サラ・ポールソン 関連記事

  • 『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』場面写真

    『ボヘミアン・ラプソディ』女優も 『ライ麦畑の反逆児』サリンジャーを支えた2人の女性

    映 画

     俳優のニコラス・ホルトが小説『ライ麦畑でつかまえて』の作者、J.D.サリンジャーの半生を演じる映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』から、サリンジャーの人生においてキーパーソンとなった2人の女性の存在が明らかとなった。@@cutter まず一人目の女性は、サリンジャーの“二人目の妻”クレア・ダグラス。16歳の時、『ライ麦畑でつかまえて』を発表し、飛ぶ鳥を落とす勢いで認知されたサリンジャーとパーティーで出会い、初めて面と向かって小説を酷評したことで、逆に彼の興味を引いた。  大学生になってからサリンジャーと交際を始めるも破局。別の男性と結婚したが数ヵ月で離婚した後、サリンジャーと1955年に再婚している。結婚後は、世間から離れて自らの殻にこもるサリンジャーを献身的に支えたが、1967年に離婚。しかし離婚後も10年以上2人の子どもと共に同じ家に留まり、後には西海岸で開業し再出発を果たした。  クレアを演じるのは、映画『シング・ストリート 未来へのうた』で、ミステリアスなヒロインのラフィーナに扮したルーシー・ボイントン。ロックバンド、クイーンのボーカルだったフレディ・マーキュリーを描いた伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、元婚約者にして生涯を通じた友人となったメアリー・オースティン役を演じている。  二人目の女性は、サリンジャーの出版エージェントであったドロシー・オールディング。才能にあふれる反面、こだわりが強く、周囲と対立し孤立していたサリンジャーを支えたほか、男社会真っただ中だった40年代のアメリカ出版界で著作権代理を行うなど時代の先を歩んでいた。隠遁生活となり、作品の出版を拒否したサリンジャーを「幸せになってほしい」と受け入れ、終生のつきあいを続けたという。  映画『キャロル』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』『オーシャンズ8』といった話題作に出演するサラ・ポールソンが、ドロシー役を担当。実力派女優であるサラはレズビアンを公表しており、女優ホランド・テイラーとの交際も話題を集めている。  映画界をにぎわす女優たちがキーパーソンとして出演している本作。生誕100年にして初めて明かされるサリンジャーの人生と、彼を“取り巻く女性たち”にも注目したい。  映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』は、2019年1月18日より全国公開。

  • 映画『オーシャンズ8』ポスタービジュアル

    『オーシャンズ』シリーズ最新作『オーシャンズ8』公開決定 夢の豪華女性チーム結成

    映 画

     映画『オーシャンズ』シリーズの最新作『オーシャンズ8』が、8月10日に公開することが決定し、サンドラ・ブロックをはじめ、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーターら超豪華キャストが集結したポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、豪華キャストを擁した犯罪チームのスタイリッシュでユーモア溢れる掛け合いと、見応えのあるクライムアクションで世界的にヒットした『オーシャンズ』シリーズの最新作。シリーズを生み出してきたスティーブン・ソダーバーグが、本作でプロデューサーを務める。  シリーズ第1弾の『オーシャンズ11』はラスベガスで物語が展開したが、本作はニューヨークで行われる世界最大のファッションショー「メットガラ(コスチューム・インスティチュート・ガラ)」が舞台。前代未聞の華麗な仕掛けを備えた犯罪計画を繰り広げる。  『オーシャンズ8』で犯罪チームのリーダーを務めるのは、サンドラ・ブロック演じるデビー。彼女は本作で史上最高に豪華で美しい犯罪のプロフェッショナル・チームを結成する。解禁されたポスタービジュアルには、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、そしてミンディ・カリング、サラ・ポールソン、オークワフィナ、リアーナという豪華で美しいキャストの面々が、サングラス姿でクールに登場。  「ド派手に盗め」の文字とともに、ビッグスターが一堂に会したビジュアルは圧巻だ。さらに、本作にはキム・カーダシアンやケンダル・ジェンナーなど数多くのセレブたちのカメオ出演が噂されており、注目を集めている。  映画『オーシャンズ8』は8月10日より全国公開。

  • 豪華女優陣集結『オーシャンズ8』ビジュアル初解禁!

    サンドラ、ケイト…豪華すぎる女優陣集結!『オーシャンズ8』ビジュアル初解禁

    映 画

     ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンら豪華スターが共演した「オーシャンズ」シリーズ最新作『オーシャンズ8(原題)』のビジュアルが初解禁となった。本作は、サンドラ・ブロックやケイト・ブランシェット等オスカー女優らが8人が集結した女性版「オーシャンズ」。解禁された写真には、豪華女優陣が、地下鉄の車両内でお互い目を合わせずオーラを放っている。@@cutter 『オーシャンズ8(原題)』は、はデビー・オーシャン(サンドラ)が各メンバーを集め、ニューヨークで行われるセレブが集まるチャリティーパーティーで悪だくみを画作。クールで知的な女性犯罪集団が、華麗で前代未聞のおしゃれな犯罪で世界中を魅了する。  キャストには、オスカー女優のサンドラ&ケイトをはじめ、同じくオスカー女優であり、『プラダを着た悪魔』『マイ・インターン』等で日本でも人気のアン・ハサウェイ、『英国王のスピーチ』などでアカデミー助演女優賞に2回もノミネートされたヘレナ・ボナム=カーター、アニメ映画『シュガー・ラッシュ』『インサイド・ヘッド』のミンディ・カリング、エミー賞主演女優賞やゴールデングローブ賞女優賞を獲得しているサラ・ポールソン、そして音楽界からはグラミー賞アーティストのリアーナ、アジア系アメリカ人ラッパーのオークワフィナら、豪華すぎる女優陣が集結する。  また、この女性版犯罪ドリームチームとして、この女優陣をまとめる監督は、世界的大ヒット映画『ハンガー・ゲーム』のゲイリー・ロス、プロデューサーには『オーシャンズ』シリーズの監督であるスティーヴン・ソダーバーグが務める。  映画『オーシャンズ8(原題)』は、2018年全国公開予定。

  • レディー・ガガが再出演しているシーズン6『American Horror Story:Roanoke(原題)』より

    『アメリカン・ホラー・ストーリー』、シーズン8&9の制作決定

    海外ドラマ

     ライアン・マーフィーが手がける人気海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』のシーズン8&9の制作が正式に決定したという。E!OnlineやVarietyなどが伝えた。米FX局は同シリーズに力を入れているようで、シーズン7が放送される前の強気の決定となった。@@cutter シーズン毎に設定や登場人物が異なり、衝撃的なホラー展開で人気を博す『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズ。シーズン5の『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』で主要キャラクターの1人を演じた人気歌手レディー・ガガにゴールデン・グローブ賞をもたらすなど賞レースの常連だ。シーズン6の『American Horror Story:Roanoke(原題)』は、2016年11月に大好評のうちに全米放送を終えている。  現時点ではもちろんシーズン8&9どころか、シーズン7のあらすじとサブタイトルも不明。シーズン7は2017年秋の放送が見込まれている。  同シリーズにはキャシー・ベイツやジェシカ・ラング、サラ・ポールソン、アンジェラ・バセット、エヴァン・ピーターズといった“マーフィー一座”の俳優陣が、様々な役で多くのシーズンに連続出演している。シーズン7については、マーフィーが現地時間12日に行われた米テレビ批評家協会の冬のプレスツアーで、サラとエヴァンの出演が決定していることを明かしたと、The Hollywood Reporterが伝えた。

  • 第74回ゴールデン・グローブ賞<TVの部>、トム・ヒドルストン主演『ナイト・マネジャー』が最多3冠!

    第74回ゴールデン・グローブ賞<TVの部>、『ナイト・マネジャー』が最多3冠

    海外ドラマ

     第74回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が現地時間8日、アメリカ・ロサンゼルスで開催。<テレビの部>では『ナイト・マネジャー』が最多3部門に輝いたほか、ドラマ部門作品賞は『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』といった有力候補を抑えて、『ザ・クラウン』が受賞した。@@cutter 『ナイト・マネジャー』は、ジョン・ル・カレの原作を基に、主人公ジョナサン・パインが悪名高い武器ディーラーのリチャード・ローパーと繰り広げる戦いを描くサスペンス。主演のトム・ヒドルストンがリミテッド・シリーズ&テレビムービー部門で男優賞を受賞したほか、オリヴィア・コールマンが助演女優賞、ヒュー・ローリーが助演男優賞を獲得している。  一方、ドラマ部門の作品賞では、動画配信サービスNetflixオリジナルドラマで、イギリス女王エリザベス2世の姿を描く『ザ・クラウン』が栄冠に輝いた。同作は、HBO局の『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』を抑えての受賞となり、主演のクレア・フォイが女優賞も受賞している。  ほかにも、『Atlanta(原題)』はミュージカル/コメディ部門で作品賞と、主演のドナルド・グローヴァーが男優賞を受賞。リミテッド・シリーズ&テレビムービー部門では、『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』が作品賞を獲得したほか、サラ・ポールソンが女優賞に輝いている。  第74回ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>主な受賞結果は以下の通り。(★が受賞作品&受賞者) ●作品賞(ドラマ) 『ゲーム・オブ・スローンズ』 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 『This Is Us(原題)』 『ウエストワールド』 ★『ザ・クラウン』 ●女優賞(ドラマ) カトリーナ・バルフ『アウトランダー』 ★クレア・フォイ『ザ・クラウン』 ケリー・ラッセル『ジ・アメリカンズ』 ウィノナ・ライダー『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 エヴァン・レイチェル・ウッド『ウエストワールド』 ●男優賞(ドラマ) ラミ・マレック『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』 ボブ・オデンカーク『ベター・コール・ソウル』 マシュー・リス『ジ・アメリカンズ』 リーヴ・シュレイバー『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』 ★ビリー・ボブ・ソーントン『弁護士ビリー・マクブライド』 ●作品賞(ミュージカル/コメディ) ★『Atlanta(原題)』 『Black‐ish(原題)』 『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』 『トランスペアレント』 『Veep/ヴィープ』 ●女優賞(ミュージカル/コメディ) レイチェル・ブルーム『Crazy Ex-Girlfriend(原題)』 ジュリア・ルイス=ドレイファス『Veep/ヴィープ』 サラ・ジェシカ・パーカー『Divorce/ディボース』 イッサ・レイ『Insecure(原題)』 ジーナ・ロドリゲス『ジェーン・ザ・ヴァージン』 ★トレイシー・エリス・ロス『Black-ish(原題)』 ●男優賞 (ミュージカル/コメディ) アンソニー・アンダーソン『Black-ish(原題)』 ガエル・ガルシア・ベルナル『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』 ★ドナルド・グローヴァー『Atlanta(原題)』 ニック・ノルティ『Graves(原題)』 ジェフリー・タンバー『トランスペアレント』 ●作品賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) 『アメリカン・クライム』 『The Dresser(原題)』 『ナイト・マネジャー』 『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 ★『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ●女優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) ライリー・キーオ『ガールフレンド・エクスペリエンス』 ★サラ・ポールソン 『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 シャーロット・ランプリング『ロンドン・スパイ』 ケリー・ワシントン『アニタ ~世紀のセクハラ事件~』 フェリシティ・ハフマン『アメリカン・クライム』 ●男優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) リズ・アーメッド『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 ブライアン・クランストン『オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男』 ★トム・ヒドルストン『ナイト・マネジャー』 ジョン・タートゥーロ『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 コートニー・B・ヴァンス『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ●助演女優賞(全部門) ★オリヴィア・コールマン『ナイト・マネジャー』 レナ・ヘディ『ゲーム・オブ・スローンズ』 クリッシー・メッツ『This Is Us(原題)』 マンディ・ムーア『This Is Us(原題)』 タンディ・ニュートン『ウエストワールド』 ●助演男優賞(全部門) スターリング・K・ブラウン『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ★ヒュー・ローリー『ナイト・マネジャー』 ジョン・リスゴー『ザ・クラウン』 クリスチャン・スレイター『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』 ジョン・トラヴォルタ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』

  • 『オーシャンズ11』女性版、アン・ハサウェイとケイト・ブランシェットとが不仲に?

    『オーシャンズ11』女性版、アン・ハサウェイとケイト・ブランシェットとが不仲に?

    映 画

     ジョージ・クルーニーやブラッド・ピット、マット・デイモンらが出演した映画『オーシャンズ11』の女性版『Ocean’s Eight(原題)』の撮影現場で、同作に出演するアン・ハサウェイとケイト・ブランシェットが不仲なようだ。海外メディアE!Newsが報じている。@@cutter 映画『ハンガー・ゲーム』(12)のゲイリー・ロスがメガホンを取り、オリジナルシリーズの監督を務めたスティーヴン・ソダーバーグやジョージがプロデューサーを務める本作。アンとケイト以外のキャストには、サンドラ・ブロック、ヘレナ・ボナム・カーター、ミンディ・カリング、サラ・ポールソン、リアーナらが名を連ねている。  関係者は、「ケイトはおおらかで、気楽にやっています」と話す一方で、「アンは間違ったやり方でイラつかせているんです」とコメント。詳細に言及することはなかったが、「彼女たちはちょっと口論をして、数日間しゃべりませんでした」と明かし、「今では友好関係を維持しようと努力していますが、控えめに言っても難しいですね」と続けている。  アンの代理人は同サイトにだけ、「それは完全にナンセンスで、何から何までウソです」と報道を否定。さらに「映画に参加している誰もが、お互いに避難し合います。タブロイド紙が女優を敵対させるのはお約束ですよ」と続け、「悲しいことです。俳優にはやらないことですよ」とも話している。

  • 第68回エミー賞発表!『ゲーム・オブ・スローンズ』が2年連続で作品賞受賞

    第68回エミー賞発表!『ゲーム・オブ・スローンズ』が2年連続で作品賞受賞

    海外ドラマ

     米テレビ界の祭典である第68回エミー賞授賞式が、現地時間9月18日にロサンゼルスで開催。ミニシリーズ/TV映画部で22ノミネートされていたリミテッドシリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』が作品賞含む主要部門を席巻し、ドラマ部門作品賞は2年連続で『ゲーム・オブ・スローンズ』が受賞した。@@cutter 『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』は、1994年に、元妻とその友人殺害の罪を問われた元人気アメフト選手O・J・シンプソンがかけられた“世紀の裁判”を描く作品。同作は22ノミネートされ、ミニシリーズ/TV映画部門で作品賞、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、主演女優賞(サラ・ポールソン)など主要部門を制覇した。  ドラマ部門では、架空の王国を舞台に、複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いを描く人気シリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』が、最多23ノミネートで作品賞を2年連続で受賞。また、同部門の主演男優賞では『MR.ROBOT/ミスター・ロボットのラミ・マレックが、主演女優賞では『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』のタチアナ・マズラニーが、それぞれ初ノミネートで初受賞となった。 主な受賞作品・受賞者は以下のとおり。 【ドラマ部門】 ■作品賞:『ゲーム・オブ・スローンズ』 ■主演男優賞:ラミ・マレック(『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』) ■主演女優賞:タチアナ・マズラニー(『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』) ■助演男優賞:ベン・メンデルソーン(『BLOODLINE ブラッドライン』) ■助演女優賞:マギー・スミス(『ダウントン・アビー』) 【コメディ部門】 ■作品賞:『Veep(原題)』 ■主演男優賞:ジェフリー・タンバー(『トランスペアレント』) ■主演女優賞:ジュリア・ルイス=ドレイファス(『Veep(原題)』) ■助演男優賞:ルーイ・アンダーソン(『Baskets(原題)』) ■助演女優賞:ケイト・マッキノン(『サタデー・ナイト・ライブ』) 【ミニシリーズ/TV映画部門】 ■ミニシリーズ作品賞:『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ■TV映画作品賞:『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』 ■主演男優賞:コートニー・B・ヴァンス(『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』) ■主演女優賞:サラ・ポールソン(『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』) ■助演男優賞:スターリング・K・ブラウン(『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』) ■助演女優賞:レジーナ・キング(『アメリカン・クライム』)

  • テレビドラマで活躍する豪華女性陣の美しさが炸裂!

    ジェニファー・ロペス、TV界の豪華女優陣とセルフィー

    セレブ&ゴシップ

     米NBC局の海外ドラマ『Shades of Blue(原題)』でテレビドラマに進出した歌手・女優のジェニファー・ロペスが、同じくテレビドラマで活躍する6名の豪華女優陣との魅力的なセルフィーを自身のインスタグラムに投稿した。@@cutter 写真ではジェニファーを一番前に、『スキャンダル』のケリー・ワシントン、『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズのサラ・ポールソン、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のコンスタンス・ジマー、『グッド・ワイフ』のジュリアナ・マルグリーズ 、『LEFTOVERS/残された世界』のレジーナ・キング、そして『FARGO/ファーゴ2』のキルステン・ダンストが勢揃いだ。  メンバーはハリウッドの老舗業界誌The Hollywood Reporterの年次企画である「ドラマ女優ラウンドテーブル」で召集されたそう。ジェニファーはキャプションに「これらの才能あふれる美しい人達について…」と綴り、共にテレビドラマを盛り上げている女優陣を称えた。  写真を見たファン達からは「ステキ」「最高よ!素晴らしい写真ね」「美しさはあらゆる色と笑顔、内面に表れる」などといった称賛が寄せられている。

  • レディー・ガガが『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン6に出演(※『American Horror Story:Hotel(原題)』の場面写真)

    レディー・ガガ、『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン6にも出演決定

    海外ドラマ

     人気の衰えを知らない歌手レディー・ガガの初主演ドラマとなった異色ホラー海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』。ガガが出演したシーズン5が始まった直後に、次シーズンのシーズン6の製作が決定したが、ガガが続投することをラジオで認めたという。@@cutter ガガが出演したシーズン5は、血生臭いホテルが舞台となった日本未上陸の『American Horror Story:Hotel(原題)』。ガガはファッションデザイナーの役で出演し、相手役にシーズン4『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場』のフィン・ウィットロックや海外ドラマ『ホワイトカラー』のマット・ボマーなどがいた。  TV Lineによると、ガガは現地時間4日にラジオ番組に出演中、シーズン6に出演するか尋ねられるとシンプルに「イエス」と答えたそう。そのすぐ後、「どうやっていつ、といったことには何も答えられないわ」と付け足したという。同シリーズの企画・製作総指揮を務めるライアン・マーフィーは、シーズン6の製作が決まる前からガガの演技をベタ褒めし新シーズンへの参加を早々にオファーしていたという。  シーズン6のあらすじなど詳細は不明。シリーズを放送する米FX局の首脳陣の話では過去も織り交ぜた現代劇だという。現時点でレディー・ガガのほかに出演すると伝えられているのは、シリーズ常連の女優アンジェラ・バセットと女優サラ・ポールソンだ。

  • ツイッターユーザーに「ツチブタ以来の醜い生き物」と罵倒ツイートされたダニエル・ラドクリフ

    ダニエル・ラドクリフ、ファンの罵倒ツイートに笑う「ツチブタ以来の醜い生き物」

    セレブ&ゴシップ

     ジミー・キンメルが司会を務める米深夜トーク番組『Jimmy Kimmel Live(原題)』で恒例となっている意地悪なツイートをセレブが読み上げるコーナー「Mean Tweets」。俳優ダニエル・ラドクリフやショーン・ペン、女優リヴ・タイラーなどが登場し、ムッとしたり笑ったり、呆れたりと様々な反応を見せて視聴者を笑わせた。@@cutter 見ず知らずの人からSNSを通じて罵詈雑言を浴びせられることが日常茶飯事のセレブ達。「Mean Tweets」は、そんなセレブ達にあえて自分に対する酷いツイートを読ませるというもの。今回、登場したショーンは「ショーン・ペン、お前は不躾だ! 馬鹿で不躾で屁こき野郎だ。悪臭ショーンだ。本当に鼻持ちならない」と携帯に表示されたツイートを読み上げ、渋い顔をカメラに向けた。  ロックバンド「エアロスミス」のボーカル、スティーヴン・タイラーを父に持つリヴは、「リヴ・タイラーは大変だろうね。ただのドデカいタ○袋みたいな父親がいたんじゃな」というツイートを読み上げると声を上げて笑い、「素晴らしいわね」と、豊かな表現力(!?)に感心した模様。  ダニエルは自分の見かけについてチクリとされた。「ダニエル・ラドクリフは神が創造した最も醜い生き物の1つだ。ツチブタ以来のね」と、ツチブタともども罵倒され、最後に悲しそうな表情を浮かべたが、実は読み上げている最中に「クスッ」と笑みを浮かべていた。  ほか、女優クリステン・ダンストや俳優コリン・ファレル、カート・ラッセルなどが登場したが、トリを飾ったのは海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』の女優サラ・ポールソン。「サラ・ポールソンはウザい。叫んでも…、泣いても…話しても…存在しても」というツイートに一瞬笑みを浮かべたが、「ふざけんな、ク○野郎。そう思うわね。ほんと、ふざけんなっていうの」と率直に不満を述べ、今回で9回目となる「Mean Tweets」は閉幕した。

  • 32歳年上の女優ホーランド・テイラー(右)と交際しているというサラ・ポールソン

    人気海ドラ『アメホラ』サラ・ポールソン、32歳年上の大御所女優と熱愛か

    セレブ&ゴシップ

     人気海外ドラマ『glee/グリー』のライアン・マーフィーが手がける異色ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズに出演する女優サラ・ポールソンが、人気海外ドラマ『Lの世界』や『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』の女優ホーランド・テイラーと交際していると、Entertainment Tonightが伝えた。@@cutter 情報筋がEntertainment Tonightに話したところによると、サラとホーランドは交際数ヵ月とのこと。現在40歳のサラと72歳のホーランドはツイッター上でもお互いを称えたりメッセージを交換したりするなど、そのやり取りを見ると少なくとも今年1月から何らかの交流があったという話だ。  2人がどのようなきっかけで交際をスタートさせたのかは不明だが、9月の時点でサラは「ねえ、ホーランド・テイラー。ツイッターから離れて私に電話して。ほんと、頼むわ」とツイート。10月にはホーランドが「公言するけど、サラ・ポールソンは素晴らしいわ。以上。終了」とツイートして、堂々とサラを称えた。またホーランドは最近、公共ラジオ番組に出演し、初めて自身のセクシュアリティについて語り、現在の交際相手がかなり年下であることを明かしたという。  ポーラは2009年に破局するまで、海外ドラマ『24』シリーズでアメリカ初の女性大統領アリソン・テイラーを演じたチェリー・ジョーンズと交際していた。

  • O・J・シンプソン役に挑むキューバ・グッディング・Jr

    キューバ・グッディング・Jr、新ドラマでO・J・シンプソン役に決定

    海外ドラマ

     人気海外ドラマ『glee/グリー』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』のクリエイター=ライアン・マーフィーが、現在、O・J・シンプソンの裁判を描く新ドラマを企画しているが、『ザ・エージェント』や『大統領の執事の涙』のキューバ・グッディング・JrがO・J・シンプソン役に決まったそうだ。@@cutter マーフィーが『アメリカン・ホラー・ストーリー』のスピンオフ(コンパニオン・シリーズ)として製作を進めている新ドラマは、『American Crime Story:The People Vs. O.J. Simpson(原題)』。TV Lineによると、共演は『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズの常連女優サラ・ポールソンとのこと。サラはO・J・シンプソンの裁判で主任検事を務めたマルシア・クラークを演じるという。  同ドラマは俗にいう「O・J・シンプソン事件」を題材にする。プロフットボール選手を引退後、コメディ映画『裸の銃(ガン)を持つ男』シリーズなどに出演し俳優としても人気を博したO・J・シンプソンが、1994年に元妻のニコール・ブラウンとその愛人フレッド・ゴールドマンを殺害した容疑で逮捕され、全米中の注目を集めた裁判で無罪となった事件だ。法律ジャーナリストのジェフリー・トゥービンが1996年に発表した著書『The Run of His Life: The People v. O. J. Simpson(原題)』をベースにする。最終的に10話構成となり、シリーズ化が決定しているとのことだ。  脚本は映画『ラリー・フリント』のスコット・アレクサンダーとラリー・カラゼウスキーが担当し、マーフィーは製作総指揮を務めると共に第1話を監督するという。撮影は2015年初旬にロサンゼルスで開始する予定とのことだ。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access