宮近海斗 関連記事

  • 『映画 少年たち』初日舞台挨拶&“映画と実演”の様子

    SixTONES・ジェシー、『映画 少年たち』刑務所パフォ実現はジャニー社長のおかげ

    映画

     SixTONESのジェシーや京本大我、Snow Manの岩本照らが29日都内で、ミュージカル・エンターテインメント『映画 少年たち』の初日舞台挨拶および映画と実演イベントに出席。本作にまつわる思いなどを語り、詰めかけた大勢のファンを前にして、生パフォーマンスを披露した。@@cutter 本作は、ジャニー喜多川氏が1969年に手がけた舞台の初映像化作品。少年刑務所に収監された少年たちの心情を描く。ジャニー氏は今回、初の映画製作総指揮も務めた。本作は映画の上映に加え、東京・丸の内ピカデリーでは、映画の出演者たちがステージでパフォーマンスを行う実験的演出も展開する。  ジョー(112番、赤房)役のジェシーは、本作は「ジャニーさんのやりたかったこと、ジャニーズの良さがたくさん出ている」とアピール。冒頭の8分間1カットのパフォーマンスシーンは「すごいですよね。刑務所でやるのは世界初じゃないですか? あんなところでやるのは。ジャニーさんが『やろう』と言わなければ入れなかった。ジャニーさんに感謝ですよ」と述べた。  また、ジュン(264番、赤房)を演じる京本が「SixTONESは4年間、舞台で演じてきた。本当に、ジャニーさんの『少年たち』に対する思いを強く感じていた。それを映画化できたのはすごく嬉しい」と言えば、コウタ(501番、青房)に扮した岩本は「半世紀以上受け継がれてきている伝説の作品。元号が変わって新しい時代になっていく中、受け継がれる、という意味をシンプルに皆の心に届けられる作品」と評価。「100年後、200年後も受け継がれる作品にしたい」と述べた。  京本は、かつて本作の舞台を担った先輩役者にして、映画版で宮崎を演じたA.B.C‐Zの戸塚祥太との共演シーンにも言及。「演じててグッときた。胸熱シーンです」と自身の気持ちを表現した。  会場では、本作が北京国際映画祭のパノラマ部門に正式出品されることが明らかに。現地入りするジェシーは「世界ということで『少年たち』やジャニーズの良さをアピールしたりできれば」と意気込みつつも、「めっちゃ緊張する!」と心境を吐露。現地でのトークなどは「北京ダック食べながら…」とボケて、登壇者らを笑わせた。  今回のイベントには、出演者のSixTONES(ジェシー、京本、高地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)、Snow Man(岩本、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介) 、Travis Japanの宮近海斗、7 MEN 侍の中村嶺亜、そして本木克英監督が出席した。  『映画 少年たち』映画と実演は、4月7日まで東京・丸の内ピカデリーにて実施中。

  • (左から)寺尾聰、井ノ原快彦、ドラマ『特捜9』クランクアップの様子

    井ノ原快彦、『特捜9』涙のクランクアップ「寺尾さんの言葉が宝物に」

    エンタメ

     井ノ原快彦が主演を務めるドラマ『特捜9』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)がクランクアップ。本作で3ヵ月に渡って特捜班をリードしてきた井ノ原は「『お前が主役だからオレは出るんだ』と寺尾さんに言っていただけたことが何よりも僕の宝物、そして力になりました」と共演者への感謝を語った。@@cutter 本作は、主任・浅輪直樹(井ノ原)の声がけにより、個性派刑事たちが、謎多き新班長・宗方朔太郎(寺尾聰)のもと“特別捜査班”として結集し、難事件に挑んでいくミステリー。  新人刑事を演じた山田裕貴はクランクアップに際して「このドラマに参加させていただいたことは自分にとって、ものすごいご褒美だなと思いながら日々、演じさせていただきました」と話すと続けて「もし続きがありましたら、どうか新藤をクビにしないでください!」と涙ながらにコメント。  本作の前身となるドラマ『警視庁捜査一課9係』から12年に渡って井ノ原と共演してきた羽田美智子は「ここまで成長を遂げたイノッチの姿はまぶしくて美しくて、頼もしくて…。本当に愛おしいチームだなと実感しています」と賛辞を贈った。  主任として、そして本作の座長としてドラマを引っ張ってきた井ノ原は「もし寺尾さんに出会っていなかったらと考えると、本当にゾッとします」と先輩俳優であり共演者の寺尾について言及。続けて「これから先、自分の50代を考えたとき、寺尾さんと出会えたことが僕の財産になりました」と語り、共演者やスタッフへの感謝の言葉も口にした。  寺尾はそんな井ノ原を頼もしそうに見やり、「今、ハッキリわかるのは井ノ原快彦が主役として、“太さ”を見せてくれるようになったこと。これからの井ノ原快彦がとても楽しみです!」と答え、主演俳優の健闘を讃えた。  ドラマ『特捜9』最終回拡大スペシャルは、テレビ朝日系にて6月13日21時放送。

  • 舞台『いまを生きる』に出演する(上段左から)佐藤隆太、大和田伸也、宮近海斗、永田崇人、七五三掛龍也、中村海人、浦上晟周、田川隼嗣

    佐藤隆太主演『いまを生きる』日本初舞台化 生徒役に宮近海斗ら

    エンタメ

     俳優の佐藤隆太が主演を務める舞台『いまを生きる』が10月に東京で上演されることが発表された。共演にはTravis Japan/ジャニーズJr.の宮近海斗、七五三掛龍也、中村海人のほか、永田崇人、浦上晟周、田川隼嗣ら注目の若手が勢ぞろいする。@@cutter 本作は、1989年にロビン・ウィリアムズ主演で製作された同名映画が原作の学園ドラマ。ニューイングランドの全寮制学院を舞台に、そこに赴任してきた英語教師と学生たちの心温まる交流を描いていく。映画は第62回アカデミー賞で脚本賞を受賞し、舞台版は2016年秋にオフ・ブロードウェイで上演。映画版でオスカーを獲得したトム・シュルマンが舞台版の脚本を手がけたことでも話題となった。  日本初演となる今作の演出・上演台本を担当するのは演出家で劇作家の上田一豪。上田は近年『キューティ・ブロンド』『TENTH』などの演出や、『ビューティフル』の日本版演出アドバイザー、『グレート・ギャツビー』などの演出助手を手がけるなど、話題作に次々と参加している注目株だ。  男子高校生たちに新たな視点や影響を与えていく教師、ジョン・キーティングを演じる佐藤は「今回、出演のお話を頂き、驚きと嬉しさが入り混じり、一気に鳥肌が立つのを感じました」とコメント。続けて「『いまを生きる』という作品は、かつて様々な映画を観て俳優を志していた頃、特に刺激を与えてくれた、 自分にとって大切な作品であったからです」と本作との縁を打ち明けた。  宮近ら若手キャスト陣は生徒役で登場。生徒たちの中心的存在となるニールを演じる宮近は「同じグループ(Travis Japan)のメンバーも出演するので、少し安心感はありますが緊張感は持ちつつ、ライバル心も持ちながらこのチームで切磋琢磨していきたいと思っております」と意気込みを語っている。  佐藤隆太主演舞台『いまを生きる』は、10月5日~24日まで東京・新国立劇場 中劇場にて上演。

  • 『特捜9』に出演する宮近海斗(ジャニーズJr.)

    ジャニーズJr.宮近海斗、『特捜9』で井ノ原快彦との共演に奮闘中

    エンタメ

     ジャニーズJr.で「Travis Japan」のメンバー・宮近海斗が、刑事ドラマ『特捜9』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)に出演し、新人鑑識課員役を演じている。@@cutter この4月、12年の長きにわたって放送されてきたテレビ朝日系の名物刑事ドラマ『警視庁捜査一課9係』が『特捜9』として生まれ変わり、新たな歴史を刻み始めた。浅輪直樹(井ノ原快彦)を主任とする個性派刑事が、謎多き新班長・宗方朔太郎(寺尾聰)のもと、“特別捜査班”として結集し、さまざまな難事件に挑んでいく同作において、“イケメン新人鑑識課員”・佐久間朗役を演じているのが、宮近だ。  第1話の登場シーンでは、小宮山志保(羽田美智子)に「イケメンくん」と呼びかけられて自己紹介。第2話では特捜班の部屋に出向いて、指紋採取の結果について報告。そして、今夜放送の第3話では、『特捜9』メンバーの依頼で、粉々に壊れた建築模型の復元を手掛けて真相究明の手助けをするなど、少しずつ捜査の面でも貢献する姿を見せている。  本作のオファーを受けたときの心境について宮近は「雑誌の仕事中にマネージャーさんに台本だけ渡されて、全然実感がなかったんです」と明かし、撮影に入り「なんてスゴイ現場にいるんだろう…!」と実感し、うれしさがこみ上げてきたと語る。  また、ジャニーズ事務所の先輩・井ノ原については「井ノ原くんはいつも“おはよう”ってポンと肩を叩いてくれるので、それでリラックスできたりします。僕なんてジャニーズJr.のはしくれなのに…やさしくしてくれる先輩がいて、ホントに安心しました!」と感謝の気持ちを述べ、「『特捜9』チームでは僕がいちばん若いので、フレッシュさ、明るさを大事にしつつ、しっかりキメるところはキメる佐久間になりたい!」と、熱く意気込みを語った。  ドラマ『特捜9』は、テレビ朝日系にて毎週水曜21時放送。

  • 初々しい刑事役でトボけた味を出した山田裕貴

    山田裕貴の初々しさに「頑張れ!」「カワイイ」の声援『特捜9』第2話

    エンタメ

     V6の井ノ原快彦主演のドラマ『特捜9』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)第2話が18日に放送され、山田裕貴演じる新人刑事の初々しさに「頑張れ新人くん!」「新人くんカワイイね~」などの声が寄せられた。@@cutter 12年続いた本格刑事群像ドラマ『警視庁捜査一課9係』が新たなキャストを迎えてリニューアルした本作。浅輪直樹(井ノ原)をはじめ、9係メンバーが新部署「特別捜査班」として再編、難事件に立ち向かっていく。  ウェディングドレスを着た女性の遺体が見つかった。臨場した直樹の前に新藤(山田)が現れ、“特捜班”に仲間入りしたと挨拶する。戸惑う直樹らをよそに、新藤は「自殺ではないか」といきなり推理を展開。ホテルのコンシェルジュであった被害女性は、結婚式前日の準備のためホテルに単身宿泊したというが、防犯カメラには映っていなかった。そんな中、彼女が婚約者と観光文化庁局長の娘との仲を疑っていたという話が浮上する。  今回から特別捜査班の仲間入りを果たした新藤。登場直後から直樹ら先輩刑事を前に推理を語る姿に、視聴者から「できる新人?それともせっかち君?」「新人くんにはもっと特捜班をかき回してほしい~!」といった声が。捜査の進展で他殺の線が濃厚になったが、クライマックスに至っても新藤だけがトリックを理解していない様子に、SNSでは「新人くん混乱してるww」「新藤くんだけわかっていないの新人らしくてよい」など、その初々しさに好意的な反応が寄せられた。さらにシリーズのファンから「最初の頃の浅輪くんはもっとオロオロしてたよ」「いっぱい振り回されて、泣いてた浅輪くんが、冷静に取り調べしてる。ほんと成長したね」など感慨深げな感想も投稿されていた。  また、第1話に登場した宮近海斗(ジャニーズJr.)演じる鑑識員の佐久間朗が今回も登場。彼を下の名前で呼んで親しげに話しかける小宮山(羽田美智子)に対し「さらっと鑑識の新人くんを下の名前で呼ぶ小宮山さんww」「小宮山さん鑑識くんにデレるww」などの反応も寄せられていた。  ドラマ『特捜9』は、テレビ朝日系にて毎週水曜21時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access