浅田舞 関連記事

  • 左から浅田真央、浅田舞

    浅田真央のサンクスツアー 卒業する姉・舞が明かした思いにファン感動

    エンタメ

     フィギュアスケーターでタレントの浅田舞が18日、自身のインスタグラムで「浅田真央サンクスツアー ~浅田真央が全国に感謝を届けます~」を卒業した心境をつづり、「舞ちゃん真央ちゃん本当にステキ」「卒業は寂しいけれどもっともっと舞ちゃんが輝いていく為に必要な事なんですよね、きっと。応援します!」といった反響を呼んでいる。@@cutter 「浅田真央サンクスツアー」は、フィギュアスケーターの浅田真央が、応援してきた人々への感謝を込めて、さまざまなスケーターと共に今まで浅田真央が滑ってきたプログラムをメドレーという形でつないでいくアイスショー。姉の舞は年内の最終公演となる島根で本ツアーを卒業することを明かしていた。  「私の大切な妹」として真央との2ショットを投稿した舞は、「サンクスツアーを通じて素晴らしい経験をさせてくれてありがとう。子どもの頃みたく一緒に過ごす時間が増えた事、一緒に頑張れた事、多くの感情を2人で一緒に共有することができた事、、感謝の思いで溢れています」とコメント。  さらに「物心ついた時から2人一緒にフィギュアスケートを始めて、時には離れた時もあったけれど、こうしてまた2人でスケートをできた事。こんなにも幸せな事はありません。サンクスツアーからは離れる道を選んだ私だけれど、これから先、姉妹が離れる事はないから、これからもよろしくね。本当にありがとう」とつづっている。  真央も自身のインスタグラムに姉との2ショットコラージュを投稿し、「舞(ハートマーク)1年間お疲れ様でした!たくさん支えてもらい、たくさん助けてもらいました。感謝しかありません。本当にありがとう!」とコメント。ファンからは「こういう写真、めっちゃ嬉しい」「素敵な姉妹にウルウルしてしまう」「真央ちゃんと舞ちゃんは目標が変わっても絆の強さは変わらないですよね」といったコメントが殺到している。  「浅田真央サンクスツアー」は、2019年2月16日、17日に宮城・ベルサンピアみやぎ泉公演、同23日、24日に熊本・アクアドームくまもと公演の後、群馬、香川、岩手、青森、沖縄、新潟…と12月の愛知まで続いていく。 引用:https://www.instagram.com/asadamai717/    https://www.instagram.com/maoasada2509/

  • 住友生命「Vitality」メディア発表会に出席した(左から)瑛太、浅田真央、浅田舞

    瑛太、子どもの友達の誕生日会に参加 パパ友との交流を語る

    エンタメ

     俳優の瑛太が、17日に開催された住友生命「Vitality」メディア発表会に出席した。イベント前夜に子どもの友達の誕生日会があったことを明かした瑛太は、同席したパパ友たちに感心したことを語った。@@cutter “住友生命「Vitality」”は、加入後の健康診断や日々の運動など、継続的な健康増進活動が評価されることで保険料が変動する保険。新CMに出演する瑛太は、健康面で心掛けていることを聞かれると「汗をかくこと」と答えた。「休みの日だったり、撮影の前だったり。マラソン、サウナ、日焼け、テニス、バスケなど、汗をとにかく(かく)。自分の心の中に溜まったもの、毒素のようなものがどんどん出ていく感じがあって。日々、汗をかくことは続けていますね」と語った。イベントには瑛太のほか、浅田真央、浅田舞、松井秀喜、畠山愛理、福西崇史が出席した。  同じ質問に浅田真央は「ボクササイズ」と明かし、「アイスショーも開催しているので、そういった意味を込めて、体をしっかり作っていかないといけない」とコメント。一方の姉の浅田舞は「身体が喜ぶものを食べる」といい、「真央と一緒にアイスショーに出演しているので、運動した後にはお肉とか。逆に炭水化物、お米をたくさん摂ったりですとか。やはり今、とても暑いじゃないですか。食べないでダイエットっていうのは危ないので、しっかり食べて、しっかり動くようにしています」と語った。  瑛太はイベント前夜に食べたものを聞かれると、「野菜と肉」と答え、「子どもの友達の誕生日会があったんですよ。いろいろなパパ友がいて、いろいろな職業の方がいらっしゃるんですけど、皆さん本当に健康に気遣っていらっしゃって」としみじみ。夜は炭水化物を食べないことを基本にしている人が多かったと言い「俳優だと絶対にストイックみたいな感じに見られるんですけど、そんなことなくて。今はどんなジャンルの方でも、どんなパパでも、皆ちゃんとした食生活を送っていらっしゃる」と感心していた。  瑛太が出演している新CM「Vitality ついに、上陸」篇は同日より放映中。

  • 『金曜プレミアム さんまのまんま春SP』より

    夢叶う! 今夜放送『さんまのまんま』にR‐1王者・濱田裕太郎が初登場

    エンタメ

     今夜放送のスペシャル番組『金曜プレミアム さんまのまんま春SP』(カンテレ・フジテレビ系)に、「R-1ぐらんぷり2018」王者の濱田祐太郎が初出演。司会の明石家さんまに対し、軽快なやり取りと漫談を披露する。@@cutter 弱視の漫談家である濱田は、3月に開催した「R‐1」決勝戦に登場。ロビンフットのおぐやゆりやんレトリィバァを下し、見事優勝に輝いた。直後のインタビューで、濱田は出演したい番組に『さんまのまんま』を希望しており、わずか1か月半で夢が叶った形となった。  番組では、漫談用のマイク前に立った濱田に向かって、さんまが「永久保存版で、帰ったら、(番組を)見~よ!」と一言。これに対し、濱田も「見ます! いや、見えへんねん!」と自身の弱視をネタにして返すなど、初対面であるはずの2人は軽快なやり取りを早速発揮。さんまが「頑張った! 頑張った! やりにくかったやろ~!」と、漫談を終えた濱田を優しく迎える一幕も見られる。  番組収録後、濱田は「めちゃくちゃ緊張しました! 今までに感じたことのない緊張感でした」と、出演の感想を吐露。さんまの印象について「テレビで聞いていた通り、本当に明るくて面白くてパワーがあって…という感じで、かっこよかったです!」と、興奮気味に話した。また、「R-1」優勝後の生活について、「ガラッと変わりました。それまでは、月に2~3回劇場の出番があるくらいだったので、それが、ほぼ毎日何かしらのお仕事を入れていただいているという状況です!」と、好調な様子を明かしている。  同番組には濱田のほか、女優の米倉涼子が7年ぶりに出演。自身の離婚をツッコんできたさんまを逆にやり込めるなど、息の合ったやり取りを見せる。ベテラン女優の樹木希林はマイペースっぷりを発揮し、さんまを翻弄。加えて、浅田舞と真央の姉妹、中尾明慶、玉山鉄二、ジミー大西もスタジオに登場し、さんま相手にトークを繰り広げる。  『金曜プレミアム さんまのまんま春SP』はカンテレ・フジテレビ系にて、今夜19時57分放送。

  • 浅田真央・浅田舞『GQ JAPAN 2018年6月号』表紙より

    浅田真央・舞姉妹、美ボディ強調の“初共艶”

    エンタメ

     フィギュアスケーターの浅田真央と姉の舞が、発売中の『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)で姉妹そろって美ボディを披露している。雑誌では初共演となる真央・舞は、表紙のほかにも70年代のディスコ風ルックで着飾ったハイセンスなグラビアページや、美輪明宏とのスペシャル鼎談にも登場する。@@cutter 自身初プロデュースとなるアイスショーを控える真央と、姉の舞。8ページに及ぶグラビアページでは、アスリートらしく均整のとれた“美ボディ”で「70s Disco & Dance!」をテーマに躍動。ハイセンスな世界観の中で、これまで見せたことのない新たな表情と可能性を見せている。  スペシャル鼎談では、舞台の作・演出・美術・主演も手がける“愛のカリスマ”である三輪が、新しい世界に挑む真央・舞姉妹にアドバイスを送る。  その他、 特集「考えるカラダ」では、 俳優の小栗旬や若手力士・石浦将勝、 筋肉アイドル・才木玲佳など、 トップランナーたちの技術と身体を、10章構成でひもといていく。  浅田姉妹が初“共艶”する『GQ JAPAN2018年6月号』は発売中。価格は600円(税込)。

  • 浅田舞、舞台初挑戦で殺陣を披露!

    浅田舞、舞台初挑戦で殺陣を披露! 鈴木拡樹「回転がきれいすぎる」と称賛

    アニメ・コミック

     唐々煙による人気マンガを舞台化した『煉獄に笑う』の公開ゲネプロおよび取材会が24日、東京・サンシャイン劇場で行われ、主演の鈴木拡樹、共演の崎山つばさ、前島亜美、中村誠治郎、浅田舞、吉野圭吾が出席した。@@cutter 本舞台は、主演・福士蒼汰で実写映画の公開が控えている『曇天に笑う』の前日譚で、戦国乱世を舞台に、300年に一度日ノ本(ひのもよ)最大の湖・琵琶湖に甦るとされる伝説の化物“大蛇(おろち)”を巡り、石田佐吉(鈴木)や曇神社八代目当主の曇芭恋(崎山)と曇阿国(前島)、武将たちが死闘を繰り広げる。  鈴木は、囲み取材で1日10時間の稽古を約1ヶ月間こなしたことを告白。「10時間も汗をかき続けると旅の目的を忘れるんですけど、通し稽古が始まって殿に任されて旅に出たんだと再認識する。なので新鮮な気持ちでやらせていただいている」といい、「お客さんが入って、どんな反応なのか楽しみで仕方がない作品」と胸を張った。  曇神社八代目当主の曇芭恋と阿国は双子という設定だが、鈴木は「(崎山と前島が)舞台上だと双子にしか見えないけど、裏では本当まじめに打ち合わせをしている」と裏側を暴露。崎山が「言っちゃうんだ…」と照れている横で、「打ち合わせしているのに舞台では自然。すごいです、プロフェッショナルです」と息ピッタリの芝居に驚嘆していた。  また、同作で遊女であり情報屋・芦屋弓月役で舞台初挑戦を果たす浅田は「何もかも初めてのスタート」と初日を迎えて緊張の面持ち。作中ではジャンプを駆使した寛雅な殺陣を披露しており、「剣も本格的に使うのは人生で初で難しかった」としたが、共演者の鈴木は「(殺陣の)回転がきれいすぎる。これがか!と思った。表現者の方なので、役者とは違うアプローチで華がある」と浅田を称賛した。  舞台『煉獄に笑う』は、8月24日から9月3日まで東京・サンシャイン劇場にて、9月8日から10日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。

  • 浅田舞、舞台『煉獄に笑う』で自身初の女優デビュー!

    浅田舞、舞台『煉獄に笑う』で女優デビュー! セクシーな胸覗く大胆ビジュアルを公開

    エンタメ

     フィギュアスケーターの浅田舞が、大人気コミックを舞台化した『煉獄に笑う』に、シークレットキャストとして女優デビューすることがわかった。浅田が演じるのは、遊女かつ情報屋の弓月役。セクシーに胸が覗く妖艶なビジュアルも解禁された。@@cutter 唐々煙原作による同名コミックが原作の本作。戦国乱世の渦中にある天正時代を舞台に描く。300年に一度、日ノ本最大の湖・琵琶湖に甦るといわれる伝説の化物「大蛇(オロチ)」。絶大な力が宿るという言い伝えのある「大蛇」を武将たちが追い求める中、小姓・石田佐吉(鈴木拡樹)は、織田家家臣・羽柴秀吉の命を受けて、「大蛇」につながる髑髏鬼灯(どくろほおずき)の謎に挑む。    浅田は、本舞台が女優初挑戦であり、さらにでセクシーな美バストと肉体美があらわとなった妖艶なビジュアルを披露。「初のセリフ有りの舞台で、今からドキドキですし、他のキャストの皆さんにご迷惑をかけないよう、頑張ります」とやる気十分。また。「原作がコミックで、その中の役を演じるのも初めてのことなので、良く作品を理解し、自分なりの弓月を作り上げられればと思っています」と意気込みを示した。  舞台『煉獄に笑う』は、8月24日から9月3日に東京・サンシャイン劇場で、9月8日から9月10日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access