あいみょん 関連記事

  • 映画『空の青さを知る人よ』主題歌を担当するあいみょん

    『空の青さを知る人よ』あいみょんが同タイトルの主題歌書き下ろし 最新予告公開

    アニメ・コミック

     『あの花』『ここさけ』の長井龍雪監督4年ぶりの新作で、吉沢亮や吉岡里帆らが声優を務める映画『空の青さを知る人よ』の主題歌を、あいみょんが担当することが決定。併せて、最新予告映像とビジュアルが解禁となった。@@cutter 不思議な四角関係を描くラブストーリーの本作は、長井監督が手掛けた『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』と合わせ、オリジナル長編アニメ三部作となる。脚本家の岡田麿里とキャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀によるクリエイターチーム「超平和バスターズ」が再集結する。  主題歌を担当するのは、独特の歌詞世界とファッションセンス、中毒性のある歌声で人気を博すシンガーソングライターのあいみょん。彼女が書き下ろした主題歌タイトルは、本作と同じ「空の青さを知る人よ」となった。本作のプロデューサーである川村元気が「脚本に書かれた台詞を見て、なぜだか”あいみょんの声”が聴こえたような気がした」とラブコールを送り、スペシャルタッグが実現した。  今回の発表に合わせ、あいみょんの主題歌を使用した予告映像とビジュアルが解禁。予告映像は、登場人物4人それぞれの心の叫びにあいみょんの歌声が共鳴する、エモーショナルな仕上がりとなった。  最新ビジュアルは、キャラクターの背に、淡くも美しい空が広がり「伝えたかった。」「知りたかった。」「信じたかった。」「忘れたかった。」という言葉が並び、大切な人を思う姿が印象的なものとなった。  あいみょんは「脚本を読ませていただいた時、しんのやあおいと同じく音楽をやっている身として共感できる部分や、青春の淡い痛さみたいなものが自分にもあったなと感じました」と明かし、「作品に寄り添いつつも、自分らしさのある素敵な曲になったと思いますので、映画も楽曲も楽しみにしてください!」と語っている。  映画『空の青さを知る人よ』は10月11日より全国公開。

  • (左から)石原さとみ、あいみょん、福士蒼汰

    石原さとみ×あいみょん×福士蒼汰、豪華3ショットに「最強すぎ」とファン歓喜

    エンタメ

     俳優の福士蒼汰が15日、自身のインスタグラムに女優の石原さとみ、歌手のあいみょんと撮影した豪華すぎるスリーショットを投稿。福士は、自身が出演する7月期ドラマ『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』の主題歌を務めるあいみょんのライブへ訪れ、同ドラマの主演・石原と共に盛り上がったことを明かしている。@@cutter 7月9日にスタートする本ドラマは、1999~2003年に「週刊スピリッツ」(小学館)で連載された佐々木倫子による漫画が原作。  「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原)と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる“至極のフレンチレストランコメディー”だ。福士は、同レストランでウェイターを務めるも、真面目な性格で営業スマイルができない伊賀観を演じる。  「凄まじい歌手あいみょんさんのライブで凄まじい歌を聴かせて頂きました。石原さんと盛り上がりに盛り上がりました!!」と感想を語った福士は、「#こりゃ惚れるわ」「#天才かよ」とテンション高めのハッシュタグを添え、あいみょんのライブを絶賛。  にこやかにほほ笑む豪華なスリーショットに対し、コメント欄には「メンバー最強すぎ」と驚きの声が相次いだ他、「ドラマ楽しみです」「ヘブンも主題歌も楽しみにしてます!!」など、ドラマに対する期待の声が多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/fukushi_sota_official/

  • 新ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の主題歌を担当するあいみょん

    石原さとみ主演新ドラマ、主題歌はあいみょん楽曲「真夏の夜の匂いがする」

    エンタメ

     シンガソングライターのあいみょんが、石原さとみ主演の新ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系/7月9日スタート毎週火曜22時)の主題歌を務めることが発表された。主題歌として書き下ろされた楽曲「真夏の夜の匂いがする」について、あいみょんは「聴く誰かの身体に、耳に、目に残って、抜け出せないものになれば」と語っている。@@cutter 本作は、原作は1999~2003年に「週刊スピリッツ」(小学館)で連載された佐々木倫子による漫画『Heaven? ご苦楽レストラン』のドラマ化。「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原)と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる“至極のフレンチレストランコメディー”となっている  あいみょんは「今年の初めに石原さんと番組でご一緒させて頂く機会があり、その後ライブにも足を運んでくれて、是非また一緒に何かできたら嬉しいな。と思っていた矢先に、石原さん主演のドラマ主題歌の書き下ろしのお話を頂いて、純粋に嬉しく思いました」と喜びをコメント。  ドラマについて「石原さんが演じる、黒須仮名子は破茶滅茶だけど、何故かクセになる放っておけない人物」と話し、「『真夏の夜の匂いがする』もそういうクセのある存在で、聴く誰かの身体に、耳に、目に残って、抜け出せないものになればと。楽曲の中を彷徨わせたいです、ズブズブに」と曲に込めた思いを語った。  主演を務める石原は「あいみょんさんの楽曲は全曲聞かせていただき、なんて幅広いジャンルを自分色に染め上げ、心に突き刺さる言葉と救ってくれる言葉を投げかけてくれる歌詞なんだろうと感嘆しました」と語り、「あいみょんさん、素晴らしい楽曲をありがとうございます! 皆さん、主題歌を心から楽しみにしていて下さい!」とメッセージを寄せた。  あいみょんの書き下ろし楽曲「真夏の夜の匂いがする」は7月24日に8thシングルとして発売される。  火曜ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』は、TBS系にて7月9日より毎週火曜22時放送。

  • あいみょん

    あいみょん、期待してくれるのは「すごくうれしい」 周囲の気持ちをチカラに

    アニメ・コミック

     今もっとも勢いのあるアーティストといっても過言ではないシンガーソングライター・あいみょん。劇場版『クレヨンしんちゃん』シリーズ最新作『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』では「野原一家の始まりの歌」というテーマで『ハルノヒ』を書き下ろした。近年、映画・ドラマなど映像作品とコラボし主題歌を務めることも多くなったあいみょんだが、こうした活動は非常に大きな意義があるという―。@@cutter 「小さい頃からとにかく『クレヨンしんちゃん』が大好き」と語るあいみょん。だが一方で「取材とかだと、たいていどんな人でも『昔から大好きでした』とは言いますよね」と笑う。だからこそ「もちろん言葉でも表しますが、曲で“大好き”を表現することがシンガーソングライターならではだと思う」と熱い思いを曲に詰め込んだ。 @@insert1  書き下ろした『ハルノヒ』の歌詞。最初に出てくるフレーズは「北千住駅のプラットホーム」。『クレヨンしんちゃん』ファンならご存知、ひろしがみさえにプロポーズした場所だ。「今作は、テーマである家族愛はもちろん、ひろしとみさえの夫婦愛が色濃く描かれた物語。目一杯野原家に寄り添う中で、今までの『クレヨンしんちゃん』の映画になかったような曲を作りたかったんです」。  あいみょんの言葉通り『ハルノヒ』はひろしとみさえの愛、そして未来に訪れるしんのすけやひまわりという家族も連想させる。劇中のクライマックスシーンで映像と交じりあう展開は号泣ものだ。あいみょんも「本当にこんなにすてきな作品に携わらせてくれてありがたい」としみじみ語る。 @@insert4  本作をはじめ、映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(2018)、『さよならくちびる』(5月31日公開)など、近年映像作品とコラボする機会が多い。「普段の曲はゼロから作り出しますが、こういうタイアップ曲はストーリーがあったり、台本やキャラクターが存在したりします。そこからヒントをいただいたりできるし、フレーズも自分のワードセンスでは絶対出てこないようなものに出会える。『ハルノヒ』の“北千住”なんて言葉は、『クレヨンしんちゃん』と出会わなければ、一生出てこなかった」と新しい引き出しを得られる有意義なことだという。@@separator またもう一つ、コラボすることの大きなモチベーションが、あいみょんにはある。「頼られているという言葉が正しいかわかりませんが、私に主題歌を頼んでくださるということは、なにかしら期待してくれているということだと思うんです。それはすごくうれしい。『絶対良いもの作ったる!』って気持ちが上がります」。 @@insert2  昨年は第69回NHK紅白歌合戦にも出場するなど、近年の充実ぶりは著しい。それでも過去の取材等では「調子に乗らないように」と謙虚な発言が続く。あいみょんは「調子に乗っている部分もありますよ」とつぶやくと「一人で曲などを作っているときは『天才やな~』みたいな感じで自分を目一杯褒めています。そうしないと先に進めないですからね」とはにかむ。  本作への楽曲提供に「こんなに幸せなことはない」と語ったあいみょん。実は劇中、本人役でカメオ出演もしている。「もう本当にすごいことですよね。家族の自慢になります」と目を輝かせると「反響がすごいんです。LINEスタンプにもしていただいて、めっちゃ自慢していたら、ほかのバンドマンからもたくさん連絡もらいました。一生自慢できます!」と興奮気味に語っていた。(取材・文:磯部正和 写真:松林満美) @@insert3  『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は全国公開中。

  • あいみょんによる主題歌「ハルノヒ」スペシャル映像より

    『映画クレしん』未公開映像&アニメ名場面でつづる、あいみょん主題歌スペシャル映像

    アニメ・コミック

     『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌となるシンガーソングライター、あいみょんの「ハルノヒ」が完成。家族愛を歌う同曲に乗せ、映画本編の未公開映像やテレビ版の名場面を収めた「ハルノヒ」スペシャル映像が公開された。ひろしとみさえの出会いから子どもたちの誕生・成長まで、野原一家のたどってきた道のりが映し出されている。@@cutter シリーズ27作目となる本作の舞台はオーストラリア。初めての新婚旅行へ出かけた夜に姿を消したひろしを奪還するため、野原一家がドタバタな大冒険を繰り広げる。  あいみょんが手がけた主題歌「ハルノヒ」は「北千住駅のプラットホーム」という歌詞から始まる。これは野原ひろしがみさえにプロポーズした場所。そこから始まった野原一家の歴史を、スペシャル映像では本編未公開シーンややテレビ版の名場面からたどっていく。  「いつかはひとり、いつかはふたり、大切を増やしていこう」という歌詞に寄り添い、一家の家族写真から始まって、付き合い始めたばかりの初々しいひろしとみさえの姿や、しんのすけの誕生とその成長、愛犬シロとの出会い、しんのすけの妹ひまわりの誕生と、家族が増えて今のにぎやかな一家になるまでの道のりが描かれる。  さらに後半では、「失われたひろし」奪還のために戦うしんのすけ、みさえ、ひまわり、シロの姿や、ボロボロになりながらも奮闘するひろしの姿も公開されている。  「ハルノヒ」というタイトルは、野原一家のホームタウンである春日部から取られたもの。あいみょんは「野原一家という永遠の家族は、これからもパワフルな未来を私達に魅せてくれる気がします。(涙)」とコメントしている。  「ハルノヒ」は4月17日発売。現在先行配信中。  『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は4月19日より全国公開。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』メインカット

    あいみょん、『映画クレヨンしんちゃん』本編に登場 キャラクタービジュアル公開

    アニメ・コミック

     『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の本編に、シンガーソングライターのあいみょんが登場することが決定し、劇中のキャラクタービジュアルが公開された。@@cutter 27作目となる本作の舞台はオーストラリア。初めての新婚旅行へ出かけた夜に姿を消したひろしを奪還するため、野原一家がドタバタな大冒険を繰り広げる。ゲスト声優として、美人トレジャーハンター、インディ・ジュンコ役で木南晴夏、本人役として小島よしお、ぺこ&りゅうちぇるの登場が発表されている。  本作の主題歌を担当することが決まっているあいみょんは、「女性シンガーソングライターの中で、たぶん私が一番しんちゃんを好きです!」と宣言するほどのしんちゃんファン。そんなあいみょんが今回、映画本編に登場することが決定した。  あいみょんのチャームポイントを忠実に再現したキャラクタービジュアルには、本編にたびたび登場するかわいいコアラとあいみょんの“AIM”の文字がコラボしたロゴマーク入りのTシャツを身につけ、ギターを持つ姿が描かれている。あいみょんが本編のどのシーンに出てくるかは、観てのお楽しみとなっている。  映画出演が決まったあいみょんは「自分がキャラクターになるなんて人生で初めてなので、しんちゃんのことが大好きな家族にも、今回キャラクターとして登場することを早く伝えたいです!映画館で私が登場するシーンをぜひ探していただければと思います」と喜びのコメントを寄せている。  さらに、あいみょんにとって初となる映画イベント“春の日”の様子を、クレヨンしんちゃん公式ツイッターにて本日18時30分(予定)から生配信することも決定。イベントでは、あいみょんが舞台上で“しんちゃん愛”を思う存分語るほか、本作の主題歌である『ハルノヒ』を生歌唱することになっている。  また、クレヨンしんちゃんとあいみょんがコラボした「LINEクリエイターズスタンプ」が現在発売中。あいみょんとしんちゃんが仲良く並んだかわいらしいスタンプに、あいみょん本人も大喜びしているという。販売期間は12月31日まで。  『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は4月19日より全国公開。

  • あいみょん

    あいみょん、17歳で初めて官能小説を購入 お気に入りフレーズを披露

    エンタメ

     シンガーソングライターのあいみょんが5日、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系/金曜深夜24時20分)に出演し、官能小説を愛読しているという意外な素顔を明かした。@@cutter 17歳の時に初めて官能小説を購入した当時を振り返ったあいみょんは「悪いことしているような気分になった」とし「恥ずかしくて男性情報誌の『BRUTUS』と一緒に隠しながら…」と照れながらレジに持って行ったことを明かした。  さらに、おすすめの一冊として、官能小説ならではの用語や表現がまとめられた『官能小説用語表現辞典』を紹介。「潤んだ瞳は見開かれて」「侵入者」など、お気に入りのフレーズも披露し「すごく面白い」とその魅力を語った。  また番組では「あいみょんの曲作りを勝手にサポート!? 出版社対抗(秘)官能小説プレゼン祭」と題し、官能小説を手がける編集者らが曲作りに役立つ官能的な表現を紹介した。数々の名フレーズにあいみょんは「すごい」と絶賛し、最後は「勉強になりました」と満足気に振り返っていた。

  • (左から)新垣結衣、あいみょん

    新垣結衣&あいみょん、“けもなれ”密着2ショットに「最高の組み合わせ」の声

    エンタメ

     歌手のあいみょんが23日、自身のインスタグラムに女優の新垣結衣との2ショット写真を投稿。2018年に放送されたドラマ『獣になれない私たち』に主題歌を提供したあいみょんと主演を務めた新垣の姿にファンからは「最高の組み合わせ」「かわいいのコラボ」などのコメントが寄せられた。@@cutter 「ようやく一緒にビールが飲めました」という報告と共に投稿されたのは、あいみょんと新垣が顔を寄せ合ってポーズをとる2ショット写真。2018年放送のドラマ『獣になれない私たち』の劇中でクラフトビールバー「5taps」が登場したことから「タップ2くらい。」とのコメントと共に、ビールジョッキのスタンプも。さらに、あいみょんが歌う同ドラマの主題歌「今夜このまま」の歌詞の一部も文字としてあしらわれている。  あいみょんは続けて「飲みながら食べながらお話ししました。時間が足りんかったです、外で撮影もしたり楽しかったなぁ」と綴っており、新垣と有意義な時間が過ごせたことを明かしている。  あいみょんと新垣の2ショットにファンからは「たまらん」「最高の組み合わせ」「かわいいのコラボ」「二人とも可愛すぎて言葉にならない」など歓喜のコメントがあがっている。 引用:https://www.instagram.com/aimyon36/

  • 『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』主題歌を歌うあいみょん

    あいみょんの夢かなう!『映画クレヨンしんちゃん』主題歌書き下ろし

    アニメ・コミック

     シンガソングライターのあいみょんが、『映画クレヨンしんちゃん』シリーズの最新作『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌を務めることが分かった。『クレヨンしんちゃん』の熱烈なファンだというあいみょんは、主題歌を担当することについて「一生の宝物」と喜びを語っている。@@cutter 劇場版27作目となる本作では、新婚旅行に行ってなかったひろし&みさえが、激安新婚旅行ツアーでオーストラリアに家族旅行。しかし、ひろしが謎の仮面族にさらわれてしまう。“お宝のカギ=ひろし”を巡り、野原一家と、仮面族と、世界中から集まったトレジャーハンターたちによる、争奪戦が勃発。しんのすけは、とーちゃんを奪還し無事に春日部に帰ることができるのか…!?  子どもの頃に『オトナ帝国の逆襲』と出会って以来大のしんちゃんファンで、「女性シンガーソングライターの中で、たぶん私が一番しんちゃんを好きです!」と宣言するあいみょん。男性目線で歌詞を書くことの多いあいみょんは、今作が野原ひろしとみさえの“いまさらの新婚旅行”を描いていることから、原作やレギュラー放送の中で描かれた「ひろしのみさえへのプロポーズ」に着想を得て、「ひろし目線」で今作の主題歌「ハルノヒ」を書き下ろした。  あいみょんは「小さい頃から大好きだった。と、言いますととてもありきたりだとは思うのですが、その大好きな想いを私なりに楽曲でどうにか伝えられたらな。と心から思い、今回のテーマが『家族の愛』と聞いて、野原一家の誕生の物語を楽曲で描けたら!と考えました」と曲に込めた思いを明かす。  続けて「クレヨンしんちゃんはいつも、家族の繋ぐ糸の強さや幸せを教えてくれます。もちろん、カスカベ防衛隊のみんなとの絆も。時には間違いつまずくことも。作品から伝わるメッセージに心を打たれます」と作品の魅力を熱弁。最後に「本当に今回の映画に携われて幸せでした。一生の宝物をありがとうございます。書き下ろしさせて頂いた『ハルノヒ』が沢山の場所に届きますように」とメッセージを寄せている。  『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は4月19日より全国公開。

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』出場歌手 発表記者会見に登場したKing&Prince

    King & Prince、紅白初出場 療養中のメンバー岩橋玄樹に「見ててね」<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     アイドルグループKing & Princeが14日、都内で開催された『第69回NHK紅白歌合戦』出場歌手発表記者会見に出席した。病気療養中の岩橋玄樹を欠いての出場となることについて、岸優太は「玄樹くんには『見ててね』って言いましたし、『絶対見るから』って言われました」と明かした。@@cutter 平野紫耀は「僕たちは今年デビューさせていただいて、まだ1年目という年なんですけども、その中で年末の大舞台、紅白という番組に出させていただくということで、本当に関係者の皆さん、スタッフの皆さん、ファンの皆さんに、とても感謝しています。そしてこの年末で、皆さんに恩返しができるようなパフォーマンスができたらなと思っています」とコメント。  出場を知らされたときのことについて、永瀬廉は「昨日、ジャニーさんから稽古場に呼び出されまして。そのときにジャニーさんから直接、聞きまして。そのときのジャニーさんの言葉っていうのが『YOUたち、ちょっと来て』。人がいないところに集められて『誰にも内緒だからね?』って言われて、『YOUたち紅白だから』て言って、どっか行きました」と笑顔で回想した。  岩橋を除く5人での出場に話が及ぶと、岸は「今回は5人という形になってしまうんですけど、本人にも連絡をしまして。正直、悔しい思いはしていたんですけど、僕たちは彼の思いも背負っての思いが、今回この舞台にかかっているので、非常に強い思いを持っております」と話した。  この日は、同じく紅白初出場となるDAOKO、あいみょん、純烈、DA PUMP、YOSHIKI のほか、Aqours、刀剣男子、桑子麻帆アナウンサーも出席した。

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』出場歌手 発表記者会見に登場したあいみょん

    King & Prince、あいみょんらが初出場 紅白出場歌手発表<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     12月31日の大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか/19時15分)の出場歌手が14日、発表された。@@cutter 白組ではアイドルグループKing & Prince、今年夏のサッカーW杯の同局テーマソング『VOLT‐AGE』を担当したロックバンドSuchmosのほか、純烈、X JAPANのYOSHIKIとL'Arc~en~CielのHYDEがコラボしたスペシャルユニットYOSHIKI feat. HYDEも。一方、紅組ではアーティストのあいみょん、DAOKOが初出場となる。  さらに特別企画に出演するエレファントカシマシの宮本浩次も初出場となる。  なお最多出場は白組では48回の五木ひろし、紅組では41回の石川さゆりとなっている。 以下が出場歌手 ※()内が出場回数 【白組】 嵐(10) 五木ひろし(48) EXILE(12) 関ジャニ∞(7) King & Prince(初) 郷ひろみ(31) Suchmos(初) 三代目 J Soul Brothers(7) 純烈(初) SEKAI NO OWARI(5) Sexy Zone(6) DA PUMP(6) 氷川きよし(19) 福山雅治(11) Hey! Say! JUMP(2) 星野源(4) 三浦大知(2) 三山ひろし(4) 山内惠介(4) ゆず(9) YOSHIKI feat. HYDE(初) 【紅組】 aiko(13) あいみょん(初) いきものがかり(10) 石川さゆり(41) AKB48(11) 丘みどり(2) 欅坂46(3) 坂本冬美(30) 島津亜矢(5) Superfly(3) DAOKO(初) 天童よしみ(23) TWICE(2) 西野カナ(9) 乃木坂46(4) Perfume(11) 松田聖子(22) 松任谷由実(3) MISIA(3) 水森かおり(16) Little Glee Monster(2) 【特別企画】 椎名林檎(6) 宮本浩次(初)

  • 『獣になれない私たち』あいみょんスタジオ訪問より

    あいみょん『獣になれない私たち』スタジオ訪問 ガッキー&龍平と対面

    エンタメ

     シンガーソングライターのあいみょんが、自身が主題歌を務め、女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の撮影スタジオを訪問。あいみょんは、撮影中の新垣や松田を激励したほか「私にも5tapみたいな行きつけの店があったらいいなと思います」と語った。@@cutter 『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)や『アンナチュラル』(TBS)の野木亜紀子が脚本を手掛ける本作は、ECサイト制作会社の営業アシスタント・深海晶(新垣)と、敏腕会計士・根元恒星(松田)が、本音でぶつかり合い、そして傷つきながら、自分らしく踏み出していく様を描くドラマ。  あいみょんの訪問当日に撮影されていたのは、晶たちが足しげく通うクラフトビールバー「5tap」のシーンだ。この場面では、晶と恒星を演じる新垣と松田、そして、晶の恋人・京谷を演じる田中圭、ブランドデザイナーの呉羽を演じる菊地凛子、バーのマスター・タクラマカン斎藤に扮する松尾貴史と、主要キャストがそろい踏みとなった。  撮影が一段落し、休憩に入ったタイミングで、あいみょんがスタジオ入り。スタッフやキャストに紹介されると「はじめまして、お忙しいのにお邪魔しちゃいました。いつも楽しく拝見しているので、スタジオに来れてとても嬉しいです」と恐縮しながら挨拶。新垣や松田をはじめとするキャストと一緒に集合写真を撮影した。  その後にスタジオを見学したあいみょんは「いつもリアルタイムで放送を観ているんですが、手元に置いた缶ビールを(ドラマのように)『タップ1』『タップ2』と呼んで飲みながら、ドラマを楽しんでいます。私にも5tapみたいな行きつけの店があったらいいなと思います」と話していた。  『獣になれない私たち』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。

  • 『あした世界が終わるとしても』特報映像場面カット

    クラフター制作『あした世界が終わるとしても』あいみょんが主題歌に決定

    アニメ・コミック

     アニメ『イングレス』などで知られる、クラフタースタジオが手がける劇場最新作『あした世界が終わるとしても』の主題歌と挿入歌を、シンガー・ソングライターのあいみょんが担当することに決定。今回、挿入歌『ら、のはなし』が使用された特報映像も公開された。@@cutter 本作の制作は、独自のアニメーション技法「スマートCGアニメーション」など、最新のデジタル技術を活用したアニメを制作するクラフタースタジオが担当。監督・脚本を務めるのはアニメ『ソウタイセカイ』『新世紀いんぱくつ。』、そして17日から放送がスタートしたアニメ『イングレス』(フジテレビ系/毎週水曜24時55分)でテレビシリーズ初監督を務める櫻木優平。櫻木監督初のオリジナル長編アニメーション映画となる。  物語の主人公は心を閉ざしがちな真(しん)と、彼をずっと見守ってきた幼なじみの琴莉(ことり)。2人が高校3年生になり、ようやく一歩踏み出そうとしていた矢先、もう1つの日本から、もう1人の「僕」が現れることから始まる。  主題歌と挿入歌を担当するあいみょんは、今10代、20代を中心に圧倒的な支持を受けるシンガー・ソングライター。本編の重要なシーンで流れる挿入歌と作品のテーマ曲である主題歌を熱唱する。本作について、あいみょんは「『大切な人を守りたい』と感じることが本当の愛に思えました。それに、大切な人を守る事が自分を守る事にもなる気がした。人は運命や秘密、約束、身体を共有し合うことで更に深まりあい、必ず惹き合う」と、実際の仕上がりに期待が持てるコメントを寄せた。  新たに公開された特報映像には、等身大で鮮烈な歌詞と軽快なメロディで綴った、恋する男女の「もし ~ だった“ら”のはなし」をイメージした挿入歌『ら、のはなし』が収録。ヒロイン・琴莉が同曲を聴きながら、黄昏の街を歩く様子が描かれ、今後の展開に注目が集まる仕上がりとなっている。  映画『あした世界が終わるとしても』は、2019年1月25日公開。

  • 『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』吉岡里帆&あいみょんにインタビュー

    吉岡里帆&あいみょん、“相思相愛”の2人が語る互いの魅力

    映画

     鬼才・三木聡監督がオリジナル作品で挑むロックコメディ『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』。本作で、声が小さすぎるストリートミュージシャンふうかを演じた吉岡里帆と、彼女が劇中で歌う楽曲を提供したミュージシャンのあいみょんが、女優、アーティストとして感じた互いの魅力について語り合った。@@cutter 吉岡演じるふうかは、バンドに所属していたが「声が小さすぎる」という理由でクビになったミュージシャン。ひょんなことから“声帯ドーピング”により神の声を手に入れた阿部サダヲ扮するカリスマロック歌手シンと出会い、互いに影響を与え合っていくという役柄。そして、ふうかが劇中で歌う『体の芯からまだ燃えているんだ』の作詞・作曲を手掛けたのが、あいみょんだ。  これまでも映画やドラマの主題歌を担当したことがあるあいみょんだが「作品のストーリーに大きく影響して、しかも女優さんが劇中で歌うという作品を手掛けることは初めてでした」と興奮気味に語ると「実はすごくキーも高くて、ギターも難しい。結構大変な音域だったと思うので、里帆ちゃんじゃなかったら『歌えない』って言われていたかもしれません」と吉岡に感謝する。 @@insert1  そんなあいみょんの言葉に吉岡は「優しい言葉をありがとう! 心に貯金しました」と屈託ない笑顔を見せると「私もあいみょんが曲を書いてくれて本当に良かったと思っています。あいみょんは、音楽を通していろんな色を出せる人。この映画でも、三木さんが作り出したふうかの気持ちを歌に乗せて表現してくださったので、ふうかも救われたし、歌っていて気持ちが乗っていけました」と役作りに大きな力となったことを明かす。  吉岡の言葉通り、劇中でふうかが奏でる『体の芯からまだ燃えているんだ』には、ふうかが感じている魂の叫びが投影されている。この歌は、作品にはなくてはならない大きな要素の一つとなっている。そんな楽曲誕生について、あいみょんは「2回打ち合わせをしたのですが、1回目に三木監督から作品に込めた思いをお聞きして、すぐに歌詞とメロディーが思いついたんです」と驚きの事実を明かす。 @@insert2  これまでも映像作品の書き下ろしの経験はあったが、台本や作品の内容よりも、監督や作り手が「どうしてこの作品を作りたかったのか」という思いがヒントになることが多いという。  ギミックよりもエモーショナルを重視した楽曲。あいみょんが歌声を入れたデモ曲を初めて聴いた吉岡は「腹から叫んでいるようなパッションを感じました。“好き”と純粋に思いました」と第一印象を述べると、作品のテーマにピッタリだなと感嘆したという。@@separator 吉岡、あいみょん共に、本作では多くのことにチャレンジした。前述したように、映像作品の書き下ろしの経験はあったものの、ここまで作品の中身にリンクした楽曲提供は初だったというあいみょん。「主題歌として自分ではなく誰かに歌ってもらう曲を作ることへの不安はあったのですが、里帆ちゃんのおかげもあって、とてもすてきなものができた。この達成感は、これからの仕事にいきると思う」と今後を見据える。  吉岡も、撮影前、三木監督が「無理をさせたい」と話していたように、演じることにプラスして、歌やギターでの表現も課された。「ギターも歌も初めてで、レッスン中は絶望していたのですが、得意じゃないステージで戦う方法を学んだ気がします。よく考えれば、得意なことも初めてのときは挑戦だったわけで…一歩を踏み出せたことは自信になりました」。 @@insert3  新しいことへのチャレンジによって、さらなる武器を得た2人。これからも輝き続けるための秘けつを問うと、吉岡は「自分の仕事に誇りを持ち、しっかりと居場所を見つけること」と語る。一方のあいみょんは「傷つくこと」と即答すると「傷つくからこそ、上を目指すだろうし、恋愛も失恋した方がきっとキレイになれると思う。現状に安心したらそこで止まってしまう」と持論を展開した。  「三木監督が丹精込めて、全力でバカ騒ぎして作った映画。やりたいことをとにかく詰め込んで『やらない理由を見つけるな』と叫んでいる、とても面白い映画です」と吉岡が作品をアピールすると、あいみょんも「音楽が前に出ている映画なので、楽曲を含めて楽しんで!」と見どころを語ってくれた。(取材・文:磯部正和 写真:高野広美)  映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は全国公開中。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access