クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ティム・バートン 関連記事

  • 『ダンボ』の敵? 味方? 個性強めなキャラクターポスター完成

    映画

     ディズニーアニメの名作をティム・バートン監督が新たな物語として実写化した映画『ダンボ』より、キャラクターポスターが完成。ポスターは、“大きすぎる耳”を持つダンボと、ダンボを取り巻く個性豊かなキャラクターが勢ぞろいしたものとなっている。

  • 『ダンボ』日本版ポスター解禁 ティム・バートン作品常連キャストの姿も

    映画

     ディズニーアニメの名作をティム・バートン監督が新たな物語として実写化した映画『ダンボ』より、日本版ポスターが解禁された。大空を舞う子象のダンボを、飼育係のホルトら登場人物たちが見上げるデザインとなっている。

  • ティム・バートン監督『ダンボ』、「ママに会いたい」本予告解禁

    映画

     ディズニーと鬼才ティム・バートン監督がタッグを組み、世界中から愛される名作『ダンボ』が、全く新しい物語として2019年3月に実写映画化される。この度、ダンボが空飛ぶ理由が明らかとなる、感動必至な本予告が解禁となった。

  • ディズニー×T・バートン、実写映画『ダンボ』日米同時公開&特報解禁

    映画

     ディズニーとティム・バートン監督が、世界中から愛される名作『ダンボ』を全く新しい物語として実写化した映画『ダンボ』の日本公開日が、2019年3月29日に決定。日米同時公開となる。併せて、特報とティザービジュアルも解禁された。

  • 『ダンボ』実写化、マイケル・キートンが悪役か

    映画

     映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(15)でオスカーにノミネートされた俳優マイケル・キートンが、主演映画『バットマン』シリーズでメガホンをとった監督ティム・バートンと再タッグを組む可能性が出てきた。ディズニーアニメ『ダンボ』の実写映画版の出演交渉に入っているという。

  • ティム・バートン監督、“変わり者”というレッテルが「インスピレーションの源」

    映画

     現在、公開中の映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』でメガホンを取った鬼才ティム・バートン監督を単独インタビュー。 映画同様、自身も“奇妙な変わり者”というレッテルを貼られた孤独な少年時代を振り返りながら、本作に込めた思いを語った。

  • ティム・バートン監督、松井愛莉からの花束贈呈に「美人コンテストに優勝した気分」

    映画

     『アリス・イン・ワンダーランド』などで知られる鬼才ティム・バートン監督が31日、最新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を引っ提げ2年3ヵ月ぶりに来日を果たし、都内で記者会見を行なった。この日はバートン監督の大ファンだという女優・モデルの松井愛莉が、ミス・ペレグリンの衣装で登場し、バートン監督に花束を贈呈。大照れのバートン監督は「美人コンテストに優勝した気分」とコメントし、笑いを誘った。

  • 『ミス・ぺレグリン』バートン監督もオスカー女優の“初体験”に興奮!

    映画

     世界中を魅了し続けるヒットメーカー、ティム・バートン監督による最新作『ミス・ペレグリンと奇妙な子どもたち』の本編映像が到着した。本作に出演するオスカー女優、ジュディ・ディンチによる“初体験”や、奇妙でかわいい“キミョかわいい”子どもたちのアクションが公開を前に早くも楽しめる内容となっている。

  • 『ダンボ』実写版、ウィル・スミスが出演か

    映画

     米ディズニーが1941年にアニメ映画化した『ダンボ』の実写版。映画『チャーリーとチョコレート工場』や『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズの鬼才ティム・バートンのメガホンで制作されるが、映画『スーサイド・スクワット』の俳優ウィル・スミスが初期の出演交渉に入っているという。DeadlineやVarietyが伝えた。

  • 『ファンタビ』『アリス』『ミス・ペレグリン』ファンタジー大ヒット作にこの人あり!

    映画

     アカデミー賞に11度もノミネートされ、そのうち『シカゴ』『SAYURI』『アリス・イン・ワンダーランド』の3度受賞している衣装デザイナーのコリーン・アトウッド。ハリウッドを代表する衣装デザイナーである彼女が、ティム・バートン監督の最新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』で手がけた“キミョかわいい”(=奇妙でかわいい)衣装が公開された。

  • 宮野真守、ティム・バートン最新作の吹替え声優に決定! 『チャリチョコ』に続く2度目

    映画

     ティム・バートン監督の最新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の主人公ジェイクの日本語吹き替えを、宮野真守が務めることがわかった。宮野がティム・バートン作品に出演するのは『チャーリーとチョコレート工場』に続いて2度目。「ジェイクの純粋な想いを表現できるよう、真っ直ぐ臨みました」と本作への思いを語っている。

  • ヘレナ・ボナム=カーターに未練たらたら?ティム・バートン監督

    セレブ&ゴシップ

     2014年に13年間の関係に終止符を打った女優ヘレナ・ボナム=カーターとティム・バートン監督だが、破局からおよそ2年が経った現在もバートン監督はヘレナとヨリを戻したくてしかたないという。Radar Onlineが伝えた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access