川田裕美 関連記事

  • 『ノーサイド・ゲーム』で大谷亮平扮する柴門琢磨の妻シオリを演じる川田裕美アナ

    川田裕美アナ、『ノーサイド・ゲーム』大谷亮平の妻役で出演

    エンタメ

     俳優の大泉洋が主演を務め、7月7日からスタートする日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系/毎週日曜21時)に、フリーアナウンサーの川田裕美が出演することが発表された。トキワ自動車ラグビーチーム監督・柴門琢磨(大谷亮平)の妻シオリ役を演じる。@@cutter 本作は、作家・池井戸潤がラグビーワールドカップ2019日本大会開催に合わせて書き下ろした6月13日刊行の同名小説(ダイヤモンド社)が原作。大企業内での対立と復権をかけたサラリーマンの戦いにラグビーを絡めた作品となる。  大泉が演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人は、出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、成績不振にあえぐトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。知識も経験もないのにチーム再建の重荷を課せられ、出世の道を絶たれた君嶋の再起をかけた戦いが始まる。共演に松たか子、笹本玲奈、西郷輝彦、大谷亮平、中村芝翫、上川隆也が決定している。  川田が演じるシオリは、ラグビーのことだけを考え続ける夫の琢磨を支える才女だが、実は主人公・君嶋とも浅からぬ因縁があり…。  川田は「いつも楽しみにしている日曜劇場に出演させていただき、大変嬉しいです。現場では、全員がひとつになってつくりあげる緊張感を感じ、私も物語にしっかり入れるよう心がけました。放送がとても楽しみです」とコメントしている。  日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』は、TBS系にて7月7日より毎週日曜21時放送。

  • (左から)HKT48の指原莉乃、山崎賢人

    指原莉乃、憧れの山崎賢人と対面 “好きなタイプ”に「私じゃん」

    エンタメ

     HKT48の指原莉乃が27日、『今夜くらべてみました 翔んでる埼玉女&ハワイ女子会&工藤夕貴と合宿2時間SP』(日本テレビ系)に出演。憧れだった俳優・山崎賢人のサプライズ登場に喜びを爆発させた。@@cutter 番組では指原、フリーアナウンサーの川田裕美、女優の佐藤仁美ら「最強独身トリオ」で、ハワイロケをした模様を放送。ホテルで女子会を楽しむ中、サプライズゲストとして山崎と、映画『キングダム』(4月19日公開)で共演する吉沢亮の2人が登場すると女性陣はパニック。「番組終わるんですか?」「顔面つよ!」などと豪華なゲストに大興奮となった。  中でも、以前から同番組で山崎のファンであることを公言していた指原は、山崎が好みだという束ねていた髪をほどく仕草を披露したり、山崎が「明るい子がタイプ」と話すと「私じゃん」と主張したりと猛アピール。山崎と吉沢が、普段女性についても会話するという話には「いやん! しないでほしい」と思わず本音を吐露していた。  また、場所を海に移して行われたロケで、海を背景に自撮りをしている山崎の姿を見た指原は「イメージVTRみたい。山崎賢人さんじゃなかったら売れていないグラビアアイドルがするやつ」とコメントするなど、終始べた惚れの様子だった。

  • 川田裕美アナ&マツコ・デラックス、資生堂「薬用 ケアハイブリッドファンデ」発表会に出席

    マツコ・デラックス、“カンペ”指摘に川田裕美アナもタジタジ

    エンタメ

     タレントのマツコ・デラックスとフリーアナウンサーの川田裕美が13日、都内で行われた資生堂「薬用 ケアハイブリッドファンデ」発表会に出席。途中、マツコが“カンペ”を指摘し、川田アナをタジタジにさせる一幕があった。@@cutter マツコは、同社が展開するファンデーションと薬用スキンケアを融合させた「薬用 ケアハイブリッドファンデ」プロモーションの新CMキャラクターに起用され、自身初の化粧品のCMに出演。  「資生堂がこんなことしていいの? 資生堂だからオカマが出られる?」「オカマが宣伝しているもの買う?」と恐縮しつつも、「IKKOさんも(CM)出ていたけど、オカマが好きな会社ね~。だいぶ敷居が低くなってオカマに優しくなったわよ」などと“マツコ節”で笑わせた。  マツコが出演する新CMを見た川田アナは「絵画のように美しいと思いました!」と絶賛したが、その言葉にマツコは「あんたそれ、カンペに書いてある通りじゃねーか!」とステージ前のモニターを指さしてチクリ。川田アナは「本当にそう思ったんです!マツコさんの美意識の高さがCMに反映されたのかなって」と必死に弁明し、タジタジとなった。  「薬用 ケアハイブリッドファンデ」は肌につけている時間もスキンケアするというもの。マツコは「ファンデーションは上手く使えば色んなものを隠せる。私なんてファンデとったら46(歳)のおっさんですから。日本人は薄すぎると思う。もっと塗ってもいい。1週間で使い切れるくらい。すっぴんよりでいればいいというものでもない」と持論を展開。  また、イベントでは、川田アナの年間のファンデーション使用時間が「4656時間」だということが明らかに。マツコは「私たちは普通より長くなっちゃうよね。化粧に慣れていかないといけない仕事よね」といい、「私なんてほぼファンデ塗っている。塗ることによってキレイになるんだったらいいじゃない。なんなら落とさなくてもいい」と語った。  マツコが出演する新CMは3月21日より全国で放送開始。

  • 『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』より

    棚橋弘至、今夜『さんま・玉緒のあんたの夢をかなえたろか』に降臨

    エンタメ

     新日本プロレスの棚橋弘至が、今夜放送のバラエティ番組『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』(TBS系/1月14日21時)に出演。棚橋は、自身の大ファンである女性の「棚橋弘至選手に3カウント取られたい」という夢をかなえるために奮闘する。@@cutter 同番組は、司会の明石家さんまと中村玉緒の名コンビが、視聴者の夢をかなえるバラエティ番組。毎年お正月の恒例番組として、25周年を迎える今回には、プロレス人気回復の立役者でもあり、昨年プロレス大賞MVPを受賞した、いま日本で一番アツい男・棚橋弘至が登場する。  棚橋がかなえる夢は、棚橋の大ファンである女性から棚橋が3カウントを取るというものだが、この女性、通常1人1通のところ、84通もの応募をしてきた強者。棚橋に会えない日が続くと手が震えてしまう程の熱狂的な“プ女子”である彼女は、棚橋との試合に向け、プロレスの特訓をするなどかなりの本気を見せる。  そして迎えた決戦の日、別スタジオに本物のプロレスのリングが出現。TBSの格闘技番組を手がける技術チームも集結し、会場は新日本プロレスファンでいっぱいに。そこに登場したのは、棚橋はもちろん、人気プロレスラーである小島聡と永田裕志。さらに試合の解説には真壁刀義と、彼女の夢をかなえるために豪華メンバーがそろった。そして、試合は棚橋と小島対女性と永田というタッグマッチで行われることになるのだが…。  今回はほかにも、俳優の大泉洋やメジャーリーガーの田中将大が夢をかなえるために奮闘。さらに、解体直前の“吹奏楽の甲子園”普門館を舞台にした番組史上最大のプロジェクトも行われる。  スタジオゲストには、川田裕美、関根勤、出川哲朗、福原愛、中村倫也らが出演。  『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』は、TBS系にて今夜1月14日21時放送。

  • 『義母と娘のブルース』主演の綾瀬はるか

    『ぎぼむす』綾瀬はるか&佐藤健、今夜出演の川田裕美とニッコリ

    エンタメ

     ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系/毎週火曜22時)の公式ツイッターが11日、女優の綾瀬はるかと俳優の佐藤健、フリーアナウンサーの川田裕美の3ショットを投稿した。@@cutter 最終章に入り、物語も佳境を迎えた同作。本日11日放送の第9話には、川田と中村アンが出演。民放ゴールデン・プライム帯の連続ドラマへは初出演となる川田は、リニューアルして繁盛店となった「ベーカリー麦田」に取材でやってくるリポーター役として登場。一方の中村は、麦田(佐藤)の知人で怪しげな“謎の女”として登場する。  公式ツイッターが投稿したのは、亜希子(綾瀬)らが働く「ベーカリー麦田」店頭でのオフショット。綾瀬は眼鏡にベーカリー麦田のエプロン姿で、一方の佐藤は麦田の衣装姿。2人は役柄そのままの姿で、ニッコリほほ笑む川田を囲んでいる。 引用:https://twitter.com/gibomusu__tbs/

  • 川田裕美(右)が出演する『義母と娘のブルース』第9話場面写真

    『義母と娘のブルース』に中村アン&川田裕美の出演決定

    エンタメ

     フリーアナウンサーの川田裕美とモデルで女優の中村アンが、綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系/毎週火曜22時)の11日放送の第9話に出演することが発表された。@@cutter 本作は、綾瀬はるか演じるキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚。畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと奔走する日々を描いた10年間の物語。  第9話では、はれてリニューアルオープンを果たした「ベーカリー麦田」が繁盛店となり、注目を集めたことでテレビ取材が入ることに。そのリポーター役として、フリーアナウンサーの川田が出演する。今回の出演で川田は、民放ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初出演となる。  撮影を終えた川田は「いつもと違った現場で大変刺激をいただきました!」と一言。続けて「(出演シーンを)自分で見るのはコワいですが…楽しみに正座して見ます!」と語った。  一方の中村は、麦田の知人で怪しげな謎の女として登場する。  ドラマ『義母と娘のブルース』第9話は、TBS系にて11日22時放送。

  • グラビアのオフショットを披露した小島瑠璃子

    こじるり、ワイプ芸の“マル秘テク”明かす 口パクで「美味しそう」

    エンタメ

     タレントの小島瑠璃子が、25日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系/毎週金曜21時)に出演。スタジオでVTRを見ているときのワイプ画面でのリアクションについて語った。@@cutter この日の企画は、「業界スタッフ157人に聞いた『たまにはホメてよGP』」。ディレクターやプロデューサーに、人気女性タレント10人の評価すべき点についてアンケートし、ランキング形式で発表。その中で2位につけた小島は「めっちゃ嬉しい!」と大喜び。  「呼ばれた番組で自分がどう振る舞えばいいのかちゃんと理解している」「その対応力とコメント力はこの若さでは突出している」という具体的な教科コメントが読み上げられると、小島も思わず素になり、「ただただ嬉しい」と言うのがやっと。    さらに「ワイプのリアクションが抜群。生放送の時はVTRの邪魔にならないよう、口パクで『おいしそ~』と言う技を持っている」や「手を叩いて笑う時も高い位置で手を叩き、ワイプに入るようにしてくれる」と、その高度なテクニックについての証言が届いた。  そんな高い位置での拍手について小島は、「会社に入った時に初めに教えてもらったんですよ」と告白。「嘘をつかなくていいけど、胸元での拍手よりは顔に近づけての拍手のほうが楽しさが伝わるよ」と指導されたのだという。さらに口パクでの「おいしそ~」については、「ワイプの中の小島の声がうるさい」というネットの苦情を見て、声を小さくしようと工夫したものだと語った。    ただ有吉弘行から、「『アッコにおまかせ!』とか『ワイドナショー』での、世間的に攻撃を受けている人へのさらなる追加攻撃がネチっこくて尊敬します」という皮肉めいた声が読み上げられると、小島は「絶対褒めてない!」と絶叫。有吉は「褒めてます褒めてます。さすがだなと…」と笑っていた。  最終結果は、1位・川田裕美、2位・小島、3位・藤田ニコル、4位・鈴木奈々、5位・光浦靖子、6位・ダレノガレ明美、7位・堀田茜、8位・横澤夏子、9位・遼河はるひ、10位・稲村亜美となった。

  • 岡副麻希、『原色美人キャスター大図鑑2018』に登場

    新井恵理那、岡副麻希ら人気キャスター勢揃い 『原色美人キャスター大図鑑2018』発売

    エンタメ

     『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)の新井恵理那、『めざましどようび』(フジテレビ系)の岡副麻希ら「セント・フォース」に所属する人気キャスターが勢揃いした文春ムック『原色美人キャスター大図鑑2018 cent.FORCE Perfect File』が発売になり、誌面を彩るグラビアカットが公開された。@@cutter 本書はセント・フォースの美人キャスター30名以上のグラビアと、プライベートに迫るインタビューを収録した永久保存版となる一冊。誌面には、新井、岡副のほか、皆藤愛子、阿部華也子、川田裕美、長野美郷、高見侑里、柴田阿弥、中川絵美里、曽田麻衣子、伊東紗冶子、望月理恵、小林麻耶などが登場し、普段見ることのできないさまざまな表情を披露している。  長野は「『原色美人キャスター大図鑑2018』今年も発売させていただくことになりました。私たちキャスターの写真と、インタビューがたっぷり載っています。皆さんぜひ、ご覧下さい」と魅力をアピールしている。  『原色美人キャスター大図鑑2018 cent.FORCE Perfect File』は、文藝春秋より発売中。価格は、紙ムック版1620円(税込)、電子書籍版1300円。

  • 「セント・フォース関西」設立のきっかけのひとつとなった、川田裕美

    小林麻耶ら所属のフリーアナ事務所が「セント・フォース関西」設立 その狙いとは?

    エンタメ

     小林麻耶、皆藤愛子ら多数の人気フリーアナウンサーが所属するプロダクション「セント・フォース」が新部門「セント・フォース関西」を立ち上げることを今月発表した。在籍するのは19歳~24歳の9人の関西在住の新人。美女キャスターを中心に100人以上が所属、情報番組はじめスポーツ、バラエティなど多彩な番組に所属キャスターを送り込み、そのプロモート力に定評のある同社。このタイミングで本格的に関西進出する狙いや、関西のフリーアナに求められるものについて探った。@@cutter 同社は1994年に設立。人気の局アナがフリーになった際そのプロモートを手掛ける一方、新人オーディションも積極的に展開。大学のミスコンなどに出向いてのスカウトや紹介などで採用するケースもある。これまで吉田恵、高樹千佳子、長野美郷といった歴代の『めざましテレビ』お天気キャスターも新人として発掘している。採用にあたっては清潔感と華やかさを兼ね備えたルックスの人がポイントとなっている。  新人発掘にあたり、関西在住者でスタッフの目に留まる人材に出会うケースも少なくなかったが、これまでは即東京に呼んで所属させるケースはほとんどなかった。フリーアナは主に4月と10月の改編期前に行われるオーディションに合格しないと仕事はない。何も決まらない状態で上京しても生活できる保証はない。なので「関西の番組でオーディションなどの話があれば声をかける」という仮所属の状態にとどまるケースが多かった。  今回、関西出身者で有望な人材が集まったことで「セント・フォース関西」を設立。同社スタッフが「今の段階でかなり充実したメンバー」という通り、正統派キャスター候補からグラビアなどタレント展開もできそうな人まで幅広いタイプの美女が集まる。関西ブランチの立ち上げをアナウンスしたことで、「近くに事務所があるのなら」とアプローチしてくる人の増加も見込まれ、関西の新人発掘をさらに強化できるというのも狙いだ。  また昨年、元・読売テレビアナウンサーで『情報ライブ ミヤネ屋』で人気者になった川田裕美が所属したことが、関西ブランチを立ち上げるきっかけのひとつになったという。担当者によると「川田が入ったことで関西ローカルの番組にも縁が広がっていきました」とのことで、それまでは関西の局の番組へのプロモートはほとんどやってこなかったというが、これを機に、初期メンバー9人を中心に若手キャスターを関西の番組にプロモートしていく。@@separator 関西の番組では地元で人気のお笑いタレントがMCを務めるものが多いが、そこに出演する若手女性にも「やはりしゃべりが達者な人、ノリの良さも求められるのでは…」とは同社スタッフ。東京の番組ではアイドル的なルックス、爽やかな存在感が買われ採用されるケースもあるが、関西の番組ではそれに加え、よりしゃべりの力量が求められると思われ、「セント・フォース関西所属の9人はどの人と話していても、どこかそういう素養があるというか、トークの力量がある気がしますね」と話す。  川田は『ミヤネ屋』出演時代にはメインMCの宮根誠司の勢いあるトークに負けずに渡り合い、時に自ら笑いのきっかけを作れる程でお茶の間の人気者になったように、関西の局出身者には特にフリートーク力があるアナウンサーが多い。  関西にもアナウンサー、キャスターを中心にマネジメントする事務所はいくつかあるが、セント・フォースのような美女キャスターに特化して人材を送り込む事務所はない。女子大生キャスターら若手のプロモートからスタートし、ゆくゆくは関西の局アナがフリーとして活動する際のプロモートも手掛けられるようになれればという。セント・フォース関西の所属者が活躍すれば、これに追随する事務所が登場する可能性も考えられ、関西から美女フリーアナが続々生まれていくことが期待できそうだ。(文:田中裕幸)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access