ジャルジャル 関連記事

  • 『シュガー・ラッシュ:オンライン』を鑑賞したジャルジャルにインタビュー

    ジャルジャルが語る『シュガー・ラッシュ:オンライン』とコンビの絆

    映 画

     12月21日より全国公開され、週末動員&興行収入ランキングで堂々の初登場No.1を記録したディズニー映画最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』。ゴールデングローブ賞やアカデミー賞の受賞も期待される本作を劇場で鑑賞し、大いに心を動かされたという、お笑い芸人・ジャルジャルの後藤淳平と福徳秀介にインタビューを実施!本作の魅力をたっぷり語ってもらった。@@cutter レースゲーム「シュガー・ラッシュ」の天才レーサー、ヴァネロペと、ゲームの悪役だけど心優しいヴァネロペの親友ラルフとの友情と冒険を描く本作。ある日、「シュガー・ラッシュ」のハンドルが壊れ、廃棄寸前の危機に陥ってしまう。二人は新しいハンドルを手に入れて「シュガー・ラッシュ」を救うため、ゲームの世界を飛び出し、インターネットの世界へ向かうのだが…。 @@insert1 ■“全員集合”っていう感じがすごい  本作を日本公開後すぐに鑑賞した福徳はディズニーが描く“ネットの世界”が「めちゃくちゃおもしろかったです!」とコメント。後藤も「ヴァネロぺが初めてインターネットの世界に来たシーンで、僕が初めて渋谷に来た時の事を思い出しました。ビルが大きい!人めっちゃおるー!って」と重ね、さらに「それだけじゃなく、僕は息子と観たんですけど、彼が映画の終盤で嗚咽するほど号泣していて、僕ももらい泣きしそうになりました」とも語った。福徳は特に印象に残ったシーンとして「(インターネットの世界で)サーチエンジンのキャラクターが検索してあげても『みんな、ありがとうって言わない』とつぶやくシーン」をあげ、「僕も確かに"ありがとう"と思ったことはなかったなと…。大事なことを忘れていました。みなさんありがとう、ってちゃんと言ってますか?(笑)」 @@insert2  また、公開前から話題となっていた、ディズニープリンセスが一堂に会するシーンも印象的だったそうで、後藤は「これだけ沢山のキャラクターを生み出してきたスタジオだから出来るガヤガヤ感“全員集合”っていう感じがすごかったです。あと、それぞれが自身のキャラクターをネタに、自分のことをイジる点がすごい!」と、ディズニーが見せる“舞台裏”に感心。すると、福徳は「(Oh!MyDisneyの裏側は)芸人のステージの舞台裏に似てますね、裏ではいろんな芸人がこんな感じで過ごしています(笑)」と意外な共通点も語ってくれた。 @@insert3  本作では、ヴァネロペとラルフの固い友情と絆が、新たな局面を迎えるが、コンビ結成から15年経ったジャルジャルの二人は、ヴァネロペたちの関係性どう捉えたのか。後藤が「二人でやっていると、お互いを束縛してしまうというか、自分の思い通りにしたいということがコンビでもよくあります。でも、僕たちはあまり相方について干渉しないようにしています」と言うと、福徳もうなずく。  そして、本作では、お互いを想うからこそ次第にすれ違うヴァネロペとラルフに対して、後藤は「もっと冷静になって、話し合えばわかりあえるのに」と熱がこもる。「ラルフはヴァネロぺを想ってこその行動なんだから、そこをちゃんと説明して!」と。また福徳は、インターネットの世界で出会ったクールなレーサーのシャンクに惹かれてしまうヴァネロペについて、「いままでずっと同じ世界に一緒にいたヴァネロペが違う世界の人に憧れるのは、ラルフ的にはきっと複雑ですよね。でも、その気持はわからんでもないですが…」と語り、切なさも滲ませた。@@separator■細部まで仕上がっていて、スキがない  結成から15年、今でも毎年大量のネタを二人で作っているジャルジャルだが、時には今作のヴァネロペとラルフのようにすれ違うことはないのだろうか。すると、後藤も福徳も「ないですね」とキッパリ言い切る。「実は僕たち、ケンカした事も無くて。こうじゃなければダメ、という決まりがないと思っているので、もめることがないです」と後藤が言うと、福徳も「大げさに言うと『相方が言うことのほうが正しい』というスタンスを取っているんです」と語る。  「僕らは高校のラグビー部からのつきあいで。例えば当時のラグビーの試合中、僕が出したパスのせいで、後藤が脳しんとうになった時、僕は『申し訳ない』と思いましたが、後藤は『なんで俺にパスしたんや?』とは言わない。だってスポーツですから。お笑いもスポーツと同じで、やればやるほど正解がない世界。だからこそ、お互いの意見を尊重し、お互いの意見にのっかり合ってやっていくのが一番良いと思ってやっています」と後藤への信頼を語り、ラルフとヴァネロぺにも負けない「絆」を感じさせた。 @@insert4  今年も大きな話題となった『M‐1』でのネタについても「去年と今年のネタは、“歯車が合う瞬間”がいくつもあって、きたきた!ってなっていました」と福徳。後藤も「僕らは、お客さんに見せながらネタを完成させていくことが多いのですが、たぶん、『これをやったらいける!』という感覚が一緒というか、近いから、二人で『これでいこうか!』となります。もう15年も一緒にやっているので」。と語ると「そういえば劇中でラルフとヴァネロぺがネットオークションに参加するシーン、あれは僕らのネタ作りにちょっと似てますね(笑)」と福徳が意外な秘話もこぼしてくれた。  しかし、最後に福徳は、「今回、『シュガー・ラッシュ:オンライン』を観て、俺らももっと打合せしなあかん!と思いました」と意外な感想を語る。「本当に細部まで仕上がっていて、スキがない。この映画は、どれだけ打合せをして作ったんやろうと。ほんまにすごいと思いました」と細かい表現1つ1つに改めてうなり、それに合わせて後藤も「そのセリフここで効いてくるかー!ってシーンもあって。フリが本当に巧いですね」と重ね、「あかんな!俺らももっともっとやらんと、と思わせてくれる作品でした」と二人は口にした。  ラルフとヴァネロぺにも負けない熱い絆を持つジャルジャルをも唸らせた今作、是非劇場に足を運んでみて欲しい。(取材・文:山崎伸子/写真:中村好伸)  映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』は全国公開中。 @@insert5

  • 「M‐1グランプリ2018」決勝進出者発表会見にて

    和牛・水田「優勝して、最終的には審査員長に」 M‐1決勝進出コンビ発表

    エンタメ

     『M‐1グランプリ2018』決勝進出者発表会見が15日に都内で開催され、霜降り明星、スーパーマラドーナ、トム・ブラウン、和牛、ギャロップ、見取り図、かまいたち、ゆにばーす、ジャルジャルが決勝へ進出したことが明らかになった。唯一よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属ではないコンビとなったトム・ブラウンは、決勝に向けて「地下のお笑いライブから勝ち上がったのは、僕たちだけなので、地下に夢を見させたいと思います!」と語った。@@cutter 4度目の決勝進出となった和牛の水田信二は「見せたいネタができましたんで。(決勝で)2本しっかりやって」と言い「やりたいのがいっぱいあるんで、優勝して、そのままウイニング漫才を決勝でやらせてもらいたいです。(全部で)3本やります」とコメント。また「僕らが優勝して、その後も出続けて、大会のレベルをどんどん引っ張っていって、最終的には審査員長として頑張りたいなと思います」とジョークを飛ばした。  一方、前回大会の決勝でトップバッターとなったゆにばーすの川瀬名人は「これだけ一言、まず言わせてください…。西の漫才師、ぶっ殺します」と挨拶。M‐1優勝で芸人引退という過去の発言について、司会の陣内智則に「カジサック的なこと言うてんの?」といじられると「あんま聞かんといてください。言うてますけども『言うてたなあ』くらいにしといて、大々的にはしないでください!」と照れ笑いを見せていた。  唯一、吉本興業に所属していない芸人としての出場となったトム・ブラウン(ケイダッシュ ステージ)のみちおは「東京のお笑いの中でも、地下の地下の本当の地下でやってて」とコンビとしての現状を明かし、相方の布川ひろきは「1週間~2週間前に、0人の前でネタとか(やっていた)」と自嘲。布川は決勝に向けての意気込みを聞かれると「地下のお笑いライブから勝ち上がったのは、僕たちだけなので、地下に夢を見させたいと思います!」と話していた。  当日は、MCを今田耕司と上戸彩が担当すること、昨年同様に出番順が笑御籤(えみくじ)によって決定されることも発表された。  『M‐1グランプリ2018』決勝は、ABCテレビ・テレビ朝日系にて12月2日18時34分放送。

  • 『超イッテンモノ』に出演した斎藤工

    斎藤工、「脳みそエロい」とツッコミ受ける セクシーしりとりで活躍

    エンタメ

     斎藤工が、14日放送のバラエティ番組『超イッテンモノ』(テレビ朝日系)にゲスト出演。「大人のセクシーしりとり」で番組メンバーと盛り上がった。@@cutter 斎藤が友達と最近ハマっているのが、子どもが言わなそうな艶っぽい言葉でやり取りする「大人のセクシーしりとり」。そこで、千鳥(大悟、ノブ)、サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)、三四郎(小宮浩信、相田周二)、もう1組のゲスト・ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)と「セクシーしりとり」で対決することに。  しりとりは『イッテンモノ』の「の」からスタート。トップバッターの斎藤は少し考えこみながら、“納涼祭のその後で”と言い、「納涼祭だけじゃ、ダメなんです」と強く主張。その後、伊達が“デートのその後で”と続く。  次の富澤は“でかいブラジャー”と答えるが、これに対し芸人仲間から「直接すぎ」と指摘が入る中、斎藤は「“でかいオッパイ”だと減点なんですけど、(洗濯物として)干してあるイメージができた」と妄想全開。  だが、そのあと相田が、“相田の中の相田が、今どうなってる?”と言うと、斎藤から「ちょっと長い」とダメ出し。さらに、大悟が“留守中なのに音が”と続き、ノブが「ただの空き巣やん」とツッコミを入れるが、斎藤だけは「いや、不倫というか…」とこれまた想像力を豊かにすると、伊達から「脳みそがエロい」と指摘されていた。  その後、“がっつり濡れた桃”(後藤)~“もう一回だけ もう一回だけ”(福徳)~“剣道部の部室”(斎藤)~“妻が寝てるその横で”(小宮)と順調に続き、ラストは斎藤。“できたてのニョッキ”の一言に、芸人たちも笑っていた。

  • 『キングオブコント2013』昨年の覇者・バイきんぐ

    『キングオブコント2013』開催決定!昨年覇者「バイきんぐ」から応援メッセージも

    エンタメ

     芸歴、所属事務所の垣根を越えて“コント芸日本一”を決める『キングオブコント』の第6回『キングオブコント2013』の開催が決定し、熱き決勝の模様を今年もTBSにて放送することが分かった。@@cutter キングオブコメディ、ロバートなど実力派お笑い芸人たちが優勝を飾ってきた同大会。昨年9月に行われた『キングオブコント2012』では、バイきんぐがエントリー総数2971組を下して優勝し、大きな話題を集めた。  同大会で優勝するのは、お笑い芸人にとって大きな夢でもある。昨年の覇者・バイきんぐの小峠英二は、「昨年の決勝のあの日から、16年続けていた害虫駆除のアルバイトをしなくてもよくなったのと、夢だったお笑いだけで生活することが叶いました。皆さんも是非夢をつかんで下さい」とコメントし、参加を呼びかけた。相方の西村瑞樹からは、「まず賞金の1000万円で借金を返しましたし、高級腕時計も買いました。そしてコンパでちょっとモテるようになりました(笑)。今年出場する皆さんも頑張って下さい! 一夜にして人生が変わる大会です」と応援メッセージも届いた。  幅広い層の視聴者はもちろんのこと、業界関係者も注目している大会だけに、優勝の先にある“芸人としての成功”に向かって、すでに多くの出場者が名乗りを上げている。5回大会では決勝戦まで出場したものの4位という結果に終わったしずるの村上は、「しずる結成10年を優勝という形で飾りたいと思います」と大会にかける意気込みは強い。  例年に続き、今年も出場に名乗り出たジャルジャルは、「気がつけば、2年決勝に出ていません。今年のために温存してたと思ってます。今年、優勝します」と強気の優勝宣言。「優勝したら、翌年も出て、二連覇を果たします」と野望を燃やす。  数々のテレビ番組に出場し、人気と知名度の高いロッチも優勝を狙う。中岡は、「ロッチの存在がなんなのか知らない人に、ロッチはコント師であることをコントのキングになって知らしめてやるぜ。そのためにコカドがネタ作りを頑張ってます」とコメントし、そのコカドも「本職のコントで結果を出したいと思います!」と意気込みを見せている。  同大会の1回戦は7月1日の東京会場を皮切りに、大阪、名古屋で開催。準々決勝は東京、大阪。準決勝は「赤坂BLITZ」で行われる。注目の決勝戦は9月下旬から10月上旬にTBS系列で生放送予定。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access