山口真帆 関連記事

  • 「『太陽は何度でも』公演〜菅原りこ・⻑谷川玲奈・山口真帆 卒業公演〜」

    NGT48山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈が卒業公演 欅坂46『黒い羊』も歌唱

    エンタメ

     NGT48山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈が18日、新潟・NGT48劇場で卒業公演『「太陽は何度でも」公演〜菅原りこ・⻑谷川玲奈・山口真帆 卒業公演〜』を行なった。楽曲はほぼ全曲3名のみで歌唱され、本編の最後には欅坂46の楽曲『黒い羊』をパフォーマンスした。@@cutter 公演タイトルにもある『太陽は何度でも』は本公演のために書き下ろされた楽曲。本編12曲のうち、『黒い羊』には山口、菅原、長谷川以外にも小熊倫実、角ゆりあ、日下部愛菜、村雲颯香、高沢朋花、高橋七実、渡邉歩咲が出演したが、ほか11曲は3人のみでの披露となった。  山口は挨拶で「私のファンになってくれてありがとう」と感謝を伝えた上で、「皆さんが私を見つけてくれて、私のファンになってくれて、私はアイドルができて、幸せでした。これから先どうなるかとか、たくさんの方にいろんな風に言われるかもしれません。だけど、今まで悲しい姿を見せてしまった分、今度は自分の幸せな姿を見せて、皆さんに元気を与えられる存在になることが私の夢です」と挨拶。  「卒業してしまったら、みんなと毎日のように会っていたのに会えなくなるのがすごく寂しいなって思うけれど、これから先、別々の人生を歩んでも、それぞれの夢に向かってしっかりと強く、皆さんにもその姿を見ていただけるように私たちは頑張っていきたいと思うので、これからもよろしくお願いいたします」と締めくくった。

  • NGT48からの卒業を発表した山口真帆 チームG 1st『坂上がり』千秋楽公演の模様

    NGT48山口真帆 卒業発表後初ツイートで「アイドルは辞めてしまう」と言及

    エンタメ

     NGT48の山口真帆が25日、卒業発表以来、初めて自身のツイッターを更新し、改めてファンへ卒業の報告と現在の心境を明かした。@@cutter 21日に新潟・NGT48劇場で行われたチームG「逆上がり」公演の千秋楽公演で、卒業発表をした山口。さらに、同時に、長谷川玲奈、菅原りこも卒業発表している。  ツイッターで改めて「私 山口真帆はNGT48を卒業します」と報告した山口は、「ファンの皆さんに卒業を伝えるのが本当に申し訳なくて、せめて笑顔でお伝えできたらと思っていたのですが、自分の前に発表したれなとりこの卒業が悔しくて、涙を堪えるので精一杯でした」と千秋楽公演を振り返った。  続けて、「AKB48が、そしてアイドルが大好きでした。アイドルを好きになってしまった自分を恨み、親の反対を押し切ってアイドルになった自分も恨みました。NGT48にならなかったら、こんな思いしなかったのではないかとも思いました」と複雑な思いがあったことを告白したが、「でも今はNGT48になって良かったと思っています」とコメント。  また、「私をずっとそばで支えてくれたのは、れなとりこともふでした。誰に何を言われようが、自分たちは正しいことをしている自信がある。と、私を守ってくれました」と長谷川、菅原、村雲颯香に対して、「馴れ合いではなく、同じ意思を持った仲間だったので、私も信じられました。そして、3人が私を支えてくれたように私も支えたいと思いました」「こんな素敵な友達に出会えたことが私の宝物です」と思いをつづった。  さらに、「皆さんに見せた最後の姿は、あのとき謝罪した姿のままだったのがずっと心残りでした」と1月10日に行われたNGT48の3周年公演で騒動について謝罪したことにも触れ、「だから千秋楽は最後の卒業発表まで笑顔でやり切ろうと思ったのですが、次の日ニュースで見た自分の姿は全然上手く笑えてなくて、あのとき皆さんが泣いてた姿がずっと頭に残っています」とコメント。「あと2回の握手会、卒業公演、皆さんのこと笑顔にしたいです。皆さんに悲しい想いをさせてしまった分、最後はたくさん笑ってもらいたいです」と表明している。  今後について「アイドルは辞めてしまうけど、1人の人として、皆さんにまた愛してもらえるような、強く優しい女性になりたいなと思います」と述べ、「今度は自分の幸せな姿を見せて、皆さんに元気や勇気を与えられるように夢に向かって頑張ります」と決意。最後に、「応援してくださいとは言えません。見守っていただけると嬉しいです。皆さんは私の宝物です」とつづっている。  山口は、5月5日、6日に神奈川・パシフィコ横浜で開催されるAKB48グループ握手会に参加。18日に長谷川、菅原と合同で卒業公演を行うことになっている。

  • NGT48からの卒業を発表した山口真帆(NGT48公式サイトより)

    山口真帆、NGT48卒業を発表「アイドルをできる居場所がなくなった」

    エンタメ

     暴行被害を受けていたNGT48の山口真帆が、NGT48劇場で行われた「チームG 1st『坂上がり』千秋楽公演」に出演。101日ぶりに公の場に姿を見せた山口は公演の最後にグループからの卒業を発表した。@@cutter これまでのチーム制度を取りやめ、新たなに1期生と研究生として再スタートを切ることになったNGT48。この日、昼公演では、チームIIIが千秋楽公演を行い、柏木由紀が兼任解除を受けて最後のステージに立った。  夜の部となったチームG公演で、山口は公演冒頭の寸劇からステージに参加。4曲目を歌い終えたメンバーの自己紹介タイムでは、「このたびはご心配をおかけして申し訳ありません」と挨拶。続けて「チームGのメンバーになれて、チームGの一員になれて本当に良かったなと思う毎日で、チームGのメンバーになってからアイドル生活が楽しかったです。今日の千秋楽を思い切りみんなと楽しんで忘れられない公演にしたいと思います!」と気丈に語った。  公演の終盤、アンコールの楽曲を披露した後、チームGメンバーの長谷川玲奈と菅原りこが揃ってNGT48からの卒業を表明。2人による卒業の挨拶に続いて山口は「私、山口真帆はNGT48を卒業します」と明かすと、手紙を取り出し「私はアイドル、このグループが大好きでした」と読み上げ、「だからこそ、このグループに変わって欲しかったし、自分が辛かったからこそ、大切な仲間たちに同じ想いをしてほしくないとすべてを捨てる覚悟でとった行動でした」と暴行被害の告発に至った心境を涙ながらに吐露した。  続けて山口はグループについて「健全なアイドル活動ができる場所であったほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」と思いを伝え、「この環境を変えなければ、また同じことが繰り返されると思い、今日まで耐えて最善を尽くしました。今の私にNGT48のためにできることは卒業しかありません」と決意を明らかにした。  また騒動後も彼女へ声援を贈り続けたファンへ感謝を述べると、声を詰まらせながら「みんなとステージに立って、ファンの方に声援をいただいて、メンバーのみんなやファンの皆さんに出会えたことが幸せです。NGT48になって良かったなと思います」と話し、卒業の挨拶を締めくくった。  山口は5月5日・6日に開催される握手会に参加する。山口は「握手会で『またね』の続きができたらうれしい。一緒に夢の話をしましょう」とコメントしている。また、5月18日に長谷川、菅原と一緒に卒業公演を行い、NGT48としての活動を終了する。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access