結木滉星 関連記事

  • (左から)山田裕貴、松坂桃李、志尊淳

    松坂桃李、志尊淳、山田裕貴の出演作も! 「好きな平成スーパー戦隊」ランキング

    エンタメ

     「好きな『平成スーパー戦隊』ランキング」において、俳優の松坂桃李が主演した『侍戦隊シンケンジャー』が1位に輝いた。2位には『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』、3位には『百獣戦隊ガオレンジャー』が続いている。@@cutter テレビ朝日系で放送され、40年以上の歴史がある「スーパー戦隊」シリーズ。今回の結果は、ランキングサイト「ランキングー」が、「あなたが好きな【平成・スーパー戦隊】」というテーマのもと、10~50代の男女6753名に対して実施した調査に基づくもの。  子どもも大人も夢中になる『スーパー戦隊』。第1位に輝いた『侍戦隊シンケンジャー』は、2009年から放送されたシリーズ33作目となる作品。「侍」をモチーフにした本作ならではの本格的な殺陣シーンで話題を集めた。さらに、シンケンレッド役の松坂の出演など、40代女性からダントツの支持を集めたという。  第2位の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』は、昨年2018年から放送されたシリーズ42作目。20代男性、40代男性票では1番人気となっている。第3位の『百獣戦隊ガオレンジャー』は2001年から放送されたシリーズ25作目。俳優の玉山鉄二、現在は「純烈」リーダーとして活躍する酒井一圭、Hey! Say! JUMPの有岡大貴も子役として出演するなど、現在も活躍中の俳優・アイドルが多数出演している。  第4位は、2014年から放送されたシリーズ38作目『烈車戦隊トッキュウジャー』。志尊淳、横浜流星らの出演あってか、30代女性の人気1位を獲得した。第5位は、2011年から放送されたシリーズ35作目『海賊戦隊ゴーカイジャー』。ゴーカイブルー役を演じた山田裕貴も、NHK連続テレビ小説『なつぞら』出演中など、今もなお活躍中だ。  第6位は、2002年から放送された『忍風戦隊ハリケンジャー』、第7位は2004年から放送された『特捜戦隊デカレンジャー』、第8位は、2000年から放送された『未来戦隊タイムレンジャー』、第9位は、1994年から放送された『忍者戦隊カクレンジャー』、第10位は、1999年から放送された『救急戦隊ゴーゴーファイブ』がそれぞれ並んでいる。

  • (左から)ドラマ特区『カカフカカ-こじらせ大人のシェアハウス-』に出演する森川葵、中尾暢樹

    森川葵主演『カカフカカ』実写ドラマ化 共演に中尾暢樹&結木滉星

    エンタメ

     累計170万部を突破した石田拓実の人気コミック『カカフカカ』が、女優の森川葵主演で実写ドラマ化されることが決定。4月よりMBSで新設される30分のドラマ枠「ドラマ特区」(毎週木曜24時59分)で放送されることが発表された。共演に中尾暢樹、結木滉星、中村里砂を迎える。@@cutter 本作は、2013年10月より「KISS」(講談社)で連載中の同名コミックを実写ドラマ化。就活に挫折し、現在フリーターの24歳の寺田亜希は、同棲していた彼氏にフラれ、友人のシェアハウスで暮らすことに。そこで再会したのは、中学のクラスメイトで、初カレ兼はじめて「した」相手・本行智也だった。ここ2年ほど「たたない」という彼だが、亜希に偶然接触したところ、なぜか反応が。絶対ヘンなことはしないという約束で、亜希は協力を求められて…。  主人公の亜希を演じる森川は、「亜希ちゃんが学生時代に周りの目を気にしていた姿勢やどこから湧いてきたのか分からない自信を持っているところなどが自分と似ていて重なる部分が多いことを感じました」と役柄の印象をコメント。そして「皆さんの持っているイメージを崩さぬよう原作、そしてこの漫画のテーマを大事に取り扱っていけたらいいなと思っています」と抱負を語っている。  亜希の元カレ、智也を演じる中尾は「原作を読ませていただき、『たたない』という設定を見て…これは絶対に面白い! やりたい! と思いました。『たたない』からこその寺田さんにだけの特別感がステキで、性欲なのか愛情なのかと葛藤することは誰しも共感することではないか。とリアルな感覚で物語を受けとめられました」と振り返り、「本行智也の空気感や色気を表現できるよう頑張ります」と意気込んでいる。  シェアハウスの住人で、かつて本行の担当を務めていた編集者・長谷太一を演じる結木は、「長谷太一の笑顔の裏側に抱えているものを大切にしていきたいと感じました。長谷太一という人間と真摯に向き合って、撮影に臨みたいと考えています」とコメント。  同じくシェアハウスの住人で、本行の熱狂的ファンである栗谷あかり役を務める中村は「好きなものへの純粋でまっすぐな気持ちと、自分を信じる強さを持っている、あかりの事が大好きになりました。何かおかしいけど筋が通っていて、芯のあるあかりの魅力を、もっと引き出したいと思っています」とメッセージを寄せた。  ドラマ特区『カカフカカ‐こじらせ大人のシェアハウス‐』は、MBSにて4月25日より毎週木曜24時59分放送。

  • 『ルパパト』結木滉星、“密着”Wレッド写真公開! ※「結木滉星」インスタグラム

    『ルパパト』結木滉星、“密着”Wレッド写真公開にファン歓喜「イチャイチャしてるー」

    エンタメ

     俳優の結木滉星が5日、同日に開催された公開中の主演映画『劇場版 快盗戦隊ルパンレンジャーVS 警察戦隊パトレンジャー en fiim』の舞台挨拶のオフショットを自身のインスタグラムで公開。共に“レッド”役として出演する結木と伊藤あさひの密着写真にファンからは、「こんな可愛いツーショットが見れて幸せです」「Wレッド仲良しで和みます」など歓喜のコメントがあふれている。@@cutter 本作は、毎週日曜朝に放送中のテレビドラマ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS 警察戦隊パトレンジャー』の劇場版。ドラマ&劇場版では、熱血でドまじめな警察官=パトレン1号・朝加圭一郎役の結木と、大胆不敵な食わせ者=ルパンレッド・夜野魁利役の伊藤が“Wレッド”として注目を浴びている。また結木は、9月14日に「23歳、等身大の男ひとり旅」をテーマに自身初となる写真集の発売が控えている。  結木は、インスタグラムに二人が頬を付け合せた“密着”ショット公開と共に、「舞台挨拶楽しかったー みんなと色んな話が出来て温かく迎えてくれて感謝しかないです」とメッセージ。写真については、ハッシュタグで「#くっつくWレッド #作品ではバチバチ#プライベートではこの距離感 #この写真はもう否定出来ません #写真撮ろって言ったらこうなった笑 #ふしだらな」と添えられ、結木は満面の笑みを見せている。  この写真にファンからは、「イチャイチャしてるー!このまま付き合っちゃえ!!」「いちゃついてるー!ふしだらなっ!笑顔が素敵です大好きです」「何これ!!可愛いすぎっ もぉ~仲良しだなぁ」「ちょっと待って、、かわいすぎる、、」「お二人共可愛いの何物でもないっ!目の保養です!!」「映画のお二人がすっごくカッコ良かった上に、こんな可愛いツーショットが見れて幸せです 映画館何回も通います!」など作品では見せない2人の表情や仲良しぶりにコメントが多数届いている。 引用:https://www.instagram.com/kouseiyuki_official/

  • 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』製作発表会見にて

    「過去一の変身」 仮面ライダービルド役の犬飼貴丈が自信たっぷり

    映画

     俳優の犬飼貴丈が12日、都内で開催された映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』製作発表会見に出席。北九州ロケでラーメンを堪能したと明かしたほか、「過去一の変身ができました」と作品の仕上がりに自信をのぞかせた。@@cutter ビルドせん滅計画が始動し、日本全国民がビルドの敵となる本作。主演の犬飼は、テレビシリーズの初期は変身ポーズがうまくできなかったと振り返り「悩んだ時期がものすごくあった」と告白。それでも「集大成といえるこの映画で、過去一の変身ができましたので、そこに関してはちょっと成長したのかなと思います」と自信をのぞかせた。  また、3000人のエキストラが参加した北九州での大規模ロケの合間には、大好物のラーメンを堪能したそうで「ラーメンの旅でした。北九州は」と笑顔を見せた。同作からは犬飼に加えて、赤楚衛二、高田夏帆、武田航平、越智友己、滝裕可里、水上剣星、上堀内佳寿也監督、劇場版ゲストの勝村政信、藤井隆が出席した。  当日は映画『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』製作発表会見も併せて行われ、伊藤あさひ、結木滉星、濱正悟、横山涼、工藤遥、奥山かずさ、元木聖也、杉原輝昭監督、劇場版ゲストのココリコ・田中直樹が登場。  ルパンレッド役の伊藤は「歴史ある戦隊シリーズの映画で主役をやらせていただくということで、すごく大きな責任感を感じていました」とコメント。「ダブルレッドが中心のお話になっているので、快盗と警察という真逆の役割を超えた、二人の人間ドラマに注目していただけたら」と見どころをアピールした。一方、パトレン1号役の結木は「(撮影で)監督に半分殺されかけた」と言い、「本当に火薬を使ったりしていたので、そこは危なかったですけど、すごくいいシーンになっていると思います」と語った。  映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』は、8月4日に同時公開。

  • 結木滉星、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』インタビュー

    結木滉星、転機となった演出家との出会い「初めて自分で考える楽しさを知った」

    エンタメ

     「結木滉星は芸名なんです。元々、“木”が“城”だったんですけど、“城”はありきたりだと思って、“木”にしてもらいました」。名前の由来を聞けば、朗らかにこう答えた。進境著しい23歳の俳優・結木滉星は間もなく放送が始まる新戦隊シリーズ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に、レッドとして出演する。オーディションでは「毎回赤い服を着て行った」と願掛けをして臨み、見事に役を掴み取った。インタビューでは、結木の8年間の俳優生活と転機について、洗いざらい話してもらった。@@cutter 『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』は快盗と警察をモチーフにしたふたつの戦隊が登場する特撮ドラマ。大快盗アルセーヌ・ルパンの末裔に仕える執事によって選ばれた「ルパンレンジャー」と、国際特別警察機構の戦力部隊、通称「パトレンジャー」との攻防や活躍を描く。結木が演じるのは、警察戦隊のパトレン1号(朝加圭一郎)。熱血で真面目なキャラクターには、「決めたことに真っ直ぐなところは、僕も一緒です。一直線になると周りが見えなくなっちゃうんです」と、役に寄り添う。  出演決定を事務所にて告げられたときには、「最初はクビを切られるかと思った(笑)」と冗談半分本気半分で口にしながら、「レッドは狙っていましたけど、手応えは正直考えられなかったです。そのときの自分にできることを100%出し切っただけでした」とオーディションを振り返る。脈々と続いてきた歴史あるスーパー戦隊シリーズには、並々ならぬ思いもある。「僕も小さい頃から見て育ったので、戦隊には憧れや元気、勇気をもらってきました。今度は、自分がちゃんと恩返ししないといけないですよね」。そして、「正直、自分よりも親が喜んでくれたのが嬉しかったかな。何だかんだ応援してくれているんだな、って」と、はにかんでみせた。@@separator そんな結木、実は芸歴8年目。高校生のときにスカウトされ、デビューしてからは、紆余曲折あったという。「最初は、ただ“モテるかな?”と思って芸能界に入ったんです(笑)。けど、今はこの仕事をずっとやっていきたいと思っています」と、とある演出家との出会いが、結木の芝居への本気スイッチを押させることになったと打ち明けた。「ずっと、自分は舞台が苦手だと思っていたんです。けど、鈴勝(鈴木勝秀)さんに出会って変わりました。鈴勝さんは“自分で考えろ”という演出スタイルなので、プランを持って自分なりにやらないと、本当に切り捨てられてしまうんです。初めて自分で考える楽しさを知りました。僕のターニングポイントです」と、切れ長の目を少しうるませる。以降は、舞台での表現も、映像での演技も、以前とは違ったやりがいを覚え、自分の世界も広がった。「何歳になっても、自分のやりたいことを貫きたい。憧れの俳優さんですか?僕、中井貴一さんが大好きです。いつか共演してみたいです」。  「こんな話、初めて言うかもしれないですけど」と、前置きをして教えてくれたのは、演技の自主レッスンについて。「恥ずかしいんですけど、自分の出た作品は見るのも仕事だと思って、しばらく時間を置いてからも見るようにしています。そうすると、当時とは違う感情が生まれて“もっとこうできた”という気づきがあるんです」と、予習ならぬ復習の演技法を実践しているという。インタビューの最後には「まだ鈴勝さんに(出演を)報告していないんです。早くしたい!」とうれしそうにつぶやいていた結木。自身の成長を見守ってくれる、信頼を預けられる人物がいるからこそ、成長はより加速度を増すのかもしれない。(取材・文:赤山恭子)  『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』は、テレビ朝日系にて2月11日より毎週日曜9時30分放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access