浜辺美波 関連記事

  • 『センセイ君主』2019年1月30日(水)Blu‐ray&DVDリリース

    竹内涼真の“羽生結弦脱ぎ”は家族も絶賛! 浜辺美波と『センセイ君主』撮影裏話を語る

    映 画

     幸田もも子による人気コミックスを『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川 翔監督が実写映画化した『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDが1月30日に発売となる。発売に先駆け、豪華版の特典となるビジュアルコメンタリーの一部が公開。劇場公開時に話題となった浜辺美波の“金八先生モノマネ”や、竹内涼真がジャージを“羽生結弦脱ぎ”するシーンの裏話が明かされている。@@cutter クールでヒネクレ者の高校教師・弘光(竹内)と、恋に恋するパワフルヒロイン・あゆは(浜辺)のちょっぴり“禁断の恋”をハイテンションでコミカルに描く本作。主題歌は若い女性に圧倒的な人気を誇るTWICEが務めた。  この度、Blu‐ray&DVDリリースに先駆け、豪華版に収録される<ビジュアルコメンタリー「教えて弘光先生!放課後補習編」>の一部が公開。竹内と浜辺が本編を見ながらテーマに沿って撮影を振り返る映像となっており、あゆはが金八先生のモノマネをするシーンが映し出されると浜辺は「何度も練習した」と話し、「(映画の宣伝で)ほかの場所でもやってみたけど、この時が一番似ていた」と振り返る。これに竹内も「うん、一番似ていた」と賛同していた。  このシーンは、クールな弘光先生がそのモノマネを見て、思わず吹き出しメガネをはずして笑う“胸キュンシーン”にも注目なのだが「劇場に観に行った時、(観客の女性たち)みんなここ、“はぁっ”って声出てましたよ」と浜辺が教えると、竹内は照れながら「メガネ外すのってここだけかなぁ」とごまかしていた。 @@insert1  さらに、公開当時も話題となった弘光先生がジャージのジッパーを口と片手を使って開けるしぐさのシーンになると浜辺は「出た!“羽生結弦さん開け”!」と盛り上がる。竹内も「ここ、唯一妹に褒められたところ。アニキだけど、ちょっと良いと思ったって言われた」と明かした。このほかにも、撮影の裏話や、演技プラン、お気に入りのシーンなどが語られており、貴重な映像となっている。  Blu‐ray、DVD豪華版には、ビジュアルコメンタリーに加え、クランクインからクランクアップまでを追ったメイキング映像や、完成披露、初日舞台挨拶、大ヒット公開後イベント等のイベント映像集やTWICE、キャストのダンス練習映像を収めた特番など、ここでしか見ることのできない貴重な映像特典が多数収録されている。さらに、映画本編で使用したLOVEノートを縮刷し、フォトを詰め込んだブックレット(62ページ)も封入されている。 @@insert2  映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDは、2019年1月30日(水)発売。

  • 浜辺美波

    浜辺美波が“お姫様”みたい! 清楚なドレス姿にファンうっとり

    エンタメ

     女優の浜辺美波が7日、ツイッターに、自身が出演したMV撮影のオフショットを投稿。清楚なドレス姿の浜辺に、ファンから「美しい」「可愛い」と大好評だ。@@cutter 女性シンガー、Aimer(エメ)の楽曲『I beg you』のMVに出演していることを報告した浜辺。同曲は、9日にリリースするトリプルA面シングルの表題曲の1曲で、劇場版アニメ『Fate/stay night [Heaven's Feel] II.lost butterfly』の主題歌。浜辺はAimerの前作『花の唄』MVと同じく、三木孝浩監督とタッグを組むことに。浜辺はこのことに触れ「『花の唄』に引き続きの出演、そして三木監督に演出して頂けて嬉しすぎました」と喜びをあらわにしている。  投稿されている写真は、MVと同じ白いドレスを着た浜辺のオフショット。洋風のソファに腰掛けた浜辺がにっこり笑顔で写っている。  清楚な浜辺のドレス姿は大好評。ファンから「ただただ美しい」「めちゃくちゃ可愛いかったです」「妖精のようでした」「物語からそのまま出てきたお姫様みたい」といった声が殺到している。 引用:https://twitter.com/MINAMI373HAMABE/

  • 「2018年大活躍した女優」(上段左から)浜辺美波、今田美桜、松本まりか、(下段左から)広瀬アリス、杉咲花、清野菜名

    浜辺美波、今田美桜、松本まりか、広瀬アリス…2018年大活躍した女優たち

    エンタメ

     2018年もあとわずか。今年も数多くのドラマ、映画が私たちを楽しませてくれた。じんわりと目頭が熱くなった場面、あっとうなった驚きの展開など、さまざまなシーンが思い浮かぶ中、平成最後のこの年に大活躍、ブレイクした女優たちをクローズアップしてみたい。@@cutter■天性のヒロイン感! 浜辺美波  まずは浜辺美波。昨年、映画『君の膵臓をたべたい』でヒロインを演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ数々の新人賞に輝いた勢いそのままに、2018年を迎えた。今年はレギュラーを務めたドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)でのパティシエ・鳳来ハル役が多くの人の目にとまった。清潔感ある制服姿は、浜辺のルックスの良さを際立たせた。演技には元々定評がある上、天性のヒロイン感が“毎週会える”連ドラで本領を発揮。中村倫也との掛け合いが多かったが、共に今年大いに跳ねた2人。来年公開の映画『屍人荘の殺人』では神木隆之介を含め共演が決まっており、浜辺は女子大生探偵という役どころ。さらに飛躍するのは必至だ。 ■Yahoo!検索大賞も受賞、今田美桜  月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)への出演を果たした今田美桜は、今年のYahoo!検索大賞女優部門でトップに立った。昨年春ごろ“福岡で一番かわいい女の子”と紹介されて以来、潜在的な人気はあったが、今年の春ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)で原作コミックの再現率の高さが絶賛されたツインテールの真矢愛莉役が、大きなブレークポイントとなった。「#愛莉ヘア」のハッシュタグでまねる女子が続出、インスタグラムのフォロワーも急増して100万を突破した。クリっとした目が特徴の愛くるしいルックスは、本当にコミックのキャラクターが3次元に抜け出してきたようだ。ポテンシャルの高さを思うと、来年は演技の幅を広げて欲しい女優の筆頭格だ。 ■遅咲きブレイク! 松本まりか  今年のブレーク女優を語る上で絶対外せない1人が、松本まりか。年明け1月期の『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)での壊れた悪女っぷりが“あざとかわいい”と大反響を呼んだ。表面的にはストーカー的に他人の夫を奪い取ろうとする嫌われ役だが、そこに純粋な恋心を貫くしかない不器用な生き方を重ね合わせて見せ、回を追うごとに支持を得たのは女優としての力量だ。そして今年後半は『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系)で、復しゅうに駆られた女優役を熱演し、強い印象を残した。女優デビューは2000年のドラマ『六番目の小夜子』までさかのぼる。18年という長いキャリアを経て、ようやく咲いた遅咲きの花だ。@@separator■松本穂香、杉咲花、広瀬アリスも人気が上昇  ほかにも『この世界の片隅に』(TBS系)で、ヒロインすず役を務めた松本穂香は印象的だった。auのCM「意識高すぎ高杉くん」シリーズでは神木隆之介と共演。利発そうな女子高生役で人気を上昇させてきたが、『この世界の片隅に』では一転、ぽけっとしたすずのキャラクターをよくつかんでいた。  『花のち晴れ~花男 Next Season~』に主演した杉咲花は同作で人気が上昇、バラエティー番組などでも見かけるようになった。2016年度上半期のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でヒロインの妹役が当たり、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では日本アカデミー賞をはじめ各映画賞の助演女優賞を受賞。来年は『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で大河ドラマ初出演も決まっており、実力の高さを発揮してくれそうだ。  広瀬アリスも、途切れない活躍ぶりで2018年を駆け抜けた1人。2017年度下半期のNHK連続テレビ小説『わろてんか』から『正義のセ』(日本テレビ系)、『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系)と出演。映画でも『旅猫リポート』をはじめ順調にキャリアを重ねている。妹すずとはまた異なる、きれいなお姉さん的雰囲気で独自の存在感を放ち始めている。 ■『今日俺』清野菜名、『けもなれ』伊藤沙莉も  『半分、青い。』で脚光を浴びる存在になった清野菜名も見逃せない。おとなしげなルックスに似合う静かなブレークを果たした印象だが、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)では一転、橋本環奈らと80年代風味のヤンキー少女を演じ、派手なアクションが注目を集めた。高校時代にアクション養成所に通った筋金入り、かなり振り幅の広い女優になりそうだ。  ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で、ヒロイン晶の同僚役・夢子を演じた伊藤沙莉は、主演タイプではないものの、今年は『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)、『いつまでも白い羽根』(東海テレビ・フジテレビ系)、『この世界の片隅に』、『恋のツキ』(テレビ東京系)、 そして“けもなれ”と、子役時代から培った実力で助演女優としての評価を高めた。来年はぜひ、主演作も見てみたい。  『わろてんか』でヒロインを務めたほか、4月期のドラマ『ブラックペアン』(TBS系)では新人看護師役を好演した葵わかな、同じく『ブラックペアン』でのクールな主任看護師役が人気を高めた趣里なども強い印象を残した。  冒頭の浜辺をはじめ、長年の演技経験が実を結んだ女優の活躍が目立った2018年。来年はまた、どんな女優たちと出会えるだろうか。(文:志和浩司)

  • 竹内涼真、“ペン回し”に苦戦「人生で一番難しいこと」

    竹内涼真、ペン回しに苦戦… 浜辺美波は色仕掛けに挑戦!『センセイ君主』メイキング映像公開

    映 画

     竹内涼真演じるクールでヒネクレ者の高校教師と、浜辺美波演じるちょっぴりおバカだけど、恋に恋する女子高生あゆはが織りなすラブコメディ『センセイ君主』のBlu‐ray&DVD発売に先駆け、豪華版に収録されるメイキング映像の一部が解禁。ペン回しに苦戦する竹内や、色仕掛けのコスプレに挑戦する浜辺の姿などが映し出されている。@@cutter 本作は、「ヒロイン失格」などの作品で知られる幸田もも子による同名人気コミックスを、『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川 翔監督が実写映画化した作品。“冷たいセンセイ”と“熱いヒロイン”のちょっぴり“禁断の恋”をハイテンションでコミカルに描く。  今回公開された映像は、2019年1月30日に発売となる本作のBlu‐ray&DVD 豪華版に収録されるメイキング映像の一部。クランクイン当日から、クランクアップまでを追った、ファンならずとも必見の貴重な映像となっている。高校教師・弘光を演じた竹内は、本作でピアノ演奏や合唱の指揮、フランス語など様々なことに挑戦しているが、その中で「人生で一番難しいこと」と苦戦したのがペン回し。アウトドア派の竹内が練習のため「1年半ぶりくらいに休みの日に家から一歩も出なかった」と明かしている。  また、ヒロイン・あゆはを演じた浜辺が、豊満なボディを装うため胸にボールを入れたり、濃い化粧を施し、弘光先生に色仕掛けをするシーンも映し出されており、浜辺の姿に竹内や監督、スタッフらが大爆笑。浜辺は「笑ってくださるのが本当に嬉しくて、次ももっとやってやろう!と思いましたし、ずっと笑わせ続けたいなと思っちゃいました」と振り返っている。クランクアップの際は、共演者の川栄李奈、佐藤大樹も駆けつけ竹内と浜辺に花束をプレゼントしている。 @@insert1  この他にも、竹内が合唱の指揮を練習している姿や、浜辺の変顔を始めとする全力のコミカル演技の撮影風景など、見どころ満載のメイキング映像となっている。  映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDは、2019年1月30日(水)発売。Blu‐ray&DVD同時レンタル開始。 @@insert2

  • 『映画 賭ケグルイ』OPテーマを歌うPassCode

    浜辺美波主演『賭ケグルイ』特報解禁&OPテーマ決定

    映 画

     浜辺美波の主演でギャンブル狂の女子高生を描く『映画 賭ケグルイ』の特報映像が解禁された。またオープニングテーマとして、テレビドラマ版season1でソロアーティストRe:versedが歌った『一か八か』を、女性4人組ユニットPassCodeが新たに担当することも決まった。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)連載中の河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』が原作。2018年1月に浜辺主演で実写ドラマ化され、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となり、2019年春より『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系のドラマイズム枠で放送されることも決まっている。  政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王学園で生徒たちの階級を決定するものは、ギャンブルの強さ。勝ったものは支配する側に立ち、敗れたものは家畜となる。この学園に転校してきた美少女、蛇喰夢子は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちを送りこむも、次々と撃破され、学園は夢子を中心に大きく動き出そうとしていた。生徒会はついに、全校生徒を巻き込んだ学園史上最大のギャンブルバトルの開催を宣言する―。  特報では、百花王学園に君臨する生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)と、多くの生徒に一人逆行し、堂々と観客に向かって歩くJKギャンブラー蛇喰夢子(浜辺)、そして「服従」「富と名声」「人間と家畜」といったテロップと共に感情が爆発し、驚愕の表情を見せる鈴井涼太(高杉真宙)、ハイテンションでギャンブルに興じる早乙女芽亜里(森川葵)らの姿が次々と映し出されていく。  オープニングテーマを歌うPassCodeの南菜生は「season1でRe:versedさんが歌っていた『一か八か』を歌わせて頂くという、PassCodeにとって初めての試みでしたが、PassCodeらしい攻撃的な『一か八か』になったと思います。物語の臨場感や興奮を掻き立てるお手伝いが出来たら嬉しいです」とコメントしている。  『映画 賭ケグルイ』は2019年5月に全国公開。

  • 『屍人荘の殺人』出演キャスト

    神木隆之介&浜辺美波&中村倫也、ミステリーランキング4冠『屍人荘の殺人』映画化

    映 画

     俳優の神木隆之介と女優の浜辺美波、俳優の中村倫也が、ミステリーランキング4冠に輝く同名小説を映画化する『屍人荘の殺人』で共演することが発表された。@@cutter 本作は、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「本格ミステリ・ベスト10」と国内主要ミステリーランキング1位を獲得し、「第18回本格ミステリ大賞」も受賞した今村昌弘の同名小説を映画化した本格ミステリー。ドラマ『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』シリーズの木村ひさし監督がメガホンをとり、脚本は『TRICK』シリーズの蒔田光治が担当する。  ミステリー小説オタクの大学生・葉村譲(神木)は、ミステリー愛好会・会長の明智恭介(中村)に振り回される日々を送る。そんな二人の前に、同じ大学の剣崎比留子(浜辺)が現れる。警察からも信頼を得ている私立探偵の彼女は、葉村たちに音楽フェス研究会の夏合宿への参加を持ち掛ける。合宿地の“紫湛荘”は、部OBの持ち物。そこで葉村たちはフェス研メンバーたちと合流。この合宿は昨年、参加者が合宿後に自殺を遂げていた。にもかかわらず、OBたちは昨年のことなど気にもせず、フェスへと向かう。しかし会場で彼らは、トラブルに遭遇し、紫湛荘に逃げ込む。そして一夜を明かした彼らの前に現れたのは、部員の惨殺死体。しかもそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…。  主人公を演じる神木は「大ヒットミステリー原作の映画化ということで、プレッシャーはとても大きいですが、それよりも、どのように映像化していくのだろうという楽しみの方が大きいです」とコメント。  兼ねてから原作のファンだったというヒロイン役の浜辺は「探偵役は初めてのチャレンジですが、ミステリー小説好きとしてずっと憧れていた役なので、とても嬉しい気持ちと身の引き締まる思いを感じています」と語った。  過去に神木、浜辺と共演している中村は「その才能と人柄に大きく惹きつけられた神木くんと浜辺さんと、またご一緒できることが楽しみで仕方ありません」と意気込んでいる。  映画『屍人荘の殺人』は2019年公開。

  • 『今日から俺は!!』に浜辺美波がゲスト出演

    浜辺美波の聖子ちゃんカットに「かわいい」と大反響 『今日から俺は!!』第8話

    エンタメ

     女優の浜辺美波が、2日放送のドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第8話にゲスト出演。聖子ちゃんカットとセーラー服姿というキュートなルックに、視聴者から「可愛すぎる」「キャラも最高」などの声が殺到した。@@cutter 3年生となった三橋(賀来賢人)は、新入生からアイドル的な扱いを受ける。あるとき、新入生3人組が三橋を倒そうとやって来るが、ファンの人気を失いたくない三橋は、佐川(柾木玲弥)に3人の相手を任せて静観。しかし、そこにやってきた理子が、3人をやっつけると“理子の方が三橋より強い”という噂が立つ。その噂を聞いたフルフェイス姿に金属バットを持った新入生(須賀健太)が理子を狙い始める…。  第8話の冒頭、廊下を歩く三橋を迎えたのは、たくさんの1年生たち。新入生の女子生徒役で登場した浜辺美波が「えぇ! やだ…カッコいいぃぃ! 金髪じゃん!」と絶叫すると、視聴者からは「早速浜辺美波ちゃん」「ベーやんいきなり出てきたー!」などの反響が。大勢の新入生徒の中でも、ひときわ目立っている浜辺の存在感に加えて、80年代の女の子を彷彿させる聖子ちゃんカットやセーラー服姿について、ネット上には「浜辺美波可愛すぎる」「キャラも最高!!」「異次元の可愛さ」などの投稿が殺到した。  大勢の新入生女子から「カッコいい!」とおだてられた三橋は、すっかり気を良くして「タターンスターン! ワィーンスタァーイン…」と叫びながら手足をバタつかせる謎のダンスを披露。これに大盛り上がりの新入生たちの中で、浜辺演じる女子生徒が「アレ? …伊藤さんは何もしてくれないのかな…?」と三橋の隣にいた伊藤(伊藤健太郎)についてポツリ。さらに女子生徒役の浜辺が笑顔で「伊藤さーん! つまんなくていいですよー!」と大声で励ますと、SNS上には「爆笑」「フォローになってないよーww」などの声も多数寄せられていた。

  • 浜辺美波

    浜辺美波、聖子ちゃんカット&セーラー服姿に「最終兵器きたー!」と大反響

    エンタメ

     ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の公式インスタグラムが1日、次回2日に放送される第8話のスペシャルゲスト・浜辺美波の写真を投稿。聖子ちゃんカットを施しセーラー服に身を包んだ彼女の姿にファンからは「マブい」「かわいすぎやん」「最終兵器きたー!」などの声が殺到した。@@cutter 本作は、累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒットコミックを実写化。“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマ・三橋貴志(賀来賢人)が、相棒の伊藤(伊藤健太郎)と共に、最強ツッパリコンビとして大暴れする姿を描いている。  「8話は進級。新入生、入りました」のコメントと共に投稿されたのは12月2日放送の第8話に登場するスペシャルゲストの浜辺を捉えた写真。髪は80年代に流行した聖子ちゃんカットにセットされ、グレーのセーラー服に身を包んだ彼女が、カメラを見つめてニッコリと微笑んでいる。豪華ゲストが出演することで話題の『今日から俺は!!』だが、放送前にゲストの姿が公開されることは異例。これについては「異例の先出しはマブくて明日まで待てなかったから」とコメントが添えられていた。  この投稿にファンからは「マブい」「かわいすぎて死ぬ」「最終兵器きたー!」「もぉ、男全員惚れるよ」などの投稿が殺到。さらに「楽しみすぎる」「期待が高まります!」などのコメントも寄せられた。  また、浜辺も自身のツイッターで、同じ写真とともに「軟葉高校に入学しました。…噂の三橋先輩てどんな人かな」と投稿。このツイートに、福田雄一監督が「まさか美波ちゃんが本当に出てくれるとは思いませんでしたよ 聖子ちゃんカットも似合ってました」、本作に出演している俳優の矢本悠馬も「ちょうど10コ下の浜辺ちゃん! 同級生役を他作で三度もやりました。めちゃくちゃ可愛いがな!!」と反応するなど盛り上がりを見せている。 引用:https://www.instagram.com/kyoukaraoreha_ntv/    https://twitter.com/MINAMI373HAMABE    https://twitter.com/fukuda_u1    https://twitter.com/yuma_yamoto

  • (左から)永野芽郁、田中圭

    永野芽郁と田中圭が1位! 今年ぐんぐん成長した“出世魚女優・俳優”

    エンタメ

     女優の永野芽郁と俳優の田中圭が「今年一番の出世魚女優・俳優」ランキングで1位に輝いた。2位には竹内涼真、新垣結衣らが名を連ねている。@@cutter 今回の結果は、マルハニチロ株式会社が2018年10月25日~10月27日の3日間で、全国の15歳~59歳の男女に対し、「今年の食生活に関する調査」をインターネットリサーチを実施。その中でも「魚」に紐づけ、「ぐんぐんと成長し、飛躍を遂げる『出世魚』のイメージに合う芸能人は誰か」という質問に対し1000名の回答を集計した結果に基づくもの。  回答者1000名に聞いたところ、「今年一番の出世魚女優」の1位は、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロイン鈴愛を演じ、一躍その名を轟かした永野となった。2位は新垣、3位は浜辺美波、4位は吉岡里穂、5位には波留がランクインしている。  また、「今年一番の出世魚俳優」の1位は『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)での熱演が話題となった田中だった。2位は竹内、3位は菅田将暉という結果に。また、4位に高橋一生、5位には吉沢亮と、ドラマ、映画ともに活躍を見せる俳優がランクインする結果となっている。

  • 『映画 賭ケグルイ』ティザーポスター

    “最強のJK”浜辺美波と対峙『映画 賭ケグルイ』ティザーポスター解禁

    映 画

     女優の浜辺美波が主演し、ギャンブル狂の女子高生を演じる『映画 賭ケグルイ』の全国公開が2019年5月に決定し、同時にティザーポスターが解禁された。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』が原作。2018年1月に浜辺主演で実写ドラマ化されて個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となり、2019年春より『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系のドラマイズム枠で放送されることも決まっている。劇場版のキャストはテレビ版と同じく、浜辺のほか、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、森川葵ら。  舞台は、政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王学園。ここで生徒たちの階級を決定するものは、“ギャンブルの強さ”。勝ったものは支配する側に立ち、敗れたものは家畜となる。ある日、この学園に転校してきた謎多き少女、蛇喰夢子。一見するとおしとやかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちを送りこむも、次々と撃破され、学園は夢子を中心に大きく動き出そうとしていた。生徒会はついに、全校生徒を巻き込んだ百花王学園史上最大のギャンブルバトルの開催を宣言する。  ティザーポスターは、ゲームの進行とともに恍惚とした際の印である“赤目”となった浜辺演じる蛇喰夢子が、見る者と真正面から向かい合って対決しているかのようなビジュアル。「JOKERよりも最強の、JK。」というキャッチコピーは、トランプカードのジャック(J)、キング(K)と、JK(女子高生)=蛇喰夢子のダブルミーニングとなっており、『賭ケグルイ』の世界観を表現したデザインが描き出されている。  『映画 賭ケグルイ』は2019年5月全国公開。

  • 『センセイ君主』2019年1月30日(水)Blu‐ray&DVDリリース! Blu‐ray 豪華版(5800円+税)DVD 豪華版(4800円+税)、DVD 通常版(3500円+税)

    竹内涼真&浜辺美波が撮影秘話を語る!『センセイ君主』コメンタリー収録レポート到着

    映 画

     2019年1月30日にBlu‐ray&DVDがリリースとなる映画『センセイ君主』。先日、Blu‐ray&DVD 豪華版に収録されるビジュアルコメンタリーの収録が行われ、竹内涼真と浜辺美波が、作品を観ながら撮影当時の裏話や、初めて明かす演技プラン、お気に入りのシーンなどを語り合った。@@cutter 本作は、「ヒロイン失格」の幸田もも子による人気コミックスを『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川 翔監督が実写映画化したラブコメディ。イケメンで頭脳明晰だけど冷徹でヒネクレ者の高校教師・弘光を竹内涼真が演じ、ちょっぴりおバカだけど、恋に恋するパワフルヒロイン・あゆはを浜辺美波が演じる。主題歌は若い女性に圧倒的な人気を誇るTWICEが担当した。  本作のBlu‐ray&DVD 豪華版には、竹内×浜辺によるビジュアルコメンタリーに加え、メイキングやイベント映像集、さらにTWICE、キャストのダンス練習映像を収めた特番など、ここでしか見ることのできない貴重な映像特典が満載となっており、先日、ビジュアルコメンタリーの収録が行われた。  このビジュアルコメンタリーは、劇場公開時に竹内がパーソナリティを務めたWEB公式ラジオ「教えて弘光先生!」の特別版“放課後補習編”としており、ラジオ収録風のセットで、2人が向き合って語る珍しい形で行われた。テーブルを挟んで座っている姿は、“センセイ”と“生徒”の様でもあり、作品での関係を彷彿とさせる。  冒頭で竹内がWEBラジオと同様に、ハイテンションでタイトルコールを叫び、おなじみの歌「みんな知りたい~、弘光先生も知りたい~」と歌い始めると、浜辺も合わせて手拍子を始めるなど、ノリノリでスタート。<はじめて><印象的なシーン><三角関係>など、シーンごとにテーマで括り、そのテーマに沿った話が繰り広げられた。  また、本編全体で見せる浜辺の“変顔”や“変な動き”に竹内が「やばい」「すごい」「これほんと笑った」と細かく触れており、あるシーンでは「この顔が一番ヒドイんじゃない」と竹内が指摘すると、浜辺も「もう般若ですね」とコメント。このシーンがどこかは、是非、特典映像で確かめて欲しい。  ほかにも、弘光先生の家として撮影された場所は、実は竹内涼真がCMキャラクターを務める「薬用ビューネ」のテレビCMを撮影した場所と同じだったことや、その弘光先生の家でのシーン撮影当時、実は浜辺は体調を崩していたことなど、お互いに知らない裏話など、ここでしか聞けない貴重な話も数々飛び出した。  作品にちなみ、高校生活について話が及ぶと、来年高校を卒業する浜辺は「私は高校にはあと、30日くらいしか登校しなくて良いんですって」としみじみ明かす。すると、竹内は「高校生活も楽しいけれど、二十歳超えてからももっと楽しくなるよ」とアドバイス。まるで“センセイ”と“生徒”の様なやり取りが見られた。  収録を終えて、竹内は「『センセイ君主』(の撮影)楽しかったなーと思うし、夏はずっと宣伝活動したり、思いも強い分、改めて見るとすごく幸せな気持ちになりました。みんなで頑張ってプロモーションしてよかったなって思う」と作品に関するこれまでのことを振り返ってコメント。また、浜辺は「私も本当に楽しかった。見ていて盛り上がるシーンも多いし、この映画は皆んなでワイワイ話しながら見てもらっても面白く感じられる映画だと思う。声出してもっと笑ったり、いろいろ気づいたこをみんなで話しながら見てもらいたいなと思いました。私ももう1回みんなで集まって見たいと思います」と話した。  最後にファンに向けて「売り切れになると思いますので、予約はお早めに(笑)」と竹内がちゃめっ気たっぷりのコメントを話すと、浜辺も負けずに「皆さん、1本でいいんですか? 2本、3本、豪華版(購入)お待ちしております!」とストレートな言葉でPR。竹内を始め、スタッフ皆の笑いを誘っていた。  映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDは、2019年1月30日(水)発売。Blu‐ray&DVD同時レンタル開始。 @@insert1

  • スターバックス“初”「クリスマス イルミネーション」点灯式に登場した浜辺美波

    浜辺美波、クリスマスは「特別な日」 今年の予定は?

    エンタメ

     女優の浜辺美波が1日、都内で行われたスターバックス コーヒー初の「クリスマス ケーキ イルミネーション」点灯式に出席。クリスマスにまつわるエピソードを披露した。@@cutter 11月1日から12月4日までの期間限定で、東京ドームシティラクーア内にあるスターバックス店舗がクリスマスケーキをモチーフにライトアップする。この日、浜辺も、ホイップクリームを連想させる真っ白なトップス、いちごの赤をアクセントにした個性的なスカートを身にまとって点灯式に登場し、報道陣を魅了した。  点灯ボタンが押されると、店舗がキラキラと幻想的に光り輝き出し、浜辺は「すごい、光った! すごくきれいですね」と大興奮。また同日発売となった新商品「クリスマス ストロベリー ケーキ フラペチーノ」を一口飲み、「とろけるようなミルクが広がる。いちごの果肉が入っていて、合わさって優しい味わい。ずっと飲みたい。(見た目も)かわいい」と目を輝かせていた。  「クリスマスは家族にとって特別な日」という浜辺は、「その日は父が早く帰ってきてくれて一緒にケーキも買ってくれる。みんなで夕飯の後にケーキを毎年食べていましたね。そういうのが大切ですね」とにっこり。今年は故郷の石川には帰らず「家族ではなくて周りのスタッフさんと過ごすクリスマスになるのかな」と予想し、「みんなでケーキとか甘いものを囲むのかも。ぜひ楽しみたいです」と語った。  スターバックス コーヒー「クリスマス ケーキ イルミネーション」は、11月1日~12月4日までスターバックス コーヒー 東京ドームシティ ラクーア店にて毎日16時~22時点灯(11月2日~4日は16時50分ごろから)。

  • 『アルキメデスの大戦』に出演する笑福亭鶴瓶

    そのまんま! 笑福亭鶴瓶、自身モデルの役で『アルキメデスの大戦』出演

    映 画

     落語家の笑福亭鶴瓶が、山崎貴監督がメガホンを取り、菅田将暉が主演を務める映画『アルキメデスの大戦』に出演することが発表された。物語の鍵を握る人物で、自身をモデルにしたキャラクターを演じる鶴瓶は「原作者の三田先生は僕に内緒で漫画を描きはったみたいですけど、出演を聞いて凄く喜んでいたようで、僕も嬉しかったです」とコメントを寄せている。@@cutter 三田紀房の同名コミックを基にする本作は、日米開戦前夜の日本を舞台に、“世界最大級の戦艦”と呼ばれた「大和」の建造計画と、それを阻止すべく山本五十六(舘ひろし)に引き入れられた天才数学者・櫂直(菅田)の活躍を描く歴史エンタテイメント。鶴瓶が演じるのは「戦艦大和」建造計画を阻止するための“鍵”を握る人物であり、造船会社「大里造船」の社長・大里清だ。  実は原作者の三田は、鶴瓶をモデルに大里を登場させていた。実写化するにあたり、製作陣は“いの一番”で鶴瓶にオファーを出し、これを快諾したという鶴瓶は「漫画で出てくるそっくりのキャラクターを演じると聞いて何のこっちゃと思って読んでみたら、『そのまんまやんけ!』と驚きました! 原作だと会社も「鶴辺造船」でしたし。(笑) 漫画通りやるなら、それはもう僕が一番だと思います!」とコメント。  また「主演の菅田将暉くんとは番組で何度も一緒にやらせてもらいましたが、俳優として人気も実力も凄い勢いで伸びていっている人と、こうやって一緒に映画を作れるのは面白い経験でしたね。湿度と気温が半端ない現場でしたが、楽しかったです!」と撮影を回想している。  原作者の三田は「もとから鶴瓶師匠の大ファンでした! 勝手に描いて申し訳ありません。それもノーギャラで(笑) 漫画でも実写でもキャラクターとして神です! 今回望みが叶ってとても嬉しいです」と話している。  本作で初めて山崎組に加わった鶴瓶は、戦艦にまつわる難解な専門用語も交えた長ゼリフに挑戦。35度を超える猛暑の中で撮影を経て、見事にOKが出た時には、山崎監督と喜びの握手を交わしたそう。山崎監督も現場での鶴瓶の様子を見て「マンガから出てきたみたい」と嬉しそうに話していたとのことだ。  映画『アルキメデスの大戦』は2019年夏公開。

  • 季節を感じて着替えるコンタクト「Four Seasons」商品発表会に登場した浜辺美波

    現役女子高生の浜辺美波、教室での誕生日サプライズに「驚きました」

    エンタメ

     女優の浜辺美波が31日、都内で開催されたメニコンのコンタクトレンズ「Four Seasons」商品発表会に出席した。浜辺は友人が誕生日を祝ってくれたエピソードや、自身が好きな花言葉について語ったほか、ハロウィンの思い出を明かした。@@cutter 「Four Seasons」は“季節を感じて着替える”をテーマとしたコンタクトレンズ。浜辺は自身が出演している新CM「四季を感じる」篇の仕上がりについて「四季の美しさがすごく映像として出ていて、とても美しくメルヘンなものになっていて、何度も見返したくなるような、綺麗なCMだなと思いました」と満足げ。  CMで花をあしらった衣装を身につけていることにちなみ、好きな花を聞かれると「ひまわりがすごく好き」と回答し「ひまわりは『ずっとあなただけを見ている』という花言葉だと思うんですけど、それがすごく素敵だなと思って。小さい頃も、庭にひまわりとか植えてもらっていました」と笑顔を見せた。  8月29日生まれの浜辺は、現在高校3年生の18歳。今年の誕生日のエピソードにも触れ「最近、お友達がサプライズをしてくださって。教室に入ったら、ハッピーバースデーを歌ってくれたりとか。たくさんの風船を飛ばしてくれたりとかして、それがすごく印象的で、うれしかったですね」と述懐。「夏休みがあけて、すぐには登校できなかったので、誕生日から1ヵ月後くらいにみんながやってくれて。私も忘れかけていたので、本当に驚きました(笑)」と振り返っていた。  また、ハロウィンの思い出を尋ねられると「4歳から小学校5年生まで、英会話の塾に通っていまして。英会話だと、ハロウィンってなるとすごく大きなイベントなので、毎年ハロウィンパーティーをしていて、それがすごく印象的ですね」とニッコリ。「帽子をかぶったりとか、お菓子を持ち寄ったりして。皆でちょっと違う雰囲気で、英語を勉強するっていうのが、毎年楽しみで」と話していた。  浜辺美波が出演する新CM「四季を感じる」篇は本日31日よりウェブで先行公開。

  • (左から)川栄李奈、浜辺美波

    川栄李奈、浜辺美波のほっぺを“ムギュ” 「美少女コンビ」と歓喜の声

    エンタメ

     女優の川栄李奈が13日、自身のインスタグラムに浜辺美波との2ショット写真を投稿。2人の美少女がそろった写真にファンからは「最強コンビ」「激美人や」「可愛いお二人さん」などのコメントが殺到した。@@cutter 川栄が「みーちゃんありがとう 髪の毛切ってさらに美少女。いや、常に美少女」とのコメントと共に投稿したのは、川栄と浜辺による2枚の写真。1枚は2人がカメラへ笑顔でピースサインをおくるもの。もう1枚はピースサインをする浜辺の両頬を川栄が“ムギュ”っとしているユーモラスなショットだ。  現在、川栄は主演舞台『カレフォン』の真っ最中で、会場へ駆けつけた浜辺と記念に撮影をしたようだ。  一方の浜辺は、自身のツイッターで同じく2ショット写真を投稿。川栄の舞台を観劇したことを報告し「隣のマネージャーさんと一緒に号泣でした」「とってもお久しぶりに川栄さんにお会いできて、すっごく嬉しかったです」と感想をつづっている。  川栄と浜辺は、映画『亜人』をはじめ、浜辺の主演映画『センセイ君主』やドラマ『崖っぷちホテル!』でも共演している大の仲良し。  人気女優のほほ笑ましい姿に、ファンからは「最強コンビや!」「どっちも美少女です」「激美人や」「可愛いお二人さん」などのコメントが寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/rina_kawaei.official/    https://twitter.com/MINAMI373HAMABE

  • 竹内涼真×浜辺美波『センセイ君主』2019年1月BD&DVD発売!

    竹内涼真×浜辺美波『センセイ君主』BD&DVD、2019年1月発売!

    映 画

     第41回日本アカデミー賞新人賞を受賞した竹内涼真と浜辺美波が、クールでヒネクレ者の高校教師と、ちょっぴりおバカだけど恋に恋するパワフル女子高生を好演した映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDが2019年1月30日に発売、レンタル開始されることがわかった。豪華版には、竹内×浜辺による豪華ビジュアルコメンタリーのほか、主題歌を担当したTWICEとキャストのダンス練習映像を収めた特番などが収録されており、貴重な映像特典が満載となっている。@@cutter 本作は、「ヒロイン失格」などの作品で知られる幸田もも子原作の人気コミックスを、『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川翔監督が映画化したラブコメディ。  竹内がクールで冷たい数学教師・弘光由貴を演じ、浜辺は変顔を惜しまず、パワフルなヒロイン・佐丸あゆはを熱演。さらに、あゆはに恋心を抱く幼馴染の澤田虎竹役に「EXILE、FANTASTICS」のメンバーの佐藤大樹、あゆはの親友・中村葵役に川栄李奈、弘光の幼馴染で有名ピアニスト・秋香役に新川優愛と旬な若手俳優たちが脇を固める。興行収入は12億円(9月27日現在)を超え、2018年最もヒットしたラブコメディ作品となった。 @@insert1  主題歌は若者から絶大な支持を受けているガールズグループ「TWICE」が担当。“TWICEとキャストが一緒に踊る公式のダンスPV”が公開されると、誰もが真似したくなるようなポップで可愛らしいダンスが拡散され、若者を中心に話題となった。  本作のBlu‐ray&DVD 豪華版には、竹内×浜辺によるビジュアルコメンタリーに加え、完成披露、初日舞台挨拶、大ヒット公開後イベント等のイベント映像集やTWICE、キャストのダンス練習映像を収めた特番など、ここでしか見ることのできない貴重な映像特典が満載となっている。  映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDは、2019年1月30日(水)発売&レンタル開始。

  • 浜辺美波

    浜辺美波のショートカットが“復活” 「やっぱり似合う」と評判

    エンタメ

     女優の浜辺美波が10日、自身のツイッターで久々のショートカットを披露。「やっぱり似合います」「ショートの方が美波さんらしい」と喜ぶファンからの反響が集まっている。@@cutter 「ショートカット復活しやした!」というコメントとともに披露されたのは、短いボブカットでピースを決める浜辺の姿。ヒロインを務めた8月公開の映画『センセイ君主』や、9月29日に投稿された写真ではミディアムロングであった浜辺だが、以前トレードマークであったショートカットを今回“復活”させたようだ。  コメント欄には、「めっちゃ可愛いんですけどー!!!」「可愛すぎて死にかけた」とショート復活に喜びの声が数多く寄せられていた。「どの髪型も好きだけど」としつつ、「ショートの方が個人的には大好きです」というコメントを寄せるファンも多く、浜辺のショートカットのかわいさは格別のようだ。 引用:https://twitter.com/MINAMI373HAMABE

  • 浜辺美波出演、JA共済 働くわたしのささエールCM「ライフムービー」篇より

    浜辺美波の幼少期やランドセル背負った姿がかわいすぎ!

    エンタメ

     女優の浜辺美波の貴重なプライベート写真を用いたJA共済の新CM「ライフムービー」篇が公開されている。浜辺の赤ん坊の頃から幼少期、そして現在に至るまでの多数の愛らしい写真を使った構成となっている。@@cutter 映画『君の膵臓をたべたい』でヒロインを演じ、その後も映画『センセイ君主』やドラマ『賭ケグルイ』など出演作が相次ぐ浜辺。CMでは浴衣姿やランドセル姿のほか、田植えをしたり、料理をしたりする幼少期のかわいらしい浜辺を存分に見ることができる。  映像は、シンガーソングライターの須澤紀信「いいんだよ」の音楽に載せてスタート。浜辺の写真を一枚一枚めくっていくうち、途中からその中に“赤と紫色の格好をした男”がチラチラと映り込む。それは俳優の佐藤二朗が扮する“Mr.リスク”で、 目には見えないが、病気やケガ、事故など、人の周囲に存在するさまざまなリスクの化身という設定となっている。

  • 『今日から俺は!!』SPゲストの(上段左より)新井浩文、池谷のぶえ、小栗旬、島崎遥香、高橋克実、堤真一、橋本じゅん、浜辺美波、柳楽優弥、山崎賢人、山田孝之、横山歩

    小栗旬、山田孝之、山崎賢人…『今日から俺は!!』豪華すぎるゲスト発表

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務め、福田雄一が監督と脚本を担当する日本テレビの10月期日曜ドラマ『今日から俺は!!』の各回に登場するスペシャルゲストとして、小栗旬、山田孝之、山崎賢人らの出演が発表された。主演の賀来は「本当に豪華で、(SPゲストだけで)壮大な映画が撮れそうですね(笑)」と語っている。@@cutter 本作は1988年~1997年まで週刊少年サンデーなどに約10年連載され、累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒットコミックを原作にした青春不良コメディー。“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマの三橋貴志(賀来)がトンガリ頭・伊藤(伊藤健太郎)と共に最強ツッパリコンビとして大暴れする姿をコミカルに描いていく。  このたび発表されたスペシャルゲストは新井浩文、池谷のぶえ、小栗旬、島崎遥香、高橋克実、堤真一、橋本じゅん、浜辺美波、柳楽優弥、山崎賢人、山田孝之、横山歩(以上50音順)といった総勢12名の豪華俳優陣。彼らがどのような形で劇中に登場するのかは放送まで明らかにされないとのこと。  豪華キャストをゲストに迎える賀来は「凄いゲストの方々に登場いただき、(主演として)本当に嬉しいです」と喜びをあらわにすると、続けて「若手が中心のドラマですが、ゲストの方々に登場していただく事で、物語全体に締まりが生まれていると思います」とコメント。  また「撮影では絡む事の無かったゲストの方々もいますので、僕自身、どなたがどんなシーンで登場するのか楽しみです!」とスペシャルゲストの大暴れに期待を寄せている。  ドラマ『今日から俺は!!』は、日本テレビ系にて10月14日より毎週日曜22時30分放送。

  • 映画『アルキメデスの大戦』出演キャスト

    舘ひろし『アルキメデスの大戦』に丸刈り頭で参戦 浜辺美波らの出演も発表

    映 画

     俳優の舘ひろしが、山崎貴がメガホンを取り菅田将暉が主演を務める映画『アルキメデスの大戦』にて、山本五十六役を務めることが明らかになった。また、浜辺美波や田中泯らの出演も発表された。@@cutter 三田紀房の同名コミックを基にする本作は、日米開戦前夜の日本を舞台に、“世界最大級の戦艦”と呼ばれた「大和」の建造計画と、それを阻止すべく山本五十六に引き入れられた天才数学者・櫂直(菅田)の活躍を描く。日本で最も有名な軍人・山本五十六を演じるために、長い俳優人生で初めて頭を丸めた舘は「第二次世界大戦前の少し若い時代を演じるということで、いろいろな文献を読み直し、数々の名優が演じられてきたものと、またちょっと違う山本五十六を意識して演じました」とコメント。  また「撮影で特に印象に残っているのは、映画のクライマックス、海軍のトップ陣が戦艦大和をかけてぶつかり合う大会議のシーン。菅田将暉くんは、数学的な長いセリフを機関銃のような勢いで話し、かつ、黒板に数式を書きながらそれをやってのけ、圧巻でした! 撮影のカットがかかった瞬間、思わず拍手してしまった程です」とも話している。  一方、櫂直に想いを寄せる造船会社の社長令嬢・尾崎鏡子役を務める浜辺は「女性キャストは私一人だけという場面も多かったのですが、凄く温かい現場で、すぐに馴染むことができました」と撮影を回想。「私の演じた尾崎鏡子は、財閥のお嬢様なので、育ちの良さが出るように意識し、年齢相応の可愛らしさも表現できたらと思いながら役に向き合いました」とも振り返っている。  舘と浜辺のほかにも「戦艦大和」の建造案を作った張本人で櫂直や山本五十六と対立する造船中将・平山忠道役を田中泯、櫂と共に「戦艦大和」建造計画阻止に奔走する海軍少尉・田中正二郎を柄本佑が演じる。さらに、日本帝国海軍大臣で軍事会議において決定権をもつ大角岑生役を小林克也、「戦艦長門」の艦長・宇野積蔵役を小日向文世、日本帝国海軍中将で山本五十六の上官であり「超大型戦艦建造計画」の反対派・永野修身役を國村隼、日本帝国海軍少将で「超大型戦艦建造計画」を強く推し進め山本五十六陣営と対立する嶋田繁太郎役を橋爪功が務める。  映画『アルキメデスの大戦』は、2019年夏公開。

  • (左から)久間田琳加、浜辺美波、山田杏奈

    浜辺美波&山田杏奈&久間田琳加の“甘え顔”がかわいい!

    エンタメ

     女優の浜辺美波、山田杏奈、久間田琳加がロッテのガーナチョコレートのCMでキュートな“甘え顔”を見せている。@@cutter 3人が出演しているのは「愛だナ。ガーナ」をコンセプトにしたガーナチョコレートの新CM「赤チョコ育ちの娘です」篇。  15秒の映像では、娘に扮した彼女たちがそれぞれ母親に対して、“甘えた顔”を見せる。  家でゴロンと寝転ぶ浜辺はガーナチョコレートを手にして、母親に「赤チョコも買ってきてー」と甘えた声を出し、学生服姿の山田は、母親に愚痴をこぼすように「ねえ、聞いてるぅ?」と親にしか見せないような怒り顔を見せる。そして久間田は母親に何かをおねだりする表情で「お願いします!」と一言。  そんな甘えた表情を捉えながら、「なーんだかんだで甘えてる。赤チョコ育ちの娘です」というナレーションが流れ、ラストにはそれぞれが満面の笑顔でチョコレートを頬張る姿が映し出される、という内容となっている。  3人のキュートな甘えた表情を見られる本CMは現在放送中。またYouTubeでも公開されている。

  • (左から)新田真剣佑、浜辺美波、星野源、長谷川博己

    新田真剣佑&浜辺美波&星野源&長谷川博己の豪華4ショットに感激の声

    エンタメ

     俳優の新田真剣佑が3日、自身のインスタグラムに浜辺美波、星野源、長谷川博己との4ショット写真をアップした。豪華メンバーが勢ぞろいした一枚に、ファンから「メンツ最高です」と感激の声が上がった。@@cutter 「ドコモの新CMに出演させていただくことになりました! 発表会イベントにて。新しいドコモをぜひ、お楽しみに!」と4ショット写真を披露した真剣佑。ドコモの新CMシリーズに出演することになった真剣佑らはこの日、CM発表会に出席し、和気あいあいとした雰囲気でトークを展開した。写真はその際のオフショットのようだ。  この豪華な一枚には感激の声が多数寄せられ、「大好きなメンバーばかりで、にやにやがとまらない」「豪華メンバーですね!」「CM楽しみにしてます!」といったコメントが相次いでいる。  NTTドコモの新CM「はじまりの物語」篇および「キャラクター紹介」篇は、9月7日より放送スタート。 引用:https://www.instagram.com/mackenyu.1116/

  • 「NTTドコモ 新CMシリーズ発表会」にて

    長谷川博己、新田真剣佑&浜辺美波の輝きにボヤキ「一人だけオッサン」

    エンタメ

     俳優の長谷川博己が3日、星野源、新田真剣佑、浜辺美波らとNTTドコモの新CMシリーズ発表会に登場。和気あいあいとした雰囲気でトークを展開する中、長谷川は新田と浜辺について「若くてキラキラしている。40代の僕が入っていいのかな。モニター見たら、一人だけオッサン」とボヤいた。@@cutter 今回のドコモは「みんなを、ドまんなかに。WITH YOUR STORY」をテーマに、実写、マペット、アニメーションを織り交ぜた新CM「星プロ」シリーズを展開。7日より「はじまりの物語」篇と「キャラクター紹介」篇の2篇のCMを全国放送する。  駆け出しのプロデューサー・星あゆむ(系統:人間)を演じる星野は、今回のCMに関して「作り込みがものすごい。一枚ずつ静止画で見たいくらいすみずみまでいろんなキャラクターがいる。とっても面白い」と評価。共演者らには「最後、皆で歩いてるところ、あのロケはすごく楽しかったね…!」と共感を求めた。  ドニマル(系統:どうぶつ)に扮する新田は「(物事を)楽しみたいキャラクター。皆で楽しめる場所を作りたいと思っている」と自身のキャラを解説。旗揚げゲームでは、ドニマルのマペットと息の合った動きを見せ、白い歯を見せた。  一方、ネガティブ思考のコスモフ(系統:SF・ロボ)を演じる最年長の長谷川は「ボヤキが多くて僕に近いかもしれない。でも、ここから人気者になるべく努力していくということなので、僕自身もコスモフがどうなるのか楽しみ」と述べつつ、「この二人(新田と浜辺)が若くてキラキラしている。40代の僕が入っていいのかな。モニター見たら、一人だけオッサン」とボヤキ節。  モンジュウロウ(系統:モンスター)役にして最年少の浜辺は「(ハローキティーやおそ松さんなど)ずっと見ていたキャラクターとまさか共演できると思っていなかったのでうれしい」とニコリ。三人との初共演について「最初お会いしたときは輝きに圧倒された。これから慣れていかないと」と心境を語り、新田に関してさらに「つかめない感じ。不思議がいっぱいな人」と評していた。  NTTドコモの新CM「はじまりの物語」篇および「キャラクター紹介」篇は、9月7日より放送開始。

  • 『2019カレンダーブック』発売記念イベントに出席した浜辺美波

    18歳を迎えた浜辺美波、高校最後の夏の思い出は「担任の先生」

    エンタメ

     女優の浜辺美波が2日都内で、『浜辺美波 2019カレンダーブック』の発売記念イベント前の囲み取材に登場。ベトナムでの撮影にまつわるエピソードを語った他、高校最後の夏の思い出は「担任の先生」だと明かした。@@cutter 同作は、全52ページの写真集付きカレンダー。ベトナムを舞台に、浜辺の高校生最後の夏に迫った。今回は「普段の写真にないような、顔をクシャクシャにした笑顔」を意識して撮影に臨んだという浜辺。ベトナムでは「日本より暑くてジメジメしていた。けっこうその湿気の感じが好きで、3日間通して楽しめました」とニコリ。また「食べ物を食べすぎて衣装がキツくなった(笑)。ベトナムの食はどういう感じか分からないで行ったんですけど、舌に合ったみたいで、つい食べ過ぎてしまった」と思わぬハプニングを振り返った。  オススメカットは、アオザイを着た6月のページ。昨年の写真集を展開した頃から着たいと思っていて「1年越しに願いが叶った。今回は生地から選んで作って頂いてサイズもピッタリ。素敵なものが作れて本当に嬉しかった」と話した。本作の自己評価は90点。「100点を出してしまったら、次も出してもらえないかなと思う。1点ずつ上げて、あと10回くらい作れれば」と次回作に意欲を見せた。  また、高校最後の夏の思い出を問われると「卒業するために、必死に夏休みも先生に会って登校している。高校最後の夏休みの思い出は、担任の先生」と回答。やり残したことは「浴衣を着て、夏祭りに行ってみたかった。東京の夏祭りに行ったことがないので、花火大会とか凄く行ってみたくて狙っていたけど、残念ながら行けなかった」と答えた。  先月29日に18歳の誕生日を迎えたばかり。「映画のレイトショーが観れるようになって嬉しい」と笑みをこぼし、女性として「自分のことを自分でちゃんとできるようになりたい。何かお願いがある時に、人に気を配りながら伝えられる人になりたい」とコメント。女優としては「色んな役にできるだけ寄り添って、思いを汲み取って表現していければ。(今までは)守ってもらう役が多かったので、誰かを守る側に立ってみたい」と意気込んだ。  『浜辺美波 2019カレンダーブック』は、全国発売中。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access