藤山扇治郎 関連記事

  • 『まんぷく』に久々に登場した片岡愛之助

    『まんぷく』片岡愛之助が再登場! 視聴者「おじいちゃん感すごい」の声

    エンタメ

     女優の安藤サクラが主演するNHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第26週「行きましょう!二人で」(第146回)が25日に放送され、かつて萬平(長谷川博己)と会社を共同経営していた加地谷役で片岡愛之助が久々に登場すると、視聴者から「おじいちゃん感がすごい」「まさかの加地谷さん!」といったツイートが寄せられた。@@cutter 発売されたまんぷくヌードルは、仲間たちから絶賛の評価を受ける。萬平(長谷川)と福子(安藤)の苦労は報われたかと思いきや、売り上げが伸びない。原因は100円という「値段の高さ」と指摘され、社内では価格を下げる提案も出るが、萬平さんは決して認めない。その後も売り上げは伸び悩み、福ちゃんが変装してスーパーで市場調査を行うと…。  まんぷくヌードルが発売されると、立花家にかつて萬平と会社を共同経営していた加地谷から電話が。すっかり歳をとった様子の加地谷は福子に対して「まんぷくヌードル食べたで。ありゃ〜うまい!」と声をかける。懐かしいキャラクターの登場に、SNSには「まさかの加地谷さん!」「まさかまた加地谷さんに会えるとは…!」などのコメントが多数寄せられた。また高齢の加地谷に扮した片岡の演技に「加地谷さんのおじいちゃん感がすごい」「すげー!声がおじいちゃんや!」「すっかりおじいちゃんのしゃべり方になってるの上手いな〜」などのツイートも殺到した。  さらに立花家には、かつての福子の同僚で料理人の野呂(藤山扇治郎)からも電話が。野呂は笑顔で「まんぷくヌードル美味いなぁ~! 麺とスープもうまいけど具もうまい! エビが入っててビックリしたわ!」と絶賛。このシーンにSNS上には「野呂くんが出てきた!」「いつか野呂さんも食品開発に参加してほしい…」「最終週だから懐かしいキャラも再登場」などの声が投稿されていた。

  • 浜野謙太

    『まんぷく』浜野謙太&藤山扇治郎、“牧さん&野呂さん”2ショットにファン歓喜

    エンタメ

     現在放送中のNHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)に野呂幸吉役で出演する俳優の藤山扇治郎が5日、自身のツイッターを更新。同作で共演する牧善之介役の浜野謙太とのツーショットを公開し、ファンからは「ナイスコンビ」などの声が寄せられている。@@cutter 『まんぷく』では藤山演じる“野呂さん”と浜野演じる“牧さん”として共演する2人。先月27日の放送回では、野呂さんが安藤サクラ演じる福子の夢枕に立ったことで、野呂さんの生存がファンの間では心配されていたが、今月7日放送回で再び野呂さんが登場し、SNS上では「野呂さん、生きてた!」などの反響が寄せられた。  今回、藤山のツイッターに投稿された写真には、「#まんぷくのお陰で親しくして頂いている#浜野さん!#野呂缶です!」というコメントと共に、浜野と顔を寄せ合ったツーショットを披露し、親密ぶりをアピールした。  ファンからは「素敵な2ショットですね」「また、お二人の楽しいシーンが見たいです」などのコメントが寄せられている。 引用:https://twitter.com/senjirou0121

  • 『まんぷく』第23週「新商品!?」/3月7日(木)放送第131回より

    『まんぷく』藤山扇治郎登場に「野呂さん、生きてた!」歓喜の声

    エンタメ

     安藤サクラ主演のNHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第23週「新商品!?」(第131回)が7日に放送され、藤山扇治郎演じる福子(安藤)のかつての同僚・野呂が登場すると、SNS上には「野呂さん、生きてた!」「ホッとしたわ」などの声がSNSに殺到した。@@cutter 萬平(長谷川博己)と福子は自宅で新たなスープを試作。会社の開発チームに試飲させたところ大絶賛で、すぐにでも新味の袋入り即席ラーメンとして売り出すべきだという意見も出てくる。しかし萬平は“容器入り”にこだわり拒否。世界に売り出す新商品として“まんぷくヌードル”と命名し、開発の決意を固める。  福子はまんぷく食品に出向くと、真一(大谷亮平)とバッタリ。福子が「この前、真一さんの奥様とお昼ご飯食べたんです」と笑顔で語ると、真一も「好美(東風万智子)から聞いたよ。“福ちゃんの友達、紹介してもろた”って」と一言。すると画面が変わり、白いスーツに蝶ネクタイ、白髪混じりの頭になった牧善之介(浜野謙太)が登場。胸に手を当てながら「牧…善之介です」とおなじみの自己紹介。すると牧の隣にいた恵(橋本マナミ)も胸に手を当て「妻の…恵です」と自己紹介。このシーンにネット上は「恵さんの挨拶が牧さんと同じで笑った」「挨拶うつっちゃったwww」「恵さんが完全に侵食されてる」などの反響が。  牧夫妻と好美が話しているところに、野呂が笑顔で「コーンスープお待たせ〜」と登場。すると視聴者からは「野呂さん!生きてた!」「おお、野呂さん...生きてたwwww」「生きてた!ホッとしたわ」などのツイートが殺到。2月27日放送の第124回では、亡くなった咲(内田有紀)が福子の夢枕に立つシーンに野呂も登場したことから、ネット上には「野呂さん、何だか死んじゃった様な夢やんw」「野呂さん死んだかと思った」などの声が上がっていた。  また福子を支えた仲間が再結集する姿が描かれると、視聴者からは「すごい、福ちゃんの友達みんな揃ってる〜!」「マキノロの話が入るとほっこり和むー!」「とても良きです」などの声がネット上に寄せられた。

  • 『まんぷく』第22週「きれいごとは通りませんか」/2月27日(水)放送第124回より

    『まんぷく』安藤サクラ演じる福子の夢枕に“野呂さん”登場 まさかの展開に視聴者も驚き

    エンタメ

     安藤サクラ主演のNHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第22週「きれいごとは通りませんか」(第124回)が27日に放送され、克子(松下奈緒)が義理の息子である神部(瀬戸康史)を叱るシーンに、視聴者から「確かに怖い」「怖さパない…」などの声がSNSに寄せられた。また今回、安藤演じる福子の夢枕に初めて野呂(藤山扇治郎)が登場し、「生きているのに夢枕に立つ野呂さん(笑)」など驚きの反響が寄せられた。@@cutter まんぷくラーメン製造法の特許が無事に認定され萬平(長谷川博己)は再び「本家」を名乗る偽物会社に乗り込むことに。模倣品の製造を止めて店頭から撤去するよう訴えると、偽物社長は悪びれることなく拒否。怒りに我を忘れ、自宅に帰っても荒れた様子の萬平に、福子(安藤)は心を痛める。その頃、偽物会社の前で張り込んでいた岡(中尾明慶)たちが元まんぷく食品の社員を発見し…。  仕事の終わった神部が玄関で「ただいま帰りました!」と挨拶すると、玄関で忠彦が「遅いよ茂君…」と一言。毎日仕事で帰りが遅く、子育てもタカ(岸井ゆきの)に任せきりにしていることを神部に諭したばかりの忠彦は困った様子。神部はそんな忠彦に申し訳なさそうに「すいません…今日も仕事で…」と弁解していると、居間から「茂さん…ちょっと…来て」と克子の声が。これに忠彦は目を丸くしながら「克子が…怒ってる」と一言。画面が切り替わり、無表情の克子の顔がアップになると、SNSには「克子姉ちゃん激おこwww」「神部君、これはあかん」「克子ご立腹!きたーーー」などの反響が。  居間に正座して克子と真正面から向かいあった神部は、帰りが遅い言い訳を重ねながら「早く帰ろうとは思ってたんですけど…」とポツリ。すると克子は表情一つ変えずに落ち着いた口調で「そやったら早く帰ってきて」とピシャリ。さらに克子は噛んで含めるような口調で「早く帰ろうと思てたんやったら早く帰ってきてください」と追い討ちをかける。神部に言い訳さえも許さない克子の激怒ぶりに、視聴者からは「克子姉さん確かに怖い」「松下奈緒の怖さパない...」「克子姉ちゃんが一番怖いな」などのツイートが殺到した。  さらに今回、福子の夢枕に姉の咲(内田有紀)と、大阪東洋ホテル厨房係として働いていた福子の元同僚・野呂(藤山)の2人が登場。まさかの野呂の登場にSNSでは「野呂さんが夢枕って生きているのに、面白い演出」「夢枕に立つとは誰が予想しただろうかwww」「野呂さんwww生き霊www」「夢枕に野呂さんが参入したシーン、爆笑したんですけど」など、驚きと歓喜のコメントが相次いでいる。

  • 『まんぷく』主な出演者第2弾発表会見より

    桐谷健太『まんぷく』会見で熱唱 岸井ゆきの&瀬戸康史の出演も決定

    エンタメ

     平成30年度後期NHK連続テレビ小説『まんぷく』の出演者第2弾発表会見が4日大阪で行われ、桐谷健太や岸井ゆきの、瀬戸康史ら総勢11名のキャストが発表された。会見では桐谷が『海の声』を熱唱しキャストや取材陣を盛り上げる一幕もあった。@@cutter 『まんぷく』は、インスタントラーメンを開発した安藤百福・仁子夫妻の半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代を懸命に生きる人々の苦労と成功を描くヒューマンドラマ。  朝ドラ初出演となる桐谷が演じるのは、のちにインスタントラーメンを開発する萬平(長谷川博己)の才能にいち早く目をつける商売人・世良勝夫。会見の司会者からあいさつを促された桐谷はいきなり自身のヒット曲『海の声』を情感たっぷりに熱唱。歌い終えた桐谷が「しっとりバージョンでお贈りしました」とコメントすると会見場は爆笑に包まれた。  同じく朝ドラ初出演となったのは、大河ドラマ『真田丸』のたか役で注目を集めた岸井ゆきの。本作で岸井が演じるのはヒロイン・福子(安藤サクラ)の姪・香田タカ。岸井は「私が大河に初めて出た時の役名も(『真田丸』の)“たか”だったので、すてきな縁だなと思っています」とコメント。そして「豪華な出演者のみなさんに囲まれて、“もう”楽しいです」と充実ぶりを語った。  萬平を生涯にわたって支える男・神部茂役には、『あさが来た』以来の朝ドラ出演となる瀬戸康史。瀬戸が「桐谷さんの後で本当にどうしようか迷ってるんですけど…」と切り出し笑いを誘うと、続けて「神部という役は萬平・福子夫妻ととんでもない出会い方をするんですけど、人の懐に入るのがうまい役どころ。僕も、少しでも早く現場のみなさんの懐に入れるように、頑張ります」と意気込みを語った。  この日は他にも、橋本マナミ、松井玲奈、呉城久美、浜野謙太、藤山扇治郎、片岡愛之助、中尾明慶、橋爪功の出演が発表された。  平成30年度後期・NHK連続テレビ小説『まんぷく』はNHK総合にて、10月1日より月曜~土曜8時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access