ミリー・ボビー・ブラウン 関連記事

  • (左から)『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替え声優を務める木村佳乃&芦田愛菜&田中圭

    芦田愛菜&木村佳乃&田中圭、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替え版で家族に

    映画

     5月31日に世界同時公開される映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の日本語吹き替え版キャストとして、女優の芦田愛菜、木村佳乃、俳優の田中圭が出演することが発表された。芦田は反抗期の少女マディソン役、木村と田中はその両親であり元夫婦の学者役で、家族を演じる。@@cutter 本作は、2014年に公開され全世界興収約530億円のヒットを記録したハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の5年後を舞台とした続編。復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらの怪獣たちとゴジラの戦いと、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする特務機関モナークの活躍を描く。監督は映画『X‐MEN2』や『スーパーマン リターンズ』などの脚本で知られるマイケル・ドハティが務める。  日本語吹き替え版で芦田が演じるのは、反抗期の少女マディソン・ラッセル。芦田は「吹き替えは、自分の演技の表現ではなくて、マディソン役を演じられたミリー・ボビー・ブラウンさんの演技、声、表情に合わせて表現するので難しかったです」と収録を振り返った上で、本作について「人間たちによって自然が汚染されていて、地球が破滅へ向かっていることへの警鐘を鳴らしていると感じて深く考えさせられました」と話している。  木村は、特務機関モナークの元幹部で純古生物学者のエマ・ラッセルを演じる。マディソンの母親であり、物語の鍵を握る重要な役どころだ。「エマ役のヴェラ・ファーミガさんのファンだったので、その役の吹き替えを行うことが出来て嬉しかったです」という木村。「叫び声のセリフが多かったですが、優秀な博士の役所なのとヴェラさんのトーンに合わせて落ち着いた声で演じました」と話し、「関係が壊れてしまったところから始まる夫婦や反抗期の年頃の娘との家族ドラマも見所で、あっと驚く展開が最後に待ち構えているのでお楽しみにしてくださいね」と呼びかけている。  本作で初めて吹き替えに挑戦した田中は、マディソンの父親でありエマの元夫で、モナークから協力を要請される動物学者マーク・ラッセルを担当。「自分が吹き替えたマーク役を演じたカイル・チャンドラーさんが演技で作った感情をどこまで掴んでそれを吹き替えとして反映させたら効果的かを考えました。さらに年齢差もあったので役に合うようになるべく低い声を心がけましたが、そうすると表現できる感情の幅が限られてくる。すごく楽しかったのですがすごく難しかったです」と初挑戦の感想を明かしている。  映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は5月31日より世界同時公開。

  • 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』主題歌を担当する[ALEXANDROS]

    『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』日本版主題歌は[ALEXANDROS]

    映画

     5月31日に世界同時公開される映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の日本版主題歌が、ロックバンド[ALEXANDROS]の書き下ろしによる新曲「Pray」に決まった。人類愛を壮大なロックバラードで表現した楽曲となっている。@@cutter 本作は、2014年に公開され全世界興収約530億円のヒットを記録したハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の5年後を舞台とした続編。復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらの怪獣たちとゴジラの戦いと、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする特務機関モナークの活躍を描く。  映画『X‐MEN2』や『スーパーマン リターンズ』などの脚本で知られるマイケル・ドハティが監督を務め、前作『GODZILLA ゴジラ』で芹沢猪四郎博士役を演じた渡辺謙が引き続き出演。ほかにカイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、サリー・ホーキンスに加え、中国人女優チャン・ツィイーなどが出演する。  日本版主題歌「Pray」を作った[ALEXANDROS]の川上洋平(Vo&Gt)は、以前にゴジラをイメージした楽曲を制作したほど大のゴジラファン。「本当にゴジラが好き過ぎて頼まれてもないのに主題歌を作って東宝さんに送るという暴挙をはたらいたこともありました(kaijuという曲です)。いつの日か何でもいいからゴジラの映画の作品に関わりたいと思っていたのでとても嬉しく思います」と念願成就を喜んだ上、「到着まもないラッシュを鑑賞させていただいた直後ぐらいにはもうすでに曲全体のフラッシュアイデアが閃き、早速着手し始めました。あとはもう映画のムードに誘き寄せられるようにアレンジも出来上がって行きました。それぐらい訴えかけてくる映画でした」と振り返る。  ドハティ監督は「[ALEXANDROS]が本作の厳粛さを捉えるだけでなく、ドラマチック(劇的)な結末を完璧に補完してくれるこの聖歌(アンセム)のような曲を作ってくれたことを大変幸運に感じている」とコメントしている。  映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は5月31日より世界同時公開。

  • ベッカム家の次男、ロメオ・ベッカムに熱愛浮上

    ベッカム家のイケメン次男ロメオ、人気女優と熱愛か

    セレブ&ゴシップ

     デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカムの次男でモデルのロメオ・ベッカムが、海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で大ブレイクした女優ミリー・ボビー・ブラウンと交際しているという。The Sunが報じた。@@cutter 現在16歳のロメオと15歳のミリーは、2016年12月にチャリティー・ガラで出会ったとのこと。ミリーは国連本部で開催されたユニセフの70周年チャリティー・ガラで、ロメオの父デヴィッドに賞を渡すプレゼンターを務めた。この時、デヴィッドの家族に紹介されたという。  ロメオとミリーがいつ頃から交際を始めたか、詳細は不明。情報筋は「まだ始まったばかりだが、とても可愛らしいカップルだ。ポッシュ(ヴィクトリアのスパイスガールズ時代の愛称)がミリーの大ファンで、2人の交際を認めている」と話した。  ミリーは2018年初めに交際宣言した歌手のジェイコブ・サートリアスと、同年7月末に破局した。それ以前にロメオのファンであることを公言していたとのことで、レッドカーペットで何を望んでいるか尋ねられると、「分からないけど、何かロメオ・ベッカムと関係あること」と答えたことがあったという。ミリーはまた、ロメオの兄ブルックリンの恋人でモデルのハナ・クロスの友人でもあるそうだ。  ロメオの方はこれまで、女優やモデルなどの有名人と公に交際を報じられたことはない。  果たしてヤングカップルの誕生か。2人がインスタグラムなどのSNSで、カップルデビューすることに期待したい。

  • 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ビジュアル

    ゴジラとキングギドラが対峙『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』新日本版予告

    映画

     5月31日に世界同時公開される『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』より、新日本版予告映像が解禁。映像では、ゴジラがモスラやラドン、キングギドラなどの怪獣たちと世界の覇権をかけて戦う姿が迫力たっぷりに描かれている。@@cutter 本作は、2014年に公開され全世界で約529億円のヒットを記録した『GODZILLA ゴジラ』の5年後を舞台とした続編。ハリウッド版『ゴジラ』と『キングコング』がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズの第3弾となる。復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらの怪獣たちとゴジラの戦い、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする特務機関・モナークの活躍を描く。  監督を、映画『X‐MEN2』や『スーパーマン リターンズ』などの脚本で知られるマイケル・ドハティが務め、前作『GODZILLA ゴジラ』で芹沢猪四郎博士役を演じた渡辺謙が引き続き出演。ほかに、第89回アカデミー賞2冠に輝いた『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のカイル・チャンドラー、『トレイン・ミッション』のヴェラ・ファーミガ、海外ドラマ『ストレンジャー・シングス』で知られるミリー・ボビー・ブラウン、第90回アカデミー賞作品賞受賞の『シェイプ・オブ・ウォーター』に主演したサリー・ホーキンス、中国人女優チャン・ツィイーなど豪華俳優陣が出演する。  今回解禁された映像では、モスラ、ラドン、キングギドラ、ゴジラらが登場する迫力の映像と、怪獣たちのいる世界でサバイバルを繰り広げる人間の姿が描かれる。「この怪獣たちはまだほんの一部です。どの怪獣が人間を守り、どの怪獣が脅威となるのか」と語る人々。「ゴジラをペットにするのね?」と冗談めかして語る女性に、渡辺演じる芹沢猪四郎博士が「違う。我々がペットになるのだ」と断言する場面も映し出される。怪獣たちが覇権をかけて戦う中、最後は、ゴジラとキングギドラが対峙し、凄まじい速さでぶつかり合う場面で映像は締めくくられる。  映像と併せて解禁された画像は、背びれを青く光らせて、神々しく立つゴジラの姿を捉えたものとなっている。  映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は5月31日より世界同時公開。

  • テイラー・スウィフトとツーショットセルフィーを撮影したミリー・ボビー・ブラウン

    ミリー・ボビー・ブラウン、テイラー・スウィフトとの2ショットでご満悦

    セレブ&ゴシップ

     海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のイレブン役で人気の女優ミリー・ボビー・ブラウンが、「レプテーション」全米ツアー中のテイラー・スウィフトとのツーショットを自身のインスタグラムに投稿した。@@cutter バックステージで撮影したと思われる写真には、キャッツアイのフレームのメガネをかけたミリーと、テイラーが顔を寄せ合ったセルフィーが投稿されている。キャプションにはキスマークの絵文字付きで、テイラーの『レプテーション』のアルバムに収録されている楽曲名「Look what u made me do(私にこんなマネ、させるなんて)」と綴られている。ミリーは憧れのスターに会えて、ご満悦の表情だ。  ミリーは姉妹のペイジとアヴァと共に、現地時間11日のアトランタ公演に来ていた模様。E!Newsによると、インスタグラムのストーリーにも度々動画を上げていて、『ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて』や『バッド・ブラッド』の楽曲に合わせて、歌ったり踊ったりしていたとのことだ。  豪華な人気者二人のセルフィーは、ファンから「二人とも、とてもキュート」「伝説の二人が支え合っている」「今すぐにでも二人を表紙にする必要がある。カメラを構えて待ってるよ」「すごく嫉妬しちゃう」といった反響を集めている。 引用:https://www.instagram.com/milliebobbybrown/

  • 人気若手女優ミリー・ボビー・ブラウンが破局

    14歳の女優ミリー・ボビー・ブラウン、1歳年上の恋人との破局を発表

    セレブ&ゴシップ

     海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のイレブン役で人気を博す若手女優ミリー・ボビー・ブラウンが、シンガーのジェイコブ・サートリアスと破局したことを明かした。二人がインスタグラムのストーリーで発表した。@@cutter 今年1月に交際が明らかになった14歳のミリーと15歳のジェイコブ。ミリーは現地時間7月31日、「ジェイコブと私の決断は互いに同意したことです。私たちは二人とも幸せで、これからも友人です」というメッセージを投稿し、破局を明かしたとのことだ。ジェイコブも名前をミリーに置き換えて、同じメッセージを発信した。  交際中はラブラブの写真を、それぞれインスタグラムに投稿することもあったミリーとジェイコブ。ミリーがジェイコブとキスしている写真を投稿した際には、歌手のアリアナ・グランデが「私は20歳になるまで外出を許されなかった」と冗談めいてコメントするなど、注目を集めたが、一部に「子どもらしくない」という批判もあり、後に削除するという経緯があった。  交際約7ヵ月で破局となったミリーとジェイコブだが、破局の理由は明かされていない。

  • タイム誌「最も影響力ある100人」に選ばれたヘンリー王子、メーガン・マークル、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン

    TIME誌「最も影響力ある100人」にM・マークル、H・ジャックマンら

    セレブ&ゴシップ

     米TIME誌が毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、今年5月に英ヘンリー王子と結婚する元女優のメーガン・マークルや、映画『ウルヴァリン』シリーズの俳優ヒュー・ジャックマンらが選出された。また日本からは「Leaders(指導者)」部門で安倍晋三首相が2014年以来4年ぶりに名を連ねるとともに、「Titans(巨人)」部門でソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が選出された。@@cutter 政界やエンターテイメント界、スポーツ界など、各界で活躍する人物を、「Pioneers(先駆者)」、「Artists(アーティスト)」、「Leaders(指導者)」、「Icons(アイコン)」、「Titans (巨人)」のカテゴリーに分けて選出するTIME誌の「世界で最も影響力のある100人」。Peopleによると、今年は45人が女性で、45人が40歳未満だったという。また、海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未来の世界』のイレブン役で脚光を浴びる子役のミリー・ボビー・ブラウンが、史上最年少となる14歳で「Artists」部門にリスト入りを果たしている。  エンターテイメント業界から選出されたスター陣のうち、栄誉ある特集号の表紙を飾る6人のなかに選ばれたのは、歌手・女優のジェニファー・ロペス(「Icons」部門)、女優のティファニー・ハディッシュ(「Pioneers」部門)、そして女優のニコール・キッドマン(「Artists」部門)だ。  「Artists」部門にはヒューのほか、俳優ライアン・クーグラー、スターリング・K・ブラウン、俳優・監督のジョン・クラシンスキー、女優のガル・ガドット、ディーピカー・パードゥコーン、女優・監督のグレタ・ガーウィグ、歌手のショーン・メンデス、監督のギレルモ・デル・トロなどが名を連ねる。  「Icons」部門で選出されたのは、映画『ブラックパンサー』の俳優チャドウィック・ボーズマンや歌手のリアーナやケシャなど。「Leaders」部門では、メーガンとともにヘンリー王子も選出されている。まさに世界のパワーカップルだ。

  • 「Googleで最も検索された俳優2017」1位:メーガン・マークル

    Googleで最も検索された俳優、ヘンリー王子と婚約した女優M・マークルが首位

    セレブ&ゴシップ

     米Googleが「検索で振り返る2017年」と称して、カテゴリー別に2017年に最も検索された言葉のランキングを発表。俳優カテゴリーでは、2016年にイギリスのヘンリー王子との交際が発覚し女優ランキングのトップになったメーガン・マークルが、本年も首位をキープした。@@cutter 2016年は男優と女優に分かれていたが、2017年版は男女混合でのランキングとなっている。1位のメーガンはヘンリー王子のハートを射止めて以来注目の的だったが、11月にヘンリー王子との婚約が正式発表された。9月には、ヘンリー王子が主催する傷病兵らの国際スポーツイベント「インヴィクタス・ゲーム」がカナダのトロントで開催されると、ヘンリー王子と手をつないで会場を歩くメーガンの姿に注目が集まっていた。来年の5月には結婚式があり、メーガンの注目度はしばらく下がりそうにない。  今年はハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインによる長年のセクハラ問題がメディアで大きく取り上げられ、堰を切ったように次々と映画監督や俳優らが告発された。2位の俳優ケヴィン・スペイシーもその1人だ。少年に対する過去のセクハラ行為が浮上し、その後、次々と他の被害者が名乗りを上げたことにより、主演を務めるドラマや撮影中の映画から解雇された。  他には、スーパーヒーロー映画『ワンダーウーマン』の女優ガル・ガドットや、スティーヴン・キング原作のホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の俳優ビル・スカルスガルドなど、出演する映画やドラマで注目度が上昇したスターが多いようだ。  米Googleで2017年に最も検索された俳優トップ10は以下の通り。 1位 メーガン・マークル 2位 ケヴィン・スペイシー 3位 ガル・ガドット 4位 ルイス・C・K 5位 ビル・スカルスガルド 6位 ミリー・ボビー・ブラウン 7位 トム・ホランド 8位 ケイリー・クオコ 9位 シアーシャ・ローナン 10位 ジェイソン・モモア

  • 『GODZILLA ゴジラ』続編に出演するチャン・ツィイー

    ハリウッド版『ゴジラ』続編、チャン・ツィイーが出演

    映画

     映画『グリーン・デスティニー』(00)や『SAYURI』(05)の女優チャン・ツィイーが、2014年にギャレス・エドワーズ監督でリブートされたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編『Godzilla:King of the Monsters(原題)』に出演することが明らかになったという。DeadlineやThe Wrapなどが伝えた。@@cutter チャン・ツィイーは『GODZILLA ゴジラ』や2017年の『キングコング:髑髏島の巨神』に登場した謎の研究機関であるモナークの一員を演じるとのこと。『Godzilla:King of the Monsters(原題)』だけでなく、いわゆるレジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザースの怪獣映画コラボとなる後の作品にも登場する主要キャラクターになるという。  続編は映画『クランプス 魔物の儀式』(未・15)のマイケル・ドハティ監督がメガホンを取る。ドハティはザック・シールズと共に脚本も執筆している。キャストには映画『死霊館』シリーズの女優ヴェラ・ファーミガ、映画『キャロル』(16)の俳優カイル・チャンドラー、海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の子役ミリー・ボビー・ブラウン、『GODZILLA ゴジラ』に日本人科学者の芹沢猪四郎博士役で出演した渡辺謙などが名を連ねる。  2019年3月22日(現地時間)より全米公開予定。その後、2020年5月22日(現地時間)よりゴジラとキングコングがクロスオーバーする『Godzilla vs. Kong(原題)』の全米公開が続く予定。

  • 『ゴジラ』ハリウッド版の続編『Godzilla:King of Monsters(原題)』に出演するヴェラ・ファーミガ

    ハリウッド版『ゴジラ』続編、ヴェラ・ファーミガがミリー・ボビー・ブラウンの母親役

    映画

     人気海外ドラマ『ベイツ・モーテル』や映画『死霊館』シリーズの女優ヴェラ・ファーミガが、ハリウッド版『ゴジラ』の続編『Godzilla:King of Monsters(原題)』に出演するという。ヴェラはNetflixで配信されている話題の海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の子役、ミリー・ボビー・ブラウンが演じるキャラクターの母親役になると、Varietyが伝えた。@@cutter 現時点でミリーが演じるキャラクターの詳細は伝えられていない。先に映画『アルゴ』(12)や『キャロル』(16)の俳優カイル・チャンドラーが父親役で出演すると伝えられていた。  あらすじの詳細もヴェールに包まれている『Godzilla:King of Monsters(原題)』には、ゴジラの他にモスラやギドラ、ラドンといった邦画『ゴジラ』シリーズに欠かせない怪獣達が登場するとのことだ。  降板したギャレス・エドワーズ監督に代わり、映画『クランプス 魔物の儀式』(未・16)のマイケル・ドハティ監督がメガホンを取る『Godzilla:King of Monsters(原題)』は、2019年3月22日(現地時間)より全米公開予定。来る3月25日に日本公開予定のトム・ヒドルストン主演『キングコング:髑髏島の巨神』とクロスオーバーする『Godzilla vs. Kong(原題)』も2020年5月29日の全米公開に向けて制作される予定だ。

  • 『GODZILLA ゴジラ』続編への出演が決まったというミリー・ボビー・ブラウン

    ハリウッド版『ゴジラ』続編、賞レース話題の名子役が主演か

    映画

     2014年に公開されたハリウッド版『ゴジラ』の新作『GODZILLA ゴジラ』。2019年全米公開予定の続編『Godzilla:King of Monsters(原題)』に、賞レースを沸かしているNetflixの話題のオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の名子役ミリー・ボビー・ブラウンが主演するという。Deadlineやcomicbook.comなどが伝えた。@@cutter あらすじや詳細は不明だが、ゴジラだけでなくモスラ、ギドラ、そしてラドンも登場すると伝えられている『Godzilla:King of Monsters(原題)』。当初、新シリーズ第1弾を監督したギャレス・エドワーズがメガホンを取る予定だったが、降板を受けて映画『クランプス 魔物の儀式』(未・16)のマイケル・ドハティ監督にバトンが手渡された。  出演が決まったミリーは米俳優組合(SAG)賞授賞式でのEntertainment Tonightとのインタビューで、「出演できて嬉しい。監督と意気投合したの。彼とは素晴らしい面談ができたわ。監督が大好きよ。私にとって最初の長編映画になるから本当にワクワクしてる」とハリウッド大作に出演できる喜びを語った。詳細は話せないとのことで、役柄についても明らかになっていない。  SAG賞では『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で、他のキャストと共にドラマ部門の最優秀演技アンサンブル賞を受賞したミリー。同ドラマでは不思議な超能力を持った少女イレブンを演じている。  『Godzilla:King of Monsters(原題)』は2019年3月22日(現地時間)より全米公開予定。レジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザースの一大映画プロジェクトの一環となり、先に公開されるトム・ヒドルストン主演『キングコング:髑髏島の巨神』(3月25日日本公開)とのクロスオーバーとなる『Godzilla vs. Kong(原題)』(2020年5月29日全米公開予定)へと続く。

  • 2017年大ブレイク・再ブレイクを予感させるセレブが大集合<フォト集>

    2017年大ブレイク・再ブレイクを予感させるセレブが大集合<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    2017年の年始めは今年、ひときわ注目を浴び、輝かしいスター街道を歩みそうなスター達をピックアップしてみました。

  • 「Googleで最も検索されたスター2016」のブラッド・ピット&メーガン・マークル

    Googleで最も検索されたスター2016、ブラピ&ヘンリー王子と熱愛女優が首位

    セレブ&ゴシップ

     米Googleが「検索で振り返る2016年」と称して、カテゴリー別に2016年に最も検索された言葉のランキングを発表。アメリカ版の男優ではアンジェリーナ・ジョリーに離婚を突き付けられたブラッド・ピット、女優では英ヘンリー王子と熱愛を報じられた海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメーガン・マークルがそれぞれ1位になったという。The Wrapが伝えた。@@cutter 9月の離婚報道以来、連日マスコミを賑わせているアンジェリーナとブラッドの離婚問題。ブラッドは子供達に対する虐待の疑いでFBIの捜査を受け、映画『マリアンヌ』の共演女優マリオン・コティヤールとの不倫を噂された。そのマリオンは女優ランキングで2位にランクインしている。しかし当のアンジェリーナはトップ10入りしていない。  男優では歌手テイラー・スウィフトとの熱愛が大々的に報じられたものの、わずか3ヵ月で破局したトム・ヒドルストンが2位にランクインした。  女優で1位になったメーガンは、ヘンリー王子との熱愛を報じられたのが10月であることを考えると、かなりの注目度だ。最近はロンドンで2人が一緒に歩いている姿が初めてカメラに捉えられて話題になった。  米Googleで2016年に最も検索された男優&女優トップ10は以下の通り。 <男優> 1位 ブラッド・ピット 2位 トム・ヒドルストン 3位 アダム・ドライバー 4位 ジェシー・ウィリアムズ 5位 トム・ホランド 6位 ジェフリー・ディーン・モーガン 7位 トーマス・ギブソン 8位 セバスチャン・スタン 9位 テイラー・ロートナー 10位 リン=マヌエル・ミランダ <女優> 1位 メーガン・マークル 2位 マリオン・コティヤール 3位 ジョディ・スウィーティン 4位 デイジー・リドリー 5位 ブリー・ラーソン 6位 ジェナ・ディーワン・テイタム 7位 レスリー・ジョーンズ 8位 ケイト・マッキノン 9位 アリシア・ヴィキャンデル 10位 ミリー・ボビー・ブラウン

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access