わたなべ麻衣 関連記事

  • JOY

    白馬に乗ったJOY!? 妻・わたなべ麻衣が驚きのプロポーズ告白 女性陣の反応は…

    エンタメ

     タレントのJOYと、妻でモデルのわたなべ麻衣が16日放送の『踊る!さんま御殿!! 3時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演。結婚後初共演となった番組で、わたなべがJOYから受けた手の込んだサプライズプロポーズを明かす一幕があった。@@cutter MCの明石家さんまは、わたなべに「どういうプロポーズだったんですか?」と質問。わたなべは「めちゃくちゃ素敵だったんです…」と前置きし、JOYがプロポーズに際して、わたなべとJOY、そしてわたなべの飼い猫を主人公にした自作の本をプレゼントしてくれたことを告白した。  JOYのサプライズはそれにとどまらず、猫のための家もわたなべにプレゼント。彼女が「バラの花束をもらったんです」と明かすと、JOYが「108本!」と本数を公表。これにさんまがすかさず「煩悩の数?」とツッコミを入れると、JOYは「“永遠の愛を誓う”というのが108本らしいですよ」と応えた。  さらに、わたなべによると「ちょっと後ろ向いてて」と言われ、「いいよ」と言われて振り向いたところ、そこには白馬に乗ったJOYがいたそう。JOYが「メリーゴーランドの馬を買いまして」と解説すると、スタジオの面々は驚がく。わたなべが「ずっと“白馬の王子様が麻衣を迎えに行くよ”ってフリを入れてくれてて。そしたら本当に白馬に乗って迎えにきてくれたんですよ!」と説明すると、同じくゲスト出演していた高橋みなみは思わず「怖い~! 振り向いたら木馬に乗ってんすか!?」とコメントし、JOYに「木馬じゃない! 白馬!」と訂正されていた。  JOYからのプロポーズにわたなべは感動し、号泣したそう。「“普通の指輪の箱だと、愛が入らない”って言って大きな宝箱を開けてくれて、その中に指輪が入っていて」と、JOYのプロポーズの瞬間について語ると、ゲストの滝沢カレンは「ちょっとヤダ…」とポツリ。滝沢の言葉にスタジオから爆笑が起こる中、驚いた表情のJOYは「なんで!? 白馬だぜ!?」と声をあげていた。

  • JOY

    JOYの婚約者わたなべ麻衣、彼の意外な素顔暴露に「営業妨害」の声

    エンタメ

     “インスタの女神”とも呼ばれているモデルのわたなべ麻衣が19日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系/毎週水曜21時)で、トークバラエティー初出演を飾った。5月に婚約を発表したタレント・JOYとのなれそめや、彼の生真面目な素顔を暴露する一幕があった。@@cutter 番組がきっかけで知り合い、最初はJOYの方から声をかけてきたそう。「誰にでも言ってるんだろうな」と警戒しつつも「断る理由はないし…」と連絡先を交換。一緒に食事にまで出かけたが、「異性として見てなかった」と振り返った。それでも「めちゃくちゃ真面目」「緊張しいで、すぐ手汗がびちょびちょになる」と性格を知っていくうちに「テレビで見てたJOYっていう人柄と全然違った」と知ったそう。  わたなべは「そういうとこを見てて、お仕事でキャラクターをきちんとしてる人なんだなって…」と異性として意識し始めた瞬間を明かした。チャラチャラしたキャラクターのJOYだけに、この告白にはMCのフットボールアワー後藤輝基も「(JOYの)営業妨害やねん! 誰が営業妨害してんの?」とツッコんでいた。  一方、自身のの性格については「極度の面倒くさがり」と紹介。どれだけ家から出ずに生活できるかを常に考えているそうで、服や食材の購入なども基本的にネットショッピングで済ませているという。  そんな引きこもりがちなわたなべに、チュートリアル徳井義実が「“JOYとデートするのが面倒くさい”とかはなかった?」と問いかけた。わたなべは「(面倒くさく)なかったですね。彼自身も外に出歩くタイプじゃなかったので」としみじみ語りつつも「(JOYは)派手な生活をしていると思ってたんですけど、すごい地味な生活だったんですよ」と暴露。これには、再び後藤も「営業妨害や」とツッコんでいた。

  • 『幸色のワンルーム』ドラマビジュアル(縦)

    山田杏奈、ドラマ初主演決定 話題のコミック実写化で誘拐被害者に

    エンタメ

     女優の山田杏奈が、7月スタートの新ドラマ『幸色のワンルーム』(テレビ朝日系/毎週土曜26時30分、ABCテレビ/毎週日曜23時35分)で誘拐の被害者役を演じることが発表された。同名コミックの実写化で、ドラマ初主演を務める山田は「マンガなので、たまに『こんな顔出来るかな!?』というのもあるんですけど、“人間の限界”に挑戦して頑張っています(笑)」とコメントしている。@@cutter 本作は、Webコミック誌「ガンガンpixiv」で連載され話題を呼び、累計閲覧数2億8000万を突破したはくり氏による同名コミックの実写ドラマ化。両親からの虐待と学校でのイジメを受けていた少女と、彼女を誘拐した青年が同居することから始まる日常生活と不思議な関係性を、オリジナルストーリーも絡めて描いていく。  主人公の幸を、映画『ミスミソウ』で復讐に身を投じるヒロインに扮した山田が演じ、ドラマ初主演を果たす。幸を誘拐する銀髪でマスク姿の“お兄さん”を上杉柊平、幸の人生を狂わせ、お兄さんとの2人の生活に大きな影響を与える“クセの強い”登場人物には、木下ほうか、雛形あきこ、戸塚純貴、わたなべ麻衣ら個性豊かな役者が顔をそろえる。  幸は、誘拐犯との生活で初めて虐待やイジメから解放される“幸せ”を知っていくという役柄。原作コミックを知っていたという主演の山田は「身近で起こってもおかしくないようなお話だと思います」とコメントし、続けて「幸という、色々あって背負うものが多い女の子と、特殊な環境で生きてきたお兄さん…そういうある意味『普通とは違う』2人が築いていく人間関係を描いた物語で、新しいなと思いました」と本作への印象を語った。  さらに、「お芝居で意識しているのは幸の二面性。表面のすごく明るいところと、闇を抱えた本心のところというのを意識して演じ分けているので、そこを見ていただけると嬉しいです」と見どころをアピールした。  人生で初めて髪を染めたというお兄さん役の上杉は、誘拐犯と被害者の、歪で繊細な関係を描く内容に「僕も演じながらいつもドキドキしています」とメッセージを寄せた。  ドラマ『幸色のワンルーム』は、テレビ朝日にて7月7日深夜2時30分より、ABCテレビにて7月8日23時35分より、放送スタート。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access