ユマ・サーマン 関連記事

  • 「GIORGIO ARMANI 2020 CRUISE COLLECTION SHOW」に来場した西島秀俊と山崎賢人

    「アルマーニ」ファッションショーに西島秀俊、山崎賢人、ユマ・サーマン、剛力彩芽ら来場

    エンタメ

     ファッションブランド「ジョルジオ アルマーニ」初となるクルーズコレクションを発表するファッションショー『GIORGIO ARMANI 2020 CRUISE COLLECTION SHOW』が24日、東京国立博物館で開催された。会場には、広告キャンペーンモデルをつとめた西島秀俊や山崎賢人のほか、ハリウッド女優のユア・サーマン、剛力彩芽らが来場。それぞれ思い思いの装いを披露し、報道陣の注目を集めた。@@cutter 西島は、報道陣からファッションのポイントを尋ねられて「シンプルで、黒のスーツ。自分のスタイルで来ました」と笑顔。「アルマーニさんの服は華やかな服がたくさんあるけれども、個人的にダークスーツが好き。その中でも、一番色のトーンが落ち着いた服を着させてもらった」と解説。「日本でこうやってショーが開催されるということで、本当に楽しみ。熱気を感じていて、僕自身もワクワクしている」とコメントした。  山崎は、今回の装いについて「ネイビーで、同色のスーツとネクタイで合わせて、シンプルにまとめた」と説明。ファッションショーは「生で見るのは初めて。服も好きなので、すごく楽しみ」と期待を込めた。  約2ヵ月半ぶりに報道陣の前に登場した剛力は、ベージュのノースリープトップスとブラックのロングスカートという出で立ちで現れ、「私の中ではスゴい大人っぽいトップス。どうしたら私らしく、カッコよく着こなせるかな、というところで、かわいらしいロングのスカートにした」とコメント。報道陣から「“例のあの人”に今回のファッションを見せたら喜ばれるのではないか」と交際中のZOZOの前澤友作社長に関する質問が飛ぶと「そうですね。見せてないので。たぶんネット上で見ると思うので、いいこと書いてもらえればうれしい」とほほ笑んだ。  会場には斎藤工や竜星涼、上白石萌歌、草刈民代、安藤忠雄、鈴木保奈美、布袋寅泰、山田優、河瀬直美監督らが豪華な顔ぶれがそろった。  またイベントに合わせて、本ブランドのデザイナーでジョルジオ・アルマーニ氏が約12年ぶりに来日。ショーには本木雅弘と内田也哉子の長男・UTAが日本では初めてとなるランウェイにモデルとして登場。冨永愛がフィナーレを飾った。

  • 映画『ハウス・ジャック・ビルト』場面写真

    カンヌ途中退出者続出の問題作『ハウス・ジャック・ビルト』日本版予告解禁

    映画

     鬼才ラース・フォン・トリアー監督の最新作『ハウス・ジャック・ビルト』より、日本オリジナル版予告と場面写真が解禁。予告は、俳優のマット・ディロン演じる主人公が、あるきっかけから殺人に没頭していく姿を、トリアー監督ならではの映像美で映し出した刺激的な内容となっている。@@cutter 1970年代の米ワシントン州を舞台に、あるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭するようになったシリアルキラー、ジャックの12年間の軌跡を、5つのエピソードを通じて描く本作。主人公ジャックをマット・ディロン、謎の男ヴァージを今年2月に死去した名優ブルーノ・ガンツ、第一の被害者を女優のユマ・サーマンが務める。  カンヌ国際映画祭では途中退出者が続出したにもかかわらず、上映終了後はスタンディング・オベーションが鳴りやまないという賛否両論を巻き起こした本作。米国では、あまりの過激さにアメリカ映画協会(MPAA)が手を加えた修正版のみ正式上映が許されたが、昨年11月28日にノーカット版を1日限定140館で上映したところ、全米興収ランキングでデイリー11位を記録した。日本では無修正完全ノーカット版がR18指定で公開される。  予告映像は、ジャックが建築家になる夢を胸に、理想の家作りに励む姿からスタート。ある日、山道を運転する中で出会った女性に「あなた殺人鬼かも。私にはそう見える」と挑発的な態度をとられ、ジャックは野生の虎のような狂気に目覚めて、その場にあったジャッキで女性に襲いかかる。  その出来事をきっかけに、究極のサイコパスと化したジャック。デヴィッド・ボウイの楽曲「FAME」の軽快なリズムにのせて、子どもに銃口を向けたり、拘束されて涙を流す女性に「生きているうちに思いっきり叫ぶべきだ」と平然と告げたりする姿などが、ヒトラーをはじめとする数々の不穏な映像が挟み込まれながら映し出されていく。最後は「立派な家はできたか?」と問われ、血が付いた顔でほほ笑むジャックに続き、骨組みだけが完成した家の映像で幕を閉じる。  場面写真は、ジャックが怪しい目つきでこちらをのぞき込む姿や、赤い車を背に「LOVE」と書かれた手書きの文字を手にする姿を捉えたもの。そのほか、ユマ・サーマン演じる第一の被害者、ブルーノ・ガンツ扮する謎の男がそれぞれジャックと一緒にいる姿を写したものとなっている。  映画『ハウス・ジャック・ビルト』は6月14日より全国公開。

  • 映画『ハウス・ジャック・ビルト』キャラクタービジュアル

    体の向きが…あれ?『ハウス・ジャック・ビルト』世にも奇怪なキャラビジュ公開

    映画

     鬼才ラース・フォン・トリアー監督の最新作『ハウス・ジャック・ビルト』より、主要キャラクター6人のビジュアルが公開された。いずれも腕や脚、胴体を有り得ない方向にゆがめられ、針金でぐるぐる巻きにされた奇怪な姿。各ビジュアルを収めた特製ポストカード付きムビチケが3月15日より発売されることも決定した。@@cutter 本作は、1970年代の米ワシントン州を舞台に、あるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭するようになったシリアルキラー・ジャックの12年間の軌跡を、5つのエピソードを通じて描く。  カンヌ国際映画祭では途中退出者が続出したにもかかわらず、上映終了後はスタンディング・オベーションが鳴りやまなかった本作。米国では、あまりの過激さにアメリカ映画協会(MPAA)が手を加えた修正版のみ正式上映が許されたが、昨年11月28日にノーカット版を1日限定140館で上映したところ、全米興収ランキングでデイリー11位を記録した。日本では無修正完全ノーカット版がR18指定で公開される。  今回到着したキャラクタービジュアルは、マット・ディロン演じる殺人鬼ジャックと、ブルーノ・ガンツ演じる謎の男ヴァージ、そしてジャックの餌食となる、ユマ・サーマン演じる第一の被害者、シオバン・ファロン演じる第二の被害者、ソフィー・グローベール演じる第三の被害者、ライリー・キーオ演じる第四の被害者の姿をそれぞれ写し出した6点。一見なんの変哲もないオシャレなビジュアルに思われるが、よくよく見るとそれぞれのキャストは、腕や脚、胴体を、有り得ない方向にゆがめられ、針金でぐるぐる巻きにされており、ゾッとするほど奇怪な体勢になっている。  3月15日発売のムビチケカードには、1枚につき1点の本ビジュアルのポストカードが特典として付いている。どのキャラクターに出会えるかはランダムで、数量限定のためなくなり次第配布終了となる。  映画『ハウス・ジャック・ビルト』は6月14日より全国公開。

  • 映画『ハウス・ジャック・ビルト』日本オリジナル版ビジュアル

    ラース・フォン・トリアー監督最新作R18+で日本公開 シリアルキラーの12年間を描く

    映画

     映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ニンフォマニアック』などで知られる鬼才ラース・フォン・トリアー監督の最新作『The House That Jack Built(原題)』が、邦題を『ハウス・ジャック・ビルト』としてR18+で6月14日より公開されることが決定。併せて日本オリジナルポスタービジュアルも解禁された。@@cutter あらゆるタブーに切り込むトリアー監督が、問題発言によるカンヌ国際映画祭追放処分を受けてから7年。本作は、昨年開催された第71回カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で上映されようやくカムバックを果たした最新作となる。  そのカンヌでは、途中退出者が続出したにもかかわらず、上映終了後はスタンディング・オベーションが鳴りやまないという賛否両論を巻き起こした。アメリカでは、あまりの過激さにアメリカ映画協会(MPAA)が手を加えた修正版のみ正式上映が許されるという事態に。日本では、無修正ノーカット版がレイティングR18+で上映される。  1970年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックは、あるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭する。彼の5つのエピソードを通じ、“ジャックの家”を建てるまでのシリアルキラーの12年間の軌跡が明かされる。  出演は、映画『クラッシュ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマット・ディロン、映画『ベルリン・天使の詩』『ヒトラー ~最期の12日間~』で知られ、今年2月に死去した名優ブルーノ・ガンツ、映画『ニンフォマニアック Vol.1』に続いての出演となる女優のユマ・サーマン。そのほか、エルヴィス・プレスリーの孫で女優のライリー・キーオ、シオバン・ファロン、ソフィー・グローベール、ジェレミー・デイビスらが出演する。  解禁された日本オリジナルポスタービジュアルは、原題のアルファベットが家(ハウス)の形にくりぬかれた、赤くて一見ポップなデザインのもの。しかし、くりぬかれた部分には、怪しい目でこちらをのぞき込む主人公ジャックの姿が写っており、横にある「ゾッとするほど、魅力的」のキャッチコピーと相まって、衝撃的な内容を予感させるビジュアルとなっている。  映画『ハウス・ジャック・ビルト』は6月14日より全国公開。

  • クエンティン・タランティーノ監督(左)との間にわだかまりはないというユマ・サーマン

    ユマ・サーマン、タランティーノ監督と亀裂なし 再タッグにも前向き

    セレブ&ゴシップ

     去る2月にNew York Timesのインタビューで、映画『キル・ビル Vol.2』の撮影で危険なカースタントを強いた、とクエンティン・タランティーノ監督を批判した主演女優のユマ・サーマン。その3ヵ月後、タランティーノ監督との間にわだかまりがないことをEntertainment Weeklyとのインタビューで語った。@@cutter ユマは撮影で怖い目に遭い、首を慢性的に傷めたが、事故の後もタランティーノ監督とは良好な関係にあったという。本件についてタランティーノ監督は公的に謝罪し、撮影当時の動画をユマに渡している。  ユマは「私たちは何年もケンカしていたわ。でも彼とは旧知の仲なのよ。25年間も一緒にクリエイティブな仕事でコラボしてきたわ…。もちろん、悲劇的な出来事が何回かあった。だからといって二人で積み重ねてきた関係を損なうことはない」と、タランティーノ監督との変わらぬ友情を語っている。  当時はタランティーノ監督を信頼できなくなり、そうした状況を許した監督に怒りを覚えたというユマだが、自分には許す能力があるという。  再び一緒に仕事するか尋ねられると、「彼が素晴らしい役を書いてくれたらね!」とユマ。「私は彼を理解している。彼が素晴らしい役を書いて、私たちがお互いにやってもいいと思える状況だったら、すてきなことになるでしょうね」と続けたが、タランティーノ監督があと1作で引退することをほのめかしているため、必ずしも再タッグが実現するとは思っていないそうだ。

  • ユマ・サーマン、E・ホークとのイケメン息子レヴォンをレッドカーペットでお披露目

    ユマ・サーマン、イーサン・ホークとのイケメン息子レヴォンをお披露目

    セレブ&ゴシップ

     女優のユマ・サーマンがニューヨークで開催されたプラダのファッションショーに、元夫イーサン・ホークとの16歳になる愛息子レヴォン・サーマン・ホークを同伴。イケメンのレヴォンと、姉のように見える若々しいユマの姿が話題になった。@@cutter ユマは自身のインスタグラムに、レヴォンとのレッドカーペットのビジュアルを投稿。ブルーグリーン系のスーツに身を包んだレヴォンの隣で微笑むユマは誇らしげだ。  「素晴らしいプラダの夜、レヴォンと一緒に」と、シンプルなキャプションで紹介している。レヴォンはユマのブロンドヘアと青い瞳を受け継いだ端整な顔立ち。16歳よりも大人っぽく見える。  「すごくすてきだよ。それにレヴォンはハンサムな若者だね。自慢して!」「すごく若々しい。素敵な写真だ」「またもや美しい。レヴォンもビシッとキマッてる」と、絵になる親子に称賛が集まっている。  昨年のヴェネツィア国際映画祭には、父のイーサンとレッドカーペットに立ったレヴォン。最近、女優として活躍している19歳の姉マヤのように、エンターテインメントの世界に入り注目される日は近いかもしれない。

  • 海外ドラマ『インポスターズ 美しき詐欺師たち』に出演するユマ・サーマン(中央)

    ユマ・サーマン出演、魅惑の詐欺師ドラマ『インポスターズ』DVD発売

    海外ドラマ

     『キル・ビル』や『パルプ・フィクション』などで知られる女優ユマ・サーマンが、冷徹極まりないキャラクターに扮した海外ドラマ『インポスターズ 美しき詐欺師たち』のDVD-BOXが、6月6日より発売となる。@@cutter 本作は、美しく魅惑的な女結婚詐欺師マディに全財産を奪われた男女3人の被害者たちが、盗まれた金を取り戻すため、共にマディの行方を追うロマンティック・サスペンス。愛しの元妻を探す3人の人生を賭けた追跡劇は、やがて全員嘘つきのだまし合いラブバトル・ロイヤルとなり、FBIをも巻き込む予想外の事態に発展。マディを追う3人の道中劇や、だまされても元妻を愛している切ない思いなど、ロードムービーやラブストーリーの要素も持ち合わせた展開に注目だ。  美人結婚詐欺師マディを演じるのは、ドラマ『プリズン・ブレイク』シリーズのシバ役で知られるインバー・ラヴィ。他にも、『そして誰もいなくなった』のロブ・ヒープス、『ARROW/アロー』のパーカー・ヤング、『Gemini(原題)』のマリアン・レンドンなど、注目俳優たちが物語を彩る。  ユマが演じるレニーは、詐欺師たちの背後に存在する犯罪グループの一員で、冷徹極まりない、情が一切通じないキャラクター。ユマはその不気味な役柄を通じて、ストーリーに刺激と緊張感を与えている。  海外ドラマ『インポスターズ 美しき詐欺師たち』のDVD-BOXは、6月6日より発売。価格は6000円(税抜)。

  • ユマ・サーマン(右)やロマン・ポランスキー監督の件でバッシングを受けたクエンティン・タランティーノ(左)

    タランティーノ監督に非難 強姦容疑のポランスキー監督を擁護する過去発言が浮上

    セレブ&ゴシップ

     映画『キル・ビル』撮影中の事故をユマ・サーマンに激白されたクエンティン・タランティーノ監督が、また非難を浴びている。2003年に人気DJハワード・スターンとのインタビューで、1977年に13歳の少女を強姦した罪で有罪になったロマン・ポランスキー監督を擁護する発言をしていることが、再び注目を集めたのだ。@@cutter ポランスキー監督はアメリカで1977年に、当時13歳だった少女に薬物を与え、強姦した罪で逮捕され、司法取引で法廷強姦の有罪を認めた。その後、釈放されたときに国外に脱出している。  Just Jaredによると、再浮上したインタビューで、タランティーノ監督は「彼(ポランスキー監督)は13歳の子を強姦したんではない。あれは法廷強姦だったんだ。まったく同じこととは言えない」と語っていたという。「彼は未成年とセックスしたんだよ。それは強姦とは違う。僕に言わせれば、強姦という言葉を使って話すなら、暴力や、誰かを押さえつけて無理強いすることが関係してくる」と、持論を展開していたとのことだ。  タランティーノ監督は、少女が当時望んでポランスキー監督と会い、13歳だったことが法律にひっかかっただけと、彼女自身が話していたことなどを取り上げたという。  タランティーノ監督の一連の発言はツイッターなどのSNSで多くの批判を浴びることとなり、Film News UKによると、女優のビジー・フィリップスやオリヴィア・マン、パトリシア・アークウェットなどが、タランティーノ監督に嫌悪感を示すツイートを発した。  先日は『キル・ビル』シリーズの主演女優ユマ・サーマンに、撮影で危険な車の運転をさせたことを暴露されたタランティーノ監督。本件ではDeadlineのインタビューで、当時はスタントではなく、ただの運転シーンの撮影と考えていたと述べつつ、「あのスタントをユマにやらせたのは、僕の人生最大の後悔だ」と語っている。

  • ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ行為を赤裸々に語ったユマ・サーマン

    ユマ・サーマン、ワインスタインによるセクハラ被害と『キル・ビル』事故について激白

    セレブ&ゴシップ

     ハリウッドを震撼させた大物映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ騒動。グウィネス・パルトローやアンジェリーナ・ジョリーなど、大物女優らもセクハラなどの被害を告白していたが、これまで発言を控えていた女優ユマ・サーマンが、New York Times紙にワインスタインから受けたセクハラを赤裸々に語った。@@cutter 映画『キル・ビル』シリーズや『パルプ・フィクション』など、ワインスタインがプロデューサーを務めた複数の映画に出演したユマ。パリのホテルの一室で、ワインスタインと映画の脚本で議論中に事は起きたという。廊下に出て話ながら、サウナルームに辿り着いたというユマ。レザーの服を着たまま蒸し暑い部屋の中に立つ羽目になり「“ばかげているわ。何をしているの?”とワインスタインに問いただしたら、彼はだんだん動揺して怒りだし、勢いよく部屋を出て行った」と語った。その後、ワインスタインは今度はロンドンのホテルで、より際どい行動に出たという。  ユマは「頭を殴られたような衝撃だった。彼は私を押し倒した。私に体を押しつけ、性器を露出しようとした。あらゆる不快なことをしようとしたのよ」と激白。翌日、ワインスタインから和解のバラの花束を贈られた彼女は、他の女性に同じようなことをしたら、ただではすまないと、ワインスタインに明白に伝えたという。  Peopleによると、ワインスタインの代理人はユマの告白に関して、ワインスタインがユマに気まずくなる行動を取ったのは確かだが、「体に触れることはありませんでした」と弁明。今になって仕事仲間で友人だと思っているユマがなぜ、事実と違う発言をするのか、不思議に思うと同時に悲しく思っているとコメントしたという。  ユマは同じインタビューで、クエンティン・タランティーノ監督が『キル・ビル』の撮影で整備の整っていない車の運転をユマに強要し、事故が起きたことについても語っている。同紙ウェブサイトには事故の瞬間を捉えた動画が掲載され、ユマが運転する車が猛スピードで道路脇の木に衝突する様子が映されている。本件に関して、タランティーノ監督側からコメントは出ていないとのことだ。

  • 愛娘マヤと父イーサン・ホーク

    イーサン・ホーク、愛娘のモデルデビューに「本当に内面がきれいな子」

    セレブ&ゴシップ

     『ガタカ』での共演で知られるイーサン・ホークとユマ・サーマンの間に生まれた娘・マヤがモデルデビューを果たした。海外メディア!Newsによると、現在18歳のマヤは、イギリス発の人気ファッションブランド「オールセインツ」のビデオに出演している。@@cutter 「オールセインツ」のビデオには、マヤが走ったり、田舎の湖で泳ぐ姿が収められている。現在45歳のイーサンは、9月23日にトロント国際映画祭でプレミア上映される、自身が出演している西部劇映画『マグニフィセント・セブン』に関してのインタビューの中で、「マヤは、お小遣いを僕にねだらなくてもいいように、あのモデルの仕事をしたんだよ」と笑顔でコメント。  先日マヤは、俳優や音楽家の登竜門として知られる名門ジュリアード音楽院の新入生となった。イーサンは「彼女は女優になるための勉強をしているから、(オールセインツのビデオでは)とてもきれいに映っていると思うけど、僕が最も誇らしいのは、彼女の内面の美しさなんだ。だって、本当に内面がきれいな子だからね」と語っている。  「あの子は、現場で全ての異なる俳優たちを観察することが大好きだったんだ。芸術にとても情熱を持っているんだよ」とも話すイーサンは、娘が両親と同じ道を歩んでいることに対して、何も心配していないと語る。一方のマヤは、最近Vanity Fairに対して、これまで公の場に出ることが少なく、両親に心配ばかりされてきた人生を振り返り、「心配し過ぎずに、ハッピーになれるなら笑うこと」が重要だと話していた。

  • 私のパートナーはお金持ち! 富豪とラブラブ・セレブ達<フォト集>

    私のパートナーはお金持ち! 富豪とラブラブ・セレブ達<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    愛と共にどんなにあっても困らないものはお金。と言うことで、大富豪と恋に落ちたセレブ達をご紹介!

  • 映画に登場するセクシーな悪女1位:『バットマン リターンズ』(92)キャットウーマン/セリーナ・カイル(演:ミシェ  ル・ファイファー)

    映画の中の“セクシー”な悪女トップ10発表!ドSボンドガール・アメコミ美女・蛇女…

    映画

     海外のニュースサイトTHE RICHESTが、「映画に登場するセクシーな悪女」トップ10を発表。記憶に新しいものから懐かしのものまで、ゾクゾクするほどセクシーで恐ろしく、普遍的な魅力を持つ悪女たちを写真とともに紹介する。@@cutter 1位に輝いたのは『バットマン リターンズ』(92)ミシェル・ファイファー演じるキャットウーマンことセリーナ・カイル。1960年代テレビシリーズのジュリー・ニューマーから『ダークナイト ライジング』(12)のアン・ハサウェイに至るまで数々のセクシーな女優たちが同ヒロインを演じてきたが、歴代の美女たちを押しのけて見事1位の座を射止めた。  2位はシリーズ17作目『007/ゴールデンアイ』(95)ファムケ・ヤンセン演じるボンドガールのゼニア・オナトップ。元戦闘機パイロットで、そのセクシーなたたずまいには息をのむほどだが、男をとことん苦しめるサディスティックなサイコパス。毒牙にかかれば最後、色仕掛けで誘惑されたうえ太ももで体をへし折られるという恐ろしい結末が待っている。  また、『ウルヴァリン:SAMURAI』(13)でロシア人モデル・女優のスヴェトラーナ・コドチェンコワが演じたヒト型爬虫類・ヴァイパーが4位にランクイン。体内で生成した毒で狙った獲物を仕留める恐ろしい能力の持ち主で、ローガンから不老不死の能力を奪う。戦闘中に自身の皮をはぎ脱皮をするシーンはホラーさながらの恐ろしさ。 <映画に登場するセクシーな悪女 トップ10> 1位:『バットマン リターンズ』(92)キャットウーマン/セリーナ・カイル(演:ミシェル・ファイファー) 2位:『007/ゴールデンアイ』(95) ゼニア・オナトップ(演:ファムケ・ヤンセン) 3位:『X‐MEN:ファースト・ジェネレーション』(11)ミスティーク(演:ジェニファー・ローレンス) 4位:『ウルヴァリン:SAMURAI』(13)ヴァイパー(演:スヴェトラーナ・コドチェンコワ) 5位:『G.I.ジョー』(09) バロネス(演:シエナ・ミラー) 6位:『X‐MEN:ファースト・ジェネレーション』(11)エマ・フロスト(演:ジャニュアリー・ジョーンズ) 7位:『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(97)ポイズン・アイビー(演:ユマ・サーマン) 8位:『ダークナイト ライジング』(12)タリア/ミランダ・テイト(演:マリオン・コティヤール) 9位:『シン・シティ』(05)ミホ(演:デヴォン青木) 10位:『キル・ビル』(03)エル・ドライバー(演:ダリル・ハンナ)

  • 最強アクションヒロインに選ばれた20名は?

    <フォト特集>最強の女性キャラクターは誰だ!アクションヒロイン20名選出

    映画

    闘う女性は美しい!ここ数年、映画ジャンルで目立ってきた女性が活躍するアクション映画。今回は、ホラーやバイオレンス系作品専門の海外サイト「Yell!magazine」から選ばれた最強のヒロイン20名を紹介しよう。

  • 男よりも強いアクションヒロインたち

    映画に登場する “強すぎる女” 20名発表、海外サイトが選ぶ最強ヒロインたち

    映画

     ハリウッド映画の世界には、男性も太刀打ちできない強靭なヒロインが数多く存在するが、ホラーやバイオレンス系作品専門の海外サイト「Yell!magazine」では、アクションヒロイン・トップ20を発表している。闘う理由はさまざまなヒロインを紹介しよう。@@cutter 1位に輝いたのはSFホラー『エイリアン』のエレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)。シリーズ全4作を通して登場し、ハリウッド映画における“戦う女性像” を確立したと言っても過言ではない。シガニーはこの作品で一気にスターダムにのし上がった。  2位は『ターミネーター』のサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)。シリーズ第1作では、か弱い女性として描かれるが、『ターミネーター2』では最強の母親にパワーアップ。人類の運命を握る息子を守るため、敵に立ち向かう姿には惚れ惚れしてしまうほどだ。  『G.I.ジェーン』のジョーダン・オニール大尉は4位と健闘。海軍特殊部隊の特訓に挑む女性将校役を演じるため、デミ・ムーアは髪を短く刈り上げ、肉体を究極までに鍛え上げた。男も音をあげてしまうようなリアルな特訓シーンは公開当時、話題を呼んだ。  また、“絶叫クイーン”として数々のホラー映画に主演してきたジェイミー・リー・カーティスがアクションに挑戦した『ブルースチール』のメーガン・ターナーが19位にランクイン。無差別殺人犯に執拗に狙われるも、ひるまず立ち向かう女警官役として貫禄の存在感を醸し出している。  意外な選出では第16位の『ミリオンダラー・ベイビー』のマギー・フィッツジェラルド(ヒラリー・スワンク)。アクション映画ではなく、ジャンルとしてドラマやスポーツの分類に入るところだが、選出した人にとっては闘うヒロインとして強烈な印象を残していたのかもしれない。 <海外サイトが選ぶ最強ヒロイン・トップ20> 第1位:エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)『エイリアン』 第2位:サラ・コナー(リンダ・ハミルトン) 『ターミネーター2』 第3位:ザ・ブライド(ユマ・サーマン)『キル・ビル』 第4位:ジョーダン・オニール大尉(デミ・ムーア)『G.I.ジェーン』 第5位:トリニティ(キャリー=アン・モス)『マトリックス』 第6位:アリス・アバーナシー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)『バイオハザード』 第7位:チェリー(ローズ・マッゴーワン)『プラネット・テラー in グラインドハウス』 第8位:セリーン(ケイト・ベッキンセイル)『アンダーワールド』 第9位:オーレン石井(ルーシー・リュー)『キル・ビル Vol.1』 第10位:ドミノ・ハーヴェイ(キーラ・ナイトレイ)『ドミノ』 第11位:サマンサ・ケイン/チャーリー・ボルチモア(ジーナ・デイヴィス)『ロング・キス・グッドナイト』 第12位:イェン(チャン・ツィイー)『グリーン・デスティニー』 第13位:ミホ(デヴォン青木)『シン・シティ』 第14位:ティナ・アームストロング(ジェイミー・プレスリー)『DOA/デッド・オア・アライブ』 第15位:ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)『アバター』 第16位:マギー・フィッツジェラルド(ヒラリー・スワンク)『ミリオンダラー・ベイビー』 第17位:メラニー・バラード警部補(ナターシャ・ヘンストリッジ)『ゴースト・オブ・マーズ』 第18位:ニキータ(アンヌ・パリロー)『ニキータ』 第19位:メーガン・ターナー(ジェイミー・リー・カーティス)『ブルースチール』 第20位:V・I・ウォシャウスキー(キャスリーン・ターナー)『私がウォシャウスキー』

  • 右の写真が2月9日に撮られた「別人」と話題のユマ・サーマン

    ユマ・サーマン、衝撃の“別人顔”に整形疑惑浮上!「誰だか分からない」と話題に

    セレブ&ゴシップ

     昨年は主演作『キル・ビル』シリーズのクエンティン・タランティーノ監督とカンヌ国際映画祭での仲睦まじい姿が話題になった女優ユマ・サーマン。久々に登場したレッド・カーペットに別人のようなルックスで登場し話題になった。@@cutter インターネット上では即座に整形疑惑が持ち上がったというユマのニュールックス。映画『スター・トレック』シリーズの俳優ザカリー・クイントらと出演するミニシリーズの新ドラマ『The Slap(原題)』のニューヨーク・プレミアに登場したユマは、お馴染みのブロンドヘアに赤い口紅をさしメイクアップしているが、いつもとだいぶ雰囲気が異なった。その別人ぶりを海外メディアが取り上げ、ネット上では「誰だか分からない」と整形を噂されたというが、ユマのメイクを長年手がける著名メイクアップアーティストのトロイ・サラットが整形ではないと噂を否定した。  「メイクで実験した」とRefinery29とのインタビューで答えたトロイ。「フランスっぽい感じを狙って、まゆげをいつもより濃くし口元にも大胆なリップをさした」とのこと。「顔全体に輝きを与えるクリーミーファウンデーションを塗り、毛の生え際と頬骨にそって色を乗せ、あたたかみを出した」と説明した。  目元は通常よりも断然、軽めのメイクにしたとのことで、濃い色のアイシャドウやアイライナーを使わず、マスカラも付けなかったため、ユマの雰囲気が変わったようだ。新しいメイクで騒がれたユマだが、トロイいわくユマ本人は「美しいと思った」と話している。

  • 写真で振り返る2014年破局カップル・フォト特集

    写真で振り返る2014年破局カップル・フォト特集

    セレブ&ゴシップ

    2014年にも様々な恋が生まれ様々な恋が散ったハリウッド。長すぎた春を精算したカップル、短命カップルまで、ハリウッド・セレブの破局総集編をお送りします。

  • 仲はいいけれど、恋愛ではない!?

    ユマ・サーマン、タランティーノとの交際の噂について初めて言及

    セレブ&ゴシップ

     映画『キル・ビル』シリーズなどで知られる女優ユマ・サーマンが、クエンティン・タランティーノ監督との交際の噂について初めて語り、「人々は噂をして楽しんでいるだけ」と交際否定とも言えるコメントを発したそうだ。@@cutter Mail Onlineによると、ユマは米ファッション&ライフスタイル誌「Vs. Magazine」の最新号に登場し、今年5月のカンヌ国際映画祭以来、話題になっているタランティーノ監督との熱愛の噂について触れたという。  ユマは「昨夜、ミスター・タランティーノと(噂について)話したのよ。彼は私が電話を折り返さなかったと腹を立てていたわ。彼いわく、“新聞によると俺たちは結婚しているも同然だからね!”ですって。そう言って大笑いしていたわ」と話したそうだ。  「私たちの関係はいつもの状態と変わっていない。人は噂で楽しんでいるだけよ」とユマ。熱愛報道を否定したとも取れるコメントだが、「交際していない」と断言はしなかった模様。ユマは、マスコミに取り上げられるのは俳優としてのキャリアがあるためで、成功していなければ噂にされることもないと考え、タランティーノ監督との関係を噂されることを気にしている様子はないようだ。  ユマとタランティーノ監督はカンヌ国際映画祭後の6月にも、米カリフォルニア州ビバリーヒルズで食事し、別々の車で店を後にする前にキスを交わしハグする姿を目撃された。  タランティーノ監督は『パルプ・フィクション』(94)と『キル・ビル』シリーズでユマと一緒に仕事して以来、彼女には特別な感情を抱いていたと言われている。ユマが今年4月にスイス人富豪アーパッド・ブッソンとの婚約を解消し、タランティーノ監督も恋人と破局していたことから、二人が急接近したと伝えられた。

  • 女性版『エクスペンダブルズ』、大ヒット間違いなし!?(※イメージ写真)

    女性が活躍するアクション映画、ハリウッドで本格化

    映画

     ハリウッドで女たちが暴れ回る時代が本格的に訪れた。『エクスペンダブルズ』のプロデューサー、アヴィ・ラーナーは、先日、アクションができる女優たちを集めたスピンオフ『The Expendabelles(原題)』の企画が始動していることを認め、来年初めにも撮影を開始すると語った。@@cutter 『The Expendabelles』のキャストは発表されていないが、すでにシガニー・ウィーバー、リンダ・ハミルトン、デミ・ムーア、ゾーイ・サルダナ、ユマ・サーマン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲスなどの名前が憶測として挙がっている。シルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーなど往年のアクションスターが勢揃いする『エクスペンダブルズ』は、2作合計で世界興収5億7500万ドルを売り上げており、8月15日には3作目が北米公開される。女性版の噂は早くから出ていたが、本当に実現することになったわけだ。  また、ソニー・ピクチャーズも『スパイダーマン』に登場する女性のスーパーヒーローを集めたスピンオフの企画を発表したばかり。2017年の北米公開を目指し、現在、脚本の執筆作業を進めている。  ザック・スナイダーが監督した2011年の女性のアンサンブル物アクション『エンジェル・ウォーズ』は興行的にぱっとしなかったが、その後、女性の主人公が派手なアクションを見せる映画は、次第に人気を高めてきた。ジェニファー・ローレンス主演の『ハンガー・ゲーム』シリーズは爆発的にヒットし、今年公開されたシェイリーン・ウッドリー主演の『ダイバージェント』シリーズも好調なスタートを切っている。  また先月は、リュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンと初タッグを組んだアクション『LUCY/ルーシー』が、同じ週末に公開されたドウェイン・ジョンソン主演のアクション『ヘラクレス』を破って1位を獲得したことも話題になった。  これまでにも、もちろん、ミラ・ジョヴォヴィッチの『バイオハザード』やアンジェリーナ・ジョリーの『ソルト』などはあったが、女性のアクション映画が、よりメインストリームとして受け入れられるようになってきたことは確実。強く、かっこいい女性たちをビッグスクリーンで堪能できる機会が増えるのは、うれしいことだ。(文:猿渡由紀)

  • ジブリ作品の英語版吹き替え、実はハリウッドで活躍する大物俳優が声優に!

    ジブリ作品、英語版吹き替えも豪華 ハウルやキキを演じた俳優は誰?

    映画

     7月に「金曜ロードSHOW!」で放送された『もののけ姫』『となりのトトロ』が高視聴率を記録して、『思い出のマーニー』公開に合わせ、ジブリが盛り上がっている。そんななか、高畑勲監督作『かぐや姫の物語』英語版吹き替えにクロエ・モレッツ、ジェームズ・カーン、ルーシー・リューといったキャストが発表され、話題を呼んでいる。だが、この豪華キャストは、今に始まったわけではないのだ。ここで、ジブリ作品の吹き替えの歴史を振り返ってみよう。@@cutter<ジブリ作品英語吹き替えのキャスト※一部を紹介、左が日本語版キャスト/右が英語版キャスト> 『風の谷のナウシカ』 ナウシカ(島本須美/アリソン・ローマン『スペル』) アスベル(松田洋治/シャイア・ラブーフ『トランスフォーマー』) クシャナ(榊原良子/ユマ・サーマン『キル・ビル』) ユパ(納谷悟朗/パトリック・スチュワート『X-MEN』) 『天空の城ラピュタ』 パズー(田中真弓/ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク『ドーソンズ・クリーク』) シータ(横沢啓子/アンナ・パキン『ピアノ・レッスン』 ムスカ(寺田農/マーク・ハミル『スター・ウォーズ』) 『となりのトトロ』※ディズニー版 サツキ(日高のり子/ダコタ・ファニング『I am Sam アイ・アム・サム』) メイ(坂本千夏/エル・ファニング『マレフィセント』) 『魔女の宅急便』 キキ(高山みなみ/キルステン・ダンスト『スパイダーマン』) 『もののけ姫』 アシタカ(松田洋治/ビリー・クラダップ『ウォッチメン』) サン(石田ゆり子/クレア・デインズ『HOMELAND/ホームランド』) モロの君(美輪明宏/ジリアン・アンダーソン『X-FILE』) 『猫の恩返し』 ハル(池脇千鶴/アン・ハサウェイ)@@separator『ハウルの動く城』 ソフィー(倍賞千恵子/エミリー・モーティマー『ラースと、その彼女』、ジーン・シモンズ『ハムレット』) ハウル(木村拓哉/クリスチャン・ベイル『ダークナイト』) マルクル(神木隆之介/ジョシュ・ハッチャーソン『ハンガー・ゲーム』) カルシファー(我修院達也/ビリー・クリスタル『アナライズ・ミー』) 『崖の上のポニョ』 ポニョ(奈良柚莉愛/ノア・サイラス※姉は歌手マイリー・サイラス) 宗介(土井洋輝/フランキー・ジョナス※ジョナス・ブラザーズのさらに下の弟) 宗介の母・リサ(山口智子/ティナ・フェイ『30 ROCK/サーティー・ロック』) 宗介の父・耕一(長嶋一茂/マット・デイモン(『ボーン・アイデンティティー』) ポニョの父・フジモト(所ジョージ/リーアム・ニーソン(『シンドラーのリスト』) ポニョの母・グランマンマーレ(天海祐希/ケイト・ブランシェット『ブルージャスミン』)  ほかにも、『紅の豚』はマイケル・キートン、『ゲド戦記』はティモシー・ダルトンとウィレム・デフォー、『借りぐらしのアリエッティ』はシアーシャ・ローナン、『風立ちぬ』は、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、エミリー・ブラントらが名を連ねた。  ここまで豪華スターが揃えば、さぞやアメリカで拡大公開されているような気がするが、今回テレビ放送で見事な視聴率を記録した『もののけ姫』は、アメリカでの公開初週の上映館数はたったの8館だったが、最終的に129館。日本で興収304億円を記録した『千と千尋の神隠し』も、アメリカでの初週公開館数は26館から最終的に714館といきなり拡大公開の規模ではなかった。  だが、“スタジオジブリ”ブランドは徐々に浸透し、『思い出のマーニー』の米林宏昌の初監督作『借りぐらしのアリエッティ』は、最初から1522館で公開され、興収約2千万ドルでジブリ最高の数値を記録。アメリカで10月に公開される『かぐや姫の物語』はどこまで記録を伸ばせるのか、注目が集まる。

  • 昔からタランティーノ監督がユマにゾッコン!?(※写真は2003年頃の二人)

    交際順調!? タランティーノ監督&ユマ・サーマン、ディナーデートの後にキス

    セレブ&ゴシップ

     今年のカンヌ国際映画際あたりに熱愛報道された映画監督クエンティン・タランティーノと女優ユマ・サーマン。再び熱愛報道が過熱しそうな二人の様子がキャッチされた。@@cutter タランティーノとユマは現地時間6月17日、ビバリーヒルズの高級レストラン「Mr. Chow」で食事している姿を目撃されたという。二人は食後、別々の車でレストランを去ったそうだが、別れ際にキスを交わしハグしたそうだ。Us WeeklyやE!Newsが、そんな二人の様子を写真と共に伝えた。  チェックのシャツを着たカジュアルな装いのタランティーノに対し、ユマは白いワンピースに、マッチする白のジャケットを身に着けドレスアップ。二人の対照的な感じが、逆に二人らしさを際立たせているようだ。  ユマは今年4月に婚約していたスイス人富豪アーパッド・ブッソンと破局。タランティーノとは『パルプ・フィクション』(94)、その後『キル・ビル』シリーズで一緒に仕事をして以来、ずっと友人関係にあったというが、タランティーノは常にユマには特別な感情を抱いていたという。  お互いに交際相手と破局し、二人の関係が進展するに至ったと伝えられているタランティーノとユマ。頻繁に会話し、再び一緒に映画を作る話も出ていると関係者が話しているそうで、公私ともに絆を深める二人の姿が今後さらに明らかになるかもしれない。

  • ハリウッドに美女と野獣のカップル誕生!?

    『キル・ビル』タランティーノ&ユマ・サーマン熱愛か 20年の恋がついに成就!?

    セレブ&ゴシップ

     1994年の映画『パルプ・フィクション』で監督と女優の間柄だったクエンティン・タランティーノ監督と女優ユマ・サーマンが熱愛中だという。お互いに交際相手と別れていたタランティーノ監督とユマが恋の炎を燃え上がらせたそうだ。@@cutter タランティーノ監督とユマは第67回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットに揃って登場。映画祭では『パルプ・フィクション』の20周年を記念して本作の試写会が行われ、ジョン・トラボルタも出席したが、レッドカーペットではタランティーノ監督と腕を組み、監督の肩に頭を乗せたユマの姿があった。二人はクロージング・セレモニーのレッドカーペットでは手を繋いで登場している。  「二人にはちょっとした過去がありましたが、最近になりまた一緒になったんですよ。彼は長い間彼女を愛していました」と関係者がUs Weeklyに話したそうだ。また別の関係者も「惹かれる心は常にあった」と話し、タランティーノ監督がユマをチヤホヤする形の関係だったという。  タランティーノ監督は『パルプ・フィクション』でユマをハリウッドスターに押し上げたが、その後、2003年と2004年の『キル・ビル』二部作でもユマをキャスティングし、彼女の魅力を最大限に引き出した。  関係者の話から察すると、熱い思いを抱いていたのはタランティーノ監督のようだが、今になって二人の関係が進展したのはタイミングもあったようだ。ユマは俳優イーサン・ホークと結婚し2004年に離婚。2007年にはスイス人富豪のアーパッド・ブッソンと婚約したが、破局と復縁を繰り返し、4月には再び婚約を解消したという。一方、タランティーノ監督は女優ミラ・ソルヴィーノと破局後、『キル・ビル』の頃はソフィア・コッポラ監督と交際。その後も数々の女性と浮き名を流したが、最近コスチュームデザイナーのコートニー・ホフマンと破局したとのことだ。  ハリウッドに新たな美女と野獣のカップルが誕生したとのことだが、なかなかお似合いかもしれないタランティーノ監督とユマの今後に注目したい。

  • 第67回カンヌ国際映画祭

    長澤まさみ、ニコール・キッドマンらが登場!「第67回カンヌ国際映画祭」フォト集

    映画

     5月14日から開催されている「第67回カンヌ国際映画祭」。今年は、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』がオープニング作品となり、主演のニコール・キッドマンらが登場。また、日本からは、ジョン・ウー監督最新作『太平輪(The Crossing)』に出演の長澤まさみも登場。レッドカーペット&会見の様子をお届けします!

  • 第71回ゴールデン・グローブ賞でプレゼンターの一人に

    ゴールデン・グローブ授賞式、ロバート・ダウニー・Jr.ら豪華スターがプレゼンター

    映画

     アカデミー賞の前哨戦と言われるゴールデン・グローブ授賞式に先立ち、プレゼンターの面々が発表になった。今年はロバート・ダウニー・Jr.やジェニファー・ローレンスら、豪華スターたちが盟友やライバル、作品作りの苦楽を共にする製作者らスタッフに受賞を告げる役目を担うことが明らかになった。@@cutter 今年のプレゼンターを務めるのは、映画『アイアンマン』シリーズで絶大な人気を誇るロバート・ダウニー・Jr.や、作品賞候補の『アメリカン・ハッスル』で自身も最優秀助演女優賞にノミネートされているジェニファー・ローレンスのほか、映画『Her(原題)』で最優秀男優賞にノミネートされているホアキン・フェニックスと『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(06)で共演したリース・ウィザースプーン、映画『ウォルト・ディズニーの約束』に出演しているコリン・ファレル。  さらに、ミュージカル・コメディ部門で作品賞にノミネートされている人気コメディドラマ『モダン・ファミリー』に出演するジュリー・ボーウェン、役者で人気トーク番組の司会も務めるジミー・ファロン。また、大ヒット映画『テッド』に出演したミラ・クニス、近年はミュージカルドラマ『SMASH/スマッシュ』などでテレビドラマにも出演したユマ・サーマンや、サイコサスペンスドラマ『ザ・フォロイング』に出演するケヴィン・ベーコン、第69回ゴールデン・グローブ賞で最優秀女優賞に輝いたローラ・ダーンと、錚々たる役者陣がプレゼンターとして名を連ねている。  今回のゴールデン・グローブ賞は宮崎駿監督の『風立ちぬ』が外国語映画賞にノミネートされていることでも目が離せない。昨年に引き続き、ティナ・フェイとエイミー・ポーラーの二人が司会を務める第71回ゴールデン・グローブ賞は、アメリカ・ロサンゼルスで現地時間1月12日に開催。

  • 生前のマリリン・モンローの秘蔵映像が満載!

    マリリン・モンロー自筆のメモ公開! 死後明らかになった彼女の真実の姿とは…?

    映画

     ハリウッドが作り上げた世紀の女優、マリリン・モンロー。死後50年たって公開された彼女の自筆のメモや日記など私的な文書を基にしたドキュメンタリー映画『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』が、10月5日より全国ロードショー。それに先立ち、その貴重なマリリン自筆のメモや詩の一部が初公開された。@@cutter マリリンは、詩のような文章や思いの断片を手帳やルーズリーフに書き留め、親しい友人たちだけに見せていた。劇中で明らかになるこれらのメモは、彼女を精神的に支え続けた恩師、アクターズ・スタジオのリー・ストラスバーグが、彼女の死後、人知れず保管し続けた遺品にあったもの。  メモの中には、「人生―、私はあなたの二つの方向に引き裂かれている/(中略)ああ人生よ、あの人たちはもう一人のあたしを欺いた」「alone!! 私は一人ぼっち いつだって ひとりぼっち、どうしようもなく。」など、華やかな女優、マリリン・モンローが決して人には見せなかった暗く淋しい影を感じる一遍となっている。また、アクターズ・スタジオで演技をはじめた頃のメモには、「自分がマリリンだって感覚を持つこと」「稽古に行く/いつでも私自身のため/間違いなく」「私のお道具の手入れをする―女として体のすみずまで(鍛錬)」 など、自分に課したタスクを几帳面に綴るなど、真面目な一面も垣間見られる。  これらの内容から見えてくるのは、「マリリン・モンロー=おバカなブロンド娘」ではなく、自らの意志で精一杯“マリリン・モンロー”を演じようとしていた一人の女優の姿だ。そして、純粋すぎるほどに夢や理想を追いかけ、悩み苦しみ、愛を求める等身大の女性の生き方に共感を覚えずにはいられないだろう。  ドキュメンタリー映画『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』では、世界的ベストセラー「マリリン・モンロー 魂のかけら―残された自筆メモ・詩・手紙―」(青幻舎刊)を基に、秘蔵映像や私的な文書を紹介。また、マリリンに扮したユマ・サーマン、リンジー・ローハン、グレン・クローズら年齢も立場も違う現役女優たちが、彼女の想いを朗読し、マリリンの生い立ちから最期までを丁寧にたどっている。  『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』は、10月5日より全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access