竹内涼真 関連記事

  • 『初恋ロスタイム』ティザービジュアル

    板垣瑞生初主演、竹内涼真&吉柳咲良共演『初恋ロスタイム』映画化

    映画

     2016年に刊行された、仁科裕貴による小説『初恋ロスタイム』の映画化が決定。俳優の板垣瑞生が初主演し、竹内涼真と新人女優の吉柳咲良が共演する。@@cutter 本作の主人公は、幼い頃母親を病気で亡くした経験から、諦め癖がついて無気力な日々を送る浪人生・相葉孝司。孝司はある日、世界の人、モノ、車などあらゆるものが突然静止する、という不思議な現象に遭遇する。時刻は12時15分。授業中だった孝司だけがなぜか動くことができ、学校を出て街に繰り出すと、自分のほかにもう1人動くことのできる少女・篠宮時音に出会う。やがて2人は、毎日12時15分に1時間だけ起きる、その不思議な時間を“ロスタイム”と名付けて楽しむようになる。しかしその“ロスタイム”には、ある秘密が隠されていた…。  主人公の孝司を、ボーカルダンスグループM!LKのメンバーで、映画デビュー作『ソロモンの偽証』で日本映画批評家大賞新人男優賞を受賞した板垣が演じる。時音を、第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」で歴代最年少グランプリを獲得した吉柳が担当。“ロスタイム”現象を過去に経験し、この現象の真実を知る医師・浅見一生を竹内が演じるほか、石橋杏奈、甲本雅裕らが脇を固める。映画『俺物語!!』『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』などの青春映画を手掛けてきた河合勇人監督がメガホンをとる。  主演の板垣は「今の時代、好きなものに全力になったり、必死になることってダサイな、だから頑張っても…そんな風に思って頑張る勇気が出ない人がたくさんいると思います。でもこの映画を見て、少しでも今この現実に向き合おうなど…元気が出てもらえればと思います!!」とコメント。  今作が映画デビュー作となる吉柳は「お話をいただいた時、恋する女の子を演じるのは初めてだったのでとてもドキドキでしたが、初めて映画に出演させていただいて、新鮮な気持ちで楽しんで撮影に取り組めました」と感想を語っている。  今作でテレビドラマ『ブラックペアン』以来となる医師役を演じる竹内は「短い日数ではありましたが、フレッシュな2人と刺激のある撮影をすることができました」と撮影を振り返る。続けて「今回の作品は、“もしも高校時代に時間が止まって、止まった世界で運命の人と出会ったとしたらどうなるんだろう?”と想像しながら見て頂くとすごく感情移入できるかなと思います」とメッセージを寄せている。  映画『初恋ロスタイム』は9月全国公開。

  • 竹内涼真

    竹内涼真、世界王者・井上尚弥との2ショット 「予想外で最高」とファン歓喜

    エンタメ

     俳優の竹内涼真が6日、自身のインスタグラムにて、ボクシング世界王者・井上尚弥との2ショットを投稿。2人の意外な関係も明かしており、ファンからの大きな反響を呼んでいる。@@cutter 写真の中の竹内が肩を組み、仲良さそうにほほ笑んでいるのは、現WBA世界バンタム級チャンピオンで、日本人選手では5人しかいない世界3階級制覇を達成した井上。竹内は井上について「実はね同い年なの そして地元が近いの 昨日の肉会は最高だった」とコメント。井上は芸能事務所「ホリプロ」とマネジメント契約を結んでおり、竹内も同事務所に所属。その共通点こそ知られていたが、同い年であり地元が近いという新事実が明かされ、「最強の2人組」と称賛するファンが相次いだ。  コメント欄には「大好きな2人のツーショット出てきて心臓バクバクしてます」「予想外で最高な組み合わせ!」などの歓声や「私も肉会参加させて~」「肉会楽しそう」といった羨む声が多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/takeuchi_ryoma/

  • 竹内涼真

    本当に竹内涼真!? ムキムキの肉体にファン大騒ぎ「涼真くんに見えない」

    エンタメ

     俳優の竹内涼真が5日、自身のインスタグラムで、ムキムキの上半身を披露。鍛え抜かれた肉体にファンからは「マッチョになってる!!」「いつの間にそんな身体に」といった驚きの声が集まっている。@@cutter 竹内は自身がCMに出演しているトレーニングウエアブランド「ミズノトレーニング」のハッシュタグを添えて、トレーニングルームと思しきロケーションでの自撮り写真を投稿した。トレーニング器具に腰掛けた竹内は上半身裸の状態で、その筋骨隆々とした肉体を惜しげもなく披露している。  これまでにも、自身のインスタグラムでトレーニング風景をアップしたことがある竹内。その肉体は、これまでのトレーニングの成果がありありと分かるものとなっている。  ファンからは、竹内が披露した肉体に対して「かっこよすぎ」といった称賛の声のほか、「まって!涼真くんに見えない」「かなり筋肉マッチョになってる!!」「え?!筋肉すごすぎ、、!いつの間にそんな身体に、、」「やば!ムキムキすぎ!」といった驚きの声も多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/takeuchi_ryoma/

  • 『センセイ君主』の衣装展示中! ※SHIBUYA TSUTAYAにて2019年1月29日(火)~2月4日(月)まで

    『センセイ君主』竹内涼真&浜辺美波が実際に着用した衣装を期間限定展示!

    映画

     竹内涼真がクールでヒネクレ者の高校教師・弘光を演じ、浜辺美波がちょっぴりおバカだけど、恋に恋するパワフルヒロイン・あゆはを演じた爆笑必至のラブコメディ『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDが明日(1月30日)発売となる。発売を記念して、映画で実際に着用した衣装をSHIBUYA TSUTAYAにて期間限定で展示。弘光先生とあゆはの衣装が仲良く並んで展示されており、ファンにはたまらない光景となっている。@@cutter 「ヒロイン失格」の幸田もも子による人気コミックスを『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川 翔監督がメガホンをとり実写映画化した本作。主題歌は若い女性に圧倒的な人気を誇るTWICEが担当し、佐藤大樹(EXILE)、川栄李奈、新川優愛ら旬な若手俳優たちの共演も話題となった。  この度、本作のBlu‐ray&DVD発売を記念して本日(1月29日)よりSHIBUYA TSUTAYAにて、映画で実際に着用した衣装を期間限定で展示。竹内が演じた弘光先生のスーツと浜辺が演じたあゆはのセーラー服が見られる貴重な展示となっている。さらに、代官山蔦屋書店でも、同期間中に弘光先生のハンコセットやあゆはの“LOVEノート”など小道具が展示されており、こちらもファン必見の展示となっている。 @@insert1  1月30日に発売となる本作のBlu‐ray、DVD 豪華版には、主演・竹内×ヒロイン・浜辺によるビジュアルコメンタリーに加え、クランクインからクランクアップまでを追ったメイキング映像や、完成披露、初日舞台挨拶、大ヒット公開後イベント等のイベント映像集、TWICE、キャストのダンス練習映像を収めた特番など、ここでしか見ることのできない貴重な映像特典が満載となっている。さらに、映画本編で使用したLOVEノートを縮刷し、フォトを詰め込んだ62ページに及ぶブックレットも封入されている。 @@insert2  衣装展示は、SHIBUYA TSUTAYAにて1月29日(火)~2月4日(月)まで、小道具展示は、代官山蔦屋書店にて1月29日(火)~2月11日(祝・月)までとなっている。映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDは、1月30日(水)発売。

  • (左から)佐藤健、竹内涼真

    佐藤健に竹内涼真も! 「カッコイイ平成仮面ライダー俳優」ランキング

    エンタメ

     「1番カッコイイ平成仮面ライダー俳優は誰か?」ランキングで、俳優の佐藤健が1位に輝いた。2位にはオダギリジョー、3位には竹内涼真が続いている。@@cutter 今回の結果は、ランキングサイト「ランキングー」が、「1番カッコイイ平成仮面ライダー俳優は誰か?」というテーマのもと、10代~30代の男女3523人に大して実施した調査に基づくものだ。  イケメン俳優の登竜門に位置付けられる『仮面ライダー』シリーズ。平成に放送されたシリーズにおいて「1番カッコイイ」の称号を手に入れたのは、『仮面ライダー電王』で野上良太郎/仮面ライダー電王を演じた佐藤健となった。佐藤は2018年もNHK連続テレビ小説『半分、青い。』やドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)、映画『いぬやしき』などに出演し、大活躍だった。  第2位は、2000年に放送された『仮面ライダークウガ』で五代雄介/仮面ライダークウガを演じたオダギリジョー。第3位は『仮面ライダードライブ』で泊進ノ介/仮面ライダードライブを演じた竹内涼真。第4位は『仮面ライダーフォーゼ』で如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼを演じた福士蒼汰だった。  続く第5位は、『仮面ライダーカブト』で天道総司/仮面ライダーカブトを演じた水嶋ヒロ。第6位は『仮面ライダーフォーゼ』で朔田流星/仮面ライダーメテオを演じた吉沢亮。第7位は『仮面ライダーW』でフィリップ/仮面ライダーWを演じ、歌手としても活躍中の菅田将暉となった。  第8位は『仮面ライダーキバ』で紅渡/仮面ライダーキバを演じた瀬戸康史。第9位は『仮面ライダー鎧武/ガイム』で呉島光実/仮面ライダー龍玄ほかを演じた高杉真宙。そして第10位には、『仮面ライダービルド』で桐生戦兎/仮面ライダービルドを演じた犬飼貴丈がランクインしている。

  • 『センセイ君主』2019年1月30日(水)Blu‐ray&DVDリリース

    竹内涼真の“羽生結弦脱ぎ”は家族も絶賛! 浜辺美波と『センセイ君主』撮影裏話を語る

    映画

     幸田もも子による人気コミックスを『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川 翔監督が実写映画化した『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDが1月30日に発売となる。発売に先駆け、豪華版の特典となるビジュアルコメンタリーの一部が公開。劇場公開時に話題となった浜辺美波の“金八先生モノマネ”や、竹内涼真がジャージを“羽生結弦脱ぎ”するシーンの裏話が明かされている。@@cutter クールでヒネクレ者の高校教師・弘光(竹内)と、恋に恋するパワフルヒロイン・あゆは(浜辺)のちょっぴり“禁断の恋”をハイテンションでコミカルに描く本作。主題歌は若い女性に圧倒的な人気を誇るTWICEが務めた。  この度、Blu‐ray&DVDリリースに先駆け、豪華版に収録される<ビジュアルコメンタリー「教えて弘光先生!放課後補習編」>の一部が公開。竹内と浜辺が本編を見ながらテーマに沿って撮影を振り返る映像となっており、あゆはが金八先生のモノマネをするシーンが映し出されると浜辺は「何度も練習した」と話し、「(映画の宣伝で)ほかの場所でもやってみたけど、この時が一番似ていた」と振り返る。これに竹内も「うん、一番似ていた」と賛同していた。  このシーンは、クールな弘光先生がそのモノマネを見て、思わず吹き出しメガネをはずして笑う“胸キュンシーン”にも注目なのだが「劇場に観に行った時、(観客の女性たち)みんなここ、“はぁっ”って声出てましたよ」と浜辺が教えると、竹内は照れながら「メガネ外すのってここだけかなぁ」とごまかしていた。 @@insert1  さらに、公開当時も話題となった弘光先生がジャージのジッパーを口と片手を使って開けるしぐさのシーンになると浜辺は「出た!“羽生結弦さん開け”!」と盛り上がる。竹内も「ここ、唯一妹に褒められたところ。アニキだけど、ちょっと良いと思ったって言われた」と明かした。このほかにも、撮影の裏話や、演技プラン、お気に入りのシーンなどが語られており、貴重な映像となっている。  Blu‐ray、DVD豪華版には、ビジュアルコメンタリーに加え、クランクインからクランクアップまでを追ったメイキング映像や、完成披露、初日舞台挨拶、大ヒット公開後イベント等のイベント映像集やTWICE、キャストのダンス練習映像を収めた特番など、ここでしか見ることのできない貴重な映像特典が多数収録されている。さらに、映画本編で使用したLOVEノートを縮刷し、フォトを詰め込んだブックレット(62ページ)も封入されている。 @@insert2  映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDは、2019年1月30日(水)発売。

  • 『下町ロケット』主演の阿部寛

    『下町ロケット』特別編 敵と味方を超えた“総力戦”に視聴者大絶賛

    エンタメ

     阿部寛が主演を務めるドラマ『新春ドラマ特別編「下町ロケット」』(TBS系)が2日に放送され、農業の未来のために、敵と味方を超えて力を結集させる展開に、視聴者から「こういう下町ロケット見たかった」「熱い!!」「拍手ーっ!」などのツイートが殺到した。@@cutter 本作は、昨年12月に最終回を迎えたドラマ『下町ロケット』の特別編で、劇中には第1章「ゴースト編」、第2章「ヤタガラス編」に出演したキャストが再登場して、その後の物語を描いた。 ※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  日本列島に大型の台風が接近。台風は、稲刈りを控えた殿村(立川談春)がすむ北陸の燕市へ。佃(阿部)たちは台風から殿村家の稲を救うため燕市へ急行する。殿村と佃たちは暴風雨の中、ランドクロウを使って稲刈りを決行。作業が進む殿村家の田んぼに、それまで農業法人を巡り殿村と反目しあっていた稲本(岡田浩暉)が現れ、コンバインを貸してほしいと懇願。殿村は農家仲間を救うために快くコンバインを貸し出し、佃たちも稲本を手伝うことに。この展開に対してSNS上は「総力戦、こういう下町ロケット見たかった」「総力戦というか協力戦というか、熱い!!」「殿村さんの男気に泣きました」などの反響が。  さらにそこへ複数のランドクロウを引き連れた帝国重工のキャラバン隊が登場。指揮を取る財前が佃たちの前に姿を表し「ランドクロウの真価が試される時です!」と言い放つ。農家のピンチを救いにやってきた財前に対してネット上は「来た来た財前さん!」「めちゃくちゃカッコいい」「財前さん!!カッコよすぎる!!」などのツイートが多数寄せられた。  暴風雨の中、無事に稲刈りを終えた一同。同業者のために協力を惜しまなかった殿村の姿に感化された佃は、ダーウィンの不具合が相次ぎリコール寸前の窮地に立たされたギアゴーストの伊丹(尾上菊之助)に対して、自社の特許技術使用に関するライセンス契約を申し出る。涙を流し感謝する伊丹に対して佃は「あなたたちを信じた人を裏切るな…これから一緒に頑張ろうや」と激励。このシーンに対して視聴者からは「佃社長、いい社長だよね」「拍手ーっ!」「ドラマはこれでいい!」「全員が一つになって、救いたいという気持ちになる結末に涙」などの絶賛の声が殺到した。

  • (左から)竹内涼真、有村架純、向井理

    有村架純、竹内涼真、向井理…人気女優&俳優の“神対応”

    エンタメ

     いいことも悪いことも瞬く間に拡散されるSNSの時代。俳優たちも戦々恐々という状況だが、拡散されるのがポジティブな情報なら、これ以上の宣伝はない。何しろ、無料でいい噂が周知されるのだから。これからの芸能活動は、インターネットを無視できなくなってきた。そんな中でも、ファンへの対応が良い“神対応”ぶりに定評のある俳優たちをクローズアップしてみた。@@cutter■ 吉川晃司、非公開でボランティア活動 コメントでも”大人の対応”  最終回を迎えた『下町ロケット』(TBS系)では、帝国重工の財前部長役が評判の吉川晃司。ドラマでは佃製作所の佃航平(阿部寛)の熱いエンジニア魂に打たれて佃と友情のコンビを組むが、吉川本人も熱い気持ちの持ち主のようだ。2011年の東日本大震災の際も被災地に赴き、テントを張ってのボランティア活動を非公表で行っていたが、今年7月の西日本豪雨でも、現地入りしてボランティア活動に従事。今回もSNSなどで自ら発信することはなく、一切を非公開としていた。  しかし、現地での活動の様子が目撃情報とともにネット上に流出、「公表せずにボランティアに行くとは素晴らしい」と話題になった。これを受け吉川は、自身の会員制モバイルサイトで「マスコミ同伴で炊き出しするもよしじゃない? 被災地の状況を発信しながら関わるもよしじゃない? 人それぞれ思う形は違うしね」とコメントを発表。公表しつつボランティアをしている人たちにも配慮のみられる大人の対応で、大事なのは人を助ける活動をすることであって公表するか否かは本質とは無関係との考え方を伝えた。また、自分が公表しないのは、チャンスがあれば何度も足を運んで役に立ちたいので、混乱を招かないための方策だったことも明かしている。 ■ 竹内涼真は心もイケメン ファン1500人、5時間のイベントで笑顔絶やさず  同じ『下町ロケット』で佃製作所の若き技術者・立花洋介を演じた竹内涼真も、“神対応”が話題になる1人だ。一般の人たちと触れ合えるイベントが大好きと公言する竹内だが、昨年の写真集発売時には抽選に当たった1500人のファンが会場へつめかけた。これだけの人数としっかり握手を交わすのは重労働だが、竹内は一人ひとりの目を見ながら終始その場を楽しみ、握手をしていたという。  また、前年のカレンダー発売時のイベントではハグのサービスもあり、5時間という長丁場になったが、ファンを喜ばせる前に自分が本気で交流を楽しんでいることが、気持ちの伝わるポイントなのだろう。イケメンは心もイケメンということか。 ■ 向井理「立ってますね」 とっさの行動にファン感激  最近、ファンへの神対応ぶりがニュースになったのが向井理。11月に大阪で開かれた主演ドラマ『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』(WOWOWプライム)のトークショーに登壇した向井は、河毛俊作監督と共にあいさつをすませると、MCから着席を促された。  ところが、後ろのほうの客席からは向井の姿が見えなかったらしく、つめかけたファンの落胆ぶりをいち早く察した向井は、「見えないんですよね? じゃあ、立ってますね」と、着席せずに立ったままで約30分間のトークショーに臨んだのだ。この優しさにはその場にいたファンは全員が感激した様子だったとか。 ■ 有村架純 明石家さんまも絶賛した東大生への神対応  ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で教え子との禁断の愛に走る教師役が話題になった女優・有村架純も、“神対応”を心がけているようだ。9月17日放送の『さんまの東大方程式』(フジテレビ系)にゲスト出演した際には、東大生の無茶ぶりに笑顔で対応した。MCの明石家さんまが東大生たちとトークを繰り広げる人気番組だが、このときは東大法学部の学生が記者になって芸能人に突撃リポートする企画で、有村がターゲットに選ばれた。  ところが、この学生の空気を読まないマイペースぶりにネット上の視聴者の反応は引き気味。特技というモノマネを披露するも、さんま以下、スタジオの面々も呆れ気味に。そんな中、有村は満面の笑顔で「似てました!」とポジティブなコメントをして、学生をフォロー。気を良くした学生は、ますます暴走ぶりを発揮してしまうことになったが、終始、有村はフォローを入れる神対応で、学生も番組も支えきった。これにはMCのさんまもべた褒め、ネット上も「架純ちゃん天使!」など、有村を絶賛するコメントであふれ返っていた。(文:志和浩司)

  • 竹内涼真

    竹内涼真、イモトアヤコら『下町ロケット』の3人がファッション誌に!?

    エンタメ

     俳優の竹内涼真、お笑い芸人で女優のイモトアヤコ、女優の朝倉あきが26日、ドラマ『下町ロケット』(TBS系)公式インスタグラムに登場。ファッション誌風にキメたショットが話題を呼んでいる。@@cutter 23日に最終回を迎えた『下町ロケット』の新シリーズ。主人公・佃航平(阿部)が経営する町工場・佃製作所の奮闘を描いた物語の中、竹内、イモト、朝倉の3人は佃製作所の社員を演じていた。  来年1月2日には佃製作所のその後を描く完全新作の「新春ドラマ特別編」が放送されるとあって、告知のための投稿のようだが、キャプションに「ふつうに写真を撮ろうとしたら なぜかめちゃくちゃキメてたので ファッション誌風にしてみました」とあるように、何故か作業着のまま陶酔気味にかっこよくキメる3人の姿が。  「#スタッフ遊びだす」とハッシュタグが添えられているとおり、「TSUKUDA PRIDE」「ROCKET QUALITY」「VALVE SYSTEM」といったゆかりの単語までムダにかっこよく配置された写真3枚に、ファンから「作業着なのにかっこよすぎる」「その作業着ほすぃ~~」と大反響。「ノリノリですやん」「いいぞ。チーム佃!!」「スペシャル楽しみ!」といったコメントもあった。 引用:https://www.instagram.com/rocket_tbs/

  • 竹内涼真

    竹内涼真、弟との2ショットに反響「目がそっくり」

    エンタメ

     俳優の竹内涼真が21日、自身のインスタグラムに弟との2ショット写真を投稿。ファンから「目がそっくり」「そっくり!仲良し兄弟」と反響が寄せられた。@@cutter 竹内は、「最近懐いてんな...嬉しいぞ弟よ。ありがとよ」とのコメントと共に弟との2ショット写真を投稿。穏やかな表情でカメラを見つめる竹内の後ろで、笑顔を見せる弟の姿。竹内は以前、自身がゲスト出演するバラエティー番組の中で弟と妹を紹介しており、その“美男美女”ぶりがネット上で話題になっていた。  弟とのリラックスした雰囲気の2ショット写真に、ファンからは「似てる」「そっくり!仲良し兄弟」「目がとってもそっくりですね!」などの投稿が殺到。さらに弟に対して「かっこいい!」「弟さんもイケメン」などのコメントも多数寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/takeuchi_ryoma/

  • 高畑充希

    高畑充希 独特すぎるインスタへのこだわりに大泉洋「バカじゃないの!?」

    エンタメ

     女優の高畑充希が19日、『今夜くらベてみました』(日本テレビ系/毎週水曜21時)2時間スペシャルに出演。高畑が披露したインスタグラムの投稿へのこだわりに、大泉洋が「なんのためにインスタグラムやってんのよ!?」とツッコミを入れる一幕があった。@@cutter この日の番組には高畑のほか、映画『こんな夜更けにバナナかよ』で共演した大泉と三浦春馬も出演。「トリオ THE 大泉洋と大泉洋が面倒くさい男と女」をテーマにトークを展開した。  “自分で面倒くさいと思う瞬間”というトークテーマに対して「ハッシュタグ」と答えた高畑。彼女は自身のインスタグラムに写真とあわせて投稿する“ハッシュタグ”にこだわりを持っているそう。通常は検索されやすい単語をハッシュタグとして投稿するところ、高畑は“いかに1件しかないハッシュタグをつけるか”を考えているとのこと。ハッシュタグへの独特すぎる信念を説明した高畑は「どうしよう…大泉さんに怒られる…」と怯えた表情でおどけてみせ、スタジオの笑いを誘った。  スタジオには、実際に高畑が投稿した写真とハッシュタグがボードになって登場。高畑が筋トレを始めたときに撮影した記念写真と、そこに添えられたハッシュタグ“#特にananで脱ぐ予定はないけど。笑”を見た大泉は、ふざけた調子で「なんのためにインスタグラムやってんのよ!? バカじゃないの!?」と強烈なツッコミを浴びせ、スタジオは爆笑に包まれた。  その後、VTRゲストとしてドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)で共演した竹内が登場。ドラマ撮影中に竹内と高畑でバラエティー番組に出演した際、彼女が“端が好き、隅っこが好き”とスタジオで発言していたのを覚えていた竹内。スペシャルドラマの撮影で再び2週間一緒に過ごしたものの、彼女は全然端っこにいないどころか、控え室では常に真ん中にいる様子。そんな彼女の発言に竹内は「バラエティー向けの嘘なんじゃないか? っていう…」と笑ってみせると、スタジオの高畑らも大笑い。  さらに高畑の素顔として“寝落ちまでのスピードと寝方が独特”を挙げた竹内。高畑が楽屋に置いてあったカブトムシが入った虫かごを眺めながら、そのまま寝てしまったというオドボケエピソードも披露していた。

  • 竹内涼真、“ペン回し”に苦戦「人生で一番難しいこと」

    竹内涼真、ペン回しに苦戦… 浜辺美波は色仕掛けに挑戦!『センセイ君主』メイキング映像公開

    映画

     竹内涼真演じるクールでヒネクレ者の高校教師と、浜辺美波演じるちょっぴりおバカだけど、恋に恋する女子高生あゆはが織りなすラブコメディ『センセイ君主』のBlu‐ray&DVD発売に先駆け、豪華版に収録されるメイキング映像の一部が解禁。ペン回しに苦戦する竹内や、色仕掛けのコスプレに挑戦する浜辺の姿などが映し出されている。@@cutter 本作は、「ヒロイン失格」などの作品で知られる幸田もも子による同名人気コミックスを、『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川 翔監督が実写映画化した作品。“冷たいセンセイ”と“熱いヒロイン”のちょっぴり“禁断の恋”をハイテンションでコミカルに描く。  今回公開された映像は、2019年1月30日に発売となる本作のBlu‐ray&DVD 豪華版に収録されるメイキング映像の一部。クランクイン当日から、クランクアップまでを追った、ファンならずとも必見の貴重な映像となっている。高校教師・弘光を演じた竹内は、本作でピアノ演奏や合唱の指揮、フランス語など様々なことに挑戦しているが、その中で「人生で一番難しいこと」と苦戦したのがペン回し。アウトドア派の竹内が練習のため「1年半ぶりくらいに休みの日に家から一歩も出なかった」と明かしている。  また、ヒロイン・あゆはを演じた浜辺が、豊満なボディを装うため胸にボールを入れたり、濃い化粧を施し、弘光先生に色仕掛けをするシーンも映し出されており、浜辺の姿に竹内や監督、スタッフらが大爆笑。浜辺は「笑ってくださるのが本当に嬉しくて、次ももっとやってやろう!と思いましたし、ずっと笑わせ続けたいなと思っちゃいました」と振り返っている。クランクアップの際は、共演者の川栄李奈、佐藤大樹も駆けつけ竹内と浜辺に花束をプレゼントしている。 @@insert1  この他にも、竹内が合唱の指揮を練習している姿や、浜辺の変顔を始めとする全力のコミカル演技の撮影風景など、見どころ満載のメイキング映像となっている。  映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDは、2019年1月30日(水)発売。Blu‐ray&DVD同時レンタル開始。 @@insert2

  • (左から)永野芽郁、田中圭

    永野芽郁と田中圭が1位! 今年ぐんぐん成長した“出世魚女優・俳優”

    エンタメ

     女優の永野芽郁と俳優の田中圭が「今年一番の出世魚女優・俳優」ランキングで1位に輝いた。2位には竹内涼真、新垣結衣らが名を連ねている。@@cutter 今回の結果は、マルハニチロ株式会社が2018年10月25日~10月27日の3日間で、全国の15歳~59歳の男女に対し、「今年の食生活に関する調査」をインターネットリサーチを実施。その中でも「魚」に紐づけ、「ぐんぐんと成長し、飛躍を遂げる『出世魚』のイメージに合う芸能人は誰か」という質問に対し1000名の回答を集計した結果に基づくもの。  回答者1000名に聞いたところ、「今年一番の出世魚女優」の1位は、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロイン鈴愛を演じ、一躍その名を轟かした永野となった。2位は新垣、3位は浜辺美波、4位は吉岡里穂、5位には波留がランクインしている。  また、「今年一番の出世魚俳優」の1位は『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)での熱演が話題となった田中だった。2位は竹内、3位は菅田将暉という結果に。また、4位に高橋一生、5位には吉沢亮と、ドラマ、映画ともに活躍を見せる俳優がランクインする結果となっている。

  • 映画『名探偵ピカチュウ』製作報告会見にて。左からロブ・レターマン監督、竹内涼真、ジャスティス・スミス、キャスリン・ニュートン

    竹内涼真、実写映画『名探偵ピカチュウ』で声優に初挑戦「久々にドキドキ」

    アニメ・コミック

     俳優の竹内涼真が29日、都内で行われた映画『名探偵ピカチュウ』製作報告会見に出席。同映画で日本語吹き替えに初挑戦する竹内は「心からうれしいです。久々にドキドキしています」と笑顔を浮かべた。@@cutter 見た目はキュートだが中身は“おっさん”のピカチュウの声を演じたのは、『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズ。ピカチュウに父親探しを依頼するティムをジャスティス・スミス、父親探しに協力するルーシーをキャスリン・ニュートンが演じる。ティムの日本語吹き替えを担当する竹内のほか、ジャスティスとキャスリン、そしてロブ・レターマン監督が会見に臨んだ。  ポケモン世代という竹内は「まさか実写化するとは思っていなかった」と言い、「いつかピカチュウと一緒の世界で会えたらいいと思っていたのでオファーがあってすごくうれしい。予告を観てすごい映画になると思った。心からうれしいです。久々にドキドキしていますね」と大喜び。解禁された映像を観て「最高ですよ。街中にポケモンがいるんですよ。そんなうれしいことない。どうやって撮影しているんだろう」と興奮気味に語った。  子どもがポケモン好きということもあり「オファーを快諾するのは簡単な決断だったよ」というレターマン監督。映画は今年1月から5月にロンドンで撮影され、現在は編集中。レターマン監督は滞在先のホテルでも作業を進めている。作品について聞かれたレターマン監督は「それぞれのポケモンらしさを抜き取ってCGを作ることに時間を掛けている。これまで手がけた中で1番難しい作品だ」と苦労を吐露しつつ、「映画はアメージングで素晴らしい作品になる。僕自身も楽しみながら作っているので皆さんも楽しんでほしい」とファンに呼びかけた。  竹内がジャスティスに「映画は幅広い人が観ると思う。吹き替えするのは責任重大。だからこそ、ティムを演じる上でアドバイスがあれば教えて」と質問するひと幕も。ジャスティスは「注意しなくてはいけないのは、いいところは全部ピカチュウに持っていかれるってことだよ」と笑わせながら、「ティムは過去にいろいろあったシニカルなキャラ。ドライな性格なのでピカチュウとの対比があればあるほど面白い」と助言した。  竹内は「吹き替えをやるのは不安があるので今の言葉をもらって支えになる。より頑張ろうと思った」と言い、ジャスティスから映画の台本を受け取った。  映画『名探偵ピカチュウ』は2019年5月全国公開。

  • 竹内涼真

    竹内涼真、ヤスケンの肩で眠る仲良しショットにファン「寝顔が天使」

    エンタメ

     俳優の竹内涼真が24日、ドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)で共演する安田顕の肩を借りて眠る2ショット写真を自身のインスタグラムに投稿。ファンから反響が寄せられている。@@cutter 『下町ロケット』では、佃製作所の先輩後輩を演じている2人。今回の投稿で竹内は、安田と身体を寄せ合って眠る2ショット写真を披露。「先輩…どんな目してるんですか…」という竹内のコメントに案内され投稿の2枚目の写真をめくると、そこには先ほどと同じ体勢だが、安田だけ目を開けており、何とも言えない目線をカメラに向けている姿が写っている。  安田の肩で眠る竹内の寝顔には、「涼真くん…なんて愛しい顔してるんですか…」「寝顔やばい」「かわいい涼真くん」「涼真くん! 少年のような寝顔天使すぎる」など、癒されるファンが続出。さらに「やすけんさんに隣譲って欲しい」「先輩になりてえ」など安田をうらやましがる声や、「お疲れさまです~~」「撮影頑張ってください」とねぎらいのメッセージも数多く寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/takeuchi_ryoma/

  • 「GQ MEN OF THE YEAR 2018」授賞式・記者発表会にて

    浅田真央、DA PUMPと『U.S.A.』ダンス「本物の方と一緒に踊れるなんて」

    エンタメ

     今年、圧倒的な活躍を見せた男たちを称える「GQ MEN OF THE YEAR 2018」授賞式・記者会見が21日、都内にて行われ、俳優の竹内涼真、田中圭、DA PUMP、千鳥ら“今年の顔”が登壇した。そんな中「GQ WOMEN OF THE YEAR」として、唯一女性で登壇したのがプロスケーターの浅田真央。ステージでは、今ハマっているという「『U.S.A.』ダンスのコツを教えて」とDA PUMPにリクエストし、ISSAのレクチャーで一緒にダンス。「すごかったです! 本物の方と一緒に踊れるなんて」と感激の表情を見せた。@@cutter 浅田の『U.S.A.』ダンスを見たISSAは「バランスもいいし、ダンスも上手」と絶賛。千鳥のほか、参加する予定ではなかった田中や竹内も嬉しそうにU.S.A.ダンスを踊っていた。  「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー賞」に選ばれた田中は「『おっさんずラブ』という作品がたくさんの方々をブレイクスルーさせたので、これからこの賞に恥じないような俳優になっていきたいと思います」と意気込みを語った。  また「アクター・オブ・ザ・イヤー賞」に選ばれた竹内は、来年やってみたいこととして「僕には親戚がたくさんいるんですけど、お仕事をたくさんさせてもらっていることもあり、『最近あまり来ない』とクレームが入っています。だから大家族を旅行に連れていきたいです」と爽やかに語った。  そんなイケメン2人に「コメディアン・オブ・ザ・イヤー賞の千鳥が「かっこ良くない意外な一面を教えて」とリクエスト。竹内が涼しい表情で「見つからないですね」と言うや否や、千鳥ノブが「やかましい! すごい自信やな」とツッコミ。笑いながら竹内が「物をよくなくすし、寝ながらよだれも垂れ流すし…」と意外な面を語ると、田中は「ものを勘違いして覚えてること。『必殺』シリーズの“中村主水(もんど)”を“ボンド”と覚えていました」と話し、場内の笑いを誘った。  なお授賞式には美輪明宏、リリー・フランキー、辻一弘も登壇した。また当日は欠席だったが、映画監督の是枝裕和、プロ車いすテニスプレーヤーの国枝慎吾も同賞に選ばれた。

  • 『センセイ君主』2019年1月30日(水)Blu‐ray&DVDリリース! Blu‐ray 豪華版(5800円+税)DVD 豪華版(4800円+税)、DVD 通常版(3500円+税)

    竹内涼真&浜辺美波が撮影秘話を語る!『センセイ君主』コメンタリー収録レポート到着

    映画

     2019年1月30日にBlu‐ray&DVDがリリースとなる映画『センセイ君主』。先日、Blu‐ray&DVD 豪華版に収録されるビジュアルコメンタリーの収録が行われ、竹内涼真と浜辺美波が、作品を観ながら撮影当時の裏話や、初めて明かす演技プラン、お気に入りのシーンなどを語り合った。@@cutter 本作は、「ヒロイン失格」の幸田もも子による人気コミックスを『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川 翔監督が実写映画化したラブコメディ。イケメンで頭脳明晰だけど冷徹でヒネクレ者の高校教師・弘光を竹内涼真が演じ、ちょっぴりおバカだけど、恋に恋するパワフルヒロイン・あゆはを浜辺美波が演じる。主題歌は若い女性に圧倒的な人気を誇るTWICEが担当した。  本作のBlu‐ray&DVD 豪華版には、竹内×浜辺によるビジュアルコメンタリーに加え、メイキングやイベント映像集、さらにTWICE、キャストのダンス練習映像を収めた特番など、ここでしか見ることのできない貴重な映像特典が満載となっており、先日、ビジュアルコメンタリーの収録が行われた。  このビジュアルコメンタリーは、劇場公開時に竹内がパーソナリティを務めたWEB公式ラジオ「教えて弘光先生!」の特別版“放課後補習編”としており、ラジオ収録風のセットで、2人が向き合って語る珍しい形で行われた。テーブルを挟んで座っている姿は、“センセイ”と“生徒”の様でもあり、作品での関係を彷彿とさせる。  冒頭で竹内がWEBラジオと同様に、ハイテンションでタイトルコールを叫び、おなじみの歌「みんな知りたい~、弘光先生も知りたい~」と歌い始めると、浜辺も合わせて手拍子を始めるなど、ノリノリでスタート。<はじめて><印象的なシーン><三角関係>など、シーンごとにテーマで括り、そのテーマに沿った話が繰り広げられた。  また、本編全体で見せる浜辺の“変顔”や“変な動き”に竹内が「やばい」「すごい」「これほんと笑った」と細かく触れており、あるシーンでは「この顔が一番ヒドイんじゃない」と竹内が指摘すると、浜辺も「もう般若ですね」とコメント。このシーンがどこかは、是非、特典映像で確かめて欲しい。  ほかにも、弘光先生の家として撮影された場所は、実は竹内涼真がCMキャラクターを務める「薬用ビューネ」のテレビCMを撮影した場所と同じだったことや、その弘光先生の家でのシーン撮影当時、実は浜辺は体調を崩していたことなど、お互いに知らない裏話など、ここでしか聞けない貴重な話も数々飛び出した。  作品にちなみ、高校生活について話が及ぶと、来年高校を卒業する浜辺は「私は高校にはあと、30日くらいしか登校しなくて良いんですって」としみじみ明かす。すると、竹内は「高校生活も楽しいけれど、二十歳超えてからももっと楽しくなるよ」とアドバイス。まるで“センセイ”と“生徒”の様なやり取りが見られた。  収録を終えて、竹内は「『センセイ君主』(の撮影)楽しかったなーと思うし、夏はずっと宣伝活動したり、思いも強い分、改めて見るとすごく幸せな気持ちになりました。みんなで頑張ってプロモーションしてよかったなって思う」と作品に関するこれまでのことを振り返ってコメント。また、浜辺は「私も本当に楽しかった。見ていて盛り上がるシーンも多いし、この映画は皆んなでワイワイ話しながら見てもらっても面白く感じられる映画だと思う。声出してもっと笑ったり、いろいろ気づいたこをみんなで話しながら見てもらいたいなと思いました。私ももう1回みんなで集まって見たいと思います」と話した。  最後にファンに向けて「売り切れになると思いますので、予約はお早めに(笑)」と竹内がちゃめっ気たっぷりのコメントを話すと、浜辺も負けずに「皆さん、1本でいいんですか? 2本、3本、豪華版(購入)お待ちしております!」とストレートな言葉でPR。竹内を始め、スタッフ皆の笑いを誘っていた。  映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDは、2019年1月30日(水)発売。Blu‐ray&DVD同時レンタル開始。 @@insert1

  • 土屋太鳳

    『下町ロケット』土屋太鳳がぴょんとジャンプする作業着姿がかわいい

    エンタメ

     ドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の公式インスタグラムが18日、公式インスタグラムに土屋太鳳がジャンプをする動画をアップ。そのかわいさが話題となっている。@@cutter 本作は、2015年10月期に放送されて人気を博した『下町ロケット』の新シリーズ。主人公で町工場「佃製作所」を経営する佃航平(阿部寛)と仲間たちが、新たな挑戦に乗り出す様子を描く。土屋は佃航平(阿部)の娘であり、帝国重工に勤め新型エンジンの開発に関わる佃利菜役を演じる。  「#ヤタガラス編 のスタートは明日!やっと利菜&立花がご対面」というコメントとともに公式インスタグラムに投稿されたのは、土屋と、同じく同作に出演している竹内涼真が並んでいる動画。竹内との身長差を気にして少しでも近づこうと思ったのだろうか、「3、2、1」という掛け声とともに、土屋だけが思い切りジャンプをする映像となっている。その他にもエキストラ募集やファンイベントの開催告知等、盛りだくさんの投稿だ。  コメント欄には、「ジャンプして震えてるたおちゃんが可愛すぎて」といった賞賛が寄せられており、その他にも「二人の対面楽しみだなぁ~」と、映画『青空エール』で共演した二人が別作品で再開することに対し期待を抱く視聴者の声も数多く見受けられた。 引用:https://www.instagram.com/rocket_tbs/

  • 『下町ロケット』で共演する土屋太鳳と竹内涼真

    土屋太鳳&竹内涼真『青空エール』コンビ、作業服姿での再会にファン歓喜

    エンタメ

     日曜劇場『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の公式インスタグラムが、17日新たな投稿をアップ。番組に出演する女優の土屋太鳳と俳優の竹内涼真のツーショット動画を公開した。映画『青空エール』でも共演した2人の並びに、ファンからは「さいこーです!」「可愛すぎかっこよすぎです」と歓喜の声が寄せられた。@@cutter 『下町ロケット』は、18日放送の第6話から「ヤタガラス」編がスタート。その告知とあわせ、劇中で佃製作所の若手技術者・立花洋介役を務める竹内と、佃製作所社長・佃航平(阿部寛)の娘で、帝国重工で新型エンジンの開発に携わる利菜を演じる土屋がついに対面を果たすことが発表された。  投稿された動画は、帝国重工の赤い作業服に身を包んだ土屋と、佃製作所のベージュの作業服姿の竹内が笑顔で並ぶ様子からスタート。すぐに、身長185cmの竹内に並ぼうとしたのか、公称155cmの土屋が思いっきりジャンプをするキュートな様子が収められている。  この投稿にファンからは、即座に「青空エールですね」と2人が共演した2016年公開の映画『青空エール』を挙げるコメントが届いたほか、映画に関連したトランペットと野球のボールの絵文字でコンビ復活を喜ぶ声も寄せられた。ほかにも、「ついについに!!!」「楽しみです」「りなちゃん&立花くんが一緒のシーンにいるんだ」「可愛すぎかっこよすぎです」などの反応が寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/rocket_tbs/

  • (左から)新垣結衣、石原さとみ

    新垣結衣が1位、石原さとみが2位! 「回転寿司デート」をしたい芸能人

    エンタメ

     女優の新垣結衣が「回転寿司デートをしたい芸能人」の1位に輝いた。2位には石原さとみが続いている。@@cutter 今回の結果は、全国で寿司店を展開する株式会社京樽が、11月1日の「すしの日」にちなみ20~59歳の1000人の男女を対象に「すしに関する調査」を実施、回答を集計した結果に基づくもの。  回答者500人の男性に「カジュアルな回転寿司デートをしたい芸能人」を聞いたところ、現在、主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)が話題沸騰中の新垣が1位で、2位には石原が入った。3位には綾瀬はるか、4位が有村架純、5位が吉岡里帆と続いた。2017年のアンケートでも同じく新垣と石原が1、2位を獲得しており、2人の人気の高さが伺えた。  一方女性回答のランキングでは1位が俳優の竹内涼真、2位に菅田将暉、3位に佐藤健、4位に松坂桃李、5位には明石家さんまで、お笑い芸人で唯一のランクインとなっている。

  • 「イケメンだと思う男性芸能人」2位の竹内涼真

    竹内涼真「人生で一番恥ずかしい」 渋谷出没ロケで頭を抱える事態

    エンタメ

     俳優の竹内涼真が、18日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系/毎週木曜20時)に出演し、渋谷の街に出没するロケを敢行。メイドカフェでお立ち台に上がらされ、「人生で一番恥ずかしい」とこぼす事態となった。@@cutter 竹内はこの日、番組恒例の「サプライズ出没ロケ」へ。1年ぶりだという渋谷に現れると、見慣れないファストフードを食べている一般女性に「美味しい?それ」「結構流行ってるんですか?」と気さくに話しかけていた。  だが、彼の周りにはあっという間に人だかりが、ディレクターに「ちょっと1回逃げます」と誘導され、ロケ車に避難。そのディレクターから「全然尺にならないんですよ。もうちょっと歩いてもらわないと。結構オーラ出されてたんで、あれ、なんとかならないですか?」と注意されていた。  時間を空けて、再び街へ。古着屋さんでは、静岡から来た女子高生とその距離50cmで会話。さらには大好きだというチーズ料理店では、茨城から来た中年女性たちと突然、相席に。マダムたちは「なんて肌がきれいなの」「もうヤダ、私自慢しちゃうかも」と興奮気味だった。  だが、このあと、想定外の事態が。竹内を見たという一般人が「渋谷に竹内涼真」とツイッターにつぶやくと瞬く間に情報が拡散。そのチーズ料理店の前には自作のファンボードを持ったファンがいつの間にか集結。店から出てきた竹内に悲鳴という悲鳴があがり、もみくちゃになっていた。  後半では竹内はメイドカフェ初体験。「宇宙から来た」というメイドから“うさ耳”をいきなりつけられたり、「『せーの』って言ったら『萌え萌えきゅーん』と言って、手でハートを作ってください」「メイドちゃん呼ぶときは『にゃんにゃん』て呼んでください」などと決まりごとを言われると、早くもお疲れ気味に。  さらに竹内は、メイドたちにあおられて店内で最も目立つ“お立ち台”へ上がり、他の客も見ている前で踊らされることに。お笑いタレント久本雅美の「よろちくびー」ポーズを決めていたが、「人生で一番恥ずかしい。もう耐えらんない」と頭を抱えるなど、終始振り回されっぱなしだった。

  • 『下町ロケット』第2話場面写真

    今夜『下町ロケット』新規事業を進める佃製作所の前に因縁の相手が…

    エンタメ

     俳優の阿部寛が主演を務める日曜劇場『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の第2話が今夜放送される。今回は、佃製作所の面々が、トランスミッション開発に関する特許侵害訴訟の解決に奔走する姿が映し出される。@@cutter 本作は、2015年の10月期に放送された『下町ロケット』の新シリーズ。主人公・佃航平(阿部)が経営する町工場「佃製作所」の奮闘を描く。  殿村(立川談春)の実家へ行き、『トランスミッション開発』という新たな夢を持った佃。努力の甲斐あって、佃製作所はギアゴーストのコンペで大森バルブに勝利を収めたものの、ギアゴーストがライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘を受け、コンペは白紙になろうとしていた。  特許侵害を指摘したケーマシナリーに話を持ち掛けたのは、佃製作所とも因縁がある弁護士・中川京一(池畑慎之介)だった。これを受け、佃は自社の顧問弁護士・神谷修一(恵俊彰)に相談。すると、予想外な答えが返ってくる。  ギアゴーストに全面協力することにした佃製作所だったが、度重なるトラブルによって、社内には不穏な空気が漂う。果たして、特許侵害訴訟から、ギアゴーストは逃れることができるのか? 新たな挑戦に向けて歩き出し始めた佃たちの動向から目が離せない。  日曜劇場『下町ロケット』第2話は、TBS系にて今夜10月21日21時放送。

  • 竹内涼真

    『下町ロケット』 竹内涼真、作業着で佇む姿に「グラビアみたい」の声

    エンタメ

    ドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)公式インスタグラムが18日、竹内涼真の役衣装となる作業着姿でのショットを投稿。ファンの間で「グラビアみたい」などと話題となっている。@@cutter 「第2話まで、あと4日」という報告から始まった投稿では、「立花くん取材中に便乗して写真撮らせてもらいました」といったコメントとともに、竹内が役衣装を身にまとい、工場内で佇む姿を公開している。  竹内は同作において、佃製作所技術開発部の若手エースとして活躍する立花洋介を熱演。作中の立花は、真正直すぎて冗談が通じないところがあるが、手抜きがなく信頼のできる存在。今回の写真で竹内が見せる真っ直ぐな眼差しは、立花の真面目さが画面に浮き出る様な1枚となっている。  コメント欄には、「作業着なのにグラビアみたい」「作業服姿もカッコいい」「普通に作業着が似合う人っているもんなんですね!(笑)」といった称賛の声が届いているほか、1話の感想や2話への期待の声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/rocket_tbs/

  • 竹内涼真×浜辺美波『センセイ君主』2019年1月BD&DVD発売!

    竹内涼真×浜辺美波『センセイ君主』BD&DVD、2019年1月発売!

    映画

     第41回日本アカデミー賞新人賞を受賞した竹内涼真と浜辺美波が、クールでヒネクレ者の高校教師と、ちょっぴりおバカだけど恋に恋するパワフル女子高生を好演した映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDが2019年1月30日に発売、レンタル開始されることがわかった。豪華版には、竹内×浜辺による豪華ビジュアルコメンタリーのほか、主題歌を担当したTWICEとキャストのダンス練習映像を収めた特番などが収録されており、貴重な映像特典が満載となっている。@@cutter 本作は、「ヒロイン失格」などの作品で知られる幸田もも子原作の人気コミックスを、『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川翔監督が映画化したラブコメディ。  竹内がクールで冷たい数学教師・弘光由貴を演じ、浜辺は変顔を惜しまず、パワフルなヒロイン・佐丸あゆはを熱演。さらに、あゆはに恋心を抱く幼馴染の澤田虎竹役に「EXILE、FANTASTICS」のメンバーの佐藤大樹、あゆはの親友・中村葵役に川栄李奈、弘光の幼馴染で有名ピアニスト・秋香役に新川優愛と旬な若手俳優たちが脇を固める。興行収入は12億円(9月27日現在)を超え、2018年最もヒットしたラブコメディ作品となった。 @@insert1  主題歌は若者から絶大な支持を受けているガールズグループ「TWICE」が担当。“TWICEとキャストが一緒に踊る公式のダンスPV”が公開されると、誰もが真似したくなるようなポップで可愛らしいダンスが拡散され、若者を中心に話題となった。  本作のBlu‐ray&DVD 豪華版には、竹内×浜辺によるビジュアルコメンタリーに加え、完成披露、初日舞台挨拶、大ヒット公開後イベント等のイベント映像集やTWICE、キャストのダンス練習映像を収めた特番など、ここでしか見ることのできない貴重な映像特典が満載となっている。  映画『センセイ君主』のBlu‐ray&DVDは、2019年1月30日(水)発売&レンタル開始。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access