大内田悠平 関連記事

  • 『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』に出演する(左から)黒島結菜、玉森裕太

    玉森裕太、『世にも奇妙な物語』で禁断のピアノソナタを弾いてしまう音大生役

    エンタメ

     Kis‐My‐Ft2の玉森裕太が、『世にも奇妙な物語 ‘19 雨の特別編』(フジテレビ系/6月8日21時)で、恐怖のピアノ楽曲を奏でるサスペンス作品「さかさま少女のためのピアノソナタ」の主演を務めることが決定した。玉森は音大生を演じる。@@cutter 『世にも奇妙な物語』には2014年の「ニートな彼とキュートな彼女」以来2度目の出演となる玉森裕太。今月末には主演映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の公開も控えている。共演には、若手女優の黒島結菜が、ピアノの天才的才能を持つ同級生・吉野役で出演。黒木の友人・野下役で大内田悠平も出演する。  コンクールで思うような成績を残せず、自分には才能がないのではと落ち込む音楽大学のピアノ科に通う黒木(玉森)。そんなある日、薄暗い道に見慣れない古本屋を発見。その古本屋でふと目に止まった古いドイツ語の楽譜集の中から落ちてきた赤黒いシミのついた楽譜に、何か“引かれるモノ”を感じた黒木は、余白に書かれていたドイツ語を翻訳してみる。するとそこには『さかさま少女のためのピアノソナタ』『絶対に弾いてはならない』と書かれていた。  気になってソナタについて検索してみると、たどり着いたサイトには「この曲をもし弾き間違えたなら、必ずや手を失うだろう」と書かれていた。どうしても楽譜が気になり、そのピアノソナタに挑戦することを決意する黒木。弾き始めると突然まわりの音が消え、ピアノ以外の音が聞こえなくなり、ふと見上げると、外で降っていた雨、メトロノームや壁時計の秒針もすべて止まり…。それは天才ピアノ少女にまつわる悲劇の序章だった。  玉森は、「前回の出演から5年ぶりということで懐かしさもありましたし、また声をかけていただきとてもうれしかったです!」と喜びをコメント。台本については「とても不思議な感覚になりました。“絶対に○○してはいけない”と言われると、ついやってしまいたくなる気持ちが分かります」と共感する部分を話しつつ、もし絶対に弾いてはならない呪われた曲があっても「挑戦しないと思います(笑)」と回答している。  ピアノ経験ゼロの黒島は「台本を読んで天才ピアニストということにゾッとしました(笑)」と話す一方、「出来るかなという心配はありましたが、練習の成果を見ていただけたらと思います」と自信をのぞかせた。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』は、フジテレビ系にて6月8日21時放送。

  • 大内田悠平、山田裕貴、前原滉が浜松を旅する『男子旅』は10月13日放送!

    人気俳優が“ホンキで遊ぶ”旅『男子旅』レギュラー復活! 竹内涼真、出演回も再放送

    エンタメ

     今注目の若手俳優3人が日本各地を旅する『男子旅』が10月6日よりレギュラー番組として復活することがわかった。新たにスタートする放送では、毎月、新エピソードが2話ずつ登場。初回の10月6日の放送では勝地涼、笠原秀幸、郭智博が能登を、10月13日放送回では山田裕貴、前原滉、大内田悠平が浜松を旅する。@@cutter 『男子旅』は、今注目の若手俳優3人が、ロードバイクや車等で「神宿る処」を廻り、明日へのエネルギーを充電する“ホンキで遊ぶ”旅を決行する姿を描く番組。人気の俳優たちが、ホンキで遊び、本音で語り、ハプニングに笑い、旅を通してさらにお互いを理解し、発見していく様子が話題を呼んでいる。  さらに、ドローン撮影等を駆使した日本各地の圧巻の絶景や、その場所ならではのグルメ、地元の人との出会いも見どころだ。  また、2016年に放送され、好評だった旅の再放送も決定。10月20日には千葉雄大、久保田悠来、磯崎亮太の北海道知床の旅、10月27日には矢野聖人、竹内涼真、福山康平のしまなみ海道の旅が放送される。  『男子旅』は、全国無料のBSテレビ局Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:258)にて、10月6日(金)23時55分から放送スタート。

  • 『あすなろ三三七拍子』制作発表会見(左から、大内田悠平、剛力彩芽、柳葉敏郎、反町隆史、ほんこん)

    風間俊介、人生初の金髪チャラ男に!「チャラいと言われて喜ぶ姿が気持ち悪いと…」

    エンタメ

     フジテレビ系連続ドラマ『あすなろ三三七拍子』の制作発表会見が9日、東京・駒澤大学深沢キャンパスで行われ、主演の柳葉敏郎、共演の剛力彩芽、風間俊介、大内田悠平、ほんこん、反町隆史が学ラン姿で出席した。@@cutter チャラ男の役作りのために人生で初めて金髪にしたという風間は「朝起きるたびにビックリしていたけれど、段々としっくりきた。友人からは髪の毛を見た瞬間に“チャラい”と言われ、それを異常に喜ぶ姿を気持ち悪く思われています」とその馴染みぶりに嬉しそう。  現在31歳ながらも演じる役柄は20歳とのことで「自分のイメージするチャラい人というのは、一昔前のチャラい人なのかと不安だったけれど、周りからは意外に大丈夫という温かい言葉をいただいています」と手応えを得ていた。  一方、地上波ドラマの主演は『リング~最終章~』以来約15年ぶりであり、新人応援団長としてOBからしごかれる役どころの柳葉は「M的な快感を感じつつ、しごかれています」と苦笑い。応援団OB役で初共演の反町については「設定上逆らえないので、普段の会話では出来るだけ上から目線で」と明かし、先輩俳優としての威厳を保っている様子を明かす。  またこの日は壇上で実際にエールを決めて「膝が爆笑しています。心臓バクバク。でも達成感はありますね。まだまだ25点くらい。100点は最終回まで取っておきたい」と凛々しく意気込むものの「エールを送りたいもの」を聞かれると「娘がソフトテニスをやっていて、全県大会が控えている。気持ちは半分以上そっち。ごめんなさい」と優しいパパの表情を見せていた。  本作は、人気作家・重松清による同名小説が原作。リストラの代わりに存続の危機にある大学の応援団に社会人入学させられたしまった藤巻大介(柳葉)が様々な人々に揉まれながら成長していく姿を描く。  『あすなろ三三七拍子』はフジテレビ系にて、7月15日21時から放送開始。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access