ブラッドリー・クーパー 関連記事

  • プロレスラー、ハルク・ホーガンを演じるというクリス・ヘムズワース

    クリス・ヘムズワース、ハルク・ホーガン伝記映画で主演か

    映画

     映画『マイティ・ソー』シリーズの俳優クリス・ヘムズワースが、再び鍛え上げた肉体を披露することになりそうだ。アメリカの伝説のプロレスラー、ハルク・ホーガンの半生を描く伝記映画で主演を務めるという。@@cutter The Hollywood Reporterによると、ホーガンの伝記映画はNetflixで製作されるという。映画『ハングオーバー!』シリーズや、俳優ホアキン・フェニックス主演のジョーカー映画『The Joker(原題)』のトッド・フィリップス監督がメガホンを取る。脚本は映画『ザ・ファイター』のスコット・シルヴァーが、映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』のジョン・ポローノと執筆する。  アメリカのプロレス界の顔として時代を築いたホーガンは、米プロレス団体WWEの前身WWFでプロデビュー。新日本プロレスでも活躍し、日本のプロレスファンの間でもおなじみの顔となった。  情報筋の話では、映画はホーガンの生涯を描くのではなく、ホーガンの初期を中心にして、プロレスラーとしてスターダムに駆け上がるさまを描くオリジナルストーリーになるという。  製作には、フィリップス監督と映画製作会社を立ち上げた俳優のブラッドリー・クーパーやクリスも名を連ねる。また、ハルク・ホーガンことテリー・ジーン・ボレア(本名)が、コンサルタント兼製作総指揮として参加するとのことだ。

  • 第76回ゴールデン・グローブ賞の主題歌賞を受賞したレディー・ガガ

    レディー・ガガ、GG賞受賞トロフィー片手にベッドの中でニッコリ

    セレブ&ゴシップ

     現地時間6日に開催されたゴールデン・グローブ賞映画の部で主題歌賞を受賞した歌手のレディー・ガガ。賞の翌朝はベッドの中でトロフィーを持ってシリアルを食べたようだ。婚約者のクリスティアーノ・カリノ氏が、自身のインスタグラムで愛らしいガガの姿を披露した。@@cutter 白黒の写真の中で、ガガは寝起きが恥ずかしかったのか、片手で目を隠し、もう片方の手でトロフィーを握っている。シーツの上にはアニメ『原始家族フリンストーン』がパッケージを飾るシリアル「Fruity Pebbles」。好きなものに囲まれて目覚めたようだ。  主演を務める音楽映画『アリー/スター誕生』の楽曲“シャロウ ~『アリー/スター誕生』 愛のうた”で主題歌賞を獲得したガガ。E!Onlineによると、共作したマーク・ロンソン、アンソニー・ロッソマンド、アンソニー・ワイアットと共にステージに上がり、涙で声を詰まらせながら「音楽に携わる女性がミュージシャン、ソングライターとして真剣に受け止めてもらうことは本当に難しい。この素晴らしい男性陣が私を引き上げ、支えてくれました」と、受賞スピーチでマークたちに感謝を示したという。  ガガはその後、映画の監督を務め、共演した俳優のブラッドリー・クーパーと並んでいる写真を自身のインスタグラムに投稿している。受賞した時は感極まり、言いたいことを全て言えなかったとして、ブラッドリーに感謝し、「彼は全力で歌いきってくれたし、素晴らしい映画や彼が作り出す瞬間や彼の指揮、彼の曲に対する貢献がなければ、この歌はこれだけの称賛を得られていない」と、コメントしている。 引用: https://www.instagram.com/christiancarino/ https://www.instagram.com/ladygaga/ https://www.instagram.com/iammarkronson/

  • ブラッドリー・クーパーが周囲の反対押し切り、『アリー/ スター誕生』を手掛けた理由とは

    『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパー、周囲の反対押し切り執念の映画化

    映画

     本日より公開される映画『アリー/ スター誕生』で、製作・監督・共同脚本に加え、劇中、ダブル主演を務めるレディー・ガガと対等のステージ・パフォーマンスを披露した俳優のブラッドリー・クーパー。約半年間にわたるギター、ピアノ、歌の猛特訓に耐えながら、1人4役を完璧にこなし、今や、本年度の映画賞を総なめにしそうな勢い。「絶対にやめたほうがいい」という周囲の猛反対を押し切ってまで、彼はなぜ、この壮大なチャレンジに身を投じたのか。胸に秘めた熱い思いをブラッドリー本人が語った。@@cutter 本作は、1937年の『スタア誕生』を皮切りに、これまで3度映画化されてきた物語を、映画初主演のガガと映画初監督のブラッドリーで新たに作り上げた感動のシンデレラストーリー。歌手としてスターになることを夢見ながらも、自分に自信が持てないアリー(ガガ)は、小さなバーで細々と歌っていた。そんなある日、偶然、このバーを訪れた世界的ロックスター、ジャクソン(ブラッドリー)は、アリーの歌声に唯一無二のものを感じ、ショービジネスの世界へと招き入れる。 @@insert1  映画『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』『アメリカン・スナイパー』で3年連続アカデミー賞主演男優賞候補になるなど、俳優として確固たる地位を築きながらも、本作で“監督”という新たなチャレンジに打って出たブラッドリー。「演じることはもちろん大好きだけれど、子供のころから映画というメディアを通して物語全体を作り上げることにとても興味があった」と明かす。「私にとって『アリー~』は、自分の人生にとても深いつながりを感じる特別な物語。究極と言ってもいい“愛”を感じるんだ。だから、絶対に他の人に語らせたくなかった。どうしても自分の手で伝えたかったんだ」。  アリーとジャクソンの心情に迫る至近距離でのカメラワーク。セリフを間違えても、言葉がかぶっても、カメラを回し続けるドキュメンタリーのようなアプローチ。約2ヵ月間、演奏シーンを含めたリハーサルを徹底的に行い、それを基盤にしながらミスもアドリブもどんどん採り入れる一発本番の撮影手法は、まさにリアルを追求する“ブラッドリー”ワールド。これまでリン・ラムジー(『ビューティフル・デイ』)やジョナサン・グレイザー(『記憶の棘』)、ポール・トーマス・アンダーソン(『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)、トマス・ヴィンターベア(『セレブレーション』)など、さまざまな映画監督の影響を受け、「多くのことを学んできた」というブラッドリーは、「真実を捉えることができれば、メッセージは人の心に必ず響く」という信念をこの映画に注ぎ込んだ。 @@insert2  製作、監督、脚本、主演、さらに歌と演奏も自らこなすという膨大な作業を目の前に、「確かに気が変になるほど怖さを感じた」というブラッドリー。周囲の人間からも「絶対にやらない方がいい」と強く止められたそうだが、彼は一切耳を貸さず、新しいチャレンジに身を投じた。「きっと『アリー~』に対する愛の力が、想像以上のエネルギーをくれたんだと思う」と真っ直ぐな目で語る彼は、「心が決まったら前に進むだけ。この物語をいかに映画的に、ダイナミックに表現するかをスタッフ&キャストが一丸となって毎日考えた。手を休めることなく、考えて、考えて、考え抜いた」と振り返る。  そして最後に、忘れてならないのが、本作の“命”であるガガの存在。初監督にして、この世界的なアーティストの「初主演作を託される」という重責もブラッドリーにとって相当なプレッシャーだったようだが、彼女をキャスティングしたときから、「直感的に彼女なら大丈夫だ」と確信したという。「ステファニー(ガガの本名)を形成している優しさや温かさ、慈悲深さといった側面をきちんと捉え、アリーという人物にチューニングできれば、素晴らしいキャラクターになると思った。彼女は私のことを心から信頼してくれて、強い意志を持って全てをさらけ出し、心を明け渡してくれた」と称賛。 @@insert3  容姿を揶揄され、心に深い傷を負ったガガ自身の半生にもつながる本作。「夢を次々と実現している大スターが、どれだけの苦悩と努力を積み重ねてきたか…この映画を観ればさまざまな思いがめぐるはず」。クライマックスで魅せるガガの魂の熱唱は、観る者全ての心に響き渡ることだろう。(取材・文:坂田正樹)  映画『アリー/ スター誕生』は12月21日(金)より全国公開。 @@insert4

  • 映画『アリー/ スター誕生』の主題歌「シャロウ~」を歌うシーン

    レディー・ガガ、泣いて笑って…『アリー/ スター誕生』主題歌&メイキング映像公開

    映画

     歌姫レディー・ガガが映画初主演を務める『アリー/ スター誕生』。歌手の夢をあきらめていた主人公アリーが、ウェイトレスからスターへと駆け上がっていく姿を描く本作から、主題歌である「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」に乗せて、本編&撮影の舞台裏を凝縮させた特別長尺メイキング映像が公開された。@@cutter 公開されたメイキング映像は、約4分間の長尺。ガガ演じるアリーと、ブラッドリー・クーパー演じるジャクソンの愛のドラマ、そしてアリーが時に、泣き、笑い、スターへと駆け上がってゆくシンデレラストーリーの裏側を丁寧に紡ぐ。 @@insert1  主演のガガは、オリジナル楽曲に関して、「私はアリーの目線でうたを作っていったの。だからアリーの物語が進むにつれて、彼女の歌う“うた”も変わっていくわ。サウンドトラックに入っている、多くの“うた”は、ジャクソンの音楽から影響を受けているのよ」と明かしている。アリーがスターへの階段を駆け上がるにつれて、彼女の歌う“うた”が変化してゆく様子にも注目だ。  さらに、ガガは日本のファンに向けて「日本のファンの皆さんには『自分自身に正直でいなさい』と言いたいわ。一番大事なことは、自分の内なる声に耳を傾けることよ。ありのままでいて良い。ありのままの自分を愛して良いのよ」とメッセージを送っている。 @@insert2  ベネチアや、トロントなど主要な国際映画祭で上映された本作は、圧倒的な支持を得て全世界の興行収入はすでに400億円を突破。ゴールデン・グローブ賞でも作品賞・主演男優賞・主演女優賞など計5部門にノミネートされるなど、世界中がアリーの物語に釘付けになっている。  また、主題歌を収めた『アリー/ スター誕生 サウンドトラック』は、全米アルバム・チャート3週連続1位という記録を打ち立て、『ラ・ラ・ランド』や『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラックを超える快挙を達成。さらに、グラミー賞では4部門でノミネートされるなど、世界中で社会現象となっている。  愛と成功のはざまで、アリーは最後に何をつかむのか?この冬、圧巻のパフォーマンスで日本中が感動の涙に包まれる。  映画『アリー/ スター誕生』は、12月21日(金)より全国公開。

  • 映画『アリー/ スター誕生』レディー・ガガの主演抜擢の決め手は“美しい瞳”

    レディー・ガガ、主演抜擢の決め手は“美しい瞳” 『アリー/ スター誕生』監督が告白

    映画

     歌手のレディー・ガガが映画初主演を務める『アリー/ スター誕生』で監督・主演のブラッドリー・クーパーが、ガガを主演に抜てきした経緯について明かした。ブラッドリー監督は、ガガと初めて会った時「僕はそのあまりにも美しい瞳に惚れてしまったんだよ」とガガの瞳の美しさに心を奪われたと告白している。@@cutter 世界的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー)に歌の才能を見いだされ、スターの階段を駆け上がっていくアリー(ガガ)の成功と葛藤、愛を描く本作。ガガをはじめ、音楽界の重鎮たちによってこの映画のために書き下ろされた楽曲が、アリーのドラマを彩る。  ブラッドリー監督は、本作を手掛ける前のガガについて「実はこれまで彼女がどういう人なのかほとんど知らなかったんだ。ちゃんとルックスも見たことがなかった」とコメント。続けて「初めて彼女とちゃんと会った時、階段を降りてきた彼女の瞳に引き込まれたんだ。僕はそのあまりにも美しい瞳に惚れてしまったんだよ。その光景は今でも覚えている。ぼくは美しい人の顔を見ると、撮影したくなってしまうんだよ」とガガとの鮮烈な出会いを明かす。  その出会いからすぐに2人は意気投合。ブラッドリーは「『この映画を成功させる為には、2人で一緒に歌う必要がある。だから歌ってみよう!』と提案したんだ。そして2人だけで“ミッドナイト・スペシャル”というフォークソングを歌ったんだけど、あれは魔法のような時間だったね。あの時すべてが決まった。その後、僕はワーナーに出向いて『主演女優はガガじゃなきゃダメだ!』と主張したのさ」とガガをキャスティングした経緯を熱く語った。  一方、ガガもブラッドリーとの初対面について「彼と初めて会った時、目を見つめ合ったの。その時は特別な何かを感じたわ」と振り返る。そして「私たちはどちらも東海岸の出身で、イタリア系。私はすぐに残り物を温めて一緒に食事をしたわ。その後彼と一緒に“ミッドナイト・スペシャル”を歌ったんだけど、彼の声があまりにも素晴らしくて私はピアノを弾く手を止めたわ。彼は魂を込めて歌っていた。俳優として彼は元から信じていたけど、ミュージシャンとしての彼を信じることができた。だからこの映画に出ることを決めたのよ」とブラッドリーに対する信頼感が出演の決め手になったようだ。  映画同様、運命的な出会いとなったガガとブラッドリー。ガガの全身全霊で歌う圧巻の歌声、そして1人の女性の人生を変えた“うた”との出会いが感動を呼び、全米では公開10日間で早くも1億ドルを超えるヒットとなっている。  映画『アリー/ スター誕生』は、12月21日より全国公開。

  •  

    【特集】アカデミー賞最有力!感動のミュージカル・ドラマ『アリー/ スター誕生』インタビュー特集

    映画

    <meta charset="utf-8" /> <meta content="width=device-width, initial-scale=1, minimum-scale=1, maximum-scale=1, user-scalable=yes" name="viewport" /> <title></title> <meta content="index,follow" name="robots" /> <meta content="インタビュー特集" name="description" /> <meta content="クランクイン,映画,海外ドラマ,ゲーム,アニメ,セレブゴシップ,インタビュー" name="keywords" /> <meta content="2018 crankin All rights reserved." name="copyright" /> <meta content="hollywood channel" name="author" /> <link charset="utf-8" href="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018ally/css/interview_2.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css" /> <link charset="utf-8" href="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018ally/css/interview_smp_2.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css" /> <style type="text/css"> .article_interview{ margin: 0; width: 670px; } .movies { margin: 0 auto; position: relative; width: 100%; padding-top: 56.25%; } .movies iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100% !important; height: 100% !important; } #interview p span.intName_C { color:#ff0000; font-weight:bold; } .intMain_boxB { width: 670px; margin: 0px 0 15px; padding: 0; } @media screen and ( max-width:479px ) { .intMain_boxB { width:100%; margin: 0 0 10px; padding:0 ; } .intMain_boxB img { width:100%; height:auto; padding:0 ; } } iframe { border: 0; max-width: 100%; } .button_ally_a{ border:4px solid #ff9c00; -webkit-box-shadow: #878787 0px 2px 2px ; -moz-box-shadow: #878787 0px 2px 2px ; box-shadow: #878787 0px 2px 2px ; -webkit-border-radius: 5px; -moz-border-radius: 5px; border-radius: 5px; font-size:25px; padding: 10px 5px 10px 5px; width:70%; text-decoration:none; display:inline-block; text-shadow: 2px 2px 0 rgba(0,0,0,0.3); font-weight:bold; color: #FFFFFF; background-color: #ffc579; background-image: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#ffc579), to(#fb9d23)); background-image: -webkit-linear-gradient(top, #ffc579, #fb9d23); background-image: -moz-linear-gradient(top, #ffc579, #fb9d23); background-image: -ms-linear-gradient(top, #ffc579, #fb9d23); background-image: -o-linear-gradient(top, #ffc579, #fb9d23); background-image: linear-gradient(to bottom, #ffc579, #fb9d23);filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr=#ffc579, endColorstr=#fb9d23); } .button_ally_a:hover{ border:4px solid #ff9c00; background-color: #ffaf46; background-image: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#ffaf46), to(#E78404)); background-image: -webkit-linear-gradient(top, #ffaf46, #E78404); background-image: -moz-linear-gradient(top, #ffaf46, #E78404); background-image: -ms-linear-gradient(top, #ffaf46, #E78404); background-image: -o-linear-gradient(top, #ffaf46, #E78404); background-image: linear-gradient(to bottom, #ffaf46, #E78404);filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr=#ffaf46, endColorstr=#E78404); } .arrow { display: inline-block; color: #fff; text-decoration: none; background: #e70044; padding: 10px 10px; border-radius: 5px; font-size: 14px; font-weight:bold; line-height: 30px; width:95%; text-align:left; } .arrow::before { content: ''; width: 0; height: 0; border-style: solid; border-width: 5px 0 7px 7px; border-color: transparent transparent transparent #ffffff; display: inline-block; vertical-align: middle; position: relative; top: -2px; margin-right: 2px; /*left: 160px;*/ } <style> ul.news{ padding: 0 0.5em; font: 14px/1.6 'arial narrow', sans-serif; list-style: none; } ul.news li{ position: relative; padding: 2px 0px 2px 0px; margin-bottom: 3px; font-size: 14px; font-weight: bold; color:#000; text-indent:-1.1em; padding-left:1.1em; } ul.news li a{ color:#1d85b9; } ul.news li a visited hover active{ color:#1d85b9; } ul.news li:last-child{ border:none; margin: 0; } ul.news li:before{ content: ''; width: 0; height: 0; border-style: solid; border-width: 5px 10px 7px 7px; border-color: transparent transparent transparent #333; display: inline-block; vertical-align: middle; position: relative; top: -2px; margin-right: 2px; /*left: 160px;*/ }</style> <div class="content" id="interview"> <div class="intMain_boxB"> <p style="font-size:12px; text-align:right; padding-right:8px; color:#999;"> 提供:ワーナー・ブラザース映画</p> <img alt="アリー/スター誕生" border="0" src="https://cifeature.s3.amazonaws.com/interview_2018ally/images/matome01.jpg" width="670" /></div> <!-- / #intMain_box --><!--/.gallLink --> <div class="article"> <div style="background-color:#dbdbdb; padding:5px; margin:0px 0px 20px 0px"> <p class="lead"> 歌姫レディー・ガガが映画初主演で挑み、俳優ブラッドリー・クーパーが初監督と主演を務めた『アリー/ スター誕生』。ゴールデン・グローブ賞5部門ノミネート!主題歌がグラミー賞4部門ノミネート!世界中で驚異の大ヒットとなり、アカデミー賞最有力の呼び声高い本作は、歌手を夢見る主人公アリーが、運命の恋に出会い、一気にスターダムを駆け上がっていく、“音楽とドラマ”が融合した感動のシンデレラストーリー。今回、ガガ同様に女優・歌手として活躍する2人が一足早く本作を鑑賞し、心震わされたシーンなどについて語ってくれた。</p> </div> <br /> <!--インタビュー1--> <p style="font-size:20px; line-height:1.3em; color:#ab1e24; margin: 2px auto; font-weight: bold;"> インタビュー#1</p> <p style="font-size:17px; line-height:1.3em; color:#000000; margin: 2px auto; font-weight: bold; border-bottom: solid 2px #f79b00;"> 涙がポロポロ出てきました-<br /> のんが語る『アリー/ スター誕生』“涙”のワケとは</p> <div class="photo"> <img alt="アリー/スター誕生" border="0" src="https://cifeature.s3.amazonaws.com/interview_2018ally/images/matome02.jpg" width="670" /></div> <p style="font-size:12px; line-height:1.9em; color:#000000; text-align:right;"> (2018年12月17日掲載)</p> <p style="text-align:center;"> <a class="button_ally_a" href="https://www.crank-in.net/special/61177" target="_blank">記事を読む</a></p> <!---インタビュー1 end--><br /> <!--インタビュー2--> <p style="font-size:20px; line-height:1.3em; color:#ab1e24; padding:20px 0px 0px 0px; margin: 2px auto; font-weight: bold;"> インタビュー#2</p> <p style="font-size:17px; line-height:1.3em; color:#000000; margin: 2px auto; font-weight: bold; border-bottom: solid 2px #f79b00;"> 歌の力ってすごい!<br /> 大原櫻子が感動した『アリー/ スター誕生』音楽とドラマの融合</p> <div class="photo"> <img alt="アリー/スター誕生" border="0" src="https://cifeature.s3.amazonaws.com/interview_2018ally/images/matome03.jpg" width="670" /></div> <p style="font-size:12px; line-height:1.9em; color:#000000; text-align:right;"> (2018年12月19日掲載)</p> <p style="text-align:center;"> <a class="button_ally_a" href="https://www.crank-in.net/special/61167" target="_blank">記事を読む</a></p> <!---インタビュー2 end--><br /> <br /> <div style="background-color:#FFCC33; padding:5px; margin:0px 0px 10px 0px"> <p style="font-size:16px; line-height:1.6em; color:#000000; margin: 2px auto; font-weight: bold;"> 作品情報</p> </div> <div class="movies"> <iframe allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen="" frameborder="0" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/_veCmARdM30?rel=0" width="560"></iframe></div> <br /> <div style="background-color:#dbdbdb; padding:5px; margin:0px 0px 20px 0px"> <p class="lead"> 夢はきっと叶う!全編名曲で彩る感動のミュージカル・ドラマ!<br /> <br /> 自分に自信がなく歌手の夢を諦めかけていたアリー。有名ミュージシャン=ジャクソンとの偶然の出会いが、彼女の人生を大きく変える――「君の歌は奇跡だ」。ウエイトレスから一気にスターダムを駆け上っていくアリー。激しく惹かれあうジャクソンと、全米のステージで一緒に歌う幸せな日々を過ごすが、次第に自分を見失っていき・・・。愛と成功のはざまで、最後に彼女がつかんだものとは――?</p> </div> <div style="background-color:#FFFFFF; padding:5px; margin:0px 0px 20px 0px"> <p style="font-size:16px; line-height:1.6em; color:#000000; margin: 2px auto; font-weight: bold;"> 関連ニュース</p> <div style="padding:0px 0px 0px 0px;"> <ul class="news"> <li> <a href="https://www.crank-in.net/interview/61349"><インタビュー>『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパー、周囲の反対押し切り執念の映画化</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/61314">レディー・ガガ、泣いて笑って…『アリー/ スター誕生』主題歌&メイキング映像公開</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/61284">レディー・ガガ、主演抜擢の決め手は“美しい瞳” 『アリー/ スター誕生』監督が告白</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/61086"><来日プレミア>ブラッドリー・クーパー、薄着のローラを気遣いコートを脱いで着せる</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/61011">マツコ・デラックス、『アリー/ スター誕生』レディー・ガガは“必然” マツコ節全開映像公開</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/61001">『アリー/ スター誕生』もノミネート!ゴールデン・グローブ賞<映画の部>『バイス』が最多ノミネート</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/60826">ブラッドリー・クーパー監督、『アリー/スター誕生』超リアルなライブシーン秘話を告白</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/60454">ガガ初主演『アリー/スター誕生』感動の本予告&本ポスター解禁</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/58898">レディー・ガガ主演『アリー/スター誕生』東京国際映画祭オープニング作品に</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/58394">ガガ初主演『アリー/スター誕生』日本版予告&ティザービジュアル公開</a></li> </ul> </div> </div> <div style="margin:0px 0px 20px 0px; text-align:center;"> <a class="arrow" href="http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/gaga_cp/" target="_blank">ガガ列伝 歌姫の半生をプレイバック!</a></div> <div style="margin:0px 0px 20px 0px; text-align:center;"> <a class="arrow" href="http://starisborn.jp/" target="_blank">『アリー/ スター誕生』公式サイト</a></div> <p style="font-size:12px;"> 配給:ワーナー・ブラザース映画<br /> (C)2018 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC‐DUNE ENTERTAINMENT LLC</p> </div> <!--end--><!--article--></div> <!--interview-->

  • 映画『アリー/スター誕生』ジャパンプレミアに登場したブラッドリー・クーパー

    ブラッドリー・クーパー、薄着のローラを気遣いコートを脱いで着せる

    映画

     俳優のブラッドリー・クーパーが監督・主演作『アリー/スター誕生』を携えて来日し、11日に都内で開催されたジャパンプレミアに出席した。厳しい寒さに加え、雨も降る中、ファンサービスを行ない、映画のスペシャルサポーターのローラと共にステージに登壇したブラッドリーは、薄いドレスで登場したローラを気遣い、自身のコートを脱いでローラに羽織らせるジェントルマンぶりを見せ、1000人の観客を魅了した。@@cutter レディー・ガガとのダブル主演で、歌手になる夢を諦めたヒロインが、世界的ミュージシャンとの出会いをきっかけにスターへの階段を駆け上がっていくさまを描いた本作。ゴールデングローブ賞の主要部門にも複数ノミネートされており、オスカーにも期待がかかる。  大歓声に迎えられ「こんにちは! ありがとうございます」と日本語で挨拶したブラッドリー。映画について「夢を追いかけること、自分の声を見つけることがどういうことなのか? この映画を見ることでみなさんが夢を見つけ、叶えるきっかけになればと思います」と呼びかけた。  ローラは通常運転の“タメ口”モードで映画を絶賛。現在、LAに在住し、ハリウッド映画にも出演するなどスターへの道を進む自身と劇中のアリーが重なるのでは? という問いに「うれしい! そう思う?」と満面の笑み。映画を見て「“ローラ泣き”したの! 泣く予感がして、(ハンカチを忘れて)トイレットペーパーを持って行ったの。ボロボロ泣いちゃった」と明かす。  ブラッドリーは、劇中の歌唱シーンは全て自ら歌唱しているが「いままで、歌ったこともピアノやギターを弾いたこともなかったけど、時間をかけて努力して作っていきました」と語り、ローラはブラッドリーの言葉に驚いたようで「すごく心に響いてきた」と称賛。コートを掛けてくれたブラッドリーに「優しい! ジェントルマン!」とメロメロだった。  また今回、残念ながら来日できなかったガガからはビデオメッセージが到着。ガガは「この映画は、私の人生を変えました」と語り、さらにサプライズで日本のファンを抽選でラスベガスで開催される彼女の公演のリハーサルに招待すると発表し、会場は大歓声に包まれた。  映画『アリー/スター誕生』は、12月21日公開。

  • 『アリー/スター誕生』より、観衆の前で歌うジャクソン(ブラッドリー・クーパー)

    ブラッドリー・クーパー監督、『アリー/スター誕生』超リアルなライブシーン秘話を告白

    映画

     歌手のレディー・ガガが映画初主演を務める『アリー/スター誕生』。音楽業界での成功を夢見るアリーがスターの階段を駆け上がっていく姿を描く本作で、監督・主演のブラッドリー・クーパーが、劇中の超リアルなライブシーンについて語ったコメントが到着。ブラッドリー監督は「(音楽フェスティバルの)グラストンベリーでライブの裏側をずいぶん学ばせてもらったんだよ」と語り、実際のロックフェスのシーンを取り入れたことを明かした。@@cutter 『アリー/スター誕生』では、世界的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)に歌の才能を見いだされたアリー(レディー・ガガ)が、成功と挫折を経験しつつ、ショービジネスの世界を生き抜いていく。  ガガをはじめ、音楽界の重鎮たちによってこの映画のために書き下ろされた楽曲は、これらの“うた”と共にアリーのドラマを彩る。さらに、映画の中で映し出されるライブシーンは、ガガの歌声と楽曲の魅力も相まって見る者に強烈なインパクトを与える。思わず涙してしまうほどの圧倒的な“うた”に対して、“本物”にこだわったブラッドリー監督はライブシーンでの秘話を明かす。  「グラストンベリーには、過去6年行ってるんだけど、あそこは絶対にこの映画の中に取り入れると決めていたんだ! この映画の全てを推し進めてくれるものだと思っていたからね」と告白。  “グラストンベリー”といえば、イギリスで開催されている世界最大規模のロック・フェスティバル。このグラストンベリーでの撮影について、プロデューサーのビル・バーガーは「グラストンベリーの主催者側とブラッドリーが長年良好な関係を築いていたので、協力を得ることができた。映画の企画の早い段階から、ブラッドリーがコンサートのプロモーターたちと良好な関係を築いてくれたんだ」と明かした。  これに関してブラッドリーは「毎年行っていた経緯もあって、オーナー家族と親交を深めていたんだ。ミュージシャンにとって、グランストンベリーのピラミッドステージに立って何万人もの観衆の前で演奏をするのはもの凄いステータスだから。だから僕はジャクソンをあそこに立たせたかったんだ。だからオーナー家族のニールとエミーに相談したら、許可をくれたんだ」とその経緯を語った。  映画『アリー/スター誕生』は、12月21日より全国公開。

  • 『運び屋』ポスタービジュアル

    クリント・イーストウッドが90歳の“運び屋”に 監督&主演最新作公開

    映画

     クリント・イーストウッド監督・主演の最新作『THE MULE(原題)』が、邦題を『運び屋』として2019年3月に日本公開されることが決定。併せてポスタービジュアルと特報映像が解禁された。@@cutter 88歳となった今も第一線で活躍し続けるイーストウッドが本作で演じるのは、90歳の麻薬の運び屋。機知に富み、麻薬取締局の捜査をかいくぐって最年長の“運び屋”となった老人の驚きの実話が、本作のベースとなっている。  イーストウッドが自らの監督作品で主演を務めるのは映画『グラン・トリノ』(2008)以来10年ぶり。ほかのキャストには、麻薬取締局の捜査官をイーストウッド監督作『アメリカン・スナイパー』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたブラッドリー・クーパーが演じる。さらに、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア、マイケル・ペーニャ、ダイアン・イーストといったアカデミー賞の常連俳優が脇を固め、イーストウッドの実の娘であるアリソン・イーストウッドが主人公の娘を演じる。  特報は、路肩に停めたピックアップトラックの荷台をのぞき込む年老いた男、アール(イーストウッド)の姿から始まる。バッグの中の大量のコカインを見て苦い顔をしていると、突然警官に声をかけられる。「めいに頼まれたナッツですよ」とごまかすが、激しく吠えたてる麻薬探査犬に動揺を隠せない。商売に失敗し、自宅を差し押さえられかけたアールは、車を運転するだけの仕事を引き受けるが、実はそれはメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だったのだ。一方、麻薬取締局が徐々にアールに狙いを絞っていくさまも描かれている。  特報のナレーションは、イーストウッドの独特の存在感を日本のファンに定着させた故・山田康夫の声質を受け継ぐ俳優・声優の多田野曜平が担当。すごみと軽さを併せ持った唯一無二の声質で、タイトルと「人は永遠には走れない」というコピーを読み上げる。  ポスターは、沈みかけた太陽が照らす、荒涼とした土地を行く1台のピックアップトラックと、イーストウッドの横顔のみが写ったシンプルなもの。しわの深く刻まれた表情は、1950年代から走り続けてきたイーストウッドが自身の歩んできた道を見つめているかのようだ。  映画『運び屋』は2019年3月8日より全国公開。

  • 『アリー/スター誕生』場面写真より

    ガガ初主演『アリー/スター誕生』、ブラッドリー・クーパーの来日決定

    映画

     歌手のレディー・ガガの初主演映画『アリー/スター誕生』で監督を務め、ガガの相手役を演じたブラッドリー・クーパーが、12月に2日間の来日を果たすことが決定。併せて本作のメイン曲“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”を収めた最新映像が公開された。@@cutter 本作でブラッドリーが演じるジャクソンは、アリー(ガガ)の歌の才能を見抜き、彼女の音楽人生を全身全霊でサポートする世界的ミュージシャン。ブラッドリーは本作で初めて監督を務め、アカデミー賞有力候補にも名を連ねている。  ブラッドリーの来日は、2013年に公開された『世界にひとつのプレイブック』以来、5年ぶり3度目。12月11日と12日の2日間に渡って、本作のプロモーションを行う。11日にはジャパンプレミアに出席し、六本木ヒルズ・アリーナ広場でレッドカーペットイベントを行う予定だ。同イベントでは、LINE LIVEスターダムオーディションのグランプリを受賞した男女ペアが、まるで劇中のアリーとジャクソンが魂のデュエットで数万人を魅了した野外コンサートを再現するかのように、メイン曲“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”をステージで披露する。  併せて公開となった最新映像では、自分の“うた”を信じ続けて生きてきたアリーとジャクソンの運命の出会い、そしてスターとしての階段を上り、自分の才能を開花させてゆくアリーの姿や、彼女がステージでジャクソンとともに“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”を熱唱する様子が映し出される。  ガガは「私がアリー役を演じきることができたのは、ブラッドリーが私を信じてくれたからに他ならないの。それは、この映画が語るストーリーにも通じるわ。この映画は、誰かを信じることのパワフルさを語っている。それは、自分と相手にとってとてつもない影響を与えるのよ」と話し、撮影現場でのブラッドリーとの関係が、あたかも劇中のアリーとジャクソンのようであったことを明かし、物語のキーワードでもある“信じる”ことの大切さを説いている。  映画『アリー/スター誕生』は12月21日より全国公開。

  • 『アリー/スター誕生』本ポスター

    ガガ初主演『アリー/スター誕生』感動の本予告&本ポスター解禁

    映画

     歌手のレディー・ガガが初主演を務める映画『アリー/スター誕生』から、本予告と本ポスターが公開された。本予告では主人公アリーを演じるガガの圧巻の歌唱が映し出される。@@cutter 本作は、音楽業界での成功を夢見るアリーがスターの階段を駆け上がっていく姿を描く。世界的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)に歌の才能を見いだされ、彼女は成功と挫折を経験しつつ、ショービジネスの世界を生き抜いていく。  本予告には、自分の“うた”を信じ続け、人生を切り開いていこうとするアリーと、彼女の才能を見抜いて導こうとするジャクソンの姿が映し出される。「君の歌は奇跡だ」と、超満員のライブ会場でアリーに歌うようすすめるジャクソン。アリーは「無理よ!」と一瞬戸惑うが、優しく温かいほほ笑みを受け、勇気を振り絞ってマイクを握る。  注目は主人公アリーのリアルなドラマ。容姿に自信がなく、歌手を目指すも、なかなか芽の出ない彼女は、自分と自分のうたを信じることを諦めない。決して折れない前向きな心は、やがて大きな奇跡を呼ぶ。ガガは「私は、私の持つ全てを注ぎ込みたかったの。最後の一滴まで、この映画に捧げようと思ったのよ。私の持つ恐れ、羞恥心、愛、優しさ、それら全てをこの映画のために捧げたわ」と、素の自分をさらけ出したことを明かす。  さらに注目されるのは、予告の中でアリーが歌う主題歌“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”だ。劇中で彼女が夢をつかむきっかけとなるこの曲をはじめ、本作に登場する19曲は、ガガをはじめ音楽界のスターたちが書き下ろしたもの。サウンドトラックは全米3週連続1位、世界83ヵ国のiTunesで1位を獲得している。ブラッドリーは「音楽は、この映画の重要なキャラクターなんだ。うたはいつも、歌っている人か、それを見ている人が感じていることを語っているんだよ」と語る。  ポスターには、決然とした表情のアリーと、うつむき加減で落ち着いた大人の色気を感じさせるジャクソンの姿が描かれ、「歌って、恋して、傷ついて――私は生まれ変わる」のコピーとともに、“うた”を通した2人の深いドラマを想像させるビジュアルとなっている。  映画『アリー/スター誕生』は、12月21日より全国公開。

  • 第31回東京国際映画祭オープニング作品:『アリー/スター誕生』

    レディー・ガガ主演『アリー/スター誕生』東京国際映画祭オープニング作品に

    映画

     歌手のレディー・ガガが初主演を務める映画『アリー/スター誕生』が、10月25日からスタートする第31回東京国際映画祭のオープニング作品に決定した。@@cutter 本作は、音楽業界での成功を夢見る主人公・アリー(レディー・ガガ)がスターの階段を駆け上がっていく姿を描くドリーム・エンターテインメント。国民的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)に歌の才能を見出され、アリーは成功と挫折を経験しつつ、華やかなショービジネスの世界を生き抜いていく。アリーと運命的な出会いを果たすミュージシャン、ジャクソンを演じるクーパーは、本作で初監督に挑んでいる。  そして映画祭のクロージング作品として、アニメーション映画『GODZILLA』三部作の最終章『GODZILLA 星を喰う者』が上映される。本作は、超科学が生み出した「メカゴジラシティ」をも焼き尽くし、地上の覇者となった究極の生命“ゴジラ・アース”と高次元怪獣“ギドラ”の激突を、3DCGアニメで鮮烈に描き出す。  また今年初の試みとなる「GALAスクリーニング」では、東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた同名ベストセラーを、篠原涼子主演、堤幸彦監督で映像化した『人魚の眠る家』を上映。本作は、愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦の運命を、先の読めない怒涛の展開と想像を絶する衝撃のクライマックスで活写するヒューマンミステリーだ。  第31回東京国際映画祭は、10月25日~11月3日まで東京・六本木ヒルズ、東京ミッドタウン日比谷ほかにて開催。

  • 『アリー/スター誕生』ティザービジュアル

    ガガ初主演『アリー/スター誕生』日本版予告&ティザービジュアル公開

    映画

     歌手のレディー・ガガが初主演を務める映画『アリー/スター誕生』から、日本版予告編とティザービジュアルが解禁された。公開された予告編ではガガ演じる歌手を夢見るヒロインと、世界的ロックスターの出会いが描かれている。@@cutter 本作は、音楽業界での成功を夢見る主人公・アリーがスターの階段を駆け上がっていく姿を描くドリーム・エンターテインメント。国民的ミュージシャンのジャクソンに歌の才能を見出され、アリーは成功と挫折を経験しつつ、華やかなショービジネスの世界を生き抜いていく。  このたび公開された予告編は、歌手を夢見るウェイトレスのアリー(ガガ)と、世界的ロックスターのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)が運命的な出会いを果たすシーンからスタート。アリーは自分の才能に自信がなく、周りから容姿も否定されながらも、小さなバーのステージで細々と歌声を披露する日々。そんな彼女の歌声に魅了されたジャクソンはアリーに「君は美しい」と微笑みかける。ジャクソンと出会ったアリーは、等身大の自分のままでショービジネスの世界に身を投じていくことに…。  予告編と併せて公開されたティザービジュアルは、Tシャツ姿のアリーが力強い眼差しをこちらに向けている姿と、ブラッドリー演じるジャクソンがギターを演奏している姿の2種類。ステージ上のゴージャスな衣装とは異なるレディー・ガガの新たな一面が確認できる。  映画『アリー/スター誕生』は12月21日より全国公開。

  • 新作で再タッグする可能性大のクリント・イーストウッド&ブラッドリー・クーパー

    クリント・イーストウッド新作、ブラッドリー・クーパーと再タッグか

    映画

     2015年の映画『アメリカン・スナイパー』でタッグを組んだクリント・イーストウッド監督と俳優のブラッドリー・クーパーが、実話に基づく事件をベースにした新作『The Mule(原題)』で再タッグする可能性が出てきたという。Varietyが報じた。@@cutter 『The Mule(原題)』はNew York Times Magazineが2014年に取り上げた特集記事がベースの物語。家を差し押さえられる寸前だった80歳代の身寄りのない男性が仕事を請けたところ、知らぬ間にメキシコの麻薬犯罪組織の運び屋をさせられていた実話に基づく。  イーストウッド監督は、2012年の主演・監督作『人生の特等席』以来、約6年ぶりとなる映画出演を予定しているという。演じるのはもちろん、主役の80歳代の男性とのことだ。一方、ブラッドリーは出演が決まれば、この男性に目を付ける麻薬取締局(DEA)の熱血捜査官を演じるという。  同作は米ワーナー・ブラザースと米インペラティブ・エンターテインメントとの共同製作となる。イーストウッドは監督と製作も兼任する予定。  『The Mule(原題)』でイーストウッド監督とブラッドリーの再タッグが決まれば、アカデミー賞で作品賞や主演男優賞を含む6部門にノミネートされた『アメリカン・スナイパー』のように注目作になるのは必至だ。

  • 水樹奈々と桐本拓哉による日本語吹替版本編の一部初公開!

    水樹奈々の“優しい声”が印象的!『セリーナ 炎の女』日本語吹替版“初公開”

    映画

     ジェニファー・ローレンスとブラッドリー・クーパーが4度目の共演で初の夫婦役を演じた映画『セリーナ 炎の女』のブルーレイ&DVDの発売に先駆け、ブルーレイ&DVDに収録される水樹奈々と桐本拓哉による日本語吹替版本編の一部が初公開された。@@cutter 本作は、愛を求め、愛がなければ生きられないヒロインが、その愛情の激しさゆえ哀しき運命をたどる生き様を描いたサスペンス・ドラマ。製材所を営むジョージ・ペンバートン(ブラッドリー・クーパー)は、ある日、火事で家族を亡くした天涯孤独の美女セリーナ(ジェニファー・ローレンス)に一目惚れし、すぐに結婚を申し込む。夫婦となった2人は深い愛情で結ばれていくが、ある時、セリーナがジョージの隠された過去を知ったことから、彼女の愛はすべてを破壊する狂気へと姿を変えていく。監督は、『未来を生きる君たちへ』で第83回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したスサンネ・ビアが務める。  4月4日に発売されるブルーレイ&DVDには日本語吹替版本編も収録。ジェニファー・ローレンスが演じるセリーナを大人気声優の水樹が、ブラッドリー・クーパー演じるジョージを桐本が演じている。水樹がジェニファーの声を担当するのは『ハンガー・ゲーム』シリーズ、『パッセンジャー』に続き3度目となる。  今回、公開された日本語吹替版の本編は、ジョージとジョージとの子どもを宿したセリーナが、お腹の中で動く子どもを感じ、幸せを分かち合うシーンだ。水樹が母親になるセリーナを愛情に溢れた、多幸感たっぷりの優しい声で演じているのが印象的だ。  また、ブルーレイの特典映像として収録される、ジェニファーとブラッドリーのインタビュー映像も同時に特別公開された。ブラッドリーは、4度目の共演となるジェニファーについて「相手役が彼女でツイてた。彼女と一緒なら楽しい撮影になると確信してた」と話し、ジェニファーも「よく知る仲だからすぐ役に入り込めた」と語り、お互いに信頼が深いことを感じさせる。  映画『セリーナ 炎の女』ブルーレイ&DVDセット(価格:4743+税)は4月4(水)日発売。DVD同時レンタル開始。

  • 『セリーナ 炎の女』サムネイル

  • 『セリーナ 炎の女』BD&DVDセット4月4日発売!同日DVDレンタル開始

    愛が狂気へ… ハリウッドの黄金コンビが共演『セリーナ 炎の女』4月BD&DVD発売

    映画

     『世界にひとつのプレイブック』や『アメリカン・ハッスル』『ジョイ』で共演を重ね、ハリウッドの黄金コンビとの呼び名も高いジェニファー・ローレンスとブラッドリー・クーパーが初の夫婦役でタッグを組んだ映画『セリーナ 炎の女』のブルーレイ&DVDセットが4月4日に発売されることがわかった。@@cutter 本作は、愛を求め、愛がなければ生きられないヒロインが、その愛情の激しさゆえ哀しき運命をたどる生き様をときに繊細に、ときにエモーショナルに描いたサスペンス・ドラマ。監督は、『未来を生きる君たちへ』で第83回「アカデミー賞外国語映画賞」を受賞したスサンネ・ビアが務める。  1929年、ノースカロライナのグレート・スモーキー山脈に囲まれた土地で、ジョージ・ペンバートン(ブラッドリー)は多くの従業員を抱える製材所を営んでいた。ある日彼は、火事で家族を亡くした天涯孤独の美女セリーナ(ジェニファー)に一目惚れし、結婚を申し込む。晴れて夫婦となった2人は、濃密な愛で結ばれていたが、セリーナがジョージの隠された過去と自らが背負った運命に直面したとき、彼女の愛は全てを破壊する狂気へと変わっていくのだった…。  これが4度目の共演となるジェニファーとブラッドリー。ジェニファーは影のある色気と危うさ、そして狂気を秘めた妻を熱演する。ブラッドリーも、男の野心と未熟さ、優しさと冷酷さを持つ夫をリアルに好演している。  また、日本語吹替版は、大人気声優の水樹奈々と桐本拓哉が担当。狂おしいまでの愛の物語を丁寧に紡ぎあげる。  『セリーナ 炎の女』ブルーレイ&DVDセット(価格:4743円+税)は4月4日発売。同日DVDレンタル開始。

  • レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー監督『スタア誕生』リメイクは2018年5月全米公開

    レディー・ガガ主演『スタア誕生』リメイク、2018年5月に繰り上げ全米公開

    映画

     人気歌手レディー・ガガの初主演長編映画となる『スタア誕生』リメイク版『A Star is Born(原題)』。全米公開予定日が変更になり、2018年5月18日(現地時間)の公開となったという。当初は同年9月28日公開を予定されており、約4ヵ月早まったことになる。@@cutter 米ワーナー・ブラザースが製作・配給する『A Star is Born(原題)』。Deadlineによると、仮編集済みの作品を観たスタジオトップらが作品の素晴らしさに衝撃を受け、一刻も早くリリースしたいと公開予定日を早めたという。  4度目のリメイクとなる『A Star is Born(原題)』。オリジナル版は1932年の映画『栄光のハリウッド』といわれ、インスパイアされて1937年に女優ジャネット・ゲイナー&俳優フレデリック・マーチ版から始まり、1954年に女優ジュディ・ガーランド&俳優ジェームズ・メイソン、1976年に歌手・女優バーブラ・ストライサンド&俳優クリス・クリストファーソンで再映画化された。今回は俳優ブラッドリー・クーパーが初メガホンを取ると共に、レディー・ガガ扮するヒロインの相手役を務める。  スターダムを登り詰めていく女性歌手と、落ちぶれていく恋人の男性スターの対比を描く。最新の脚本はブラッドリーが、映画『かけがえのない人』(15)のウィル・フェッターズ、映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(09)のエリック・ロスと共同執筆したという。

  • 「最もハンサムな目とアゴ」の持ち主ハリー・スタイルズ

    ハリー・スタイルズ、“世界で最もハンサムな目とあご”の持ち主でトップ

    セレブ&ゴシップ

     英美容整形外界が黄金比率を使い、男性セレブのハンサム度を調査。その結果、英ボーイズグループ「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズが世界で最もハンサムな目とあごの持ち主だという。最もハンサムな鼻は俳優ライアン・ゴズリング、最も整った形をしている顔の持ち主は元プロサッカー選手のデヴィッド・ベッカムとのことだ。MTVが伝えた。@@cutter 黄金比を使い、さまざまな男性セレブの顔を比べたのは、イギリスの「The Centre For Advanced Facial Cosmetic and Plastic Surgery」。黄金比とは見た人が直感的に美しさを感じる比率のことで、鼻や目や口など顔のパーツの位置や大きさ、全体のバランスなどが考慮される。調査対象になったセレブの名前や人数など詳細は不明。  顔の全てのパーツを考慮したバランスでいくと、最もハンサムな男性セレブは1位が俳優ジョージ・クルーニー、2位が俳優ブラッドリー・クーパー、3位が俳優ブラッド・ピットで4位はハリーだったという。しかし、顔の特定パーツで見たときは、ハリーが4つのカテゴリーのうち、2つで首位に就いている。  MTV経由で紹介されたトップ5リストは以下の通りだ。 【世界で最もハンサムな鼻】 1位 ライアン・ゴズリング/99.7% 2位 ジョージ・クルーニー/99.6% 3位 ウィリアム王子/89% 4位 ブラッドリー・クーパー/87.9% 5位 デヴィッド・ベッカム/84.6% 【世界で最もハンサムな目】 1位 ハリー・スタイルズ/98.15% 2位 ウィル・スミス/97.75% 2位 ブラッド・ピット/97.75% 4位 ジョージ・クルーニー/94.8% 5位 イドリス・エルバ/93.65% 【世界で最もハンサムなあご】 1位 ハリー・スタイルズ/99.7% 2位 ジェイミー・フォックス/98.7% 3位 デヴィッド・ベッカム/98.6% 4位 イドリス・エルバ/98.5% 5位 ライアン・ゴズリング/97.4% 【世界で最も整った形をしている顔】 1位 デヴィッド・ベッカム/96.4% 2位 ライアン・ゴズリング/93.8% 3位 ブラッド・ピット/92.9% 4位 ブラッドリー・クーパー/92% 5位 イドリス・エルバ/91.4%

  • 交際が噂されるブラッド・ピットとシエナ・ミラー

    ブラッド・ピット、シエナ・ミラーとの交際が濃厚か

    セレブ&ゴシップ

     2016年9月に女優アンジェリーナ・ジョリーから離婚を言い渡され、12年にわたる関係に終止符を打つことになった俳優ブラッド・ピット。セラピーに通い、断酒して生活を改めたというブラッドは6月に噂になった女優シエナ・ミラーと何度かデートを重ねているという。@@cutter ブラッドとシエナは、ブラッドが製作総指揮を務める2016年の伝記映画『The Lost City of Z(原題)』にシエナが出演しており、仕事上でつながっている。Us Weeklyによると、ブラッドに近い情報筋が「二人は一緒に時間を過ごしています」と語ったという。  ブラッドとシエナは4月にも映画のキャストやスタッフが大勢集まったディナーの席で会話に花を咲かせていたとのことだ。二人はその後、6月末にイギリスのピルトンで開催された野外音楽祭「グラストンベリー・フェスティバル」でも会っている。  会場では俳優ブラッドリー・クーパーが監督、歌手レディー・ガガが出演する、『スター誕生』のリメイク映画『A Star Is Born(原題)』の撮影が行われたが、ブラッドはブラッドリーと現れ、シエナのいる数人のグループに交わったとのことだ。ブラッドリーとシエナは映画『アメリカン・スナイパー』で共演しており顔見知りだ。  最初に噂になった当初は情報筋が「友人としてみんなで一緒にいただけ」と交際を否定していたが、ブラッドとシエナがカップルとして公の場に登場することはあるのか、続報を待ちたい。

  • 映画『スタア誕生』リブート版の初ビジュアル※「レディー・ガガ」インスタグラム

    レディー・ガガ、『スタア誕生』リブート版の初ビジュアルを披露

    映画

     1932年の映画『栄光のハリウッド』をベースに、1937年にジャネット・ゲイナー、1954年にジュディ・ガーランドでリメイクされた『スタア誕生』。4度目の映画化で主演を務める人気歌手レディー・ガガが、現代のアレンジが利いた最新版のビジュアルを初公開した。@@cutter E!Newsによると、再映画化を進めている米ワーナー・ブラザースが最初に初ビジュアルを公開したという。その後、レディー・ガガは自身のインスタグラムに同じビジュアルを投稿している。共演する俳優ブラッドリー・クーパー演じるキャラクターがギターを弾く横で、マイクを手で包みながら気持ちを込めて歌っている様子のガガ演じるキャラクター。Tシャツにジーンズというラフな姿だ。  「ラッキーにも友人と呼べる人と一緒に、映画に初出演できることに大興奮している」とガガ。「ずっと映画女優になりたかった。『スタア誕生』のストーリーは格別なの。私の夢を実現させてくれたブラッドリーに心から感謝している。みんなに早くアリーに会ってほしい。彼女の最初のシーンがちょうど5…」と、最後はじらす感じで『スタア誕生』でスクリーンデビューできる喜びと感謝を語っている。  ガガが同作で映画女優デビューを飾る一方、共演するブラッドリーは同作で映画監督デビューを果たす。2人は場面の一部を18日と19日(現地時間)の野音フェスティバル「コーチェラ」で撮影予定とのことだ。  E!Newsによると、ガガ演じるアリーはブラッドリー演じるアルコール依存症の映画スター、ジャクソンに見いだされるスターの卵。ジャクソンに後押しされてスター街道を駆け上る一方で、ジャクソンが落ちぶれていくというエンターテイメント界に生きる2人の波乱に満ちた人生を描く。2018年9月28日より全米公開が予定されている。

  • ブラッドリー・クーパー&イリーナ・シェイク、子供の名前と性別が判明

    ブラッドリー・クーパー&イリーナ・シェイク、子供の名前と性別が判明

    セレブ&ゴシップ

     つい先日、今月初めに第1子が誕生したと伝えられた俳優のブラッドリー・クーパーとモデルのイリーナ・シェイク。ベイビーの性別も名前も分からなかったが、女児で「リア・ド・セーヌ・シェイク=クーパー(Lea de Seine Shayk Cooper)」と名付けられたとE!Newsが報じた。@@cutter ベイビーの誕生について、情報筋は「2人とも大喜びしていて、恵まれていると実感しています」とE!Newsに伝えているという。リアちゃんの誕生について、ブラッドリーとイリーナからコメントは出ていない。  現在42歳のブラッドリーと31歳のイリーナは2015年4月に交際が発覚。イリーナが妊娠していることは昨年11月頃に明らかになった。プライベートについて語らない2人だが、ベイビー誕生後、先週末に親子揃ってベニスビーチを散策している姿を目撃されたという。  出産前から一緒に住んでいるブラッドリーとイリーナ。昨年12月にはイリーナの左手薬指に光る指輪が目撃され婚約説が浮上した。事実は不明だが、情報筋いわく、2人は家族を増やす計画でいるという。「ブラッドリーとイリーナはとても愛し合っていて、ベイビーがこれで最後ということはありません。もう数人、計画していますよ」とのことだ。

  • Forbes誌発表「ギャラを貰いすぎている映画俳優」1位:ジョニー・デップ

    「ギャラを貰いすぎている映画俳優」発表 ジョニー・デップが2年連続1位に

    セレブ&ゴシップ

     俳優のジョニー・デップが、Forbes誌が発表した「ギャラを貰いすぎている映画俳優」という不名誉なランキングの1位に、2年連続で選ばれてしまった。2位にはウィル・スミス、3位にはチャニング・テイタムがランクインしている。海外メディアUs Weeklyが報じた。@@cutter 同誌は『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』を含む、ジョニーが出演した、2016年の6月以降に公開された3本の映画について、Box Office Mojoを参考に、それぞれの映画の全世界興行収入から、おおよその製作費を引き、営業利益を算出。さらに、その営業利益をジョニーのおおよその出演料で割り、投資額に対する最終利益を出したとのこと。ジョニーが生んだ最終利益は、1ドルの出演料支払いにつき2.8ドルだったという。  Box Office Mojoによれば、製作費が1億7000万ドルだった『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は米国内で7700万ドル、全世界で3億ドルという失望的な興行収入を稼いだ。同作は、ジョニーが元妻アンバー・ハードとほろ苦い離婚をする最中に公開されていた。ジョニーの次回作は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作の『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』で、公開は2017年の5月を予定。4作品でおよそ37億ドルを稼いできたシリーズと同様に、同作も成功を収めることが期待されている。  Forbes誌が発表した「ギャラを貰いすぎている映画俳優」の1位から10位は下記の通り。 1位:ジョニー・デップ/出演料1ドルにつき利益が2.8ドル 2位:ウィル・スミス/出演料1ドルにつき5ドル 3位:チャニング・テイタム/出演料1ドルにつき利益が6ドル 4位:ウィル・フェレル/出演料1ドルにつき利益が6.5ドル 5位:ジョージ・クルーニー/ 出演料1ドルにつき利益が6.7ドル 6位:アダム・サンドラ/出演料1ドルにつき利益が7.6ドル 7位:マーク・ウォールバーグ/出演料1ドルにつき利益が9.2ドル 8位:レオナルド・ディカプリオ/出演料1ドルにつき利益が9.9ドル 9位:ジュリア・ロバーツ/出演料1ドルにつき利益が10.8ドル 10位:ブラッドリー・クーパー/出演料1ドルにつき利益が12.1ドル

  • 海外ドラマ『リミットレス』は、11月23日より海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて独占日本初放送

    ブラッドリー・クーパ ー製作総指揮、犯罪捜査ドラマ『リミットレス』日本初放送決定

    海外ドラマ

     人間の脳を100%活性化する薬をめぐるサスペンス・スリラーとしてヒットしたブラッドリー・クーパ ー主演映画『リミットレス』が、ブラッドリー製作総指揮のもと全米ネットワーク局CBSがTVシリーズ化したドラマ『リミットレス』が、11月23日より独占日本初放送されることが決定した。@@cutter 本作は、ミュージシャンを夢見る28歳の主人公ブライアンがある日突然手にした“脳力”を駆使し、FBIとともに難事件に挑む、一話完結型の犯罪捜査ドラマ。  売れないミュージシャンで定職にも就かずにあてのない生活を送っている主人公ブライアン・フィンチは、かつて一緒にバンドを組んでいた友人イーライに奇跡をもたらす薬“NZT‐48”を分けてもらう。“NZT‐48”の驚異的なパワーに感嘆するブライアンだったが、その直後、イーライが何者かに殺され、ブライアンの人生は大きく変わっていく…。  映画版『リミットレス』の続編に位置する作品であり、アカデミー賞ノミネートのブラッドリーが製作総指揮をつとめ、映画版と同じ役エディ・モーラで出演し、話題を集めている。  出演は主役のブライアン・フィンチにジェイク・マクドーマン、その他レベッカ・ハリス役にジェニファー・カーペンター、スペルマン・ボイル役にヒル・ハーパー、ナズリーン・“ナズ”・ポーラン役にメアリー・エリザベス・マストラントニオらが名を連ねている。  海外ドラマ『リミットレス』は、11月23日より海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて独占日本初放送。先行プレミア放送として、10月29日に第1話&第2話放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access