伊藤淳史 関連記事

  • (左から)2夜連続スペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』に出演する西島秀俊、伊藤淳史

    西島秀俊×伊藤淳史、SPドラマ『名探偵・明智小五郎』2夜連続放送

    エンタメ

     俳優の西島秀俊と伊藤淳史が、2019年に2夜連続で放送されるスペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』(テレビ朝日系)で共演することが決定。“新時代の明智小五郎”を演じる西島は「神出鬼没の怪盗をネット上に隠れる犯罪者に見立て、新たな明智小五郎像が誕生したと思います」と語っている。@@cutter 本作は、日本が誇る推理作家・江戸川乱歩が生み出した名探偵・明智小五郎を主人公に、神出鬼没の「怪人二十面相」を世界的ハッカー集団「ファントム20」に置き換え、現代の日本を舞台にネット犯罪の脅威を描いていくオリジナルドラマ。サイバーセキュリティー企業「AKロジスティクス」の元CEOで現相談役にして、強盗や殺人、誘拐といった事件を解決に導いていく明智小五郎を西島が演じ、そんな明智とバディを組む警視庁刑事部「サイバー捜査支援室」主任・小林芳雄を伊藤淳史が演じる。  第1夜「SHADOW~警察データベース流出!! 犯罪者連続殺人」は警察のデータベース流出から巻き起こる犯罪者連続殺人事件を、第2夜「VAMPIRE~巨大病院サイバージャック!!」では、巨大病院を舞台に巻き起こったサイバージャックに明智と小林が立ち向かう姿が描かれる。  明智を演じる西島は「天知茂さんをはじめ、過去に多くの俳優によって演じられてきた明智小五郎を現代版でどう作るのか。企画内容を伺った当初から、興味が沸きました」と語ると、本作について「現場では、台本に書いてあることが監督のアイデアで2倍、3倍に膨らみ、予想のつかない面白さが毎シーン起きています」とコメント。  また本作の共演キャストとして、明智の妻・文代を石田ゆり子、小林の妻・真由美を岸井ゆきの、警視庁の刑事部長・浪越謙次朗を香川照之が演じることも発表された。  スペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』はテレビ朝日系にて、2019年2夜連続放送。

  • 『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』最終話場面写真

    今夜『絶対零度』最終回、上戸彩演じる桜木泉がミハンの危険人物に

    エンタメ

     俳優の沢村一樹が主演を務めるドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の最終回が今夜放送される。最終回では、上戸彩演じるヒロインが危険人物に指定され、ミハンチームが彼女を捜査するという展開が描かれる。@@cutter 山内(横山裕)の救出に向かった井沢(沢村)の前には、桜木泉(上戸)の姿があった。桜木は井沢に憎しみの眼差しで銃を向け「あなたは、ミハンに組み込まれた人間?」と告げると、現場から立ち去ってしまう。  井沢は、桜木がミハンを知っていたこと、彼女の上司だった長嶋(北大路欣也)が資料課を探っていたことに触れ、何か知っているのかと東堂(伊藤淳史)に尋ねる。すると東堂は、新たな危険人物を表示。それは桜木泉であった。  桜木泉を捜査することになったミハンチームはベトナムへ。井沢と山内は、桜木の事件を担当した元刑事のグエン(フォンチー)に接触する。捜査の中で、桜木は、証券会社社員の谷口正博(斉藤佑介)を追っていたことが判明。谷口は、日本からベトナムに赴任した同社の支店長とその娘・由紀子(桜井ユキ)を爆発物で殺そうとしていた。谷口を射殺してそれを食い止めたのが、井沢の妻の元同僚だった刑事・赤川武志(須田邦裕)だった。  しかし事件後、赤川はホテルの屋上から転落死し、その翌日、桜木も失踪。謎が深まる中、ミハンと桜木の意外な繋がりが浮かび上がってくる。  ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』最終回は、フジテレビ系にて今夜9月10日21時放送。

  • 『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第7話場面写真

    今夜『絶対零度』仲間を亡くしたミハンチームは新たなステージへ

    エンタメ

     俳優の沢村一樹が主演を務めるドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第7話が今夜放送される。第7話では、仲間を失ったミハンチームが新たな事件に直面する。@@cutter 井沢(沢村)たち“ミハン”チームは、田村(平田満)の死に大きなショックを受ける。東堂(伊藤淳史)は、報告書から亡くなった田村の名前を削除してミハンとの関わりを消すと、捜査の再開を指示。山内(横山裕)と小田切(本田翼)はそれに同意したものの、南(柄本時生)だけは簡単に田村の死を割り切ることができない。井沢は、そんな南を捜査に連れ出すが、南は拒否して資料課に帰ってしまう。  ミハンが選び出した新たな危険人物は、実体のつかめない麻薬密売組織に関わっている疑いがあり、2ヵ月前に任意の取り調べを受けていた新谷啓一(小柳友)という男。組織のボスは「喜多野」という名前だが、それは通り名に過ぎず、本名も顔も謎に包まれていた。  新谷は、取り調べを受けた後、涼子(青野楓)という女性と結婚し、とある団地に引っ越していた。小田切たちは、向かいの棟に張り込み部屋を用意し、監視を始める。捜査を続けるミハンチームは、新谷たちの上階に住む7歳の少年・ユキオ(山城琉飛)が母親から虐待されているらしいことを発見する。  その頃、井沢は、自らの妻子を殺しながらも立証されず、別件逮捕されていた宇佐美(奥野瑛太)が、まもなく出所することを知る。そして、桜木泉(上戸彩)の事件にも新たな真実が発見される…。  ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第7話は、フジテレビ系にて今夜8月20日21時放送。

  • 『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第6話場面写真

    今夜『絶対零度』ついに“闇の仕置人”の正体が明らかに!

    エンタメ

     俳優の沢村一輝が主演を務めるドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話が今夜放送される。第6話では、法で裁けない悪人を始末していた人物の正体が明らかになる。@@cutter ミハンチームが捜査した事件の関係者が、不審な出来事に巻き込まれたことが発覚。猟銃の誤射で少女を殺し、その罪を別の事件の犯人になすりつけた元最高裁判所長官の小松原(中丸新将)は点検中のエレベーターに転落して死亡。強姦を重ねていた大学生の湯川(佐野岳)は行方不明に。そして、法の目をかいくぐり何人も殺害した上、未成年者の犯罪を後押ししていた記者の川上(近藤公園)が射殺体で見つかったのだ。  三人は、いずれも法でさばけなかった悪人。犯人がミハンから得た情報をもとに犯行に及んでいると考えた東堂(伊藤淳史)は、「ミハンの情報が外部に漏れている」「内通者がいる」「チーム内に犯人がいる」と3つの可能性を推測する。真相解明のため、井沢(沢村)は、山内(横山裕)とともに小松原が死んだホテルへ。小田切(本田翼)と田村(平田満)は湯川のスマートフォンのGPSが途絶えた高架下へと向う。  ほどなく、井沢たちは、防犯カメラの映像などから一台の不審車にたどり着く。だがその所有者に関する個人情報は改ざんされているようだった。一方、川上の事件を追う捜査一課の早川(マギー)たちは、殺害現場付近で不審な男を見たという目撃者を見つけ、犯人の似顔絵を作成。すると、できあがった犯人の似顔絵は、あるミハンメンバーの顔で…。  ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第6話は、フジテレビ系にて本日21時放送。

  • 『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』記者会見に出席にて

    沢村一樹、50歳で月9初主演 「初体験の夜を皆さんと」エロ男爵らしくPR

    エンタメ

     俳優の沢村一樹が30日、都内にて行われた7月スタートの月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の記者会見に、共演の横山裕、本田翼、柄本時生、平田満、伊藤淳史と出席した。@@cutter 上戸彩演じる女性刑事・桜木泉の活躍を描いた「絶対零度」シリーズの最新作。第3弾となる今回は、沢村演じる井沢範人を主人公に、未来の犯罪を予測して捜査する“ミハン”チームの活躍を描く。  50歳で月9ドラマ初主演を務める沢村は「正直言うと『なんで?』というのがあった。月9といえば恋愛ものだし、それに僕はセクシー部長やエロ男爵と言われている割には、恋愛ものをやったことがない」と、はじめは月9=恋愛イメージが先行していた模様。しかし、今回は刑事もので「台本を読んで、これは凄くいい作品に巡り合えた、声をかけてもらえてよかったと思った。新しいタイプの実験的刑事ドラマなので、エロ男爵的には初体験の夜を皆さんで過ごしませんか?」としっかりとキャラをキープしてPRした。  一方、『絶対零度』シリーズ続投組の横山は「海外ドラマのようなスケールの大きさを感じる」とし、「沢村さんとアクションシーンをやって、撮り終わった後に監督がご機嫌だった」と手応え。ただ今回の現場の熱量についてはタイトルにかけて「絶対20度」と何故か低めで「本当は100度にしたいけれど、昨日、時生君が遅刻したので20度です。それまでは現場の雰囲気も良かったのに、その事件によって80度下がった」とぶっちゃけた。  遅刻を暴露された柄本は「僕は絶対45度。遅刻した時間です。入り時間に起きて、45分で湾岸まで来た」と明かし「遅刻を未然に防ぎたい」とドラマの内容にかけて反省の弁。遅刻したものの、起床後45分で現場入りした柄本に、横山は「僕は逆に『早いな!』と言ってしまった」と飽きれを通り越して感心した様子だった。  ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は、フジテレビ系にて7月9日より毎週月曜21時放送。

  • (上段左から)本田翼、横山裕、伊藤淳史 (下段左から)柄本時生、平田満

    横山裕、『絶対零度』シリーズ続投決定 月9初出演

    エンタメ

     関ジャニ∞・横山裕が、沢村一樹が主演する7月スタートのドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に、前シリーズに登場した山内徹役で続投することが発表された。併せて“ミハン”の紅一点を本田翼が演じるほか、柄本時生、平田満、伊藤淳史が出演することも明らかになった。@@cutter シーズン1では、コールド・ケースと呼ばれる“未解決事件”を、シーズン2では“特殊犯罪潜入捜査”をテーマに、新米女性刑事・桜木泉(上戸彩)の活躍と成長を描いてきた『絶対零度』シリーズ。最新シリーズでは、新たな主人公・井沢範人(沢村)が、個性的な仲間とともに未来の犯罪を予測して捜査する。  前シリーズの最終話で、桜木の年上の後輩として“特殊犯罪捜査対策室”に赴任してきた山内は、今回は“未然犯罪捜査チーム=ミハン”の一員として登場する。また新キャラクターとして、“ミハン”メンバーの紅一点、小田切唯を本田が演じるほか、柄本が同じく“ミハン”メンバーの南彦太郎を、平田が田村薫に扮することも決定。さらに、ビッグデータやAIを使った“ミハンシステム”の導入プロジェクトのリーダーで、警察キャリアとして出世の最短コースを歩んできた東堂定春を伊藤が演じる。  横山は「『絶対零度』という作品はシリーズになっていて、前シリーズの最後に僕が出演させていただいて、もし新シリーズがあったら出演させていただけるのかな?と、思ってはいました」と述懐。演じる山内に関しては「(刑事としての)信念があって、出世のために仕事をしている人が許せないんだろうし、正義感をもった人だと思います。“ミハン”チームで違法にあたる捜査をしたり、“ミハンシステム”が冤罪を生む可能性だってあるシステムでもあるので、“本当にやっていいのか?”と疑いながらもやらなくちゃならないという葛藤もあったりして…」と分析しつつ、「まっすぐ、ひたむきな山内を演じられたらいいなと思っています」と意気込みを明かしている。  ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は、フジテレビ系にて7月より毎週月曜21時放送。

  • 生駒里奈、『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』での熱演に反響

    『オー・マイ・ジャンプ!』第2話、「NARUTO」コスプレの生駒里奈にファン悶絶

    エンタメ

     伊藤淳史が主演を務めるドラマ『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』(テレビ東京/毎週金曜24時12分)の第2話が19日深夜放送された。SNS上では、人気漫画『NARUTO ‐ナルト‐』の主人公・うずまきナルトのコスプレで熱演する乃木坂46・生駒里奈に対し大きな反響が寄せられている。@@cutter 本作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)の創刊50周年を記念して「ジャンプ」編集部の完全協力のもと作られているドラマ。ことなかれ主義の営業マン・月山浩史(伊藤)が、「ジャンプ」を愛する者だけが集まる会員制クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」での出会いをきっかけに成長する姿を描く。    第2話は『NARUTO』好きの女子大生・火村智子(生駒)のメイン回。「ジャンプに恋愛ものは不要」と主張する彼女はプライベートでも恋愛未経験。好意を寄せる男性・佐々木(小関裕太)を呼び寄せるも結局告白できず、忍法「霧隠れの術」のポーズをしながら走り去ってしまう。だが原作者・岸本斉史先生が実際に連載中に抱いたある思いを知り、もう一度告白する勇気をもらう。  放送終了後、ナルトの代名詞でもある「~だってばよ」にかけて「好きなんだってばよ」と、意中の男性にようやく告白した智子役の生駒に「可愛すぎだってばよ」「可愛いの塊」といった意見が殺到。さらには「握手会で『言ってください』って人増えるやろうね!」「生駒レーンにナルトのコスプレして行ったら喜んでくれるかな」という意見も見られた。    『聖闘士星矢』の“紫龍”の手作り聖衣を着る会社員・水川康介(寺脇康文)など個性的な脇役も健在。前回の「アラレちゃん」に続き、『ドラゴンボール』の「ブルマ」のコスプレにも挑んだ女医・木暮美樹を演じる佐藤仁美には「佐藤仁美が鳥山明枠になってる件。もうジェンダー関係なしに、魔人ブウでもやってくれ」といったリクエストも届いていた。

  • 『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』完成試写会&会見の様子

    『オー・マイ・ジャンプ!』、週刊少年ジャンプとのコラボに「いちいち懐かしい」の声

    エンタメ

     伊藤淳史が主演を務めるドラマ『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の第1話が12日深夜、放送された。SNS上では、「いちいち懐かしい」「アラフォーの超黄金期のジャンプ知ってるおばちゃん的に懐かしいジャンプ」など、かつてのファンから称賛の声が寄せられている。@@cutter 「週刊少年ジャンプ」(集英社)が今年創刊50周年を迎えたことを記念し、その全面協力を得て製作された本作。主人公は、かつて「ジャンプ」を愛読し、ヒーローを夢見ていた月山浩史(伊藤)。今はことなかれ主義の営業マンだが、「ジャンプ」を愛する者だけが集まる会員制クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」に足を踏み入れたことを機に成長していく。  第1話は、月山が営業回りから帰ってくると、同僚・水戸愛実(最上もが)が、課長の阿久(浅香航大)から怒られているところから始まる。月山は水戸を守りたいと思いつつ、社長の甥っ子である阿久に何も言えずにいた。  そんなとき、謎の男・土屋跳躍(斉木しげる)に「オー・マイ・ジャンプ!」に案内された月山。店内には「NARUTO」の格好をした女子大生・火村智子(生駒里奈)、「アラレちゃん」のコスプレをした女医・木暮美樹(佐藤仁美)、「聖闘士星矢」の“紫龍”のいでたちをしている会社員・水川康介(寺脇康文)などがいた。そこで月山は、土屋から、店の会員になるためには「1日1回ヒーローらしいことをしてください」と告げられるのだが…。    オンエア後の感想としては、主役の伊藤には「面白さも真面目さも両方持ってる」「こうゆう弱いキャラ似合うよね」と評価の声があがった。さらに「生駒ちゃんのコスプレかわええなあ」「佐藤仁美のアラレちゃんが、じわじわと来てる」「寺脇さんの紫龍すごい破壊力」といった意見も殺到。  また、「キン肉マン」の声を務めていた声優・神谷明のナレーションによるオープニングや、その「キン肉マン」が連載1年後、大人向けのタッチにした影響で人気が落ち、打ち切りの話も出ていた話など細かいネタが満載。当時のファンを熱狂させた。

  • 生駒里奈、『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』完成試写会&会見に登壇

    乃木坂46・生駒里奈、新ドラマでNARUTOトリビア知ることができ「癒やされた」

    エンタメ

     俳優の伊藤淳史と乃木坂46・生駒里奈が、11日都内で行われたドラマ『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』(テレビ東京系/12日より毎週金曜24時12分)の試写会&記者会見に、共演の馬場徹、柳俊太郎、斉木しげる、佐藤仁美、寺脇康文らとともに登壇。「週刊少年ジャンプ」のキャラクターに扮したコスプレ姿を披露した。生駒はドラマ出演への取り組みとともに、自身が劇中で関わる『NARUTO』への愛情の深さなど語った。@@cutter 本作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)の協力で制作されるドラマ。かつてヒーローに憧れた、独身で彼女無しの営業マン・月山浩史(伊藤)が謎の男に遭遇、秘密クラブ『オー・マイ・ジャンプ!』へ連行され、悩みや葛藤を抱える人々に触れながら影響され、ヒーローとして覚醒していく姿を描く。  今回ドラマへの単独出演は初めてという生駒は、お芝居は「皆さんの力を借りて勉強をしています」と謙虚に現場に向き合う姿勢を見せる。生駒は第2回でストーリーの中心になる予定となっており、「吐きそう」と放送への不安を見せつつ「(撮影は)どうしようかなという感じでしたが、見た人に不快な思いをさせないようにと思ってやり切りました」と撮影を振り返った。  劇中では「週刊少年ジャンプ」に掲載された作品の数々のトリビアも紹介される。NARUTOファンという生駒は「今、連載は終了してNARUTOロス中なんですけど、知らなかった知識も知れて癒やされました」と台本を読みながら撮影を楽しんでいる様子を見せていた。  この日は、ドラマのクライマックスに「地球の危機を救うため、AIと戦う」というエピソードがあることが発表され、ストーリーを知らされずに撮影に向かっているという出演陣は一瞬きょとんとした表情に。その様子に伊藤は、「大体連ドラって大まかなストーリーは教えてくれるんですけど、今回は教えてくれない。でも、知らないのに演じるというのは、リアル(な世界)では先のことはわからないので、いいかなと思いながら、みんなと楽しく撮影をしています」と活気のある現場であることを明かした。  ドラマ24 第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』は、テレビ東京系にて1月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』ポスタービジュアル

    『オー・マイ・ジャンプ!』全員コスプレの表紙風ビジュアル公開 ケンコバも出演決定

    エンタメ

     伊藤淳史が主演する新ドラマ『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)より、豪華出演者が全員コスプレをしている衝撃のポスタービジュアルが解禁となった。併せて、ケンドーコバヤシの出演と、第1話に最上もが、浅香航大がゲスト出演することが発表された。@@cutter 人気漫画誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)が全面協力する本作は、主人公の月山浩史(伊藤)が、「週刊少年ジャンプ」好きな人々が集まる秘密クラブに出会ったことをきっかけに、悩みや葛藤を抱えながら生きる人々の人生に触れながら、少しずつ影響されていき、やがて地球規模の災いに巻き込まれる(?)姿を描く  今回公開されたポスタービジュアルは、「週刊少年ジャンプ」本誌のデザインを手掛ける「バナナグローブスタジオ」が担当し、本物そっくりな仕上がりに。月山が『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィに変身、生駒里奈演じる火村智子は『NARUTO‐ナルト‐』のうずまきナルトのコスプレで登場している。ほかにも、馬場徹が演じる黒塚朝日は『北斗の拳』のケンシロウ、柳俊太郎が演じる金城真治は『ろくでなしBLUES』の前田太尊、斉木しげる演じる土田跳躍は『僕のヒーローアカデミア』のオールマイト、佐藤仁美演じる木暮美樹は『Dr.スランプ』の則巻アラレの姿に。寺脇康文が演じる水川康介は『聖闘士星矢』のドラゴン紫龍(龍星座の紫龍)として登場し、全員がノリノリな姿を見せている。  また、新キャストとして出演が発表されたコバヤシは、後に月山の上司となる、飲料メーカー太陽ドリンコ営業4課の課長で、『魁!!男塾』の江田島平八を彷彿させる大嵐寿三郎にふんする。一方、最上は月山の同僚である水戸愛実役を、浅香は「ハラスメント将軍」と呼ばれている阿久課長役を務める。  自身が「週刊少年ジャンプ」の大ファンであるコバヤシは、出演について「『何故俺を呼ばないんだ!!』と現場に乗り込む準備をしていた時なんで、ギリギリで助かりました。あわや、凶器準備集合罪でした」と冗談交じりにコメント。「常に読んでます。今も昔もこれからも。ケンドーコバヤシ先生がずっと読んでいるのはジャンプだけ」とジャンプ愛を語り、役作りについては「宇宙空間を宇宙服なしで泳げるようにしておきます」と意気込み(?)を見せている。  ドラマ24 第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』は、テレビ東京系にて2018年1月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • 生駒里奈、ジャンプ創刊50周年記念ドラマで“大のジャンプ好き”な女子大生に

    生駒里奈、大好きな「少年ジャンプ」ドラマ出演決定 人気キャラのコスプレにも挑戦

    エンタメ

     乃木坂46の生駒里奈が、2018年1月12日から放送がスタートする伊藤淳史主演のドラマ『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に出演することが分かった。かねてより“大のジャンプ好き”として知られる生駒は、「正直、不安は沢山ありますが、大好きなジャンプに携わる事が出来る!! それが本当に嬉しいです」と喜びを語っている。@@cutter 本作は、2018年に創刊50周年を迎える少年マンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の全面協力を受けたドラマ。かつてヒーローに憧れていた、独身、彼女ナシの営業マン・月山浩史(伊藤)は、ある日、後輩女子がセクハラを受けている場面に遭遇するも見て見ぬフリをして逃げてしまう。そんな浩史の前に謎の男(斉木しげる)が現れ、彼氏いない歴20年の女子大生・火村智子(生駒)らの集う秘密クラブ『オー・マイ・ジャンプ!』へ連れて行かれることに。  生駒の演じる智子は、恋愛に奥手で彼氏がいたことのない女子大生。引っ込み思案で人とコミュニケーションを取るのが苦手だが、大の『NARUTO』ファンで、ジャンプのことを語りだすと多弁になり、我を忘れてしまうという役どころだ。  大のジャンプ好きであることを公言、放送中の『特捜警察 ジャンポリス』(テレビ東京系/毎週土曜10時)でもMCを務める生駒は、自身の役柄と同じくジャンプでいちばん好きな作品は「『NARUTO』です。私は何度も『NARUTO』に力をもらいました。人生の教科書です」と告白。創刊50周年を記念した作品への出演に「記念の作品に携われた事、今後の人生にとっても大切な宝物になりました」と語っている。  さらに、自らの役について「アイドルをやっていなかった私そのものだと思います」と話し、「ほんの少しですがコスプレもするので、ちゃんとキャラクターを表現出来るように頑張ります!」と意気込みを示す。  ドラマ24第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』は、テレビ東京系にて2018年1月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ『オー・マイジャンプ!~少年が地球を救う~』に出演する伊藤淳史

    伊藤淳史、“ジャンプ愛”あふれるヒーローに 「少年ジャンプ」全面協力ドラマに主演

    エンタメ

     俳優の伊藤淳史が、テレビ東京のドラマ24第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』で主演を務めることが発表された。「『キャプテン翼』とか、『ドラゴンボール』が大好きでした! 」と明かす伊藤は「来たる2018年、週刊少年ジャンプ創刊50周年、ドラマ24の50作目という節目で、見てくださる皆様に元気を与えたいと思います」と心境を語っている。@@cutter 人気漫画誌「週刊少年ジャンプ」が全面協力する本作は、主人公の月山浩史(伊藤)が、「週刊少年ジャンプ」好きな人々が集まる秘密クラブに出会ったことをきっかけに、悩みや葛藤を抱えながら生きる人々の人生に触れながら、少しずつ影響されていき、やがて地球規模の災いに巻き込まれる(⁈)姿を描く。伊藤のほかに、佐藤仁美、馬場徹、栁俊太郎、斉木しげる、寺脇康文が出演する。  劇中でキャラクターのコスプレも披露するという伊藤は「子供の頃に読んでいましたけど、最近は僕が演じる役柄同様、なかなか読めていませんが、『キャプテン翼』とか、『ドラゴンボール』が大好きでした!」と述懐。役作りについては「僕がコスプレするキャラクターに関しては、あまりにも”ヒーロー”ですし、皆さんの中でもイメージがすごくあると思うので、あくまでもドラマの中での“浩史が作り上げるキャラクター”ということで許してもらえればなと。これはあくまでもドラマだと思っていただいて。皆さんにも楽しんでもらえたら」と呼びかけた。  また「『ジャンプ』はいつの時代にもいろんなヒーローを生み出しています。来たる2018年、週刊少年ジャンプ創刊50周年、ドラマ24の50作目という節目で、見てくださる皆様に元気を与えたいと思います。それぞれ、コスプレをされた共演者の皆さんとお芝居するのが、凄く楽しみです」と期待を込める伊藤。放送に向けては「壮大なスケールになっていくと聞いていますので、スタッフの皆さんとも力を合わせて、がんばって参ります。僕自身にとっても一年の始まりの作品です。夜の遅い時間ではありますけど、だからこそできる楽しみ、面白みも出していけると思いますので、ぜひ皆さま楽しみにしていただけたらなと思います」とも話している。  テレビ東京ドラマ24第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』は2018年1月12日24時12分より放送。

  • 伊藤淳史、新川優愛、『脳にスマホが埋められた!』完成披露試写会に出席

    伊藤淳史、安藤なつのセクハラ暴露に慌てて反論「僕はやってないですよ!」

    エンタメ

     俳優の伊藤淳史が、3日に都内で実施された新ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(読売テレビ・日本テレビ系)の完成披露試写会に新川優愛、メイプル超合金の安藤なつ、鈴木おさむと共に出席。伊藤は安藤が暴露した新川からの“セクハラ”について「僕はやっていないですよ!」と語った。@@cutter 本作は、脳内がスマホ化してしまったアパレル会社勤務の主人公・圭太(伊藤)が、スマホの知識が豊富な石野柳子(新川)に支えられつつ、人助けを繰り返して成長を遂げる姿を描く一話完結のSFヒューマンドラマ。伊藤は新川との共演について「僕と10歳くらい違うんですけど、大人な対応というか。だけど現場が進むうちに、だんだん年相応の女の子になってきてくれたなと。待ち時間とかも楽しくしゃべっています」と笑顔でコメント。  一方、新川から「すごく優しい方で、いつも面白いことを言って楽しませてくれる方ですね」と絶賛された安藤は、「お二人とも、場を和ませてくださるんですよ。ずっとおちゃらけてくれたりとか、緊張をほぐしてくれたりとか」と伊藤と新川に感謝の言葉を。しかし、「だんだんエスカレートしてきて、最近はもうちょっと、セクハラというか。本番前とかに、このお腹と乳の間をずっとグイグイやってきたりとか…」と暴露し、これを聞いた伊藤はすかさず「僕はやってないですよ! 二人が、みたいな空気を出すのはやめてもらっていいですか!?」と否定して笑いを誘った。  全11話で2パターンしかない役衣装のうちの一つで登場した安藤について、新川は「すごく気になっているのが、左腕のブレスレット。お芝居中、いつも刺さる」と苦笑交じりにコメント。これを受けた鈴木に「食い込んじゃうね。ハムみたいになってる」といじられた安藤は、「そこも見どころかなと思います」とボケて、伊藤や新川を笑わせていた。  ドラマ『脳にスマホが埋められた!』は読売テレビ・日本テレビ系にて、7月6日より毎週木曜23時59分から放送。

  • 伊藤淳史、吹越満、ムロツヨシ、國村隼らが金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』に出演

    瑛太主演『ハロー張りネズミ』、伊藤淳史、ムロツヨシら追加キャスト発表

    エンタメ

     俳優の瑛太が主演を務める7月スタートの新ドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系/毎週金曜22時)に、伊藤淳史、吹越満、ムロツヨシ、國村隼が出演することが発表。瑛太と14年ぶりの共演を果たすムロは「瑛太とバチコンやり合いました。14年経ってやり合えたところ、どうか皆さん、見て欲しいのです」と思いを明かしている。@@cutter 弘兼憲史の同名マンガを基にする本作は、東京・板橋区に佇む「あかつか探偵事務所」を舞台に、通称“ハリネズミ”の所員・七瀬五郎(瑛太)、相棒の木暮久作(森田剛)、所長の風かほる(山口智子)らが、様々な事件に挑む姿を描く。劇中には、ある事件をきっかけに五郎と知り合うミステリアスな美女・四俵蘭子として深田恭子、謎めいた美人霊媒師=河合節子役で蒼井優、裏社会に通じる出版社の経営者・南役でリリー・フランキーも登場する。  身内に不幸があった「川田運送」の社長役で出演する伊藤は、「主演の瑛太さんや大根監督とは初めてなのですが、一緒にいいものを作っていけるよう全力で頑張っていきたいと思います」とコメント。ミステリアスな蘭子の過去に深い関わりを持つという仲井役の吹越は、脚本・演出を手がける大根仁について、「静かで緻密、妥協を許さないしつこい大根演出(笑)。大変刺激になりました」と語っている。  一方、県議会議員候補の伊佐川良二にふんしたムロは「私が初映画の時の主演・瑛太との14年ぶりの共演。瑛太とバチコンやり合いました。14年経ってやり合えたところ、どうか皆さん、見て欲しいのです」とアピール。中華屋の調理人・栗田精二を演じる國村は「とてもパワフルでハードな仕事になりそうで、今からドキドキしています」と心境を明かしている。  新ドラマ『ハロー張りネズミ』は、TBS系にて7月より毎週金曜22時放送。

  • 読売テレビ・日本テレビ系7月新ドラマ『脳にスマホが埋められた』に出演する伊藤淳史

    伊藤淳史、 鈴木おさむ企画新ドラマで脳内“スマホ”人間に!?

    エンタメ

     伊藤淳史が7月新ドラマ『脳にスマホが埋められた』(読売テレビ・日本テレビ系)で、脳内にスマホが埋め込まれてしまったという一風変わった主人公を演じることが明らかになった。本作の企画を手掛けるのは、鈴木おさむで、ヒロインは新川優愛が演じる。@@cutter 本作は、脳内にスマホが埋め込まれてしまった主人公・折茂圭太(伊藤)を中心に描かれるストーリー。アパレル会社に勤務するガラケー使いの圭太であったが、ある日突然、視界にメッセージの吹き出しが飛び交うなどなぜか脳内が“スマホ”状態に。スマホの知識が豊富で、圭太に脳内スマホの使い方を教えるヒロイン・石野柳子(新川)たちに支えられ、人助けを繰り返して成長を遂げていく一話完結のSFヒューマンドラマ。  企画の鈴木から「ベストキャスト」と表される、主人公・圭太役の伊藤は「ぶっ飛んだ設定の中で、ヒューマンな部分も大切に描いていきたい」と本作への思いを吐露。「僕にとってはスマホは日常生活の一部になっていますが、たまにはスマホを忘れて、離れたくなるときもあります。そのあたりは、主人公・圭太に通ずる部分かも」と役柄との共通点を語る。  一方、「台本が面白くて一気に読みました」というヒロイン・柳子を演じる新川は「ありえない。けど、ありそう」と感想を告白。「1日の終わりにスマホをいじりながらテレビをつけて、いつのまにか、いじるのを忘れて見入ってしまう。そんな作品をお届けしたい」と意欲を語る。  ドラマ『脳にスマホが埋められた』は、7月6日より木曜23時59分から放送。

  • 『ねこあつめの家』場面写真

    『ねこあつめの家』伊藤淳史の身にニャにかが起きる…“Jホラー風”映像解禁

    映 画

     人気アプリ「ねこあつめ」が、ねこ好きのねこ好きによるねこ好きのために実写化された映画『ねこあつめの家』の特報映像が解禁となった。映像は「Jホラー編」と題し、「この家にはニャにかいる」というナレーションとともに、おどろおどろしい雰囲気を醸し出している。また今回、初出しとなる癒しの猫写真も公開された。@@cutter 映画『ねこあつめの家』は、若くして新人賞を受賞し一躍人気作家になったものの、大スランプに陥る小説家・佐久本が、移住した片田舎で猫との触れ合いを描く究極のキャットフル・ストーリー。  キャストは、売れない小説家・佐久本役の伊藤淳史ほか、佐久本を支える新人編集者・ミチル役には忽那汐里、そして田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子ら個性的な面々が映画を盛り上げる。さらに、「うめほのり」のCMなどで活躍するシナモン、「あまちゃん」のドロップ、『呪怨』のりんご、「最高の離婚」のゆずなど、スター猫も集結。監督には『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』の蔵方政俊が務める。  解禁となったJホラー風映像では、怪しい猫の鳴き声が響き渡る中、「古びた一軒の古民家…休息のため訪れた一人の小説家。そこに誰もいないはずだった…」というナレーションから始まる。その後、恐怖に怯える伊藤の顔や、声高らかに笑う木村の様子が映し出されている。果たして、そこで出会うのは…。  映画『ねこあつめの家』は、4月8日より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

  • 映画『ねこあつめの家』場面写真も猫“あるある”満載!

    『ねこあつめの家』出演キャット“モテ”の秘密とは? “猫あるある”場面写真公開

    映 画

     全世界で累計ダウンロード数1900万を突破した大人気アプリが、この春に『ねこあつめの家』として実写映画化される。主人公の売れない小説家・佐久本を演じるのは現在、日曜ドラマ『大貧乏』(フジテレビ)に出演する実力派俳優・伊藤淳史。モフモフでモテモテな“猫あるある”満載の作品に注目が集まる。@@cutter 同作は、新人賞を獲得したのち、大スランプに陥った小説家・佐久本(伊藤)が移住した片田舎・多古町を舞台にしたストーリー。佐久本を励ます担当編集者・ミチル(忽那汐里)であったが、編集長の浅草(田口トモロヲ)にも見放された佐久本は、ふらりと来た猫にも見放され意気消沈。そんな中、どうしても猫が気になる佐久本は、ペットショップの店主・寺内(木村多江)からのすすめで庭作りを始める。  様々なキャスト陣と共に、作品を盛り上げるのはスター猫の面々。メインねこ・ちゃはちさんを演じるのは、CM「うめほのり」でも活躍するシナモン。今回、解禁された場面写真である“猫のあるある写真”では、「モテる猫は“追いかける”んじゃない、“追わせる”んだ」「キメ顔を知ってる」「視線で語る。」など、飼い主や愛猫家なら思わず共感してしまうようなキャッチコピーと共に多彩な表情をみせる。  さらに、3月1日から22日までの応募期間で猫の雑誌『猫ぐらし』とのタイアップ企画として、『「ねこあつめの家」×「猫ぐらし」“猫あるある”面白写真コンテスト』も開催される。  映画『ねこあつめの家』は、4月8日から全国ロードショー。

  • 映画『ねこあつめの家』

    映画『ねこあつめの家』予告編解禁!にゃんとも素敵なねこまみれライフ

    映 画

     人気ゲームアプリ『ねこあつめ』を、伊藤淳史を主演に迎えて実写化した映画『ねこあつめの家』から予告編が解禁。にゃんとも素敵な、猫だらけの生活の様子が明らかになった。@@cutter 映画『ねこあつめの家』は、売れない作家の佐久本(伊藤)が、移り住んだ田舎を舞台に、個性的な登場人物やたくさんの猫たちと織りなす、ハートウォーミングなドラマを描く作品。  解禁された予告編では、引っ越した家にたくさんの猫が現れ、戸惑いながらも、一緒に遊んだりご飯をあげるうちに「ねこあつめ」にはまっていく佐久本の姿がおさめられている。  また、忽那汐里が演じる担当編集者のミチルや、大久保佳代子ふんするおかしな不動産屋の姿も。予告編の最後に、ペットショップのオーナー役を務める木村多江が放つ「猫って追うと逃げるよ~女と一緒」というセリフも印象的だ。  映画『ねこあつめの家』は4月8日新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

  • 『ねこあつめの家』に“猫界”の名バイプレイヤーが大集結!

    “ねこ界”の名バイプレイヤー集結!『ねこあつめの家』超売れっ子ねこ12匹写真解禁

    映 画

     全世界でヒットした人気アプリ「ねこあつめ」の実写化で、ねこ好きによるねこ好きのための映画『ねこあつめの家』。この度、本作に“ねこ界”の名バイプレイヤーとも言える、超売れっ子ねこ12匹の追加出演が決定し、その愛らしい写真が公開された。@@cutter 主人公は、若くして新人賞を取り一躍人気作家になった小説家、佐久本勝。現在は大スランプ中で、暇に任せてエゴサーチしてはさらにドツボに陥る日々。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1匹の猫が。猫が気になる佐久本は、ペットショップの店主・洋子からアドバイスを受け、不思議な庭作りを始める。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まる…。  “メインねこ”として原作アプリでも人気の高いキャラクター「ちゃはちさん」を演じるのは、CHOYA梅酒「うめほのり」など数々のCMや人気作で抜群の演技力を誇るシナモン。その他11匹も、有名映画やドラマでキャリアを積んだ個性豊かな名バイプレイヤーたちばかり。豪華ねこたちが満を持して集結した本作では、小説家・佐久本の家に集い、自由気ままに過ごすさまを生き生きと演じている。  主人公の売れない小説家・佐久本を演じるのは、『電車男』から『とと姉ちゃん』まで幅広い役柄をこなす演技派・伊藤淳史。ヒロインでもあり、佐久本を支える新人編集者・ミチル役には『THE OUTSIDER(原題)』にてハリウッドデビューを果たした実力派女優であり、大の猫好きの顔を持つ忽那汐里。また、田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子ら個性的な面々が名を連ねている。  映画『ねこあつめの家』は4月8日より新宿武蔵野館他にて全国公開。

  • 『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』で吉田類がスクリーンデビュー

    飲んべえ大活躍!? 映画『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』公開決定

    映 画

     全国の酒好きに絶大な人気を誇る“酒場詩人”の吉田類が映画『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』でスクリーンデビューすることがわかった。吉田は、本作で案内役かつ俳優として出演。さらに、伊藤淳史と松本妃代の共演も決定した。@@cutter 本作は、「居酒屋チャンス」「どつぼ酒場」「ふるさと酒場土佐っ子」という3つの居酒屋を舞台に、交差する人間模様をオムニバス形式で描いた、心温まるドラマ。人気長寿番組『吉田類の酒場放浪記』で一躍有名となった吉田は案内役と、第3話で警察に追われる謎めいたファンドの社長・森本勝也役で俳優に挑戦する。監督は『アルゼンチンババア』の長尾直樹が務める。  吉田は、「本作で、いつもとは違う“吉田類”の、幅広くて立体的なおもしろさを発見いただけるのは間違いないと思います。本作を日本だけでなく、世界にも発信していけたらと思っています」と意気込んだ。  一方、『鉄塔 武蔵野線』でタッグを組んだ長尾監督からの出演オファーに即出演を決めたという伊藤は、第2話で次から次へと災難に巻き込まれる、真面目で平凡なサラリーマン・日暮義男役。伊藤は、「僕が登場する第2話は、日常の1ページ、誰にでも起こりうるシチュエーションが描かれています。軽い気持ちで、居酒屋に行くような気分で、ふらりと映画館に立ち寄って、楽しい時間をお過ごしいただけたら幸いです」とアピールした。  また、第1話で逃亡中のトップアイドル・山下絵里子役を務める松本は、「『居酒屋チャンス』にいるみなさんは個性豊かで、情に厚くて…あたたかい家のような存在。肩の力を抜いてちょっぴり幸せな気持ちを味わえる作品だと思います」と語った。  映画『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』は、2017年初夏公開。

  • 映画『ねこあつめの家』キャット版ポスタービジュアル解禁

    伊藤淳史がモフモフ猫まみれに! 『ねこあつめの家』ビジュアル&特報映像解禁

    映 画

     ゲームアプリ『ねこあつめ』実写映画化され、伊藤淳史を主演に迎えた映画『ねこあつめの家』から、「キャット版」と「キャスト版」2種類のポスタービジュアルが解禁。また、忽那汐里に続き、田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子の出演決定と、劇中でのキャストの姿を収めた特報も公開された。@@cutter 本作は、庭先に訪れる猫たちを眺めて楽しむアプリ『ねこあつめ』の映画化作品。劇中では、スランプに陥り郊外に引っ越した小説家・佐久本勝(伊藤)と、彼の家の庭先に現れた猫たちが見せる交流の模様が描かれる。  解禁となったポスタービジュアルの「キャット版」は、まさに、モフモフなねこまみれ状態。想いに耽る伊藤の姿もあり、ネコ好きにはたまらない仕上がりとなった。一方の「キャスト版」は、ねこを抱きかかえる伊藤と、物憂げな表情を見せる編集者のミチル(忽那)のコントラストが印象的なデザインになっている。  数え切れないほどのかわいらしい猫たちが登場する特報には、佐久本とミチルに加え、ペットショップの店主・洋子(木村)、おかしな不動産屋(大久保)、ミチルの先輩編集者・浅草(田口ト)の姿も収められている。果たして、ストーリーのないゲームアプリの実写映画版では、どんな人間模様が展開するのか?公開に期待が高まる。  映画『ねこあつめの家』は、2017年4月8日より全国公開。

  • 忽那汐里、映画『ねこあつめの家』ヒロインに「人の心にそっと寄り添うお話」

    忽那汐里、映画『ねこあつめの家』ヒロインに「人の心にそっと寄り添うお話」

    映 画

     驚異の1900万ダウンロードを記録し、日本のみならず、全世界で注目を浴びるゲームアプリ『ねこあつめ』の実写映画『ねこあつめの家』にて、主演の伊藤淳史に続き、相手役となるヒロインを忽那汐里が務めることが決定した。@@cutter 『ねこあつめ』は2014年10月にリリースしたスマートフォン向けゲームアプリ。庭先に訪れる猫たちをただただ眺めて楽しむゲームにファンが急増し、人気は日本のみならず、世界に飛び火。あの「CNN」でも特集されるなど世界中で、愛されるアプリとなっている。  若くして人気作家になった小説家、佐久本勝は現在大スランプに陥り、暇に任せてエゴサーチしてはさらにドツボに陥る日々。担当編集者のミチルは佐久本を励ますが、熱血アドバイスが佐久本には疎ましいばかり。そんなある晩、不思議な占い師から予言を受けた佐久本は、多古町という片田舎の古民家に逃げるように移住する。  だが、場所は変われど暮らしに変わりなく、生活は下降線をたどる一方。ある日、縁側で庭を眺めていると1匹の猫が。見つめあう小説家と猫だが、ほどなく行ってしまう猫に、落ち込む佐久本。しかし、どうも猫が気になる佐久本は、ペットショップの店主・洋子からアドバイスを受け、不思議な庭作りを始める。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった…  忽那が演じるのは、小説家の佐久本(伊藤)を担当する若き編集者ミチル役。来年公開映画『THE OUTSIDER』でハリウッドデビューが決定している一方、大のねこ好きである忽那は「こんなにたくさんの猫ちゃんとお仕事するのは初めて。現場に動物がいると本当に和やかな雰囲気になります」と現場の雰囲気を満期した様子を語りながら「この映画は決して大きなできごとが起こるようなストーリーの作品ではありませんが、人の心にそっと寄り添う、そんなお話です」と、作品をアピールしている。  映画『ねこあつめの家』は2017年4月8日より新宿武蔵野館ほかにて全国公開。

  • 小雪、フジ連ドラ初主演『大貧乏』でシングルマザーに

    小雪、フジ連ドラ初主演でシングルマザーに 伊藤淳史、成田凌らと共演

    エンタメ

     小雪がシングルマザーに扮する、来年1月からスタートする新ドラマ『大貧乏』の情報が解禁された。同局では初主演となる小雪を支えるのは、伊藤淳史、成田凌、神山智洋(ジャニーズWEST)、滝藤賢一、奥田瑛二ら豪華キャスト陣。“お金”と“愛”をテーマに、痛快な逆転劇が繰り広げられる。@@cutter 本作は、七草ゆず子(小雪)とエリート弁護士・柿原新一(伊藤)の凹凸タッグを中心に描かれるヒューマン・コメディ。権力者の欲により、無一文となったシングルマザーのゆず子。勤務先の倒産、願ってもいない恋に翻弄されながらも、愛しい子供たちのために悩みながらもたくましい“母”として生きていく。  ゆず子を演じるにあたり「シングルマザーの知り合いにインタビューした」と、役作りへの姿勢を示した小雪。「コメディーではありますが、面白おかしく演じようと思っていません」と話し、「私も母として子供たちと接する中で、成長するにつれての変化を目の当たりにして勉強させられています。この作品でも、そんな子供たちのきらめきを描いていければ」と、実体験を交えた意気込みを話す。  そして、ゆず子の勤務先が倒産した“秘密”を知り、高校時代からずっと思いを募らせていた新一役の伊藤は「大きな重いテーマがありつつも、一方でくすっと笑えるような淡い恋心が描かれていた」とオファー当時の心境をコメント。自身の役柄については「ただ“仕事がデキる人”だけではなく人としての優しさや温かみを持っている誠実な人」と印象を話す。  また、ゆず子が勤めていた人材派遣会社の営業部で“若きエース”とされる、加瀬春木を演じる成田凌は「個人的に、ゆず子と小雪さんは真反対のイメージ」と語り、自身の役については「どこかつかめない緊張感や親近感が出せればと思っています」と意欲をみせた。  ドラマ『大貧乏』は、フジテレビ系列で2017年1月8日からスタート。毎週日曜21時より、初回放送は15分拡大。

  • ゲームアプリ『ねこあつめ』実写映画化決定! 伊藤淳史主演で2017年公開

    ゲームアプリ『ねこあつめ』実写映画化決定! 伊藤淳史主演で2017年公開

    映 画

     ゲームアプリ『ねこあつめ』が伊藤淳史を主演に迎え、実写映画化されることが決定した。伊藤は本作について「心が温まり、今日よりも明日を見つめられるようになる、そんな作品になってると思います」と自信をのぞかせている。@@cutter 本作は、庭先に訪れる猫たちを眺めて楽しむアプリ『ねこあつめ』の映画化作品。劇中では、スランプに陥り郊外に引っ越した小説家・佐久本勝(伊藤)と、庭先に現れた猫たちとの交流が描かれる。解禁された場面写真には、にっこり笑顔の佐久本と、彼のもとに最初に現れる猫(シナモン)の姿が写し出されている。  伊藤は演じた佐久本というキャラクターを、「作家として評価され新人賞を受賞したものの、その後なかなか力を発揮出来ず、悩み、苦しみ、自信を無くしているところに、猫と出会い、人生が変わっていくという役柄です」と紹介し、「猫が、佐久本を変え、大切な人を大切だと気付かせてくれて、未来を感じられる作品になっていると思います」とコメント。  「僕自身、現場で猫と触れ合い、とても癒され、元気をもらいました!命ある存在は、やはり不思議な力を持っていて、希望を与えてくれると、心から感じました」と猫に魅了された様子の伊藤。作品の出来については「世代を問わず、あらゆる方に観て頂きたいと思っています。観終わった後に、心が温まり、今日よりも明日を見つめられるようになる、そんな作品になってると思います」と自信をのぞかせている。  映画『ねこあつめの家』は2017年全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access