長澤まさみ 関連記事

  • 『キングダム』場面写真

    山崎賢人主演『キングダム』、主題歌はワンオク 最新予告解禁

    映画

     俳優の山崎賢人が主演を務める実写映画『キングダム』の主題歌が、ONE OK ROCKの最新楽曲『Wasted Nights』に決定。併せて解禁された予告編は、同楽曲が、たった50人で敵軍8万人に立ち向かう壮大なストーリーを描く本作の世界観をさらに盛り上げるものとなっている。@@cutter 本作は、中国の春秋戦国時代を舞台にした人気漫画『キングダム』(集英社)を『GANTZ』シリーズや『いぬやしき』の佐藤信介監督のメガホンで実写化したエンターテインメント大作。天下の大将軍を目指す孤児の少年・信(山崎)と、後に始皇帝と呼ばれる若き王・えい政の途方もない戦いを描く。  紀元前245年の春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年・信と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君(高嶋政宏)によって王宮へ召し上げられ、2人は別の道を歩むことに。やがて王宮では王弟・成きょう(本郷奏多)によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負いながらも、信のいる納屋にたどり着く。血まみれの手で握りしめていた地図を信に託し、漂は息絶える。地図が示す小屋に信がたどり着くと、そこにいたのは王座を奪われ、王都を追われた秦の若き王・えい政。えい政にうりふたつの漂は、彼の身代わりとして命を落としたのだった…。  予告編は、山崎演じる信が目を閉じたアップ映像からスタート。信と漂が将来への希望を胸に剣術の鍛錬を積む姿、漂が小屋で息絶える場面が続いた後、ONE OK ROCKの楽曲『Wasted Nights』が流れ始める。クーデターの首謀者・成きょうの不敵な笑み、信とえい政の出会い。その後、中国ロケの壮大な映像やアクションシーンが続く中、楊端和(ようたんわ)役の長澤まさみ、河了貂(かりょうてん)役の橋本環奈ほか豪華キャスト陣の姿も次々と映し出されていく。  本作のために『Wasted Nights』を書き下ろしたONE OK ROCKのヴォーカル・Takaは「曲のイメージを作るために完成前の映画を観させていただき、その規模感に感動しました」と感想を語る。そして「“壮大さ”“ビッグアンセム”をテーマに楽曲を作り、試行錯誤を重ねていき、自他共に『これはいい!』と思える曲、『Wasted Nights』が完成しました。映画の壮大さに負けないような曲を書いたつもりですので、映画と共に、主題歌もお楽しみ下さい」とメッセージを寄せている。  映画『キングダム』は4月19日より全国公開。

  • 映画『コンフィデンスマンJP』が「フェルメール展」とコラボ

    映画『コンフィデンスマンJP』、ダー子の贋作が「フェルメール展」に!?

    映画

     女優の長澤まさみ、俳優の東出昌大、小日向文世が共演する映画『コンフィデンスマンJP』が、2月3日まで東京・上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」とコラボ。長澤演じるダー子が描いたフェルメールの絵画<真珠の耳飾りの少女>の画をモチーフにした偽物の絵のグッズが発売されることが明らかになった。@@cutter 展覧会会場で本日より先行発売されているコラボグッズは、2018年4月期に放送された連続ドラマの第3話「美術商編」に登場した長澤演じるヒロイン・ダー子が描いた、フェルメール絵画の代表作「真珠の耳飾りの少女」の贋作をモチーフにしたもの。ダー子の筆による本物の絵とは似ても似つかない脱力系の贋作がポストカード(120円)、クリアファイル(400円)、マグネット(550円※1月27日より発売)、ミントタブレット(500円※2月下旬より大阪展会場にて発売)の4種のグッズにプリントされており、さらに各グッズの裏面には“(C)ダー子”と表記されている。  コラボグッズはフェルメール展会場のほか、フジテレビe!ショップで1月28日より、2月16日~5月12日に「フェルメール展」が開催される大阪市立美術館でも販売される(フェルメール展には「真珠の耳飾りの少女」の展示はなし。展覧会会場内ショップに入るには展覧会入場券が必要)。  映画『コンフィデンスマンJP』は、5月17日公開。

  • 映画『マスカレード・ホテル』初日舞台挨拶に登壇した木村拓哉

    木村拓哉、小日向文世プロデュースで“伝説の角刈り寿司屋”演じる!?

    映画

     木村拓哉が18日都内で、主演映画『マスカレード・ホテル』の初日舞台挨拶に登壇。本作を「ガチ盛りの作品」と称賛する一方、本作以外に『HERO』シリーズなどで共演経験のある小日向文世から、将来“伝説の角刈り寿司屋”を演じることを勧められてタジタジになっていた。@@cutter 本作は、東野圭吾の同名小説を原作とするミステリー。連続殺人事件を解決するべく、一流ホテルに潜入する警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村)と、新田の教育係となったホテルマン・山岸尚美(長澤まさみ)の2人が事件の真相に迫る姿を描く。  今回のイベントには木村や長澤、小日向の他、渡部篤郎、鈴木雅之監督が出席した。  1年半前に本作の撮影に臨んだという木村は「自分は常に監督が求めるOKテイクに向けて、共演者の方と作業しただけ」と謙遜しつつも「1本の作品として出来上がったものを拝見した時、“こんなにもガチ盛りの作品なんだ”と客観視できた」と手応えを口にした。  木村はまた、“洞察力の鋭い刑事”という役柄にちなんで撮影中、プロモーション中に気づいた共演者の素顔を問われると、能勢役の小日向に言及。「(小日向は)登壇中のこのスーツの中にも忍ばせていると思うけど、常にご自身の携帯電話をお持ちになっている。スキあらば、写真撮ってます」と言い、完成披露試写の時にも「幕が上がる前に『写真撮ろ!』って言われた」と明かした。  小日向は「“記念になるな”と思って撮るんですよ。ただ『HERO』の時、木村君と写真を撮るのがとても冒険だった(笑)。それがクセになってる。ついつい撮っちゃう」と笑みをこぼした。本作で、木村演じる新田の元相棒という立場に関して「初めて木村君とそういう関係になった。それまでは僕、ずーっと事務官でしたからとても新鮮だった」と話した。  また、“木村に今度演じてほしい役”を問われて長澤は「悪い役が見たい」と回答。「木村さんって、どこかスーパーマンみたいな、何でもできちゃう印象がある。逆をいくのが面白そう。全然いいところがない!みたいなの面白い。いい人だとダメ。とことん悪くないと」と語った。それを聞いて木村は「長澤さんの中ではいろいろプロデュースがあるらしい。撮影中はずーっと『“NHKの朝のテレビ小説に出てくる、死んでしまったお父さん”をやるべきです』と言っていた」と暴露した。  続けて小日向が、木村に「寿司屋の職人になってほしい」と提案。「下町でものスゴく人のいいお寿司屋さん。だけど、月の1回だけ、銀座のスゲー伝説の寿司屋で握る。渡部さんは、銀座の高級寿司店の職人。僕は回想シーンで、木村君に教える板長、師匠」と熱弁。木村がやや乗り気の姿勢を見せると、小日向は「寿司屋は、髪の毛バッツリ短くしないとダメだよ! マスカレードより短く。角刈りに」と要求。木村は「要相談で」とタジタジになっていた。

  • (左から)映画『コンフィデンスマンJP』に出演する竹内結子、三浦春馬、江口洋介

    映画『コンフィデンスマンJP』 最強の敵、竹内結子&三浦春馬&江口洋介出演

    映画

     女優の長澤まさみ、俳優の東出昌大、小日向文世が共演する映画『コンフィデンスマンJP』に女優の竹内結子と俳優の三浦春馬、江口洋介の出演が発表された。また劇場版キャストの解禁と併せて予告編映像も公開されている。@@cutter 本作は2018年4月期に放送されたフジテレビ月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画化。劇場版では香港を舞台に、史上最大のターゲットを巡って、ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)が繰り広げる壮大な騙しを描く。  竹内が演じるのは、冷酷非情な香港マフィア「射手座集団」を束ねるラン・リウ。彼女が所有する世界最高のダイヤを巡って、ダー子たちや、天才恋愛詐欺師らが入り乱れたバトルを展開するという劇場版の重要人物だ。演じる竹内は「気性が荒かったり穏やかだったり、振れ幅の大きい役で演じがいがありましたし、何より広東語を喋るという意味では、とても手に汗握る役作りでした!」とコメント。  ラン・リウの所有するダイヤを狙い、ダー子とも因縁のある恋愛詐欺師のジェシーを演じる三浦は「ダー子との恋の展開に僕はグッと持っていかれましたし、それが甘酸っぱいものになるのか、はたまた大人な恋模様が醸し出されるものになるのかとても楽しみです」と語っている。  そして江口が演じるのは、ドラマ版の第1話で盛大な騙し合いの末にダー子たちに敗北した赤星栄介。赤星役で作品に帰ってくる江口は「映像から伝わる熱気と、アジアを股にかけたスケールアップした騙し合いを楽しんで頂きたいです」と本作の見どころを明かした。  また公開された予告編では、ダー子がジェシーとボクちゃん、リチャードらとの狭間で、気持ちが揺れる姿が描かれている。ドラマ版では毎話「~編」と銘打たれていたが、映画版は「ロマンス編」となることも予告編の中で明かされている。  映画『コンフィデンスマンJP』は5月17日より全国公開。

  • 『マスカレード・ホテル』場面写真

    木村拓哉『マスカレード・ホテル』、緊迫感あふれる場面カット解禁

    映画

     木村拓哉が主演を務め、長澤まさみが共演する、東野圭吾原作の映画『マスカレード・ホテル』から場面写真が到着。公開された写真には、木村をはじめとした豪華キャストの共演シーンが収められている。@@cutter 『マスカレード・ホテル』は、シリーズ累計350万部を突破した東野作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。次々と現れる素性の知れない宿泊客の“仮面(=マスカレード)”をはがそうとする木村演じる警視庁捜査一課の刑事と、その“仮面”を守ろうとする長澤演じるホテルマン。相反する2人の異色バディが難事件に挑む。  このたび解禁されたのは本作の場面写真。ホテルマンに扮する新田(木村)が元相棒・能勢(小日向文世)と共にいることで垣間見せる刑事の顔や、怪しげな宿泊客(菜々緒)に毅然と対応するフロントクラーク・山岸(長澤)など、作中の緊迫感が伝わるカットとなっている。ほかにも、宿泊客を演じる前田敦子や勝地涼、捜査一課係長・稲垣役の渡部篤郎の姿も確認できる。  映画『マスカレード・ホテル』は、2019年1月18日より全国公開。

  • 『マスカレード・ホテル』完成披露試写会に登場した木村拓哉

    木村拓哉、勝地涼と前田敦子の関係は「全く見抜けませんでした(笑)」

    映画

     俳優の木村拓哉と勝地涼が、18日に都内で開催された映画『マスカレード・ホテル』完成披露試写会に出席した。本作で洞察力がある刑事に扮した木村は、勝地が女優の前田敦子と本作で共演した後に結婚したことについて「全く見抜けませんでした(笑)」と語った。@@cutter 東野圭吾による人気小説を実写化した本作は、高級ホテル・コルテシア東京を舞台に、警視庁捜査一課の新田浩介(木村)が、ホテルマンの山岸尚美(長澤まさみ)とコンビを組み、連続殺人事件を解決しようと奔走する姿を描く。この日は長澤、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、濱田岳、菜々緒、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、生瀬勝久、松たか子、石橋凌、鈴木雅之監督も登壇した。  木村は新田の元相棒・能勢役の小日向について「数少ない、緊張しない先輩」と言い「『僕は元相棒だよね? 今、相棒じゃないよね』って、さっきも確認されました(笑)」と発言。そして「スタンバイし終わったんですけど、なぜかおもむろに、懐から自分の携帯電話を出して、普通に長澤まさみちゃんに『写真撮って』って(笑)。写真撮らせてました」と、小日向のマイペースぶりを暴露して会場を沸かせた。  一方の勝地は「謎の宿泊客ということで、あまりネタバレはできないんですけども…前田敦子さんをストーキングする役でした。ストーキングしているうちに、結婚しました」と、妻である前田との共演を振り返り、会場は爆笑。  木村は新田が洞察力を持っていることに絡めて、自身にも洞察力があるか問われると、勝地と前田に言及。「まさか、ストーカー役の勝地君と前田のあっちゃんがご結婚されるとは思っていなかったので、そこは全く見抜けませんでした。この後、しっかりと取り調べしたいと思います」と勝地をいじり、これを受けた勝地は「この時は別に付き合ってないんですけどね。でも、久々に再会したなぁっていう感じはありました」と照れ笑いを見せていた。  映画『マスカレード・ホテル』は2019年1月18日に公開。

  • 映画『コンフィデンスマンJP』ティザービジュアル

    映画『コンフィデンスマンJP』、長澤まさみの“ウラオモテ”を楽しむビジュアル解禁

    映画

     女優の長澤まさみ、俳優の東出昌大、小日向文世が共演する映画『コンフィデンスマンJP』からティザービジュアルが到着。公開されたビジュアルは、本作の内容やキャラクターを反映した両面仕様のデザインに仕上がっている。@@cutter 本作は4月期に放送されたフジテレビ月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画化作品。香港を舞台に、史上最大のターゲットを巡って、ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)が繰り広げる壮大な騙しを描いていく。  このたび公開されたのは、ダー子、ボクちゃん、リチャードの姿を描いたティザービジュアル。本作の登場人物が“ウラとオモテ”を使い分けることを象徴するかのような両面仕様になっており、片側には紳士的なボクちゃんとリチャードが写りこむサングラスをかけ、大量の札束が舞う中で満面の笑みを浮かべるダー子の姿が描かれている。  もう一方の面には、ヌンチャクを構え、香港の“あの大スター”を想起させるボクちゃん、両手を上げて紳士とはかけ離れた無邪気な様子で喜ぶリチャードが写りこんだサングラスを外し、凛とした眼差しで次の“オサカナ”(ターゲット)あるいは世界を狙うダー子の姿がスタイリッシュにデザインされている。  ティザービジュアルの解禁と併せて、本作の公開日も2019年5月17日決定したことがアナウンスされ、さらに本作で五十嵐を演じた俳優の小手伸也、映画版のメガホンをとった田中亮監督、さらに映画版に登場する新キャラ“ダー子の弟子”も出演するファンミーティング「第1回 子猫ちゃんたちの集い~忘年会編~」が12月19日に都内某所で開催されることも発表された。  映画『コンフィデンスマンJP』は2019年5月17日に全国公開。

  • 映画『キングダム』メインビジュアル

    山崎賢人主演『キングダム』 スペクタクルシーンが垣間見える最新特報

    映画

     俳優の山崎賢人が主演を務める実写映画『キングダム』より、最新の特報映像が到着。公開された映像には、ストーリーとともに、迫力のあるスペクタクルシーンが収められている。@@cutter 本作は、中国の春秋戦国時代を舞台にした人気漫画『キングダム』(集英社)を『GANTZ』シリーズや『いぬやしき』の佐藤信介監督のメガホンで実写化したエンターテインメント大作。天下の大将軍を目指す孤児の少年・信(山崎)が、幼なじみで親友の漂(吉沢)の死を経験したのちに、戦いに身を投じながら成長していく姿を描く。  このたび公開された特報映像は、本作で描かれるストーリーが明らかに。友を奪われた主人公・信と、玉座を奪われた若き王・嬴政(えいせい)。二人が出会い、玉座を奪還するため、たった50人で、8万の敵軍に立ち向かう。  特報の中ではさらに、不可能に挑んだ男たちの戦いが大迫力の映像で描かれ、多彩な人間模様で紡ぐ繊細な心情描写や壮絶なアクションシーンも盛り込まれている。  映画『キングダム』は2019年4月19日より全国公開。

  • (左から)『マスカレード・ホテル』完成報告会に登場した長澤まさみ、木村拓哉

    木村拓哉、プライベートで長澤まさみを目撃「笑顔で空を見てた」

    映画

     俳優の木村拓哉が女優の長澤まさみと共に20日、都内で開催された映画『マスカレード・ホテル』の完成報告会に出席。2人は初共演になるが、それぞれプライベートで目撃したことがあるそうで、そのエピソードを披露した。@@cutter 累計320万部を突破した東野圭吾の『マスカレード』シリーズ第一作でもある同名小説を実写映画化した本作は、連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事・新田浩介(木村)が事件を解明していく様を描く。  これまでさまざまな職業を演じてきた木村だが、今回初の刑事役を演じることに。だが、ホテルマンとして潜入捜査する役どころということで、「ようやく警察官役のバトンが回ってきたなと思ってたんですけど、クランクインして次の日にホテルマンになってしまって」と苦笑いし、「セカンドを待ちたいと思います」と続編で刑事を演じることに期待を。  潜入捜査する新田と共に事件の真相に迫る一流ホテルマン・山岸尚美を演じる長澤は、木村について「新田は正義感の強い役柄なので、木村さんにピッタリだなと思って見てました」と賛辞の言葉をおくり、自身はホテルマンを演じることについて「姿勢を意識した」と役作りを告白した。  今回、初共演になる木村と長澤だが、タイトルの仮面にかけて、共演してお互いの仮面を外せた瞬間があったかという質問が。  木村は「撮影の間はそんなに感じてない」と明かすも、以前プライベートで車を運転している時に路上にいる長澤をたまたま見かけたというエピソードを披露。「帽子も被ってないし、マスクもしていないし、眼鏡もかけてなく、彼女のままだった。一人で道をゆっくり歩きながら、ものすごい笑顔で空を見てた。そこで完璧に仮面が外れた長澤さんを見ました」と明かすと、長澤は「天気が良かったんです」と苦笑いしながら弁明を。  一方、長澤は12歳の時に母親とファッションビルで木村を見かけたエピソードを明かすも、「その時は木村拓哉さんでしたね」としみじみ。続けて「木村さんはスタッフやキャストに対して平等に接してくれて、裏表がなくて、みんなが頼れる兄貴。現場をひっぱってくれる半面、すごい穏やかな感じでとてもいい人でした」と笑顔で明かしていた。  映画『マスカレード・ホテル』は2019年1月18日より公開。

  • 長澤まさみ

    長澤まさみ、綾瀬はるから『海街diary』“4姉妹”の交流を語る

    エンタメ

     女優の長澤まさみが1日、『TOKIOカケル』(フジテレビ系/毎週水曜23時)に出演。今も続く映画『海街diary』の共演者らとの交友を語る場面があった。@@cutter TOKIOがMCを務めるバラエティ番組には9年ぶりの登場となった長澤。2007年に番組『メントレG』に初出演を話した頃は、長澤は若干19歳のころ。9年のブランクについて冒頭、長瀬智也はゲストの長澤に「嫌いなの?」と尋ねると、長澤は否定しながらも爆笑していた。  トークでは長澤の交友関係に話題に。「撮影が終わって、そのまま仲良くった俳優さんは?」と聞かれると、長澤は「『海街diary』で共演した(綾瀬)はるかちゃん、夏帆ちゃん、(広瀬)すずちゃんは未だに連絡を取っていたりします」と告白。それを聞いた長瀬が「自分から食事に誘ったりするの?」と質問すると、彼女は「誘います、映画の撮影中は率先して私が誘ってました」と撮影時のエピソードを披露した。  店は特に個室などは使わないそう。人気女優の4人がひと目もはばからず会食をしていることにTOKIOの面々は驚いていたが、「みんな普段はニュートラルだから、意外にバレない」と語っていた。

  • 映画本編でカットされた山田孝之&長澤まさみの未公開シーンを解禁!

    長澤まさみが山田孝之を誘惑!?『50回目のファーストキス』未公開シーン解禁

    映画

     山田孝之と長澤まさみが主演した映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVD発売に先駆け、豪華版の特典ディスクに収録される「未公開映像&NGシーン」の中から、映画本編でカットされた山田と長澤の未公開シーンの一部が解禁された。ゴルフ中の大輔(山田)を甘い言葉で誘惑する肉食系の瑠衣(長澤)の姿に注目だ。@@cutter 本作は、プレイボーイから一転、一人の女性を想い続けるようになった大輔と、交通事故の後遺症により新しい記憶が1日で消えてしまう瑠衣の、笑って泣けるハッピーなラブストーリー。映画『斉木楠雄のΨ難』や「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで知られる福田雄一監督が初の本格ラブストーリーに挑んだ作品としても話題となった。  今回公開された映像は、長澤演じる瑠衣が山田演じる大輔を甘い言葉で誘惑するという、本編ではカットされた未公開シーンの一部。2004年に公開されたアダム・サンドラーとドリュー・バリモア主演の『50回目のファースト・キス』にも類似したシーンがあり、オリジナル版を彷彿とさせる。 @@insert1  映像は、大輔、ウーラ(ムロツヨシ)、和彦(勝矢)、すみれ(山崎紘菜)の4人がゴルフ場をラウンドするシーンからスタート。ウーラは自身が経営するレストランを訪れた女性客を大輔に紹介しようとするが、大輔には気になる女性がいるようで、新たな出会いに乗り気ではない様子だ。大輔に密かに想いを寄せるすみれは「もしかしてそれ、灯台下暗し的な?」と自分のことだと勝手に思い込む。そんなすみれに対し、ウーラが「どうした?なんでお前が照れてるんだよ!」とつっこむ場面もあり、福田組ならでの掛け合いが続く。  そんなウーラたちを横目にボールを打つ大輔だが、ボールはグリーンを超えて崖下へ…大輔がボールを拾いに崖下へ向かうとそこに瑠衣が現れる。驚きながらも「ずっと君のことを考えてた」という大輔に、瑠衣は「あなたを食べちゃいたい。明日も、明後日も…」とささやきながら誘惑。映画本編の瑠衣とは一味違う、セクシーで肉食系の瑠衣が見られる。  実はこのシーンは、ゴルフ中に気絶した“大輔の夢”という設定。そんな設定だけに「こんなことあったらいいな」という男性の妄想を実現したような展開となっている。 @@insert2  豪華版ブルーレイ&DVD セットのみに封入される特典ディスクには、今回公開された映像をはじめ、瑠衣がカフェで朝食にワッフルを食べる象徴的なシーンのNGや、山田とムロが撮影の合間にゆる~くハワイを散策する「大輔&ウーラの休日!山田孝之とムロツヨシのハワイゆる~り旅」スペシャル映像など、ファン必見の映像が約100分も収録されている。さらに、劇中で瑠衣が毎日書き続けた「瑠衣の日記」(中面90ページ)も初回生産限定特典として封入される。  映画『50回目のファーストキス』ブルーレイ&DVDは11月2日(金)発売&レンタル開始。デジタル先行配信中。 @@insert3

  • 『マスカレード・ホテル』メインビジュアル

    木村拓哉×長澤まさみ『マスカレード・ホテル』予告&メインビジュアル公開

    映画

     木村拓哉が主演を務め、長澤まさみが共演する、東野圭吾原作の映画『マスカレード・ホテル』から予告編が到着。公開された映像には、木村演じる刑事がホテルマンとして潜入捜査を展開する様子や、超豪華な追加キャスト陣の姿が収められている。@@cutter 『マスカレード・ホテル』は、シリーズ累計310万部を突破した東野作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。次々と現れる素性の知れない宿泊客の“仮面(=マスカレード)”をはがそうとする木村演じる警視庁捜査一課の刑事と、その“仮面”を守ろうとする長澤演じるホテルマン。相反する2人の異色バディが難事件に挑む。  このたび解禁された予告編は、容疑者もターゲットも不明の不可解な連続殺人事件の、次の犯行現場に予告されたホテルに、刑事の新田浩介(木村)がフロントクロークとして潜入。宿泊客を“容疑者”として疑う新田と、宿泊客を信じるホテルマン・山岸尚美(長澤)が捜査の中でぶつかり合う姿や、ホテルマンに扮した新田を怒鳴りつける宿泊客たちの様子が収められている。  予告編の公開に併せて、超豪華ミステリーの名にふさわしいキャスト20名も一挙に解禁。新田と同じ刑事に小日向文世、梶原善、泉澤祐希、篠井英介、渡部篤郎。そして、山岸と同じホテルマンに石川恋、東根作寿英、鶴見辰吾、石橋凌。そしてホテルを訪れる素性の知れない宿泊客たちを演じるのは、濱田岳、前田敦子、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、生瀬勝久、松たか子といった面々。  さらにメインビジュアルも公開されており、木村と長澤の姿を中央に、豪華キャスト陣が勢ぞろいしたスケール感たっぷりのデザインに仕上がっている。  映画『マスカレード・ホテル』は、2019年1月18日より全国公開。

  • 映画『キングダム』ポスタービジュアル

    山崎賢人主演、実写『キングダム』迫力の本編&メイキング映像公開

    映画

     俳優の山崎賢人が主演を務める実写映画『キングダム』より、本編とメイキングの模様を収めた動画が公開された。本編映像には、山崎扮する主人公・信と、吉沢亮が演じる後の始皇帝・贏政(えいせい)の運命的な出会い、そして長澤まさみ演じる楊端和のアクションシーンなどが収められている。@@cutter 本作は、中国の春秋戦国時代を舞台にした人気漫画『キングダム』(集英社)を実写映画化。天下の大将軍を目指す孤児の少年・信(山崎)が、幼なじみで親友の漂(吉沢)の死を経験したのちに、戦いに身を投じながら成長していく姿を描く。キャストには、山の民を武力で束ねた美しき王・楊端和(ようたんわ)役で長澤まさみ、河了貂(かりょうてん)役で橋本環奈、成キョウ(せいきょう/※キョウは虫へんに喬)役で本郷奏多、壁(へき)役で満島真之介、昌文君(しょうぶんくん)役で高嶋政宏、騰(とう)役で要潤、王騎(おうき)役で大沢たかおも名を連ねている。  原作者である原泰久の「早く皆さんに観てほしい気持ちでいっぱいです!」というコメントで始まるメイキング映像は、中国ロケの模様を収録。信が刀を掲げながら雄たけびを上げる姿や、竹林で見せる緊迫した表情を映し出す。その後は平原での大規模な戦闘シーンの撮影風景が続き、山崎・吉沢・橋本が撮影の感想を報告する模様も。山崎が懸命に殺陣に挑む姿の後には、メガホンを取った佐藤信介監督や原も登場している。  一方の本編映像には、物語の舞台となる春秋戦国時代の背景説明に続いて、王宮における戦いで傷ついた漂が信の腕の中で力尽きるシーンが登場。信、そして国を追われた若き王・贏政の運命的な出会いが映し出されると、楊端和が複数の敵を一瞬にしてなぎ倒す姿、河了貂が見せる驚きの表情、成キョウの厳しい視線も。さらに、壁、昌文君、騰、王騎の姿も確認できる。  映画『キングダム』は2019年4月19日より全国公開。

  • 映画『キングダム』製作報告会見にて、左から吉沢亮、山崎賢人、長澤まさみ

    山崎賢人、映画『キングダム』で「死ぬ気」 吉沢亮、長澤まさみも出演

    映画

     俳優の山崎賢人が、中国の春秋戦国時代を舞台にした人気漫画『キングダム』の実写映画に主演することが分かった。将軍を目指す孤児の少年・信を演じる山崎は9日、都内で行われた製作報告会見で「熱さを胸に持って、死ぬ気で、身を削る思いで撮影に挑んだ」とコメント。メガホンは『図書館戦争』『GANTZ』『BLEACH』などの佐藤信介監督が握る。@@cutter 山崎は2年前、同作の連載10周年記念の特別映像でも主役に起用されており「運命的なものを感じている」という。信の役作りのため、食事制限で体を細くし、アクションと乗馬練習も重ねた彼は「信の野生のようにぴょんぴょん動き回る戦い方が難しかった。信ならではの動きを考えてやれたのは楽しかった」と振り返った。  撮影は中国と日本で行われ、すでにクランクアップ。山崎は「印象に残っているシーンは全部。とにかく濃厚だった。ちょっとだけ映像を見せてもらいましたが、CGも音もちゃんと入っていない状態でもエネルギーとうか、ずっと観ていたくなる映像になっていた」と手応えを感じさせた。  信の幼なじみであり親友の漂と、後の始皇帝・贏政を演じた吉沢とは4度目の共演。山崎は「普段、友達としても役者としても信頼している。亮くんがいて助けられた部分があった」と感謝を伝えた。  そんな吉沢は、原作の大ファン。山崎と同様「皆さんと1つの作品を身を削る思いで、全身全霊で挑めた」と言い、始皇帝役とあって「王様なので立ち姿や話し方を意識した。内から出るオーラみたいな、とんでもない輝きを持っている役だったので試行錯誤した」と語った。  また、山の民を武力で束ねた、美しき王・楊端和(ようたんわ)役は長澤が担当。「絶対的な強さを持つ役だったので、佇まいをどう出せばいいのか苦労しました。本格的なアクションをやるのは初めてだったのですが、2人(山崎と吉沢)の本気の姿に私もいい影響をもらい、出せる力を出せた」と語った。役作りでは「王様なので部下としゃべらないようにしていたのですが、部下の方が話しかけてきてうまくいかなかった」と笑いながら明かした。  そのほか、河了貂(かりょうてん)役を橋本環奈、成キョウ(せいきょう/※キョウは虫偏に喬)役を本郷奏多、壁(へき)役を満島真之介、昌文君(しょうぶんくん)役を高嶋政宏、騰(とう)役を要潤、王騎(おうき)役を大沢たかおが演じることも発表された。  映画『キングダム』は2019年4月19日より全国公開。

  • 「ハワイなので気持ちはすごく良いですね」と笑顔を見せる山田孝之

    山田孝之と長澤まさみが意気込みを語る!『50回目のファーストキス』映像特典公開

    映画

     『斉木楠雄のΨ難』「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで知られる福田雄一監督初の本格ラブストーリー監督作品で、山田孝之と長澤まさみが主演した映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVD が11月2日にリリースされる。リリースに先駆け、山田と長澤が全編完全ハワイロケの意気込みや役作りについて語る映像特典の一部が公開された。@@cutter 本作は、プレイボーイから一転、一人の女性を想い続ける大輔と記憶が1日しか持たない瑠衣を、山田と長澤が魅力的に演じ、ムロツヨシ、勝矢、太賀、山崎紘菜、大和田伸也、佐藤二朗ら豪華キャスト陣の出演も話題となった、笑って泣けるラブストーリー。2004年に公開されたドリュー・バリモア主演の『50回目のファースト・キス』と同じく、全編ハワイで撮影が行われた。 @@insert1  今回公開された映像は、豪華版ブルーレイ&DVDセットの特典ディスクに収録されているメイキング&インタビュー映像の一部。「ハワイなので気持ちはすごく良いですね」と笑顔を見せる山田は、「でも、1ヵ月間もハワイなんて絶対だらけちゃうので、それが大丈夫なのか…」とハワイでの撮影について率直な気持ちを語る。また、自身が演じた大輔について「キャラクターとしてはガチガチに作り込むキャラクターではないので、割とフラットに自分に近い感じで出来るんじゃないかと思います」と演じたポイントを明かす。 @@insert2  一方で長澤は、キスシーンが多い本作について「恥ずかしいなって(笑)。恥ずかしさが出ないように、撮影で少しずつ山田さんに慣れたらなと思います」と、率直な気持ちを告白。さらに、「もともと人気のある作品なので、原作のファンの方にも受け入れてもらえる作品にしなくちゃいけないなというプレッシャーはありますけど、日本の笑いに変えて新しく生まれ変わると思うと楽しみなところが多いので、楽しく面白いものを作れたらなと思います」と、笑いが絶えない福田組ならではの撮影に参加する意気込みを語っている。 @@insert3  豪華版ブルーレイ&DVDセットのみに封入される特典ディスクには、今回公開された映像のほかに、未公開映像やNGシーンはもちろん、山田とムロが撮影の合間にゆる~くハワイを散策する「大輔&ウーラの休日!山田孝之とムロツヨシのハワイゆる~り旅」スペシャル映像など、ファン必見の映像特典が収録されている。さらに、劇中で長澤演じる瑠衣が健気に毎日書き続けるあの「瑠衣の日記」も初回生産限定特典として封入される。  映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVDは、11月2日(金)発売、同時レンタル開始。デジタル先行配信中。 @@insert4

  • 映画『コンフィデンスマンJP the movie』キャストクランクアップ写真

    『コンフィデンスマンJP』映画版クランクアップ 今度の舞台は香港

    映画

     女優の長澤まさみ、俳優の東出昌大、小日向文世が共演する映画『コンフィデンスマンJP the movie』がクランクアップを迎え、場面写真とキャストのコメントが解禁となった。主演の長澤は「今回は“愛”がテーマということで、ダー子に対して人間味を感じられる物語になっているので、そこにも注目してほしいですね」と語っている。@@cutter 本作は4月期に放送されたフジテレビ月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画化。香港を舞台に、史上最大のターゲットを巡って、ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)が繰り広げる壮大な騙しを描く。約1ヵ月半に及んだ映画の撮影は、香港と日本の酷暑の中で進み、フジテレビ湾岸スタジオにてクランクアップを迎えた。今回解禁された場面写真には、おなじみの3人が勢ぞろいした冒頭シーンが収められている。  長澤は「ドラマの第9話(ラス前回)で映画の告知をしたときに、これも詐欺なんじゃないかと思った方も多かったと聞きました。私たちとしては騙す気なんてさらさら無かったんですが(笑)」と回想。「ドラマで4ヵ月間、一緒に寒い冬を乗り越えたキャスト・スタッフだからこそ分かり合えた瞬間が沢山あって、映画の撮影時はお互いの持っているものを出し尽くせた実感があったので、毎日楽しかったです。とても豪華なゲストに加えて、色々な方々が助っ人で来てくださって、見応えのある作品になっていると思います」と手ごたえを感じている様子だ。  一方の東出は「4ヵ月間、ドラマの現場を共にしたからこそ出来上がった仲の良い空気感で、撮影を乗り越えることが出来ました。今回はとにかく派手。舞台が香港なので、そこで撮れた街並みや料理、スケールアップした衣装、もちろん騙しも含め、ドラマでは見られないスケールの大きさになっていると思います。今までとは違う新しい『コンフィデンスマンJP』の世界を見ることができるのを僕も楽しみにしています」とコメント。  小日向は「1ヵ月半の撮影を振り返ると、香港はやっぱり強烈でしたね。色々な食べ物とか、泊まっている場所の周辺とか、非常に刺激的でした」と話している。  映画『コンフィデンスマンJP the movie』は2019年に全国公開。

  • 長澤まさみ演じる瑠衣の“想い”が明らかに!「瑠衣の日記」の一部が公開

    『50回目のファーストキス』長澤まさみ演じる瑠衣の“想い”が明らかに! 日記の一部公開

    映画

     山田孝之、長澤まさみが主演を務め、『斉木楠雄のΨ難』「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督がメガホンをとった映画『50回目のファーストキス』。同作の公式ツイッター(@50kissjp)が更新され、記憶が1日しか持たない瑠衣(長澤)が毎日の出来事を書き残していた日記の一部が公開された。@@cutter 本作は、ハワイのオアフ島を舞台に、ツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしているプレイボーイの大輔(山田)と、明るくて魅力的な地元の女性、瑠衣との恋愛模様を描くラブストーリー。劇場公開後は女性を中心にSNSで口コミが広がり、興行収入12.5億円超えの大ヒットを記録した。  今回、同作の公式ツイッターで一部が公開された「瑠衣の日記」は、11月2日発売の『50回目のファーストキス』豪華版ブルーレイ&DVDセットに封入されるもの。事故のことを知った日のページには、「私は彼と付き合ってるみたい。全然覚えてないけど」「大輔は日本人。私より少し年上。ハワイには結構前から住んでる」「一緒にいると楽しい」など、大輔について細かく書かれており、瑠衣の想いの全てを知ることができる。 @@insert1  映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVDは、11月2日(金)発売。 引用:https://twitter.com/50kissjp

  • 山田孝之、長澤まさみ主演の話題作『50回目のファーストキス』ブルーレイ&DVD発売決定!

    山田孝之、長澤まさみ主演『50回目のファーストキス』11月2日BD&DVD発売決定

    映画

     山田孝之、長澤まさみが主演を務め、『斉木楠雄のΨ難』「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督が初の本格ラブストーリーに挑んだ映画『50回目のファーストキス』のブルーレイ&DVDが11月2日に発売されることがわかった。豪華版は、本編ブルーレイとDVDに、未公開シーンやNGシーンなど貴重な映像が収録された特典ディスク(DVD)がついた3枚組となっている。@@cutter 劇場公開後は女性を中心にSNSで口コミが広がり、興行収入12.5億円超えの大ヒットを記録した本作。毎日の出来事を健気に記録し、純粋に生きる瑠衣(長澤)の姿と、毎日何度でも瑠衣を思い、彼女を純粋に愛する大輔(山田)の姿に感動の声が続出した。  さらに、2004年に公開されたドリュー・バリモア主演の『50回目のファースト・キス』と同じく全編完全ハワイロケを敢行したことや、ムロツヨシ、勝矢、太賀、山崎紘奈、大和田伸也、佐藤二朗ら豪華キャストの共演、平井堅が本作のためだけに書き下ろした主題歌「トドカナイカラ」も大きな話題を呼んだ。 @@insert1  今回、発売日が発表された本作のブルーレイ&DVD 豪華版には、メイキング&インタビュー、未公開映像やNG シーンはもちろん、山田とムロが撮影の合間にゆる~くハワイを散策する「大輔&ウーラの休日!山田孝之とムロツヨシのハワイゆる~り旅」スペシャル映像など、貴重な映像の数々が初収録されている。  また、福田監督、山田、長澤、太賀によるオーディオコメンタリーも新録。さらに、劇中で瑠衣が健気に毎日書き続けるあの「瑠衣の日記」も封入もされている。  『50回目のファーストキス』ブルーレイ&DVDは、11月2日(金)発売。同時レンタル開始。9月26日(水)より順次デジタル先行配信。

  • 『マスカレード・ホテル』ティザービジュアル

    木村拓哉&長澤まさみ『マスカレード・ホテル』、特報とビジュアル解禁

    映画

     木村拓哉が主演を務め、長澤まさみが共演する、東野圭吾原作の映画『マスカレード・ホテル』から特報映像が到着。公開された映像には、木村演じる潜入捜査官や、長澤演じるホテルマンの姿が収められている。@@cutter 『マスカレード・ホテル』は、シリーズ累計300万部を突破した東野作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。次々と現れる素性の知れない宿泊客の“仮面(=マスカレード)”をはがそうとする木村演じる警視庁捜査一課の刑事と、その“仮面”を守ろうとする長澤演じるホテルマン。相反する2人の異色バディが難事件に挑む。  このたび公開された特報映像は、流麗なカメラワークでホテルの外観からエントランス、そしてロビーを捉えた映像からスタート。カメラに向かって長澤演じるホテルマンの山岸尚美が笑顔で「いらっしゃいませ」と挨拶すると雰囲気は一転。木村演じる潜入捜査官の新田浩介が怪しげに周囲を見回す様子や、パニックに陥る高級ホテルのロビー、謎の数字の羅列など、難事件を予感させる仕上がりとなっている。  また特報映像の公開と併せて、ティザービジュアルも解禁。ホテルマンに扮した木村や長澤の姿を確認することができる。  映画『マスカレード・ホテル』は2019年1月18日より全国公開。

  • (左から)長澤まさみ、橋本環奈、夏菜

    橋本環奈&長澤まさみ&夏菜の“浴衣美女3ショット”にファン歓喜

    エンタメ

     女優の橋本環奈、長澤まさみ、夏菜の浴衣姿が、三人が出演する映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)の公式アカウントに投稿された。美女ぞろいの豪華ショットに「かわいい」「素敵」といった感想が集まっている。@@cutter 本作は、空知英秋による人気コミック『銀魂』を実写化した第2弾。今回、実写化されるのは、最もアツい展開が原作ファンに人気の「真選組動乱篇」と、隠れ人気キャラの“将ちゃん”こと、江戸幕府第14代征夷大将軍が登場する「将軍接待篇」を融合させたエピソード。前作から神楽役の橋本、志村妙役の長澤が続投し、今作からは猿飛あやめ役で夏菜が加わる。  「完成披露試写会、大盛況ありがとうございましたッッッ」とのキャプションで公開されているのは、同作の完成披露試写会に浴衣姿で臨んだキャスト陣のオフショットだ。橋本、長澤、夏菜が並んだ3ショットのほかに、橋本は吉沢亮との2ショットでも登場している。  ファンからは美女三人の浴衣姿に「かわいい」「浴衣 素敵です」「環奈ちゃん色っぺぇ」といった声が集まった。また、公開が1週間後と迫った映画の方にも「めっっさたのしみです!!!」「はよ観にいきたい」といった待ちきれないファンの声が集まった。 引用:https://www.instagram.com/gintamafilm/

  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』完成披露試写会にて

    小栗旬、菅田将暉と「真選組がかっこよすぎる」といじける

    映画

     俳優の小栗旬が、9日に都内で開催された映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の完成披露試写会に共演の菅田将暉、橋本環奈と共に登壇。イベントでは、小栗が本編を見た際に「真選組がかっこよすぎる」といじけていたことを暴露された。@@cutter 本作は、空知英秋による人気漫画『銀魂』の実写映画化第2弾。原作でも人気の「真選組動乱篇」と、隠れ人気キャラの“将ちゃん”こと江戸幕府第14代征夷大将軍が登場する「将軍接待篇」を織り交ぜた物語が展開する。イベントには、ほかに柳楽優弥、三浦春馬、窪田正孝、吉沢亮、勝地涼、夏菜、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、佐藤二朗、福田雄一監督、エリザベスが登場した。  主人公の坂田銀時に扮する小栗は、映画を見た感想を問われると「ちょっと長かったですね」とコメント。これを聞いた福田監督と佐藤からは「こら!」とすかさずツッコミが入った。小栗は「2時間14分。ちょっと長い。あと14分削れば2時間だった」とジョークを飛ばしつつも「その長さを感じない、素晴らしい映画になっていたので、皆さん今日楽しんでいただけると思います」と作品の仕上がりに手ごたえをのぞかせた。  福田監督は、そんな小栗が映画を見た後「真選組がかっこよすぎる」といじけていたことを暴露。これを受けた小栗は、真選組を演じたキャストを指し「だってさあ、すげーいいんすよ。本当にこっちの人たち」と羨望のまなざしを向けた。菅田も「後半に感動しました。僕らがいないところが」と言い、試写で小栗と「終わった瞬間に、(真選組)かっこよかったね」と言い合ったことを明かした。  一方、江戸幕府第14代征夷大将軍・徳川茂茂を演じ、先日に前田敦子との結婚を発表した勝地は、結婚指輪をして登場。福田監督に指輪を見せるよう促されると「幸せです」とニッコリ。また「そのもう一本は誰がしてるの!?」と振られると、独特な発音で「あっちゃん」と答えて一同を笑わせていた。  映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は8月17日公開。

  • (左から)新垣結衣、石原さとみ

    新垣結衣が1位、石原さとみが2位に 「夏旅を一緒に楽しみたい芸能人」

    エンタメ

     女優の新垣結衣が、「ロマンチックな夏旅を一緒に楽しみたいと思う芸能人」を男性に聞いたところ、1位に輝いた。2位には石原さとみ、3位には綾瀬はるかが選ばれている。@@cutter 今回の結果は、モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社が、2018年6月20日~22日の3日間実施した「ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査2018」をインターネットリサーチにより実施し、全国の30歳~59歳のビジネスパーソン2000名の回答を集計した結果に基づくもの。  男性1429人に「ロマンチックな夏旅を一緒に楽しみたいと思う芸能人」を聞いたところ、女性芸能人トップの新垣、2位の石原に続いての3位は綾瀬となった。  さらに4位には深田恭子、5位に北川景子、6位に長澤まさみ、7位に有村架純、8位が同率で広瀬すずと壇蜜、10位が同率で佐々木希、ローラ、石田ゆり子という結果となっている。

  • (左から)新垣結衣、石原さとみ

    新垣結衣&石原さとみが1位に 「一緒に海に行きたい芸能人」

    エンタメ

     女優の新垣結衣と石原さとみが「一緒に海に行きたい芸能人」の女性芸能人で共に1位に輝いた。男性芸能人では俳優の竹内涼真が選ばれている。@@cutter 今回の結果はマルハニチロ調べによるもので、全国の15歳~59歳の男女に対し、「海の幸と海の思い出に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1000名の有効回答サンプルを集計した。  「一緒に海に行きたい芸能人」の女性芸能人トップの新垣、石原に続いての3位は綾瀬はるか、深田恭子が続いた。5位に橋本環奈、6位に広瀬すず、長澤まさみ、8位に桐谷美玲、白石麻衣、10位に吉岡里帆、本田翼、安室奈美恵という結果だった。  対して、男性芸能人ではトップの竹内に続いて、2位に相葉雅紀、3位に綾野剛、4位に海のイメージが強い、さかなクン、加山雄三、6位に高橋一生、新田真剣佑、平野紫耀、明石家さんま、木村拓哉となっている。

  • 実話をベースに描かれた、長澤まさみ×高橋一生『嘘を愛する女』レンタル開始

    “愛する人の素性が全て嘘だった…” 長澤まさみ×高橋一生『嘘を愛する女』レンタル開始

    映画

     長澤まさみと高橋一生が共演し、「夫は誰だった?」というセンセーショナルな見出しで実在した新聞記事をベースに描かれた映画『嘘を愛する女』。今年1月の劇場公開初週には全国動員ランキング初登場2位(興行通信社調べ)を記録した本作のブルーレイ&DVDが、7月18日よりTSUTAYA先行にてレンタル開始される。@@cutter 『嘘を愛する女』は、新たな才能の発掘を目指し開催された映像作品の企画コンペ「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM」で、応募総数474本の中から見事初代グランプリを受賞し、映画化された作品。一流企業に勤める完璧なキャリアウーマンの川原由加利(長澤)は、5年間同棲中の恋人・小出桔平(高橋)と結婚を考えていたが、あることがきっかけで、由加利は桔平の“大きな嘘”に翻弄されていく。 @@insert1  共演は、長い髪とメガネがトレードマークでデジタル系に強い探偵の助手・木村役にDAIGO、桔平を一途に思いストーカーまがいの行動を繰り返す女子大生・心葉役に川栄李奈、そして最近では『おっさんずラブ』でコミカルな役どころを見せた吉田鋼太郎が一転、無愛想な元警察官の私立探偵・海原匠役を演じている。  メガホンを取ったのは『蒼い手』『single』の中江和仁監督。中江監督は本作を手掛ける前に、2008年にアジア最大規模の広告祭、ADFEST(アジア太平洋広告祭)のFabulous4部門にてグランプリを獲得するなど、CM界の若き才能として注目を集めてきた。 @@insert2  また、本作のレンタル開始を記念して、TSUTAYAではクイズに正解して応募すると豪華旅行や人気家電が当たるキャンペーンを実施。さらに、『嘘を愛する女』を含む対象作品のレンタルで、TポイントがGETできるTポイント山分けキャンペーンが開催される。  映画『嘘を愛する女』ブルーレイ&DVDは、7月18日よりTSUTAYA先行レンタル開始。同日、ブルーレイ&DVD発売。(発売・セル販売元:東宝株式会社、レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ)

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access