ロン・モンロウ 関連記事

  • 劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』発表された追加キャスト

    劇場版『ONE PIECE』に、竹中直人&フィッシャーズ&ロン・モンロウ出演

    アニメ・コミック

     劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の追加キャストとして、俳優の竹中直人や人気YouTuberのフィッシャーズ、そして中国人歌手・モデルの栗子ことロン・モンロウの出演が発表された。@@cutter 本作の舞台となるのは、海賊のための祭典“海賊万博”。万博の目玉は、海賊王ゴールド・ロジャーの遺した宝探しだ。ルフィたちは、多くの海賊たちと共にお宝争奪戦に参加。しかし万博の裏では、別名「最悪の戦争仕掛け人」と呼ばれるフェスタの陰謀が渦巻いていた。時代の覇権を左右するお宝争奪戦が熱を帯びる中、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入し、お宝争奪戦と海賊万博は予測不能の大混乱に陥っていく。  竹中が今回演じる役については、海賊万博に集まるキャラクターの一人としか明かされておらず、「映画を観てからのお楽しみ!」とされている。  映画『ONE PIECE』シリーズへの出演は『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(2009)での金獅子のシキ役、『ONE PIECE FILM GOLD』(2016)での1人2役に続き、3度目となる竹中。「うわぁ~再び《ONE PIECE》に参加する事が出来るなんて! なんて光栄なことだろう! 嬉しい! 嬉しすぎる! 尾田栄一郎先生の思いにちゃんと届くように愛を込めて挑みます! うおー!!!」と感激している。  一方、フィッシャーズは彼らそっくりにデザインされたフィッシャーズ海賊団として7人全員がゲスト出演。アフレコに挑戦した模様は、フィッシャーズ公式YouTubeチャンネルで近日公開予定だ。  フィッシャーズは中学校の友人同士で結成された7人組グループで、たびたび投稿動画で『ONE PIECE』について語ったり名場面を再現したりしてきたことをきっかけにコラボ漫画『Fischer’s×ONE PIECE 7つなぎの大秘宝』が「最強ジャンプ」にてスタートし、『ONE PIECE』ファンにはなじみも深い。今回のゲスト出演に「日本が世界に誇る漫画『ONE PIECE』の映画に出演できるなんて、まさにうれしい!楽しい!大好き!という感じです! 映画に貢献すべく、精一杯頑張らせていただきます!」とコメントしている。  栗子ことロン・モンロウは女海兵の役で、勇ましくそして美しく活躍する。日本のアニメが好きで、『ONE PIECE』から“夢を追う大切さを教わった”というロン。「オファーを受けたときは、びっくりして最初は何かの間違いではないかと思いました。本当だとわかると急に緊張してしまい、自分の日本語で大丈夫なのか心配になりました」と苦笑しつつ、「アフレコは初めての体験ですが、ルフィのように夢や未来に臆病にならず、チャレンジをしたいと思います!」と意気込んでいる。  劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』は8月9日より全国公開。

  • 「ベビースターラーメン60年目 新CM&スペシャルアンバサダー発表会」に出席した(左から)出川哲朗、ロン・モンロウ

    出川哲朗、栗子ことロン・モンロウに共演オファー「鼻ザリガニやる?」

    エンタメ

     中国人モデルの“栗子”ことロン・モンロウ(龍夢柔)が6日、都内で「ベビースターラーメン60年目 新CM&スペシャルアンバサダー発表会」に出川哲朗と共に登場。出川から「鼻ザリガニを一緒にやる?」と提案されると「大丈夫!」と即答するなど、二人の掛け合いで会場を終始笑わせた。@@cutter ベビースターラーメン発売60年目を記念してスペシャルアンバサダーに就任した栗子はキュートなエプロン姿で登場。「超超超超超嬉しかったです!」と同アンバサダー就任の気持ちをコメントした。  同じくアンバサダーに選ばれた出川は、ベビースターのキャラクター「ホシオくん」の出で立ちで登壇し、栗子がたどたどしい日本語を使う様を見て「日本語は僕を同じくらい」と会場を笑わせながらフォロー。ベビースターシリーズに関して「僕らの世代は、1回もベビースターを食べたことない子どもはいないと思う。それくらい当たり前のように毎日食べていた。そんなお菓子のCMを50年後にやるのは、うれしいけど不思議な感じ」と感無量の様子を見せた。  CMの撮影について問われると、出川は「ぶっちゃけ言うと、安っぽいドッキリだったし、栗子ちゃん『出川さん、あなたのこと大好き! あなた、日本で一番カッコいい』とか絶対誰かに言わされてる感じだった」とあけすけに振り返った。  会場では、新CMで展開した“ヤベイビークッキング”を実演。栗子が食品サンプルのツナ缶やマヨネーズに模した糸をぶっかけるドッキリを再現するも、出川は「(同発表会のドッキリは)一度リハーサルしました」と暴露。「ドッキリに台本を見せちゃダメ! 絶対ダメ!」とスタッフにダメ出しし、「栗子ちゃん、覚えてね! ドッキリにリハーサルはいりません」と芸能界の掟をレクチャーするひと幕も。  また栗子は、今後日本では「モデルと歌手」を中心に活動したいと述べ、憧れの人物を聞かれると「テレサ・テンと満島ひかりが好き」と回答。さらに出川との再共演を熱望した。  出川が「じゃあ今度、鼻ザリガニを一緒にやる?」と提案すると、栗子は「全然大丈夫!」と即答。出川が「あ、やる? 血もたまに出ちゃうよ? 熱湯風呂も大丈夫?」と提案をエスカレートされるも、栗子は「大丈夫!」と再び首を縦に。感心した出川は「仕事拡がるよ〜!」と褒め称え、会場を再度笑わせた。  ベビースターラーメン新CM「ヤバイビークッキング」篇は、8月10日より全国で順次オンエア開始。

  • 配信シングル『PLANET』でアーティストデビューを果たしたロン・モンロウ

    “あの女優に激似!?”ロン・モンロウ、歌手デビュー 透明感ある歌声披露

    エンタメ

     日本の有名女優に似ていることで話題の、中国出身の美少女ロン・モンロウが、配信シングル『PLANET』でアーティストデビューを果たした。@@cutter モンロウは、1994年中国湖南省・湖西出身。少数民族である土屋族(トゥチャ族)にルーツを持ち、大学進学を期に上海へ移り、2014年に中国中央テレビ(CCTV)が企画した大型オーディション番組『来たれ! シンデレラ』のスタッフにスカウトされ、出演したところ、翌15年にはグランプリを獲得している。17年には、SNS画像が、日本の人気女優と「ドッペルゲンガー並みに似てる」など評判になり、6月の時点で、インスタグラムのフォロワー数が14.2万人を超える人気を博している。  そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのモンロウは、20日にrhythm zoneから配信シングル『PLANET』でデビュー。12年前に日本でリリースされた楽曲にもかかわらず、現在、中国で記録的な大ヒットを続けている同曲を、モンロウは中国語や日本語などでカバーし、その優しいメロディを、柔らかく透明感のある声で歌い上げている。「歌手として頑張る自分の姿を通し、日本を知る中国の若者が増えること。同時に日本の若者にいまの中国に興味を持ってもらうこと」という彼女の夢の実現に近づく一曲となっている。  モンロウは、21日に発売された「週刊ヤングジャンプ」29号(集英社)の表紙にも登場したほか、日本各地で観光大使を務めたり、CMや地上波ドラマに出演したりと、今後活躍の幅を広げていきそうだ。

  • 祝グラビアデビュー! ※「ロン・モンロウ」インスタグラム

    “ガッキー似”ロン・モンロウ、グラビアデビューに反響「かわいい!」

    エンタメ

     “ガッキー似”で知られる栗子ことロン・モンロウが21日、自身のインスタグラムでグラビアデビューした雑誌「ヤングジャンプ」を紹介し、ファンから「見ましたよ!」「とても可愛かったです」の声が寄せられている。@@cutter 「今日ヤンジャンに出ましたよ、ちょっと恥ずかしいけど、みなさん観てくれました?」と日本語と中国語のコメントとともにアップされたのは、ロンがコンビニエンスストアらしき場所で自身が表紙を飾った「週刊ヤングジャンプ」(集英社)を手にしている写真。ほかに食事を前に封を開けて中身の水着とTシャツ姿を見せたり、表紙を眺めたりしている写真もあり、“ガッキー似”がよく分かる表情とラフな私服が魅力的だ。  これに対しファンは「買いましたよ♪♪♪可愛い写真ばかりです」「グラビアめっちゃ可愛い!」「特に最後の写真が好きです!」といった反響を寄せている。 引用:https://www.instagram.com/lializiko/

  • (左から)古川雄輝、ロン・モンロウ

    中国のガッキーに視聴者「声までガッキーじゃん」『ラブリラン』第7話

    エンタメ

     中村アン主演ドラマ『ラブリラン』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第7話が17日深夜に放送され、古川雄輝演じる町田翔平がヒロインへ投げかけたセリフに、SNSでは「あぁああ!!尊い」「イケメンすぎました…」などの反響が巻き起こった。また、日本のドラマ初出演となる“中国のガッキー”ことロン・モンロウへの驚がくのコメントも数多く発生した。@@cutter 町田に告白した南さやか(中村)だが、同棲を解消しようと冷たく突き放されてしまう。さやかは過去に町田にフラれた理由を思い出し、もう一度告白し直そうと決意。そして女子高生・栗子(ロン・モンロウ)のインスタグラムに記憶のカギがあると思い立つ。  序盤に日本のテレビドラマに初出演となる“中国のガッキー”ことロウ・モンロウが女子高生・栗子役で登場した今回。SNS上では「超可愛かった! 中国のガッキー似の子!」「ホンマ、ガッキーに似てるし声までガッキーじゃん」「新垣結衣さん?!ってなった」などの声が寄せられた。  記憶を取り戻そうと焦るさやかに対し、町田が「ウザいんだよ!」と一喝すると、視聴者は「なんかこっちまで悲しいし涙出てくるよ」「うざいは泣くなぁー多分」「冷たいの好きやけどうざいの一言は辛すぎる」などの書き込みが殺到。町田のために必死なさやかに感情移入する反応が多く見られた。  クライマックスでは、さやかが町田と付き合い始めた頃の記憶を取り戻し、回想シーンへ。夜空を見ながら話し続けるさやかを制すように町田が「俺ん家、くればいいじゃないっすか…」と一言。二人で手を取り合って歩き出すというシーンに、SNS上では「にやにやした!!」「あぁああ!!尊い」「喜んでいきます!!!!!」「イケメンすぎました…」などのツイートが殺到した。

  • 今夜ドラマに出演する“中国のガッキー” ※「ロン・モンロウ」インスタグラム

    “中国のガッキー”ロン・モンロウ、今夜出演の『ラブリラン』アピール

    エンタメ

     SNSで人気の“中国のガッキー”ことロン・モンロウが16日、自身のインスタグラムを更新し、今夜放送されるドラマ『ラブリラン』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第7話に出演することを、とびきりの笑顔でアピールした。@@cutter 現在、上海の大学に通う22歳の女子大生であるロンは、インスタグラムでは“栗子”というハンドルネームで活動中。今回のドラマでは、恋する女子高生インスタグラマー・栗子という同名のキャラクターを演じる。中村アン演じる主人公・さやかと大きく関わる重要な役どころだ。  ロンは、「明日私が初めて出演したドラマ「ラブリラン」第7話は23:59から放送(読売テレビ・日本テレビ系)本当に緊張」と中国語と日本語を添えて、現場で撮ったと思しき2枚のオフショットを投稿。  これに対しファンから「祝!ドラマデビュー!」「絶対見ます」「加油吧!我期待着明天晩上!(頑張って!明日の夜を楽しみにしています)」などの応援が殺到。「制服姿、すごく似合ってるね」「ガッキーにしか見えへん」「かわいい」といった称賛の声も相次いでいる。 引用:https://www.instagram.com/lializiko/

  • 『ラブリラン』第7話に出演するロン・モンロウ

    “中国のガッキー”ロン・モンロウ、『ラブリラン』でドラマ初出演

    エンタメ

     5月17日放送の中村アン主演のドラマ『ラブリラン』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)第7話に、女優の新垣結衣にソックリと話題の中国人女子大生、ロン・モンロウがゲスト出演する。ロンは女子高生インスタグラマー役で、日本のテレビドラマ初出演を果たす。@@cutter ロンは、現在22歳で上海の大学に通う女子大生。20歳のときに中国のオーディション番組でグランプリを獲得し、モデルや歌手として活動していた。そんな折、日本でも2017年末ごろから“ガッキー似の美人中国人”としてインスタグラムで話題となり、ネットの芸能ニュースやテレビの情報番組に出演したりと、一気に知名度が上がっている。  今回、彼女が演じるのは恋する女子高生インスタグラマー・栗子というキャラクター。“栗子”はロンが実際にインスタグラムで使用しているハンドルネームだ。「初カレ日記」という甘酸っぱい初恋の記録をインスタグラムに投稿し、それが中村演じるヒロイン・さやかの目に止まるという設定。劇中のさやかの恋愛にも大きな影響を与えるという重要な役柄だ。  中国のオーディション番組で演技の審査はあったものの、母国でもドラマに出演した経験がないという彼女。この度、日本で人生初となるドラマ撮影に挑んだ感想として「まさか自分が日本のドラマに出演できるなんて夢にも思わなかったです」と一言。続けて「実は昔から女子高生の制服が好きだったので、今回、制服を着させて頂いて出演できた事を嬉しく思います」と喜びを表現している。  また、中村らと共演したことについて「今まではドラマを見ている側だったので、出演者として皆さんを目の当たりにして、驚き、嬉しさよりも頭の中が真っ白になって、どうしたら良いのかわからなくなりました」と語り、初々しさをのぞかせた。  ロン・モンロウがゲスト出演する『ラブリラン』第7話は、読売テレビ・日本テレビ系にて5月17日23時59分より放送。

  • 龍夢柔(ロン・モンロウ)出演、WEB動画「東急ステイ札幌OPEN 2018」篇 場面写真

    “中国のガッキー”栗子が日本のCMに 札幌を堪能する姿が可愛い

    エンタメ

     “中国のガッキー”としてSNSで話題の栗子こと龍夢柔(ロン・モンロウ)が「東急ステイ札幌」のCMに出演することが発表され、18日より北海道内限定で放送されている。WEB動画「東急ステイ札幌 OPEN 2018」篇60秒も公式サイトで公開中だ。@@cutter 栗子は中国湖南省・湘西生まれの23歳。2014年、中国中央テレビ(CCTV)が企画した大型オーディション番組『来たれ シンデレラ』の番組制作スタッフにスカウトされ出演し、2015年に見事グランプリを手に入れた。2017年後半、本人が投稿したSNS画像が日本で話題になった。  CMへの起用理由は、彼女と東急ステイのある共通点から。ホテルはどれも似ていると思われがちで、栗子も女優の新垣結衣に似ていると話題になったひとり。東急ステイも栗子も自身にしかない個性や魅力があり「自分らしさ」を伝えていきたいという想いで重なる部分から今回のCM出演が実現した。CMでは栗子が持つ「自分らしさ」を表現しながら、東急ステイが目指す「自分らしく暮らすように滞在できる」点を伝えているという。  日本が大好きだという栗子は、今回の撮影で日本語の台詞にも初挑戦。「おはよう」「いってきます」「いただきます」「きれい」などを披露している。ホテルから出発し札幌時計台や赤レンガ庁舎、円山動物園といった札幌の観光地を彼女と共に周り、ホテル内で洗濯をしているシーンも併せて、朝から寝るまで一緒に過ごしたような気分を味わえる仕上がりだ。  初めて来た北海道では雪の量や魚介の新鮮さに驚き、雪を丸めてスタッフに見せたり、円山動物園の動物に癒されたりと、常に笑顔で撮影現場を盛り上げた栗子。栗のパフェとの自撮りでは思わずはにかんでしまう場面もあり、ほかでは見られない姿が目白押しとなっている。  「東急ステイ札幌 OPEN 2018」篇は北海道内限定で放送中。WEB動画も公式サイトで公開されている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access