木村佳乃 関連記事

  • 木村佳乃

    木村佳乃主演の『後妻業』最終回、痛快すぎる展開で幕 視聴者「すっきりした!」

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の最終回が19日に放送され、爽快感溢れる展開に対し「最高でした!!すっきりした!!!」「痛快な幕だった」と好評の声が相次いでいる。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  前回、小夜子(木村佳乃)のために舟山(中条きよし)を懲らしめた柏木。しかしそれが仇となり、彼の息子である暴力団員の喜宜(松尾諭)から後妻業をネタに脅迫されてしまう。ピンチに陥ったかと思いきや、実はその裏で博司(葉山奨之)を使い、舟山組の覚せい剤販売について証拠写真を入手するよう指示を下していた。  そのころ本多(伊原剛志)は、小夜子が夫を始末するように柏木が裏で手を引いていた確固たる証拠を手に入れる。「何が何でも金を巻き上げてやる」と鼻息を荒くする本多だが、話を聞いた朋美は、離婚して落ち込んでいるとき、遠回しに元気づけてくれた小夜子の顔がチラついて素直に喜べない。  数日後、本多に証拠をマスコミにばらまくと脅され、ついに観念した柏木は、情報を買い取ることを了承。取引の日時、そして場所を指定した柏木は何かを企むような表情を浮かべていた。一方博司はあるきっかけで小夜子と言い合いになり、彼女を殺してしまったと柏木に電話をかけるのだが…。  因縁の対峙となるかと思いきや、思わぬ形で伏線が回収された最終回。終わり掛けにクルーザーに乗る小夜子(木村佳乃)、朋美(木村多江)、本多(伊原)、柏木(高橋)の姿が映し出されると、原作や映画版と全く異なる結末にSNSは大熱狂。「原作と違うラストです~とは聞いてたものの、全然ちゃwうwやwなwいwかwいw」「バッドエンドしかないと思っていたら笑い飛ばすエンド」など、多くの反響が寄せられた。  また「大阪からトンズラする」と宣言した小夜子の台詞から「東京編が観たい」「この最終回やったら続編作れそう」と続編を期待する声や高橋克典の不意打ちキスシーンに「最後の高橋克典にときめいたわ」「アドリブっぽかったことが気になって眠れない」「柏木と小夜子のじゃれ合いがたまらん」と、最後の最後にときめきを感じてしまったファンも多数見受けられた。

  • 『後妻業』最終回場面写真

    今夜『後妻業』最終回、木村佳乃VS木村多江のバトルの行方は…

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の最終回が今夜放送される。今回は、本多(伊原剛志)に証拠をばらまくと脅された柏木(高橋克典)が、情報を買い取ることを了承。小夜子(木村佳乃)と朋美(木村多江)の遺産をめぐる壮絶な争いの行方が明らかとなる。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  柏木の嫌な予感が的中し、詐欺だと見破られた舟山(中条きよし)は、態度が豹変して小夜子に激しい暴力を振るう。部屋に駆けつけた柏木は、傷つけられ、恐怖で涙を流す小夜子を見て怒りが頂点に。すぐさま舟山に報復するが、それがあだとなり、舟山の息子で暴力団員の喜宜(松尾諭)から後妻業をネタに脅迫されてしまう。しかし実はその裏で、柏木は博司(葉山奨之)を使って、ある工作をしていた。  そのころ、本多は、小夜子が夫を始末するよう、柏木が裏で手を引いていた確固たる証拠を手に入れる。本多は「何が何でも金を巻き上げてやる」と鼻息を荒くするが、話を聞いた朋美は、離婚して落ち込んでいるとき、遠回しに元気づけてくれた小夜子の顔がチラついて素直に喜べない。  数日後、本多に証拠をマスコミにばらまくと脅され、ついに観念した柏木は、情報を3000万円で買い取ることを了承。そんなこととはつゆ知らず、傷が癒えた小夜子が「次の獲物を探して」と催促すると、柏木は「それより先に、片付けなあかんことがある」とある話を持ちかけて…。  ドラマ『後妻業』最終回は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜3月19日21時放送。

  • (左から)木村佳乃、高橋克典

    『後妻業』第8話、木村佳乃のピンチに駆け付けた高橋克典が「かっこよすぎる」と話題

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第8話が12日に放送。紳士的で男らしい舟山(中条きよし)に熱を上げていたが、その為に窮地に陥ってしまった小夜子(木村佳乃)。そのピンチを救った柏木(高橋克典)が「かっこよすぎる」「あの優しさせこい」と視聴者の間で話題となっている。@@cutter これまで後妻に入った老人たちとは違い、紳士的で男の色気が漂う舟山にすっかり魅了された小夜子。舟山からのプロポーズに今までとは違う、女としての喜びを感じてしまう。一方柏木は、プロポーズされたことをうれしそうに報告する小夜子の言葉に、複雑な感情を抱いていた。  舟山と男女の関係になったことをにおわす小夜子の言葉に激しく動揺する柏木。更に、小夜子が今まで誰一人として入れなかった自室に舟山を招き手料理を振る舞うと知り、入れ込みすぎだと警告。しかし、恋に酔った小夜子の耳には届かず、反対に「嫉妬ちゃうか?」と痛いところを突かれてしまう。  いら立ちを抑えきれなくなった柏木は、何とかして小夜子の目を覚まそうと躍起に。そして、舟山の化けの皮をはがすために彼の資産届を確認すると、一軒家だと言っていた家がマンションであることを確認。舟山は詐欺師であることが発覚する。  自分の為に「公正証書を書いてほしい」と舟山に告げた小夜子。しかし、その言葉を遮るように、購入したい不動産の頭金を出してほしいと提案される。違和感を感じた小夜子は彼に対し「あんたは正真正銘の詐欺師や」と言い放つが、逆上した舟山に暴力をふるわれた挙句、財布の中身を抜かれてしまう。  全身を殴打され傷だらけになった小夜子の元へ駆けつける柏木。彼女を介抱した後、怒りの表情を見せながら舟山の自宅に乗り込み、女に手を出した事を叱咤。小夜子は自分の「ツレ」であることを明言し、数発殴った後に抜かれた現金とカードを取り戻すのであった。  柏木が見せた一連の男らしい行動と小夜子を想う気持ちに、放送中のSNSは大熱狂。「高橋克典さんのかっこよさが大気圏を突き抜けた」「惚れる」「高橋克典さんの蹴りめちゃくちゃかっこよかった」などといった賞賛が多数投稿された。また、「柏木と小夜子の何とも言えない関係が見ててもどかしい!」と、2人の関係性にヤキモキするファンも相次いでいる。

  • 『後妻業』第8話場面写真

    今夜『後妻業』、木村佳乃は中条きよしにプロポーズされ一夜を共に…

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第8話が今夜放送される。今回は、紳士的で男らしい舟山(中条きよし)に熱を上げる小夜子(木村佳乃)が、柏木(高橋克典)の忠告も聞かず、どんどん彼にハマってしまう。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  これまで後妻に入った老人たちとは違い、紳士的で男の色気が漂う舟山にすっかり魅了された小夜子は、彼からのプロポーズに今までとは違う、女としての喜びを感じる。一方、博司(葉山奨之)と会うために上京していた柏木は、プロポーズされたことをうれしそうに報告する小夜子の言葉に、複雑な感情を抱く。  小夜子は小夜子で、柏木からの返信が来ないことに不満を感じ、舟山からの誘いに乗ってしまい一夜を共に過ごす。そうとは知らない柏木は、夫と別れて傷心の朋美(木村多江)と偶然バーで出会う。傷ついた朋美をなぐさめているうちに、2人はそのままホテルの一室へと向かうが、その様子を駆けつけた本多(伊原剛志)が目撃してしまう。  大阪に戻った柏木は、舟山と男女の関係になったことをにおわす小夜子の言葉に激しく動揺。さらに、小夜子が今まで誰一人として入れなかった自室に舟山を招き、手料理を振る舞うと知り、入れ込みすぎだと警告する。しかし、恋に酔った小夜子の耳には届かず、反対に「嫉妬ちゃうか?」と痛いところを突かれてしまう。    いら立ちを抑えきれなくなった柏木は、何とかして小夜子の目を覚まそうと躍起に。そして、舟山の化けの皮をはがすために彼の資産届を確認すると、とんでもないことが分かる。  ドラマ『後妻業』第8話は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜3月12日21時放送。

  • (左から)ドラマ『後妻業』制作発表会見に登場した木村多江、木村佳乃

    『後妻業』第7話 ダブル木村が熱唱、多江の“ノリツッコミ”もさく裂!

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第7話が5日に放送された。“ダブル木村”のやり取りがさらにヒートアップし、2人がノリノリで島津ゆたかの名曲『ホテル』を熱唱する姿にSNSでは大きな反響が寄せられている。@@cutter 小夜子(木村佳乃)は、朋美(木村多江)と本多(伊原剛志)から亡き父・耕造(泉谷しげる)の遺産について話がある、と呼び出される。小夜子は昼からビールを豪快に飲むと「話あるならはよすませて。うちもこれからデートやから」と投げやり気味だが、朋美は彼女がまた誰かの遺産を狙っているのかと詰め寄ると、「恋愛」であることを主張し「そういうあんたらもラブラブやない。ラブゆうても不倫やった…」と申し訳なさそうな表情を見せられる。  すると小夜子は店のオブジェをマイクに見立て、『ホテル』の1フレーズを熱唱。すかさず「島津ゆたかじゃないから!」と朋美がツッコむと「(曲を)知ってんのや! 年バレるなあ!」と小夜子。朋美が興奮気味に「タメでしょタメ! 中学生の頃、流行ったじゃない!」と言い返し、丁々発止のやり取りが冴え渡る。  小夜子はさらに「さあご一緒に~!」とノリノリでマイクに見立てたオブジェを朋美に向ける。朋美は拒否をするかと思いきや、ノリノリで1フレーズ応じるのであった。そして即時に「やめろよ!」と漫才さながらのノリツッコミを見せるのだった。  前回の第6話では少し抑え気味だったダブル木村のやり取りが爆発する形となった第7話。SNSでは2人が熱唱した『ホテル』について「頭から離れない!」「騒いでる小夜子めっちゃおもろい」という意見が多数寄せられているほか、「木村佳乃さんの表情が豊かで感情移入しちゃう」「なんか結局小夜子が好きになってる」「段々見逃せない展開に」など、憎めない小夜子や怒涛の展開に対し「目が離せない」と期待する意見も相次いだ。

  • 『後妻業』第7話場面写真

    今夜『後妻業』、木村多江の宣戦布告にも木村佳乃は気にするそぶりなし…

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第7話が今夜放送される。今回は、朋美(木村多江)と本多(伊原剛志)が小夜子(木村佳乃)に対し、朋美の亡き父・耕造(泉谷しげる)の遺産の半分を要求、応じなければ記者会見を開いて事実を公表すると脅すが…。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  「小夜子より、私と組みませんか?」。夫の裏切りで失意のどん底に落ち、女としても小夜子に見下されて悔しさがこみ上げる朋美は、何とかして小夜子に勝ちたいと柏木(高橋克典)を誘惑するが、反対に「もう関わるな」とくぎを刺されてしまう。その矢先、本多(伊原)から、小夜子が後妻の座を狙っていた笹島(麿赤兒)が亡くなったと聞いた朋美は、これまでの夫同様、小夜子が殺したのだと確信。警察も他殺で捜査を始めると知り、朋美は本多と次の作戦に打って出る。その頃、小夜子は「この苦しみから解放されたい。早う、死んでしまいたい」とつらそうに話していた笹島のことを思い出していた。  数日後、朋美と本多に呼び出された小夜子は、朋美の亡き父・耕造の遺産の半分を支払うよう要求される。応じない場合、裁判で争う覚悟がある、さらには記者会見まで行う、と小夜子を脅す朋美。そんなことをされれば、マスコミによって小夜子の過去がすべて明るみに出ることは避けられない。話を聞いた柏木は、その脅しが本気だと悟り、慌てる。しかし当の小夜子は気にするそぶりもなく、見合い後、すっかりとりこになってしまった舟山(中条きよし)とのデートに意気揚々。柏木はそんな浮足立った小夜子の様子に、かすかな嫉妬心を抱く。  その頃、朋美のマンションには、海外出張を終えた司郎(長谷川朝晴)が帰ってきていた。しかし、その出張に浮気相手を連れていったことを朋美が切り出すと、いたたまれなくなった司郎は再び家を出ていってしまう。ひとり部屋に残された朋美がぼうぜんとしていると、そこへ柏木から電話が―。  ドラマ『後妻業』第7話は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜3月5日21時放送。

  • 木村多江

    木村多江「あの女に…勝ちたい」 怒りの展開に反響 『後妻業』第6話

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第6話が26日放送され、朋美(木村多江)が柏木(高橋克典)の元へ乗り込む新たな展開が「原作にも映画にもない展開」「混沌としてきた」と視聴者の間で話題を呼んでいる。@@cutter 一刻も早く、笹島(麿赤兒)の妻となり、遺産相続人のポジションにつきたい小夜子(木村佳乃)は、「遺産をうちに残してほしい」と笹島にプロポーズ。一方、朋美は、夫の司郎(長谷川朝晴)の浮気のショックから感情が高ぶり、ついに本多(伊原剛志)と一晩を共にしてしまった。その2人の浮気現場を押さえ、本多の弱みを握ったとほくそ笑む柏木だった。  弱みを握られたとは知らず、引き続き小夜子の行動を見張っていた本多は、小夜子が司法書士の新井(河本準一)と一緒に、笹島の自宅へ入る姿を目撃する。話を聞いた朋美は、笹島を亡くなった父親の二の舞にはさせないと、小夜子と柏木の計画を阻止するために笹島邸に乗り込んでいく。  そんな朋美の動きを知った小夜子は、あくまで自分は“恋愛”を楽しんでいるだけだと言い張り、全てを笹島に話したと言う朋美に対し「笹島のじいさん、どっちの話を信じるやろか?」と挑発。朋美も負けじと「どう考えても、私の方がまともな女だってこと笹島さんもわかってるはずよ」とたんかを切ると、怒りに火のついた小夜子は浮気の証拠写真とともに朋美にまくし立てていく。  司郎の浮気が「初めての挫折」だと図星を突かれ、何も言い返せなかった朋美。事務所に戻った後、司郎の香港出張に絵美里も同伴することに気づくと、あまりの悔しさに夫とのツーショット写真を燃やし「あの女に…勝ちたい」とつぶやく。そして向かったのはなんと柏木が経営する「ブライダル微笑」。これから法的手段に出ること、小夜子に殺しの罪を押し付けること、柏木にも利益を与えることを条件に「小夜子より、私と組みませんか?」と問いかけるのであった…。  この怒とうの展開にSNSでは「朋美の後妻業誕生とかありかな」「意外な展開で、面白くなった」など、好評の声が多数上がっており「あああ次回が気になる!!!」と絶叫するファンも。中には「朋美さん、勝つなら小夜子さんじゃなくて浮気女に勝ってほしいよ…」といった感情をにじませるつぶやきも少なくなく、物語にどっぷりハマる視聴者が多数見受けられた。

  • 『後妻業』第6話場面写真

    今夜『後妻業』、木村佳乃の新ターゲットの正体を知った木村多江は…

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第6話が今夜放送される。第6話では、小夜子(木村佳乃)の新たなターゲットが自分のクライアントであることを知った朋美(木村多江)は計画を阻止しようと奔走するが、逆に浮気の証拠写真を突きつけられてしまうことに。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  一刻も早く、笹島(麿赤兒)の妻となり、遺産相続人のポジションにつきたい小夜子は、「遺産をうちに残してほしい」と笹島にプロポーズ。しかし、形はあくまで“内縁”だといい、籍を入れられない理由を美談として話す小夜子の言葉に、笹島の答えは…。  一方、朋美は、夫の司郎(長谷川朝晴)の浮気のショックから感情が高ぶり、ついに本多(伊原剛志)と一晩をともにしてしまった。翌朝、互いに自分たちの気持ちを抑えようと、大人の努力をすることに。その2人の浮気現場を押さえ、本多の弱みを握った柏木(高橋克典)はほくそ笑む。  弱みを握られたとは知らず、引き続き小夜子の行動を見張っていた本多は、小夜子が司法書士の新井(河本準一)と一緒に、笹島の自宅へ入る姿を目撃する。話を聞いた朋美は、そこで初めて、小夜子の次のターゲットが自分のクライアントだと知って驚がく。同時に、笹島を亡くなった父親の二の舞にはさせないと、小夜子と柏木の計画を阻止するために笹島邸に乗り込む。  そんな朋美の動きを知った小夜子は、あくまで自分は“恋愛”を楽しんでいるだけだと言い張り、いつものように巧みな話術で朋美の追及をかわす。しかし、朋美のある一言で怒りに火がつき、浮気の証拠写真を朋美に突きつける…。  ドラマ『後妻業』第6話は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜2月26日21時放送。

  • (左から)ドラマ『後妻業』制作発表会見に登場した木村多江、木村佳乃

    『後妻業』第5話 “ダブル木村”にまさかの展開 木村多江が佳乃にこぼした弱音

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第5話が19日放送された。これまで激しいバトルを繰り広げてきたダブル木村だが、朋美(木村多江)が小夜子(木村佳乃)に弱音を吐くまさかの展開に。視聴者からは「なんか切ない」「胸が痛い」といった共感が相次いでいる。@@cutter 私立探偵・本多(伊原剛志)の動きを警戒する柏木(高橋克典)は、小夜子の弟・博司(葉山奨之)を東京へ送り込み、本多の弱みを握ろうと画策。本多の居所を突き止めるべく、朋美を尾行するよう命じる。  その頃、夫・司郎(長谷川朝晴)と事務所スタッフの絵美里(田中道子)の浮気を目撃した朋美(木村多江)は、いまわしい記憶を拭い去るかのように、情事の現場となった事務所のソファを処分。しかし、その胸中を知ってか知らずか、絵美里は「だって何もかも知ってるからあのソファー捨てたんですよね」「事実婚でしょ?」と何かと挑戦的な態度をとり、しかもそれを夫の司朗はとがめるどころかかばう始末。朋美は我慢ができなくなり、ついに絵美里に「出て行って」と言い放つ。  司朗と絵美里が去った事務所で1人立ち尽くす朋美。すると小夜子から「あんた、この前うちのマンションに合鍵返しに来たみたいやんか~ごくろうさーん」といつものノリで電話がかかってきた。鼻声の朋美に対し、「ひょっとして泣いてんの? あの仮面夫婦の旦那とついに決裂か!」と茶化す小夜子だったが、いつものツッコミは返ってこない。  様子がおかしいと小夜子が感づいた矢先に「あなた、子どもいるの? 本当はいるんでしょ、子ども」と問いかける朋美。小夜子は「産んでたら悪いんか」と悪態をついてみるものの「あんたみたいな女が母親だなんて、不公平よ…」と涙を流す朋美に困惑を隠せない。「あ~! もうウチ忙しいねん! ほな切るで!!」と対応したが、電話を切った後にぽつりと「子ども…欲しいんかいな」と、遠くを見るようにつぶやくのであった。  ダブル木村のバトルが始まると思いきや、不倫、不妊などデリケートな話題が満載となった今週の放送。SNSでは木村多江の迫真の演技も相まって、「浮気相手のフォローしに行かれる時点でもう終わりやん」などといった夫・司郎に対する怒りが殺到。また、朋美が小夜子に弱音を吐くシーンでは、「めっちゃ息合ってる」「この出会い方じゃなきゃ、すごくいいコンビになれるのに」と切なさをにじませる投稿が相次いだ。

  • 『後妻業』第5話場面写真

    今夜『後妻業』第2章開幕 木村佳乃と木村多江それぞれに新局面が

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第5話が今夜放送される。今回は、小夜子(木村佳乃)が新たなターゲットとして元開業医・笹島(麿赤兒)に狙いを定める。一方、笹島から仕事を依頼された朋美(木村多江)は、高齢者の一人暮らしを心配するが…。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  私立探偵・本多(伊原剛志)の動きを警戒する柏木(高橋克典)は、小夜子(木村佳乃)の弟・博司(葉山奨之)を東京へ送り込み、本多の過去を探って弱みを握ろうと画策。しかし本多の居所はつかんでいないため、朋美(木村多江)を尾行するよう命じる。小夜子は「天敵女の尻尾をつかめ」と弟にはっぱをかける。一方で、認知症の幹夫(佐藤蛾次郎)に苦戦する小夜子には、元開業医の資産家・笹島雅樹(麿赤兒)との見合いをセッティングする。  その頃、夫・司郎(長谷川朝晴)と事務所スタッフの絵美里(田中道子)の浮気を目撃した朋美は、いまわしい記憶を拭い去るかのように、情事の現場となった事務所のソファを処分。しかし、その胸中を知ってか知らずか、自分に対して何かと挑戦的な態度をとる絵美里と、何食わぬ顔でいつも通り仕事をする司郎に、朋美の怒りは収まるどころか膨れ上がる。  小夜子は早速、新しいターゲットである笹島と見合いをし、かなりの資産家であることに目を輝かせ、後妻業としてのやる気をみなぎらせる。  そんな中、姉の尚子(濱田マリ)の頼みで大阪での仕事を手掛けることになった朋美は、リフォームを希望する依頼主の自宅へ。豪邸で朋美を出迎えたのは、小夜子が狙いを定めている笹島だった。そうとは知らない朋美は、高齢者の一人暮らしを心配するが、笹島は「お金さえあれば、人を雇って自由に暮らせる」とあくまで一人身が楽だと語り、さらに、最近できたというガールフレンドからの電話にうれしそうな表情を見せる。そんな笹島に、朋美は亡くなった父の面影を感じる。朋美が笹島邸を立ち去ると、入れ違いで小夜子が。二人はまさか同じ老人と向き合っているとはつゆ知らず…。  一方、探偵を命じられた博司は、偵察をさぼってパチンコにいそしんでいるところを柏木に叱られ、本気で朋美と本多の偵察に動き始める。  ドラマ『後妻業』第5話は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜2月19日21時放送。

  • (左から)ドラマ『後妻業』制作発表会見に登場した木村多江、木村佳乃

    木村佳乃&多江がつかみ合いから殴り合い! 肉弾戦に大反響 『後妻業』第4話

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第4話が12日放送。すっかり定番となった“ダブル木村”のバトルがさらにヒートアップ。人気女優2人の体を張った演技に視聴者からは「滑稽だけど嫌いじゃない」「コント楽しすぎ」といった反響が数多く寄せられている。@@cutter 小夜子(木村佳乃)は朋美(木村多江)に「これまで自分が後妻に入った資産家の老人すべてが“孤独”を抱えていた」「朋美の父親も死を望んでいた」と打ち明ける。それを知った朋美は動揺し、ひとまず小夜子は朋美の追及を逃れた。  小夜子は幹夫(佐藤蛾次郎)に遺言公正証書にサインをさせようと動き出すが、認知症を患っている幹夫には思うように話が通じず、さすがの小夜子も手を焼く。一方朋美は知り合いを装い、幹夫に対し「小夜子は貴方をだまそうとしている」と語り掛けるが、5回程同じことを言っても全く理解してもらえない。その最中突然現れた小夜子は、説得を試みようとする朋美に「あんた何してんの? なんか用?」と威圧。  バトル開始の合図であるゴングが鳴り響き、朋美は先制攻撃で「うっさいこの金の亡者が! 夫たちから三億以上奪ったくせに!」と攻め立てるが、セクハラ癖がある幹夫に胸を触られひるんでしまう。幹夫は2人の胸を揉み比べた後、小夜子の腕をつかみ、「こっちのおっぱいの勝ち~!」と宣言するなどやりたい放題。  一旦“勝利”した小夜子が「ざまあみそ汁たくあんポリポリ!」と変顔を披露し、バトルは終了と思いきや今回は朋美も「はあ? 意味わかんないし! へえ~!」と同じく変顔で応戦。続いて休みを返上して大阪に通う朋美に対し「大阪の空気が汚れるわー! 大阪の地面が腐るわー!」と小夜子が煽るとなんとつかみ合いから殴り合いに発展。老人ホームの入居者たちが「プロレスや!」と盛り上がる、肉弾戦バトルを見せつけた。  回を重ねるごとに過激になっていく”ダブル木村”のツッコミバトル。SNSでは「肉体派コントおもろ」「朋美の方から手が出たのは意外だった」「かなり笑えた」「木村多江さんも女優生命賭けてる」など、大きな盛り上がりを見せていたほか、「放送回数に比例しておもろくなってる」と評価するファンも相次いだ。また、終盤で見せた小夜子の過去にまつわるシーンでは「途中で新喜劇になるのに終盤は毎回シリアス」「次が気になる」といった期待の声が数多く寄せられている。

  • 『後妻業』第4話場面写真

    今夜『後妻業』、木村佳乃VS木村多江、高橋克典VS伊原剛志、直接対決の行方は…

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第4話が今夜放送される。第4話では、木村佳乃と木村多江、高橋克典と伊原剛志がそれぞれ対峙するほか、葉山奨之扮する主人公・小夜子の弟が登場。小夜子と再会する姿が描かれる。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  小夜子(木村佳乃)は朋美(木村多江)に「これまで自分が後妻に入った資産家の老人すべてが“孤独”を抱えていた」「朋美の父親も死を望んでいた」と打ち明ける。それを知った朋美は動揺し、ひとまず小夜子は朋美の追及を逃れた。  小夜子は幹夫(佐藤蛾次郎)に遺言公正証書にサインをさせようと動き出すが、認知症を患っている幹夫には思うように話が通じず、さすがの小夜子も手を焼く。そのころ、本多(伊原)は小夜子が早くも次のターゲットを見つけたことを突き止め、後妻業の黒幕である柏木(高橋)に接触。朋美に雇われた探偵だと身の上を明かしたうえで、小夜子について探りを入れるが、当然、柏木はそう簡単に口を割らない。  そこで次は、後妻業の片棒を担いでいる司法書士・新井欽司(河本準一)に接触し揺さぶりをかける。本多は小夜子が今までのように簡単に公正証書を作れないよう手を回す。本多が現れたことで、次の手を考える柏木。そこへ、刑務所から出所したばかりの小夜子の弟・黒澤博司(葉山)が訪ねてくる。行くあてのない博司は、金の無心をするため、柏木から小夜子の居場所を聞き出す。小夜子は、5年以上会っていなかった弟が現れたことに立腹するが…。  ドラマ『後妻業』第4話は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜2月12日21時放送。

  • 木村佳乃、『後妻業』インタビューフォト

    木村佳乃、「身近にいたら迷惑極まりない」悪女役の魅力は“人間くささ”

    エンタメ

     「やっぱり悪いものを見たいって気持ちは私も含めて、皆さんにありますよね」――。木村佳乃は楽しそうに笑いながらドラマ『後妻業』の魅力をそう語る。朝ドラでヒロインの優しい母親を演じていた40代の立派な大人の女優が、金やプライドを巡って、同世代の木村多江と罵り合い、ビンタ合戦まで繰り広げるのだから、面白くないはずがない。@@cutter 本作で彼女が演じているのは大阪を舞台に、資産家の老人と結婚し、遺産を手に入れる“後妻業”を繰り返す、男をたぶらかす天才・小夜子。やっていることはどう見ても“悪女”なのだが、どこか憎めない魅力がある。    「もちろん、基本的には悪役であり、お金を騙し取るわけですから、やってることは犯罪です。だけど、どこか魅力があって、心に引っかかるんですよね。やっぱり見る人も、バンっと正論を言って正しい行いをするというドラマもいいけれど、悪い人たち、悪いものを見たいって気持ちは強いんだと思います。身近に小夜子みたいな人がいたら、迷惑極まりないですけどね(笑)」。  もうひとつ、木村が魅力として挙げるのは、小夜子をはじめ、登場人物たちの「人間くささ」だ。十分に“大人”とカテゴライズされるべき俳優陣がキャスティングされている本作だが、決して「大人のドラマ」ではない。別の作品では、若い主人公たちの優しく温かい両親や頼れる上司を演じているような、いい大人たちが、遺産を巡って罵り合い、掴み合う、THE 人間ドラマが展開するのだ。  「メインの4人(木村佳乃、高橋克典、木村多江、伊原剛志)の中で、42歳の私が一番若いですからね(笑)。連ドラの主役は若い俳優さんといういまの時代、なかなかないことですよ。しかも、やってることは本当に子どものケンカですからね(笑)」。   近年では『僕のヤバイ妻』『ファーストクラス』『あなたには渡さない』など、なかなかの“破壊力”を持った女性を演じる機会も増えてきた。本人は、決してイメージチェンジや役の幅を広げるといったことを意識して、作品を選んでいるわけではないという。@@separator 「楽しいですよね(笑)。でも決して『次はお母さんの役を…』とか考えてるわけじゃないんです。ほとんど、お話をいただいた時の『これ面白くなりそう』という直感でやらせていただいてます。今回の役も、原作の小説は以前から読んでいて、映画(大竹しのぶ主演『後妻業の女』)も拝見していたので、後になって『いや、これは相当大変だぞ…』って気づきましたけど(苦笑)。でも、最初の直感で『面白そう』と思って『やります』と。それだけですね。もっと言うと、お話をいただいて『面白い!』と思っても、私の方がどうしても子育てなどで時間を空けることができずに、泣く泣くお断りさせていただく場合もあるんです。それはすごく残念ですけど、ご縁がなかったということで、それも含めて巡り合わせだと思って、楽しんでやらせてもらってます!」。 @@insert1  ちなみに、そんな彼女も「今後、挑戦したい役は?」と聞かれた時に、必ず言っている答えがあるという。  「私、『ハリー・ポッター』シリーズや『マレフィセント』みたいな、魔法が出てくるファンタジー映画が大好きなんです! 魔法をかけたり、背中から羽が生えたり(笑)。言い続けてるんですけど、なかなかお話が来ないんですよねぇ…(苦笑)」。  たしかにふわりと地上から数センチ浮いているような彼女の佇まいは魔法使いのようでもある。一方、『後妻業』の小夜子からは、目からビームが発せられそうな、魔法使いに負けない強さも感じるが…。(取材・文・写真:黒豆直樹)  『後妻業』は、カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時放送。

  • (左から)ドラマ『後妻業』制作発表会見に登場した木村多江、木村佳乃

    『後妻業』 木村佳乃&多江の“ツッコミ合戦”に視聴者「コンビ組んだら売れる」

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第3話が5日放送され、小夜子(木村佳乃)と朋美(木村多江)の全面対決が「すごすぎる」「面白すぎた」「コンビ組んだら売れる」と大きな反響を呼んでいる。@@cutter 耕造(泉谷しげる)の葬儀が終わって間もなく、小夜子(木村佳乃)と柏木亨(高橋克典)は次のターゲット、大手外食チェーンの会長を務める富樫幹夫(佐藤蛾次郎)に接近。早速、小夜子は幹夫が暮らす高級老人ホームへ向かうが、待っていた幹夫は、認知症を患っていた。  そのころ、本多(伊原剛志)は、小夜子が過去に3度結婚し、すべての夫と死別していることを突き止める。本多から、耕造を含むすべての夫が柏木が経営する結婚相談所「ブライダル微祥」に入会していた、という報告を受けた朋美。我慢できなくなり、自ら小夜子と対峙することを決意し、彼女の自宅に乗り込み、全面対決へ。朋美の「素敵なお部屋ね、でも床暖房じゃないのね」という投げかけからはじまり「なんで分かるん?」「私、専門家ですから」とささいな嫌味から、ツッコミ合戦に発展。  序盤は「一級建築士です」「一級とか二級とかそろばんか!」「そろばんっていつの時代? 古っ!」と冴えたツッコミが飛び交う互角の戦いだったが、朋美はどんどん小夜子のペースに巻き込まれてしまう。「女子会するときは普通持ってくるやろ? ケーキとか菓子とか!」「後妻やのうて45歳や~!」と自信満々にドヤ顔で朋美を丸め込んでいく小夜子。  その後、朋美に子どもがいないことが分かると小夜子は「旦那…ひょっとして浮気してるんと違う? あんたが女として終わってるからやねえ…」と同情。「あんたのお父さんもウチにメロメロやったんやから」とコミカルな効果音とともにウォーキングを披露し、どこからかゴングが鳴って対決は終了、という展開だった。  テンポのいい会話劇に加え、どこからか鳴り響く効果音も相まって、視聴者は大盛り上がり。SNSでは「ダブル木村の喧嘩コントみたいで面白い」「コンビ組んだら売れる」「この2人だからできる掛け合い」「木村佳乃と木村多江の口論いつまでも見てられるよ」など、好評の声が相次いでいた。

  • 『後妻業』第3話場面写真

    今夜『後妻業』木村佳乃と高橋克典は新たなターゲットに接触

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第3話が今夜放送される。第3話では、木村佳乃演じる後妻業の女と、高橋克典扮する元締めが新たなターゲットに接触する姿が描かれる。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  耕造(泉谷しげる)の葬儀が終わって間もなく、小夜子(木村佳乃)と柏木亨(高橋克典)は次のターゲットに接触しようとしていた。相手は、大手外食チェーンの会長を務める富樫幹夫(佐藤蛾次郎)。早速、小夜子は幹夫が暮らす高級老人ホームへ向かうが、待っていた幹夫は、認知症を患っていた。  その頃、本多(伊原剛志)は、小夜子が過去に3度結婚し、すべての夫と死別していることを突き止めた。朋美(木村多江)の依頼を受け聞き込みを開始した本多は、小夜子の3番目の夫・武内宗治郎が不可解な死を遂げていた事実をつかむ。さらに、亡くなった宗治郎の家族に話を聞くと、小夜子が耕造と入籍しなかった理由も明らかになる。一方、朋美は内縁の夫である司郎(長谷川朝晴)に対し、絵美里(田中道子)との浮気を疑い始める。  そんな中、本多から耕造を含むすべての夫が、柏木が経営する結婚相談所『ブライダル微祥』に入会していた、という報告を受ける。我慢できなくなった朋美は、自ら小夜子と対峙することを決意。ひとりで自宅に乗り込むが、話術に長けた小夜子の前では手も足も出ず、思わず「あなた、後妻業よね」と直球を投じてしまう。しかし、小夜子はその言葉にひるむどころか、とんでもない告白を始め…。  ドラマ『後妻業』第3話は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜2月5日21時放送。

  • (左から)ドラマ『後妻業』制作発表会見に登場した木村多江、木村佳乃

    『後妻業』第2話 ダブル木村、遺体の前での“おしくらまんじゅう”に反響

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第2話が29日に放送された。シリアスなシーンで突如ぼっ発した木村佳乃と木村多江のバトルが「なんちゅうシーンや(笑)」「こんなんわろてまうやん」などと視聴者の笑いを誘っている。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  中瀬耕造(泉谷しげる)の後妻に入った小夜子(木村佳乃)は、耕造が病に倒れて入院した隙に、パートナーの柏木(高橋克典)と結託し、金庫を開けることに成功する。中から出てきたのは不動産の権利書や預金通帳など、総額4000万円のお宝。早速2人は、それらを解約して現金を手に入れようとするが、銀行側は本人の許諾がないと解約はできないと言われる…。  同じころ、ひとまず容体が安定したことを理由に、病院から耕造の転院を迫られた朋美(木村多江)と姉の尚子(濱田マリ)。在宅介護の可能性も示唆された姉妹は、お互い仕事や家事を理由に面倒を押しつけ合う。そんな中、探偵の本多(伊原剛志)から小夜子が大金を持っていたと報告を受けた朋美はは、ますます小夜子への疑いを強める。  なんとか金を手にした小夜子と柏木にとって、耕造はもはや何の価値もない。小夜子は自らの手でついに耕造を殺してしまう。容態が安定していたはずの父の死が信じられず、朋美は亡骸にすがりついて号泣する。そこに小夜子が遅れて登場。「耕造さん…ウチをおいて、なんで逝ってしまったん?」と朋美を押しのけて耕造にすがりつくと、朋美も負けじと「お父さん!」と割って入る。  シリアスなシーンにおいて、ダブル木村の間でぼっ発した「耕造さん!」「お父さん!」というやり合いに視聴者は爆笑。「激しいポジション争い」「なんちゅうシーンや(笑)」「こんなんわろてまうやん」「死んだ親父の前でおしくらまんじゅうする娘と後妻笑う」といった反響があった。

  • 『後妻業』第2話場面写真

    今夜『後妻業』、木村佳乃は泉谷しげるの財産を手に入れ…

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第2話が今夜放送される。第2話では、木村佳乃演じる後妻業の女が、泉谷しげる扮する高齢者の男の財産を手に入れる姿が描かれる。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  “後妻業”で荒稼ぎする小夜子(木村佳乃)は、ある日、後妻に入った中瀬耕造(泉谷しげる)が金庫に多額の財産を隠し持っていることに気づく。するとその矢先、小夜子の思惑どおり、耕造が病に倒れて入院。その隙に、小夜子はパートナーの柏木(高橋克典)と結託し、金庫を開けることに成功する。  すると、中から出てきたのは不動産の権利書や預金通帳など、総額4000万円のお宝。早速2人は、それらを解約して現金を手に入れようとするが、銀行側は本人の許諾がないと解約はできないと主張する。何としても金を手に入れたい小夜子は、後日、解約を渋る銀行の担当者を病室へ招き入れ、意識がもうろうとする耕造に、なかば強引に口座解約の意思表示をさせる。こうして大金を手に入れた小夜子だったが、偶然、東京で暮らす耕造の次女・朋美(木村多江)の依頼を受け、小夜子の調査をしに大阪へ来ていた探偵の本多(伊原剛志)に、バッグの中の札束を見られてしまう。  同じころ、ひとまず容体が安定したことを理由に、病院から耕造の転院を迫られた朋美と姉の尚子(濱田マリ)。在宅介護の可能性も示唆された姉妹は、お互い仕事や家事を理由に面倒を押しつけ合う。そんななか、本多から小夜子が大金を持っていたと報告を受けた朋美は、ますます小夜子への疑いを強める。金を手にした小夜子と柏木にとって、耕造はもはや何の価値もない。そこで耕造を始末しようと考えた小夜子は、眠っている耕造に忍び寄る。  ドラマ『後妻業』第2話は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜1月29日21時放送。

  • (左から)ドラマ『後妻業』制作発表会見に登場した木村多江、木村佳乃

    “ダブル木村” 佳乃&多江の口げんか&顔芸がクセになる! 『後妻業』第1話

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)が22日に放送された。木村佳乃と木村多江、ダブル“木村”のバトルが視聴者の間で話題となっている。@@cutter 武内小夜子(佳乃)は、“後妻業”をなりわいとする女。大阪の結婚相談所「ブライダル 微祥」で社長を務める柏木亨(高橋克典)と組み、富裕層の高齢男性の後妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にする手法で荒稼ぎしていた。ある日、元教師の中瀬耕造(泉谷しげる)と見合いをした小夜子は、まんまと後妻の座につき、遺言公正証書を書かせることに成功。しかし、耕造にはほかにもまだ財産があることを知った小夜子は、隠し場所の金庫を開けようと画策する。  耕造の次女・中瀬朋美(多江)は、大阪で一人暮らす父の身を案じていた。その矢先、姉の西木尚子(濱田マリ)から父が倒れたとの知らせが。あわてて病院に駆けつけた朋美は、そこで初めて耕造の再婚を知り、父の妻だと名乗る同い年の小夜子に戸惑いを隠せない。小夜子の身なりや破天荒な発言から、父が財産目当ての結婚詐欺に引っかかったのではないかと考えた朋美は、元刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)に調査を依頼するのだが…。  放送後、SNSではダブル木村の舌戦に対して「木村×木村が最高すぎて」「木村佳乃がぶっ飛んでて面白い」「喧嘩し合いながらも息ぴったりでめっちゃ笑った」「ダブル木村のやり取りがクセになります」と好評の様子。父が危篤の中、葬式の費用の話ばかりされることに朋美が「あなた何様なの!?」と投げかけると、小夜子が「奥様やー!」と顔芸を交えて返すシーンでは、「笑わせる気しかない(笑)」「コントにしか見えへん! おもろすぎ(笑)」など、思わず笑ってしまった視聴者が多数見受けられた。

  • 『後妻業』第1話場面写真

    佳乃vs多江、“W木村”の闘いが勃発!『後妻業』今夜スタート

    エンタメ

     女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)が今夜スタート。第1話では、木村佳乃演じる後妻業の女と、木村多江扮する義理の娘の出会いが描かれる。@@cutter 本作は、黒川博行の同名小説を連続ドラマ化した痛快サスペンス。大阪を舞台に、独身の資産家を狙って遺産相続目当てで結婚詐欺を行う“後妻業”の女を主人公に、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲望や思惑、恋模様が複雑に交錯していく。  武内小夜子(木村佳乃)は、“後妻業”をなりわいとする女。大阪の結婚相談所『ブライダル 微祥』で社長を務める柏木亨(高橋克典)と組み、富裕層の高齢男性の後妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にする手法で荒稼ぎしていた。  ある日、元教師の中瀬耕造(泉谷しげる)と見合いをした小夜子は、まんまと後妻の座につき、遺言公正証書を書かせることに成功。しかし、耕造にはほかにもまだ財産があることを知った小夜子は、隠し場所の金庫を開けようと画策する。  その頃、東京では、耕造の次女・中瀬朋美(木村多江)が、大阪で一人暮らす父の身を案じていた。その矢先、姉の西木尚子(濱田マリ)から父が倒れたとの知らせが。慌てて病院に駆けつけた朋美は、そこで初めて耕造の再婚を知り、耕造の妻だと名乗る同い年の小夜子に敵意を向ける。一方の小夜子は、普段から連絡ひとつ寄こさない朋美たち娘を薄情だと言い放つ。  耕造の容体が安定したため朋美は東京へ戻るが、小夜子への怒りはおさまらない。小夜子の身なりから、父が財産目当ての結婚詐欺に引っかかったのだと考えた朋美は、元刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)に調査を依頼する…。  ドラマ『後妻業』は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜1月22日21時放送(初回15分拡大)。

  • (左から)ドラマ『後妻業』制作発表会見に登場した木村多江、木村佳乃

    木村多江、“脱薄幸”宣言! 木村佳乃との激しいビンタ合戦に「ほぼ廃人」

    エンタメ

     女優の木村佳乃と木村多江が、16日都内で開催された1月22日スタートのドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)制作発表記者会見に、高橋克典、泉谷しげる、伊原剛志、原作者の直木賞作家・黒川博行と共に出席した。@@cutter 大阪を舞台に、男をたぶらかす天才で、結婚相談所経営者の柏木(高橋)と組んで、資産家の遺産を狙う“後妻業”を生業とする小夜子(木村佳乃)と彼女に狙われた資産家の娘で父の財産を守るべく立ち上がった朋美(木村多江)の戦いを描き出す。  ヒョウ柄の衣装にファー付きの真っ赤なコート&サングラスといういで立ちで登場した佳乃は「派手ですいません(笑)! ロケの時、必ず二度見されます」とニッコリ。「最初にお話をいただいたときは、ものすごく大変な役が来てしまったと本当に悩みました」とのことだが、いまではすっかり小夜子が板についたようで「毎日、楽しく演じております」と充実した表情を見せる。  一方、小夜子と対峙する朋美も、決しておとなしいだけの女性ではなく、勝気なところのあるキャリアウーマン。多江は「“脱・薄幸”というタイトルをつけていただきたいくらい、頑張って激しいバトルをしたり、変顔したり、コミカルな芝居をしたり、いままで見たことのない木村多江を見ていただけると思います」と胸を張る。  劇中、“口撃”ばかりでなく、実際に手を上げてやり合うシーンもあり、この前日もダブル木村による“ビンタ合戦”のシーンの撮影が行われたそう。佳乃は「朝、起きたら全身筋肉痛です(苦笑)」と振り返り、多江も「ケンカのシーンの翌日はほぼ廃人で、何も手につかないくらい疲れてます」と明かすなど、その凄まじさをうかがわせた。  “騙す側”を演じる佳乃だが、プライベートで騙されたエピソードを尋ねられると、お台場のフジテレビ本社の象徴的な球体展望室について「20年くらい前にあの社屋ができたときに、災害時にあの球体にみんなが入って、ポンッと海に出て避難艇になるとフジテレビの方に聞いて以来、わりと最近まで信じていました」と明かし、笑いを誘っていた。  『後妻業』は、カンテレ・フジテレビ系にて1月22日より毎週火曜21時放送(初回は15分拡大)。

  • 『あなたには渡さない』最終回場面写真

    木村佳乃『あなたには渡さない』今夜最終回 大人の恋に衝撃の結末が…

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演する土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の最終回が今夜放送される。今回は、大人の四角関係にいよいよ決着がつく様子が描かれる。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子をひそかに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。    週刊誌に、通子が、幼なじみの建設会社社長・芯太郎の贈賄事件に関わっているという疑惑を書かれた記事が載り、通子が切り盛りする料亭『花ずみ』に取材陣が押しかけてくるようになってしまう。そのせいで一気に客足が減り、通子は一つの大きな決断を下す。    一方、『花ずみ』の板前、矢場(青柳翔)から、多衣が姿を消したという連絡が入った。必死に捜すも、行方が分からない。    そうした中で、通子は思わず別れた夫・旬平に電話をかけていた。騒動の渦中にいる通子を気遣う旬平に対して、通子はある言葉を告げる。やがて、拘置所を出た芯太郎からも、通子に連絡が入るのだが…。    これまで、通子、多衣、旬平、芯太郎が繰り広げてきた壮絶な四角関係。彼らが迎える衝撃の結末とは? ラストに待つどんでん返しはいったいどうなるのか?    土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』最終回は、テレビ朝日系にて今夜12月22日23時15分放送。

  • 『あなたには渡さない』第6話場面写真

    今夜『あなたには渡さない』、木村佳乃は水野美紀の体調の変化に気づき…

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演する土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第6話が今夜放送される。今回は、通子が、夫の愛人・多衣の体調の変化に気づき、妊娠を疑う姿が描かれる。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子をひそかに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  旬平が突然いなくなってから1年半が経っていた。料亭『花ずみ』本店の調理は矢場(青柳翔)が務め、新たに始めた支店の銀座店は、多衣が女将として仕切っていた。そんな中、多衣の体調の変化にいち早く気付いた通子は、彼女に妊娠しているのではないかと詰問する。  一方、笠井(田中)から、旬平の居場所が分かったという電話を受けた通子は、すぐに多衣のマンションへ行き、そのことを報告。だが多衣は、「迷惑だ」と意外な反応を見せる。さらに後日、笠井の会社に贈賄疑惑がかかっているという雑誌記事が、通子の目に飛び込んで来た。動揺が重なった通子は、気づくと、旬平が現在働いている定食屋の前に来ているのだった。  はたして、多衣の子どもの父親は一体誰なのか、笠井は逮捕されてしまうのか。何もかも捨てて家を出た旬平のいまの姿とは?  そして子どもについては一切口をつぐんでいた多衣が、ついに動き出す。    土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』第6話は、テレビ朝日系にて今夜12月15日23時15分放送。

  • 『あなたには渡さない』第5話場面写真

    今夜『あなたには渡さない』木村佳乃は復讐のため水野美紀を旅行へ誘う

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演する土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第5話が今夜放送される。今回は、通子が仕掛ける復讐と、明かされる多衣の真意が見所だ。二人の愛憎バトルから目が離せない展開となっている。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子をひそかに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  通子は、復讐を目的に、多衣を薪能を観るための一泊旅行に誘い、二人で会場へ向かう。しかし、途中で席を離れた通子は、芯太郎が離婚したはずの妻といる姿を目撃してしまう。それを見てさらに怒りに震える通子は、先に客室に向かっていた多衣に向かい「脱ぎなさい」と告げる…。この行動に隠された通子の思惑とは? さらに、多衣が通子のために用意した6000万円の出所が初めて明らかになる。  全てを知った通子は、その足で芯太郎のもとを訪れる。通子は、彼にどうしても確かめたいことがあったのだ。そして後日、自分の料亭『花ずみ』の今後について、通子は従業員たちに、驚きの報告をする。その決断を聞いて驚がくの表情を浮かべる旬平は、ある行動に移るのだった…。  正妻と愛人が、ついに真正面からバトルを勃発させる第5話。愛憎地獄の中で繰り広げられる復讐劇は、一体どのような展開を迎えるのだろうか。  土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』第5話は、テレビ朝日系にて今夜12月8日23時15分放送。

  • 衝撃のセリフと怒涛の展開が話題を呼んでいる『あなたには渡さない』場面写真

    木村佳乃『あなたには渡さない』、衝撃セリフ連発の特別動画公開

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演する土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)から特別動画が到着。公開された2本の動画には、劇中の衝撃的なセリフの数々や、名シーンが収められている。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子をひそかに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  公開された動画は『衝撃セリフ集』と『特別ダイジェスト』の2本。『衝撃セリフ集』は、これまで放送された第1話~第4話を中心に、視聴者の度肝を抜いた癖の強すぎるセリフをピックアップ。旬平の愛人・多衣が第1話で言い放った「ご主人をいただきにまいりました」に始まり、そんな多衣に応戦する通子の「15、6の娘じゃあるまいし、たかが中年の遊びでしょ!?」といったインパクト大のセリフを収録。さらに娘の優美(井本彩花)が母・通子に向かって放つ「アンタの身体が苛立ってるの感じてるんだから!」といった言葉や、通子の“女”の部分に惹かれる老画家・六扇(横内正)の「目だけで抱かせてくれ」、通子が多衣に対して向けた「今夜、この姑息な人を馬鹿にしきった泥棒女をどうやってこらしめてやろうか」といったセリフも収められている。  併せて公開された『特別ダイジェスト』は、本作の山場となる第5話を楽しむために第1話~第4話の内容をダイジェストで振り返ることができる90秒の動画。愛人からの宣戦布告、夫からの裏切り、料亭の女将という新たな門出、そして明らかになったさらなる裏切りなど、第5話で通子が“鬼”に変ぼうするまでの過程がまとめられている。  土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』は、テレビ朝日系にて毎週土曜23時15分放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access