違う顔を撮影したところはギャップがあって、楽しくご覧になっていただけるかなと思います」と見どころをアピールしている。  有村架純が出演するJA共済の新CM「はじめての訪問」篇は、4月22日放映開始。

  • (左から)浜辺美波、松村沙友理

    浜辺美波&乃木坂46・松村沙友理のデュエットに「神ライブ」の声 『賭ケグルイ』第3話

    エンタメ

     女優の浜辺美波が主演を務めるドラマ『賭ケグルイ season2』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)の第3話が放送され、夢子(浜辺)ユメミ(松村沙友理)がステージ上でデュエットを披露するとネット上には「神ライブ」「美の共演。圧倒的美」などの声が寄せられた。@@cutter 本作は、シリーズ累計500万部を突破した同名コミックを実写化し、2018年1~3月に放送されたドラマの続編。ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、蛇喰夢子(浜辺)が極限の心理バトルを繰り広げる姿を描く。  会場にいるファンの誕生月をあてる「利きファンゲーム」で対決することになった夢子とユメミ。ファンクラブ会員すべての誕生月を暗記していることから勝利を確信したユメミだったが、彼女が引き当てたのは会場に来ていた芽亜里(森川葵)だった。これを夢子が仕掛けた罠だと考えたユメミは、夢子に心理戦を挑もうとするが…。  対決に敗れてしまったユメミは、ファンを罵倒する音声が会場で公開されてしまう。ステージ上のユメミは涙ながらに「これが本当の私なの…今までだましていてごめんなさい」と謝罪すると、客席は水を打ったように静まり返ってしまう。しかし最前列にいたファンが「ユメミちゃん好きだーっ!」と沈黙を破ると、ほかのファンもその声に同調し、客席から大きなユメミコールが起こる。ファンの熱意にほだされたユメミは思わず感極まり笑顔で涙を流す。ユメミ役の松村による熱演に、SNS上には「泣いてるユメミちゃん可愛い…本当にいい演技!」「いい涙だぞ!!」などの声が寄せられた。  ファンからの愛に応えるためユメミは「ありがとー!」と絶叫すると、ステージにいた夢子にも一緒に歌うように促して、2人で『廻り廻ってin your pocket』のユニットバージョンを披露。夢子を演じる浜辺とユメミ役の松村が抜群のコンビネーションで歌とダンスを披露すると、視聴者から「神ライブじゃん…」「これが見たかったんだよ。美の共演。圧倒的美」「即席ユニットの歌もダンスも相性抜群かよ」などのツイートが殺到した。

  • 『賭ケグルイ season2』第3話場面写真

    『賭ケグルイ2』、浜辺美波VS松村沙友理のバトルに決着 中川大志が動き出し…

    エンタメ

     女優の浜辺美波が主演を務めるドラマ『賭ケグルイ season2』の第3話(TBS/4月16日25時28分、MBS/4月21日25時15分)が放送される。夢子(浜辺)と夢見弖ユメミ(松村沙友理)のバトルがいよいよ決着を迎えるが、その一方、生徒会会計・豆生田楓(中川大志)がついに動き出す。@@cutter 本作は、シリーズ累計500万部を突破した人気コミック『賭ケグルイ』(原作・河本ほむら、作画・尚村透)を実写化し、2018年1~3月に放送された同名ドラマの続編。ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、ギャンブル狂の美少女・蛇喰夢子が極限の心理バトルを繰り広げる姿を描く。  「一流アイドル決定戦 バトっていいとも!」の最終戦、「利きファンゲーム」。会場にいるファンの誕生月をあてるこのゲームは、圧倒的にユメミに有利なものだった。なぜなら、会場にいるのは、全員がユメミのファンクラブ会員で、彼女は会員すべての誕生月を暗記していたのだ。勝利を確信していたユメミだったが、なんと彼女が引き当てたのは芽亜里(森川葵)。芽亜里のことを知らないユメミは当然、誕生月を知る由もない。  これを夢子が仕掛けた罠だと考えたユメミは、夢子に心理戦を挑もうとするが…。遂に決着を迎える夢子VSユメミによる「バトっていいとも!」。勝負の結末は思わぬ展開を見せる。そして、夢子と生徒会をめぐる新たな戦いの火蓋も切って落とされようとしていた―。  『賭ケグルイ season2』第3話は、TBSにて4月16日25時28分、MBSにて4月21日25時15分放送(※MBSは第4話と2話連続放送)。

  • (左から)浜辺美波、松村沙友理

    浜辺美波&乃木坂46・松村沙友理の“アイドル歌声対決”に反響 『賭ケグルイ』第2話

    エンタメ

     女優の浜辺美波が主演を務めるドラマ『賭ケグルイ season2』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)の第2話が放送され、主人公の蛇喰夢子(浜辺)と夢見弖ユメミ(松村沙友理)の“アイドル歌声対決”に視聴者から「超絶可愛い」「天使の歌声」などのツイートが寄せられた。@@cutter 本作はシリーズ累計500万部を突破した同名コミックを実写化。2018年1~3月に放送されたドラマの続編となる。ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、蛇喰夢子(浜辺)が極限の心理バトルを繰り広げる姿を描く。  夢子とユメミはステージ上でギャンブル対決へ。夢子が勝てば楽屋でファンを罵倒するユメミの発言を録音した音源を公開、夢子が負ければアイドルになり、枕営業の挙句に海外の闇サイトに売り飛ばされるという条件が2人の間で交わされる。そんな夢子とユメミは「ガチンコ歌唱力対決」で勝負することに…。  ステージ上のユメミは笑顔で「歌で負けるわけにはいかないからね〜! 夢子ちゃんも“人生かけて”頑張ってね!」と声をかけると、夢子も「ハ〜イ!」と笑顔で応じる。先攻のユメミが「一番みんなに聴いてほしい歌を歌います!」とウィンクすると、原作者の河村ほむらが作詞した楽曲『廻り廻ってin your pocket』を熱唱。ユメミを演じる松村が乃木坂46のコンサートさながらに全力でパフォーマンスを披露すると視聴者からは「超絶可愛いユメミー!」「さゆりんご可愛すぎる」「ユメミちゃんの歌声好きすぎる」などのツイートが多数SNS上に投稿された。  一方、後攻の夢子は進行役から「張り切ってどうぞ!」と促されると、会場には『仰げば尊し』のピアノの旋律が。客席を埋め尽くすユメミのファンや鈴井(高杉真宙)、芽亜里(森川葵)は落胆のため息を漏らす。しかし夢子は動じるそぶりもなく真剣な表情で『仰げば尊し』を熱唱。その美しい歌声に客席は思わず聞き惚れてしまう。このシーンにSNS上には「卒業式かい笑」「アイドル対決の歌唱で仰げば尊しって。笑」「天使の歌声」などの声が寄せられていた。

  • 『映画 賭ケグルイ』完成披露試写会の様子

    浜辺美波&森川葵、お互いの“勝負強さ”を認め合う「コンビ感がいいんだなと思います」

    映画

     女優の浜辺美波が11日、都内にて行われた『映画 賭ケグルイ』完成披露試写会の舞台挨拶に、共演の高杉真宙、森川葵らと共に登壇した。主人公・蛇喰夢子役を演じている浜辺は「撮影では、脚本を知っている私でも(演じていて)笑ってしまって。想像をたくさん超えてくる映画だなと思いました」と撮影を振り返った。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』が原作。2018年1月に浜辺主演で実写ドラマ化されて個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となり、今年春からは『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系で放送中だ。  舞台挨拶には、この他、池田エライザ、矢本悠馬、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、松田るか、中村ゆりか、三戸なつめ、柳美稀、小野寺晃良、英勉監督も登壇し、撮影のエピソードなどを明かした。  イベントでは「この中でもっとも〇〇だと思う人は?」というテーマを決めるクロストークのコーナーも。そう思う人を各人が指差すのだが、その中で「もっとも『勝負強い』と思うのは?」のテーマでは浜辺と森川がお互いを指名。「ここのコンビ感がいいんだなと思います」と笑う浜辺。  森川は浜辺に対して「『賭ケグルイ』の世界観の中で周りがどんな(個性的な)芝居をしても、全部きれいに自分が持っていく。きっとほかのことでも何でも持っていきそう、そういう強さを感じます」と語ると、浜辺は「本番で結構“ぶっ込み”があるんです。知らないところでカメラ目線してたりとか、本番でしかやらないのにそれを全部キメて、一発で持っていく感じがカッコいいなと思います」と森川を評した。  また高杉は森川を挙げつつ、浜辺とも迷ったといい、「(森川は)本番で突然何かをするというのは僕にはあまりないので、そのカッコよさはある。浜辺さんは、雰囲気を全部持っていく感じは、近くにいても離れていても鳥肌が立つんですよ。それが勝負強さかなと」と二人に対してリスペクトの気持ちを表した。一方「勝負弱い」と思う人は、役のキャラもあってか、高杉が満票となった。  舞台挨拶の最後に浜辺は「笑っちゃうシーンもたくさんあるんですけど、それぞれのキャラクターの生き様だったり、いろんな姿を見れる面白さもあったので、早くみなさんに観てもらいたいなと思っていました。だから今日この日を迎えることができて嬉しいです」と喜びを表し、「誰が勝つかわからないギャンブルになっているので、ハラハラしながらラストを楽しみに観ていただければいいなと思います」と語りかけた。  『映画 賭ケグルイ』は5月3日に全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access