南出凌嘉 関連記事

  • 月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』取材会に登場した窪田正孝

    窪田正孝が“名推理” 「コナン並みに鋭い」の声 『ラジエーションハウス』第5話

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が6日に放送され、ある少年の死について推理する唯織(窪田)の姿に、SNS上には「推理探偵みたい」「コナン並みに鋭い」などの声が寄せられた。@@cutter 威能(丸山智己)は、通称「Ai」と呼ばれる死亡時画像診断のスペシャリストだった。鏑木(浅野和之)は、放射線科の受診患者増加などを理由に、「Ai」の受け入れを最小限にとどめようと提案。しかし院長の渚(和久井映見)は、「Ai」と解剖を組み合わせることは医療界全体の未来にとって必要だと考えていた。そんな折、ラジエーションハウスに、公園で倒れているところを発見され、その後死亡が確認された少年・藤本直樹(南出凌嘉)の「Ai」依頼が届く。  直樹の父・勝彦(三浦誠己)が「Ai」を拒否したことから、ラジエーションハウスの面々は直樹の死因が“勝彦による虐待死”なのでは、と疑う。しかし直樹の母・歩美(森脇英理子)が希望したことから直樹の「Ai」を実施。診断の結果、直樹の死因は肝臓破裂による出血性ショックと断定。唯織は「もし一撃で致命傷を与えることができたとしたら、それはおそらく格闘技の経験者です」と話すと、直樹が右側の肝臓を損傷していたことを説明し「つまり、左手での攻撃ということになります」と解説する。診断結果から犯人を特定していく唯織の解説にネット上には「唯織くん、推理探偵みたい」「ええ唯織くんが謎解きすんの??すげえな」「凄腕の技師は事件の推理もしちゃうのか」などの声が上がった。  唯織は、病院に同行していた直樹の友人・肇(小林喜日)の左手に拳ダコがあること、そして携帯電話を左手で持ったことやボールをとっさに左手でキャッチしたことを挙げ、肇が直樹を殴ったのでは、と推理を展開。さらに直樹の携帯電話を肇が持っている事実が明るみになると、肇は自分が直樹を殴ったことを認める。唯織の名探偵ぶりに視聴者からは「コナン並みに鋭い」「コナンくんみたいなこともするんだね」「悲しすぎる展開だったし、コナン君だった」などのツイートも寄せられていた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話に出演する(左から)小林喜日、南出凌嘉、斎藤汰鷹

    『ラジエーションハウス』に令和を担う次世代スター子役が大集合!

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の今夜放送の第5話に南出凌嘉、小林喜日、斎藤汰鷹が出演。令和を担う次世代子役スターが顔をそろえる。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  公園で倒れているところを発見される美しい顔の少年・藤本直樹を演じる南出は、映画『キングダム』やNHK連続テレビ小説『純と愛』に出演し、大物俳優の幼少期を演じてきた実力派。直樹の友人・山村肇役の小林はドラマ『グッドワイフ』をはじめ、数々の映画やドラマで活躍中。そして直樹の弟・藤本雄太を演じる9歳の斎藤は、ドラマ『グッド・ドクター』や大河ドラマ『西郷どん』にも出演した将来有望な逸材だ。  月9ドラマ初出演という南出は「同じ事務所の窪田さんと本田さんとご一緒できるのがとてもうれしくて楽しみです」とコメント。小林は「自分の役は難しいので、しっかり山村という役に入り込んで現場の皆さんとすばらしい回にできるように頑張ります!」と意気込みを明かした。また斎藤は本作を視聴者として見ていたようで「出れると決まった時は、“超サイコー!”って思いました! 頑張ります」と話している。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話は、フジテレビ系にて今夜5月6日21時放送。

  • 山崎賢人、友達の前でダンス披露も「“妖怪みたいだな”と言われる」と吐露

    山崎賢人、友達の前でダンス披露も「“妖怪みたいだな”と言われる」と吐露

    アニメ・コミック

     『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の初日舞台挨拶が17日に都内で行われ、山崎賢人、南出凌嘉、浜辺美波、遠藤憲一、斎藤工、武井咲、小桜エツコ、日野晃博が登壇。山崎は劇中で披露しているダンスについて、「友達に『妖怪みたいだな』って言われるくらい下手」と語った。@@cutter アニメと実写が織り交ざった「ダブルの世界」を舞台に巻き起こる大騒動が描かれる本作。妖怪たちを統べるエンマ大王役の山崎は、初共演の斎藤について、「すごい良い声で、エンマ大王の隣に、渋くいてくれる感じがすごい落着きましたね」と述懐。斎藤はイベント当日のエピソードとして、「水を取るタイミングが全く一緒だったんですよね。これはやっぱり、エンマ大王とぬらりひょんのシンパシーが、映画で築けたのかなと思いましたね」と話した。  劇中で披露しているダンスについて斎藤は、「僕がいかに踊れないかというサイトが一時期ありましたね。まとめられてました」と自虐。一方の山崎は、「友達の前で踊ったりすると、『妖怪みたいだな』って言われるくらい下手なので、結構頑張ったと思います」とコメント。ダンスのカウントが難しかったと話す山崎だったが、主演の南出に「最後の決めポーズのところが一番かっこよかったです!」と太鼓判を押されると、「ありがとうございます」と笑顔を見せた。  お気に入りのシーンを聞かれた斎藤は、劇中で顔は人間、体は犬という衝撃的なビジュアルの「じんめん犬」を演じている遠藤の登場シーンと回答。「鼻から春雨が出るかと思うくらい衝撃で、妖怪ウォッチの世界というよりは、遠藤さんのエネルギーが圧巻でしたね。憧れました」と語り、これを聞いた遠藤は、斎藤と山崎のダンスシーンが「ツボった」とお返し。山崎は「必死で、カウントを取ってたんですよ」と苦笑していた。  『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』は公開中。

  • 山崎賢人、斎藤工、武井咲『映画 妖怪ウォッチ』実写パート出演決定!

    山崎賢人、斎藤工、武井咲『映画 妖怪ウォッチ』実写パート出演決定!

    アニメ・コミック

     山崎賢人、斎藤工、武井咲が、アニメ×実写の超ハイブリット大作『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の実写パートに出演することが決定した。@@cutter 『妖怪ウォッチ』の劇場版第3弾『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』は、お馴染みのキャラクターたちがアニメ世界と実写世界を行ったり来たりするアニメ×実写の超ハイブリット大作。このたび、山崎、斎藤、武井のほか、浜辺美波、黒島結菜、澤部佑、遠藤憲一も実写パートに出演することが明らかとなった。    実写パートに出演する俳優陣は、口をそろえて「声の出演かと思いました!」とオファーが来たときの心境を語っており、アニメと実写の融合という新しい試みに驚いたという。この豪華キャスト陣が、アニメやゲームでもお馴染みの妖怪や人物、本作のオリジナルキャラクターに扮して、妖怪ウォッチの実写世界に登場する。    山崎は、本作について「今までの映画とは、また違う『妖怪ウォッチ』の世界になっていると思います。ワクワクしながら観てください!」を自信をみせる。斎藤も山崎同様、「新しい映画が誕生する瞬間に立ち会えるんじゃないかと思い、わくわくしています」と口にし、「妖怪ウォッチの世界をより身近に感じられる作品になっています」とコメントを寄せている。    ケータたちが暮らすさくらニュータウンに突如現れた空飛ぶ巨大クジラ。「ホゲェー!」と響き渡る鳴き声と共にケータや妖怪たちに変化が訪れる…。ケータ「これがオレ!?」。引っ張ると痛い髪、手のひらにはしわ、それから肌には毛穴まで…。なんと、突如訪れたのは、実写の世界!!ジバニャンたちも大混乱。ケータたちはアニメと実写の世界を行ったり来たりしながら、原因を探ることになる。  『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』は、12月17日より公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access