和牛 関連記事

  • お笑いコンビ和牛の水田信二

    和牛・水田、元料理人のこだわりさく裂 しゃべり方にタモリも「料理人だね」

    エンタメ

     お笑いコンビ・和牛の水田信二が、15日放送の『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系/金曜深夜24時20分)に出演。元料理人としてのこだわりをさく裂させた。@@cutter 今回、水田が挑んだのは「ピーラーVS包丁 皮むき5番勝負」。昨年結婚し、料理を始めたという菊地亜美は最新ピーラーで、一方水田は持参してきたマイ包丁で、それぞれ同じ食材の皮むき対決に臨んだ。     割烹着姿の水田は、「ピーラーがどんだけ便利だとしても、まず包丁を使えるようになってから。ピーラーから入るのは良くない」と主張。その堂々とした物言いに、タモリからは「しゃべり方が料理人だね」との指摘が。菊池も「そっちのほうがしっくりくる」と声をあげ、相方の川西賢志郎からも「こっちのほうが流暢にしゃべる」と言われていた。    まずはニンジンとゴボウを、キンピラに適した太さ3mmにカットすることに。その際、水田は切りながら「いいニンジンですね」と評価。どうしてかと聞かれると、「包丁の吸い付きが良いので、みずみずしい」と、包丁によって食材の素材の良さまで分かると語った上で、「いきなりピーラーを使おうとする人はそこを気にしない人」と断定した。    一方、菊池も同じ食材を「スピードキンピラピーラー」という専用のピーラーでカット。結果、どう見ても菊池の切ったゴボウのほうが3mmに近いと思われたが、水田は「自分がおいしいと思う太さでやりました」と言い訳を展開。川西も「勝手なことすんのやめて、3mmの対決してるから」とツッコんでいた。    その後も「小魚3枚おろしピーラー」、網の目状にスライスできる「ワッフルピーラー」、エビの殻をむく「エビピーラー」と次々と便利グッズが紹介されたが、むきづらいカニの殻を簡単にむくカニピーラーをタモリ、菊地が実践しているのを見た水田は、うらやましいと思ったのか「やってみたい!」と名乗りを上げ、あっという間にむくと、「キレイ!」と大喜び。川西は「包丁代表で来られてるんですけど」とあきれていた。

  • 博多華丸・大吉の結成28周年イベントに出席した岡村隆史(ナインティナイン)、バカリズム

    ナイナイ岡村、バカリズム、和牛ら人気芸人が集結 豪華すぎる打ち上げ

    エンタメ

     お笑いコンビ・ナイティナインの岡村隆史が3日、自身のインスタグラムに、博多華丸・大吉のコンビ結成28周年イベント後に行われた打ち上げの様子をアップ。そこに集まった豪華な顔ぶれが、ネット上で大きな話題となっている。@@cutter 「華大28周年ライブ打ち上げばい!」というコメントとともに岡村が投稿したのは、自身や博多華丸・大吉はもちろん、NON STYLE・石田彰、和牛、次長課長、陣内智則、さらに華大と同じ九州出身のお笑いコンビ・パンクブーブーなど豪華な顔ぶれがそろった集合写真。現よしもとクリエイティブ・エージェンシー代表取締役社長・藤原寛も写り込んだことに反応するファンも多いよう。  また、よしもと関係者以外にも、マセキ芸能社所属で華大と同じ福岡出身のバカリズムの顔も。バカリズムは自身のインスタグラムにイベント前後の楽屋の様子も投稿し、華大の記念イベントのために人気芸人らが集ったことが伺い知れる。  ナイティナインと博多華丸・大吉は同期ということもあり、こうした祝賀会が過去にも開かれた経歴がある。にこやかに笑う姿が撮影されたショットからは、集まった芸人たちの仲の良さが伺えた。  コメント欄には、「好きな人だらけ」「豪華ですね」「この打ち上げ見るだけでもお金入りそう」といった賞賛の声や、「藤原さんがいらっしゃいますね!!」「岡村さんシャッチョウさんの隣ですやん」など、新社長に対する突っ込みの声も多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/okamuradesu/    https://www.instagram.com/okamuradesu/

  • (左から)明石家さんま、岡村隆史

    明石家さんま、ナイナイ岡村らの集合写真にファン「お笑い界のオールスター」

    エンタメ

     お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が24日、自身のインスタグラムに、明石家さんまをはじめとするよしもと芸人らの集合写真を投稿。ファンから「豪華」「すごいメンバー」といったコメントが寄せられている。@@cutter 岡村が「駐在さん ありがとうございました」というコメントとともに投稿しているのは、よしもと芸人ら総勢30人による集合写真。これは23日に開業した大阪の新しい劇場「COOL JAPAN PARK OSAKA」のこけら落とし公演『さんま・岡村の花の駐在さん』のオフショットとみられる。  写真には「駐在さん」姿の岡村、さんま、桂文枝、月亭八方に加え、西川きよし、間寛平、今田耕司といった大御所が勢ぞろい。さらに後方にはお笑いコンビ和牛、『M‐1グランプリ2018』覇者の霜降り明星、ミキ、中川家、ガンバレルーヤ、山田花子、たむらけんじらの顔もあり、よしもとの大御所から若手までがそろう豪華な集合写真となっている。  ファンからは「豪華メンバー」「観たかったです スゴいメンバー」「めっちゃ楽しそう!」「お笑い界の オールスター」といった声が殺到。公演についても「見に行きたかった!チ、チケット が 取れなかった」などと残念がる声があった。 引用:https://www.instagram.com/okamuradesu/

  • お笑いコンビ和牛の水田信二

    和牛・水田が生放送中に“行方不明”!? 寝落ちした姿にファン「かわいい」

    エンタメ

     お笑い芸人のたむらけんじが19日、自身のインスタグラムにて、よしもとの後輩でお笑いコンビ和牛の水田信二が、テレビの生放送中に“行方不明”になったことを報告。見つかった水田の思わぬ姿を投稿し、ファンからさまざまな反響が集まっている。@@cutter 「おは朝の生放送中に水田が行方不明に。捜索の結果、セットの裏で寝落ちてました」というコメントとともに投稿されたのは、関西ローカルの情報番組『おはよう朝日です』(ABCテレビ/毎週月曜から金曜6時45分)で使用されているセットの裏側と思しき場所で寝落ちしている水田のショット。  写真の水田は階段の途中で力尽きるかのように横になっている。少し窮屈な体勢をとりながら、目をしっかり閉じて熟睡の様子。昨年の「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)で3年連続の準優勝に輝くなど、漫才の腕は折り紙付きの水田。たむらは「気づいた瞬間になぜか僕に抱きついてきた、可愛かったよ」と水田の意外な一面を報告し、「#どんだけ働いてんねん」「#吉本さん水田に休息を」とハッシュタグを使い、所属事務所の後輩を気遣っている。  コメント欄には、「和牛さん働き過ぎです」「大丈夫かなあ」といった労いの言葉や、「かわいい水田さんの写真!」といった水田の寝顔に関する声も。生放送を見ていた視聴者からも「朝観てました!お疲れサマですよね」「今朝、放送で何があったのかな?!と思ってました」などの感想が飛び交っている。 引用:https://www.instagram.com/tamuradojou/

  • お笑いコンビ和牛の水田信二

    和牛・水田は本当に理屈っぽいか検証 正論でドッキリ仕掛け人もタジタジ

    エンタメ

     お笑いコンビ・和牛が、8日放送の『金曜☆ロンドンハーツ2時間SP』(テレビ朝日系/金曜20時)に出演。水田信二の知られざる人間性がドッキリによって明らかにされた。@@cutter 今回は、昨年のM‐1ファイナリスト7組にドッキリを仕掛け、その知られざる人間性を検証するという内容。和牛については、水田の潔癖&理屈っぽさを検証することに。ニセの雑誌取材でカフェに呼び出し、荷物を置ける場所がなかったらどうするのか、またテーブルに水滴がついていたらどうするのかウォッチング。  すると水田は、バッグを膝に載せて取材に応じ、その直後に水滴に気づくと、濡れおしぼりで拭き始めた。さらに今度は紙ナプキンで乾吹きをスタート。スタジオからは「細かい!」「姑やん」といった声が聞かれた。  続いては温泉宿の食リポへ。もちろん、これもドッキリで、ニセの料理人が厨房で献立メモをツバをめくったり、食材に向けてクシャミをすると、元料理人の水田は言葉には出さないものの、ぶ然とした表情。さらにそんな料理人が作ったという「おにぎり」はそのまま食べず、鍋のつゆをかけて食べていた。  だがニセの仲居が「こだわりのお米なので白米で食べて」と訴えると、水田は手が触れていない内側のお米だけを食べていた。  最後は、取材のために入った喫茶店で、水田のファンだという男性客から「お金を貸してくれ」と言われたときの反応を観察。会計の際、支払うべき2200円が手元にないことに気づいたファンが水田に「貸していただけませんか?」と懇願。急なお願いに水田が「(今、もし貸しても)返すタイミングないですよね」などと正論をぶつけるが、最後は当初より多い2500円を貸していた。  だが、その男性はさらにバイト先に駆けつけるためのタクシー代要求。すると水田は「それは貸せません。バイト先に事情話して遅れますっていえばいい」「自転車で行けるでしょ」「これ以上言ってくるならさっきの2200円も返してくれ」「バイト先に怒られるよりも、僕にさらに借りるほうが楽ってことですか?」などと冷静に理詰め。その理屈っぽさに仕掛け人もタジタジだった。

  • 「M‐1グランプリ2018」決勝進出者発表会見にて

    和牛・水田「優勝して、最終的には審査員長に」 M‐1決勝進出コンビ発表

    エンタメ

     『M‐1グランプリ2018』決勝進出者発表会見が15日に都内で開催され、霜降り明星、スーパーマラドーナ、トム・ブラウン、和牛、ギャロップ、見取り図、かまいたち、ゆにばーす、ジャルジャルが決勝へ進出したことが明らかになった。唯一よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属ではないコンビとなったトム・ブラウンは、決勝に向けて「地下のお笑いライブから勝ち上がったのは、僕たちだけなので、地下に夢を見させたいと思います!」と語った。@@cutter 4度目の決勝進出となった和牛の水田信二は「見せたいネタができましたんで。(決勝で)2本しっかりやって」と言い「やりたいのがいっぱいあるんで、優勝して、そのままウイニング漫才を決勝でやらせてもらいたいです。(全部で)3本やります」とコメント。また「僕らが優勝して、その後も出続けて、大会のレベルをどんどん引っ張っていって、最終的には審査員長として頑張りたいなと思います」とジョークを飛ばした。  一方、前回大会の決勝でトップバッターとなったゆにばーすの川瀬名人は「これだけ一言、まず言わせてください…。西の漫才師、ぶっ殺します」と挨拶。M‐1優勝で芸人引退という過去の発言について、司会の陣内智則に「カジサック的なこと言うてんの?」といじられると「あんま聞かんといてください。言うてますけども『言うてたなあ』くらいにしといて、大々的にはしないでください!」と照れ笑いを見せていた。  唯一、吉本興業に所属していない芸人としての出場となったトム・ブラウン(ケイダッシュ ステージ)のみちおは「東京のお笑いの中でも、地下の地下の本当の地下でやってて」とコンビとしての現状を明かし、相方の布川ひろきは「1週間~2週間前に、0人の前でネタとか(やっていた)」と自嘲。布川は決勝に向けての意気込みを聞かれると「地下のお笑いライブから勝ち上がったのは、僕たちだけなので、地下に夢を見させたいと思います!」と話していた。  当日は、MCを今田耕司と上戸彩が担当すること、昨年同様に出番順が笑御籤(えみくじ)によって決定されることも発表された。  『M‐1グランプリ2018』決勝は、ABCテレビ・テレビ朝日系にて12月2日18時34分放送。

  • 「M‐1グランプリ2018」開催会見にて

    とろサーモン久保田、M-1優勝後の破局を告白 別れた理由は…

    エンタメ

     お笑いコンビ・とろサーモンらが、21日に都内で行われた「M‐1グランプリ2018」開催会見に出席した。「M‐1グランプリ2017」王者のとろサーモン・久保田かずのぶは、優勝後に起きた変化や彼女との破局を語った。@@cutter 昨年の大会で優勝したとろサーモンだが、久保田は「おかしくなりますから。優勝したら。何十年も辞めていたタバコを優勝して吸い始めました」と告白した。さらに優勝賞金の使い道については「弟の子どもが小学校に入学するので、ランドセルを買ってあげました」とご満悦。司会を務めたトータルテンボスの大村朋宏から「(『タイガーマスク』の)伊達直人か!」と突っ込まれると、「最高の例えですね。ひとこと言わせてください。大村半端ないって!」と、開催中のロシア・ワールドカップに絡めたボケで会場を沸かせた。  相方の村田秀亮は、久保田が昨年「優勝したら彼女と結婚する」という公約を掲げていたことを振り返った。村田によると、一緒に住むための大きな部屋も借りていたというが、「最近フラれたんですよ」と暴露し、これを受けた久保田は「今、一人です。(彼女に別れる理由を)いろいろ聞いたら、ワードとして残っているのは、食べ方が汚いっていう」と自嘲していた。  昨年2位だった和牛の水田信二は「優勝したら、記念の公演としまして、東京ドーム30デイズやりたいと思います」と公約を発表し、トータルテンボスの藤田憲右は「巨人でもそんなにやってねえよ」とすかさずツッコミを入れた。また昨年、敗者復活から決勝に進出したスーパーマラドーナの武智は「優勝できなかったらどうのこうのは言えないですけど、2回戦とかで落ちたら首切ります」と大胆発言でボケれば、相方の田中一彦は「(武智は)普通のことしか言うてない」と言いつつ、「眼鏡を逆にかける」「ポケットの裏生地を出す」「ボタンを掛け違える」と小ネタを放ち、笑いを取っていた。  会見にはそのほか、ジャルジャル、マヂカルラブリー、かまいたち、ミキ、ゆにばーす、さや香、三四郎、さらば青春の光、司会としてABCアナウンサーの斎藤真美も出席した。  「M‐1グランプリ2018」は8月1日から9月30日に予選1回戦、10月上旬に2回戦、10月下旬に3回戦、11月に準々決勝と準決勝、そして12月に決勝大会を行う。

  • 映画『ダウンサイズ』公開直前イベントに登壇した村上佳菜子

    村上佳菜子、幼少期からの仲間・宇野昌磨の銀メダルに感涙「一緒にお肉を食べたい」

    映画

     プロフィギュアスケーターの村上佳菜子が28日、都内にて行われた映画『ダウンサイズ』の公開直前イベントに、お笑いコンビの和牛とともに登壇した。村上は平昌オリンピック、フィギュアスケートで見事銀メダルを獲得した宇野昌磨選手とは幼少期からともにフィギュアに打ち込んだ仲間ということで、「滑っているのを見るだけで涙が出ました。同じコーチなので、先生が『頑張れ』とフェンスを叩きながら応援している姿を見て、バーっと泣いちゃって」と感涙したことを明かし、お肉大好きという宇野選手と「お肉を一緒に食べに行きたい」と笑顔で語った。@@cutter 今回のオリンピックについて村上は「本当にどの競技にも一つ一つドラマがあって、それを画面越しに感じて勇気と希望をもらいました。たくさんの日本選手の『やり切った』という顔を見られたのが一番嬉しかったです」と語り、宇野選手には「『昌磨よかったね、お疲れ!』とメッセージを送ると『ありがとう~!取材多くて眠い~』と返ってきました。宮原知子選手(女子フィギュア)にもメッセージ送ったんですけど、『オリンピック楽しい!』って言ってました」とやりとりを明かした。  映画『ダウンサイズ』は、人間が13cmにダウンサイズする世紀の発明が発見された世界を舞台に、マット・デイモン演じる主人公ポールがより良い暮らしを求めてミニチュアの世界へ飛び込んでいく姿を描く。奇想天外な設定を細かなディテールまで描き、まるで本当にダウンサイズが実現したら、こんな世界になるに違いないという圧倒的リアリティと、現代社会を風刺した“実は”深いテーマに、海外批評家やジャーナリストからも高い評価を獲得している。  イベントではそんな映画の内容にちなみ、「身体がダウンサイズしたらこんなにいいことがある」と、和牛からプレゼン。「資産が増える」「豪邸住まいができる」という話に、村上は「フィギュアスケートは衣装代などいろいろお金がかかるので、資産がこんなに増えたら衣装を好きなように作れる」「自分が小さくなれば少しの氷だけでリンクが作れる」と目を輝かせた。  そして、とにかくかき氷が好きで1年に500杯食べるという村上は、ダウンサイズしたら何よりやってみたいこととして「巨大なかき氷を食べる」ことを挙げ、その夢を実現すべく500杯分を合わせた2mを超える巨大かき氷が登場。村上は嬉しそうに頬張っていた。  映画『ダウンサイズ』は3月2日(金)より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access