濱口優 関連記事

  • (左から)南明奈&濱口優夫妻

    妻・南明奈からもクレーム? よゐこ濱口の風呂場での癖にスタジオ騒然

    エンタメ

     お笑いコンビ・よゐこの濱口優が、19日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系/毎週火曜19時56分)に出演。カップ麺を風呂場で食べると明かし、スタジオを騒然とさせる一幕があった。@@cutter 今回は「食」に異常なほどこだわる芸能人が大集合。ご飯の白さがイヤだというモデルでタレントの滝沢カレンは、シソふりかけや海苔でご飯を埋め尽くし、味噌汁もワカメで真っ黒にしてから飲むと告白。また元なでしこジャパンの丸山桂里奈は、「うどんを途中で噛み切る人にイラッとする」と愚痴をこぼし、「すでに一度茹でられて死んでいるうどんを噛み切って、もう一度殺すことが許せない」と、謎めいた持論を述べた。  そんな中、濱口が「風呂場でカップ麺食べる」と語るとスタジオから「えー!?」と驚きの声が。濱口は「海でカップ麺食べたらめっちゃおいしいじゃないですか! あのおいしさが再現できるんです。マジっす! マジっす!」と熱弁。だが司会の明石家さんまは「『マジ』ちゃうわ! お前、アホやから、水を見たら海って思える…」とあきれ顔。  それでも濱口の熱いプレゼンは止まらず、「海で食べたときのあのカップ麺のおいしさがご家庭で再現できるんですよ」と熱弁。すると丸山が横から「(浴槽に)浸かって?」と質問。濱口は「入りながら食べてもいいですし、のぼせてきたなら、外に出ればさらに海感が増しますね」と自慢げに解説した。  また濱口は、以前より温泉でお盆を浮かべてお酒を飲む姿に憧れていたが、お酒が飲めないことから代わりにマクドナルドのハンバーガーセットをお風呂場で食べていると語り、「朝マックならぬ風呂マックをしたことがある」と回顧。「めちゃめちゃおいしい」と、これまた推薦していた。  妻・南明奈はどんな反応を示しているのか聞かれると、濱口は「臭いするからやめてと…」とクレームが寄せられていると明かす。タレントの朝日奈央は「(風呂場に)入るとマックの匂いがするって…」と顔をしかめていた。

  • (左から)南明奈&濱口優夫妻

    南明奈、夫・濱口優との夫婦初共演を回想 知られざる“涙”も告白

    エンタメ

     タレントの南明奈が8日、自身のインスタグラムに夫のよゐこ濱口優との2ショットを投稿。南が明かした「内緒」のエピソードに、ファンから「素敵エピソード」「泣けてくる」といった感想が寄せられた。@@cutter 昨年大みそかの『よゐこの無人島0円生活SP』(テレビ朝日系)に出演し、結婚後初共演を果たした2人。南は無人島0円生活三つ巴バトルの3日目にサプライズ登場し、濱口の相方・有野晋哉によって2人の“結婚式”が挙げられた。  南は新年のあいさつ、番組視聴への感謝をつづり、夫婦初共演については「初共演、照れましたが貴重な体験が色々できたしすっごく楽しかった!! ステキな0円結婚式を計画してくれた有野さん、ありがとうございました みなさん今年もよろしくお願い致します」とつづっている。また、ハッシュタグでは「#無人島に残った優さんが #どんどん離れて小さくなっていくのを見て #寂しくなってこっそり船の上で泣いた事は #内緒」とも明かしている。  投稿された写真は、無人島生活の舞台となった浜辺に2人が腰を掛けている様子だ。大みそかの放送前にも同じ構図の写真を投稿していたが、今度は2人仲良くカメラの方を振り返っている。  ファンからは「素敵な夫婦」「2人が共演して下さって本当に嬉しかったです!見たことないあっきーなが見れて幸せでした!」「ふたりが微笑ましすぎて、可愛すぎて幸せそうで見てて泣いちゃいました」また、南の“内緒”の話には「船の上でアッキーナが泣いてる姿を想像するとこっちも泣けてくる」「わー 素敵エピソード」といった感想が寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/akinaminami/

  • 『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』完成披露上映~ホーク生誕祭~にて

    梶裕貴、『七つの大罪』豚のホーク生誕祭で豚しゃぶ愛を熱弁!

    映画

     『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』完成披露上映会が6日、都内にて開催され、声優を務める梶裕貴、久野美咲、応援隊長のよゐこの有野晋哉&濱口優らが出席した。@@cutter この日は、8月6日(ハムの日)ということで、豚のホークの誕生日となっており「ホーク生誕祭」と銘打って上映会が行われたが、「暴食の罪」にちなんで好きな食べ物を問われると、梶は「豚しゃぶです」とキリリと真顔で即答。「実際、TVのアフレコ収録後にみんなで豚しゃぶをよく食べに行きます。それも愛のひとつです。せっかくの誕生日なので、今日も豚しゃぶを食べたいと思います」とさわやかに言い切った。  気になるホーク役の久野の感想だが「最初にこの役をいただいた頃は豚が食べられなくなって…」と苦悩を口にしたかと思いきや「いまでは楽しく豚シャブみんなで行ってます。豚汁が好きです!」とニッコリ。さらに、梶に乗せられてキュートなホークの声で「俺は、豚汁が好きだな!」と絶叫し、会場は爆笑に包まれた。  また、新婚の濱口は妻の南明奈の一番好きな手料理を尋ねられ「オムライスを最近作ってくれたんです。味はおいしいけど、最後に卵かけるのに失敗して、ボロボロの網タイツみたいになってて…。味はおいしいけど『最後に失敗した!』って泣きだしたんです」とたっぷりとのろけて会場の笑いを誘っていた。  この日のイベントには、主題歌を担当した乃木坂46の梅澤美波、山下美月、与田祐希も登壇した。乃木坂メンバーの中での一番の大食漢は? との問いに、山下は「みんな食べるんですけど、その中でも松村沙友里さんは、ずっと楽屋で食べてます」と暴露。特に白米が好きで「昨日も大阪でライヴだったんですけど、37度とかある中で、曲中に炊飯器を持ち出して歌いながら食べ始めて…。プロのアイドルだなって思いました」と先輩の所業を明かし、周囲から「アイドルはそういうことしないでしょ!」とツッコミが飛んでいた。  『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』は、8月18日より全国公開。

  • (左から)浪川大輔、濱口優

    浪川大輔、ガンダム最新作『NT』発表会に「何で呼ばれた?」

    アニメ・コミック

     2014年に完結した『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の続編を描く劇場アニメーション『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が制作されることが分かった。2018年11月に公開される。20日、都内で開催されたガンダム新作発表会で明らかにされた。@@cutter 1979年にテレビアニメ放送がスタートし、来年放送40周年となる『ガンダム』シリーズ。新作『NT』は『機動戦士ガンダム』から続く世界観「宇宙世紀」に紐づくストーリーで大ヒットした『UC』の1年後を描く。福井晴敏が『UC』に続き脚本を手がけ、制作はサンライズ第1スタジオが担当。スマホゲームとの密接な連動も図られる。  会場には『ガンダム』シリーズに数多く出演している声優の浪川大輔と、小学生からガンダムファンというお笑いコンビ・よゐこの濱口優がゲストとして登壇。浪川は『UC』でリディ・マーセナス役として出演しており、今日の発表会では「何かあるんじゃないかって僕が1番ワクワクしている」と続編でのオファーに期待。しかし、小形尚弘プロデューサーは「脚本はできていますが、いまのところ『リ』という文字は出てきていない」とリディの本編登場を否定した。  浪川は「え? そうなると何で呼ばれた? みなさんパニックだと思うけど僕もパニック…」とまさかの展開に混乱。続けて福井が「(NTの)予告編のナレーションやっていただこうか」と追い打ちをかけ、浪川が「NTのオファーはない?」と真相に迫ると、福井は「うん、本編は(ない)」とキッパリ。浪川は「今回は応援隊にまわりたいと思います」と肩を落とした。  この日は主人公ヨナ・バシュタ、ミシェル・ルオ、リタ・ベルナル、主人公のライバルとなるゾルタン・アッカネンのほか、モビルスーツの設定画が公開。『NT』はヨナ、ミシェル、リタの3人の結びつきが重要になるストーリーで、これまでの作品とはテイストが違うという。  また、21日より一般公開となる、実物大ユニコーンガンダム立像の「TOKYOガンダムプロジェクト プロジェクションマッピング」が一足早く報道陣に向けて公開された。  『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』は、2018年11月公開。

  • 『週刊少年ジャンプ展VOL.2-1990 年代、発行部数653 万部の衝撃-』プレス内覧会にて

    よゐこ濱口優、大好きな『珍遊記』原画なしに落胆「うぎゃー!」

    アニメ・コミック

     お笑いコンビ・よゐこが15日、東京・六本木で行われた『週刊少年ジャンプ展VOL.2-1990年代、発行部数653万部の衝撃-』内覧会にモデルでプロ雀士の岡田紗佳とともに出席した。@@cutter 同展は集英社の『週刊少年ジャンプ』創刊50周年の記念展。これまでに同誌で連載された作品の原画などを展示する。ジャンプファンの濱口は一足早く会場を見て回り「先生の魂を感じた生で見ないと分からない。今回もすごかった」と興奮気味。相方の有野晋哉も「修正のペンを見られるのがうれしい。迷っていたのかなって」と話した。  今回の展示は1990年代の作品を集めたもの。濱口は「『DRAGONBALL』『SLAM DUNK』も好きですけど、僕はギャグ漫画が相当好きなので『珍遊記』が大好きでした。“うぎゃー!”で終わらすところとか、画風がほかの先生と違う」と魅力を熱弁。しかしお気に入りの『珍遊記』の原画は会場にはなく、ジャンプ本誌からの切り抜きだった。濱口は「原画がないんですよ。先生が無くしてしまったみたいで。“漫☆画太郎~!うぎゃー!”となりました…」と生原稿を見られず落胆。有野も「先生らしいよね」と苦笑した。  1968年7月に創刊した同誌の記念展は、これまでの歴史50年を3期に分け、掲載作品の原画などを過去最大規模で展示。第2弾は1990年代に焦点を当て『DRAGONBALL』『SLAM DUNK』『幽☆遊☆白書』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『地獄先生ぬ~べ~』『ジョジョの奇妙な冒険』など、いまなお愛される90年代のジャンプヒーローが一堂に会する。  ファン垂涎の原画、アニメ映像、関連グッズが並ぶほか、会場内の公式ショップには約200種類のオリジナルグッズが販売される。また会期にあわせコラボカフェも登場。「クリリンのことカレー」「安西先生のタプタププリン」「蔵馬の薔薇棘鞭刃プレート」など各作品をモチーフにしたバラエティーに富んだメニューが揃っている。  同展は3月19日から6月17日まで東京・森アーツセンターギャラリーにて開催。なお、7月1日から9月30日は2000年代の作品にフューチャーした『ジャンプ展VOL.3』が予定されている。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access