すっちー 関連記事

  • 品川ヒロシ監督、『しもかわ“森”喜劇』『下川町 地域発信型映画』概要発表記者会見に登場

    品川ヒロシ監督、新作映画に山里亮太&蒼井優夫妻起用は「ハードル高いですね」

    映画

     お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシ監督が12日、大阪で行われた新作映画の発表会見に出席。現在、脚本執筆中の新作映画について、キャスティングについてコメントする一幕があった。@@cutter 地域創生の新たな形の取り組みとして、北海道下川町と吉本興業が包括連携協定を結び、この度「プロジェクト“下川町株式会社”」をスタート。今回の会見ではプロジェクトの一環として、下川町民と吉本新喜劇がコラボレートする「しもかわ森喜劇」と下川町がロケ地となる新作映画の概要が発表され、品川監督のほか、西川きよし、吉本新喜劇のすっちー、吉田裕、下川町住みます芸人のつちふまズ他が出席した。  品川監督は、これまで映画『ドロップ』『漫才ギャング』『Zアイランド』等を手掛け、現在は2019年8月から制作がスタートする新作映画の脚本を執筆中。新作の内容について品川は「青春映画ですね」と話すと「東京で挫折して、故郷の下川町に帰ってきて心を取り戻していく。28歳くらいの青春ストーリーみたいなものを書いています」と内容を明かした。  記者から映画のキャスティングについて“山里さん、蒼井さんの起用は?”と先日結婚を発表した南海キャンディーズ・山里亮太と女優の蒼井優について聞かれた品川は、「まずはおめでとうございます」と笑いながら祝福。続けて「蒼井優さんはやっぱりハードル高いですね~。山里もいまやレギュラー10何本抱えているんで、下川町に連れていくとなると、やっぱり僕ぐらいスケジュールに余裕がないとできないと思うんで難しいと思います」と自虐的に語った。  また「しもかわ森喜劇」の概要説明について、すっちーと吉田裕が登壇。すっちーは今回のプロジェクトについて「吉田くんがメインになると聞いたんですけど、これはちゃんと会社を通してる?」と吉田に質問。これに吉田が焦った様子で「通してます!通してます!大丈夫です!」とツッコみ、会見に集まった記者の笑いを誘っていた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access