猪狩ともか 関連記事

  • 武井壮

    武井壮、仮面女子・猪狩ともかに“ライブ用車椅子”贈る 「男前すぎ」の声

    エンタメ

     タレントの武井壮が2日、自身のインスタグラムを更新。アイドルグループ・仮面女子の猪狩ともかに“光る車椅子”をプレゼントしたことを報告した。@@cutter 昨年に不慮の事故により、車椅子生活を余儀なくされた猪狩。そんな彼女に武井は「前に進んでくれたら」という思いから「ステージ用のLEDで光る車椅子をプレゼントさせてもらった」と報告し、猪狩がうれしそうに使用している様子を撮影した動画もアップした。  さらに、1日に行われた同グループのワンマンライブでの猪狩の姿を振り返った武井。「昨日のステージでお披露目されてまたたくさんのファンの皆さんが彼女のパフォーマンスを目にすることができて本当に素敵な一歩を踏み出してくれました」と感動した様子をつづり「苦しい事も多くあると思うけどまずは一歩これがいつでもどんな時でも大切だよながんばれ」とエールを送った。  また、猪狩も自身のツイッターを更新し「武井壮さんからプレゼントして頂いたステージ用の車椅子です。コメント動画出演もして頂きました!武井さん本当にありがとうございます!!」と車椅子の贈呈だけでなく、ライブにも協力してくれた武井に感謝した。そして「ピカピカ光るの!すごいでしょっ!光り方もパターンが色々あって、曲に合わせて変えていました。この車椅子で百獣の女王になるぞ」と今後の活躍に意欲を見せた。  武井の男気のある行動にファンからは「やることが男前すぎる」「こういうことが出来る人を本当に尊敬します」「泣けてきました」といった反響コメントが殺到した。 引用:https://www.instagram.com/sosotakei/    https://twitter.com/igari_tomoka

  • 『バリバラ』取材会の様子

    仮面女子・猪狩ともか、コントに挑戦 次の目標は「旅番組をやってみたい」

    エンタメ

     仮面女子の猪狩ともかが20日、障がい者のための情報バラエティー『バリバラ』(Eテレ/毎週木曜20時)のスタジオ取材会に出席。2018年の事故により車イス生活を送る猪狩が、今後の展望を語った。@@cutter 本番組では、5月16日、23日の2週にわたって“障がい者がいる職場”をテーマに、実際にあったエピソードを基にしたコント企画「スケッチコメディー~障害者が職場にやってきた~」を放送。今回の取材会には猪狩のほか、コントに出演する関西ジャニーズJr./なにわ男子の藤原丈一郎、女優の小島藤子、パフォーマーのTASKE、番組MCの山本シュウ、玉木幸則、大西瞳も出席した。  今回番組が制作したコントの中で、不慮の事故にあったことから車イス生活を送っている会社員を演じた猪狩は「障がいのある方をコントにするってどうやるんだろうと疑問に思ったんですけど、障がいを笑うのではなく“障害のある人たちとどう上手くやっていけるか”いうことを面白おかしく描いたコメディになっている」と話すと、続けて「障がいのある人とない人の間にまだ大きな壁があるかなと思うんですけど、その壁を少しでも薄くできるきっかけになったんじゃないかなと思います」と番組の意義を語った。  また多様性のある社会を理想とする若手社員を演じた藤原は、コントの出来について「自分の持てる力を出し切ったと思うので100点だと思います!」と断言。さらに「関西ジャニーズJr.でコントをやった時も、僕が台本を書いたりしていたので、嬉しいですよね」とご満悦の様子。  今回の番組で、改めて演技に挑戦した猪狩は「この身体になったからこそ、得られているものがたくさんあると思っていまして、それを今後大事にしていきたいと思います」と話すと「今はパラスポーツの応援に力を入れていまして、自分自身が競技を体験したり、イベントに呼んでいただく機会も増えています」とコメント。また「これは夢なんですけど…」と切り出すと「旅番組をやってみたいなと思ってて」と明かすと、MCの山本シュウが「最高やな!」と絶賛。猪狩は続けて「自分自身も楽しめますし、バリアフリーな場所も皆さんにお伝えできるので、そういうことに憧れています」とこれからの展望を言葉にした。  『バリバラ スケッチコメディー~障害者が職場にやってきた~』は、Eテレにて5月16日、23日の各日20時より放送。

  • 大ファンである西武ライオンズの始球式、仮面女子ライブを再び! ※「猪狩ともか」公式ブログ

    両下肢麻痺の猪狩ともか、仮面女子活動継続にメンバーから応援続々

    エンタメ

     “最強の地下アイドル”こと仮面女子の猪狩ともかが7日、自身のブログとツイッターを更新。4月11日に看板の下敷きとなって負った怪我と現状を受け止めて報告する彼女に、さまざまなメッセージが寄せられている。@@cutter 事故の経緯と怪我(けが)の状態が詳細に、しかし人柄の見える丁寧な文面で記された「大切な皆さまへ」というタイトルのブログには、瞼裂傷、頭部挫創と脚、肋骨、胸椎、腰椎の骨折、そして脊髄損傷による両下肢麻痺という重い文字列が並んだ。  「両脚を動かすことができなくなり、今後は車椅子での生活です。受け入れるのに時間がかかりましたが私は元気に生きています」とツイッターでも報告した彼女に、事務所は「退院後は仮面女子として活動を続け、これを事務所も支えていきます。これからも猪狩ともかを宜しくお願いします」と明言した。  また、無邪気に回復を信じていたころから、次第に現実を受け止めてたどり着いた絶望、そして周囲の応援で少しずつ前を向く過程を誠実に語った猪狩に、メンバーも心打たれた様子。リーダーの桜のどかは「本当に猪狩ちゃんはすごいよ」「やっぱり猪狩ちゃんは希望の星!!!これからもたくさん新たな夢を叶えてくれる気しかしてない!!!」とツイート。  神谷えりなは「猪狩の強さに私も勇気づけられる。こうやって前を向いて突き進んでくれて頑張ってる猪狩がいて、私たちも猪狩が帰ってくる場所をしっかり守り続けたいと思います」、陽向こはるは「いがともちゃんの強さに改めて気づきました。私達も全力で一緒になっていがともちゃんの夢を叶えたい!」、“東大アイドル”こと桜雪は「私が応援したいのに、猪狩ちゃんの強さに逆に私の方がパワーをもらってしまうくらい、猪狩ちゃんは何も変わらない猪狩ともかでいてくれてます」「笑顔の写真を見れて嬉しい」など続々と投稿。楠木まゆ、窪田美沙、胡桃そら、柏崎桃子、月野もあ、立花あんな、坂本舞菜らもメッセージを送っている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access