ネメシュ・ラースロー 関連記事

  • 映画『サンセット』メインビジュアル

    『サウルの息子』監督最新作『サンセット』公開 高級帽子店の闇とは…予告解禁

    映画

     長編デビュー作『サウルの息子』で第88回アカデミー外国語映画賞、第73回ゴールデン・グローブ賞、第68回カンヌ国際映画祭グランプリを同時受賞したネメシュ・ラースロー監督の最新作『サンセット』が、3月15日より公開されることが決定。解禁された予告編は、全編を通して緊張と謎が張り巡らされた、ネメシュ監督の作品世界の一端が垣間見られるものとなっている。@@cutter 2015年にデビュー作が世界の映画賞を席巻したハンガリー出身のラースロー監督。それから3年の時を経て発表された第2作『サンセット』は、1913年のハンガリーのブダペストを舞台に、1人の若い女性の視点で、第一次世界大戦前のヨーロッパの中心都市の繁栄と闇を描く。ヴェネチア国際映画祭でプレミア上映され国際批評家連盟賞を受賞したほか、第91回アカデミー賞外国語映画賞ハンガリー代表に選出されている。  1913年、オーストリア=ハンガリー帝国が栄華を極めた時代。ヒロインのイリス(ユリ・ヤカブ)は、2歳の時に亡くなった両親が遺したブダペストの高級帽子店、レイター帽子店で働くことを夢見て来店する。だが現在の店のオーナー・ブリルは、イリスを歓迎することなく追い返す。華やかに見える帽子店には、ウィーンの王侯貴族に店の女性を捧げているという大きな闇が隠されていた。  また、イリスは兄がいたことを初めて知るが、兄のカルマンは伯爵殺しという大きな事件を起こしていた。イリスは失踪した兄を必死に探すがたどり着けず、やがて兄とその仲間たちによる貴族への暴動が起こる。イリスもまた、第一次世界大戦前に激動するヨーロッパの渦に巻き込まれていき…。  今回解禁となった予告編は、ブダペストのレイター帽子店を訪れたイリスが、試着した帽子のヴェールを上げる場面からスタート。「ここで働くのが夢でした。両親の店だから」と訴えるも冷たく追い返されたイリスは、自分に兄がいたことを知り、その失われた足跡をたどる。やがて華やかな高級帽子店の裏の顔、伯爵殺しという恐ろしい兄の秘密に直面していくイリスの姿が、激動の時代を背景に緊迫感あふれる映像で描かれていく。最後は、「彼女は、独り新たな時代へ突き進む―」という言葉と、美しく険しい眼差しで前を見据えるイリスのアップで締めくくられる。  映画『サンセット』は3月15日より公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access