けやき坂46 関連記事

  • けやき坂46から改名することが発表された日向坂46

    日向坂46から加藤史帆、佐々木久美ら4名 ファッション誌専属モデルに

    エンタメ

     先日、けやき坂46(ひらがなけやき)からの改名が発表された日向坂46のメンバーの加藤史帆、佐々木久美、佐々木美玲、高本彩花が、同時にファッション雑誌の専属モデルとなることが発表された。@@cutter 2月下旬発売の4月号より、加藤史帆が「CanCam」(小学館)、佐々木久美が「Ray」(主婦の友社)、佐々木美玲が「non-no」(集英社)、高本彩花が「JJ」(光文社)の専属モデルとして登場。日向坂46では、すでにSeventeen専属モデルとして活躍中の小坂菜緒も含め、合計5名の専属モデルが所属することとなる。  加藤は今回の発表に寄せて、「夢のように幸せ」と胸中を明かし「メイクやファッションについて勉強して、アイドルのときの自分とは違う表情を沢山お見せできるよう精一杯頑張ります」と目標を披露。  日向坂46キャプテンの佐々木久美は「私は日向坂46で一番背が高いので、その身長を活かすことができるように、また、私が憧れてたようにキラキラした、真似したいと思っていただけるようなモデルさんになれるように頑張ります」とこちらも気合十分。  佐々木美玲は「ノンノの専属モデルとして、胸を張れるように、そして恥じないように」を目標に「いつか女性の憧れの存在になれるように成長出来たらいいな」と語る。高本は「私はモデルとしてまだまだ未熟者です」と自己評価しつつ、「JJモデルとしてたくさんのことを経験して自分が自信をもてることを見つけたいと思います」と宣言した。  けやき坂46は2016年5月に欅坂46のアンダーグループとして結成したが、単独で全国ツアーやアルバムをリリースするなど人気を確立。日向坂46への改名ととにも、3月27日に待望のシングルデビューも決定している。

  • 日向坂46への改名を発表した、けやき坂46

    けやき坂46、“日向坂46”に改名 メンバーたちにもサプライズ発表

    エンタメ

     アイドルグループ・けやき坂46がグループ名を“日向坂46”に改名することが11日発表された。改名は同日にメンバーの佐々木久美、齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、佐々木美玲、柿崎芽実が出演し配信された動画アプリ「SHOWROOM」内でサプライズ発表された。@@cutter 配信された番組「ひらがなのおしらせ」の中で、メンバーの佐々木久美が番組を閉めようとしたところ、スタッフから佐々木へ封筒が差し出されるという展開に。出演者全員が困惑する中で、佐々木が封筒に入った手紙を読み上げると、そこには“視聴者の皆さんと映像を一緒にご覧ください”の一文が。そこから始まった映像に「改名」の文字が大きく現れると全員が驚きの絶叫。続けて映像に「日向坂46」という新たなグループ名が映し出されるとメンバーからは口々に「めっちゃいい!」「すごい!」など喜びの声が上がった。  サプライズ発表に齋藤は「3年間やってきて一番うれしい」とコメント。さらに彼女はかねてから“ひらがなけやきの改名”を叶えたい夢としていたことも明かした。また佐々木久美は「ひらがなにも愛着があるから寂しい気持ちもあるけど…」と語ると、カタカナの“ヒ”をモチーフにしたグループのハンドサインについて触れ、「スタッフさんが“ヒ”を使えるようにいろいろ考えてくださったのかなと思うと愛を感じるし…愛しかないね?」とほかのメンバーに語りかけた。  また、この日の配信では改名のほかに、3月27日に単独シングルデビューを果たすことや、デビューシングルのタイアップ、さらにデビューカウントダウンライブが3月5日、6日に横浜アリーナで開催されることが発表された。さらに公式サイトがオープンし、そこでデビューカウントダウンライブのチケットの先行予約が行われることもアナウンスされた。

  • けやき坂46

    けやき坂46新メンバー・上村ひなの 先輩メンバーも「かわいい」と大絶賛

    エンタメ

     けやき坂46の三期生・上村ひなのが、3日放送の『ひらがな推し』(テレビ東京/毎週日曜25時5分)に初登場。先輩メンバーたちが「かわいい」と絶賛し、視聴者からも反響が寄せられた。@@cutter 番組では「上村ひなのをみんなで知ろう!」と、さまざまな角度から上村のキャラクターをひもといた。その中で、上村の母親にアンケートを実施。「娘さんが一番カワイイ瞬間」は「お願いごとをする瞬間」だといい、「お願いごとがあるたび、じーっと見つめてきます。そのときの目がかわいい」と明かされた。  MCのオードリー・春日俊彰に実演を求められた上村は「お小遣いちょうだい」というセリフを上目遣いで披露。同じくMCの若林正恭から「金じゃねえか!」とツッコミが入るも、ひな段の先輩メンバーからは「あげる〜!」という声があがり、彼女の初々しく、憎めない姿にときめくメンバーたちが映し出された。  続いて、恥ずかしいことがあると肩を揺らしてしまう習性があるとメンバーの井口眞緒に明かされた上村は「(恥ずかしいだけでなく)楽しいとこうなっちゃいます」とその動きを披露。「前衛的な動き」と評価されたキュートな動作には、メンバーからも「かわいい!」と大きな歓声が。初登場となった本番組に、強烈なインパクトを残した。  放送後、SNSには「ひなの可愛過ぎかよ」「破壊力やばい」といった称賛の声が相次ぎ、中には「ひなのちゃん、24時間ずっと見ていたい笑」と、すっかり心をつかまれてしまったファンが多数見受けられた。

  • オードリー若林正恭

    オードリー若林、けやき坂46メンバーに“呼び捨て”される「若林と春日さん」

    エンタメ

     オードリーがMCを務める、けやき坂46の冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京/毎週日曜25時5分)で、オードリーの若林正恭が、グループのキャプテン佐々木久美に「若林」と呼び捨てにされるという一幕があった。@@cutter 27日の放送では、「けやき坂46メンバー初めての企画プレゼンを皆で何とか成功させよう!」という企画を実施。メンバーそれぞれが自分たちで考えた企画をプレゼンし、面白かったものは実際に番組企画として実現することになった。  そこで佐々木は、「オードリーの車あるんですけど…?」というドライブ企画を提案。メンバーの中で運転免許を持っている佐々木と井口眞緒の運転で、オードリーの2人とドライブに行きたいという。そのトークの中で、佐々木は「若林と春日さんも…」となぜか若林のことだけを「若林」と“呼び捨て”にしてしまうというミスを犯してしまう。これには若林も「どうしたんだよ? 俺のこと呼び捨てだったよ?」とすかさずツッコミ。  佐々木は慌てて「言いました『さん』って」と主張するが、リプレイを見てみると、確かに「若林と春日さんも…」とハッキリと言っていた。  これには、けやき坂46メンバー&オードリーも大爆笑。若林は「なんで春日は『さん』なのに、俺は呼び捨てなのよ」「差ついたな」と嘆いていた。

  • オードリー若林正恭

    オードリー若林、けやき坂46の一部メンバーをひいき? 番組中にブーイングの嵐

    エンタメ

     オードリーがMCを務める、けやき坂46の冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京/毎週日曜25時5分)で、若林正恭が一部メンバーを“えこひいき”。メンバーから「ひいきだ!」とブーイングが巻き起こった。@@cutter 20日の放送では、メンバーを20代の「成人チーム」、10代の「未成年チーム」に分け、出されたお題のワードを“セクシーに発する”大人の色気対決を実施。  「未成年チーム」のお題は“ゆたんぽ”。そこで16歳の小坂菜緒が、振り向きざまに「ゆたんぽ」と発すると、若林は即座に「未成年チーム」勝利の札を上げた。  小坂は、これまでにもたびたび“若林のお気に入りではないか”とメンバーからツッコミが入る、2期生のメンバーだ。  若林は小坂について、「すぐにCM行けるね。ゆたんぽのCM」とべた褒め。すると加藤史帆、佐々木久美ら「成人チーム」メンバーは「ひいきだ! ひいき」と大ブーイング。若林は「はい、ひいきですよ」と開き直った態度を見せ、スタジオを沸かせていた。

  • けやき坂46・渡邉美穂、初の写真集『陽だまり』がジャンル別で1位

    けやき坂46・渡邉美穂、初の写真集『陽だまり』がジャンル別で1位

    エンタメ

     けやき坂46・渡邉美穂のファースト写真集『陽だまり』(幻冬舎)が、1月28日付の“オリコン週間BOOKランキング”(集計期間:2019年1月14日~20日)で初登場5位にランクイン。週間売上は1.7万部を記録し、ジャンル別「写真集」では1位を獲得した。@@cutter 本作はけやき坂46のメンバー・渡邉の、自身にとって、また同グループのメンバーとしても初の写真集。撮影は、海外未経験の渡邉の希望によりニュージーランドの主要都市・オークランドを中心に行われ、グランピング体験や羊とのショットのほか、プライベートでも着たことがなかったというビキニ姿にも挑戦している。  同作特設サイトでは渡邉のコメントも掲載され、「ソロ写真集を出すと初めて知ったときは驚きましたが、今の自分の姿を形に残せるということはとても嬉しかったです」と喜びを露わにしている。さらに「この写真集では今まで通りの私はもちろん、自分でもドキッとしてしまうような、これまで見せたことの無い表情も見せられたと思います。なので、たくさんの方に見ていただきたいと思う反面、恥ずかしさもあります」と自身の胸中を明かしている。  けやき坂46・渡邉美穂、ファースト写真集『陽だまり』(撮影:細居幸次郎/幻冬舎)は現在発売中。価格は1800円(税別)。

  • 1st写真集『陽だまり』刊行記念イベントに登場した渡邉美穂

    けやき坂46・渡邉美穂、ビキニ姿も披露した初写真集は「307点!」

    エンタメ

     けやき坂46の渡邉美穂が15日に都内で、自身のファースト写真集『陽だまり』(幻冬舎)刊行記念イベントに出席した。本作で人生初のビキニ姿を見せている渡邉は、撮影前にダイエットを行ったことに触れ「一ヵ月くらいで約6キロ落としました」と明かした。@@cutter ニュージーランドでロケを行った本作は、渡邉が羊と戯れる様子、グランピングや焚火を楽しむ模様、水着姿などに加えて、ロングインタビューも収録。初めての海外がニュージーランドとなった渡邉は「私は18歳なんですけど、子供と大人になっていくその間にいる瞬間を、ぎゅっと詰め込んだ一冊になっているなと思います」と満足げにコメント。  お気に入りのページには、朝日を見つめているカットを選び「自分の顔のパーツで一番好きなのが目なんですけど、目がこの先にある何かを見据えている感じがして。とても気に入っています」と白い歯を見せた。  また、水着撮影に関しては「人生で初めてビキニを着たんですけど、正直最初は、不安もあったし、緊張とか恥ずかしさもすごくあったんです」としたうえで「実際に現地で水着になって撮影を始めたら、解放感もあって、どちらかといえば楽しいという方が大きかったです」と話していた。  グループで初の写真集を出したことに話が及ぶと「重要な役割を任せていただくからには、ひらがなけやきをより知っていただけるように、何か少しでも爪痕が残せたらいいなと思って、頑張ろうと決意をして挑みました」としみじみ。  撮影前の準備として、水着に備えてダイエットを行ったことに触れ「週に何回もジムに通ったり、食事制限とかもして、最終的に、一ヵ月くらいで約6キロ落としました」と告白。そんな努力を込めた本作の自己採点を求められると「307点です」と答え、その理由を聞かれると、ニュージーランドに行く前に、緊張のため眠れなかったため、羊を数えていたことを明かし「307匹まで数えて、そこで寝ちゃって」と笑顔を見せた。  けやき坂46 渡邉美穂のファースト写真集『陽だまり』は、幻冬舎より1月17日発売。

  • 欅坂46 二期生/けやき坂46 三期生「お見立て会」

    欅坂46&けやき坂46、新メンバー10名がファンの前で初パフォーマンス

    エンタメ

     「欅坂46 二期生/けやき坂46 三期生『お見立て会』」が10日、東京・日本武道館にて行われ、欅坂46二期生の9名、けやき坂46三期生1名の合計10名が、ファンの前に初登場。パフォーマンスを披露し、握手会も開催した。@@cutter この日、登壇したのは、欅坂46二期生である井上梨名(いのうえ りな・17歳)、関有美子(せき ゆみこ・20歳)、武元唯衣(たけもと ゆい・16歳)、田村保乃(たむら ほの・20歳)、藤吉夏鈴(ふじよし かりん・17歳)、松田里奈(まつだ りな・19歳)、松平璃子(まつだいら りこ・20歳)、森田ひかる(もりた ひかる・17歳)、山崎天(やまさき てん・13歳)の9名と、けやき坂46三期生・上村ひなの(かみむら ひなの・14歳)の合計10名。  司会のお笑い芸人・オテンキのりの呼び込みで、10名が1人ずつ次々と登場し、それぞれが自己紹介したほか、特技も披露。サックス(関)、ダンス(武元)、歌(松田)、和太鼓(森田)と独自のカラーを出し、ファンを沸かせた。  続けて、さらに個々の個性を引き出す、「教えて十人十色」のコーナーへ。事前のアンケートを基に、一人一人がトークを展開した。「ドジっ子です」(井上)、「渡辺梨加さんに憧れてアイドルを目指しました」(関)、「滋賀県出身なので滋賀県の魅力を発信したい」(武元)と続き、「20歳なんですけど、年下の子の方がお姉ちゃんに見えるって言われる」(田村)、「大食いです」(藤吉)と自己紹介する新メンバーたち。  さらに元銀行員という経歴を持つ松田は「(応募のきっかけは)お姉ちゃんが応募した」、「泣き虫で、さっきも舞台裏で泣いちゃってた」(松平)、身長が149.8cmの森田は「(自分を一言で表すと)小さい」、最年少13歳の山崎は「(アイドルを目指したきっかけは)直感。欅坂46に入らなきゃって思いました」と臆することなくコメント。けやき坂46唯一の二期生となる上村は「(挨拶をしたとき印象に残った先輩は)加藤史帆さん。スキンシップを多く取ってくださった」とそれぞれがファンの前でまだ見ぬ一面を見せた。  イベント後半では、いよいよ10名がファンの前で初パフォーマンス。1曲目、欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』を藤吉がセンターを務めて披露し、続けて、けやき坂46の『誰よりも高く跳べ!』を上村のセンターで堂々と見せた。2曲が終わったところで、松田が代表して、「今日はお忙しい中、私たちのお見立て会にお越しいただき、ありがとうございます」と挨拶し、「初めてのステージが、こんな素晴らしい日本武道館で開けることにすごく感謝しています」と感激のコメント。最後に『W‐KEYAKIZAKAの詩』をそろって歌い上げた。  全てのパフォーマンスが終わると、一人一人が感謝の挨拶を述べ、お見立て会を締めくくった。

  • 手塚治虫『七色いんこ』原作イラスト

    乃木坂46×けやき坂46、手塚治虫原作舞台『七色いんこ』で初タッグ

    エンタメ

     漫画界の巨匠・手塚治虫の不朽の名作『七色いんこ』を原作とした舞台が10月に上演され、乃木坂46とけやき坂46が坂道シリーズの垣根を越え初共演することが分かった。主人公の七色いんこを乃木坂46の伊藤純奈、ヒロインをけやき坂46の松田好花が務める。@@cutter 原作の『七色いんこ』は、1981年から1983年まで「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載された手塚作品のひとつ。主人公の七色いんこ(伊藤)は、代役専門の天才役者にして大泥棒。観客から盗みを働くことを劇場が見逃すのを条件に、どんな舞台にも立ち、見事に代役を演じ切るキャラクターだ。そんな主人公を捕まえようとするのが女性刑事の千里万里子(松田)。実はほのかにいんこに恋心を抱いている設定だ。物語には、役者が主人公だけあって、演劇の名作が数多く登場する。  七色いんこを演じる伊藤は、今年1月、ロシアの文豪チェーホフの四大戯曲のひとつ『三人姉妹』で、次女マーシャを演じた実力派。今回が舞台初主演となる。対する千里刑事に扮する松田は、10人で1役を演じる独創的な舞台『あゆみ』で初舞台を踏んでいる。  演出は『Dance with Devils』シリーズの三浦香。脚本は、学園コメディのミュージカル版『監獄学園 PRISON SCHOOL』、スマホゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の舞台化作品を手がけた畑雅文が担当している。  舞台『七色いんこ』は、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて10月4日~8日まで上演。チケットは9月22日発売。

  • 環いろは役の柿崎芽実

    けやき坂46『マギアレコード』、柿崎芽実と丹生明里のビジュアル解禁

    エンタメ

     けやき坂46が出演する舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』から、環いろは役の柿崎芽実と、鹿目まどか役の丹生明里のキャラクタービジュアル、さらに柿崎、丹生らのコメントが到着した。@@cutter 本作は、過酷な運命を背負う少女の物語が世界中で話題騒然となったテレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の世界観を体感できるスマホゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のメインストーリーを舞台化。今回は『マギアレコード』メインキャラクターである環いろは役の柿崎と、『まどマギ』メインキャラクターである鹿目まどか役の丹生明里のキャラクタービジュアルが公開された。  また、出演するけやき坂46メンバーからのコメントも到着。柿崎は「アクションシーンは、すごく難しいです。でも『アイドルだからこんなものか』と言われないよう、本気でぶつかっていきたいと思います!」と気合いを見せる。七海やちよを演じる佐々木美玲が「作品を愛する全ての方の期待を裏切らない舞台にしたいです」と誓えば、由比鶴乃役の富田鈴花は「殺陣の経験があるので、誰よりもパワフルなアクションを見せられたらと思います」と自信たっぷりにコメントしている。  柿崎と同じく今回ビジュアルが解禁となったまどか役の丹生は「このような大役を私が演じられるだろうか…という不安もありましたが、選ばれたからには全力でまどかちゃんを演じたいと思います」と意気込んでいる。また、暁美ほむら役の河田陽菜は、「けやき坂46ファンの皆さんが驚くような私たちの新しい一面をお見せできるよう、頑張ります!」と気合い十分だ。  一方、巴マミ役の加藤史帆は「けやき坂46の衣裳はスカート丈が長いので、マミさんのミニスカートにもドキドキです」と見どころをアピール。「愛らしいキャラクターがたくさん登場する一方、物語は衝撃的な展開も多く、そこはしっかり世界観を捉えて頑張りたいと思います」ともコメントを寄せている。  舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』は、8月24日~9月9日まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演。

  • 舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に出演するけやき坂46の(上段左から)柿崎芽実、佐々木美玲、富田鈴花、渡邉美穂、潮紗理菜、(下段左から)丹生明里、河田陽菜、齊藤京子、金村美玖、加藤史帆

    けやき坂46『マギアレコード』キャスト発表 メインキャラには柿崎芽実

    エンタメ

     けやき坂46が出演する舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のメインキャラクターを、柿崎芽実が演じることが決定した。同時にその他メンバーの役柄も発表されている。@@cutter 本作は、過酷な運命を背負う少女の物語が世界中で話題騒然となったテレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の世界観を体感できるスマホゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のメインストーリーを舞台化。  奇妙な力に導かれ、魔法少女たちが集う新興都市・神浜市。そこは、魔法少女がそのままの姿であり続けられる場所で、彼女たちは魔女から新たな力を引き出して戦っていた。姿を消した妹・ういを追ってこの町にやって来た環いろはは、魔法少女と共に手がかりを探し始める。やがて、見滝原市の魔法少女・暁美ほむらも現れ、2つの町の魔法少女が交差し、もうひとつの希望が生まれる…。  柿崎は中心人物となる環いろは役を演じ、“外伝”でメインキャラクターとなっている他の魔法少女たちには、同じくけやき坂46の佐々木美玲(七海やちよ役)、富田鈴花(由比鶴乃役)、渡邉美穂(深月フェリシア役)、潮紗理菜(二葉さな役)が選ばれた。  さらに、アニメ版の『魔法少女まどか☆マギカ』でメインキャラクターである5人の魔法少女たちも本作に登場。こちらには丹生明里(鹿目まどか役)、河田陽菜(暁美ほむら役)、齊藤京子(佐倉杏子役)、金村美玖(美樹さやか役)、加藤史帆(巴マミ役)が起用されている。  舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』は、8月24日~9月9日まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演。

  • スマートフォンゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』キャラクタービジュアル

    けやき坂46、舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』出演決定

    エンタメ

     けやき坂46が、スマートフォンゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の舞台化作品にメインキャラクターとして出演することが発表された。舞台には、けやき坂46のメンバーの中から10名ほどが出演する。@@cutter 本作は、過酷な運命を背負う少女の物語が世界中で話題騒然となったテレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の世界観を体感できるスマホゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のメインストーリーを舞台化。  奇妙な力に導かれ、魔法少女たちが集う新興都市・神浜市。そこは、魔法少女がそのままの姿であり続けられる場所で、彼女たちは魔女から新たな力を引き出して戦っていた。姿を消した妹・ういを追ってこの町にやって来た環いろはは、魔法少女と共に手がかりを探し始める。やがて、見滝原市の魔法少女・暁美ほむらも現れ、2つの町の魔法少女が交差し、もうひとつの希望が生まれる…。  本作には、けやき坂46のメンバー約10名と、ほぼ同数の俳優陣が出演。出演メンバーについては、今後随時発表される。演出を務めるのは『ライブ・スペクタクル「NARUTO ‐ナルト‐」』をはじめとする2.5次元作品や、ミュージカル『アメリ』などの演出を手掛けた児玉明子。脚本はSFファンタジー作品に定評のある畑雅文が、ゲームストーリーを基にしたオリジナル作品を書き下ろす。  舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』は、8月24日~9月9日まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演。

  • 『七夕さよなら、またいつか』に主演する長濱ねる

    欅坂46・長濱ねるがドラマ初主演 けやき坂46ライブとの連動も

    エンタメ

     欅坂46の長濱ねるが、7月7日と14日の2週にわたって放送されるドラマ『七夕さよなら、またいつか』(日本テレビ/7月7日25時5分・7月14日25時20分)でドラマ初主演を務めることが分かった。また、ドラマは7月7日に千葉・幕張メッセで行われる、『LIVE MONSTER LIVE 2018』スペシャル企画として行われる「けやき坂46 LIVE」七夕SPゲスト 長濱ねる(欅坂46) ~一夜限りの再会~』と連動した内容になる。@@cutter 本作は「願い」「約束」をテーマに、ライブとドラマを連動させたバーチャルリアリティ恋愛ドラマ。長濱演じる長崎出身・東京在住の女子大生ねるを主人公に、彼女が最愛の彼氏と遠距離恋愛を乗り越えていく姿をつづっていく。放送作家で映画監督としても活躍する鈴木おさむが脚本を務める。長濱以外のキャストは明らかになっていない。  大学2年生のねるは、初夏の遊園地で思いを寄せる先輩に告白。晴れて先輩の彼女となったねるは、七夕の日にデートに出かける。これからもデートを重ねていくはずだった矢先、社会人1年生の彼が大阪へ転勤することに。二人は遠距離恋愛になっても変わらず愛し合うことを誓う。  彼の大阪転勤後、毎日のようにスマホで自撮り動画を送りながら遠距離恋愛を乗り越えるねる。ところがある日、彼女は急な病で倒れてしまう。さらに大阪では、彼に好意を寄せる女性が現れて…。  本作がドラマ初主演となる長濱は「演技経験も少ないので、不安なこともありますが精一杯努めさせて頂きます」と一言。さらに「七夕という特別な日に、大切な人を思いかえしていただけるような夜になったら嬉しいなと思います」と語っている。  また脚本を担当した鈴木は、ドラマの中身について「ドラマのようでドラマに見えない、だけどドラマ。スマホの時代に、このような実験的ドラマを長濱ねるさんを主演に作れることが楽しみです」とコメント。さらに「色んな意味でビックリしていただきたいです」と意気込みを語った。  ドラマ『七夕さよなら、またいつか』は日本テレビ(関東ローカル)にて、7月7日25時5分、7月14日25時20分より放送。

  • 「女性アイドル顔だけ総選挙2018」

    「女性アイドル顔だけ総選挙2018」上位メンバー写真特集

    エンタメ

    『レコメン!』(文化放送/毎週月曜から木曜22時)が発表した「女性アイドル顔だけ総選挙2018」の結果をご紹介!

  • 「女性アイドル顔だけ総選挙2018」

    白石麻衣「女性アイドル顔だけ総選挙」で1位に 乃木坂46が5位まで独占

    エンタメ

     ラジオ番組『レコメン!』(文化放送/毎週月曜~木曜22時)内で行われた「女性アイドル顔だけ総選挙2018」の結果が13日の放送で発表され、乃木坂46の白石麻衣が1位に輝いた。@@cutter 「女性アイドル顔だけ総選挙2018」は『レコメン!』内で毎年行われている企画で、性格は考慮せず純粋に“顔だけ”で優れているアイドルをリスナーが選び投票するというもの。  白石は昨年に引き続き、1位に輝いた。2位は同じく乃木坂46の佐々木琴子、3位も乃木坂46の堀未央奈。さらに4位に齋藤飛鳥、5位に鈴木絢音という1位~5位を乃木坂46のメンバーが占める結果となった。  番組でお笑い芸人・オテンキのりと水曜日のダブルパーソナリティーを務める堀は昨年の9位から3位に大きくランクアップ。同じく月曜のダブルパーソナリティーを務める欅坂46の菅井友香も昨年の11位から9位に上昇した。  この日、番組に出演していた堀は結果を受けて「すごくうれしいんですけど、レコメンっていう枠でやらせてもらってるから、親心じゃないですけど…」とコメント。「レコメンやってたからここに食い込めたなあって思います」と謙遜していた。  「女性アイドル顔だけ総選挙2018」1位~20位の結果は以下の通り。 1位:白石麻衣(乃木坂46)        2位:佐々木琴子(乃木坂46)       3位:堀未央奈(乃木坂46)        4位:齋藤飛鳥(乃木坂46)      5位:鈴木絢音(乃木坂46)       6位:太田夢莉(NMB48)        7位:松井珠理奈(SKE48)       8位:横山由依(AKB48)       9位:菅井友香(欅坂46)        10位:山本彩(NMB48)        11位:西野七瀬(乃木坂46)   12位:松村沙友理(乃木坂46)   13位:相楽伊織(乃木坂46)    14位:生田絵梨花(乃木坂46)  15位:渡辺梨加(欅坂46)   16位:山下美月(乃木坂46)    17位:星野みなみ(乃木坂46)   18位:長濱ねる(欅坂46)    19位:小坂菜緒(けやき坂46)    20位:高柳明音(SKE48)

  • 『KEYABINGO!4』に出演するけやき坂46(1期生)

    けやき坂46単独の新番組『KEYABINGO!4』放送決定

    エンタメ

     女性アイドルグループ・けやき坂46の新番組『KEYABINGO!4』が、4月17日より日本テレビにてスタートすることが分かった。けやき坂46が単独で『BINGO!』シリーズを務めるのは初となる。@@cutter 『KEYABINGO!』は、AKB48の『AKBINGO!』、乃木坂46の『NOGIBINGO!』などの『BINGO!』シリーズとしてこれまで、欅坂46と共に3シーズン放送されてきたが、『KEYABINGO!4』で初めてけやき坂46が単独出演する。コンセプトは「今のけやき坂46に必要な事を、自分たちで企画して番組を作る!」。MCは前回に引き続き、サンドウィッチマンが務める。  番組始動前に行われた企画会議では、メンバーから続々とアイデアが集まった。1期生からの「サメと闘うとか命をかけたい!」(佐々木久美)、「男装をしてみたい」(柿崎芽実)、「大人のいい女に変身してみたい」(井口眞緒)の意見のほか、2期生も、「大食いをやりたい…」(河田陽菜)、「せんぶり茶を飲みたい」(宮田愛萌)など1期生に負けじとチャレンジ企画を提案。この企画会議の様子は、番組公式Twitterで公開されている。  『KEYABINGO!4』は、4月17日より日本テレビにて毎週月曜25時29分放送。

  • けやき坂46・加藤史帆&佐々木久美が“スター・ウォーズ愛”を語る

    けやき坂46・加藤史帆&佐々木久美、溢れ出る“スター・ウォーズ愛”が爆発!

    映画

     週末の映画動員ランキングで2週連続1位を獲得し、公開10日間で興行収入32億円超え、動員211万人突破という大ヒットスタートを切った『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。お正月映画として年末年始も引き続き、各地で大きな反響を巻き起こしそうな本作を、公開週にいち早く鑑賞し“ガチのファン”だというけやき坂46の加藤史帆と佐々木久美にインタビューを実施。「スター・ウォーズ」の魅力を語り尽くしてもらった。@@cutter 本作は、2015年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、シリーズ最新作。フォースを覚醒させたレイ(デイジー・リドリー)と、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン(アダム・ドライバー)。“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)は二人に何をもたらすのか? ――映画が公開してすぐに劇場でご覧になったと聞きました。 加藤:私は公開日の夜に父親と一緒に観たのですが、観終わった後、しばらく興奮が止まりませんでした。帰りながら夢中で父と『最後のジェダイ』の話をしていました。 佐々木:私も「スター・ウォーズ」が大好きで、全作観ているのですが、昨年の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はアナザー・ストリーだったので、早く『フォースの覚醒』の続きが観たいと思っていたんです!だから映画を観ているときは「新しいスター・ウォーズを観ているんだ」ってずっと興奮していました。本当に感動しました! ――加藤さんは19歳、佐々木さんは21歳と、いわいる「スター・ウォーズ」世代ではないと思うのですが、好きになったきっかけは何だったのでしょうか? 加藤:もともと父親が「スター・ウォーズ」の大ファンで、フィギュアなどもケースに入って飾ってあるような家庭でした。私も小さい頃から、内容はわからなかったのですが、旧三部作や『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)のビデオを何度も何度も観ていました。その後、小学生の頃に『エピソード3/シスの復讐』(2005年)を初めて劇場で観て「すごくカッコイイな」と思ったのと、「こうやってダース・ベイダーが生まれたんだ」と分かって、一気にハマっていきました。 佐々木:私も父親の影響ですね。父も「スター・ウォーズ」が大好きで、最初の『エピソード4/新たなる希望』(1978年)が公開された時、父はまだ高校生だったのですが、「スター・ウォーズ」が観たくてアメリカに短期留学して本場ハリウッドのチャイニーズシアターで観たそうです。家には(レイア姫役の)キャリー・フィッシャーさんのサインもあります!父がファンレターを送ったら返事をいただいたみたいです。母も父の影響でシリーズすべて観ていますし、兄も大ファンなんです。そんな家庭で育ったので、小さい頃から「スター・ウォーズ」には自然と触れていました。私が映画館で初めて観たのは『フォースの覚醒』ですが、過去作は何度も見返しています。 ――まさに「スター・ウォーズ」の英才教育を施されながら育ったんですね!新シリーズに登場するキャラクターでお気に入りのキャラクターはいますか? 加藤:私はずっとR2‐D2が好きだったので、新シリーズを観る前は、BB‐8のことは「絶対好きにならないぞ!」って誓っていたのですが、やっぱり映画を観たらBB‐8が大好きになっちゃいました(笑)。走り方ももちろんですが、落ち込んだときの仕草や、ポー・ダメロンに久々に会えた時に興奮している姿とか、全部がかわいくて好きです。 佐々木:私もBB‐8とR2‐D2は大好きですが、ストームトルーパーも結構好きです。フォルムがカッコイイところが魅力なのですが、結構無様にやられちゃうのも好きです(笑)。私が好きなシーンの1つに『フォースの覚醒』で、カイロ・レンがレイに逃げられて暴れるシーンがあるのですが、その時、ストームトルーパーが通路にいて「今レンのところに行くのはやめておこう」みたいに引き返すところが、人間らしくて好きなんです。グッズも、気がつくとストームトルーパーのものを集めているんですよね。結構ぞんざいに扱われてしまうシーンでも「私は好きだからね」って思いながら観ています。 ――本作に登場する新キャラのポーグもかわいいですよね。 加藤:とてもかわいかったです!ポーグが出てくると映画館が笑いに包まれていました。 佐々木:私もポーグ好きです。家族みんなでポーグのモノマネをしていました。ミレニアム・ファルコンの中で、チューバッカが頑張って操縦しているのに、ポーグが必ずカメラの前に立って「アー」って言っているシーンがツボで、真似をしています。@@separator――では、最新作で特に印象に残っているシーンを教えてください。 加藤:あまり物語と関係ないシーンかもしれませんが、ルークが、オクトーの孤島にいる時、何かの生物の母乳を飲んでいるシーンはビックリしました(笑)。しかもドヤ顔で…。かなり衝撃的でした。 佐々木:確かに衝撃的だった(笑)。私は二つあって、まず一つ目は、カイロ・レンとレイがライトセーバーを使って戦っているシーンです。ライトセーバーで戦うシーンが大好きなんですが、最近はあまり出てこなかったので、このシーンは是非注目して欲しいです。もう一つは、パダワン(ジェダイになるための訓練を師匠から受けている弟子)の時のカイロ・レンの姿が印象的です。『フォースの覚醒』の時にも、カイロ・レンがルークから教えを受けていたと語っているシーンはありましたが、その姿が実際映像として観られるのは、とても感慨深かったです。 ――本作では、「レジスタンス」の結束力も見どころの一つかと思います。「レジスタンス」と「けやき坂46」に共通する部分はありますか? 佐々木:レイア姫を中心に、「レジスタンス」という組織として仲間を信じ切って戦う姿は、私たちのグループにも共通する部分があるのかなと感じました。私たちもメンバーそれぞれ、グループのために頑張っているという思いはあるので…。 ――グループの中で、お二人は誰の立ち位置ですか? 加藤:(久美は)レイア姫っぽいよね?けやき坂のなかでは年上で、みんながグダグダしている時に、ビシッと指示してくれるのは佐々木久美なので、当てはめるとしたらレイア姫かな。私は誰だと思う? 佐々木:ポーじゃない?怖いもの知らずで、先陣切ってなんでもチャレンジするタイプ。 加藤:それは当たっているかも。私も“ひらがなけやき”の中ではお姉さんなので、先陣を切ってなんでも頑張ろうという気持ちは強いですね。 ――最後にけやき坂のメンバーや、お二人と同世代の方に「スター・ウォーズ」の魅力を伝えるとすれば、どのようなポイントをあげますか? 加藤:私たちの世代の子たちは、“カッコイイ”というキーワードが響くと思うので、とにかくカイロ・レンのかっこよさを強調したいです。私も、久美も『最後のジェダイ』を観て、カイロ・レンに惚れちゃいました!本当にかっこよかったです。 佐々木:「スター・ウォーズ」を観たことがない方って、SF戦争映画みたいに思っているかもしれませんが、師弟関係とか、心の迷いとか、人とのつながりとか、戦いの部分以外にも惹きつけられる見どころはたくさんあるので、そういう人間ドラマの部分をしっかり伝えていきたですね。  シリーズがスタートした頃には生まれていなかった彼女たちだが、父親から受け継いだ“スター・ウォーズ愛”はまさに本物。親から子へ脈々と受け継がれていく映画は、そうそうあるものではない。改めて「スター・ウォーズ」という作品の偉大さが実感できるインタビューとなった。(取材・文:磯部正和/写真:松林満美)  映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は大ヒット上映中。

  • 長濱ねる、ファースト写真集『ここから』お渡し会に登場

    長濱ねる、初写真集で水着姿を披露「恥ずかしかったけど遠足で行った海だったので…」

    エンタメ

     欅坂46の長濱ねるが、19日に都内で開催された自身のファースト写真集『ここから』の刊行記念お渡し会に出席した。写真集では初々しい水着姿も披露しているが「すごく恥ずかしかったんですけど、撮影したのが小学校の遠足で行った地引網を体験した海で、すごくなじみ深い場所だったので、ちょっとは緊張が和らぎました」と微笑んだ。@@cutter 長濱が3歳から7歳まで住んでいた故郷・長崎五島列島で撮影された本作。「自分では帰省しているようで、あまり撮られているという意識がありませんでした」とのことで、素に近いような表情もたっぷり見ることができる。「実際に自分が住んでいた場所や歩いていた道でも撮影しました。ラジオ体操に行くのに通った道だったり…」と懐かしそうに語る。  撮影中に、昔お世話になった人に偶然会うなど、和やかな雰囲気の中で進められたようだが、最終日には「お風呂の脱衣場で倒れて、スタッフさんに運んでもらって、朝起きたらベッドの上でした」というハプニングも。  初の写真集を発売するなど今年は大躍進となった長濱。2017年を振り返り「初めての経験をいろいろさせていただき楽しい1年でした」と語る。お決まりの「今年1年を漢字一文字で表すと?」との質問には「練」の字を挙げた長濱。「たくさんの試練を乗り越えた1年ということと、自分の名前を漢字にすると“練”になるので」と説明した。  大みそかには『NHK紅白歌合戦』に2年連続での出場が決まっているが、「去年は一瞬も覚えていないくらい緊張しました。今年はたくさん“練習”していいパフォーマンスを届けられるようにしたいなと思います」と意気込んだ。  最後に写真集第2弾の希望について問われると、「今回でやり切った感があるので…」と言いつつ、撮影場所については「また五島がいいな」と微笑んだ。

  • 長濱ねる、けやき坂46主演ドラマ『Re:Mind』降板 多忙により欅坂専任に

    長濱ねる、けやき坂46主演ドラマ『Re:Mind』降板 多忙により欅坂専任に

    エンタメ

     長濱ねるが、10月19日からスタートするドラマ『Re:Mind』(テレビ東京/毎週木曜25時)への出演を見送ることがわかった。これは24日放送のバラエティ番組『欅って、書けない?』(テレビ東京/毎週日曜24時35分)で発表された、多忙な長濱の体調を考慮しての「けやき坂46」との兼任解除、「欅坂46」専任に伴うもの。@@cutter 『Re:Mind』公式サイトは、「木ドラ25『Re:Mind』に出演を予定していた長濱ねるに関しまして、所属事務所と協議した結果、長濱ねる本人の体調面を考慮し、欅坂46専任の活動を尊重し、現段階での木ドラ25『Re:Mind』の出演を見送ることになりました」と発表。  欅坂46運営委員会は、「ひらがなけやき主演ドラマのお話をいただいてから、撮影の準備を進めてまいりましたが、全国ツアー後、漢字欅の稼働もさらに多忙を極め、これ以上長濱が漢字欅とひらがなけやきを兼任しての活動は本人の体調を考えた結果、困難と判断しました」とコメントし、「運営で協議を重ねた結果、長濱は漢字欅にとっても重要なメンバーであり、ひらがなけやきが新メンバーを迎えて新たな一歩を踏み出す今、長濱の兼任を解除、漢字欅専任となり活動を続けることを決定しました」と発表した。  長濱は、10月25日に発売される5thシングルから「欅坂46」専任となり、同作に収録予定の「けやき坂46」の楽曲や、「けやき坂46」の全国ツアーには参加しない。  ドラマ『Re:Mind』は、「けやき坂46」が連続ドラマ初主演を務める密室サスペンスドラマで、企画・原作を秋元康が担当する。“ひらがなけやき”の中心メンバーだった長濱も、主要メンバーとして出演が予定されていた。長濱に代わるドラマの主要メンバーには、8月に「けやき坂46」に追加メンバーとして合格した9名の中から、オーディションで選考される。  ドラマ『Re:Mind』はテレビ東京にて、10月19日より毎週木曜25時から放送。

  • ドラマ初主演が決定したけやき坂46(TOKYO IDOL FESTIVAL 2017出演時の模様)

    けやき坂46が連ドラ初主演 ファンからは「楽しみ」と期待の声

    エンタメ

     欅坂46内のグループ・けやき坂46(ひらがなけやき)が10月から放送の連続ドラマ『Re:Mind』(テレビ東京系)で主演を務めることがわかった。欅坂46はこれまで『徳山大五郎を誰が殺したか?』『残酷な観客達』と2本の連続ドラマに出演しているが、けやき坂46としてはドラマ初主演となる。@@cutter  本作は、4月からテレビ東京に新設された木曜深夜ドラマ枠「木ドラ25」の第3弾で、Netflixでも先行配信。メンバーの井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依が出演し、企画・原作は秋元康が手掛ける。目が覚めると突如閉じ込められた女子高生達の目の前には異様な光景が飛び込んでくるが、逃げ出すことのできない理由があった。必死に原因や脱出方法を思い出す彼女達だが、閉じ込めたのはいったい誰なのか…という密室サスペンス。  欅坂46と兼任している長濱は「不安もありますが、サスペンス系の話が好きなので、すごく楽しみです」とコメント。欅坂46としてドラマ出演経験があるが「けやき坂46でドラマをやらせていただくのは、本当にありがたいことだと思うので、みんなで精一杯頑張ります」と意気込んでいる。  けやき坂46として単独ライブは開催していたが、ドラマ初出演のニュースにファンは「サプライズ発表キターーー」「楽しみ」「めっちゃ面白そう」「今ひらがなが熱い」「おめでとう!絶対見る」などと喜びの声や期待の声が多く集まっている。  ドラマ『Re:Mind』は10月19日よりテレビ東京で毎週木曜25時放送。

  • TIF2017に出演した欅坂46

    欅坂46、アイドルフェスで熱いステージ!けやき坂46も初参戦

    エンタメ

     人気グループ・欅坂46と“ひらがなけやき”の愛称で知られるアンダーグループ・けやき坂46が、5日、東京・台場で開催中の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」(TIF)に参戦。両グループあわせて計5曲を披露し、炎天下の野外ステージは多くのファンの熱気に包まれた。@@cutter 野外ステージの一つ「HOT STAGE」で午後のトップバッターを飾った欅坂46であるが、出囃子となる『Overture』が流れてメンバーが登場すると、客席からは大きな拍手と歓声が巻き起こった。1曲目に披露されたのは先月発売された1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」から『危なっかしい計画』。真夏の炎天下にふさわしいナンバーでメンバーの動きに合わせて観客もタオルを大きく振り回し応えていた。  MCでは、欅坂46のキャプテンである菅井友香が「去年に引き続きTIFに出演させていただき、ありがとうございます」と2度目のTIF出演に感謝し、「去年よりもっともっと熱いライブにしたいなと思います」とこの日にかける思いを観客へ伝えた。  一方、TIFへの初参戦を果たしたけやき坂46の影山優佳は「アイドルがすごく好きで、TIFは客席から参加していたこともあるくらい大好きでした」とグループ加入以前のエピソードを明かしたほか、同じくアイドル好きだという佐々木美玲は「こうやって大好きなアイドルとして、ステージに立たせていただいているのがすごくうれしい」と喜びを語っていた。  その後、けやき坂46が『永遠の白線』と『誰よりも高く跳べ!』を続けて披露したのち、ステージにはふたたび欅坂46が登場。『二人セゾン』とメジャーデビュー曲『サイレントマジョリティー』を歌い上げて、会場を盛り上げた。  TIFは、毎年夏に東京・お台場で行われる世界最大のアイドルイベント。今年は223組のアイドルが参加し、4日(金)から6日(日)まで3日間にわたり9つのステージでパフォーマンスを繰り広げる。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access