佐藤流司 関連記事

  • 『HiGH&LOW THE WORST』第1弾ビジュアル

    『HiGH&LOW THE WORST』、原作絵×キャスト第1弾ビジュアル解禁

    映画

     映画『HiGH&LOW』シリーズの最新作で、高橋ヒロシの伝説の不良漫画『クローズ』『WORST』とコラボした映画『HiGH&LOW THE WORST』より、第1弾ビジュアルが解禁。高橋の『WORST』の原作絵と、本作に登場する鬼邪高校&鳳仙学園のキャストが一堂に会した姿を捉えたものとなっている。@@cutter 『HiGH&LOW』シリーズは、EXILE TRIBEらの出演により、5つのチームが拮抗する“SWORD地区”の覇権をめぐる男たちの熱い闘いと友情ドラマを描き、映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、アルバム、LIVEと多様なメディアで展開する総合エンターテインメントプロジェクト。今作は高橋ヒロシの伝説の不良漫画『クローズ』『WORST』とコラボし、『HiGH&LOW』の鬼邪高校と、『クローズ』『WORST』でおなじみの幹部以外スキンヘッドの最強軍団・鳳仙学園が対決する。  荒れ果てた町“SWORD地区”の中で通称“漆黒の凶悪高校”と呼ばれる鬼邪高校。そこは定時制と全日制に分かれ、定時制の番長・村山良樹(山田裕貴)が鬼邪高校の頭を張っていた。そんな鬼邪高校の全日制に転入した花岡楓士雄(川村壱馬)は、いつか村山にタイマンを挑むため、全日制の天下をとる野望を持っていた。  一方、“SWORD地区”の隣町・戸亜留市では、幹部以外全員スキンヘッドの最強軍団、鳳仙学園が勢力を強めていた。過去最強とうたわれる鳳仙は、リーダー・上田佐智雄(志尊淳)を筆頭に、小田島有剣(塩野瑛久)、沢村正次(葵揚)、仁川英明(小柳心)、志田健三(荒井敦史)の4人からなる鳳仙四天王、幹部のサバカン(坂口涼太郎)ら最強の布陣を揃えていた。そんな中、鳳仙の生徒が鬼邪高を名乗る者たちに突然襲撃され、同時に鬼邪高の生徒も鳳仙を名乗る者たちに襲われる事件が発生。仲間が襲撃されたことをきっかけに、両高校は互いに敵対心を抱く。そして夕暮れの河原でぶつかり合い、世紀の頂上決戦が幕を開ける―。  原作絵には、『クローズ』『WORST』でおなじみ、幹部以外スキンヘッドの“殺し屋軍団‘’鳳仙学園の原作キャラクターたちの姿が。下部には映画『DTC ‐湯けむり純情篇‐ from HiGH&LOW』のエンディングで映し出された、高橋ヒロシが描いた新世代の鳳仙学園の面々の凄みのあるビジュアルが配置されている。  そしてチラシ裏面には、鬼邪高校の全日制&定時制メンバーと、鳳仙学園のメンバーが集結した威圧感満載のビジュアル。鬼邪高校は、川村、前田公輝、吉野北人、神尾楓珠、佐藤流司ら全日制メンバーを演じる面々のほか、山田を筆頭に、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、清原翔などの定時制メンバーの姿も。そして鳳仙学園のメンバーに扮する志尊、塩野、荒井、小柳、葵揚の姿は下部に配置され、それぞれグループで牽制し合っているかのようなビジュアルとなっている。  映画『HiGH&LOW THE WORST』は10月4日より全国公開。 ※高橋ヒロシの高ははしごだか

  • 『HiGH&LOW THE WORST』鬼邪高校・全日制メンバー(左から)神尾楓珠、中島健、福山康平、吉野北人、川村壱馬、前田公輝、龍、うえきやサトシ、鈴木昂秀、佐藤流司

    『HiGH&LOW THE WORST』、映画の前日譚となるドラマシリーズ7月放送開始

    エンタメ

     映画『HiGH&LOW THE WORST』が10月4日に全国公開されるのに先駆けて、ドラマ『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O』(日本テレビ系/毎週水曜深夜)が、7月17日から放送されることが分かった。『HiGH&LOW』シリーズ関連作としては、2015年10月期にシーズン1、2016年4月期にシーズン2が放送されて以来、3年半ぶりの新作ドラマとなる。@@cutter 本作は、累計観客動員450万人、興行収入65億円を突破し、男たちの友情と熱き闘いをメディアミックスで描く『HiGH&LOW』シリーズと、累計7500万部突破の不良漫画『クローズ』『WORST』とのクロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST』(10月4日全国公開)の前日譚。連続テレビ小説『なつぞら』に出演中の山田裕貴が番長・村山良樹を務める鬼邪高校を舞台に、シリーズでも人気キャラクターである前田公輝が演じる轟が実力上トップを張っていた全日制での、壮絶な勢力争いと男たちの熱い友情を、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬と吉野北人を中心に描く。  鳴り物入りで鬼邪高に入学してきた花岡楓士雄(川村)と高城司(吉野)だが、早々に楓士雄の転校が決まる。楓士雄が去った鬼邪高では、数々の勢力が争う「鬼邪高戦国時代」がますます加速していく。一方、祖父の田舎に引っ越した楓士雄も、物足りない生活を送る中、「強さ」や「仲間」について考えるのだが…。  その他のキャストには、清原翔、神尾楓珠、佐藤流司ら、映画にも出演する若手人気俳優陣や、ドラマ版新キャストとして、楓士雄の祖父・哲二役に泉谷しげる、母親・ミキ役に藤田朋子らベテラン俳優陣が脇を固め、次世代イケメンボーイズグループ「MAG!C☆PRINCE」の阿部周平や、ダンス&ボーカルユニット「ONE N’ ONLY」の草川直弥らが鬼邪高校の新キャラクターとして新たな風を吹き込むことも、併せて発表された。  また、映画で初の脚本を務める『クローズ』『WORST』原作者の高橋ヒロシ氏が、ドラマでは作画として参戦。楓士雄が離れたあとの鬼邪高で、相棒を失った高城司を中心に不良達の頂点を巡る争いを描く物語に、『クローズ』『WORST』の世界観が加えられる。  TVドラマ『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O』は、日本テレビ系にて7月17日より毎週水曜深夜放送予定。

  • 映画『HiGH&LOW THE WORST』鬼邪高校・全日制キャスト

    『HiGH&LOW』新作は高橋ヒロシ『クローズ』『WORST』とクロスオーバー

    映画

     映画『HiGH&LOW』シリーズの最新作となる『HiGH&LOW THE WORST』が、10月4日より公開されることが決定。今回は高橋ヒロシの伝説の不良漫画『クローズ』『WORST』とのコラボが実現。『HiGH&LOW』の“漆黒の凶悪高校”鬼邪高校と、『クローズ』『WORST』でお馴染みの幹部以外スキンヘッドの最強軍団・鳳仙学園が対決する。@@cutter 『HiGH&LOW』シリーズは、EXILE TRIBEらの出演により、5つのチームが拮抗する“SWORD地区”の覇権をめぐる男たちの熱い闘いと友情ドラマを描き、映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、アルバム、LIVEと多様なメディアで展開する総合エンターテインメントプロジェクト。映画シリーズ累計の興行収入は65億円、観客動員は450万人を突破している。  一方、『クローズ』は1990~98年、その続編『WORST』は2001~13年に「月刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載された、不良高校生たちの抗争を描いた漫画。両作品合計の単行本累計発行部数は7500万部を超える。  本作では、企画プロデュースを『HiGH&LOW』シリーズのEXILE HIRO、監督&アクション監督も同シリーズの久保茂昭&大内貴仁のタッグで務める一方、脚本を高橋と『HiGH&LOW』脚本チームとが共同で作成し、『クローズ』『WORST』の戸亜留市と『HiGH&LOW』のSWORD地区という両シリーズの主な舞台となった街が交差した世界を構築する。  鬼邪高校側のキャストには、定時制の番長・村山役の山田裕貴を筆頭に、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、清原翔、全日制で絶大な力を誇る轟役の前田公輝、龍役の鈴木昂秀(共にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE)ら『HiGH&LOW』シリーズの人気キャストが出演するほか、全日制の覇権を狙う転入生・花岡楓士雄役にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル・川村壱馬が抜擢された。  企画プロデュースを担当するEXILE HIROは「昔から『クローズ』や『WORST』など高橋先生の作品の世界観が大好きだったので、今回HiGH&LOWとのコラボレーションを実現できた事がとても嬉しいですし、新しいコラボレーションの在り方をエンタテインメントとして発信できたように思います!」としている。  脚本を担当する高橋は「わたくし鳳仙学園学園長の高橋です。この度鬼邪高校のHIRO校長から決闘状が届きました。上等でございます。早速全生徒を校庭に集め、『いいか~~おめ~ら! この鳳仙に喧嘩売ったらどうなるか! きっちり教えたれぃ! 鬼邪高踏み潰したれ~~!』と号令をかけました。いざ、決戦です! 楽しみだろ(笑)」とコメントしている。  映画『HiGH&LOW THE WORST』は10月4日より全国公開。

  • 22世紀計画『妄想!わがまマンガ』より

    中島健人とガンバレルーヤ・よしこが熱愛!?『妄想!わがまマンガ』今夜放送

    エンタメ

     芸能人の“わがままな胸キュン妄想”を人気漫画家が本気で漫画化する、22世紀計画『妄想!わがまマンガ』が、フジテレビで今夜放送される。豪華相手役&豪華漫画家&豪華声優陣により漫画化されるガンバレルーヤ・よしこ、滝沢カレン、佐藤流司の妄想に、MCの千鳥は赤面する。@@cutter この番組は、芸能人が芸能人に密かに抱いている、ちょっと恥ずかしい“わがままな妄想”を、人気漫画家の制作で“本気の漫画”に。さらに、いま話題の人気声優たちが、その漫画に声を吹き込む。完成した漫画作品を、妄想した人とされた人が一緒に鑑賞する。  今回妄想したのは、お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこ、滝沢カレン、そしてミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役で人気を集める2.5次元俳優の佐藤流司の3人。  28年間の人生で一度も彼氏がいたことのないよしこが妄想するのは、中島健人(Sexy Zone)。声優を務めるのは、中島役に櫻井孝宏(『おそ松さん(松野おそ松役)』『コードギアス 反逆のルルーシュ(スザク役)』)、よしこ役に名塚佳織(『交響詩篇 エウレカセブン(エウレカ役)』『コードギアス 反逆のルルーシュ(ナナリー役)』)。『SSB ‐超青春姉弟s‐』のテレビアニメ化で話題の慎本真が描いた、よしこのリアルな妄想漫画を密室で二人きりで鑑賞。肩が触れ合うほどの狭い空間で“憧れの人”と二人きりになった緊張感で、よしこに大変なことが起こる!? 中島の王子様すぎる神対応に渡辺直美が心配の声をあげる一幕も。  一方、滝沢カレンが妄想するのは、ある超大物。幼少期から憧れ続けたその人物へのちょっと不思議な妄想を漫画にしてくれるのは、『#140字のロマンス』で人気の、現役東京藝術大学学生の山科ティナ。そして滝沢の声を務めるのは、内田真礼(『アオハライド(吉岡双葉役)』『約束のネバーランド(ノーマン役)』)。そして、滝沢の憧れの人物を、『シティーハンター』の海坊主やアーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えも務める玄田哲章が担当する。  佐藤流司が妄想するのは渡辺直美。今話題の刀剣男士の意外すぎる妄想に、百戦錬磨の渡辺直美も「なんで?」と本気で動揺。この漫画を描いたのは、『文学処女』が実写ドラマ化された中野まや花。声優は、『ルパン三世』の峰不二子役(3代目)でおなじみの沢城みゆきが渡辺役、『遊☆戯☆王 ZEXAL』で神代凌牙役を演じる増田俊樹が佐藤役を務める。  22世紀計画『妄想!わがまマンガ』は、フジテレビにて今夜2月16日25時55分放送。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2018~ 最終公演前会見にて

    紅白で話題!刀剣男士『刀剣乱舞』ミュージカルっていったい何?

    エンタメ

     大みそかの『第69回紅白歌合戦』に出場し、大きな話題となった刀剣男士。刀剣を手に舞いながら歌う姿に衝撃を受け、彼らが何者なのか疑問を持った人も多いはず。そこで今回は、刀剣男士がどういった存在なのか、さらに刀剣男士が登場するミュージカル『刀剣乱舞』の魅力を紹介したい。@@cutter ミュージカル『刀剣乱舞』(通称:刀ミュ)は、大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞‐ONLINE‐」が原案。同じくこのゲームを原案としたアニメ、舞台(通称:刀ステ)もそれぞれ人気で、刀剣を展示する全国の博物館などがファンで活気づくなど、コンテンツ自体のパワーも注目されている。  「刀剣男士」は、名だたる刀剣が戦士の姿となったもの。刀剣であるため、「人」ではなく「振り」と数える。刀ミュは2015年10月のトライアル公演を皮切りにシリーズを重ね、世界遺産・嚴島神社での奉納行事としての特別公演や、フランス・パリで開催された「ジャポニスム2018:響き合う魂」公式企画としての公演も大きな話題になった。NHKもそんな彼らの活躍に注目。音楽番組『シブヤノオト』には過去複数回出演、パリ公演に密着した特別番組『シブヤノオトPresents ミュージカル『刀剣乱舞』‐2.5次元から世界へ‐』も放送され、今回の紅白出場となった。  刀ミュは、刀剣男士たちが歴史の改変を目論む「歴史修正主義者」と戦う物語を主軸にしたミュージカルと、その刀剣男士たちが歌って踊り、ペンライトを持った観客を熱狂させるライブの2部構成。さらに刀剣男士が一堂に会して歌い踊る大型ライブ「真剣乱舞祭」や、ソロライブとも言える「加州清光 単騎出陣」などのライブ公演もチケット即売の人気。紅白歌合戦でも歌唱したテーマ曲の『刀剣乱舞』を初め、ミュージカルの楽曲はCDとして発売されており、毎回発売初週にオリコン上位を獲得している。  2.5次元ミュージカルでは、役者がいかにそのキャラクターを体現し、ステージ上で“生きて”みせるかが重要だが、刀ミュはキャラクター再現率の高さも魅力の1つとなっている。彼らは記者会見などでも刀剣男士としてコメントし、ファンのことも“主(あるじ)”と呼ぶ。ではここで、紅白で気になった人に向け、刀剣男子と刀剣乱舞を演じる俳優を4振り、4人ほど紹介しよう。@@separator まずは、平安時代の刀工、三条宗近作の太刀で、天下五剣のひとつ「三日月宗近」を演じる黒羽麻璃央。“2.5次元の王子様”の呼び声高く、確かな演技力、そして歌唱力で将来が期待される俳優だ。テレビや映画など映像作品への出演も積極的で、1月の新ドラマ『広告会社、男子寮のおかずくん』(テレビ神奈川ほか)では主演を務める。  また、新撰組の沖田総司が使用していたとされる打刀「加州清光」役の佐藤流司も注目の俳優。“2.5次元の顔”とも評される彼は、キャラクター再現度の高さとメークの映える美しいビジュアル、低音でよく響く声が武器。前述の「加州清光 単騎出陣」は2017年、2018年とも大盛況で、2019年には上海、バンコク、マカオを回るアジアツアーの開催も決定している。  さらに、源氏の重宝である「髭切」&「膝丸」を演じる2人も要チェック。「髭切」役の三浦宏規は、全国バレエコンクールで上位入賞の経験を持つダンサーでもあり、気高い立ち姿と踊りの美しさは圧倒的。初めてのミュージカル出演からキャリアはわずか2年半だが、2019年4月にはオーディションを経て射止めたミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウス役を演じることも決まっている。  そして、そんな三浦演じる「髭切」の弟である「膝丸」役を務める高野洸は、あの人気アニメ『妖怪ウォッチ』の主題歌「ようかい体操」を歌っていたDream5の元メンバー。ダンサーとしての実力とおなじみの歌唱力で、今や刀ミュに欠かせない存在になっており、2019年7月4日からは「髭切膝丸 双騎出陣2019」の上演も決定している。  ほかにも、「小狐丸」「石切丸」「岩融」「今剣」「大和守安定」「和泉守兼定」「堀川国広」「蜂須賀虎徹」「長曽袮虎徹」「にっかり青江」「千子村正」「蜻蛉切」「物吉貞宗」「陸奥守吉行」「巴形薙刀」「大倶利伽羅」…と、武蔵坊弁慶や徳川家康、新撰組、坂本龍馬ら歴史上のヒーローに縁ある刀剣や、彼らに憧れられた伝説の刀工たちの作刀が登場。  それを演じるのは北園涼、崎山つばさ、佐伯大地、大平峻也、鳥越裕貴、有澤樟太郎、阪本奨悟、高橋健介、伊万里有、荒木宏文、太田基裕、spi、横田龍儀、田村心、丘山晴己、牧島輝といずれも注目の俳優ぞろいだ。  歌舞伎や文楽などの伝統芸能とともに、日本を代表する文化として世界から注目されているミュージカル『刀剣乱舞』。紅白をきっかけにゲーム、アニメなどコンテンツとして楽しむもよし、ミュージカルや舞台を楽しむもよし。日本の文化から生まれた新たなカルチャームーブメントを受け止めよう。  「ミュージカル『刀剣乱舞』~三百年の子守唄2019~」は、1月20日~3月24日に東京・大阪・京都にて上演。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 加州清光 単騎出陣2018 ロゴ

    刀ミュ、『加州清光2018』&『真剣乱舞祭2018』開催発表

    アニメ・コミック

     ミュージカル『刀剣乱舞』より、佐藤流司が出演する『加州清光 単騎出陣2018』の上演が発表された。併せて、昨年に引き続き『真剣乱舞祭2018』も開催されることが分かった。@@cutter ミュージカル『刀剣乱舞』は、原案の『刀剣乱舞‐ONLINE‐』をDMM GAMESが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム。名立たる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆けめぐりながら部隊を編成・育成していくという人気コンテンツ。  今回の発表はミュージカル『刀剣乱舞』の『結びの響、始まりの音』公演の大千秋楽にて明らかになった。解禁された情報によると加州清光役の佐藤流司が出演する「ミュージカル『刀剣乱舞』 加州清光 単騎出陣2018」は、9月12日~17日まで東京・TBS 赤坂ACTシアターにて公演。そのほか、9月20日~21日に宮城・SENDAI GIGSにて、10月6日~8日まで大阪・豊中市立文化芸術センター 大ホールにて、10月13日に北海道・道新ホールでも上演される。  また、「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2018~」は、11月24日にサンドーム福井での福井公演からスタートし、東京では11月27日~28日に日本武道館にて公演。その後、宮城公演が12月5日~6日にセキスイハイムスーパーアリーナ、大阪公演が12月11日~12日に大阪城ホール、千葉公演が12月15日~16日に幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールにて開催される。

  • 3rd写真集「Reception」発刊イベントを開催した佐藤流司

    佐藤流司、ゴスロリ&猫耳カットを収めた写真集への思い「人生観を見せる」

    エンタメ

     俳優の佐藤流司が3rd写真集「Reception」の発刊イベントを11日に東京都内で開催した。佐藤は「自分の脳内、人生観をお見せするために作りました。今まで以上に気合の入った写真集になっていると思う」と写真集への思いを語った。@@cutter ミュージカル『刀剣乱舞』やライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』をはじめとした2.5次元舞台を中心に、現在放送中のドラマ『御茶ノ水ロック』(テレビ東京系/毎週水曜26時35分)など映像作品でも活躍を続ける佐藤。本写真集は、淡い学生時代を彷彿させるカットやアクションもあるハードな表情など、本人プロデュースによる6つのシーンを収録した。  この日のイベントに5000人のファンを集めた佐藤。初版4万部を突破、発売前に重版も決定した本写真集について「想像もできない数字ですが、こうやってたくさんの人の目に触れるというのはすごくありがたいこと」と真摯に話す。 おすすめの写真を聞かれると、猫耳をつけた写真をあげ、「(写真集は)素の姿で本棚から本を取るところからスタートして、そこから6つの世界がスタートする。(ラストに収録されている)猫耳は、人生の一番最新の出来事として、猫を2匹買ったということから、最後に持ってくるってことにしていました」と説明した。  また、本写真集では佐藤がゴスロリファッションに身を包んだ衝撃的なカットも収められているが、それについては「人間は中性的な部分があると思います。自分は女性的な部分は少ないと思っていますが、もし自分が女性に生まれてきたらと思ったらと考えたとき、ゴスロリになるのかなと思いました」とその思いを話した。  「仕事ではの一番の望みは安定なので平行線を辿れたら。もちろん、いけるところまでいきたいとは思ってます」と今年の目標を語った佐藤。プライベートでは「英語の勉強をして、今年中にペラペラになりたい」と笑顔を見せた。  佐藤流司3rd写真集『Reception』は2月14日発売。HMV&BOOKS SHIBUYAでは全フロアジャックのパネル展が18日まで開催中。

  • 『御茶ノ水ロック』佐藤流司インタビュー

    佐藤流司、「絶対的な存在になりたい」“俳優”として高い目標掲げる

    エンタメ

     2.5次元舞台で活躍するイケメン俳優たちが集結し、バンドに青春をかける若者たちを演じるTVドラマ『御茶ノ水ロック』。錚々たる顔ぶれの中、主演を務めるのは、出演舞台のチケットが争奪戦になるほどの人気を誇る佐藤流司だ。オリジナル脚本でのTVドラマ初主演となる佐藤が、本作への思いを語った。@@cutter 本作は、『男水!』に続く、TVドラマ&舞台の連動企画第2弾。すれ違い、互いの道を違えてしまった兄弟を中心に、トップを目指すバンドマンたちを描く。  今、2.5次元舞台では、ライブパートが話題をさらい、音楽が作品の人気を牽引するほどの存在となっている。その中にあって、佐藤は高い歌唱力を持つ俳優の一人だ。自身がボーカルを務めるバンド「The Brow Beat」としても1月1日にデビューを果たし、ミュージシャンとしても活動する。そんな佐藤だけに、本作のオファーを受けた時を、「好きな役者というお仕事と、昔から好きな音楽を同時にできるというのはこの上なく嬉しかったです。こういう機会ってそうそうないと思うんで、巡り会えてよかったなと思います」と振り返る。  本作で佐藤が演じるのは、「ダイダラボッチ」というバンドでボーカルを務め、武道館を目指して地道な活動を続けている片山始。佐藤は「オリジナル脚本なので、役作りって何をすればいいのか、全くわからなくなってしまって…。とりあえず、糖質制限をして、4キロ削るところから始めました。ロックなんで(笑)」と苦笑いで明かす。一方で、「始というキャラクターは実直で素直、真面目な人物なので、ビブラートや抑揚、しゃくりをつける歌い方じゃないと思いました。歌詞がスッと入るように歌う。いわゆるロックンロールスタイルで、魂で歌う、ということを意識して歌っています」と徹底した一面も見せる。第2話では、まさに佐藤の言葉通りの歌声が聞けるので、お聴き逃しなく。@@separator ちなみに、始がクセのありすぎる歌い方でバンドメンバーたちを驚かせるシーンでは、「3テイクぐらい撮影しました。今回、一番テイク数が多かったのがあの場面です(笑)」という。「めちゃめちゃ細かな演出が入りました。監督のこだわりポイントなんだと思います。その撮影の時、たまたま、風邪ひいてたんですよ。最低のコンディションだったんで、逆に良かったです(笑)」。珍しい佐藤の歌声も要チェックだ。  本作は、TVドラマ放送後の3月30日~4月15日にはキャストたちが生演奏を見せる舞台公演も予定している。キービジュアルでの佐藤はギターを抱えて写っており、本作でもバンドでは元々、ギターを担当していたという設定だ。それだけに佐藤によるギターの生演奏も期待されるが、佐藤は「(舞台でも)ギターは弾きませんと高らかに宣言しておきます!」と断言。「マジで弾けないです、俺(笑)素人よりちょっと下ぐらいですからね、指不器用なんです」と意外な言葉も聞かれた。  2017年を「いろんな国に仕事で行かせていただいて、いろんな方面のお仕事をたくさんやらせていただいて、グローバルな1年だった」と振り返った佐藤。「俺は、明日のことしか考えられないタイプなんで、先のことより、今日、生きることで精一杯って感じなんです(笑)。なので、2018年も行き当たりばったりな1年を過ごしていきます(笑)」と2018年の目標を語る。そして、役者としては、「一番になりたいですね」と明かす。「絶対的な存在になりたいんです。一つ、突出しているものがあって、絶対にこの役は俺じゃなきゃダメだと思ってもらえるような役者になりたいです」。(取材・文・写真:嶋田真己)    TVドラマ『御茶ノ水ロック』は2018年1月10日26時35分からテレビ東京ほかにて放送開始。 スタイリング/津野真吾(impiger) 衣装協力/GOSTAR DE FUGA、CIVARIZE

  • テレビドラマ&舞台連動企画『御茶ノ水ロック』メインキャスト10名ビジュアル解禁

    佐藤流司・染谷俊之ら2.5次元俳優集結 舞台連動ドラマ『御茶ノ水ロック』放送決定

    エンタメ

     ポリゴンマジック企画・制作によるテレビドラマ&舞台の連動企画第二弾『御茶ノ水ロック』より、佐藤流司や染谷俊之らメインキャスト10名の姿を収めたソロビジュアルが解禁。また、来年1月からテレビ東京でドラマが放送されることが発表された。@@cutter 本作は、すれ違ってしまった兄弟の絆を中心に、バンドに懸ける男たちの青春を描くオリジナル企画で、テレビドラマ化、舞台化、そして漫画化が決定している。メインキャストはテレビドラマと舞台の両方に出演し、吹き替えなしでバンド演奏に挑戦。舞台でも当て振り無しの生バンド演奏に挑む。テレビドラマの放送と舞台の上演に先立ち、今年の12月からは、『あかやあかしやあやかしの』シリーズの七生が手掛ける漫画連載が月刊コミックジーンにてスタートする。  解禁されたビジュアルは、力強い眼差しでこちらを見ながら歌う主人公・片山始(佐藤)や、兄・片山亮(染谷)の若手プロデューサーらしい佇まいを収めているほか、ライブシーンを切り取ったかのような、バンドメンバーの躍動感ある姿を捉えている。  佐藤と染谷とともに、音楽劇『金色のコルダ』の前山剛久がギタリスト を、舞台『デジモン』の松本岳がベーシストを、ミュージカル『テニスの王子様』の宮城紘大がドラマーを演じて、バンドメンバーとして物語を彩る。また、途中話から『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』の谷水力が藤瀬和也に扮するほか、主人公と対峙するライバルバンドのボーカルはミュージカル『刀剣乱舞』の崎山つばさが演じる。  テレビドラマ『御茶ノ水ロック』はテレビ東京で2018年1月10日深夜26時35分より放送。舞台『御茶ノ水ロック』は2018年3月末より開幕。

  • 『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~』囲み取材にて

    舞台『NARUTO』開幕 イタチ役・良知真次「今のところ無視はされていない」

    アニメ・コミック

     『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~』の公開ゲネプロが19日に都内で行われ、うずまきナルト役の松岡広大、うちはサスケ役の佐藤流司、春野サクラ役の伊藤優衣、うちはイタチ役の良知真次が囲み取材に出席。後輩との共演について聞かれた良知は、「今のところ無視はされていないです」と明かして笑いを誘った。@@cutter 前作のラスト「終末の谷」から時を経て、成長したナルトたちの物語を描く本作。シリーズならではのさまざまなギミックを取り入れた演出が駆使されるほか、今回は新たなキャストと“歌”を加えて、目にも耳にも刺激的に進化を遂げる。  うちはサスケ役の佐藤は、「刀があったりですとか、前作以上に強力な忍術、そしてイタチとの闘いもありまして、うちはサスケの内容が盛りだくさんでお届けしようと思っております」と気合十分な様子。一方、初参加となったうちはイタチ役の良知は、「フレッシュさが日々日々移るかと思いきや、なかなか移らず、どうしようかと思いながら稽古しています」と語って笑いを誘い、「ものすごいセット、そして壮大な音楽とアクション、衣装でお届けします」と見どころをアピールした。  良知は後輩たちについて聞かれると、「若手がすごく頑張ってくれているんです。しっかりしてるし、先日の再演を見させていただいたんですが、前回から参加している組は出来上がっているんです」と絶賛。「今回新しく入りますけど、僕は出来上がっているものを、ちょっと中和させるというか、ある意味ちょっと壊すくらいな感じで稽古させてもらいました」と意気込みを語り、「プライベートな部分は壊さずに。男子チームは同じ楽屋なんですけど、今のところ無視はされていないです」と自虐的に続け、佐藤や松岡を笑わせていた。  『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~』は、2017年5月19日よりAiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕。

  • 鬼灯水月(萩尾圭志)『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~』

    舞台『NARUTO』“蛇”メンバー鬼灯水月、香燐、重吾のキャラビジュアル解禁

    エンタメ

     人気漫画『NARUTO-ナルト-』の舞台版第二作『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~』からキャラクタービジュアルが解禁。うちはサスケとともにうちはイタチへ戦いを挑む“蛇”のメンバーの姿が明らかになった。@@cutter 『NARUTO-ナルト-』は落ちこぼれの忍者・うずまきナルトの活躍を描いた忍者アクション漫画。その舞台版で、2016年夏の再演に続く本公演では、前作のラスト・終末の谷から先のエピソードが描かれ、歌の要素も追加されることになっている。  今回解禁となったのは、兄のうちはイタチ(良知真次)に復讐を誓ううちはサスケ(佐藤流司)によって集められ、仲間となって共に闘う“蛇”のメンバー、鬼灯水月(萩尾圭志)、香燐(七木奏音)、重吾(山口智也)のビジュアルだ。  「鬼人・再不斬の再来」と恐れられた神童・鬼灯、自身の身体を噛ませた相手の傷などを回復させることが出来る能力を持つ香燐、呪印オリジナルの能力を持つ重吾は、果たして舞台上でどのようなパフォーマンスを繰り広げるのか。公演に向けて期待が高まるビジュアルは必見だ。  舞台『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~』は5月19日から6月4日まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。

  • ライブ・スペクタクル『NARUTO‐ナルト‐~暁の調べ~』キービジュアル

    ライブスペクタル『NARUTO』新作公演決定! イタチ役に良知真次

    アニメ・コミック

     ライブ・スペクタクル『NARUTO‐ナルト‐』の2017年公演が決まった。同時に全キャストとキービジュアルが解禁となった。初演・再演に続き、主人公うずまきナルト役に松岡広大、うちはサスケ役に佐藤流司の続投が決定。また、サスケが復讐心を燃やす兄、うちはイタチ役には、数々の舞台での活躍も目覚ましい良知真次を迎える。キービジュアルではこの3人が雷の中で激しいぶつかり合いをしているような姿を描いている。@@cutter 『NARUTO‐ナルト‐』は1999年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)で15年間連載された岸本斉史の人気コミック。単行本の累計発行部数は全世界で2億部を突破、日本をはじめとするアジア各国での人気はもちろん、ヨーロッパやアメリカでも熱狂的な人気を誇る。近世の日本と現代文化をミックスした架空の世界を舞台に、主人公と仲間の友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆を中心として描き、国内外問わずたくさんの人々の心をつかんでいる。  舞台化は2015年3月が初演。緻密で斬新な演出と、まるで漫画から飛び出してきたようなビジュアルで国内4都市にとどまらず海外3都市でも旋風を巻き起こし、2016年夏の再演では、特殊演出のパワーアップや音楽の一新といった更なる進化に挑み、益々その勢いを加速させ、ワールドツアー版は現在も世界を駆け巡っている。  ライブ・スペクタクル『NARUTO‐ナルト‐~暁の調べ~』は2017年5月公演。

  • ライブ・スペクタル『NARUTO‐ナルト‐』公開ゲネプロ

    舞台『NARUTO』東京公演開幕! “ゲジマユ”ロック・リー参戦で熱血アップ

    アニメ・コミック

     ライブ・スペクタル『NARUTO‐ナルト‐』の公開ゲネプロが12日、都内にて行われた。初演を上回る特殊演出のほか、新キャラクターとしてロック・リーの参戦など、大阪から始まった同舞台がいよいよ東京で開幕した。@@cutter ライブ・スペクタル『NARUTO‐ナルト‐』は、累計発行部数が全世界で2億冊を超える、日本を代表する大人気同名マンガが原作。2015年3月~6月にかけて、東京・大阪・宮城・福岡の国内4都市、マカオ、マレーシア、シンガポールの海外3都市で舞台化され、緻密で斬新な演出とまるで漫画から飛び出してきたようなビジュアルで、国内はもとより世界中で新たなNARUTO旋風を巻き起こした。今回、初演から約1年を経て再演となった。    佐藤祐吾演じるロック・リーが初参戦した同舞台。リーといえば…という“ゲジマユ”やおかっぱ頭、熱血漢などが、他のキャラクター同様、見事に再現。また、ナルトとリーの起床から家を出るまでの生活スタイルを、黒子を使いコミカルに演出したシーンなどもあり、新キャラ・リーの見どころも満載。    特殊演出のパワーアップのほか、音楽も一新。初演を観劇したファンも見応え十分なライブ・スペクタル『NARUTO‐ナルト‐』は、8月13日~8月28日までAiiA 2.5 Theater Tokyoにて公演。

  • ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』キービジュアル

    舞台『NARUTO』第一弾キャラクタービジュアル公開 ロック・リーの参戦も決定

    エンタメ

     日本のみならず国外でも評価されたライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』が、進化を遂げ、7月に再演決定。今回、初演を超える迫力のキービジュアルとメインキャラクター5名の第一弾キャラクタービジュアル、そして新たに佐藤祐吾演じるロック・リーの参戦も発表となった。@@cutter 原作は、漫画家・岸本斉史が「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載し、世界的に人気を博す同名コミック。2015年の初演ではその世界観を見事に、そして大胆に再現して、多くの観客を魅了したが、再演にあたり演出・児玉明子が、特殊演出のパワーアップや音楽の一新を通じて、世界を知る強力なスタッフ陣と共に、演出面での進化に挑む。    今回、躍動感あふれるナルトを映した新キービジュアルをはじめ、キャラクタービジュアルもすべて新たに撮り下ろし。第一弾キャラクタービジュアル解禁となる今回は、うずまきナルト役の松岡広大、うちはサスケ役の佐藤流司、春野サクラ役の伊藤優衣、我愛羅役の須賀健太、はたけカカシ役の君沢ユウキら、初演から続投する5名の姿がお披露目となった。  キャラクタービジュアルは4月11日より3週に渡って解禁。この後も、霧隠れの里の鬼人・桃地再不斬役の内田朝陽、ナルトの師・自来也役の梅垣義明、最大の敵・大蛇丸役の悠未ひろら、初演から作品に深みを与えてきた実力派キャストや、新たに登場するロック・リー役の佐藤祐吾のビジュアルも控えており、期待は高まるばかりだ。  ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』大阪公演は梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて7月30日~8月7日、東京公演はAiiA 2.5 Theater Tokyoにて8月13日~28日に上演。チケット情報など詳細は公式サイトまで。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~製作発表会見の様子

    ミュージカル『刀剣乱舞』新作公演、今秋上演!鳥越裕貴&小越勇輝ら“刀剣男士”に

    アニメ・コミック

     「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~」の製作発表会見が30日、都内にて行われ、 黒羽麻璃央、佐藤流司らキャスト陣が登壇。さらに、ミュージカル『刀剣乱舞』新作公演(タイトル未定)が今秋上演されることも発表され、鳥越裕貴、小越勇輝ら演じる新たな刀剣男士5名がお披露目された。@@cutter 原作は、名だたる刀剣が擬人化した“刀剣男士”を収集・育成・強化する刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』(DMM ゲームズ/Nitroplus)。本舞台は、刀剣男士たちによるミュージカルとライブパフォーマンスの2部で構成される。1月1日には“刀剣男士 team 三条 with 加州清光”としてCDデビューも果たし人気を博している。  今回、トライアル公演からさらにパワーアップ、新たな楽曲も追加した完全版として、5月末より東京・大阪・京都の3ヵ所で本公演が行われることが決定。この日の会見では、三日月宗近役の黒羽麻璃央、小狐丸役の北園涼、石切丸役の崎山つばさ、岩融役の佐伯大地、今剣役の大平峻也、加州清光役の佐藤流司のキャストが登壇した。  黒羽は「三日月宗近という役はもっとも美しいと言われる刀。きれいに見せることはもちろん、所作であったり、衣装もすごくこだわっていただいてるので、そういう面も見せていきたいと思います。自分のことをジジイと言うような“抜け感”も出していきたい」と役作りを明かし、佐藤は「加州清光という役は繊細な魅力が詰まった役。大胆だったり熱いところがあったりクールだったり一言では語りきれない。それを佐藤流司がどう演じていくのかを観てほしい」と、意気込みを語った。  また同日、今秋上演のミュージカル『刀剣乱舞』新作公演(タイトル未定)のキャストとして、大和守安定役の鳥越裕貴、和泉守兼定役の有澤樟太郎、堀川国広役の小越勇輝、蜂須賀虎徹役の高橋健介、長曽祢虎徹役の伊万里有の新たな5名の刀剣男士がお披露目。鳥越は「この衣装にまだ慣れませんが、秋までに“安定”という役を 自分のものにできるように」と言葉にし、小越は「いよいよ始まるなという気持ちがわいてきました」と気合い十分な様子をみせた。  ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~は、5月27日~6月12日にAiiA 2.5 Theater Tokyo(東京)で、6月17日~19日に森ノ宮ピロティホール(大阪)で、6月23日~26日に京都劇場(京都)で上演。またミュージカル『刀剣乱舞』新作公演は9月~11月に東京・福岡・大阪で上演される。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 トライアル公演の様子

    ミュージカル『刀剣乱舞』開演! 躍動する“刀剣男士”が歌い、踊る

    アニメ・コミック

     ミュージカル『刀剣乱舞』 トライアル公演が30日に実施された。約1時間45分におよんだ第1部のミュージカルでは、名だたる刀剣が戦士の姿になった“刀剣男士”が躍動。終幕時には、関係者や報道陣で埋め尽くされた会場から、割れんばかりの拍手が起きた。@@cutter 本作は、ユーザー数が100万人超と言われる大人気PCブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』(DMMゲームズ/Nitroplus)のミュージカル化作品。刀剣男士が変えられた歴史を元に戻すべく戦う様を描く。メインキャストは三日月宗近(みかづきむねちか)役の黒羽麻璃央、小狐丸(こぎつねまる)役の北園涼、石切丸(いしきりまる)役の崎山つばさ、岩融(いわとおし)役の佐伯大地、今剣(いまのつるぎ)役の大平峻也、加州清光(かしゅうきよみつ)役の佐藤流司の6名。  上演前には、演出を手がけた茅野イサムが登場。満席の会場を見渡し、「演劇の三要素は脚本、俳優、そして観客。心から楽しんでいってください」と挨拶。大勢の拍手を浴びた。  続けて始まった第1部のミュージカルは、源義経・武蔵坊弁慶の時代を中心としたストーリーが展開。刀剣男士の6人は、文治5年の阿津賀志山で、源頼朝と対立して死んだはずの義経に遭遇する。義経の守り刀だった今剣は、義経が生きていることに喜ぶも…。  第1部では、刀剣男士らが階段状の舞台を所狭しと動きまわり、歌い、踊るミュージカルを披露。第2部では、日替わり曲を含むラインナップでライブが実施されている。  ミュージカル『刀剣乱舞』は、AiiA 2.5 Theater Tokyo(アイア 2.5 シアタートーキョー)で10月30日から11月8日まで公演中。11月8日には、日本全国・台湾・香港の映画館にてライブ・ビューイングを実施。また同日にDMM.comでアーカイブ動画を配信予定。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 メインビジュアル

    『刀剣乱舞』ミュージカル版ビジュアル解禁 三日月宗近、加州清光らキャスト発表

    アニメ・コミック

     DMMゲームズとニトロプラスが贈る大人気ブラウザゲームを原作としたミュージカル『刀剣乱舞』のメインビジュアルが解禁された。また、三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光ら“刀剣男子”を演じるキャスト6名も発表となった。@@cutter 原作のブラウザゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』は、1月にサービス開始となった刀剣育成シミュレーションゲーム。プレイヤーは、名だたる名刀が擬人化した“刀剣男子”を育て、強化して楽しむことができ、女性層を中心に大きな支持を得ている。  ネルケプランニングが興行を担当するミュージカル『刀剣乱舞』では、三日月宗近役として黒羽麻璃央、小狐丸役として北園涼、石切丸役として崎山つばさ、岩融役として佐伯大地、今剣役として大平峻也、加州清光役として佐藤流司の出演が決定。  ミュージカル『刀剣乱舞』トライアル公演は、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて10月30日~11月8日に上演。チケットは全席指定・前売当日共に7800円(税込)。  また、『刀剣乱舞』はミュージカルのみならず、マーベラスによる“一般演劇”での舞台化も発表されており、こちらのキャスト発表にも大きな注目が集まる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access