岡本玲 関連記事

  • (左から)岡本玲、小池栄子、りょう

    『わたし旦那をシェアしてた』小池栄子を救うりょう&岡本玲に「スカっとした」の声

    エンタメ

     女優の小池栄子が主演を務めるドラマ『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第2話が11日に放送され、加奈子(りょう)と茜(岡本玲)が晴美(小池)のピンチを救う姿に、SNS上には「カッコいい!!」「スカっとした」などの声が寄せられた。@@cutter 本作は、同じ男性を愛したシングルマザーが“愛した夫”の残した謎と嘘に巻き込まれていく姿を描くミステリー。小池は食品会社の取締役にして12歳の娘を育てる森下晴美に扮し、夫を“シェア”していた2人のシングルマザーをりょうと岡本玲が演じる。  恭平(平山浩行)が亡くなったことで、晴美(小池)、加奈子(りょう)、茜(岡本)の共同生活が始まった。文江(夏木マリ)は、恭平がなぜシングルマザー専用のシェアハウスを運営し始めたのかの理由を突き止めろという課題を与える。そんな中、晴美は元夫の正樹(安井順平)と再会。正樹は娘の沙紀(平澤宏々路)から恭平とのことを知らされ、心配して会いに来たと言うのだが…。  実は、晴美は正樹との結婚生活の中で、度重なるモラハラ行為を受けていた。ある日、些細な親子げんかが原因で沙紀はシェアハウスを飛び出してしまう。追いかけた晴美は、沙紀が正樹と会っているのを目撃。正樹は「ヒドい母親だなぁ…」と沙紀に声をかけ、晴美を見ながら無表情に「母親失格!」と言い切ってしまう。このシーンにネット上には「このモラハラ男ーー!!むかつくーー!!」「この旦那ボコりたい」などの反響が寄せられた。  正樹が晴美を侮辱し続けているところに、加奈子と茜が登場。正樹が「事実婚ってダマされてた人たち?」と2人に声をかけると、加奈子は「私たち、旦那をシェアしてたみたいでーす」と答え、茜は「バカかもしれないけど、アンタみたいな奴には騙されない自身ある~」と応戦。加奈子が正樹に対して「言葉の暴力で女性を追い込むモラハラ男!」と詰め寄ると、茜も加勢し「子どもの前で母親を侮辱する最低な男!」と断罪。  晴美を助けるために立ち上がった2人の姿にSNSには「ライバル二人が助けに来るとは!!」「りょうさんと玲ちゃんが正義のヒーローに見えた」「みんなカッコいい!!」「スカっとしたわ」などの声が殺到した。

  • 木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』第2話場面写真

    今夜『わたし旦那をシェアしてた』 小池栄子、過去の“トラウマ”から元夫を拒絶し…

    エンタメ

     女優の小池栄子が主演し、りょう、岡本玲が共演する木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第2話が今夜放送される。第2話では、元夫と再会するが、過去のトラウマから拒絶する。@@cutter 本作は、同じ男性を愛した3人のシングルマザーが、愛と欲望のために戦いながら「愛した夫」が残した謎と嘘に巻き込まれていく“ファイティングミステリー”。小池は12歳の娘を育てるキャリアウーマンを演じ、夫を“シェア”していた2人のシングルマザーを、りょうと岡本玲が務め、世代も性格も異なるシングルマザーの、激しい女のバトルを体現する。事実婚の夫・天谷恭平を平山浩行が演じるほか、夏木マリ、黒木啓司、渡辺真起子、赤楚衛二らが脇を固める。  恭平(平山)が亡くなったことで、森下晴美(小池)、小椋加奈子(りょう)、藤宮茜(岡本)の共同生活が始まった。染谷文江(夏木)は3人に、恭平がなぜシングルマザー専用のシェアハウスを運営し始めたのかの理由を突き止めろという課題を与える。  そんな中、晴美は元夫の室井正樹(安井順平)と再会。正樹は娘の沙紀(平澤宏々路)から恭平とのことを知らされ、晴美たちを心配して会いに来たと言う。  しかし晴美は、過去のトラウマから正樹を拒絶。なぜ正樹に連絡したのかと晴美が沙紀を問い詰めると、沙紀は反発し…。  ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』第2話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜7月11日23時59分放送。

  • 木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』第3話場面写真

    松井玲奈、『わたし旦那をシェアしてた』で謎の“第四の妻”に

    エンタメ

     女優の小池栄子が主演を務める木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第3話に、突如現れる“第四の妻”沢野絵里役として、松井玲奈が出演することが分かった。@@cutter 本作は、同じ男性を愛した3人のシングルマザーが愛と欲望のために戦いながら、「愛した夫」が残した謎と嘘に巻き込まれていく“ファイティングミステリー”。小池は12歳の娘を育てるキャリアウーマンを演じ、夫を“シェア”していた2人のシングルマザーとして、りょうと岡本玲が共演。それぞれ世代も性格も異なるシングルマザーの、激しい女のバトルを体現する。  事実婚ではあるものの、夫と幸せに暮らしていたはずの女性・晴美(小池)。ある日、警察から夫が殺されたという連絡を受ける。夫が搬送された病院へ駆け付けると、自分こそが妻だと名乗る加奈子(りょう)と茜(岡本)に遭遇。晴美が夫だと思っていた男性は、自分以外にも2人の女性と事実婚の関係を結んでいたのだ。亡き夫の遺言により、3人は“シングルマザー専用シェアハウス”に導かれ、さらに遺言には「愛する“たった一人の妻”に3億円を渡します」という記述が。3億円を相続する権利をめぐり、3人の妻の“女のバトル”が始まる。  松井は、7月18日放送の第3話に登場。シェアハウスにやってくる謎の入居希望の女性・絵里を演じる。彼女は、3人が事実婚をしていた恭平(平山浩行)の妻と名乗り、彼の子を妊娠しているという。第四の妻の登場、そして動揺する3人の妻たちにより、物語は急展開を見せる。  松井は、本作について「とてもトリッキーな設定のドラマにまず驚きました。脚本の驚きをそのままにとても楽しんでお芝居することができました」と振りかえる。自身の役柄については「3人に『勝てる気がしない』と言わせてしまうほど、恭平との関係が強そうな4人目の妻として登場します。1話2話の展開をがらっと覆す、そんな役だと思います」とコメントを寄せた。  木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』は、読売テレビ・日本テレビ系にて毎週木曜23時59分放送。

  • 木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』第1話場面写真

    今夜スタート 小池栄子『わたし旦那をシェアしてた』“3人の妻”が激しい言い争いに…

    エンタメ

     女優・小池栄子が主演し、りょう、岡本玲が共演する木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)が今夜スタートする。“同じ男を愛した女”3人が激しいバトルを繰り広げる。@@cutter 本作は、同じ男性を愛した3人のシングルマザーが、愛と欲望のために戦いながら「愛した夫」が残した謎と嘘に巻き込まれていく“ファイティングミステリー”。小池は12歳の娘を育てるキャリアウーマンを演じ、夫を“シェア”していた2人のシングルマザーを、りょうと岡本玲が務め、世代も性格も異なるシングルマザーの、激しい女のバトルを体現する。ほかに、夏木マリ、平山浩行、黒木啓司、渡辺真起子、赤楚衛二らの出演も決定している。  食品会社の取締役として働く晴美(小池)は、ある財閥の息子・恭平(平山)と事実婚状態で暮らしている。そんなある日、晴美のもとに警察から、恭平が意識不明で病院に運ばれたという連絡が入る。病院へ向かう晴海だが、恭平は危篤状態に。  そこに恭平の妻と名乗る、加奈子(りょう)と茜(岡本)が現れその場がパニックとなる中、恭平は息を引き取る。刑事の美保(渡辺)から恭平は何者かに殺されたと告げられ、ショックを受ける晴美、加奈子、茜の3人は、自分こそが恭平の本当の妻だと言い争いになり…。  ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』第1話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜7月4日23時59分放送。

  • 木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』に出演する小林よしひさ

    よしお兄さん、ドラマ初出演 劇中で自身振り付けの「マンゴー体操」も披露

    エンタメ

     女優・小池栄子の主演で7月4日よりスタートする木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)に、NHK『おかあさんといっしょ』で歴代最長の14年間体操のお兄さんを務めた、小林よしひさの出演が決まった。架空の子供向け番組の体操のお兄さんとして登場し、劇用オリジナル「マンゴー体操」を披露する。@@cutter 本作は、同じ男性を愛した3人のシングルマザーが愛と欲望のために戦いながら、「愛した夫」が残した謎とうそに巻き込まれていく“ファイティングミステリー”。小池は12歳の娘を育てるキャリアウーマンを演じ、夫を“シェア”していた2人のシングルマザーとして、りょうと岡本玲が共演。それぞれ世代も性格も異なるシングルマザーの、激しい女のバトルを体現する。  事実婚ではあるものの、夫と幸せに暮らしていたはずの女性・晴美(小池)。ある日、彼女は警察から夫が殺されたという連絡を受ける。夫が搬送された病院へ駆け付けると、自分こそが妻だと名乗る加奈子(りょう)と茜(岡本)に遭遇。晴美が夫だと思っていた男性は、自分以外にも2人の女性と事実婚の関係を結んでいたのだ。亡き夫の遺言により、3人は“シングルマザー専用シェアハウス”に導かれ、さらに遺言には「愛する“たった一人の妻”に3億円を渡します」という記述が。3億円を相続する権利をめぐり、3人の妻は時に駆け引きし、時に意地と本音をぶつけ合う。  ドラマ初出演となる小林は、架空の子供向け番組の体操のお兄さんとして登場。小林が踊る「マンゴー体操」は、本作のために制作された完全なオリジナル体操。「マンゴー!」という掛け声と共に、リズミカルでアップテンポなメロディーが流れる。振り付けは小林自身が考案したもので、体を大きく左右にクネクネさせる動きが特徴的。「マンゴー体操」は、第2話内で初登場。放送終了後、ウェブ上で1番から2番までを収録したノーカット版のフル動画も公開される予定。  小林は、「子供も大人もノリノリでできる楽しい体操です! ポイントは2つ、カタカナのマに似た形のポーズと、マンゴーをカットした形のポーズ! 元気にやってみてください!」とコメントを寄せている。  木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』は、読売テレビ・日本テレビ系にて7月4日より毎週木曜23時59分放送。

  • 木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』の出演陣(上左から)夏木マリ、平山浩行、(下左から)黒木啓司、渡辺真起子、赤楚衛二

    『わたし旦那をシェアしてた』、小池栄子を翻弄する新キャストに夏木マリ&平山浩行

    エンタメ

     女優・小池栄子の主演で7月4日よりスタートする木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の追加キャストとして、女優・歌手の夏木マリ、俳優の平山浩行らの出演が発表された。夏木は3人のシングルマザーが住むシェアハウスの管理人、平山は3人の妻との間で“三重生活”を続けた揚げ句、殺されてしまう謎に満ちた男を演じる。@@cutter 本作は、同じ男性を愛した3人のシングルマザーが愛と欲望のために戦いながら、「愛した夫」が残した謎とうそに巻き込まれていく“ファイティングミステリー”。小池は12歳の娘を育てるキャリアウーマンを演じ、夫を“シェア”していた2人のシングルマザーとして、りょうと岡本玲が共演。それぞれ世代も性格も異なるシングルマザーの、激しい女のバトルを体現する。  事実婚ではあるものの、夫と幸せに暮らしていたはずの女性・晴美(小池)。ある日、彼女は警察から夫が殺されたという連絡を受ける。夫が搬送された病院へ駆け付けると、自分こそが妻だと名乗る加奈子(りょう)と茜(岡本)に遭遇。晴美が夫だと思っていた男性は、自分以外にも2人の女性と事実婚の関係を結んでいたのだ。亡き夫の遺言により、3人は“シングルマザー専用シェアハウス”に導かれ、さらに遺言には「愛する“たった一人の妻”に3億円を渡します」という記述が。3億円を相続する権利をめぐり、3人の妻は時に駆け引きし、時に意地と本音をぶつけ合う。  夏木が演じるのは、晴美、加奈子、茜が共同生活を送るシングルマザー専用シェアハウスの管理人・染谷文江。怪しい雰囲気を漂わせながら晴美たちを監視し、時に本質を突く言葉で導いていく。夏木は「誰に導かれているのか、物語に翻弄されるのか、(徐々に明らかになる真実が)楽しみです」とコメントしている。  平山は、晴美、加奈子、茜と事実婚している夫として生活し、多くの秘密を抱えたまま何者かに殺されてしまった天谷恭平役。3人の妻の間で“三重生活”を続け、シングルマザー専用のシェアハウスの経営者でもあったという謎に満ちた人物を、女性のツボを突く魅力的な男性として演じる。  このほか、EXILE/EXILE THE SECONDのパフォーマーで俳優の黒木啓司が、裏サイトであらゆる犯罪を請け負って実行し、恭平の死にも関係している凶悪犯・森雄作役、俳優の赤楚衛二が、文江に雇われてシェアハウスで働く一方、森とともに恭平の死に関わる松田秀明役、女優の渡辺真起子が、恭平の古い知人で、晴子たちが恭平を殺した犯人ではないかと疑って捜査する刑事・塚本美保役を、それぞれ演じる。  木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』は、読売テレビ・日本テレビ系にて7月4日より毎週木曜23時59分放送。

  • 木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(左から)岡本玲、小池栄子、りょう

    小池栄子、りょう&岡本玲と愛と欲望のバトル 『わたし旦那をシェアしてた』7月スタート

    エンタメ

     女優の小池栄子が、7月4日よりスタートする木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)にて主演を務めることが決定。りょう、岡本玲が共演を務め、“同じ男を愛した女”として激しいバトルを繰り広げる。@@cutter 本作は、同じ男性を愛した3人のシングルマザーが愛と欲望のために戦いながら、「愛した夫」が残した謎と嘘に巻き込まれていく“ファイティングミステリー”。小池は12歳の娘を育てるキャリアウーマンを演じ、夫を“シェア”していた2人のシングルマザーとして、りょうと岡本玲が共演。それぞれ世代も性格も異なるシングルマザーの、激しい女のバトルを体現する。  事実婚という形ではあるものの、夫と幸せに暮らしていたはずの女性・晴美(小池)。ある日、彼女は警察から夫が殺されたという連絡を受ける。夫が搬送された病院へ駆け付けると、自分こそが妻だと名乗る加奈子(りょう)と茜(岡本)に遭遇。晴美が夫だと思っていた男性は、自分以外にも2人の女性と事実婚の関係を結んでいたのだ。亡き夫の遺言により、3人は“シングルマザー専用シェアハウス”に導かれ、さらに遺言には「愛する“たった一人の妻”に3億円を渡します」という記述が。3億円を相続する権利をめぐり、3人の妻は時に駆け引きし、時に意地と本音をぶつけ合う。  主演を務める小池は「こんな大役の話を頂けるなんて、素直に嬉しかったです。主演という位置づけではありますが、登場する3人の女性がいいバランスをとりながら、作品に挑めればと思っています」と意気込みを語った。  りょうは自身の役どころについて「実生活でも母親ですが、ママ友の中でもシングルマザーの方と接することも多いです。ママ友LINEでしっかりと繋がっていますし、こどもが被害に遭うニュースを見ると、すぐに共有したりもします。ママ同士で、いろんな悩みを共有、共感しあいますが、その経験がドラマの中でも生かせればとも思います」と母親らしいコメント。  岡本は「きっと壮絶で楽しいお芝居合戦になると思います。週の半ばの木曜日、寝静まった夜に是非こっそりじっくり、私たちのシェアハウスを覗きにきてください。きっといいものが見られますよ…!」と視聴者にメッセージを送った。  木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』は、読売テレビ・日本テレビ系にて7月4日より毎週木曜23時59分放送。

  • 『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』場面写真

    木村文乃、『世にも奇妙な物語』初主演 『なつぞら』子役・粟野咲莉も登場

    エンタメ

     女優の木村文乃が、『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』(フジテレビ系/6月8日21時)で、ハートフルな不可思議物語「人間の種」の主演を務めることが決定した。木村は、とある事情で結婚という幸せに踏み切れないOLを演じる。@@cutter 『世にも奇妙な物語』で主演を務めるのは初めてとなる木村。共演には、植物として生まれ変わる木村の母親役に、NHK連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインの子役時代で話題をさらった粟野咲莉、難しい役どころを演じ10代でありながら異彩を放つ演技で注目を集める山田杏奈、数々の映画・ドラマに出演し多彩な役どころで実力派女優として活躍する岡本玲らが、頭から芽が出た不思議な姿で登場する。  デザイン会社に勤めるごく普通のOL・春田緑(木村)は、3年以上付き合った恋人からプロポーズされるも、返事をすることができなかった。誰にも言えない悩みを抱えたまま帰路に着いたその夜、「幸せの種」という名の植物の種を購入する。ある日の夕方、その種を植えた花壇から子供の手が生えていることに気付く。恐る恐る土を掘ると、そこから出てきた少女・希(粟野)は「あなたのお母さん」と名乗る。その日から、緑と頭に芽の生えた希の不思議な親子生活が始まったが…。  2014年の「ニートな彼とキュートな彼女」でヒロインを演じて以来、『世にも奇妙な物語』への出演が2度目となる木村は、「どんな怖い目に会うのかと思いきや、とても心温まるお話を任せていただいたのでホッとしています」と安心した様子。また、作品については「今回出演させていただいた『人間の種』自体は怖くないお話で、ハートウォーミングなお話です。心が通うシーンを楽しんでいただけたらと思います」とコメントを寄せている。  粟野は、共演する木村について「私がこんな綺麗な方のお母さんになるのか!と不思議な感じがして緊張しました。でも、撮影の合間に私の足にタオルを掛けてくださったり、お話ししてくださったり、木村さんがお母さんみたいな感じに優しくしてくださって、とてもうれしかったです」と話している。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』は、フジテレビ系にて6月8日21時放送。

  • 『わろてんか』第24週「見果てぬ夢」

    『わろてんか』第24週、北村笑店に映画部を新設 喜劇映画を製作する

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『わろてんか』は12日から第24週「見果てぬ夢」が放送。てん(葵わかな)は、慰問団「わろてんか隊」の貢献が国から認められ、勲章を授与されることになった。風太(濱田岳)たち北村笑店の面々は、「お笑い」が国のお墨付きをもらったと大喜びする。@@cutter そんな中、伊能(高橋一生)は制作した映画が検閲で次々と公開中止となり、その責任を問われ社長を辞任することに。伊能はてんと風太を訪ね、北村笑店の役員を辞めさせてほしいと願い出るが、風太はキース(大野拓朗)やリリコ(広瀬アリス)ら芸人たち総出演の喜劇映画を作りたいと、北村笑店に映画部を新設し伊能を顧問に迎えた。  てんや楓(岡本玲)たち女性の意見で恋愛をテーマにした喜劇の制作が決まったが、厳しい映画検閲をかいくぐるため、「赤穂浪士討ち入り」を題材にした『お笑い忠臣蔵』を作ることになる。  先週放送された第23週「わろてんか隊がゆく」では、中国での戦火が拡大し、北村笑店には、芸人たちで慰問団を組んで外地へ派遣してほしいという依頼が。てんは慎重になるが、戦地にいる将兵を笑わせることができるのは自分たちだけだと考え、風太を団長に「わろてんか隊」を中国へ派遣することを決めた。最初の訪問地・上海で現地に来ていた四郎(松尾諭)とリリコ(広瀬)も合流。兵士たちから故郷に残る大切な人への手紙を託された芸人たちは、その想いに心を動かされる。軍の厳しい監視でネタの内容、服装なども制限されるが、風太は芸人たちが普段の衣装で高座を務めることを少佐に直訴、場内は大きな笑いに包まれ将兵たちに元気を与える、という内容だった。  NHK連続テレビ小説『わろてんか』は総合テレビにて月曜~土曜8時放送。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』囲み取材の様子

    本郷奏多、『ダンガンロンパ』再演に自信!「絶対良くなっています」と断言

    アニメ・コミック

     俳優の本郷奏多が、『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』の公開ゲネプロと囲み取材に出席。主人公・苗木誠を再び演じる本郷は「演出がかなり変わって、前回見て頂いた方にも楽しんで頂けると思う。(前作よりも)絶対より良くなっています」と自信をのぞかせた。さらに、「最後大きく変わっているところが1箇所ある。ダンガンロンパが好きな人だったら『おぉ』と唸ってしまう変更点になっている」とも明かした。@@cutter 本作は、シリーズ累計80万本以上を販売する人気ゲームの初舞台化作品『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』(14)の再演。囲み取材には、本郷のほか、神田沙也加、岡本玲、中村優一、七木奏音、松風雅也、山崎静代(南海キャンディーズ)が出席した。  江ノ島盾子役の神田は「自分史上、最難・最強の役。どんなにお稽古しても時間が足りない。本当にもう初日になってしまうのかという気持ちがある」と現在の心境を吐露。本シリーズとの関わりについて問われると、「ファンですね」と回答。「ゲームからやり込んで新作を心待ちにして、アニメシリーズに興奮して、グッズをいっぱい買って、ガチャガチャして。江ノ島盾子というキャラクターがファンとして好きで、舞台化されるときに自分がその大好きな存在になれることは、非常に特別なこと。私にとってシンデレラストーリーを頂いた気持ち。だからこそ責任をもって、ファンとして最後までやり遂げたい」と“ダンガンロンパ愛”をにじませた。  大神さくらに扮するしずちゃんは今回、セーラー服で格闘シーンにチャレンジする。「この格好でやるのでパンティーが見える。それが何回見えるのかが見どころ」と話して会場を沸かせ、全身筋肉の特別衣装を着た上からスカートをめくって報道陣にサービスする一幕も。そして「今まで舞台の上で山ちゃんを殴ってきたことをどんどん活かしていきたい」と語った。  舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は東京・Zeppブルーシアター六本木にて6月16日~26日、名古屋・東海市芸術劇場(ユウナル東海)にて7月1日~2日、大阪・サンケイホールブリーゼにて7月7日~10日、神奈川・関内ホール 大ホールにて7月14日~16日上演。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』公開ゲネプロの様子

    舞台『ダンガンロンパ THE STAGE 2016』公開ゲネプロ<フォト特集>

    アニメ・コミック

    2016年6月16日より上演予定の、舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』公開ゲネプロの様子を写真でお届けします。

  • 本郷奏多、舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』制作発表会見

    本郷奏多、南キャン・しずちゃんの“超高校級マッチョ姿”に「スゲー」感動

    アニメ・コミック

     本郷奏多が26日、舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』の制作発表会見に、総勢19名の共演者、演出家の田尾下哲とともに登場。発表会見で初披露された南海キャンディーズ・山崎静代扮する大神さくらのビジュアルが公開されると、その“超高校級のマッチョ姿”に「スゲー」と圧倒された様子を見せた@@cutter 本作は、2014年に好評を博した『ダンガンロンパ THE STAGE』の再演作。今回は全国4都市でツアーを実施することが決定しており、新キャストとして中村優一、南海キャンディーズ・山崎静代らが出演する。制作会見では、舞園さやか役に選ばれた元アイドリング!!!の後藤郁の出演が発表されている。  苗木誠を演じる本郷は「再演できて非常にうれしい」と喜びをコメント。「2016年は新しいアニメシリーズが始まって、“V3”という新作ゲームソフトも出ます。ダンガンロンパの年になると思います」と宣言する。    “超高校級のギャル”の江ノ島盾子役として再出演する神田沙也加は、「久々に生身として舞台に帰ってくることができました。不安な気持ちもあり、“またダンガンロンパ始まるぞ!”という気持ちもあります」と本音をのぞかせ、「彼女(江ノ島)が超高校級のギャルなので、強気に“腕が鳴る”くらいに言いたい。年代的にはもう、最後の制服姿になるかもしれませんね」と笑みをこぼした。  初出演の山崎は、“超高校級の格闘家”である大神さくらを演じる。「ボクシングをやっていたのでそれをちょっとでも活かせたら」と話し、「ムキムキでものすごく強いけど、心は優しくて乙女な部分を持っている。どこかで乙女感を出せれば」と抱負を述べた。  イベント最後に山崎の山神姿が披露されると、本郷は「スゲーなと思う。しずちゃんさんにピッタリだと思っていた。大きいし強いし、女性的なところもあって。非常に楽しみにしている」と期待を寄せた。  舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は、6月16日のZeppブルーシアター六本木の東京公演を皮切りに、全国4都市で公演予定。

  • 神田沙也加、舞台『ダンガンロンパ』で超高校級ギャル姿披露!

    神田沙也加『ダンガンロンパ』ツインテール金髪ギャル披露! 原作ソックリ

    アニメ・コミック

     舞台『ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜』の公開ゲネプロが28日に行われ、主人公・苗木誠に扮した本郷奏多や超高校級ギャル・江ノ島盾子そっくりで登場した神田沙也加、石田晴香(AKB48)らキャスト陣と、本作では演出も兼ねる石田明(NON STYLE)の総勢16名が登壇した。@@cutter 原作となるゲーム『ダンガンロンパ』シリーズは、累計60万本以上の売上げを誇り、アニメ化もされた大ヒット作品。超一流の才能を持つ高校生が集う私立希望ヶ峰学園を舞台に、“超高校級の幸運”を得て入学した主人公苗木誠を含む15名の生徒が、まるで違う学園の現実にさらされながら学園内で起きる殺人事件の犯人を「学級裁判」で暴いていく“ハイスピード推理アクション”ゲーム。  29日の初日公演を前に、それぞれのキャラクターの衣装とかつらを付け、さっそうと笑顔で現れた出演者たち。ゲネプロ前に行われた囲み取材では、出演者を代表し主人公の苗木誠役を務める本郷が挨拶。「我々一同、原作を勉強しながらみんなで一つの作品を一所懸命大切に作り上げてきました。一つの舞台として見ても凄くいいところに着地できたかなと思います」とコメント。舞台としての見応えとオリジナルのイメージの両方を大切に取り込んだいい作品に仕上がったと、自信を伺わせた。  一方、ダブルキャストではあるが、葉隠康比呂役として出演しつつ、演出を手掛ける石田は、「慣れない演出だったがキャストに支えられた」と、出演者へのねぎらいを忘れない。「みんなが原作を愛しているので説明もしやすく、本当にいい話になったと思います」と公演の幕開けを待ちきれない様子だ。「途中、みんなの頑張りで涙腺が崩壊し始めましたが、本当にいい経験をさせていただきました。『ダンガンロンパ』と舞台、いろんな人に楽しんでほしいです」と、舞台でだけでなく原作もアピールしながら自信を見せた。  フォトセッションでは、岡本玲、小澤亮太、大沢ひかる、八神蓮、高木万平、松風雅也、藤江れいな(NMB48)、宮下雄也(RUN&GUN)、池端レイナ、山口ゆきえ(カーニバル)、向清太朗(天津)、田中日奈子が参加した。  『ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜』は10月29日から11月3日まで日本青年館大ホールにて上演。

  • 神田沙也加、「テンション上がる!」

    アニメ好きの神田沙也加、『ダンガンロンパ』のギャル役に「テンションが上がる!」

    アニメ・コミック

     舞台『ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜』の制作発表会見が7月4日都内で行われ、主演・苗木誠役を務める本郷奏多をはじめ、“超高校級のギャル”を演じる神田沙也加、演出を手がける石田明(NON STYLE)ら総勢17名がズラリと登壇した。 @@cutter 『ダンガンロンパ』は、シリーズ累計60万本以上の売上げを誇り、昨年アニメ化もされた人気ゲーム。超一流の才能を持つ高校生が集う私立希望ヶ峰学園を舞台にした“ハイスピード推理アクション”ゲームで、今回が初の舞台化となる。  ゲームからのファンだったという主演の本郷は「お話をいただけて嬉しかった」と喜びの一言。「本作は自分で考えながらプレイするのが楽しいソフト。舞台ではこちらのペースで進めていくことになるので、見せ方としても難しい。どうしたら観客の皆さんを置いてけぼりにしないで、心をつかめるのか。みんなで話し合いながら作り上げていきたい」と、原作ファンならではの意気込みを語った。  同じく神田も、「『ダンガンロンパ』のゲーム、アニメともに大好き!」と目を輝かせる。「やっと舞台化が来たなと。私が『ダンガンロンパ』の世界に交われるとしたら舞台しかないと思っていたので、誰よりも心待ちにしていました。映像や音を聞くだけで、鳥肌が立つほど」とニッコリ。「やるなら江ノ島盾子役をやりたかった」と、演じる“超高校級のギャル”役がお気に入りのようで、「久しぶりに制服を着るのも楽しみ!テンションが上がる!」と嬉しそうな笑顔を見せていた。  この日は、神田扮する江ノ島盾子のメインビジュアルも発表された。ボリューミーなツインテールにミニスカートで決めた神田版江ノ島盾子のビジュアルが映し出されると神田は、「衣装を着たら、テンションが上がっちゃって! 見た目はもちろん、声やいろんな角度から盾子ちゃんになっていきたい」とコメント。本郷も「すっごいカッコイイ! スタイルも良いしビシッと決まっていて。俄然楽しみになってきた」と大いに刺激を受けた様子だった。  また、本作で演出家デビューをするNON STYLEの石田は「ハイスピードな作品。自分の漫才の経験も生かせると思っています。そうそうたるメンバーですが、普段コントロールしにくい井上裕介というヤツをコントロールしているのでなんとかなるかなと思っています」と話し、会場を沸かせていた。  その他、岡本玲、小澤亮太、大沢ひかる、八神蓮、高木万平、松風雅也、藤江れいな(NMB48)、石田晴香(AKB48)、奥仲麻琴(PASSPO☆)、宮下雄也(RUN&GUN)、池端レイナ、大島なぎさ、山口ゆきえ(カーニバル)、シナリオ監修の小高和剛が登壇した。  舞台『ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜』は10月29日から11月3日まで日本青年館大ホールにて上演。

  • 剛力彩芽&山崎賢人も「ラブ・同居してみたいです!」

    剛力彩芽「ラブ・同居してみたいです!」 恋愛観もセキララ告白

    映画

     女優の剛力彩芽が10日、都内にて行われた映画『L・DK』の完成披露露会見に出席、映画初主演の抱負を語った。この日は共演者の山崎賢人、中尾明慶、岡本玲、桐山漣、主題歌「君色デイズ」を歌うHoney L Daysと川村泰祐監督も登壇した。@@cutter 本作は、人気作家・渡辺あゆが描く少女マンガ「L・DK」(=ラブ同居の略)を実写化した青春恋愛コメディ。単行本発行部数は、14巻で累計400万部を突破している女子中高生人気No.1コミック。恋に奥手な女子高生と学校一のツンデレモテ男との、秘密の同居生活を絶妙な距離感で描く。  会場には劇中でラブ・同居生活が繰り広げられた部屋が再現されており、ヒロインの葵役の剛力は、ラブ・ストーリーにふさわしく可愛らしいピンクのワンピース姿で登場。「みなさんに観ていただいて、たくさん胸キュンしていただけたら」と挨拶した。自身の役柄については「すごく難しかった」と告白。役作りについて「原作の葵ちゃんがすごく可愛らしくて、うまく出来るかなって不安やプレッシャーもありましたし、ラブ・ストーリーなので恥ずかしさもあったし悩んだけれど、自然な思いを表現できたと思います」と自信ものぞかせた。また、剛力は、好きな人に自分から告白するなら「はっきりストレートに言いたい」とキッパリ。  ひょんなことから葵と同居することになるイケメン男子・柊聖役を務める山崎は「最初、かっこよさを意識しましたが、柊聖は狙っていないんですよね。監督から『ひとりの男子高校生だよって』アドバイスをいただいてから素直に演じられました」と語った。また、劇中のふたりのように、可能ならラブ・同居してみたいですかと問われた剛力と山崎は、目を輝かせて「してみたいです!」と、好きな人との同居生活には強い憧れを持っていることを明かしていた。  劇中、柊聖の友人役を演じた中尾は現在26歳。「制服姿は大丈夫だったけれど、浴衣姿はぜんぜん高校生に見えなかった。ごめんなさい」と謝罪して、周りに笑いを誘っていた。  川村監督は「みんなキャラクターにマッチしていると思う。みんな伸び伸びと演じていて、原作のファンの方が観ても納得できると思う」と笑顔。ベストキャスティングで思い通りの演出ができ、満足な様子だった。  映画『L・DK』は4月12日全国公開。

  • 超王道ラブストーリー『L・DK』ポスター

    剛力彩芽と山崎賢人が超接近! 『L・DK』ドッキドキのポスター解禁

    映画

     剛力彩芽が映画初主演でロングヘアーの恋する女子高生・西森葵役を、山崎賢人がイケメン・ツンデレ王子・久我山柊聖役を演じることで話題となっている大人気少女マンガが原作の映画『L・DK』。本作の公開日が4月12日に決定し、ポスターも公開された。@@cutter ポスターは、二人の表情が印象的でキュンキュンするストーリーを感じさせるビジュアルになっている。ポスター撮影は、本編の撮影終了直後に実施したため、本編の葵と柊聖そのままの雰囲気の中、和やかに行われた。Honey L Daysが歌う主題歌のタイトル「君色デイズ」もポスターにて解禁された。このポスターは、12月14日より順次全国劇場にて掲出される。  人気作家、渡辺あゆが描く原作『L・DK』は、単行本発行部数13巻で累計340万部突破し、電子書籍でも売れ行きNo.1。ダ・ヴィンチ主催の「電子書籍アワード2013」でも女性漫画で№1を獲得中の大人気マンガ。  『L(エル)・DK(ディーケー)』は「ラブ同居」の略。直情型で暴走しがちな主人公の女子高生・西森葵はボヤ騒ぎを起こしたことがきっかけで、学校一のツンデレモテ男、柊聖と同居することに。同居がバレれば学校中の女子を敵にまわし、退学にもなりかねない。秘密を守ろうと必死な葵とは反対に柊聖はあくまでマイペースで、葵の右往左往を楽しんでいる様子。ドタバタの日々の中、イジワルな柊聖にどんどん惹かれてしまう葵。だが、柊聖の元カノ桜月や、葵に想いを寄せる先輩・三条の出現で、恋心は複雑に絡み合って行く。果たして葵と柊聖の“ラブ同居”の行方は…!?  共演には、中尾明慶、岡本玲、高島礼子、福士誠治、桐山漣、石橋杏奈、藤井隆、白石美帆など、フレッシュ&実力派キャストが勢ぞろいする『L・DK』は2014年4月12日より全国公開。

  • 「バイナリードメイン」に参加した北村一輝、武井咲、名越稔洋プロデューサー、松方弘樹、遠藤憲一

    武井咲、強面プロデューサーが怖かった?「バイナリードメイン」記者会見

    アニメ・コミック

     龍が如くスタジオの新作発表記者会見が行われ、「バイナリードメイン」に参加した北村一輝、武井咲、松方弘樹、遠藤憲一、名越稔洋プロデューサーらが出席した。 @@cutter   この日発表された「バイナリードメイン」は、「龍が如く」シリーズを手がけてきたスタッフによる完全新作第1弾(2月16日発売予定)。2080年の東京を舞台に熱い人間ドラマが繰り広げられるビッグタイトルだ。   内務省警察局刑事管理官・黒澤の声を担当した北村は、声優初挑戦ながら、以前に劇場版映画「龍が如く」に出演済。「声の仕事は本当に初めてで、どういう感じでやれば良いか判らなかったのですが、スタジオの雰囲気が良く、どんどんアドリブもやってほしいと言われ、楽しくやらせて頂きました。出来上がりが早く見たいです」と、嬉しそうに収録を振り返った。   同じく、初めて声の演技に挑戦した武井は、猥雑な繁華街となった渋谷を縄張りにする少年グループの一員・ユキ役。「未来の渋谷の様子がすごかったですが、そこで生きるユキをたくましく演じさせていただいたので、ぜひ見て欲しいと思います」と自身に満ちた表情だ。   最初に名越プロデューサーに会った時の印象を聞かれた武井は、「そうですねぇ…怖かったです」と苦笑い。「でも、実際に話したら、このゲームについて熱く語ってくれましたし、私が演じたユキについても、とにかくたくましく生きる少女を演じて欲しいと言われ、今はとても優しい監督だなと感じています」とフォローした。   なお、この日は人気シリーズ第2弾「クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編」(3月22日発売予定)と、同名のテレビドラマ(4月放送予定)についても同時に発表され、出演者の斎藤工、高知東生、岡本玲、遠藤舞、外山えりか、橘ゆりかなどが登壇した。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access