ニール・マーシャル 関連記事

  • 『ヘルボーイ』第1弾ビジュアル

    原作者完全監修『ヘルボーイ』今秋公開決定 悪役にミラ・ジョヴォヴィッチ

    映画

     悪魔なのにヒーローという稀有な存在としてアメコミ界・映画界で絶大な人気を誇るキャラクター、ヘルボーイを主人公とした映画『HELLBOY』が、邦題を『ヘルボーイ』として今秋公開されることが決定。あわせて、第1弾ビジュアルも公開された。@@cutter 『ヘルボーイ』は1993年にダークホースコミックスから刊行された人気のアメコミシリーズで、魔界で生まれた悪魔の子が地球で育てられヒーローとして活躍するストーリー。過去にはギレルモ・デル・トロ監督により映画化されているが、今作はスタッフ・キャストを一新し、原作者マイク・ミニョーラの監修の下新たに制作された。  『ゲーム・オブ・スローンズ』などを手掛けるニール・マーシャルがメガホンを取る本作の主役・ヘルボーイを演じるのは、ドラマ『ストレンジャー・シングス』で世界的な知名度を獲得したデヴィッド・ハーバー。ヴィランとなるブラッドクイーン役は『バイオハザード』シリーズで日本でもおなじみのミラ・ジョヴォヴィッチが務める。ほかにヘルボーイと共に戦う防衛局メンバーとしてベテラン俳優のイアン・マクシェーンや、サッシャ・レイン、テレビドラマでの活躍が目立つ韓国出身のダニエル・デイ・キムらが共演。  今回解禁された日本版第1弾ビジュアルは、燃え盛る魔界の炎を纏い、鋭い表情で銃を構えたヘルボーイが圧倒的存在感で登場。「悪かったな、俺がヒーローで。」とのキャッチコピーが添えられているのも印象的だ。  映画『ヘルボーイ』は今秋全国公開。

  • 『ヘルボーイ』リブート版でベンジャミン・デミオ役を演じる可能性の高いダニエル・デイ・キム

    『ヘルボーイ』リブート版、『LOST』ダニエル・デイ・キムがB・デミオ役か

    映画

     米ライオンズゲートが進めている『ヘルボーイ』リブート版『Hellboy:Rise of the Blood Queen(原題)』。海外ドラマ『LOST』や『HAWAII FIVE-0』の韓国系アメリカ人俳優ダニエル・デイ・キムが日系人のベンジャミン・デミオ役で出演交渉に入ったという。The Hollywood ReporterやEntertainment Weeklyなどの海外メディアが伝えた。 @@cutter マイク・ミニョーラの原作コミック版『ヘルボーイ』に登場するベンジャミン・デミオは、超常現象調査防衛局(BPRD)に務める日系アメリカ人。ドイツ・ナチス軍の悪業から生まれた悪魔の子ヘルボーイの同僚になり、怒りや苦痛に触発されるとジャガーに変身する。  当初、デミオ役は映画『デッドプール』の俳優エド・スクラインに決まっていたが、キャラクターの「白人化」に対する批判が噴出。エドはデミオ役のオリジナルの設定がアジア系だったことを知らなかったとして、「正しいことをしたい」と降板するに至った。ダニエルの出演交渉がどこまで進んでいるかは不明。  ヘルボーイ役は映画『ブラック・スキャンダル』の俳優デヴィッド・ハーバーが演じる。ヘルボーイの育ての親でBPRDを率いるトレヴァー・“ブルーム”・ブルッテンホルム教授役は、映画『ジョン・ウィック』シリーズの俳優イアン・マクシェーン。日本劇場未公開映画『ハロウィン2016』のニール・マーシャルが監督を務める。ほか、悪役ブラッド・クイーン役で映画『バイオハザード』シリーズの女優ミラ・ジョヴォヴィッチが出演すると伝えられている。

  • 『ヘルボーイ』リブート版に悪役で出演するというミラ・ジョヴォヴィッチ

    『ヘルボーイ』リブート版、ミラ・ジョヴォヴィッチが悪役か

    映画

     オリジナルシリーズの監督ギレルモ・デル・トロと主演俳優ロン・パールマン不在で進められている『ヘルボーイ』リブート版『Hellboy:Rise of the Blood Queen(原題)』に、映画『バイオハザード』シリーズを終えた女優ミラ・ジョヴォヴィッチが悪役で出演する可能性が高まってきた。@@cutter 日本劇場未公開映画『ハロウィン2016』の監督ニール・マーシャルがメガホンを取るリブート版『Hellboy:Rise of the Blood Queen(原題)』。Deadlineによると、ミラはタイトルに出ている悪役“ブラッドクイーン”を演じることがほぼ確実だという。すでに最終出演交渉に入っているとのことだ。  リブート版でドイツ・ナチス軍の悪業から生まれた悪魔の子ヘルボーイを演じるのは、『ブラック・スキャンダル』の俳優デヴィッド・ハーバー。『ジョン・ウィック』シリーズの俳優イアン・マクシェーンが、トレヴァー・“ブルーム”・ブルッテンホルム教授役で出演することが決まっている。同役は前シリーズでジョン・ハートが演じていた。  海外ドラマ『ユーリカ ~地図にない街~』のアンドリュー・コスビーが現在、クリストファー・ゴールデン、原作者マイク・ミニョーラ、海外ドラマ『HEROES/ヒーローズ』のアーロン・イーライ・コリートが執筆した脚本を改稿中とのこと。製作はミレニアム・フィルムズとライオンズゲートが担う。

  • 『ヘルボーイ』リブート版は今秋に撮影予定(※『ヘルボーイ』場面写真)

    『ヘルボーイ』、主演交代でリブート 配給会社もほぼ決定

    映画

     ギレルモ・デル・トロ監督の異色ヒーロー映画『ヘルボーイ』シリーズの第3弾が、今年に入り白紙になったことが明かされたが、現在、米ライオンズゲートがリブート版『Hellboy:Rise of the Blood Queen(原題)』の配給権獲得に動いているという。@@cutter ドイツ・ナチス軍の悪業から生まれた悪魔の子ヘルボーイが異色ヒーローとなって活躍するさまを描く『ヘルボーイ』シリーズ。ロン・パールマンがタイトルロールを演じ、2004年に1作目、2008年に2作目が制作・公開された。  リブート版の企画は、4月に原作者のマイク・ミニューラが発表。大ヒット映画『デッドプール』のようにR指定になる内容で、映画『ディセント』シリーズのニール・マーシャル監督がメガホンを取るとのことだった。The Hollywood Reporterによると、リブート版で主演のヘルボーイを演じるのは、映画『ブラック・スキャンダル』や海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のデヴィッド・ハーバー。他のキャストは不明。  海外ドラマ『ユーリカ ~地図にない街~』のアンドリュー・コスビーと、『ヘルボーイ』の小説シリーズなどで知られる作家クリストファー・ゴールデンが脚本を執筆。今秋の撮影を目指しているという。

  • 消えたキング・コングとカール・ダナムの謎を追う25年後のストーリーが映画化!?(2005年作品『キング・コング』の場面写真より)  

    『キング・コング』のその後を描いたグラフィック・ノベル、映画化が進行中?

    映画

     キング・コングがニューヨークで大暴れしてから25年後を描いたグラフィック・ノベルが映画化され、『ディセント』(06)のニール・マーシャル監督がメガホンを取るという噂が浮上している。@@cutter このたび映画化されるというのは、ジョー・デヴィートとブラッド・ストリックランドが共同執筆した2004年出版のグラフィック・ノベル『Kong:King of Skull Island(原題)』。キング・コングがエンパイア・ステート・ビルから落下して死んだ後に、その死体と共に映画監督カール・ダナムも忽然と姿を消したという設定のもと、それから25年後にカールの息子がその謎を解くべく、キング・コングがそもそも生息していた謎の島スカル・アイランドに舞い戻るというストーリーのようだ。  The Tracking Boardが特ダネとして報じた内容によると、映画化では『Skull Island:Blood of the King(原題)』というタイトルになり、マーシャル監督がメガホンを取るほか、サイモン・アトリーというライターと脚本を共同執筆するとのこと。また、製作にはレイダー・ピクチャーズから『スプリング・ブレイカーズ』(13)のテッド・フィールド、スプリット・ピクチャーズからはスティーヴ・アイルズとアーノルド・クナートが参加するという。  ところが、この話、Dread Centralがマーシャル監督に直撃したところ「僕が(監督する)? 本当に?」という返事が返ってきたらしく、映画化自体が単なる噂で留まるかは別として、現時点でマーシャル監督の起用はないことが判明している。  『キング・コング』に関しては著作権を巡り、1933年のオリジナル版『キング・コング』の監督メリアン・C・クーパーと製作会社RKOとの間で過去に何度か訴訟が起きており、複雑な権利問題が存在するようだ。  映画はオリジナル版のほか、1976年にジェフ・ブリッジス&ジェシカ・ラング出演でリメイクされた『キングコング』、その続編としてキング・コングが実は人工心臓で生きていたというストーリー展開の『キングコング2』(86)などがあり、2005年にはオリジナル版のリメイクとしてピーター・ジャクソン監督のもと、ナオミ・ワッツ&エイドリアン・ブロディ出演、ジャック・ブラックがカール・デナムを演じた『キング・コング』が製作されている。

  • 『トロール・ハンター』リメイク版の監督が決定

    『トロール・ハンター』リメイクの監督は『ディセント』ニール・マーシャルに決定

    映画

     ノルウェー発の異色ミステリー・ファンタジー映画『トロール・ハンター』のハリウッド・リメイク版の監督に、『ディセント』(06)のニール・マーシャルが決まったようだ。@@cutter Deadlineによると、製作は『ハリー・ポッターと賢者の石』(01)、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(10)のクリス・コロンバスと『ハリー・ポッター』シリーズのマイケル・バーナサンが務めるほか、オリジナル版のプロデューサー=スヴァイニュン・ゴリモとヨーン・ヤコブソンも参加する予定とのこと。2014年の撮影開始を目指し、本作のような作品のジャンルに出演したことのない、意外なキャスティングを狙っているという。  『トロール・ハンター』のオリジナル版は、熊の密猟を取り上げたドキュメンタリー映画の製作を始めた大学生グループが、謎のハンターをカメラで追っていくうちに北欧の伝説の妖精トロールの恐ろしい姿を目撃してしまうというストーリー。  マーシャル監督は最近では、米HBOの人気ファンタジー・アドベンチャー・ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン2や、マイケル・ベイ監督が製作総指揮を務める、米Starzのアドベンチャー・ドラマ『Black Sails(原題)』のパイロット版を監督するなど、注目を集めている。  リメイク版のプロットやキャスティング、公開予定日などは今後の発表が待たれる。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access