GLAY 関連記事

  • 樽美酒研二

    樽美酒研二、いつもと違うワイルドヘアスタイルに反響「色気やばい」

    エンタメ

     ゴールデンボンバーの樽美酒研二が28日、自身のインスタグラムにいつもとは異なるワイルドなヘアスタイルの姿を投稿。「やっぱりかっこいい」「すてき」と、大きな反響を呼んでいる。@@cutter 「新しい樽美酒研二見つけました! 笑」というコメントと共に投稿されたのは、パーマのかかった長めのヘアスタイルにイメチェンした樽美酒の姿。いつもの雰囲気とは異なり、大人の色気を醸し出した1枚だ。  27日に千葉県・幕張メッセにて行われたインターネット動画配信サイト「ニコニコ動画」のイベント「ニコニコ超会議2019」に出演したゴールデンボンバーの一行。念願であったGLAYとの共演を果たし、更にはGLAYのモノマネメイクも披露。  樽美酒はTAKUROを担当した為、おそろいである長めの髪型にしていた様だ。更に喜矢武豊は自身のインスタグラムにHISASHIとのツーショットを投稿しており、「昨日のHISASHIさんとの2ショット 思いの外似てしまいました」と喜びの声を寄せていた。  コメント欄には「色気やばいです」「ワイルド細マッチョ最高」といった賞賛のほか、「GLAYと対バン面白くて凄かったです!」「GLAYさんとのツーマンまじ最高でした」など、ライブの感想も寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/ketsu.no.kamisama/

  • 『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』メインビジュアル

    坂口健太郎×吉田鋼太郎『劇場版 FF14 光のお父さん』、GLAYの主題歌入り本予告公開

    映画

     俳優の坂口健太郎と吉田鋼太郎がダブル主演で親子役を演じる映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の主題歌が、GLAYの書き下ろし楽曲「COLORS」に決定。併せて、本予告映像も解禁された。@@cutter 突然会社を辞めて家に帰って来た仕事一筋で単身赴任中だった父(吉田)に対し、父の本音を知りたいという願いに突き動かされたアキオ(坂口)はある計画をひらめく。それは、得意のオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV』の世界に父を誘導し、自分は正体を隠して、共に冒険に出るというもの。「光のお父さん計画」と名付けたこの計画実行のため、アキオは顔も本名も知らないゲーム仲間たちに協力を呼び掛ける。だが、この時のアキオは、父に家族も知らない意外な顔があることを知らなかった。  主題歌「COLORS」はGLAYが担当。ゲーマーとしても知られるTERUが、本作のために書き下ろした。TERUは「長くプレイしなければ感じられない機微を音楽で表現したくて試行錯誤した結果、形になった音楽がこの『COLORS』です」と実際にファイナルファンタジーXIVをプレイした上での生まれた曲であることを明かす。本作で描かれる父と子の関係性を絶妙に表現した歌詞については「親子関係の複雑な感情をテーマにしてます。心の奥底にある愛情を求める寂しさをなかなか伝えられないもどかしさ。もし、同じ環境にいる方がいたら是非、この映画を見て、この曲に寄り添ってみてください」とコメントしている。  また、挿入歌には自身で作詞作曲編曲までこなす3Vo1DJのグループ、THE BEAT GARDENが決定している。  本予告では、「光のお父さん計画」をオンラインの仲間の協力のもと実行し、ゲームを通じて徐々に父との距離が縮まっていくが、そんな矢先、父の誰にも告げなかった秘密が発覚していくさまが描かれる。父の言葉に涙するアキオの姿や、慣れないゲームに苦戦しながらも真剣に取り組む父の様子に加え、密かにアキオに恋心を抱く同僚・里美(佐久間由衣)や、佐藤隆太演じる頼れるアキオの先輩・吉井、夫を優しく見守るアキオの母(財前直見)や、アキオの妹・美樹(山本舞香)の姿も見ることができる。  『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は6月21日より全国公開。

  • GLAY、「BREAKERZ」と集合ショット 10周年を対バンラストでお祝い※「glay__teru」インスタグラム

    GLAY、「BREAKERZ」と集合ショット 10周年を対バンラストでお祝い

    エンタメ

     ロックバンドGLAYのTERUが、30日に自身のインスタグラムを更新。29日に行われたBREAKERZの10周年記念イベントでの両バンドの集合ショットを披露すると共に、同イベント出演の感想を綴っている。@@cutter BREAKERZのデビュー10周年を記念して行われたイベント『BREAKERZ 10周年 10番勝負 ‐VS‐』の、トリの対バン相手として登場したGLAY。写真ではGLAYのTERU、TAKURO、HISASHI、JIROと、BREAKERZのDAIGO、SHINPEI、AKIHIDEらとの集合ショットが披露されている。  またTERUは、今回のイベントにGLAYを招いてもらったことを感謝し「10周年おめでとうございます。10番勝負‐vs‐は終了したけど、10周年はまだまだ続きますね。TEAM BREAKERZの皆さん、楽しんで下さいね~!」とBREAKERZへのエールを送っている。  この写真には「なんだーこの集まりみんな素敵すぎます」「豪華な写真。楽しそうな雰囲気が伝わってきて見てるだけで嬉しくなります」「ホント皆さん素敵な笑顔ですね~」「みなさん素敵な笑顔でほっこりです。お疲れ様でした」と写真を絶賛するとともに、ライブ後の両バンドをねぎらう声や、改めてBREAKERZ10周年へのお祝いの言葉が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/glay__teru/

  • GLAY、夕張市コンセプト映像に楽曲提供! リーダーTAKUROから応援メッセージも到着

    GLAY、夕張市コンセプト映像に楽曲提供! TAKUROから応援メッセージも到着

    映画

     GLAYが、積極的に支援する北海道・夕張市が制作したコンセプト映像のBGMに同バンドの代表曲「BELOVED」が使用されていることが明らかとなった。また、このコンセプト映像は、3月2日から6日まで開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」のオープニングセレモニーで披露されることも決定し、GLAYのリーダーTAKUROからは応援メッセージ映像が到着した。@@cutter かねてより夕張市や「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」を応援し、映画祭を影から支えるサポーターズクラブも積極的に支援するGLAY。今回、財政再生計画の全面見直しを進める夕張市が、前向きに“挑戦するまち”の姿を象徴するために作成した「夕張市まちづくりコンセプト映像」を、楽曲提供という形でバックアップする。    そして、このたびそんなGLAYを代表し、リーダーのTAKUROからスペシャルメッセージ映像が到着。映像内でTAKUROは、BGMとして「BELOVED」が使用されたことについて「GLAYのメンバー一同嬉しく思っている」と喜びを口にする。ひと足早く鑑賞したというコンセプト映像については、今の夕張や日本全体が必要としている力強さが描かれているとして「実際に僕らも見て励まされたし、明日を生きる勇気を感じた」とその出来を絶賛。「もっと夕張が元気になるように、今後とも一緒に歩いて行きましょう」とファンへメッセージを寄せた。    また、映画祭2日目となる3月3日には、TAKURO初のソロアルバム「Journey without a map」CD+DVD盤のDVDに収録されている、ドキュメンタリー映像『Journey without a map』Documentary Filmの特別上映も緊急決定した。    「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は3月2日から6日まで開催。

  • DAIGO、GLAY・TERUの「撮ってもらおうよ」の一言に感激

    DAIGO、GLAY・TERUの「撮ってもらおうよ」の一言に感激

    エンタメ

     俳優・歌手のDAIGOが、13日に自身のブログを更新。ロックバンドGLAYのヴォーカルTERUとのツーショット写真を公開。初めて2人で食事に行ったというDAIGOは、その時の様子を振り返っている。@@cutter DAIGOがヴォーカルを務めるバンドBREAKERZの結成10周年記念として行われるライブ『BREAKERZ 10周年 10番勝負 ‐VS‐』の、対バン相手になっているGLAY。この日はその対バンライブの打ち合わせも兼ねて、TERUと食事に行ったというDAIGO。  DAIGOは、TERUと初めて2人での食事ということもあり、その記念として二人の手だけ取らせてもらいたいと依頼。すると、TERUから「全然映ってもいいから撮ってもらおうよ!」と言ってくれたそうで、お酒を片手に2人のツーショットをブログに掲載。「TERUさんて周りを本当にハッピーにする方だなって。心から思います!GLAYのみなさんも本当に温かくて、本当に尊敬していますし、大好きです!これからもよろしくお願いします!」と、感謝の言葉と尊敬の念を伝えた。  同ブロブには「そんな素敵なGLAYと対バン出来るなんて素敵!もちろんDAIGOさんも素敵です」「2人が仲良しでとても嬉しいです」「TERUさんもDAIGOさんも優しいし温かい人だよ」「すごい組み合わせ!2人とも大好きです」「それにしてもTERUさんってほんとにいい方ですよね。私もDAIGOさんに出会えてよかったと思いますよ」とツーショットを喜びながら、二人の人柄を絶賛する声が多く寄せられている。 引用:http://ameblo.jp/daigoblog/

  • PUFFY、20周年の節目での紅白初出場へ意気込みを語る

    <紅白歌合戦>PUFFY、20周年での初出場に喜び GLAY・TERUからも祝福メッセージ

    エンタメ

     今月24日に発表された『第67回 NHK紅白歌合戦』の出場歌手の発表を受けて、デビュー20周年にして初出場が決まったPUFFYの2人がそれぞれの思いをSNSで語った。ファンからは「おめでとうございます!」「初出場は意外だった」など、さまざまな反響が寄せられている。@@cutter 発表当日、大貫亜美は、「20年もやってこれた上に、初めて紅白にも出ることになったよ~」と喜びの声をインスタグラムにアップ。「20年後にこうやって声をかけていただけるなんて、夢のある職業だなぁ」としみじみと思いを綴り、発表会見のパネルをバックにしたツーショットを披露。ハッシュタグで「このポーズは降臨したての様子を表しています」と伝え、紅白初出場への思いを全身で表現していた。  一方、もう1人のメンバーである吉村由美のツイッターには、亜美の夫であるGLAYのTERUから「紅白初出場おめでとう!」というメッセージが寄せられ、それに対して由美は「ありがたい!紅白がんばりまーす!」と意気込みを交えて返答。新潟発のアイドルグループ・NegiccoのMeguからも「本当におめでとうございます!」「大晦日必ずみます!」というつぶやきが送られ、それに対して「貴重なお時間を後悔させないために頑張るわー」と、年末の大舞台へ向けた思いを伝えていた。  2人のSNSにはファンからのコメントも多数寄せられ、「初出場おめでとうございます! 楽しみです!」「20周年の締めくくりが紅白なんて幸せすぎてやばいです」「2016年の最後の日までPUFFYを観れる幸せ」など、祝福のメッセージで溢れている。

  • GLAY・TERUとハイタッチしたAKB48を羨む声続出

    GLAY・TERUとハイタッチしたAKB48を羨む声続出「AKB48になりたい」

    エンタメ

     ロックバンドGLAYのボーカリスト・TERUが、25日に自身のインスタグラムアカウントを更新。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンを訪れていたことを写真とともに明かし、同場所にて観覧したAKB48のライブを絶賛している。@@cutter GLAYはヴィジュアル系ロックバンドの雄として、つい先日X JAPANらと音楽フェス『VISUAL JAPAN SUMMIT』の開催を発表したばかり。そのメンバーであるTERUは「USJ、最高でした!ワンピース、ハリーポッター、などなど、楽しいアトラクションやAKB48のライブなど、楽しいことがたくさん!」とUSJでのホリデーを満喫した様子を明かす。AKB48はこの夏、メンバーが入れ替わりでUSJでのライブ公演を行っており、TERUはそのステージを観劇したようだ。  そんな中「AKB48のライブは本当に素晴らしかった。あんなに眼の前で!しかもハイタッチもしてしまった」とAKB48のライブに大きな衝撃を受けた様子をコメント。そして「TVでは共演者として挨拶するくらいだったのですが、ライブを観させて貰い、あの近さだったので、本当に凄かったです」と感慨深くライブを振り返る。  その衝撃がかなり大きかったものらしく、TERUはさらに「USJに行ったら是非、体感してみて下さい!AKB48の凄さを体感してみて下さい!」と自身もAKB48のライブをアピールしていた。  AKB48の魅力にすっかり取りつかれた様子のTERUのコメントに「そんなテルさんとハイタッチしたい」「ハイタッチだなんて、AKB48のメンバーが羨ましいです。私も、TERUさんとハイタッチしたい」「TERUさんにハイタッチしてもらったAKB48のメンバーになりたい」とAKB48を羨む声が多く寄せられている。

  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」へエール贈ったGLAY

    GLAY、ゆうばり国際映画祭へエール 「応援してます!」熱いメッセージ映像公開

    映画

     北海道出身の人気ロックバンド・GLAYが、2月25日から開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」を支援するサポーターズクラブに加入。このたび、現在全国ツアー中のGLAYから同映画祭に向けた熱いメッセージ映像が到着。ステージからたくさんの観客たちと共にエールを送っている。@@cutter 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」は、今期で26回目を迎える北海道・夕張市の映画祭。北海道、そして“ゆうばり”を愛する有名人からもコメントが届く人気イベントだが、これまでメイン会場だったゆうばり市民会館が閉館。それに伴い、今後の映画祭継続を見据えた将来的な映画祭運営の改革として「ゆうばり映画祭サポーターズクラブ」を設立した。  現在ゆうばりファンや映画ファンだけでなく一般からの支援を募っており、今回応援メッセージを送ったGLAYもサポーターズクラブに加入している。参加者にはさまざまなインセンティブが用意されており、当日のボランティア活動から事前準備まで、関わり方は様々。詳細は、映画祭公式サイトまで。  「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」は、夕張市内会場にて2月25日~29日に開催。

  • GLAY・TERU、アニメ『ダイヤのA』に出演決定

    GLAY・TERU、アニメ『ダイアのA』に出演決定 「何役だろう」出演シーンに期待

    アニメ・コミック

     人気ロックバンド・GLAYのTERUが、オープニングテーマ「空が青空であるために」を担当しているTVアニメ『ダイヤのA ‐SECOND SEASON‐』に出演決定。25日、同作公式サイトにて発表となった。@@cutter 原作『ダイヤのA』は、「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の高校野球漫画。己の力を試すため、仲間に別れを告げて野球名門校「青道」の扉を叩いた投手・沢村栄純を中心に、王道にして斬新なストーリー展開が人気を博す。  現時点で、TERUの出演シーンや役柄は未公表だが「来週のダイヤのAにTERUがでるなんて…!好きなアニメに昔から大好きなバンドのボーカルがでるって嬉しい!」「TERUさんダイヤのAに出るのか(笑)すごー!」「何役やるんだろう」「やはり本人役では…?」などの声が挙がり、話題を呼んでいる。  アニメ『ダイヤのA ‐SECOND SEASON‐』は、テレビ東京ネット局にて毎週月曜18時より放送。

  • 逢坂良太、GLAY・TERU、花江夏樹の3ショット

    『ダイヤのA』花江夏樹&逢坂良太、GLAY・TERUと3ショット!

    アニメ・コミック

     人気声優・花江夏樹が27日、ツイッターにて同じく声優の逢坂良太とロックバンド「GLAY」のボーカリスト・TERUとの3ショットを投稿。同写真は、花江と逢坂がアニメ『ダイヤのA ‐SECOND SEASON‐』のキャストとして、お台場ビーナスフォートにて開催中のイベント「GLAY LiB CAFE 2015 HAPPY HALLOWEEN」とのコラボトーク企画に参加した際に撮影したものだという。@@cutter 『ダイヤのA ‐SECOND SEASON‐』は、「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の同名漫画を原作とした高校野球アニメ。主人公であるピッチャー・沢村栄純役の逢坂と、セカンド・小湊春市役の花江は、25日に開催された「LiB CAFE×ダイヤのA HALLOWEEN NIGHTスペシャルコラボ企画“トークの生贄”」にスペシャルゲストとして参加し、TERUと共に会場を盛り上げた。  花江は「先日のTERUさんのトークショーでの記念写真が届きました」というコメントと共に3ショットの画像を公開し、「めっちゃ楽しかったなー!でもまだ不思議な感じ!笑 またご一緒出来るように頑張るぞー!」と、イベントの様子を振り返っている。  この写真には「おおお!本物のTERUさんだ!」「ぎゃー!3ショットやばい!」「すごく絵になるショットですね!」「みなさん素敵です!GLAYERでもあるわたしにはたまらない3ショットです!」「夢のような3ショット素敵です」「うおおおお、素敵すぎて即保存」など、ファンから興奮のコメントが届いている。

  • TERUが公開したコスプレ写真

    GLAY・TERU『ワンピース』ローに変身 「髭が黒のガムテープ」おちゃめな箇所も

    エンタメ

     ロックバンド「GLAY」のボーカリスト・TERUが15日、インスタグラムにて人気コミック『ONE PIECE』のトラファルガー・ローのコスプレ姿を披露。ファンから感想コメントが殺到している。@@cutter 16日より、お台場ビーナスフォートにてイベント「GLAY LiB CAFE 2015 HAPPY HALLOWEEN」を開催しているGLAY。TERUはこのコスプレについて「トラファルガー・ローに扮したTERUが、期間中、どこかに出没します!今回はイベントも盛りだくさんなので、是非、遊びに来てくださいね!」と説明し、「髭が黒のガムテープ(笑)」とおちゃめな箇所も含む華麗な変身の裏側を明かした。  このインスタグラムには「大好きなワンピースのローと大好きなTERUさん!最強コラボ!」「テルファルガー・ローですね、分かります」「ローかっこいい!でもガムテ(笑)」「ヒゲが!ヒゲが!笑 でもTERUさんだから、たとえヒゲがガムテープでもかっこいいローに仕上がってます!素敵です」といった声が届いている。

  • YOSHIKI、GLAYメンバーとステージ上でセルフィー

    YOSHIKI、GLAYライブにサプライズ参戦! GLAYファン全員で「We are X!」

    エンタメ

     X JapanのYOSHIKIが、先月31日に開催されたGLAY20周年記念東京ドーム公演のアンコールに、サプライズ出演を果たした。舞台中央に真っ白なスーツ姿で登場したYOSHIKIは、自身が作詞を手掛け、作曲をTAKUROと共に行なったGLAYのデビューシングル「RAIN」を演奏。会場にいた5万5000人のファンから大歓声を浴びた。@@cutter GLAYは、20年前にYOSHIKIが設立したレーベルからYOSHIKIプロデュースでデビュー。GLAYのリーダー・TAKUROは「20年前ライブハウスで人気もなかったGLAYをこんなに祝福されるバンドに成長させてくれたYOSHIKIさんに何と御礼と言っていいかわかりません…」と話すと、突然「YOSHIKIさん抱きしめさせて下さい」と懇願。YOSHIKIは快く快諾し、TAKUROと抱き合う。それを見たTERUも「僕も抱きしめさせてください!」と続き、更にJIRO、HISASHIとも抱き合った。    YOSHIKIは「デビューのきっかけは僕だったかも知れないけど、この20年間GLAYを支えて来たのはスタッフやファンの皆さんです。これからもGLAYをよろしくお願いします」とコメントし、男泣き。その姿を見た会場にいたファンの多くも目頭を熱くさせた。    また、YOSHIKIは「セルフィーしていい?」とGLAYメンバーと共にステージで自撮りを敢行。最後は、YOSHIKIの掛け声のもと、GLAY、GLAYファン全員で「We are X!」のレスポンスを3回行い、大熱狂の中、ステージを後にした。

  • 「GLAY」TERU、TAKUROと共にポール・マッカートニー東京公演へ

    「GLAY」TERU、ポール・マッカートニーに大興奮 「すげ~!ポ~ル~!」と連呼

    エンタメ

     来日中のポール・マッカートニーが2年ぶりとなる東京公演をスタート。23日の東京ドーム公演では、「GLAY」のTERUや「チャラン・ポ・ランタン」のももちゃんと小春、女優・藤田朋子らが鑑賞し、ライブの熱気冷めやらぬまま、思いをSNS等で書き綴っている。@@cutter 24日、GLAYのボーカル・TERUはLINE公式アカウントで「おはようございます。皆さんは、どんな朝をお迎えですか?」と挨拶し、「僕は、とても清々しい朝を迎えております!と言うのも、昨日、TAKUROとポール・マッカートニーの東京ドーム公演に行ってきまして、とても刺激を受けて帰ってきたからです」と投稿。  「73歳にして、2時間半以上のステージで、ポールは歌いっ放し!とにかく、すげ~!すげ~!ポ~ル~!と連呼してました!」と、当日の興奮の様子を明かし、「何十年もの間、真摯に音楽を続けてきたからこそ伝えられる“何か”を感じられて、幸せな空間でした」と熱く語った。  チャラン・ポ・ランタンのボーカル・ももちゃんはツイッターで「これだけ大勢の人が今日という日を待ちわびて、彼が『アリガトウトウキョウ!』と言うだけで会場全体が喝采の渦で音が聴こえなくなった。伝説が生きているのを目の前で見た。感じ」と感想を綴り、一方アコーディオン・小春は「ももさんは70歳になったらどうなるんだろ…」と漏らす。  ポールのファンで知られる女優・藤田朋子は、ライブ後にツイッターで「終わってしまったーやっぱりゴールデンスランバーは泣く…Sweet little darling,do not cry… って、無理ー」と、彼の歌に掛けてセンチメンタルな思いを吐露。翌日のブログでは筋肉痛になった様子を明かしつつ、溢れんばかりのポール愛を綴っている。

  • GLAYが「MTV VMAJ 2014」レッドカーペットに登場!

    GLAY、「MTV VMAJ 2014」レッドカーペット登場に大歓声!

    エンタメ

     今年9月に「GLAY EXPO」が10年振りに開催されることで話題となってるGLAYが、14日、千葉・舞浜アンフィシアターにて開催される「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2014」授賞式(略称:VMAJ)レッドカーペットに登場し、会場から大歓声を受けた。@@cutter 今年で13回目を迎える同イベントは、「視聴者が選ぶ音楽賞」として洋楽・邦楽問わず年間のミュージック・シーンを象徴する数々のミュージック・ビデオが名を連ねたノミネーションの中から、一般投票により選ばれた各部門の最優秀賞が発表される。    GLAYは、今回、同イベントにライブアクトして参加。4人共ブラックスーツに身を包み、颯爽と登場したが、それぞれに個性が光るコーディネートに目が止まる。  インタビューで今回のレッドカーペット登場に「頭の中が真っ白でどう対応していいかわからなかった」とコメントしたTERUは、シャツ、ネクタイともにブラックで統一されていたが、ネクタイの中央にクラウンが1つデザインされたものをコーディネート。JIROは、蝶ネクタイにサングラスを合わせ、HISASHIは、ジャケットのインにシャツではなく、パープルのカットソーを着用。TAKUROはというと、キラキラと光るデザインが印象的なブラックシャツを着用。4人のキャラクターが表れたコーディネートであった。   この授賞式の模様は、MTV JAPANにて、同日14日18時より生中継。翌日15日14時よりほか再放送される。

  • 初音ミク、「MTV VMAJ 2014」に出演決定!

    初音ミク、GLAY、ふなっしーの出演が決定!「MTV」による音楽の祭典、6月開催

    エンタメ

     音楽ブランド「MTV」による、ミュージックビデオの国際的授賞式「MTV VMAJ 2014」(略称:VMAJ)のライブアクトに初音ミク、GLAYが出演。また、授賞式のプレゼンターとしてふなっしーを始めとするバラエティ豊かなゲストの登場が発表された。@@cutter “歌を歌うソフトウェア”として新たな音楽のカタチを作り上げ、ジャンルの枠を越え活躍。レディー・ガガのワールドツアーでもオープニングに起用されるなど海外でも絶大な人気を誇る初音ミク。そして、1994年のデビューから20年間に渡り日本の音楽シーンを牽引し、CDセールスやライブ動員数などで数々の金字塔を打ち立ててきたロックバンド、GLAY。この2組が、今回満を持してVMAJに初出演することとなった。  既に発表済みのBerryz工房、E‐girls、きゃりーぱみゅぱみゅ、三浦大知に加わえ、圧倒的なパフォーマンスでVMAJを盛り上げてくれるだろう。  更に、授賞式のプレゼンターとして、千葉県船橋市非公認のご当地キャラ・ふなっしーを始めとし、ヒットメーカーのヒャダイン、福岡発のアイドルユニットRev. from DVL、「獣電戦隊キョウリュウジャー」で人気沸騰中の竜星涼、陸上十種競技の元日本チャンピオンの武井壮の5組が登場。ライブアクト・ゲストセレブリティは、今後も追加決定次第、発表される。  「MTV VMAJ 2014」は6月14日に舞浜アンフィシアターにて開催。授賞式の模様は、6月14日18時よりMTV Japanで生放送される。  なお、ウェブサイト「MTVJAPAN.COM」では、授賞式に40組80名様を招待する応募受付もスタート。詳細は公式サイトにて。

  • GLAY TAKUROと佐藤浩市

    佐藤浩市「GLAYの演奏終わったら帰っちゃうかも」と不安吐露。「草原の椅子」試写会

    映画

     6日、映画「草原の椅子」完成披露試写会が都内にて行われ、佐藤浩市、西村雅彦、吉瀬美智子、小池栄子、黒木華、成島出監督、GLAYが舞台挨拶に登壇。GLAYは主題歌「真昼の昼の静けさに」の生演奏も行った。@@cutter 「八日目の蝉」で映画賞を総なめにした成島出がメガホンを取り、映像化不可能されていた宮本輝の同名小説を映画化した「草原の椅子」。本作は原作と同じ舞台設定となるパキスタン・フンザにて日本映画初の本格的な長期ロケを敢行したことで話題の大人のための寓話である。  すでに日本全国10ヵ所以上で舞台挨拶を行い、500以上の媒体取材を行っているという佐藤は「できるだけ多くの人に観てもらいたい」と自信を覗かせる。だが「GLAYの演奏が終わったら、半分以上帰っちゃうんじゃないかと思って…」と、この挨拶後に行われるGLAYの生演奏に不安を吐露する場面も。  演奏終了後、GLAYを交えて再登壇をしたキャスト一同。GLAYの演奏を舞台袖で聞いていた佐藤は「生はいいですね」と上機嫌。TAKUROは「とても光栄です。僕も本作を観させていただいたのですが、いち音楽スタッフとして良い仕事ができたんじゃないかと自負しております」とコメント。  また、佐藤と2人で対談する仕事があったと明かしたTAKUROは「(対談では)下手な司会ですみませんでした」と謝る。すると、佐藤は「なかなかりっぱな司会でしたよ。ホントにロックミュージシャンかと思いましたから」と笑みを浮かべた。  「草原の椅子」は、2013年2月23日(土)より全国ロードショー

  • TOKYO FMのスペイン坂スタジオにてラジオ出演したGLAYメンバー

    GLAY、渋谷・スペイン坂に登場!武井壮が明かす“GLAYの倒し方”は、メンバーHISASHIがリークしていたことが発覚

    エンタメ

     5日にニューシングル「JUSTICE[from]GUILTY」と「運命論」をシングル2枚同時発売をしたGLAYがTOKYO FMの渋谷・スペイン坂スタジオに4人揃って登場した。@@cutter 「誘惑」「SOUL LOVE」以来、14年ぶりのシングル2枚同時発売をしたGLAY。12月10日(月)には、Zepp Diver Cityにてプレミアムライブも行われる。また、このライブ映像は、ニコニコ動画、Gyao!、アメーバピグ他にて全世界同時配信することも決定している。  TOKYO FM恒例のガラス越しにファンが見つめる中、トークを始めるGLAYメンバー。この日、トークの中心となったのは、発売されたばかりのシングルのテレビCMにて、“GLAYの倒し方”を披露しているタレントの武井壮について。陸上の十種競技元日本王者で、百獣の王を目指す武井が、次なる相手として定めたのがGLAYだったのだ。  武井の標的されたことについてGLAYは「光栄です」と余裕の発言するTAKURO。ヴォーカルのTERUは、武井に“歌唱時の手を広げている時や、早く寝てしまうところが狙いどころ”と明かされ「(歌っている時は)ノーガードです。それと、寝るのも早いですが、起きるのも早いですよ(笑)」とコメントする。こちらも余裕の笑みだ。  また、HISASHIに至っては武井をツイッターでフォローしているようで“寝返る可能性があるので襲う必要なし”と武井から暴露されると「すでに寝返っていますよ」と爆弾発言。闘う前からメル友だったことを明かし、箇条書きでGLAYメンバーの弱点も武井に伝えていたらしい。JIROの倒し方として武井が挙げた“漬物が苦手なので、ぬか床に手を突っ込んでその手でパンチを繰り出す”についてHISASHIは「それ、俺が言ったやつだ!」と言いメンバー全員爆笑。JIROも「たくあんが苦手です。ぬか床の匂いも苦手ですねー」と語り、HISASHIは本当の弱点を武井に教えていたようだ。そのほか、TERUについては“小鳥が苦手”という弱点もHISASHIは伝えていたらしい。  今後、GLAYは年内に東京・Zepp Diver City、岩手・大船渡、福島・いわきにてライブを行い、年明けにはアルバム「JUSTICE」「GUILTY」を同時リリースする。その後、25万人動員のアリーナツアーや、函館野外ライブ、デビュー20周年ドーム公演など精力的に活動する。これらのことについてTERUは「20周年が控えているので、長年一緒にGLAYを通して触れ合ってきたファンのみんなと、楽しいイベントを作っていきたいと思います。ライブの空間でしか生まれないものもありますので。それがやはりGLAYの世界観なんだと思います」と語り、まだまだGLAYの活動は続いていくことを約束した。  12月10日(月)Zepp Diver Cityにて行なわれるプレミアムアイブの模様はニコニコ動画、Gyao!、アメーバピグにて全世界同時配信

  • 「草原の椅子」の主題歌を担当するGLAY

    GLAY、映画「草原の椅子」の主題歌決定!「素敵な主題歌に仕上がった」と成島出監督絶賛

    映画

     佐藤浩市、西村雅彦、吉瀬美智子ほか豪華キャストが出演し、パキスタン・フンザでの長期ロケも話題を呼んだ映画「草原の椅子」。本作の主題歌が、絶大な人気を誇るロックバンドGLAYの「真昼の月の静けさに」に決定した。@@cutter 「草原の椅子」は、登場人物の繊細な心の動きや、大自然の描写の美しさで絶賛されている宮本輝の同名小説の映画化。長きに渡り、映像化不可能とされていた名作を、「八日目の蝉」で第35回日本アカデミー賞最多10部門を受賞するなど2011年の映画賞を総ナメにした成島出が監督。原作と同じ舞台設定となるパキスタン・フンザで、日本映画初の本格的な長期ロケを敢行した。  本作の主題歌決定ついては、GLAYが2日間のライブで10万人を動員し、2014年にはデビュー20周年を迎えるなど今も絶大な人気を誇ることから、配給元である東映からGLAYにオファーしたことで実現。  主題歌を担当したGLAYは楽曲について「映画の根底に流れる世界観の話、遥か遠いフンザと言う街の話、そこに住む人々、そして原作の深みについて成島監督よりお話を聞かせて頂く事ができまして、非常に楽曲制作に役立てることができました」と語る。また「GLAY自身、デビューしてずいぶんと長い時間が経ちましたが、大人の苦味を歌に出来るようになったか…という自分達の成長も今回確認することができました。主題歌を担当させていただきまして本当にありがとうございました」とコメントを寄せている。  また、成島出監督は「温かな希望に満ちた歌詞とメロディー、映画のエンディングを締めくくるのに相応しい、そんな素敵な主題歌に仕上がったと思います。この楽曲が映画と一体となり多くのお客様の元に温かな感動をお届けすることを楽しみにしております」と絶賛している。  「草原の椅子」は2013年2月23日(土)より全国ロードショー

  • GLAY・HISASHIのレギュラー番組「RX‐72」にて“GLAY STADIUM LIVE 2012”の模様をお届け!

    エンタメ

     GLAYのHISASHIのレギュラー番組「RX‐72」で7月に大阪・長居スタジアムで開催された“GLAY STADIUM LIVE 2012”の模様を放送することがわかった。 @@cutter  「RX‐72」は、幅広い趣味を持つことで有名なGLAYのHISASHIと茂木淳一の二人が、気になるモノを毎回徹底分析する、MUSIC ON! TV(エムオン!)で大好評オンエア中のレギュラー番組。音楽の世界にとどまらず、さまざまなテーマを取り上げながらマンスリーで放送している。  8月25日(土)放送の#44では、HOTEL GLAYをテーマとして、7月に大阪・長居スタジアムで開催された“GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM supported by Glico”の模様を紹介。番組企画で当選した観客を座席まで案内する茂木の情熱アテンドの様子も公開されるとのことだ。  「RX‐72」#44の初回放送は2012年8月25日(土)22:30~23:00 リピート放送 8月28日(火)13:30~ 9月11日(火)23:00~ 9月20日(木)23:00~

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access